ビスタアルデオで195/65R15から17インチタイヤにインチアップしたいと考えております。
現在のタイヤ外径は634mm。
検討しているのは215/50R17(外径649mm)です。
15mmの外径アップとは言っても、左右7.5mm程度なので大丈夫かと思っていましたが、
タイヤメーカーから車体にぶつかるおそれがあるといわれました。
30mmや40mmもアップするなら分かりますが、たった15mmでもアップしたらだめなのでしょうか?
メーカーからは215/45R17(外径626mm)にするよう提案されましたが、インチアップして
タイヤが小さくなるのになんとなく納得がいきません。
外径差で許されるアップ寸法はどこまででしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

インチアップは、外形が同じか小さくなるようにするのが基本だと思います。



少しでも、外形を大きくするということは、ステアリングを切った時のインナーフェンダー干渉、サスがストロークした時の車体干渉、最悪、バーストの危険性もあることでしょう。

タイヤメーカーの外形サイズを眺めてましたが、アルデオに入るかはちょっと分かりませんが、225/45R17ならば635mmと外形がノーマルと変わらないので、このサイズを検討した方が宜しいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、納得できます。
タイヤメーカーがたとえ1.5cmでも危険と言うのなら、0.8mm下げた方が
無難ですね。アドバイスありがとうございます。

225/45R17は、タイヤ幅が接触の問題ありとのことで、同じくタイヤメーカー
(横浜)から止めたほうがいいと言われたのです。

お礼日時:2002/03/05 12:37

私はいつも言っていますが、最終的にはトライ&エラーを繰り返して探す物ですよ


特に際どいサイズに挑戦する場合は計算や一般論では絶対に求められませんね

そつなく無難に…で宜しければメーカー推奨サイズが良いでしょう

因みにホイルのオフセットがマイナス(外へ出す)方向へ行くほどボディに干渉し易くなりますよ
又、外形以上にョルダー部やサイドウオールの形状が重要ですよ。ココが張り出しているタイヤの方が当然干渉し易いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい!
そつなく無難に、でお願いします。

インチアップというのは、いつもいいなあと思いつつ、
できずにいて初めてやってみたんです。
なかなか奥が深いなあと思いました。

分からないことには、なかなか決断できなくて色んな人の
話を聞きたくこの掲示板にも投稿してみました。
3件も回答があり非常に感謝しています。
本当にありがとうございます。

私も自分で知っていることは、回答してお役に立てればと
思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/07 20:07

タイヤのインチアップというのは実際のところホイールのインチアップと言った


方が正しいのでしょうネ。ホイールをインチアップすることでタイヤのリム幅が
オリジナルサイズと同じであれば当然タイヤハウスには入らない大きさになって
しまうので扁平率を上げてタイヤのリム幅を薄くすることで回避する訳です。
故にタイヤの外形は小さくなりますがホイールが大きくなることで外側から見る
とタイヤハウスとホイールの間の黒い部分が少なくなってホイールだけで走って
いるように見えてカッコイイ訳です。貴殿のオリジナルタイヤサイズからインチ
アップ出来る要領を計算するとメーカー指定の215/45R17が適切なサイズではない
かと思われます。オフセット等の調整等でまだまだ太いタイヤは履けますが乗り
心地等を考えるとオリジナル+1インチアップ位が良いかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐに回答頂きありがとうございます!
こんなに早く回答がくるとは、とびっくりしています。

私も最初は205/55R16で考えていたのですが、マルチアルミは嫌だったので
選択肢がなかったのです。
それで17インチを考えると、225は無理とのことで、+15mmまたは-8mmと
極端な選択となりました。
危険を侵して50が駄目かどうか、確認したかったのは45で8mm小さくなったら
みっともなくなるんじゃないかと思ったためです。
でも、人が乗っただけで車体は大分沈みますし(2cmくらい)、やっぱり危険
なんでしょうね。
片側4mmの縮小でどうのこうの考えてるのはけっこうばかばかしいのかもしれま
せんね。
なんとか吹っ切れました。
お忙しい中ご回答頂き、本当にありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2002/03/05 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QR言語で統計分析を始めたい

カテゴリ違いかもしれませんが、
ここなら適切な回答を頂けると思い質問します。

本日ちょっとした出来事がありまして統計分析とR言語に強烈な興味をもちました。
しかし、残念ながら中学の数学もろくにできないような人間ですので
統計学を学ぶにはどの位のレベルの数学知識が必要かが知りたいです。

今目標としているのは財務省が発表している輸出入貿易統計を使って
今後どの国に何を輸出したらよいかという指標を自分で算出したいと思います。

データ参照元↓(財務省統計ページ)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001100843


こういった予測をするのに必要な数学レベルを教えてください
そこから統計分析、R言語と進んで行けたらと思います。
よろしくお願いします。


余談ですが英語が読めたりコピペでVBAプログラムを多少作る事はできます。

Aベストアンサー

統計は、今ある数値を解析するものです。つまり、過去の出来事です。
やりたいことは未来の予測なので統計とは違いますね。
統計手法の中で、大量のマトリックスデーターを使って傾向分析をして、予測をすることができるものとして、近いものとしては、重回帰分析でしょうか。

Q15インチホイールと165/55R15タイヤの組み合わせ この15インチホイールに165/55R15以外で可能なタイヤサイズは?

15インチホイールに
165/55R15 
のタイヤが付いている車に

タイヤ交換として
先述の15インチホイールに
先述サイズ以外のタイヤを取り付けることは可能なのでしょうか?

付けられるとしたらどんなサイズになりますか?
○○○/○○R○○ 形式でお答えいただけますか?

その場合の安全性に関しては上下するのでしょうか?

お車に関するお仕事にかかわりのある方様
並びに的確な御答えをいただける方様

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンドル 切った際に 内側にタイヤが擦れることも有ります。

155・55と 幅を細くした場合 
外形が小さくなり 速度は速く表示されます トリップメーターは 多く加算されます。
車高が下若干がります フェンダー隙間が広く 見栄えがわるくなります
走りは軽く感じますが 多く回転させないと 進まないので 燃費面でもメリットありません グリップ力は細くなった分 落ちるでしょう
コーナーなど怖くなります。

基本 ドアを開け 車体に貼られた タイヤ空気圧表示に書かれてる
タイヤサイズ以外は 
適合サイズではなく 車検には通りません
インチUPするにしても 外形サイズを狂わせないような サイズ選び
幅と扁平率のチョイスが必要です。

サイズを変える メリットがありません(自己満足だけの世界)

サイズを変える目的が明確で無い限り(スポーツ走行など)は、純正サイズをお勧めします。
純正15incなら 純正サイズ
インチUP 2インチUPするなら 多少変える(変わってしまう)程度でしょうか。

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンド...続きを読む

Q統計ソフトRの表をワードにはりつけたい

お世話になります。

タイトルの通りなんですが、統計ソフトRで、統計解析した後に出力した表をウインドウズのワードにはりつけたいんですが、どのようにしたらよいでしょうか。
パソコンが苦手でやり方が分からないので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

統計ソフトR・・・使ったことがないので、画面イメージを図として貼り付けで構わないのであれば。
[Prt Scrn](ノートは[Fn]+[PrtSc])で画面コピー
ペイントを起動して、編集→貼り付け、ツールボックスの点線四角枠ボタンを選んで、必要範囲にトリミングしたものをコピー。
Wordを起動して、編集→貼り付け、または編集→形式を選択して貼り付け→図
でどうでしょうか。
 

Q205/65R15のタイヤは215/55R17と

純正205/65R15のタイヤサイズは215/55R17と互換性はありますか?ワンサイズアップになってしまうと
思うのですが...。
ホンダストリームです。適合サイズは215/45R17ですが215/55R17は入りますか?
車検は通らなくていいですが、車体に干渉しなければ良いです。

Aベストアンサー

単純に外径飲みで考えれば、純正が205/65R15なら215/50R17が適合します。
215/55R17では、純正よりも20mmもオーバーしてしまうため、干渉してしまう可能性は高いです。
特に2代目ストリームは、(ミニバンの中では)最も車高の低い車であるためその可能性は他のミニバンと比較すると干渉しやすくなると思います。

サイズに関しましては、こちらのサイトで確認してみれば分かると思います。
http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

Q統計ソフトRを用いた回帰直線の傾きの検定法

統計ソフトRの初心者です。
回帰直線を引くところまではできるのですが、傾きの検定はRでできますでしょうか?Rで簡単にできる方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

preタグが使えないので見にくいですが、、、

g.dat <- as.factor(rep(c(1, 2), c(5, 6))) # グループを表す変数
x.dat <- c(1.3, 1.5, 1.5, 1.8, 2.0, 1.5, 1.5, 1.8, 1.8, 2.0, 2.2) # 説明変数
y.dat <- c(17.3, 15.6, 14.1, 13.8, 10.2, 17.8, 15.8, 16.0, 13.6, 11.2, 10.2) # 目的変数
mydata <- data.frame(Y = y.dat, X = x.dat, group = g.dat) # データフレームの作成

# 関数two.slopeを定義する
two.slope <- function(dat){
attach(dat) # 引数に指定されたデータフレームにパスを通す
# データフレームより各群のデータを抽出
Y1 <- Y[group==1]
X1 <- X[group==1]
Y2 <- Y[group==2]
X2 <- X[group==2]

# 2本の回帰直線を求める
model1 <- lm(Y1 ~ X1)
model2 <- lm(Y2 ~ X2)

# それぞれの残差を求め、残差平方和を求める
m1.resid <- sum(resid(model1) ^ 2)
m2.resid <- sum(resid(model2) ^ 2)
SSr <- m1.resid + m2.resid

# 各群の平均値
y1.M <- mean(Y1)
y2.M <- mean(Y2)
x1.M <- mean(X1)
x2.M <- mean(X2)

# 2つの回帰直線が平行であるとしたときの推定値と残差平方和
sum1 <- sum((X1 - x1.M) * (Y1 - y1.M))
sum2 <- sum((X2 - x2.M) * (Y2 - y2.M))
sum3 <- sum((X1 - x1.M) ^ 2)
sum4 <- sum((X2 - x2.M) ^ 2)
b <- (sum1 + sum2) / (sum3 + sum4)
a1 <- y1.M - b * x1.M
a2 <- y2.M - b * x2.M
sig1 <- sum((Y1 - (a1 + b * X1)) ^ 2)
sig2 <- sum((Y2 - (a2 + b * X2)) ^ 2)
SSrb <- sig1 + sig2

m <- length(Y1) # グループ1のデータ数
n <- length(Y2) # グループ2のデータ数
DF2 <- m + n - 4 # 自由度2
Fb <- (SSrb - SSr) / (SSr / (DF2)) # F統計量の計算
pb <- 1 - pf(Fb, df1 = 1, df2 = DF2) # p値の計算

cat("F = ", Fb, "\n")
cat("p = ", pb, "\n")

detach(dat) # データフレームのパスを解除
}

# 使用例
> two.slope(mydata)
F = 0.1161944
p = 0.7432014

一応、補足しておきますと、帰無仮説は「2本の回帰直線は平行である(傾きが同じである)」というもので、今回の場合はp = 0.74 < 0.05なので「2本の回帰直線は平行である」と結論づけられます。すなわち、傾きが異なるとはいえないということですね。

詳しくは参考文献

岩崎学「統計的データ解析入門 単回帰分析」東京図書 p88-89

を参照してください。

もっとちゃんと探せばこういう関数があると思いますけど(^_^;)

preタグが使えないので見にくいですが、、、

g.dat <- as.factor(rep(c(1, 2), c(5, 6))) # グループを表す変数
x.dat <- c(1.3, 1.5, 1.5, 1.8, 2.0, 1.5, 1.5, 1.8, 1.8, 2.0, 2.2) # 説明変数
y.dat <- c(17.3, 15.6, 14.1, 13.8, 10.2, 17.8, 15.8, 16.0, 13.6, 11.2, 10.2) # 目的変数
mydata <- data.frame(Y = y.dat, X = x.dat, group = g.dat) # データフレームの作成

# 関数two.slopeを定義する
two.slope <- function(dat){
attach(dat) # 引数に指定されたデータフレームにパスを通す
# ...続きを読む

Q14インチのタイヤと15インチのタイヤではどちらが乗り心地が良いですか?

こんにちわ。現在14インチのタイヤをはいています(175/65R14)。これを15インチのタイヤ(185/55R15)に履き替えた場合乗り心地はどのように変わってきますか?

Aベストアンサー

乗り心地と言うことだけを捉えれば、悪くなると言えるでしょうね。

これはタイヤの扁平率(アスペクト比)による物で、ハイト要するにタイヤの断面を見たとき横の部分(サイドウォール)の高さが当然低くなりここでの衝撃吸収性は悪くなるわけで、これにより皆さんが書いたように、乗り心地は悪化するのですが、逆にタイヤのねじれによる、ぐにゃぐにゃ感はなくなります。

makatiさんはばね下荷重のことを言ってらっしゃると思うので補足すると、鉄ホーイールが純正でついている場合、アルミに変更する事で、随分バネ下重量の軽減になります、これは結構注意すると変わったな!と感じるくらい荒れた路面などでの追従性が良くなります(ただし、ホイールだけ変えると言う事は一般車の場合先ずしないので、タイヤが新しくなった事との相乗効果も有るので正確では有りませんよ)

またアルミからただのインチアップをした場合、意外に思うよりもタイヤは重い物で総重量的には思うほどの大差が無い物です、通常使用程度の走りには余程敏感でない限りこの時の重量差(ホイールサイズが同じでマグなど軽量ホイールを使った場合)による違いは殆ど解らないと思います、勿論素材の剛性の違いによるフィーリングは違いとして感じるかもしれませんが、これはサーキットレベルでの話です。

この違いを最も感じるとすれば、扁平率の違いによる応答性、運動性、しっかり感と言った事への反映は明らかに体感できる物だと言えます。

私個人はこう言う部分を、乗り心地と言うよりも乗り味が良いと評価し、こうしたしっかりした固めの足回りを好みますが、ファミリー志向の方にお勧めは出来ません。
また当然キャッツアイなどの路上の突起物もかなり気になるようになるでしょう

勿論この他にもブレーキ周りの空きスペースが増える事によるクーリングの向上による、耐フェード性の向上など利点も多いこと、またレースなどではホイールサイズを大きくする事で、ブレーキディスクなどのサイズを大きくする事で、更に高いブレーキ性能を追求する事も可能になります。

余談になりましたが、単に「乗り心地」と言っても何を指して乗り心地と言うか、と言う事で答えは変わると思いますが、普通に言う乗り心地は悪くなると思います。

乗り心地と言うことだけを捉えれば、悪くなると言えるでしょうね。

これはタイヤの扁平率(アスペクト比)による物で、ハイト要するにタイヤの断面を見たとき横の部分(サイドウォール)の高さが当然低くなりここでの衝撃吸収性は悪くなるわけで、これにより皆さんが書いたように、乗り心地は悪化するのですが、逆にタイヤのねじれによる、ぐにゃぐにゃ感はなくなります。

makatiさんはばね下荷重のことを言ってらっしゃると思うので補足すると、鉄ホーイールが純正でついている場合、アルミに変更する事で...続きを読む

Qエクセルのデータを統計ソフトRで使う方法

エクセルに入力した数値データを統計ソフトRで使うにはどうしたら良いのでしょうか?これまではデータが少なかったので手入力をしていたのですが、現在たくさんあって困ってます。
Rの解説サイトを見たのですが、どうも分かりずらくてうまくいきません。
OSはウィンドウズです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

統計ソフトRですが、No1の方も御回答されているように
エクセルの保存をcsv形式へと変換することもできます。
難しければ参考URLの
“EXCELのセルをコピー&ペーストする方法”にしたがって
実行されてはいかがでしょう?

参考URL:http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r2.html

Qタイヤ インチアップ外径の適合範囲

2010年式のエスティマですが、純正のタイヤサイズ215/55R17から225/50R18にインチアップしたいと思っています。
2007年以降に作られた車はタイヤの外径が大きくなるのは駄目という意見と、いくらかの許容があるという意見両方があり、実際はどうなのでしょうか?
厳密に言えば駄目でも、現実的に車検でそこまで見ないから大丈夫というなら変えようと思います。
車検はディーラーに出していますが、実際に車検で問題になるのでしょうか?

Aベストアンサー

法規上は19年1月1日以降に製造された車に関しては、メーターのプラス誤差は容認されなくなりました。

従って理屈上は確かにタイヤが大径化する変更というのは、現状一切不可能であります。

ただ、実際にはそういう法規上の理由や、車によっては標準のタイヤサイズが何種類か設定があることなどから、車のスピードメーターというものには多少の誤差が存在しているので、その範囲内であればタイヤ径が増して元よりも実際の速度が速くなるとしても許容範囲に入るとも解釈できますし、実際の車検現場での(ryというような考え方もできます。
(でも、ディーラー車検に出すのならば、基本的にはそういう部分は厳密に検査されることが多いと思う)

まあ、インチアップしたからといってタイヤ「径」が大きくなるかどうか、というのもまたそれは別問題なのですが。

Q統計ソフトRの回帰分析について

フリー統計ソフトRの回帰分析に関する質問です。

統計の研究でRというソフトを最近使い始めたのですが、なかなかうまくいきません。
特に、説明変数に期間を考慮した回帰分析のやり方です。

具体的には

二つの変数XとYがあって
t期におけるYの値を過去6期間(k=1,2,3,...,6)のXの値で回帰させたいのですが

(式)
     6
Yt=A+ΣBkXt-k
    k=1

どのような式をlm()に入れれば分析できるでしょうか? 

Aベストアンサー

★回答

式は 電気工学で言う MA (移動平均モデル)  ほぼ FIR フィルターですね。
フィルター係数が A と Bk (k=1~6までの係数) です。

A+B1×Z^-1+B2×Z^-1+B3×Z^-2+B3×Z^-3・・・・・・・・+Bk×Z^-k
k=1 2 3・・・・・・・6 の数列 
Z^-1=EXP(-jωt)  は  Z変換のZで シフトメモリ  遅延器  1個遅らせる意味



計量経済て言う分野でしょうか   当方経済しゃないけど
以下で見ますと このソフトは以下入れろと書いてありますね

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/71.html

y ~ x1 + x2

モデル式 y = a + b1x1 + b2x2 + ε( ε は誤差項)について,目的変数 y と説明変数 x1,x2 をベクトルで指定する
と書いてあります。

y ~ x1 * x2
含んだモデル式( x1:x2 でもよい) y = a + b1x1 + b2x2 + b3x1x2 + ε( ε は誤差項)について,目的変数 y と説明変数 x1,x2 をベクトルで指定する


貴君の式は 誤差なし O で入れなきゃOKてことでしょ この関数は

Xt はすきに入れればいいんじゃないでしょうか 貴君の場合 6 ですね

Yt がその分 出力されるだけじゃないのでしょうか。

★回答

式は 電気工学で言う MA (移動平均モデル)  ほぼ FIR フィルターですね。
フィルター係数が A と Bk (k=1~6までの係数) です。

A+B1×Z^-1+B2×Z^-1+B3×Z^-2+B3×Z^-3・・・・・・・・+Bk×Z^-k
k=1 2 3・・・・・・・6 の数列 
Z^-1=EXP(-jωt)  は  Z変換のZで シフトメモリ  遅延器  1個遅らせる意味



計量経済て言う分野でしょうか   当方経済しゃないけど
以下で見ますと このソフトは以下入れろと書いてありますね

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/...続きを読む

Q15インチホイール+165/55R15車に14インチを用いた場合のタイヤサイズは?

15インチホイールに165/55R15タイヤを付けて使っている車を、
14インチホイールに付け替えて14インチタイヤを取り付けるとするとタイヤサイズはどんなサイズのものが適当になりますか?
http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/

Aベストアンサー

165/55R15はタイヤ直径552mm

14インチにダウンするのであれば
タイヤ直径551mmでほぼ同じサイズで
195/50R14になります。

ただこれは計算上のことで車によってはキャリーパーなどの関係でインチダウンできない場合があります。
通常はドアピラーにサイズが表記されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報