パーゴラを作りたいと思います。
4×4のレッドシダ-を使って柱を立てようと思うのですが
地盤はコンクリートです。
どのように柱を取り付けたらよいのかよい方法があったら教えてください。
取り付ける金具や、コンクリートに穴をあける場合あける方法など、
具体的に教えていただけるとうれしくおもいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


コンクリート地盤に木製の柱を立てる、ということですよね。いろいろ方法があるかも知れませんが、私が勧めるのは金具を使うという方法です。
金具はホームセンターなどで売っていると思います。金具に柱を取り付ける方法はホームセンターなどで聞いてもらったほうが良いと思います。電動工具もレンタルできると思います。
施工方法として
(1)金具をコンクリート地盤に置き、穴あけ位置を罫書きます。
(2)コンクリートドリルでコンクリート地盤に1カ所穴をあけます。キリ(ドリルビット)は色々なサイズがありますが4×4でしたらM8以上のキリであけないと強度が落ちると思います。
(3)コンクリートアンカーをハンマーで打ち込みます。アンカーには雌ねじタイプと雄ねじタイプの物がありますが、やりやすいのは雄ねじタイプだと思います。
(4)コンクリートアンカーが確実に打ち込めたら金具を仮締めします。次いで2個目の穴をあけます。(3)項を行います。2個目も仮締めします。
(5)(3)~(4)項を必要数(多分片側4個計8個だと思いますが。)繰り返します。全数、本締めします。

要点;
●最初にやっておくことは木製パーゴラを組み立てておくことです。これを実際の場所に立てて金具の固定位置を決めます。
●穴あけ時の注意点は1個目で金具を仮締めし、他の穴は金具の穴を通してコンクリートに穴あけすることです。こうすると穴あけ位置がずれません。
●コンクリートアンカーを打ち込み時の注意点は必要なコンクリート厚みが無ければなりません。アンカーは短い物でも30mmの打ち込み深さが必要です。材質はステンレスが最も良いでしょう。
●ドリルを使う際の注意点は軍手などの手袋はしないことです。回転しているキリなどに軍手が巻き込まれて怪我をする場合があるからです。

P.S.コンクリートの暑さが薄い場合(大体50mm以下)はコンクリートが割れたりしてコンクリートアンカーが効かない場合がありますの。この場合はコンクリートをはつって(壊して)金具を置き、新たなコンクリートを流し固めるという手法になってしまいます。

この回答への補足

pulus7さん大変分かりやすい説明を頂きありがとうございます。
わたしの説明に足りない部分があったので補足させていただきます。
基礎になるコンクリートの幅が横には
かなり余裕があるのに縦には12cm弱しかありません。
このような所に取り付ける金具がありますでしょうか?
よろしくお願いします。

補足日時:2002/03/06 07:13
    • good
    • 3

少し回答が遅いかもしれませんが


一番簡単な方法はコンクりートボンドを柱を固定するところに塗り(たっぷりと)組み立てたものをその上に置きます1~2日位置いておいて乾燥したら柱の足の周りに台形状にセメントを塗るとゆうのがいいと思います。
セメントは水を入れて混ぜるだけの物が有りますのでそれを使うといいと思います。
金物を使うのはやめた方が無難です地盤に影響する可能性があります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせてもらいます。

お礼日時:2002/04/03 19:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柱の構造材は無垢財?集成材?

柱の構造材は無垢財?集成材?現在、木造軸組工法で35坪程度の新築を予定しているのですが、もともと柱の構造材は、米ヒバ無垢材とのことだったのですが、地鎮祭が終わって、店長から「今までの予定では米ヒバ無垢材での柱の予定でしたが、シロアリ補償が5年となります。もし集成材(たしか赤松)の柱へ変更すれば、シロアリ補償は10年にできます。」との提案がありました。金額差はないとのことですが、実際長い目で見た場合、柱には、米ヒバ無垢材か集成材(赤松)か、どちらの方が良いのでしょうか??皆様、アドバイスのほどヨロシクお願いします。(ちなみに構造概要は布基礎、基礎パッキンt20、土台:米ヒバ、梁:米松、根太レス工法、断熱材:ロックウール、外部はコロニアル葺、外壁:クボタ松下外装セラ16tで、地元の工務店での施工です。)

Aベストアンサー

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で構造材として土台や柱に最適な北米針葉樹です。
・外壁や防水シートからの万一の漏水、壁内結露による結露水、虫害などの耐久性は集成材に比べると大です。
・無垢材というのは乾燥度合によって強度や寸法安定性(変形)が大きく違ってきます。乾燥度合は含水率表示といってJASで規定されています。無垢材と集成材の強度比較を含水率抜きに端的にしてしまうと危険です。含水率が低いほど強度が増し、変形が減ります。含水率の主な表示はD25%、D20%、D15%(KDやSD表示もある)でD15%が最も優れている。土台や柱程度の太さならD15であることが望まれる。これでも、居住後壁仕上材の不陸やクラックなどが確認される例も多数ある。これは無垢材の特徴であり、予め想定していた範囲内というお客様もいるが、説明を聞いていたにも関わらずクレームとして扱うお客様もいるのが現状で、お客様をどちらかに分類して材料を決めるということは工務店サイドとしては難しい。クレーム対策として結果的に集成材を使用する工務店も少なくない。
・それなら何故最初から集成材ではないのか?これは推測ですが、工務店としては使用実績もあり、信頼していた材料だったが、瑕疵担保履行法が施行され、保険加入が義務付けられた。その保険会社は集成材やJAS認定材しか認めなかった。工務店のNON-JAS材の米ヒバ乾燥特一等材KD15%という仕様を柱として認めなかったのかもしれません。

いずれにしても無垢材は含水率が決定的な要因、必ず調べてください。梁の米松乾燥特一等材についても調べてください。細いものはD15、太いものはD20が目標値です。最近では一本一本強度を計測し、柱表面にE95-F315という強度等級の表示をしているものも出てきています。

欧州赤松集成材に関して
・無垢材と違って含水率の心配は不要なくらい極限まで乾燥した材料です。寸法安定性に大変優れていて、変形は僅かです。強度等級の表示もされています。前述の通り強度比較は無垢材の含水率なしには語れませんが、強度面では安心安全の構造材といえます。
・耐久性は小です。極小は同じ集成材でスプルースやホワイトウッドの類のものです。屋外暴露状態では1~2年で無残な姿へ変わります。欧州赤松はもう少しマシかなという程度です。この短所を補うために注意する点は3点。屋根、外壁の防水工事と断熱材室内側の防湿工事と高さ1mまでの木部への防蟻工事です。施工技術が基準を満たしていないと大問題に発展する恐れがあります。集成材の長所を活かすために最低限必要な知識と技術が、その工務店に備わっているかどうかが鍵です。しかし、実際にそんなことを素人さんに見抜いて下さいと言っても無理な話です。
ということで質問者さんにとっては米ヒバが良いのではないでしょうか?補償期間のことを気にする必要はまったくないと思います。ご自身で3年毎に床下点検口から土台の状態を点検すれば解決します。

ちなみに私の設計で集成材を好むお客様には、耐久性が大の檜(芯材)で作った集成材を使用することが多いです。欧州赤松も使用しますが、前述の通り工事段階で職人さんが嫌がるほど見回らなければなりません。コストは安価なので、短所対策が達成できればお客様には喜ばれます。

以上、参考になりましたか?家族にとって特別な場所、愛すべき住まいが無事完成するよう応援しております。

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で...続きを読む

Q柱に角材を取り付けたいがL字金具以外の方法で取り付ける方法

2×4材の柱に、角材を取り付けたいと考えています。
添付画像のイメージです。
画像の赤の部分をL字金具で固定しようと思ったのですが、ちょっと見栄えが気になるなあと…
L字金具以外で、どういった取り付け方法があるでしょうか??
ちなみに、角材にフックをとりつけて鉢を吊り下げる予定なのでそれなりにしっかりとした方法が良いです。

柱をもう立ててしまったので(取り外すことも不可能ではないのですがちょっと手間がかかるので…)
出来れば、表側からのアプローチだけでどうにか出来る方法があれば、教えて下さいませ。

Aベストアンサー

コースレッドでバシッっと打ち付けてしまえば?

角材のサイズとか想定荷重がハッキリしないけど
隠し釘で対応出来るモノであれば、隠し釘でも良いだろうし

Q【赤松(アカマツ)の山が欲しい】赤松山がどこかで売りに出ているとか分かりますか? 赤松の周りに松茸

【赤松(アカマツ)の山が欲しい】赤松山がどこかで売りに出ているとか分かりますか?

赤松の周りに松茸が出来るらしい。

いま赤松山でも松茸が出来ない赤松山でも良いです。

赤松山が欲しい。

山の売買ってどこで見れるの?

Aベストアンサー

売ってないと思いますが・・・。(^_^;)

とりあえず不動産屋さんに相談ですかね。
後は、ネットで探すか・・・。ちょっと検索かけたんですが山林の売買はあるようですが、赤松の山をどうぞっていうのはないですね。

Qコンクリート壁へ看板取り付けのために穴あけ

コンクリートの壁に看板を設置するために、穴あけを試みました。
屋外なので、接着剤では心もとないかなぁ・・・と思い、ネジ止めをしようと考えました。
単純に、ネジ間は50cmずつ程度かな、などと考えて、アンカープラグ(だったかな?)もなんとなく25mmのものを選択し、計6箇所の穴あけを試みたのですが、穴が空きません。
正確には、1箇所は規定の深さ(35mm)まであっさりと空いたのですが、他の5箇所がある程度(10mm~20mm)まで進むのですが、それからが進んでくれません。
今日は、暗くなってしまったので作業を中止しましたが、明日、同じ作業をして、穴が空いてくれるものなのでしょうか・・・

穴径は7mm。ドリルはホームセンターで販売しているコンクリート用ドリルを使用しています。機材の方は、振動ドリルと一般的なドリル。
看板は、100cm×50cmの複合板にカッティングシートを貼っただけのもので、そんなに重くはないものです。(重さは計測していないので・・・)
壁はモルタルではないと思います。(上部は駐車場になっています)

ハンマードリルは持ってないので、インパクトドライバーでやってみようか、などと考えてたりしていますが・・・
一箇所はあっさり空いたので、なんとかなりそうな気もしているのですが、いかんせん締め切りのある作業なので、このまま地道に穴あけ作業を続けようか、それとも接着剤でくっつけてしまおうか、迷っています。

頑張れば空くのか、止めたほうがいいのか・・・アドバイスよろしくお願いします。
(外すこともありうるので、できればネジ止めにしたいのです・・・)

コンクリートの壁に看板を設置するために、穴あけを試みました。
屋外なので、接着剤では心もとないかなぁ・・・と思い、ネジ止めをしようと考えました。
単純に、ネジ間は50cmずつ程度かな、などと考えて、アンカープラグ(だったかな?)もなんとなく25mmのものを選択し、計6箇所の穴あけを試みたのですが、穴が空きません。
正確には、1箇所は規定の深さ(35mm)まであっさりと空いたのですが、他の5箇所がある程度(10mm~20mm)まで進むのですが、それからが進んでくれません。
今日は、暗くなってしまっ...続きを読む

Aベストアンサー

多分鉄筋に当たっていると思います。方法がいくつか有りますが検討してください。
・そのままドリルビットを変え鉄筋に穴を開ける。ただし、鉄金がせん断したり、今後鉄筋に錆を呼び込み躯体に悪い影響を与えることもあります。
・位置を少しずつ変えるか、探査機で鉄筋の位置を確認して穴を開ける。鉄筋に当たっている所は、錆止めと補修をしておくと良いよ。
・接着剤は、躯体に影響を与えない意味では一番良いと思いますが、万が一剥がれて落ちたとき危険な状態に成りませんか。
・看板はその重さと、面積に受ける風圧で計算して、アンカーのサイズや数が決まります。間に合わせで施工して後悔する事の無いように確認と注意を怠らないで下さい。

Qこの幼木は赤松でしょうか

お世話になっております。
赤松が欲しくて園芸店をまわったのですが、市場で扱っていないと言われました。
樹皮が赤いのが赤松と思っていたのですが、
幼木は黒松と区別が付かない気がしました。
そこで写真は赤松(だと思うのですが)どうでしょうか。
幼木で赤松と黒松の区別の付け方を教えて下さい。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

樹皮も判りやすいですが、冬芽の色が赤だと赤松、白だと黒松です。
下記URLご参照。

参考URL:http://blogs.dion.ne.jp/kozy1956/archives/5179823.html

Qアルミ製の柱に金具を固定するには?

テラスのアルミ製の柱に金具(L型ステー)を固定したいと思っています。
(金具と柱の間にはゴムシートを挟もうと思っています)

それで穴を空けて固定する場合

・ドリルビスで穴を空けながらねじ込む
・柱に穴を空けてターンナットを使う

のどちらが丈夫なのでしょうか?(またはもっと丈夫な施工方法があれば教えてください)

用途としては、柱にL型ステーを固定してそれに横に木材(またはL型アングル=屋根の雪止めアングル)を切断して横に4本くらい固定して、その上でポリカ波板を固定しようと思っています。

Aベストアンサー

使用場所の適否、優劣はわかりませんが他の方法として
ブラインドナットを使う手もあります。
穴の全周にわたってカシメ固定されるので力が分散され、板が薄い場合に有利「かも」知れません。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%88&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=u_NaU7bCF4iSlAXf44GYDg&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=955&bih=752#q=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%88&tbm=isch

Q梁材として欧州赤松と米松どちらがいい?

今検討しているハウスメーカーの梁が欧州(ロシア、スウェーデンなどの寒い地域)の赤松なんです。他のハウスメーカーは全て米松です。
赤松のメーカーに言わせると米松より赤松の方がいい材料だといいますが、ネットで木の値段を見ると米松の方が高いんです。
赤松、米松それぞれ同じ木でもランクがあると思うから、それによってまた違うのでしょうか。
話が違いますが赤松なら国産が一番いいのでしょうか?
ハウスメーカーは自分のことろが一番いいっていうので、言ってることがみんな違うしわからないので、教えてください!

Aベストアンサー

米松の方が良いと思います。一番良いのは地松だと思いますが、日本の風土に合った木が最高です、(梁、桁、母屋、束)など構造材を見出しにして内地の杉でやる方法もあります。ハウスメーカーだけでなく在来工法で大工さんにも聞いたらどうですか。

参考URL:http://park7.wakwak.com/~kanoukentiku/sekkei.htm

Q柱の補強を金具のねじ止めでやってだいじょうぶでしょうか?

築20数年の木造在来工法の2階建て安普請に住んでいます。
屋根裏を見ますと柱は旧来のホゾ組みカスガイ留めと一部ボルト留めの構造です。

家を建替えれば一番良いのですがもうしばらくはこの家に住みますので耐震強度を上げる目的でDIYで柱の補強をしたいと思っています。

本物の耐震金具はかなり高そうなので2×4用金具の大型プレート板などで手の届く範囲で屋根裏部屋の柱の接続部を抜け防止の補強が出来るかなと考えていますがいくつかの質問があります。


質問1
コースレッドで金具を柱にとめて大丈夫ですか?
古材にねじを打って却って柱の強度が落ちるなど問題はないでしょうか?
地震で歪んだときに柱がそこから割れては意味が無いので。
本物の耐震金具は柱を抱き抱える形で固定しているのでちょっと気になりました。


質問2
適当に屋根裏の柱接続部をガチガチに固定して大丈夫ですか?
木軸構造本来の柔軟構造が失われかえって地震に弱くなるような心配はありますか?


質問3
屋根裏部分だけあちこち固定して1階2階部分はそのままなので耐震構造上なにか問題は出ますか?


もちろん一階部分の壁や土台、筋交いを強化しなくては耐震向上にあまり意味が無い事は承知の上で
上記DIY工事が既存の建物の耐震性に有害かどうか知りたいです。

有識者のご見解を伺いたいと思います。

築20数年の木造在来工法の2階建て安普請に住んでいます。
屋根裏を見ますと柱は旧来のホゾ組みカスガイ留めと一部ボルト留めの構造です。

家を建替えれば一番良いのですがもうしばらくはこの家に住みますので耐震強度を上げる目的でDIYで柱の補強をしたいと思っています。

本物の耐震金具はかなり高そうなので2×4用金具の大型プレート板などで手の届く範囲で屋根裏部屋の柱の接続部を抜け防止の補強が出来るかなと考えていますがいくつかの質問があります。


質問1
コースレッドで金具を柱に...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは!先の回答の中に出てくる
「家に付いて…考えましょう!」http://m24884.sakura.ne.jp/ie/
          を書いている  おっちゃんと申します。
小屋裏の束(柱ではない)は仕様書でも雲筋交い15×90?位の板(貫)
で束ごとに釘4本止め…下部上部は鎹2本止め だったと思います。
足元を固定して筋交いを入れる事には賛成します。
ただそれがどの程度効果を発揮するかは疑問です。
神戸の震災時には切妻の瓦屋根は…小屋だけが倒れていました。

セルフリフォームされている様なので…構造の基本は…
「木造住宅工事仕様書」(公庫仕様)に書いてあります。
構造的なリフォームの場合、一番気になるのが…
基礎と土台と柱の一体化! バランスの取れた筋交い!ですね。
少し知識が無いと難しいかもしれません。。。

参考程度ですが質問に回答しておきます。

質問1 ボルトなどは開ける部材の大きさも気にしますがコースレッド程度なら大丈夫です。

質問2 長さや距離の問題で大きな建物なら揺れに対する遊びの部分も勘案しますが…普通の住宅程度なら固めてください。

質問3 小屋裏の補強が建物に対して良い面と悪い面がありますが、良い面のほうが大きいと思います。

つまらない事ばかり書いているブログですが、
セルフビルドやセルフリフォームされている方を応援しています。
安心に快適に過ごす為に…頑張りましょう!

またブログ覗いてください。  宜しくお願いします。

こんばんは!先の回答の中に出てくる
「家に付いて…考えましょう!」http://m24884.sakura.ne.jp/ie/
          を書いている  おっちゃんと申します。
小屋裏の束(柱ではない)は仕様書でも雲筋交い15×90?位の板(貫)
で束ごとに釘4本止め…下部上部は鎹2本止め だったと思います。
足元を固定して筋交いを入れる事には賛成します。
ただそれがどの程度効果を発揮するかは疑問です。
神戸の震災時には切妻の瓦屋根は…小屋だけが倒れていました。

セルフリフォームされている様なので…構...続きを読む

Q赤松良子(元文部大臣)について

 赤松良子氏(元文部大臣)について調べています。インターネットで調べているのですが、経歴などは出てきても、その人柄といったモノは出てきません。赤松氏がどういう人柄なのか、誰か知っていらっしゃる方、書籍、HP、新聞記事なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

NHK「プロジェクトX~挑戦者たち」で、
「男女雇用機会均等法を作り上げた労働省の女性官僚達」の話題が
取り上げられました。そのリーダーが赤松さんです。(参考URL)

番組の中で、彼女が、働く女性達へ贈った言葉は
「がむしゃらに勉強をしなさい。そして働きなさい。
チャンスはいつか巡ってきます。夢は必ず叶います。」
だったとか…

「プロジェクトX」は順次、再放送されているようですので、
機会があればご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/projectx/

参考URL:http://www.nhk.or.jp/projectx/34/

Qコンクリート壁に孔をあけるための手動工具について

コンクリート壁に孔をあけるための手動工具について教えてください。

コンクリート壁に5mm径ていどのネジをねじ込むための、深さ20~30mmくらいの穴を開けたいのですが、手動の孔開け工具があると聞きました。振動ドリルだと振動と騒音が凄まじいので、手動で静かに開けたいと思ってます。

1.それはどういう仕組みの工具ですか?
2.ホームセンターならどこでも置いてますか?
3.お幾らくらいするのでしょうか?
4.上記サイズの孔をひとつ開けるのに何分くらいかかりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたはノープラグビスにこだわっておいでのようですが、(角材をコンクリートの壁にあてがって保持しながら)
その上から一度に電動ドリルで開けようなんてお考えではありませんんよね。=念のため。

普通なら、コンクリート用のドリルを電動ドリルの先につけて、強くドリルを押しつければよいと思われますが、何せモルタルと違ってコンクリートでは小石にぶち当たることもままあります。
とてもじゃないが、ハンドドリルの出番ではありえません。
そういった場合、孔位置の変更やドリルの付け替え(買い替え)、安物のドリルでは施工不能で穴数の割には高い工事代になります。

なおまた、柔らかい木材にビスは直接打つことは出来ても、(ネジのプラス穴を利用してドライバーで)
コンクリートの下穴にねじを入れて行くことは至難です。=力が足りない。

そして、コンクリートの下穴加工時に手元が狂って穴がずれ、また、下穴の径が大きくなりすぎてガタが出れば
もし、ゆるゆるになってしまえば、施工した価値はありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報