前にも質問したのですが、少し日がたったので教えてください
DVDレコーダーについて、HDD内臓のDVDレコーダーがありますが、これはDVDからDVDへのダビングはできますか?
また、次世代の光ディスクがでるように聞きますが、将来的にみて、値段、普及の予測(むつかしいかもしれませんが)、その他いろんな観点から考えて、今、DVDレコーダー
を買おうか、もう少し待って次世代の光ディスクがよいか
迷っています。
どうかアドバイスをお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

DVDからDVDのダビングは出来ません。

コピーガードがかかっており、それを解除することは違法となります。
 
次世代の光ディスクについてですが、こちらは現在のDVDとはほとんど別物になります。ハイビジョン放送を記録出来るように大容量になっておりまして、今現在のDVDレコーダーほど価格がこなれてくるまでは、少々時間がかかるようです。
また、春に向けて各メーカーがDVDレコーダーを、かなり価格を下げて市場に投入してくる模様です。あと一・二ヶ月で近くの電気屋さんに並ぶとおもいますので、検討してみてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスをありがとうございました。
今がちょうど端境期だと思いますが、情報がよくわからず
思案していました。
ご丁寧なアドバイスをありがとうございました。
もう少し待ってみます。

お礼日時:2002/03/09 09:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVDレコーダー買うべきか~次世代DVD規格について

DVDレコーダーが普及期に入ってますが
買うべきか迷っています。

RAM,RWの分裂の印象が強烈なこともあり、
先日まで次世代規格(ブルーレイ)をまとうと思っていたのですが、
次世代機も分裂の様相です。

で、本題なのですが、
現行RAM、RWは、読み取り(DVD-ROM)、書き込み(DVD-R)は共通で
何度も書き込みするユーザーディスク(RAM、RW)のみ違うので、
規格はずしてもベータのようなことにはならないと思うのですが、
次世代DVDの読み取り規格(現在のDVD-ROMにあたるもの)は
分裂してるのでしょうか?

分裂しているのであれば、次世代機待つ意味がない(というか、次世代機のほうがリスクが大きい)ので
現行DVDレコーダー買っちゃおうと思っているのですが。

くわしいかた、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

Q/世代DVDの読み取り規格(現在のDVD-ROMにあたるもの)は分裂してるのでしょうか?

A/次世代DVDであれば規格は統一されてますよ。AOD-RAM(NG-DVD)とHD-DVD(HD-DVD9)ですね。東芝とNECが策定している規格で、現世代の全DVD規格と互換性が維持できます。特にHD-DVDは現世代のDVD規格の片面2層(8,5GB)にハイビジョンで2時間の映像が記録できるようになるという優れもの。既存ディスクが使えるため再生デッキが揃えば、普及する可能性が最も高い。
記録には圧縮効率が今のDVDのMPEG2より遙かに良い、MPEG4か、その互換規格が用いられる模様。

NG-DVD(AOD-RAM)は現世代のDVDを発展させた規格、2層最大-40GBに対応する。出荷は来年前半頃の予定です。これはNECが開発した物。これらは、当初からPC用も出荷予定という。

ちなみに、それとは別にDVDとは全く異なる規格としてBlu-rayDiscがあります。こちらは皆さんご存じでしょう。これは、DVDとは別規格です。こちらは、全く新たな映像用Disc規格であり、現DVD規格との互換性は各メーカーの任意判断となる。容量は初期で27GB(片面一層、最大2層-50GB以上を目指す)となる。DVDとは異なるレーザー波長を最初から使用します。賛同メーカーはNECと東芝を除きその他のDVDフォーラム参加メンバーなど、参加メンバーが多いのが強みです。問題は既存DVDとの互換性とディスクの製造コストです。

知ってましたか?
あくまでDVDの次世代ポストは現状ではNECと東芝の規格でDVDフォーラムで採用されています。Blu-rayはこの規格団体とは別に陣営を組んで策定された物です。次世代の光ディスクであってDVDではないのです。
ちなみに、分裂となっていますが、DVDフォーラムではこれをフォーラムに組み込むことも将来的にあるとしており、Blu-ray側とフォーラム側が歩み寄れば統一される可能性はある。(ただし、現状では規格が進行しすぎており、これから再度再度採択するのは無理ということ)


という具合です。
ついでに言えば、ROM規格はBlu-rayではDVDでのにが~い経験*を生かしレコーディングを優先しているため、まだROMは策定段階に入っているかいないかという状態。DVD陣営はHD-DVDはROMは既存と同じ、AODは規格中、ROMはベースが策定済みで詰めのみ。どちらも別規格ですから、当然基礎規格は・・・

*にが~い経験とは、DVDの書き換え規格では余り知られていないが、映像記録フォーマットにVRF(VideoRecording)とVF(Video)の2種類が存在したという点。VRFは後から映像記録用に策定した物で、簡易メニュー機能をはじめ、追記や書き換えに対応する。対応プレーヤーでしか再生できない。VFは既存のDVD-ROMビデオで採用されたもの、複雑なメニュー機能などをサポートしているが、肝心の追記を正規でサポートし損ねた。


ちなみに、まあ、よくこの回答をしますけど、次世代を待つ意味は、次世代を買うために待つという意味以外に次世代が出ることによって現在選択肢がなく上位に位置づけられている既存機種の価格が低下するというのがあるのですよ。そのため、次世代の意味がないわけではない。まともにDVDレコーダーの利点を生かして使えるデッキが8~10万円台(ハードディスク付きの製品を指します)ですからね。まだまだ下がります。

今どうしても必要なら買っても後悔はしないですよ。ただ、今安いからという考えで、買うなら場合によって後悔する人もいますのでご注意を・・・

Q/世代DVDの読み取り規格(現在のDVD-ROMにあたるもの)は分裂してるのでしょうか?

A/次世代DVDであれば規格は統一されてますよ。AOD-RAM(NG-DVD)とHD-DVD(HD-DVD9)ですね。東芝とNECが策定している規格で、現世代の全DVD規格と互換性が維持できます。特にHD-DVDは現世代のDVD規格の片面2層(8,5GB)にハイビジョンで2時間の映像が記録できるようになるという優れもの。既存ディスクが使えるため再生デッキが揃えば、普及する可能性が最も高い。
記録には圧縮効率が今のDVDのMPEG2よ...続きを読む

Q次の次世代DVDって?

開発エンジニアのかたがいらしたら
次世代はHDDVDかBLUE-LAY方式のDVD機器かと舵取りは消費者サイドに丸投げされたけどその次ってのは やはり3D立体映像ですか?再生のDVDだけじゃなくて、撮影機器、映写装置も含んできますが。
匂いつきも進んでいるようで、複合タイプの開発を進めているのでしょうか?普及目標は2020年ぐらいですか?
DVDという呼称も変えるのでしょうか?

Aベストアンサー

次世代の記録メディアの現在考えられているものは、カーボンナノチューブなどによるものです。

>やはり3D立体映像ですか?再生のDVDだけじゃなくて、撮影機器、映写装置も含んできますが。
これは記録媒体でなく映像業界のことではないでしょうか。そうですと、おそらく一番近いのは有機ELという非常に薄いテレビかと思われます。

>DVDという呼称も変えるのでしょうか?
デジタル多用途ディスク(Digital Versatile Disc)が正式名称ですが、デジタルは今後変わらないですから、ディスクの形ではなくなったら名前は変わると思います。ちなみに、デジタル・ビデオ・ディスクという人がいますが、DVDの使用法の一つで名前としては間違い。(パソコンのデータはビデオではない)

最後に失礼かもしれませんが、質問が2種類に分かれているように思えます。DVDなどの記録媒体と放映機(映像機器)に別れていると思います。

QDVDレコーダーで録画したDVDーRWディスクを、DVD再生専用プレーヤーで見るには。。。

SHARPのDV-SR100で録画したDVD-RW(maxell)をSONYのDVD再生専用プレーヤー
DVP-NS515で再生しようとすると、「このディスクは再生出来ません」と
メッセージが出て再生できません。書き込む時はちゃんとビデオモードの
SPで記録したのですが、なぜか再生出来ません。
メディア(DVD-RW)なのが悪いのか、それともデッキとメディアとデッキの
相性なのか、それとも書き込む時のモードかなにかの設定が悪いのかが
分かりません。ちなみにDVD-Rで焼いたメディアはちゃんと再生出来ます。
お分かりの方、是非教えて下さい!

Aベストアンサー

DVD-R/-RWドライブは問題なしと思われます。ようは、DVD-RWメディアとDVDプレイヤーの相性の問題と思われます。DVD-RWメディアが安価なものだと粗悪品で、書き込まれたデータが不安定になることがあります(一部の台湾メーカーなど)。ですがマクセルなら問題ないと思われます。よく言われることですが、DVD-Rは互換性がよく読み込めるが、DVD-RWは読み込めない場合があります。
解決策はDVD-R/-RW対応と書かれているDVDプレーヤーを購入し直すことでしょうか。
私は、I/O DATAのDVD+R/+RWを使っていますが、+Rも+RWもプレステ2にて再生できました。調べたわけではなく偶然だったのですが・・・。DVD-R/-RW DVD+R/+RW DVD RAM…統一規格にしてもらいたいものですね^^;

QレーザーディスクをDVDレコーダーのハードディスクにバックアップしましたが、

再生してみると、なぜか、音量が小さい気がするのですが、
何が原因でしょうか?
レーザーディスクに入っていた映像の音量が元々、小さかったのでしょうか?

音量をもう少し大きくしたいのですが、
何か良い方法はないでしょうか?


個人で楽しむためのみで、ほとんど見なくなった
レーザーディスクの
映像を移し変えるだけです。


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

LDには当初デジタル音声はありませんでした。
普及促進のためにパイオニアの開発陣が改良して、CD同等スペックのデジタル音声の収録を可能とし、CD・LDコンパーチブル機を世に出すことでVHDとの規格争いに勝利を収めました。

一応CDとスペックは一緒(16ビット、44.1KHz)なのですが、CDと比較するとかなり低いレベルで収録されているものがほとんどです。後半以降になると高いレベルで収録されたものが増えます。
この理由は主に再生にはTV内蔵の貧弱なスピーカーでの音の再生を前提としていたためです。
現在でもこの傾向はあります。HDD・DVDレコーダーも音声の収録レベルは一般的に低めに抑えられています。東芝のHDD・DVDレコーダーで音声レベルの手動調節が可能な高級機種があったはずですが、今は? おそらく手動調節機能装備したものはないのでは。

CDは音が主人公ですがLDは映像が主人公です。そして当時はアンプに接続して音を出す人も少なかったので、TVスピーカーでの音割れを懸念して故意に収録レベルを落としています。
後にAVアンプやコンポに接続する人々の増加やTVスピーカーの性能向上からデジタル音声の収録レベルはCD同等になりました。
が、当時はほとんどがフィルム素材で、しかもフィルムのトラックに記録されたものが大半で、原音が劣悪な状況でやむ得ず収録レベルを落としたものも結構あります(今ほど音声修正技術が発達していなかった)。
またアナログからデジタルへの変換の過渡期であったために、エンジニアたちも試行錯誤中だったこともあります。

方策は基本的にはNo.1の方が書かれている接続に近いのですが、一般的にアンプでの音声接続は固定出力です、ボリュームを上げてもスピーカーの音が大きくなるだけなので、NO.1の方の接続では大きな音で収録するのはムリです。可能なのは可変出力端子があるアンプに限定されます。
但しアンプには必ず可変出力が一箇所あります。
ヘッドホンです。
LDプレイヤー音声出力→アンプヘッドフォン出力→HDD・DVDレコーダーと音声コードを接続します。この際アンプは標準プラグのものが大半なので標準→ステレオミニプラグ変換アダプターとステレオミニプラグ→RCAステレオピンジャック(赤白)の変換コードが必要となります。
または後期では一部S-VHS機にしか装備しなくはなりましたが、手動で音声収録レベルを調節できるものをLDプレイヤーとHDD・DVDレコーダーの間に挟む。
身近にあるものでやろうとしたらこの程度です。

ちなみにアナログからのデジタル録音は結構シビアです。
レベルオーバー(0dbオーバー)すると音が割れて音で無くなります。
なのでピークメーターが本当は必要なのですけど・・・
この加減を掴むには結構試行錯誤が必要で、結局は低いレベルで収録することになると思います。
メンドウなので(一応機器はありますが)当方はしていません。
LDプレイヤーとHDD・DVDレコーダーを直結しています。
PCのTV(ビデオ)キャプチャーでは音声の収録レベル調整も可能なのですが、画質はHDD・DVDレコーダーの方が上なので、画質優先でダビングしています。

はじめまして。

LDには当初デジタル音声はありませんでした。
普及促進のためにパイオニアの開発陣が改良して、CD同等スペックのデジタル音声の収録を可能とし、CD・LDコンパーチブル機を世に出すことでVHDとの規格争いに勝利を収めました。

一応CDとスペックは一緒(16ビット、44.1KHz)なのですが、CDと比較するとかなり低いレベルで収録されているものがほとんどです。後半以降になると高いレベルで収録されたものが増えます。
この理由は主に再生にはTV内蔵の貧弱なスピーカーでの音の再生を前提とし...続きを読む

QPanasonic ブルーレイディスクレコーダーに録画した映像をDVDディスクにダビングする方法を

Panasonic ブルーレイディスクレコーダー DMR-BWT1000に録画した映像をDVDディスクにダビングする方法を教えていただけませんか。

Aベストアンサー

#1です。

>パソコンで再生しようとしましたが、できません
デジタル放送には著作権保護のため「CPRM」というコピーガードがかけられていて、これをDVDにするためには「CPRM」対応のディスクが必須になります。
このことは取扱説明書にも書いてありましたね。

そしてそうやってつくったDVDを再生するには、再生機器のほうも「CPRM」に対応している必要があります。
レコーダーはもはや対応していないものを探すほうが難しいですが、PCはそうではありません。
対応していない製品も数多くあります。
再生できない原因はここにあると思われます。

必要な要件は「CPRMに対応しているドライブ」と「CPRMを再生できるアプリケーション」のふたつで、どちらが欠けていてもいけません。

まずはPCのメーカーにPCの型番を告げて「このPCでCPRMがかかっているDVDを再生したい」という旨で問い合わせてみて下さい。
ケースバイケースで、CPRM対応の外付けドライブやCPRMを再生できるアプリケーションを別途購入する必要が出てくるのではないかと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報