このタイトルが適切かどうかも分かりませんが・・
たとえば。たとえばですよ。

身近な人を(同僚、知人、親など)事故で亡くした時、
「なぜ死ななければならなかったのだろう」と考えますか。
あんなにやさしくしてくれたのに。あんなにいい人だったのに。
寿命だから仕方ないのでしょうか?
いい人だからこそ早死にしたのでしょうか?

2人のお婆さん(父方+母方)がほとんど同時期に亡くなった時。
人をまるで信用せず、忌引きを認めずあまつさえ嘘吐きと決め付け
その他いろいろな理屈をこじつけてクビにしてしまう会社が存在する。
人を亡くして悲しんでる上に首を切って路頭に迷わせてなんとも思わんのか。
そういう人事をおこなうその会社の部長&副部長に、その同じ気分を味わわせるべきとおもいますか?

出鱈目なタバコの吸い方をして家を燃やしたヤツが反省もせず、のうのうと生き続けている。
真面目でタバコを吸わないその家の持ち主は焼死してしまった。
この世では、真面目だと馬鹿をみるのだろうか?
いい加減で出鱈目なほうがのうのうと楽しく生きれてお得なのでしょうか。

ちなみにたとえ出鱈目がお得であっても、自分なら出鱈目よりも真面目をえらぶだろう。
しかしそれはなぜなのか自分でも解らない。

こいつヤなヤツと思った時、その者のことをを「死んでしまえ」と言ったり思ったりしたことはありますか。
しかしそれは逆で、むしろ「もっと生きて反省しろ」と言うほうが当てはまっているのでしょうか?

なにやらとりとめも無く、これが質問といえるものかどうか怪しいところですが
それでも何か回答を書いてくださるという方、お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私は無宗教ですし、哲学もよくわかりませんが、不条理があるのも、脳を持った人類に生まれてしまったからでしょう。


最近は、犯罪を犯しても、反省しない人も多いですしね。
私たちは、他人の心情をしることはできない。ただ憶測するだけです。
世の中には本当に腹の立つことがあふれています。私だって、しょっちゅう「死んじゃえ!」と思いますよ。でも、私は殺人者になりたくない。
人は寿命を持っていて、その中で春夏秋冬があるんです。死ぬということは、本人の無念は確かにあるでしょうけれど、この世を卒業したんですよ。残された私たちは、まだ「学ぶ」ために、生きなければならないし、生きることには必ず意味があると思います。
「巴里の空の下セーヌは流れる」という、昔のフランス映画、ご存知ですか?
まさに不条理だ、とラストに思いましたが。

幸せになるということが、自分だけではなく、周りも幸せにすることだと思う人がたくさん増えれば、本当に素敵な社会になるのにね・・・。

回答にはなっていなくて、ごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答になってないだなんてとんでもない。
素敵な回答、ありがとうございます。

この世というは学校のようなもので、学ぶために生きている、
そして「死」とはこの世という名の学校を卒業することなのですね。
早死にであっても、それは「退学」ではなく「卒業」なのですね。
しかしわざと死んだり死なせたりするのは違うということで。

腹の立つこと、有りますね。
つい数日前も、この「教えて!goo(OKWeb)」で
ある質問に回答したのですが、何の返事もなく(しかも他の回答には全てお礼が書いてある)、
質問内容もだた一方的に他人を悪者にばかりしてるだけだったので、いささか腹も立ち、
もういちど、今度は諌める言葉を回答として書いたのです。
あの質問者がいつまでも人を悪者にして生きていかなければならないかと思うと、
居たたまれなかったからです。
しかし、その回答はここの管理者に消されてしまいました。
こういう場合、黙ってたほうがよかったのかもしれません。
ちょっと腹をたててしまったばっかりに、
何のためにもならぬ、つまらぬことをしてしまった自分がなさけなくなりました。

僕も無宗教です。
こういうことを考えるのが哲学なのかどうかもよくわかりません。
しかし、自分も周りも、皆が幸せになることを願っています。

お礼日時:2002/03/09 14:42

こんばんは。

私はとてつもなく自分本位の考え方の持ち主です。従って、おっしゃるような、自分に対して何か悪さをした人がいた場合、その本人に対して仕返しをしないでは済まされません。実現できてなくて幸いなのでしょうが、罪にと割れない限りぶち殺したい人間が両手の指では足りないくらい存在します。生まれてくる時代も、家庭も間違っていたように最近思い始めました。ただ、故・ジャイアント馬場さんが「騙すより騙された方がいい」とおっしゃっていまして、彼を尊敬する立場から、これを座右の銘としています。出きれば正義の鉄槌を自分で振り下ろしたいのですが、現実に私にはその資格がないようです。諮問者の方の意に添うか否かわかりませんが、人間的にレベルアップして時が経てば、周囲があなたにとって円滑に動き始める時が来ると思います。

この回答への補足

回答してくださった皆様、改めましてまことに有り難うございます。

ほんとうはすべてのかたにポイントを差し上げたいのですが、
代表として2名のかたに付けさせていただくことにしましたのでご了承ください。
皆様のご多幸を祈ります。

補足日時:2002/03/10 11:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですか・・そうですね。
僕にも正直言って、どうしても許せない、仕返しをしてやりたい、
もがき苦しみ続けなければならない状態に追いやってもなお飽き足りない人間がいます。
その人間とは、某警察の刑事です。
僕の知人に無実の疑いをかけ、散々ナグサミ物にしたのです。
詳しい内容は・・ここではとても書き切れません。
その知人はこの世を嘆いて亡くなりました。
ちょっと可愛いというか、とてもやさしくていい知人でした。
刑事に「キサマはドーショーモネエエヤツダ」などと口汚く言われたそうです。
その刑事には妻があり子供もあると聞きました。
いくらその刑事が、家庭に居るときは「善きパパ」であっても、
僕にとっては、その刑事のほうこそが、愚劣かつ卑劣な、どうしようもない存在でしかありません。
しかし法曹も天皇も、そういう刑事に対して正義の決断を下すことを全くしません。
その刑事は、罪には問われないかもしれない。しかしその刑事は正真正銘の殺人鬼です。
ただ、だからといって僕が行動に出てしまうと、僕自身がその愚劣で卑劣な人間と同
じ存在に成り下がってしまうことになりかねないのです。
残念ながら僕にも正義の雷を落とす資格は無いようです。
もしかしたらこういうお礼も質問も削除されてしまうかもしれない。
しかしそれでもいい。

ああ・・お礼の欄なのに、愚痴ってしまいました。済いません。
僕は人間的にはまだまだ未熟です。
力強く励ましてまで頂けたようで、非常に嬉しいです。

お礼日時:2002/03/10 11:46

とりとめもない自分の世界観の一端を述べるだけの回答をします。



「~すべき」とは人間が目指す理想、「善い」はその行為を評価する言葉だと思うんですが、
そう考えると条理とか道理だとかって結局は現実もそうあって欲しい、そうしたいっていう
願望であり価値だと考えられると思います。
そう考えると、現実の世界は我々の意志や願望と関係なく動いている部分が多いし、皆が同
じ条理や道理を共有しているはずもないので不条理な世界で当然だと思ってしまいます。も
ちろん自分の条理にそった世界になって欲しいと思うし、ささやかながらそういう働きかけ
をしたいとも思ってもいるけれども、でもそれは自分の理想の世界を作るというだけで、誰に
でも善い世界じゃないということになるので悩ましく感じてもしまいます。
今の私は条理とか善を絶対的に捉えることができないので、ある種の不条理は受け入れざるを
得ないし、自分の条理に沿わなくとも他人の条理にそっているもの(不条理)もできるものは
受け入れざるを得ない心境です。

No.1の方のお礼中からの引用ですが、
> それとも信条に正しいも誤りもないのでしょうか。

こういう考え方に同意しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね、自分が「こうあるべき」と思っていることが、
別の人にとってはそうじゃないことがある。
条理とか不条理というのを考えたところで、実は主観的なものでしかないのかもしれませんね。

「誰にとっても善い世界」という絶対的なものは実在し得ないものでしょうか・・

お礼日時:2002/03/10 09:48

全ての現実は合理的であると認めてしまうことではないでしょうか。


「合理的」とは何かも問題ですし、現実を認めることにより正義や向上心が過小評価されるかもしれませんが、答えの出ないことに悩みつづけるのも不幸なことだと思います。
最近 私は、世の中は「わからないこと」で出来ていると考える様にしています。この世の条理を理解することによって不条理が現れるなら、条理を「わからないこと」すれば、不条理に悩む必要が無くなる訳です。
全くの逃避と思われるかもしれませんが、今「わからないこと」が有る事を理解して、いつか解るかもしれないと言う希望があることで、逃避から区別できるのではと考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

うーむ・・突き詰めればそうなるということでしょうか。
世の中はわからないことで出来ている、なかなかその通りかもしれません。
その全てを合理的だと確信できるばらば、悩む必要も無くなりそうですね。
ただ、そう簡単に全てを合理的と認めたがらない自分がいるのも確かです。

しかし、皆様からこうやって回答をいただいたことによって、
なんというか、元気が出てきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/09 15:57

たしかにその一瞬だけを見るならば不条理だと思えるかもしれない。


例えば、身近な人が死んだ時、とても悲しむけど、でも例えば交通事故で生き残ったとして、重度の障害で苦しんで死にたくても体が動かなくてそれもできなかったり、周りの家族も入院費とかの捻出で地獄のような生活に陥ったりする場合だってある。
首になったことは悲しいけれど、その会社にいたとして、家を買うために多額のローンを組んで、その後、会社が倒産することだってある。むしろ今、首になったから将来のことが見つめられたということも。
タバコの火の不始末によって焼死した家族の生活が常に幸せとは限らない。このまま生きていれば、主人と妻はお互いの不倫で泥沼、家族はバラバラ、子はいじめの被害者で自殺だったということも。
だから出鱈目な人がのうのうと楽しくずっと生きていけるか、まじめな人が馬鹿をみるなんて誰にも分からないと思う。人それぞれの生きかただと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、確かに今という現象だけを観測して不条理と思っているに過ぎないのかもしれません。
ここで死なずに助かったとしても別のどこかで苦渋辛酸が待ち受けていたかもしれない。
だからといって、いま見ている現象が「増し」なのかは何とも言い難いです。
現象は1通りしかないので、どちらが増しなのか比較のしようが無いからです。
しかし、より悪い事態を想定してそれと現実とを比較して「増しだった」ということはできるのかな・・
でも、それならば逆に、より良い事態にもなり得るというかそういう想定も可能で、それと現実とを比較すると
やっぱりガックシとくるものです。

ともかく、世の中もっと良いことが増えてほしいものです。

お礼日時:2002/03/09 15:27

私の独断と偏見ですが人類が集団生活をはじめてから悪があれば正義があり、条理があれば不条理があると思いますよ。


只、蟹は自分の甲羅に合わせて穴を掘るの例えのように自分の信条に合わせて生きて行くことが肝要なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「自分の信条」、なかなか大切なことかもしれませんね。
正しい信条ならうまく生きられて、
間違った信条だと、はじめはうまくいっているように見えてもいずれは行き詰まるのでしょうか。
それとも信条に正しいも誤りもないのでしょうか。
いままで、わりと真面目に生きてきたつもりの自分ですが、
このままでホントに良いのか?と、ふと思ったのです。

お礼日時:2002/03/09 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不条理は何の意味があるのか

昨日新聞で、原爆症のことをよんで、この人たちがまったく自分のせいではない不条理によって、結婚や出産を断念したり、社会から疎んじられる存在になったりという人生を送っていることなのですが、これをきっかけにふと以前から疑問になっていたことがよみがえってきました。
不条理にどんな意味があるのか?
私はなぜか昔から

「人生は幸福度において人間等しく一様であるべき」

という考えを持っていて、不幸はそれを補う幸福によって相殺されるべきだということです。それでいえば、例であげた原爆症の人は、その災難ゆえになにか一般人にはない幸福を与えられなければという感覚があるのです。

これを自分の卑小な例にも当てはめることができて、18くらいの時にいろいろ滅入ること(性格、孤独、肉体的ハンデの意識、家族との齟齬)で結構うつ的になっていましたが、

「こんなことで受験に影響出してたまるか!」
(身に起きている気を滅入らすような外力で、受験のレヴェルを落とされてたまるか!むしろこの代償的にB勉強には好影響がでなければならない)

そういう気持ちでいて、とにかく気がめいっていても、無理やりにも勉強していました。平行してジムなどにも通っていました。人生幸福度0レヴェルに補正しなければという強迫観念が働いていました。

もちろん自然に逆らっていたことで、うつもちっともよくなりませんし、受験もたいしたレヴェルに達しないまま終了しました。が、抵抗したことには納得しています。

つまるところ、世の中にあふれている「不条理」を肯定できないのです。それにどうしても身をゆだねることができません。

なにか納得するような考え方ってあるでしょうか。

昨日新聞で、原爆症のことをよんで、この人たちがまったく自分のせいではない不条理によって、結婚や出産を断念したり、社会から疎んじられる存在になったりという人生を送っていることなのですが、これをきっかけにふと以前から疑問になっていたことがよみがえってきました。
不条理にどんな意味があるのか?
私はなぜか昔から

「人生は幸福度において人間等しく一様であるべき」

という考えを持っていて、不幸はそれを補う幸福によって相殺されるべきだということです。それでいえば、例であげた原爆症...続きを読む

Aベストアンサー

意味というのは予め定められたものなのでしょうか?
幸福とは与えられるものなのなのでしょうか?
不条理とは身をゆだねる対象でしょうか?

私は違うと思います。

bossambaさんの「人生は幸福度において人間等しく一様であるべき」
という願いに私も共感します。
でも、世界のあり方が我々の願い通りにあるわけではないと思います。
むしろ、我々が願う条理の世界と
実際の世界のあり方はほとんど無関係だと思います。

意味とは我々一人一人が見出していくものだと思います。
幸福は我々一人一人が作っていくものだと思います。
幸福は不幸と相殺しあう関係ではないと思います。
幸福は0レヴェルといったような数値で測れるものではないと思います。

人間は平等ではないと思います。
一人一人が持つ資質も、生きていく環境もさまざまだと思いますし
同じ資質も環境が変われば働き(評価?)が変わると思います。

不条理を人間の側が肯定しようが否定しようが
そんなことはお構いなしに不条理は堂々と存在すると思います。
いや、不条理が先に存在するのではなく
我々の条理の願いから外れたモノを、期待外れの塊を
我々が勝手に「不条理」と呼んでいるだけではないでしょうか?

私は不条理に端的な意味や安直な真理をあてがうべきではないと思います。
例えば、神のような超越的実体を存在の根拠として示したり
あの世や霊魂の存在を説いて不安を除去すべきではないと思います。
そういう気休めにしかならない観念は否定したい。
(bossambaさんもそんなモノに答えは求めていないと思いますが。)

生存とは、耐え難い不条理や矛盾を生きることに他ならないと思います。
この自覚から、人生は始まるのではないかと私は考えます。
あとは「自分の人生にどのような意味を持たせたいか?」といった
創造力と意思の問題です。

あくまで私の独りよがりな考えです。

意味というのは予め定められたものなのでしょうか?
幸福とは与えられるものなのなのでしょうか?
不条理とは身をゆだねる対象でしょうか?

私は違うと思います。

bossambaさんの「人生は幸福度において人間等しく一様であるべき」
という願いに私も共感します。
でも、世界のあり方が我々の願い通りにあるわけではないと思います。
むしろ、我々が願う条理の世界と
実際の世界のあり方はほとんど無関係だと思います。

意味とは我々一人一人が見出していくものだと思います。
幸福は我々一人一人...続きを読む

Q人の成功を願って生きるのor不幸を願って生きるor特にどちらの感情もなく(その時々)ていきるのでは何が一番得?

 人の成功(幸せ)を願って生きてると、自分も成功(幸せ)できる。心が豊かになる。等メリット、デメリットあるかもしれませんが意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

人の成功を願って生きるでしょう。

誰かが成功しようとしている時、笑ってオープンにおめでとう!よかったね!と言える人になるか、それともその逆か・・・明らかに前者のほうが総合的にも良いと思います。

不定的思考の人間に、心の問題、病気がよくあるのは自明の理だとおもいますので、心がそうであるならば、財産もその他すべて無意味なものになってしまいます←そういうのは心の平安を築くための力、要因となるべきだと思いますので、そうではなくなるならば無意味だということです。

だって生きてる時は同じように与えられているけど、その一瞬一瞬の時をうつうつと過ごしたり、卑屈に過ごしたりするのは、なんのための財産かと思いますね。

それと、あやかるだけ、みせびらかすだけの財産なら富の役目も対したものではないと思います。

話はそれましたが、心から人の成功を思えなくても、そう思考していこうとすることこそが、心から人の幸せを願える人間になる原因を創るのだと思います!
心が積極的思考で前向きで、心豊かで、真の平安を築ければ幸せなんですから、その原因は人の成功を願って生きるに大きく関連していることをあなたも気づいているとおもいます。
結局、財産も地位も名誉もすべて手に入れても、人の成功を願って生きることができない人間は、ほんとうの心の平安というものを知らない人だと思います。
これでもか!というぐらい心の大きさ、心の平安さを示した偉大な哲学者達に、その法則性があると私は確信していますが、その一つの大きな要因こそが、人の成功を願って生きる、人の幸せを願っているだと思います。

愛せよ!さらば愛されんだ!!

もし読んでいないのであれば、エマソンの『償い』を絶対見たほうがいいです!
これは、一生を心豊かに暮らしたい、ほんとうの心の平安を築きたいという人には必読書です!ほんとうに読んでみてください、価値ありです!

人の成功を願って生きるでしょう。

誰かが成功しようとしている時、笑ってオープンにおめでとう!よかったね!と言える人になるか、それともその逆か・・・明らかに前者のほうが総合的にも良いと思います。

不定的思考の人間に、心の問題、病気がよくあるのは自明の理だとおもいますので、心がそうであるならば、財産もその他すべて無意味なものになってしまいます←そういうのは心の平安を築くための力、要因となるべきだと思いますので、そうではなくなるならば無意味だということです。

だって生きてる...続きを読む

Q加害者が社会の不条理に不満を覚えたために犯罪が起きた場合、

加害者が社会の不条理に不満を覚えたために犯罪が起きた場合、
不条理な社会を見直そうと思いますか?

Aベストアンサー

 加害者が勝手に言っている独りよがり。言い訳に過ぎない。結果して誰も共感
してくれない。
 今の世の中は、いかに不条理があっても話し合いや投票活動で雌雄を決するの
が常道。人をあやめたり、人を脅したりして自らの主張を遂げようとするのは
間違っているし、理解を得られない。

Q出鱈目なら

出鱈目なら宣ふ程度の力量はゼロと推測しますが如何ですか。

Aベストアンサー

なかなかの力量です。

http://cuty.radilog.net/
http://www.pwblog.com/user/masagame1/kennbi/139408.html
http://www.snzhouyi.com/

Q日本は不条理な社会ですか?

主観的かもしれませんが世界各国は不条理だと感じますが日本はどうでしょうか?

日本の社会は正しいことと不条理なことどちらのほうが多いと思いますか?

簡単な回答でいいのでお願いします。

Aベストアンサー

どこと比較するかにも寄るでしょうが、日本が先進国と呼ばれている以上、それらの国と比較するのが妥当だと思います。
(逆に言えば、先進国に遠く及ばない国と比較して「まだマシ」などと言ってるようでは、日本が不条理であることを証明しているようなものです)

基本的に日本には議論する習慣がありませんでした。
常に立場の上の人が、下のものに命令する、伝達する、これだけです。
何か言われても「俺の言うことが聞けないのか?」と言うだけです。
(今は多少違うでしょうが)

ですから、もし「民主的」と照らし合わせて考えるならば、先進国の中では不条理と言えるでしょう。
でも「民主制」がすべてではないですから、もししっかりした個々の意見をもっているのならば、それでもいいと思いますが、今の日本人にはそれすらもあるとは思えません。

大抵、自分の意見を述べるのも比較論で相手の意見を批判しておき「~よりマシ」と言うのが精一杯の人が多数ですからね。

Q生きるべきか? 死すべきか? それが問題だ

私は高校時代から、この世の矛盾・不条理に悩み、後から来る人には苦しんでほしくないと

志を立てて恋愛も大学も将来も放棄して考えて来ました

その結果 病気もしてしまったのですが存○性○想という考えに至りましたが

残念ながら51才の今まで役立たずのままです。

私は責任を取るべきでしょうか?責任を取らなくても病気で仕事も出来ず

当然結婚も出来ず、彼女も出来ず、何もないです。

数年前から死にたくなる事が増えました 私は恥を知って死ぬべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

 先日も何処かで御めに掛かりましたね。その時の遣り取りには私、感銘受けました。 役に立ってます。 バタフライ・エフェクトというのが有るそうですが、本来役立たずの存在は一つも無い!という事です。 無力と判断するのは、自己判断に過ぎない。
 人は自己イメージで勝手に悩みますが、他者から見る姿は良くも悪くも違いますから。 自分のイメージ姿に悩んで整形する女性も多いと聞きますが、他人の評価は驚く程異なります。
先ず、人の心や過去未来の事は私は放下します。 世界は思惑超えている。
 逆境や躁鬱状態の時の判断は間違えがちなので、良い時に判断しよう、と経験者はみな助言してますね。 私も貧乏、独身、ネット自営業細々、。貯蓄も心もとない。友人達とも疎遠になってしまった。 毎年のように違う病気もやって来てます。 年取るとはそういう事でしょう。 しかしその分、しっかりと考え思惟を高めてゆけば、そんなに動じなくもなる。 獲得した智慧を纏めておくのも良いと思う。 主様は既に獲得したもの御有りですから、一寸整理すれば又戻ると思います。 
 役に立ったと言いましたが、その時最後にやはり<存○性○想>というのが出て来てそのご説明が無いことには訳が解らなくなり、そこは残念です。 宗教宣伝になるので書けないという事でしょうか?
 獲得した御自身の思想が行き詰ったというならそれは何処か瑕疵があるのでは? ならば改めて勉強する他ないでしょう。 でも齟齬をきたした事は、逆にチャンスとも言われます、新たな段階への。 又、キルケゴールのような、独特の悩みを思考する人なら、常人には計り知れないので、突き詰めるしかないでしょう。 大抵は世間知らず’ならぬ世界知らず!の場合が多いようです。 
~<生きるべきか?or 死すべきか?>このハムレットの疑問はもはや<問題>とは捉えられてません。{あれかこれか}のORではなく、
{生きる事-と-死ぬ事}、and(フランス語ではet)、「生きるべきでand死ぬべきでもある、、」現代哲学では、それを同時にやることを考えよ!となりました。 二者択一でダブルバインド状況で悩んでも、答えは出そうもない。 どっちも選べないならば両方に足を掛け、死につつ生きるとか、、死を徹底的に考える事が生きる事になったりとか、、そんな事でしょうか? すると第3の道・未知も見えてくる、という、。弁証法ですらなくて、、違う問題系に移行するという事。 良くは解りませんが人は普通、ブレーキ掛けながらアクセル踏むようにも生きてるのではないでしょうか。 細胞も、毎日死んでくのもあり新たに生まれてもいる。福岡伸一さんが云う「動的平衡」がこの世の、そして生物の在り方であるという。
 {あれかこれか}等の「間違った問題設定は廃棄すべし!」とヴィトゲンシュタインや蓮実重彦らが言ってました。 今時点で考えるべき正しい問題を立てよ、という。 その方が難しいのだろうけど未来に繋がります。
 お若い頃に今の選択をして続けて来られたんでしょう。私もそうです。今さら何を恥じることがある?挫折で死を選ぶ事こそ羞じるべきです。 全てやり尽くしての自死なら未だいいですが、。以前仲良くなった野宿者で、公園で首つった木の枝が折れて生還した人が云ってました「その瞬間に後悔するから、、遣り尽したかどうか?を!、二度と安易にはやらない。」とね。
<何も無い・・>~無一物を理想としたのは禅宗でしたか?一休さん?利休?  元は達磨さんから数えて第六祖の慧能えのう大師らしい。
つげ義春「無能の人」~帰還兵の横井正一さん「もっと困れる」~何かホっとする本です。
 一流企業を円満リタイアしながら、人生の意義に迷って、永平寺に出家する人も結構居ます。今さら世俗の外ズラ求めても仕方ないですね。私など外から見ればごく潰しです(笑)、親戚にも言われたよ。 でももう呆れられてるわな~。
 哲学かじった人は、中々キリスト教の信仰に直ぐには満たされないでしょう。
キリスト者の哲学者は大勢居ます。でも大いなる信仰を抱くには、悟性の思惟による精進は付き物ですね。焦ってもしょうがない。牛歩主義です、仏陀のように。「牛のように歩め!」
しかし私も経験御座いますが、欝の時には活動力鈍り、好きな音楽も耳に入らなかった。一晩中歩いたりしました。無意識に頭冷ます為だったかも、。その後で行き当たったのが、
スピノザ「エチカ」、お勧めです。特に哲学専門家ではない人に。
「精神は身体の出来る事を知らない(逆もそう)」、行き詰ったら身体に聞いて見る事。~スポーツとかゲームとか踊りとかヨガ、転地とか温泉も良いかも。 驚く程、身体は力能持ってます、これ実感。爪や髪の毛は絶望しませんからね、それも自分です。 
 心身並行論。身体が能動力取り戻すと精神も並行して能動となる。逆も然り。
受動となればもう一方も受動的となりがち、。それを知れば、無理にでも動かすべき時もあるでしょう。 まあ御気楽な楽しみも持ってた方が良いという事です。 
決定不能問題は、考え尽くしたらもう放下すしかないもんね。 ただ真面目にやってても神仏は喜ばないようですよ。
スピノザを称揚した人は多いけど、有名なのは、幸福論のアラン、現代だとジル・ドゥルーズです。入門書も書いてます、感動的でしたよ。
<傷の無い魂などあるものか!>アルチュール・ランボー
同年代の皆様、何とか気張っていきましょう。

 先日も何処かで御めに掛かりましたね。その時の遣り取りには私、感銘受けました。 役に立ってます。 バタフライ・エフェクトというのが有るそうですが、本来役立たずの存在は一つも無い!という事です。 無力と判断するのは、自己判断に過ぎない。
 人は自己イメージで勝手に悩みますが、他者から見る姿は良くも悪くも違いますから。 自分のイメージ姿に悩んで整形する女性も多いと聞きますが、他人の評価は驚く程異なります。
先ず、人の心や過去未来の事は私は放下します。 世界は思惑超えている。
 逆...続きを読む

Q不条理と感じることはありませんか?

不条理というのは道理に反すること、不合理なこと、背理とかです。

戦争なども不条理だと思いますが

あなたは今まで生きて来て体験やニュースなどで これは不条理なのでは

と思うことはありませんか?

よかったら教えてください。

Aベストアンサー

社会の本質は助け合いなのに、その分業化&市場の拡大のために
発達した貨幣制によって、「助け合い」のはずが、お金の奪い合い、
利己的な弱肉強食の争いに変質させてしまっていること。

その歪みは、助け合って生きる喜びを自己チューな拝金主義に
矮小化させ、充足感の損失と同時に、貧富の格差を拡大して
個人消費の抑制=不況を招き、人材をマネーゲームに浪費し、
経済をバブルと崩壊の連鎖に陥らせているのです。

分業化の発達において、その自己の生存の社会的拡張を
社会生命的自覚化(愛による労働=自律的社会行動)し得る
だけの認識の深まりではなく、自己チューな意識のままお金や
出世といった“馬車馬の目の前のニンジン”によって他律的に
社会行動をとらせる(苦痛から逃げる事による生)方法を
とった結果の矛盾なのです。

Q生きるために生きる?

長い間、(幸せになるために
または生きるということが楽しいから
人は生きているんだ)と思っていました。

しかし本のタイトルは忘れてしまいましたが、
ある本のなかで
「幸せになるために生きるのだったら、
幸せじゃない人は死んでいいということになる。
「人は生きるために生きるのだ」
的なことが書いてありました。


生きるために生きる?
そんな感覚は全然理解できません。
わかりやすく哲学的に教えていただきたい。お願いします。

Aベストアンサー

「生きる」と言うことが、目的なのか手段なのか、と言う話でしょう。

Q「不条理」が文学作品のテーマに用いられる理由

カフカを初め、「不条理」をテーマにした小説等は多く見受けられますが、なぜ「不条理」は文学作品のテーマとして用いられるのでしょうか?
もちろん作者によってその理由はまちまちでしょうから、一般論で結構です。

ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

不条理は誰でも経験する事ですから、作家本人の創造能力に余り依存せずに説得力の在る作品が書きやすいからではないですか。皆さんに受け入れやすければ、名作としても残りやすいですよね。

他の例では、どこの国の話でも地獄の話は面白く、また、描きやすいですね。苦しみは誰にでも共感できるからです。一方、退屈しない天国を描くのは、それこそ、その著者の能力が試されます。ですから、行ってみたくなるような天国の描写は滅多に在りませんね。私の経験では、ダンテの『神国』の地獄は面白かったが、天国なんて行ってみたいと思えませんでした。個人的には源信の『往生要集』の極楽なら行ってみたいと思えましたが、こんなのは例外中の例外です。

悲劇を描けば古典として残りやすいですが、喜劇では中々説得力のある古典が在りませんね。不条理と同じで、悲劇は人間の脳味噌のなかでも最も原始的な部分を感情的に刺激するので、誰でも簡単に納得させられてしまうのですが、一方喜劇を理解するには、その時の文化を理解している必要があり、相当な知的訓練を受けていないと、中々楽しめるものでは在りません。外国語で話される冗談がすぐ分からないのと同じです。喜劇役者になるには相当頭が良くなくては成れませんが、二枚目役者や美人役者などは、そんなに頭が良くてもなれるのと同じです。不条理や悲劇をテーマにした作品は、二枚目役者みたいなもので、皆さんの動物のレベルの感情ですぐ共感できますが、喜びをテーマにすると、喜劇役者並みの知的能力が在っても、中々納得してもらえないのです。

勝手な想像ですが、優れた作家は多分一生に一度ぐらい、喜びをテーマにした作品に挑戦するかもしれませんが、ほとんどの場合失敗しているか、あるいは、それに挑戦するだけの勇気がないのではないですか。そんな賭けをするよりも、きっと、誰にでも簡単に受け入れてもらえる、悲劇や不条理に流れて行ってしまうのだと思います。

何か、作曲家が滅多にバイオリン協奏曲を書かないのと似ていますね。ただ不思議な事には、そんなに珍しいバイオリン協奏曲には名曲が多い。ところで、喜びをテーマにした文学作品には滅多にお目にかかれないと思いますが、それにもやはり名作品は多いのでしょうか。単なる経験不足かもしれませんが、文学に疎い者の独断と偏見に満ちたコメントになってしまいました。悪しからず。

不条理は誰でも経験する事ですから、作家本人の創造能力に余り依存せずに説得力の在る作品が書きやすいからではないですか。皆さんに受け入れやすければ、名作としても残りやすいですよね。

他の例では、どこの国の話でも地獄の話は面白く、また、描きやすいですね。苦しみは誰にでも共感できるからです。一方、退屈しない天国を描くのは、それこそ、その著者の能力が試されます。ですから、行ってみたくなるような天国の描写は滅多に在りませんね。私の経験では、ダンテの『神国』の地獄は面白かったが、天国...続きを読む

Q生きる為に生きる意味

誰か中3の無知な脳みその私に教えてください

地球の生物は
道路のいたるところに石ころが偶然落ちてるように
別にそこにある理由もなく
存在する理由もなく 
生きる為に生きていますよね

この地球上でたまたま知能が他の生物より優れた人間は
地球の至るところにいて地球を制服というか
地球は人間のもの みたいな感じですよね

それは
大体の人間が人間の生きれる環境のために生きるんでしょ?
小さいころから幼稚園、小学校、中学校、高校と学び続けるのも
人間の生きれる環境のためで
自然だか動物だか共存 大事っていうけど
それも人間の生きるために必要不可欠なものでしょ

別に温暖化になろうが氷河期になろうが緑がなくなろうが
地球は痛くも痒くもないし
人間が地球を守らなくとも生物がいなくとも地球という名の惑星はその後も存在するんじゃ?

欲望 私欲の為に生きてるんでしょうけど


何故みんな生きる為に生きてることを不思議に思わないのですか?
私のおかしい所教えてください

もう一つ
死んだら終わりですか?

よく霊を見るやら言う人が居ます
それは死後が存在するわけで
死んでもなお自我と魂が縛られてるわけですよね

死後に自由なんてない
完全に消えることはできないのですか?
死んだら強制的に天国か地獄に振り分けられる

天国も地獄もいらないし死後もいらない
生きた証ごと消え去りたい


そもそも死後などとほざいてる時点で頭が可笑しいと思いますが
自分の意見でもなんでもいい教えてくれませんか?

誰か中3の無知な脳みその私に教えてください

地球の生物は
道路のいたるところに石ころが偶然落ちてるように
別にそこにある理由もなく
存在する理由もなく 
生きる為に生きていますよね

この地球上でたまたま知能が他の生物より優れた人間は
地球の至るところにいて地球を制服というか
地球は人間のもの みたいな感じですよね

それは
大体の人間が人間の生きれる環境のために生きるんでしょ?
小さいころから幼稚園、小学校、中学校、高校と学び続けるのも
人間の生きれる環境のためで
自然だか動物だか共...続きを読む

Aベストアンサー

二つの命題を同時に質問しない方がいいです。
前者は自然科学ですが、後者は超心理学、または宗教の命題です。

折角ですから、紐理論からこじつけで説明してみましょう。
全ての世界は一様でつながっているというオカルトの理論があります。
彼らにいわせれば地獄も天国もなく、そこは全て繋がっているということです。

何が違うのか。波動が違うのだそうです。
同じ場所にいても波動が高いとより次元の高い世界に行けるのだとか。
だから明確に天国と地獄に別れるというのではありません。

死ねば終わりなのか、輪廻転生するのか、それは現代科学では証明できていません。
だから、それを信じるも信じないもあなたの判断でしかありません。
ただ、死後の世界などないと仮定して私利私欲に走って、実は死後の世界が存在した場合
死後の何万年と生存中の十数年の取引なのですから、被害は甚大なものになります。

現在の物質界にも天国と地獄が同一の場所に再現されています。日本と北朝鮮を見れば明らかでしょう。
日本と北朝鮮、片方は飽食という言葉が存在する一方、もう片方は飢餓との戦いの連続です。
日本と北朝鮮など距離にして数百km、この大宇宙からみればゴミみたいな距離です。
そのわずかな距離の違いに生まれただけで、天国にも地獄にも落とされるのです。
同じ物質界でも上下でこれだけ格差があるのですから、別の次元も似たようなものなのでしょう。

死んでも自我が縛られている霊というのは、次元の低いところしか出入りできない霊ということになります。
次元が高ければ、それは素晴らしい桃源郷があるのらしいですが、この辺にしておきましょう。

二つの命題を同時に質問しない方がいいです。
前者は自然科学ですが、後者は超心理学、または宗教の命題です。

折角ですから、紐理論からこじつけで説明してみましょう。
全ての世界は一様でつながっているというオカルトの理論があります。
彼らにいわせれば地獄も天国もなく、そこは全て繋がっているということです。

何が違うのか。波動が違うのだそうです。
同じ場所にいても波動が高いとより次元の高い世界に行けるのだとか。
だから明確に天国と地獄に別れるというのではありません。

死ねば終わりなのか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報