『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

外為どっとコムで為替のデモトレードをしていますが、外為どっとコム以外で為替取引に良い情報は何かありませんか?ライブドアファイナンスを見ていますが、無料情報でレポート、メルマガ、プログ、マネー関係のホームページ、又・・・証券のホームページなど良い情報を教えて下さい、 私は為替初心者で勉強中です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日銀のHPに良い物があります。


是非知っておきましょう。

ここで、1つ問題!!!
1990年の1$=160円、2005年の1$=121円ではどちらが実質的に円安でしょうか?
答えは2005年の1$=121円の方が実質的に円安です。
何故ならば、日本よりも米国の方がインフレが激しかった為、米ドルの貨幣価値下落に伴い、購買力平価で見た場合はむしろ円安だから。
だから、日本の輸出産業はボロ儲けなのです。
そこで、見た目では分からないけど、本当の為替を知るにはどうすれば良いか?です。
日銀が算出している実質実効為替レートは主要輸出相手国通貨(15通貨、26カ国・地域)に対する為替相場(月中平均)を、当該国・地域の物価指数で実質化したうえ、通関輸出金額ウェイトで加重平均した為替レートです。
つまり、物価の影響を考慮しているので、非常に分かりやすいのです。

為替物をやるのならば、実質実効為替レートの意味と見方を知っておきましょう。
↓解説編。
http://www.boj.or.jp/type/exp/stat/exrate.htm

参考URLに実質実効為替レートの数値が見れます。
実質実効為替レートは1973年3月を100として、これよりも高ければ円高、低ければ円安です。
7月の実質実効為替レートは104.2(13日までの平均)なのです。
エクセルを持っていれば、グラフにすると1985年10月に匹敵するハイパー円安なんです。
つまり、20年ぶりの円安と言う訳です。
輸出産業がボロ儲けし易い理由は、この数値を見れば一目瞭然!

今は、巨大な対米貿易黒字国である中国に矛先が向いているので、気にしている人は少ないですが、この矛先が日本に向けられれば・・・・

参考URL:http://www.boj.or.jp/type/stat/dlong/fin_stat/ra …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日銀の実質実効為替レートと言う良い情報を教えていただき、有難うございました。これは良い勉強になりました。
このレートから見ると米ドルは、中長期ではロングのポジションを持つのが良いと言う事でしょうか。

お礼日時:2006/08/08 23:30

#1です、補足です。


>このレートから見ると米ドルは、
>中長期ではロングのポジションを持つのが良いと言う事でしょうか。
逆です、相対的に外貨が強く、円が弱いのです。
現在の実質実効為替レートは1985年10月の101.9以来のハイパー円安水準なのです。
ですから、もっと円が強くならないと、適正な為替レートとは言えないのです。

今はトヨタがボロ儲け出来るほど円が安いのですが、米国自動車業界からは今の円安によって、GMやフォードが大きなダメージを受けていると言っているほどです。

ですから、米国は今の円安状態を何時までも野放しにする事は無いと思います。
その時が本格的な円高になると思います。

実質実効為替レートは、こう言った事を簡単に見破る事が出来る優れた為替レートなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき有難うございました。現在は日本の景気が良く円安状態にあるのですね。将来的には円高ドル安になると考えるのが良く、この転換時期を判断するには、日米の金利に注目するのがいいのではと考えます。

お礼日時:2006/08/11 22:47

趣味程度のトレードなもので、



新生銀行
http://www.shinseibank.com/fx_info/top.html#02
口座がなくてもニュースだけはOK。オセアニア通貨の情報があります。

読売新聞HPのマネーに週間の見通し。

参考URL:http://www.shinseibank.com/fx_info/top.html#02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうおざいました.新生銀行とか読売新聞は初めて聞きます。どのような情報が有るか調べて見ます。

お礼日時:2006/08/08 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング