僕のポジションはセンターなのですが、なにぶん身長が低いもので、何とかジャンプ力だけはあげたいのです。どのような方法でトレーニングをすればいいのかご存知の方がいらっしゃいましたら、是非お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

いろいろな筋トレはありますが、


自分のジャンプ力をはかるバロメータとして、毎日練習前でも後でもよいので、
リングジャンプをしてください。
それをすることで、
ジャンプのタイミングや、どちらの足の方がジャンプ力があるのかなどが分かります。

センターのポジションですと、
リバウンドジャンプが必要になるとおもうので、
練習では、両足で何度もジャンプしてリバウンドを取る練習をした方がよいでしょう。
これは、単純に、高く飛ぶという性質のジャンプではないので
練習で、培う必要があります。

あと、低身長のセンターに必要となるのは、
体の寄せ方や、スクリーアウトの技術です。
ジャンプする前に、いかに自分が有利なポジションを取るかというのが大事です。

かのデニスロドマンも
上記の技術を極めて、リバウンド王になりました。

バスケを楽しんで、頑張って下さい。
    • good
    • 1

初めまして。

ジャンプ力を上げる方法なのですが、書店に行って「JUMP ATTACK」という本を購入してそれにあるトレーニングを試してみてはいかかでしょうか?3ヶ月で15cm~25cm、人によってはそれ以上伸ばすことが可能だそうです。私は今現在実行中でまだはっきりとしたことは言えませんが、他のジャンプ力を上げるトーレーニング方法よりは確実に効果的だと思います。この本を書いた人はジョーダンやピッペンなどNBAの有名なプレイヤーのトレーナーをしていた人が書いている本なので、信頼性はかなり高いと思います。発行所/日本文化出版 発行者/前田健 「JUMP ATTACK」です。
    • good
    • 3

何度もすいません。

高校の時、練習でやっていたことなのですが、練習の最後に自分の届く範囲でゴールのネットとかボードとかリングに連続で20回ジャンプするというのがありました。
片手でしか届かないなら片手で、だんだん簡単に届くようになってきたら両手でというように少しずつ上へ上へと目標を上げていって下さい。
あと、一人でタップをするというのもありました。ボードに当てたボールを何度もジャンプしてボードに何回連続で当てれるか、というのもありました。
怪我についてですが、確かに怪我をしないのが一番いいですが、怪我をしないとわからない事もあります。正しいテーピングのしかたや捻挫などした時のその後の処理、リハビリとまではいかないけど筋肉のつけ方、など結構自分のためにもなるし知識として持っといて人の役に立てます。
だから高校の先生は怪我も練習のうちと言っていましたよ。
では、春休みに入ることだし練習もメッチャ出来ると思うので頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやいや、何度もありがとうございます。もうお礼の言葉も見つからないぐらいです。とりあえず教えていただいた事をかたっぱしからやって、自分にあったものを続けて行こうと思います。では。

お礼日時:2001/02/15 19:54

またまたアドバイスします。

小さいセンターの場合、高さに対抗するにはずばりスピードしかないと思います。さらにリバウンドで対抗する時、(1)まずスクリーンアウトをしっかりする。(2)相手を飛ばさない。(3)リバウンドで飛ぶとき相手の方に飛ぶ(スクリーンアウトをしてからがベストで後ろに飛ぶ。相手が後ろにいるから)(4)スクリーンアウトができていない場合タイミングをずらして飛ぶ。相手に取らしてそれを自分が奪う。イメージではスラムダンクの花道のように下からはじいて取る。(5)自分の取りやすい場所にはじく(6)無理と感じた瞬間に前に前に回り下で取る。(7)味方のいる所にはじく(チップアウト)・・・と、普段僕がやっていることをまとめてみました。 あと、外角からのシュート練習、3ポイントまでと、ドライブインSF・PFのような動きもできるとセンタープレイしかできない人にマークされたとき有効に使えていいですよ。 こんな感じでチームの得点元になってください。そうそう、ヤミクモに飛んでも膝を壊すだけなのでちゃんと筋トレも忘れないで下さい。下半身だけでなく全体的にやるのが良いですよ。では、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたありがとうございます。「得点元になってください。」いや~、はげまされますね。スクリーンアウトは基本ですからね。しっかりと肝にめいじておきます。ま、やらないと周りから怒声が響くんですけどね・・・。
あ、ちなみに元ガード、フォワード経験者(小、中の時。)なので、むしろセンタープレイの方が苦手なぐらいです(恥)。ただいま3点シュート練習中。 

お礼日時:2001/02/03 22:27

僕も身長が低くて(175cm)センターをやっていました。

今はチームの現状でPFか
SFをやっています。でわ本題に入ります。僕は垂直飛びでは50cm以下です。が、
ランニングジャンプだとリングを掴む事が出来ます。リングに触れるようになったのはずっとリングが触りたくて毎日のように飛んでいたらだんだんジャンプ力が上がり触れるようになりました。だからまず自分があとちょっとで触れるのに・・・というものを見つけて届くまで飛んでみてはどうでしょう。届くようになったらまた別のものというように上へ上へと飛んでみてはどうでしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、僕と同じ身長だ。すごいですね。僕の場合は垂直だとリングまでもう1歩なんですが、ランニングだと全然です。タイミングが悪いのかな?なるほど、早速試してみよう。貴重な情報をありがとう。

お礼日時:2001/01/30 21:46

バスケットとサッカーを間違えていました。


ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、いえいえ、そんな、気になさらなくて結構ですよ。回答していただいただけでも十分に感謝してます。それに、スポーツをする時の心構えは、サッカーもバスケも一緒ですからね!ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/31 13:36

私は身長162センチで、40歳でテニスをやっていす。

ジャンプ力は垂直跳びで60センチ位です。が、180センチ位ある人と同じ位の高さのボールをたたき落とせす。確かに練習では彼らの方が高い位置でボールに触っていますが、いざ試合では20センチも跳べていないのが一般スポーツマンの現状ではないでしょうか。
 何故なら、テニスのジャンプはサッカーと同じで後ろに跳び、ボールのコントロールショットをラケットで行うというサッカーに似た不自由なスポーツです。ほんの少しのタイミングがミスショットを誘発します。
 サッカーの試合や写真を見ていると、多くの選手は頭のはるか上をボールが飛んでいる時はかなりジャンプしていますが、頭に当たっている時はそれ程でもないような気がします。
 あなたは本当にあなたのジャンプができているのでしょうか。ジャンプ力よりも、ジャンプ姿勢とタイミングの掴み方、予測、目測を鍛えれば試合でのジャンプ力はアップするでしょう。
 からだにハンディを持っているスポーツ選手は皆と違った視点でプレイを組み立てていかなければ勝てませんよ。本当に鍛えるのはからだではなく目と判断力と頭脳です。とくに、センターはそれが必要なのでは。
 補足として、バランスには空中での足の使い方が重要です。プロの分解写真などが有効でしょう。たぶん空気を蹴るよな動きになっているはずです。ちなみにテニスのスマッシュは空手のように空気を蹴り上げるようなキックです
。バスケでフェイクパスをする瞬間は見ていて空中を歩いているようです。
 
    • good
    • 0

お察し申し上げます。

背の低いスポーツマンはどうしてもジャンプ力が必要になりますよね。
一般的には、かえる飛びや、垂直飛びなどで、実際にジャンプする練習を必ずやるでしょうし、その種目にあったトレーニングもあるでしょう。
ですから、私は、ジャンプ力強化の練習で絶対に忘れてはならないことをいくつかお答えします。

一つは、やみくもにジャンプ力強化をやると必ず膝を痛めることです。ですから、ジャンプ力強化の前に膝回りの筋肉の強化を怠ってはいけません。
具体的には、椅子に座って片足づつ膝関節を使って足を上げ下ろしというような非常に軽いトレーニングですが、絶対にばかにしてはいけません。
リハビリではないので、一日100回程度はかならず続け、数週間程度は最低やった後から強化練習に入ります。もちろん強化中も続けます。

膝を痛める原因は、主に、深すぎる膝の角度からのジャンプによる靭帯への過負荷と着地の時の衝撃に膝回りが耐えきれないことです。

ですから、膝回りを固めることは非常に重要です。

また、こういう原因を防ぐために深すぎる角度に膝を曲げないでプレーできるテクニック、着地の衝撃を吸収できる着地姿勢をマスターするという技術的なトレーニングが重要です。
私はバスケはからきしだめなので、プレー技術についてはレスできないけど、着地の方は、軽く膝を曲げ、あまり高くないジャンプ(せいぜい30cm位まで)で、膝を軽く曲げた状態でつま先から着地し、ひざを楽に使って全身で衝撃を吸収する着地トレーニングを重ねるといいと思います。

また、強化トレーニングは、過負荷は厳禁です。膝靭帯は、どんなに強化しても細く、過負荷で簡単に切れてしまいます。
膝が疲れたと思ったら、ただちにトレーニングは中止し、また、蓄積疲労を残さないために、定期的にオフ日も必要です。くれぐれも根性でカミカゼ練習なんかしないでください。
連日鍛えられる筋肉とそうでない筋肉があります。

あと、意外と知られていないものに、背筋、腹筋があります。ジャンプするときには背筋と腹筋が意外と重要な働きをしています。
これらのトレーニングも御忘れなく。気をつける点は、腹筋ばかりやったり背筋ばかりやってはいけません。この二つはバランスをとって仕事をする筋肉なので、片方だけのトレーニングをすると必ず腰を痛めます。

以上、種目では門外漢ですが、同じスポーツマンとして判ることをアドバイスします。

本当に技術的に優れたプレイヤーは身長なんか関係ないです。
バスケなら、むしろ、背が低いと相手のディフェンスをかわしやすくなるのでは?
ディフェンスの前でパスを受けて相手の脇から潜り込んでシュートできるセンターなんて結構かっこよかったりして?また、懐に潜り込みやすいから、パスカットには有利かも・・・?

まあ、この辺は門外漢のざれごとと思って御聞き流しください。

では、くれぐれも故障しないプレーをできる技術を身につけてください。長文で失礼しました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文で失礼どころか、おおいに助かりました。ありがとうございます。練習でけがをしないための心構えなど、色々と学ばさせていただきました。まぁ、技術がないのでその分体で補おうとおもったわけです。と、いうわけで、早速年明けからファイトします。

お礼日時:2000/12/31 13:25

 私も身長が低のに、バスケットをやっていたため、どっかのCMの様に「小さかったら、高く跳べ」と、身体能力的には“ジャンプ”と“ダッシュ”に主眼を置いて、練習しました。



 何処でもできて、比較的簡単な方法であれば、“アイソメトリクス”がお薦めだと思います。

 “アイソメトリクス”によって個々の筋力をアップすると同時に、各筋肉が連動して、効率よく動く様に、首・肩・背筋・腹筋・足と全てを使ったジャンプを練習して下さい。
 センターであれば、背筋によって長く・安定した“滞空姿勢”を取る事を特に主眼を置いて練習して下さい。

 アイソメトリクスについては、かなり一般的な方法になっていますので、書店等でも本は入手出来ると思います。

 また、私が大学時代の体育の講義で受けた様な内容の載っているHPがありましたので、参考にして下さい。
 理屈を頭に入れ、意識して身体を動かすと言う事が、かなり効果をあげる様に思います。

参考URL:http://www.pref.akita.jp/sports/yuasa.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLまで頂き、ありがとうございます。なかなか興味深い内容でした。これを元にトレーニングに励みたいとおもいます。

お礼日時:2000/12/31 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBリーグですが…とても楽しく観ています。だけど、実業団プロばかりが強くてbjチームはなかなか上位には

Bリーグですが…とても楽しく観ています。だけど、実業団プロばかりが強くてbjチームはなかなか上位にはいけません。NBA経験者とか確保できる環境なのかもしれませんが、合併したのは…
地方のチームとして、今までのようにみんなが楽しめる方が良かったな…賛否両論あると思います。考え方は人それぞれなので。だけど、皆さんはどうかな…

Aベストアンサー

だって、合併しなければ日本のバスケットボールは国際大会から追放されるんだから、選択の余地はないでしょう

Qジャンプ力をあげるには?

バスケやってる人なら、ダンクしたいと一度は思ったことがあると思います。僕もその一人です。どうしたらダンクできるくらいジャンプ力がつきますか。教えてください。

Aベストアンサー

背筋を鍛えて。

QBリーグ チケット

舞洲アリーナのチケットはどこで買えますか?スマホのクレジット決済以外で。

Aベストアンサー

https://www.bleague-ticket.jp/guide/payment

コンビニ払いも選択できます。

Qジャンプ力をあげるにはどうすれば・・・

最近バスケットをはじめました。
身長180以上ありますがジャンプ力がないので自分よりも低い人にリバウンドで負けます。
ジャンプ力をあげることのできるトレーニングがあればおしえてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

29歳元大学バスケ部キャプテンです。

リバウンドは、
・ポジショニング → スクリーンアウト、落下地点の予測等
・瞬発力 → 連続ジャンプがいかに速く高く強いか
・執着心 → 絶対取ってやるという気持ちが無ければリバウンドは取れません。
です。
ジャンプ力、身長はある程度あれば問題なく戦えます。

NBAで最もリバウンドが強かったと言っても過言ではない、デニスロッドマンは、身長は周囲のリバウンダーとは比較にならないほど低かったのですが、上記3つのポイントと、その他のずる賢いテクニックを使ってリバウンド王になりました。
例えば、「ポジション取りで負けたら、背後から膝カックンをして、相手にジャンプさせない」とか、「審判の見えないところで少しユニフォームの裾を引っ張ってみる」とか。

>ジャンプ力をあげることのできるトレーニングがあればおしえてください。
ポジションはどこですか?
センターならば・・・手を上に伸ばした状態で連続ジャンプをする場面が多いと思います。つまり、ほとんどの場合が膝を曲げる暇がないジャンプになるでしょうね。
ですので、鍛えるべきは膝より下の筋肉を利用して以下に速く高くジャンプできるような筋力ですので、ふくらはぎを意識した両足垂直ジャンプでしょうか。
フォワードならば・・・飛び込みリバウンドの機会が増えるでしょう。
ですので、レイアップのような斜め上に飛ぶようなジャンプを、こちらも速く高くジャンプできるような練習ですね。
※具体的なトレーニング方法ではないですが、このように自分のポジションと比較しながら、自分はどういうジャンプ力を鍛えればよいのかを分析してトレーニング方法を見つけてください。

29歳元大学バスケ部キャプテンです。

リバウンドは、
・ポジショニング → スクリーンアウト、落下地点の予測等
・瞬発力 → 連続ジャンプがいかに速く高く強いか
・執着心 → 絶対取ってやるという気持ちが無ければリバウンドは取れません。
です。
ジャンプ力、身長はある程度あれば問題なく戦えます。

NBAで最もリバウンドが強かったと言っても過言ではない、デニスロッドマンは、身長は周囲のリバウンダーとは比較にならないほど低かったのですが、上記3つのポイントと、その他のずる賢いテクニックを使...続きを読む

Qバスケ NBLとbjリーグについて

国際バスケット連盟には、
サッカーと同じリーグ構成と説明すれば。

・男子バスケットボールのトップリーグ
  日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)⇒日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)

・プロ化を考慮していないアマチュアチーム(企業や大学のチーム、ならびに地域のアマチュアクラブチーム)
    日本フットボールリーグ(JFL)⇒ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)

日本のトップリーグは、「プロ」のbjリーグとし、
NBLは下部組織とすれば、丸く収まるように思いますが、
どうでしょうか?

Aベストアンサー

>日本のトップリーグは、「プロ」のbjリーグとし、
>NBLは下部組織とすれば、丸く収まるように思いますが、
>どうでしょうか?

プロリーグ(bj)=最強という(たぶん)世界共通の方程式にはめ込めば仰る通りだし、丸く収まりそうな気がしますが、そうじゃなさそうなのが日本のバスケ界の構造ではないでしょうか?例えば隼ジャパンに何人のbj選手がいるのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%94%B7%E5%AD%90%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8#.E7.8F.BE.E5.9C.A8.E3.81.AE.E4.BB.A3.E8.A1.A8.E9.81.B8.E6.89.8B

↑太田敦也選手一人とは…
JBAとbjの確執を加味してもこれではbj=最強はチト説得力に欠ける印象。NBLチーム vs bjチームをご覧になった方の記事を見ても、NBLがまだ実力は上のようです(差は縮まっているようですが)。

またFIBAも日本の事情というのは恐らく把握しているので、悪い言葉ですが誤魔化すことも難しいでしょう。FIBAが求めているのはそういう小手先の統一ではなく、少なくとも近い将来はNBLとbjがまとまることが感じられる計画を望んでいると個人的には感じます。

(個人的には残念なのですが)
プロリーグ(bj)=最強ではない以上、NBLはbjの下部組織ですというのは、FIBAにも通じにくいのではないでしょうか?

>日本のトップリーグは、「プロ」のbjリーグとし、
>NBLは下部組織とすれば、丸く収まるように思いますが、
>どうでしょうか?

プロリーグ(bj)=最強という(たぶん)世界共通の方程式にはめ込めば仰る通りだし、丸く収まりそうな気がしますが、そうじゃなさそうなのが日本のバスケ界の構造ではないでしょうか?例えば隼ジャパンに何人のbj選手がいるのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%94%B7%E5%AD%90%E6%97%A5%E6%9C...続きを読む

Qジャンプ力はどうやってあげればいいですか?

ジャンプ力はどうやってあげればいいですか?

僕は今バスケ部に入っているんですが、ジャンプ力が全然ありません。だから最近はお風呂上がりにストレッチをしています。しかしジャンプ力はある程度腕の力も必要と聞きました。

ですから僕はこれからどのようなトレーニングをすればいいですか?

追記 僕の家はマンションの上の階なので実際に飛ぶということはあまりできません。

Aベストアンサー

28歳元大学バスケ部キャプテンです。

基本的に、バスケで使う筋肉は、バスケの練習を一生懸命することで、確実に成長させることができます。
無理な筋肉、無駄な筋肉をつけないように鍛えるならば、練習をひたすら頑張ることが一番効率的かと思います。
その練習の中で、ジャンプを常に意識すると、より効果的ですね。

補助という意味では、筋トレも必要かと思いますが、質問者様もお気づきの通り、腕の力も必要です。
というか、全身のバランスなんですね。
足だけ鍛えても、基本的脚力は上がるので、結果ジャンプ力はアップしますが、鍛えたほどの効果は見込めません。
全身の筋肉バランスと筋肉連動が大事です。

簡単にできる筋トレを紹介するならば、単純な腕立て、腹筋、背筋でしょうか。
腕立て、背筋は2日に1回、腹筋は毎日。(筋回復の関係上)
回数をこなすよりも、正しい姿勢で左右の筋バランスが崩れないように意識しながらやったほうが効果的です。
筋肉連動を考えるなら、腹筋・背筋といった体幹部を重点的に。

Q中学バスケと高校バスケの違い

中学バスケと高校バスケの違い

中学バスケと高校バスケの違いを教えてください!
どんな観点でもいいです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

はじめまして!

高校バスケと中学バスケの違いといえば、まずはボールの大きさです。
中学校は6号ボール、高校以上は7号ボールです。
(女子は高校も6号です。)

あとは、試合時間の長さ。
中学校は8分4Qに対し、高校以上は10分4Qです。

コートの大きさやリングの高さに違いはありません。

Qジャンプ力か身長か

バスケで大事なのは
身長かジャンプ力どっちでしょうか?

Aベストアンサー

僕はバスケ部ですが
どう考えても身長です

例えば 身長180cmの人が20cmジャンプしてリバウンド取るのと

身長150cmの人が50cmジャンプでリバウンド取るのでは

ジャンプ力的には小さい方が勝ってますが
やっぱり身長というハンデは大きいと思います

ただ両方兼ね備えてるのが本当はいいです

Qバスケ好きな皆さんは他に何かスポーツに興味ありますか?

バスケ好きな皆さんは他に何かスポーツに興味ありますか?

バスケの次は何のスポーツが好きですか?
それともバスケ一筋ですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

29歳元大学バスケ部キャプテンです。

>バスケ好きな皆さんは他に何かスポーツに興味ありますか?
基本的にほとんどのスポーツを楽しく見ることができます。
なかでも、サッカー等のバスケと似通ったスポーツは特に好きです。

>バスケの次は何のスポーツが好きですか?
サッカーや野球、格闘技系が好きです。

先日のW杯も半分くらいの試合をテレビで観ました。
サッカーの場合、少しかじっていればあとはバスケの知識で応用できる部分があるという認識でいます。
「そこ、もっとディフェンス寄せなきゃ!」
「囲むべきだろ!」
とか、試合を観ながらバスケ知識を応用させては盛り上がり、たいてい悪い予感は当たりますね。上記のように寄せるべきときに寄せないでシュートを打たれたことによる失点とか、試合を観ているとよくあります。

>それともバスケ一筋ですか?
プレーするのはバスケ一筋です。

Qジャンプ力をつけたい!

タイトルそのままですが、ジャンプ力をつけたいです。背が低いので、ジャンプ力をつけて背の高い相手にすこしでも対抗できるようにしたいです。そこで質問ですが、ジャンプ力をつけるためにはどのようなトレーニングが一番効率がよいのでしょうか?知っている方いましたら是非回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壁に向かって立ち(壁をネットだと思って)手を上に上げてその場で垂直跳びをします。(ブロックの要領)
なるべくテンポ良く飛んで下さい。30回×3セットぐらいで、飛ぶ高さは思いっきり飛んでも良いですし、10cm程度でも大丈夫です。
小さく飛ぶと持久力が。大きく跳ぶと筋肉が付きます。出来れば毎日続けて下さい。
私はこれのお陰で、たいていのアタックはブロックの上から叩ける様になり、アタックラインの内側へ叩き落とす事が出来るようになりました。


人気Q&Aランキング