ユダヤ人への迫害や差別的見方は今はどうなっているのでしょうか。
現状をお知りの方、教えてください。
こういった問題に興味があり、主にドイツ現代哲学を通して学んでゆきたいと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現状というとやはりイスラエルとパレスチナの和平交渉が一番表していると思います。

アラブ人から見るとユダヤ人は祖国の土地を奪った民族としか映りません。
こういう言葉があります。
  「イデオロギー 100年
   民族    1000年 
   宗教      永遠 」
このようにユダヤ人について考える時、どうしてもユダヤ教およびキリスト教という宗教について調べなければなりません。私も以前このことに興味があり、探したことがあります。そして私のような素人にも分かりやすい本がありましたのでそれを記します。もし、ayazouさんには分かり切っていることでしたらごめんなさい。
  三笠書房  「この一冊でキリスト教がわかる」
        「この一冊で聖書がわかる」
        「この一冊で哲学がわかる」
    著者  白鳥 春彦

* 管理者の方へ
   上記の本が規約に違反しそうでしたら削除して構い   ません。その時は回答し直します。 
    • good
    • 0

高校生の愚慮だと思って軽く聞き流して頂いて構いません。

多分相当テキトーなこと言ってますんで(汗

僕個人のイメージからすると、ユダヤ人は「エリート」「被虐待者」「選民思想」がまず思い出されます。
アインシュタインを初め、ユダヤ人は、その絶対数から輩出された天才と呼ばれる人々の割合はメチャクチャ高いですよね。
ゴア(元)大統領候補のブレーンの多くはユダヤ人だって言いますし。ヨーロッパ大陸の経済王ロスチャイルド家だってユダヤ人です。
そういうのを考えると「被虐待者」はもう一昔前の話しで、「エリート」が主流、「選民思想」は多少現実味を帯びてさえきているような気がします。
多分英米の人々がもしユダヤ人を毛嫌いするのならば、彼らの有能さ、社会的地位の高さ(←あくまで高い人が多いだけですけど)に対する「嫉妬」「危惧」であると思います。
後はパレスチナの問題を解消しなければならないですよねぇ。どうなるんだろう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、「エリート」といわれるような業績を残した方の割合は多いといえるでしょうね。ヘミングウェイやエーリヒ=ケストナー、様々なユダヤ人の活躍は、排斥を受けても尚、注目すべきものでありましたね。私は視野が狭く、こういった文学者や哲学者などの業績ばかりに偏った見方しかしていませんでした。 「ユダヤ人」という大きなテーマを掲げるならば、社会的見方やあらゆる方向からの視点を持つべきであると気付かされました。今後、学んでいく上で、とてもプラスになるようなアドバイスを受けたようにも思います。
有難うございました。
(因みに私も高校生です。乱れの目立つ世の中、貴方のような高校生と接触できたことを嬉しく思います。)

お礼日時:2001/01/08 07:27

本で読んだ限りのことですが、


アメリカについては
ユダヤ人自身が団体をつくったりする反面、
アメリカ社会に溶け込んでいるそうです。
ユダヤ教自身も保守的なものがいつまでも続いているといると言うわけでなく変化しているようです。
差別的な見方は、
タブー視されているようです。
    • good
    • 0

質問に有る回答者の条件には当てはまらない(現状も知りません.)のですが、一言。


キリスト教徒にとってはその教えゆえに存在する差別なのですから信仰を理性で押さえることが出来るかどうかに掛かっています。
ご質問ではドイツに絞られていらっしゃるようなので、私見ですが述べさせていただきます。
ドイツ人全てがユダヤ人を差別していたわけではなく、一部突出したグループ「ナチス」による迫害だったわけですがその元となる心理は先に述べた理由によるものであるわけですから、
国として、人種として,悔悟の念はあるでしょうが蔑視は心の底に残ってあると考えます。特に理性で信仰を押さえきれない,低所得,低教育者層に、より顕著ではないでしょうか.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ人の迫害について

第2次世界大戦でなぜドイツはユダヤ人を迫害したのでしょうか?

Aベストアンサー

ユダヤ人を主に迫害しているのはキリスト教徒ですが、それはイエス・キリストを十字架にかけるようにユダヤ人たちが望んだからです。そもそも、そのイエス様じたいがユダヤ人のはずですが、イエス様は「神様の子」なのでユダヤ人ではない、という解釈のようです。

ユダヤ人はある特徴がありまして、それは「他人にどう思われようと独自の信仰を絶対捨てない」ところです(厳密にはユダヤ教徒がユダヤ人でありヘブライ人とことを指すわけではないのですが)。ユダヤ教は律法(その宗教の決まりごと)がマニアックなまでに厳しく、例えば乳製品と肉を一緒に食べてはいけないからチーズバーガーはダメとか、安息日はなにがあっても働いちゃダメとかです(もし安息日に急病人が出たら?働いちゃいけないのでユダヤ人のお医者さんは何もしません。だって、働いちゃダメだって決まりですから)。
アキバ系もそうですが、極端なマニアは嫌われます。この律法マニア集団もそのマニアックさ加減が嫌われているところがあります。
ここらへんは在日朝鮮人の人たちも似ているところがあって、彼らは決して日本人に融合しようとせず、自分たちの文化アイデンティティをかたくなに守ろうとします。それがこっち側とすれば「こっちに住んで長くなるのにこっちの習慣に馴染もうとしない」と感じるのです。

中世のキリスト教は、基本的に「商売は穢れてるので禁止」でした。中でも、形のないものを商売とする金融、銀行業は禁じられました。しかし、ないと困るのでそれはキリスト教徒ではないユダヤ教徒にやらせました。ユダヤ教徒たちは軽蔑されながら商売に精を出して金持ちになりましたが、しばしば裁判で理不尽な判決を受けたりしました。突然財産が没収されたり、貸した金を返してもらえなくても裁判が取り合ってくれなかったりしたのです。このあたりのユダヤ人の心境はシェイクスピアの「ベニスの商人」がよく描かれています。

ユダヤ人を主に迫害しているのはキリスト教徒ですが、それはイエス・キリストを十字架にかけるようにユダヤ人たちが望んだからです。そもそも、そのイエス様じたいがユダヤ人のはずですが、イエス様は「神様の子」なのでユダヤ人ではない、という解釈のようです。

ユダヤ人はある特徴がありまして、それは「他人にどう思われようと独自の信仰を絶対捨てない」ところです(厳密にはユダヤ教徒がユダヤ人でありヘブライ人とことを指すわけではないのですが)。ユダヤ教は律法(その宗教の決まりごと)がマニアッ...続きを読む

Qユダヤ人は何故迫害されてきた?

表題どおりなんですが、最近ユダヤ人に学ぶ
ビジネス書を読んで興味を持ったのですが
そもそも2000年の間迫害されてきた理由と
現在でもいい顔しない人もいるようですが
それもなぜか知りたいです。

Aベストアンサー

ユダヤ人迫害に関しては、一般的な問題と、ユダヤ人固有の問題の双方を考える必要があります。

一般に、放浪民族は、差別の対象になりやすい傾向があります。
それは、定住せず、地域に溶け込まず、自分達だけの世界をつくるためです。
国を無くした民族は、放浪民族になるか、その地で被支配民族となるか、多民族と混合するかの、どれかとなります。
ユダヤ人は、放浪民族となり、ユダヤ教という独自の宗教を中心として、国を失った後も、アイデンティティを持ち続けます。

そのため、分散した地域とは別の社会を築き、自分たちの結束を強める事により、民族を維持してきました。

独自の社会システムをユダヤ教が持つため、地域社会との摩擦が多発し、迫害の対象となります。
同じような例として、ロマ人(ジプシー)、アルメニア人などがあげられます。
ユダヤ人は、たびたびの迫害のため、資産を不動産ではなく、現金で持つようになり、金融業を中心とした活躍をします。

当時キリスト教も、イスラム教も、金融を禁止していたため、そこにユダヤ人の活躍の場がありました。
しかし、その事が、高利貸しユダヤ人となり、一般住民の反発を買う事になります。

また、ユダヤ人は、自己の結束を強くした結果、自分達ユダヤ人意外を全く信用しない民族になってしまっています。
現在のイスラエル人は、極めて利己的、協調性の文字が、イスラエル人の辞書には無いほどの多民族との協調性の無さ、他人の言う事を、全く聞く耳持たない性格、非常識なほどのケチ、などの性格を持ってしまいました。
そのため、イスラエル人と係わった後、必ずいやな感情を相手に与えてしまいます。
この事が、現在まで続くユダヤ人、イスラエル人迫害の原因となっています。

ユダヤ人迫害に関しては、一般的な問題と、ユダヤ人固有の問題の双方を考える必要があります。

一般に、放浪民族は、差別の対象になりやすい傾向があります。
それは、定住せず、地域に溶け込まず、自分達だけの世界をつくるためです。
国を無くした民族は、放浪民族になるか、その地で被支配民族となるか、多民族と混合するかの、どれかとなります。
ユダヤ人は、放浪民族となり、ユダヤ教という独自の宗教を中心として、国を失った後も、アイデンティティを持ち続けます。

そのため、分散した地域とは...続きを読む

Qユダヤ人迫害の原因は何ですか?

先日、池上彰氏のテレビ番組でユダヤ人迫害の原因は、
なんとかの章?にキリストを死刑しろ。その責任はわれわれユダヤ人の血と子孫たちが取る
みたいなことを当時の大臣に陳情したようなことが書かれていると言っていました。

私はどの聖書のどの章なのか分かりませんし、その前にまずそれが本当かどうか確かめる
術を知りません。


質問1.聖書にそんなことが書かれているのでしょうか?

質問2.聖書に書かれているとしてでは、迫害をしている人々はすべてキリスト教信者の方なのでしょうか? とても、キリスト教の教えに合っているとは思えないのですが。

質問3.冒頭の通り、聖書に書かれていてもいなくても、なぜユダヤ人は迫害されたのでしょうか?

原因を知りたいです。

Aベストアンサー

あらかじめお断りしておきますが、実はナザレのイエス(イエス・キリスト)という人はユダヤ教徒でした。ユダヤ教徒どころかラビというユダヤ教の教師だったのです。で、イエスはそのユダヤ教の司祭の一派に逮捕されます。理由は、「扇動罪」及び「神に対する不敬罪」というところでしょうか。
イエスはエルサレムにやってくると神殿の前の市場で「お前ら神様の名を借りて金儲けするんじゃねえ」と大暴れしましたし、人々に対して「いつかこの神殿は石ころひとつになるまでなくなってしまうだろう」という穏やかではない予言までしました(この予言は的中します)。だから、「奴は人々を扇動している」と非常に警戒されて逮捕されたのです。
しかし逮捕したのはいいものの、勝手に処刑するわけにもいきません。なので、イエスをローマ総督のピラトに「こいつは、ローマへの反逆を企てましたぜ」と添えて引き渡します。当時、イスラエルはローマ帝国の属州だったのです。しかしローマ帝国の政治家でもあるピラトはこの問題が「宗教問題、しかも身内の」という非常に後々ややっこしくなりそうなものであることを見抜いて「これはお前らの宗教の問題だからローマ帝国は関係ねえよ」といってイエスを王様だったヘロデに引き渡します。
ヘロデ王も政治的に面倒くさいことになりたくないので、「え、だって死刑にかけられるかどうかを決められるのはローマ総督じゃん。俺には権限がないよ」といってピラトのところに返しました。ま、いい感じにたらい回しになったってことですね。
困ったのはピラトで、ユダヤ教の司祭たちは「イエスを死刑に!」といって聞かないし、しかしちょっと前までは大人気でエルサレムを熱狂させた男を死刑にすると暴動がおきるかもしれないと難しい立場に立たされました。それで、「俺はこいつは悪いことを企んだとは思えないよ」とか「あっ、そうだ。お祭り(ちょうどそのとき過越しの祭りというお祭りがありました)シーズンだから、お祭りのときは罪人を特赦するってのがあるから、こいつを特赦の対象にしてやろう」とか言い出したのですが、殺すためにわざわざ逮捕までした司祭一派は引っ込みがつきません。それでピラトは「じゃあもしこいつ(イエス)を殺したことの責任はお前たちがとるな?」と聞いたら司祭とその一派は「とりまーす!責任とるから死刑にして!」といったので「じゃあそこまでいうなら死刑ね」となったのです。
ちなみにこの話は聖書の四大福音書のすべてに書かれています。

日本人はキリスト教にもユダヤ人にもピンとこないのでなかなか理解が難しいですが、確かにユダヤ人はイエスを十字架にかけましたが、他ならぬイエス・キリストご自身がユダヤ人だし、彼も「キリスト教」という新しい宗教を立ち上げたわけではなくて、あくまで「ユダヤ教イエス派」として活動していたのです。
「キリスト教」という新しい宗教が成立したのはイエスが死んだ後、弟子のパウロがユダヤ教から分離させたのです。実はパウロってイエスのもっとも有名な弟子なのに生前にイエスに会ったことがないのですがね。


ユダヤ人が嫌われてしまうのは、すべからくユダヤ教に原因があります。彼らは強烈なまでにユダヤ教を信じていて、その教えを捨てるのはもちろん、同化するのも強硬に拒む姿勢にあります。
元々、ユダヤ人がパレスチナ(イスラエル)の地にやってきたのはモーゼさんに率いられたからですが、そのとき、神様が「この地をお前たちに与える」といいました。しかし、そこには元々パレスチナ人が住んでいたので「あのー、先に住んでいる人はどうしましょ?」と神様に聞いたらそのお答えが「殺しちゃってオッケー」(本当。旧約聖書に書いてあります)という豪快なものでした。
以降、ユダヤ人は「ここは神様に与えられた土地。ここが俺たちの土地。だから俺たちのもんだしよそ者は出ていけ」という姿勢で今日まできました。エルサレムには「嘆きの壁」という神殿の跡が残っていて、そこにユダヤ教徒がお祈りを捧げているのですが、彼らが祈っているのは「ああ、あのときの栄光がまた戻りますように。あのユダヤ人が住んでいたイスラエルが復活しますように」ということなのですが、彼らのいう「あの頃の栄光」というのは3000年ほど前の話なのです。
イエスの死後50年くらい経った後に、ユダヤ人はローマ帝国に対し大規模な反乱を起こして敗北。激怒したローマ帝国はパレスチナからユダヤ人を追い出してしまいます。これが「ディアスポラ」で、以来、第二次大戦後までほんの2000年ほどユダヤ人は「国家なき民」として世界中をさ迷うことになります。フツー、こういった土地を追われた民族というのは出て行った先でそれぞれ同化してやがてその土地の民族となっていくのですが、ユダヤ人だけは違った。世界中のどこでも、いつの時代でも、どんなことがあってもユダヤ教を決して捨てることはしなかったのです。
今でもユダヤ教のお休みの日である安息日にパレスチナで日本人が車に乗っていると「休息日だ!(休息日に車に乗ってはいけないそうです。でも私らは信者じゃないから関係ないのにね)」と怒られるそうで、「スーパーサイズミー」の監督がイスラエルのユダヤ人右派が多く住む地域に行ったらユダヤ人に取り囲まれて「出ていけ!」とやられていました。最も強硬なユダヤ教徒にいわせれば、「イスラエルはユダヤ人以外入っちゃダメ」になるそうです。
ただし、エルサレムはイエス・キリストが十字架にかけられた場所であり、イスラム教の教祖ムハンマドが入滅した場所でもあります。「よそ者はくるな」といわれても困る人たちだって大勢いるわけで、「だからさ、うまいこと仲良くやりましょうよ」といいたいところですが、「イ・ヤ・ダ。ここは『俺たちに約束された土地』だ」といってきかないのです。
なんとなく、嫌われる理由がわかったでしょ?

あらかじめお断りしておきますが、実はナザレのイエス(イエス・キリスト)という人はユダヤ教徒でした。ユダヤ教徒どころかラビというユダヤ教の教師だったのです。で、イエスはそのユダヤ教の司祭の一派に逮捕されます。理由は、「扇動罪」及び「神に対する不敬罪」というところでしょうか。
イエスはエルサレムにやってくると神殿の前の市場で「お前ら神様の名を借りて金儲けするんじゃねえ」と大暴れしましたし、人々に対して「いつかこの神殿は石ころひとつになるまでなくなってしまうだろう」という穏やかで...続きを読む

Q白人が有色人種から差別や迫害を受けた事件はありますか?

人種差別する側と言えば白人が圧倒的に多いですが、白人が有色人種から差別や襲撃を受ける事件はあるのでしょうか?

有色人種も白人にやられてばかりではないと思います

Aベストアンサー

フン族はヨーロッパに侵入し、西進の過程でアラン族やゴート族の王国を滅ぼし、住民を虐殺しました。また現在のドイツから中央アジアにまたがる巨大帝国を作りました。キリスト教に対しても修道院を奪い多くの修道士や修道女を殺害したと伝えられています。

参考
参考
「中世のキリスト教伝説では、1万1千人の処女とともに巡礼の旅に出た聖ウルスラはフン族に襲われ、聖ウルスラはフン王の矢で射殺され、1万1千人の処女たちは虐殺されている。

16世紀のノルウェー南部の農民反乱において、叛徒たちは法廷で「フン王アトル(Atle)」が大軍とともに北から来援することを期待していたと主張している。」
参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%B3%E6%97%8F

ゲルマン民族の大移動はこのフン族に押し出されて起こったことだといわれています。

フン族の出目については、墳墓の発掘調査によりツングース系モンゴロイドやブリヤート系モンゴロイドの人骨が発見されており、中国の北方に住んでいた匈奴の子孫ではないかという説があります。

フン族はヨーロッパに侵入し、西進の過程でアラン族やゴート族の王国を滅ぼし、住民を虐殺しました。また現在のドイツから中央アジアにまたがる巨大帝国を作りました。キリスト教に対しても修道院を奪い多くの修道士や修道女を殺害したと伝えられています。

参考
参考
「中世のキリスト教伝説では、1万1千人の処女とともに巡礼の旅に出た聖ウルスラはフン族に襲われ、聖ウルスラはフン王の矢で射殺され、1万1千人の処女たちは虐殺されている。

16世紀のノルウェー南部の農民反乱において、叛徒たちは法廷...続きを読む

Qまだ黒人・ユダヤ人差別ってあるの?

 WEBニュースでYKKなる白人優越主義者の団体の運動が活発になってきたというのを見たことがあるんですが、今でも黒人やユダヤ人に対する差別ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

ありますね。

KKK(YKKじゃありません)はアメリカの団体ですが、
欧州でも特にプロサッカーリーグにおける観客からの
黒人選手に対する差別行動が問題になっています。

http://number.goo.ne.jp/soccer/world/real_madrid/20050511.html

これはスペインのことを書いていますが、欧州のどの国でも同じことが起きています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報