人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

上記の料金で1万1千円程度かかりましたが、この中には空港税は含まれているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。



JPY2500SW=中部国際空港PSC(\2,500)
JPY7200YQ=JAL燃油サーチャージ(\3,000×2)・航空保険特別料金(\300×2・但し往復とも直行の場合)
※差額\600は不明→もしかして往復とも成田経由じゃないですか?(なら\300×4で合い)
JPY1320CN=中国国際線空港税(90元)(←元も強くなってきましたね!)

何れにせよ発券済のようなので、追加の費用や現地払いは必要ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

♯4さま、5さまありがとうございます。
5さまのおっしゃるとおり、私は福岡発名古屋乗り換え北京行き、北京発関空乗り換え福岡戻りで、+α空港を利用しています。

これで料金のなぞが解けてすっきりしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/21 15:10

JALさんの場合には燃油サーチャージ、インシュアランスサーチャージ、


中国の空港建設税、日本の空港使用料全てが込です。

ただし、発券日基準なので、発券していなければ額はさらに増える可能性はあります。
ちなみに中国・日本ともに空港税・使用量は航空券切り込みです。
    • good
    • 0

行き先によります。


航空券を購入したときに、航空券に海外空港税が含まれるところであれば、含まれています。
そうでないところ(タイ、パラオなど)であれば、現地で空港税を払います。

米系航空会社の特典航空券は、燃油サーチャージをとられずにすむようです。(海外諸税、日本の空港利用料は徴収されました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

♯1さま、2さま、3さま回答ありがとうございます。
Eチケットには
TAX/FEE/CHARGE JPY2500SW JPY7200YQ JPY1320CNとあります。
セントレア発北京行き、帰国便は北京発関空着です。
再度教えていただけると嬉しいです。

お礼日時:2006/08/20 11:36

一般の航空券を買うのとなんら違いはありません。



どの様な説明があったか分かりませんが航空券については無料ですがその他の費用は別途払わなければ成りません。

空港税(利用料)、保険、燃油チャージの合計でしょう。(行き先により額は異なります)

又例えばアメリカンのマイルを使いJAL便を予約した場合
空港税はアメリカンに払い、保険、燃油チャージはJAL(運行会社)に払います。
    • good
    • 0

航空券切り込みの分は含まれています。


現地払いの分があれば含まれていません。

明細が出ていませんか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国外航空券の内訳に書かれている記号(SW,YQ等)をまとめたものってある?

会社で旅費精算を担当しているものです。
外国に出張するための航空券を利用した際の見積書や内訳に記載のあるYQ,SG,UT,SWなどの記号をまとめたサイトや書籍はないでしょうか?

検索をかけてもマイナーな記号だとなかなかヒットしないので、苦労してます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めまして。
こちらのサイトはいかがでしょうか。(http://www.etour.co.jp/air_tax/index.html)
2007年12月作成なので少々古いですが・・・。

また、XTは調べてみたところ「欄外記入の合計」と以下のHPに記載されていました。
(http://www.geocities.jp/shin74512/tourist-fare-int)
欄外がどれかはわかりませんが、参考までに。

参考URL:http://www.etour.co.jp/air_tax/index.html,

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q成田空港施設使用料は税金?

海外旅行時に支払う成田空港の施設利用料は
よく「空港税」と言われますが、
税金なのですか?
それとも、ただの「使用料」?

もし使用料であれば
消費税は課税取引でしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

税金ではなく、文字通り、空港施設の利用の対価としての料金ですので、対価性があり、消費税においては課税仕入となります。

諸外国では、これに代わるものを税金として空港税として徴収する所もあり、おそらく性格が似ている所から、日本国内の分も総称して空港税と言われる事があるとは思いますが、日本の分については税金ではなく利用料金となります。

下記サイトも、ご参考になるかと思います。
http://www.hankyu-travel.com/comm/info_app/info_app_tax.html

Q電信扱いの振込みとは?

銀行での振込み方法が

電信扱いでお願いしますということなのですが、
これは窓口で払うということでしょうか?

みずほ銀行に道銀から振り込みたいのですが、ATMでも可能でしょうか?
通帳がないのは関係しますか?
無知ですみません。
教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。 前回の質問にもアドバイスを寄せた者です。

「電信扱い」は振込データをオンライン(電信)で処理するため、振込締切時間前なら即時、
もしくは多少のタイムラグ(数分から数時間)の後に相手口座に入金されるシステムです。
通常はATMでの手続きは「電信扱い」になりますし、窓口手続きでも特に断らなければ
普通に「電信扱い」になります。(窓口で聞かれるかもしれません)

質問者さんは、道銀の口座を持っていないということですから「現金振込」ですね。
道銀ATMでは土日の「現金振込」は出来ませんから、平日での手続きになります。

【※ 現金によるお振込みは、店舗内のATMでご利用いただけます。(平日8:00~18:00のみ) 】
http://www.hokkaidobank.co.jp/charge/charge1.html

ただし、どの銀行でも「窓口扱い」は手数料が割高ですから、平日のATMで行った
方が多少の節約になりますよ。 また、これからも振込をする機会が有るのなら、
最寄りの銀行や、振込手数料が割安なネット銀行などの口座を開設した方が、
振込手数料や行く手間(時間)の節約になりますよ。

こんばんは。 前回の質問にもアドバイスを寄せた者です。

「電信扱い」は振込データをオンライン(電信)で処理するため、振込締切時間前なら即時、
もしくは多少のタイムラグ(数分から数時間)の後に相手口座に入金されるシステムです。
通常はATMでの手続きは「電信扱い」になりますし、窓口手続きでも特に断らなければ
普通に「電信扱い」になります。(窓口で聞かれるかもしれません)

質問者さんは、道銀の口座を持っていないということですから「現金振込」ですね。
道銀ATMでは土日の「...続きを読む

Q海外出張の際の勘定科目について

海外出張の仕訳で、勘定科目と消費税の税区分を何にするか迷っています。

内訳ですが、
国際線航空チケット代金(→旅費交通費、不課税?)
航空保険料・燃油サーチャージ等(→旅費交通費、不課税?)
羽田空港施設使用料(→旅費交通費、課税?)
中国出入国税等(→旅費交通費、免税?)

ご存知の方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

>海外出張の仕訳で、勘定科目と消費税の税区分を何にするか迷っています。
>内訳ですが、
>国際線航空チケット代金(→旅費交通費、不課税?)


勘定科目:旅費交通費(但し、御社が別途勘定科目を使用している場合は
     その勘定を使用してください)
消費税:免税
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/07/02.htm

>航空保険料

A1
任意保険(旅行傷害保険)でしょうか。
勘定科目:保険料(但し、御社で旅費交通費として処理されるのであれば
     その勘定を使用してください)
消費税:非課税

A2
航空保険超過負担料の事でしょうか。
勘定科目:旅費交通費(但し、御社が別途勘定科目を使用している場合は
     その勘定を使用してください)
消費税:不課税(国際線の場合)
    課税(国内線の場合)
http://www.jal.com/ja/press/2002/121201/121201.html


>燃油サーチャージ等(→旅費交通費、不課税?)

勘定科目:旅費交通費(但し、御社が別途勘定科目を使用している場合は
     その勘定を使用してください)
消費税:本件が海外便の燃油サーチャージであれば不課税です。
    本件が国内便の燃油サーチャージであれば課税となります。
    (国内線を乗り継ぎ海外へ行く為のであれば全ての燃油サーチャージ
     が不課税となります)

>羽田空港施設使用料(→旅費交通費、課税?)

羽田空港の収入です。
勘定科目:旅費交通費(但し、御社が別途勘定科目を使用している場合は
     その勘定を使用してください)
消費税:課税

>中国出入国税等(→旅費交通費、免税?)

勘定科目:旅費交通費(但し、御社が別途勘定科目を使用している場合は
     その勘定を使用してください)
消費税:不課税

>海外出張の仕訳で、勘定科目と消費税の税区分を何にするか迷っています。
>内訳ですが、
>国際線航空チケット代金(→旅費交通費、不課税?)


勘定科目:旅費交通費(但し、御社が別途勘定科目を使用している場合は
     その勘定を使用してください)
消費税:免税
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/07/02.htm

>航空保険料

A1
任意保険(旅行傷害保険)でしょうか。
勘定科目:保険料(但し、御社で旅費交通費として処理されるのであれば
     ...続きを読む


人気Q&Aランキング