痔になりやすい生活習慣とは?

http://portal.nifty.com/koneta04/08/18/02/
(面白いので興味がなくても見てみて下さい♪)

上のサイトを見て私もこの実験をしようと思いました。
そこで質問なのですが、

1、お店には培地が売っているようですがなるべく自分で作りたいと思っています。
なので、市販の寒天粉+水+ポカリの粉で培地を作ろうと思うのですがこれでもちゃんと反応するでしょうか?

2、おおよそ、どのくらい放置しておいたら良い結果が見られるのでしょうか?

それではよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

昔、微生物の培養をよくやっていました。

。仕事柄なんですけどね。
もしやるのなら自己責任でやりましょう。。
参考URLは内容が少し専門的ですが、読んでから行うべきです。

1) 培地ですが、ポカリ寒天培地(?)だと蛋白源が無いような気がします。アミノ酸は少し含まれているみたいですが。。
昔の培地には確か「肉エキス」とか入ってましたけど。
プロテインなんて入れたらどうなるんだろ??って思いました(^^;;;

 URLでは”滅菌”とありましたが、これが大切です。市販品でも固める容器やら水やらに微生物がわずかでも付着していたら増えてしまいます・・。
厳密にやるのでしたら、市販品を買うべきです。家でできるような滅菌方法は圧力釜くらい??その場合は121℃、15-20分の条件で滅菌終了です。

2) 菌の種類によります。1日で生えるのもいますし、なかなか生えないのもいます。
大事なのは温度です。普通は37℃で培養しますから。。

くれぐれも培地を使う実験は細菌・カビを増やすことなので、間違っても口や傷口にいれないように!!
実験が終わっても適切に廃棄処分(オートクレーブとか)しましょう。。

組成ですが、ポカリはなんともわかりません。
一般的に寒天の濃度は1.5%です。寒天1.5gに培地成分(ポカリ?)を適量加え、水で100mLにし、加温しながら溶かして、オートクレーブし、火傷しないけど寒天が固まらない温度でシャーレに流しましょう。この分量だと5枚くらいできます。
ちなみに培地を陽気に移す際も空中の落下細菌で汚染されます。
ドラフトもオートクレーブもなければ汚染は避けられず、市販品がオススメなのはこのためです。。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E5%A4%A9% …
    • good
    • 0

No.1です。


ご回答者様も言われておりますが、確かにあまりお奨めはしません。ですが何でも興味を持たれる事は良いことだと思いますので自己責任の範囲内でやって下さいね。こういった興味の蓄積が一人前の社会人を作っていくと思いますし。

私も昔、大学院や前の会社にいたときに散々培地を作りました(特にLB培地は)。
トリプトンを始めとした成分や調節など、はじめの頃はまぁこんなにも増殖のための条件を揃えてあげなくてはならないのかと思いました。私が一般人という括りで投稿させて頂いたのは、もうこの手の実験を行う事もないでしょうし、培地作りは疲れますのでもうやらないからです。

放っておけばラッパ飲みしたウーロン茶でも菌は増殖します。私がポカリの様な身近にある成分を「考えた」と言ったのはそれが理由です。適当な量入れればそれで問題ないと思いますし、時間さえ置けば水とゼラチンだけでも増殖はするはずです(カビもはえますけど)。
滅菌は必要だとは思いますが、ただ菌の増殖を見るだけという事だけでしたらあまり関係ないのか、とも思います。

あくまで一般の方がやられる実験という事ですので簡素でもいいかと私は思います。このレベルでしたらバイオハザードなどの心配もないでしょうし。

追記で触れられているご質問に回答させて頂きます。
上記でもふれましたがポカリの量は適当で構いません。ゼラチンの量は緩すぎてもナンでしょうから1%程度で良いかと思います。(100cc当たり1g)
    • good
    • 2

ご指定のURLをみましたが、かなり雑ですね。

カビ、酵母、細菌の区別らしいことをほとんどやらずにどうだこうだと書いているだけで、ちょっとどうかな?と思いました。
#3の方が概ね述べられていますが、微生物を甘く見ないでくださいね。病原性のものもうようよしていて、コロニーの匂いをかいだりなんてもってのほかですから。
微生物培養は雑菌汚染との戦いです。オートクレーブの代わりに圧力釜のアイデアもありますが、中に相当高いすのこをしくとか、培地保護の為の工夫(オートクレーブし過ぎると培地も寒天も分解して役に立たなくなります)も必要です。
はっきり言って、ど素人の方には微生物実験はお勧めしません。
    • good
    • 1

時間さえ置けばなんでも反応しますよ。


ポカリの粉は良いアイデアでしたね。

温度や菌数にもよりますが、一週間もあれば十分かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答ありがとうございます。

一週間もかかるんですね!びっくりです。
では、気長に観察してみようと思います。

寒天、水、ポカリの分量はどうすればいいでしょうか?
もしよろしければ教えて下さい。
度々、すみません。

お礼日時:2006/08/21 19:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寒天培地の作り方を教えてください

小学生でも分かるように寒天培地の作り方を詳しく教えてください

Aベストアンサー

まさか寒天培地の工場ラインの説明がご希望ではないですよね?

『寒天培地の素』粉末も市販されていますが、ここではとりあえず家庭で簡易に培地を作る方法です。

市販の寒天(粉寒天)から作る方法
・まずは入れ物を用意する。蓋付きの耐熱容器がいいですね。
 お皿にラップで蓋でも構わないけど。
・寒天を溶かす分量の水(水道水でも可)を用意する。
・水に砂糖(重量比:3~5%程度)を溶かして砂糖水にする。(ショ糖でもいいし、ポカリ系の粉末などでも良い)
 植物を育てる場合は糖類の他に液肥を3%とすりおろしジャガイモをのしぼり汁を10%入れ、その分水を減らす。
・鍋に砂糖水と粉寒天を入れ、弱火で加熱して粒がなくなるまで煮溶かします。
・容器をあらかじめ煮沸消毒しておいて熱いまま注ぐ。
 あるいは容器に注いだ後で下記いずれかの方法で容器ごと滅菌する(容器の蓋は緩めておくこと)
 a)容器ごと圧力鍋(加圧用に少量の水を張っておく)で15分ほど加熱・加圧する
 b)電子レンジにかけて2分程度加熱する(吹きこぼれに注意)
・蓋をしめて冷蔵庫などで冷やす。
以上。

培養では温湿度管理の他にPhや栄養分もキーポイントですから、上手くいかなければ分量や入れるものを変えます。



え?小学生用だった? それは何年生かによって説明レベルが大きく変わるのでご勘弁(^^;;
要は栄養素を混ぜて固めた寒天を、高温で殺菌して雑菌が入らないようにして固めりゃいいわけで。
もちろん使うときにも雑菌が入らないよう「覆う」事が重要ですね。

まさか寒天培地の工場ラインの説明がご希望ではないですよね?

『寒天培地の素』粉末も市販されていますが、ここではとりあえず家庭で簡易に培地を作る方法です。

市販の寒天(粉寒天)から作る方法
・まずは入れ物を用意する。蓋付きの耐熱容器がいいですね。
 お皿にラップで蓋でも構わないけど。
・寒天を溶かす分量の水(水道水でも可)を用意する。
・水に砂糖(重量比:3~5%程度)を溶かして砂糖水にする。(ショ糖でもいいし、ポカリ系の粉末などでも良い)
 植物を育てる場合は糖類の他に液肥を3...続きを読む

Q家庭で寒天培地の実験について

中学生の息子が夏休みの自由研究で、寒天培地を使用して雑菌の培養、観察を行っているんですが、どうもうまく行きません。
手順は下記のような感じです。


市販の粉寒天を使用して寒天培地作成。入れたのは寒天のみです。容器は豆腐やゼリーなどの入っていたプラスチック容器です。

容器は洗剤で洗ったあと自然乾燥させました。

寒天は一応子供向けの本に書いてあった分量を守って作りました。


培地を冷ました後、手の平を直接培地に付けたり、頭皮やドアノブ、便座など菌がいそうな所をを綿棒でこすって培地に付けたりして、アルミ箔でふたをして、28~33度くらいの室温で24時間放置。


子供向けの本に書いてあった手順通りにやったつもりですが、24時間たっても全く菌が現れません。
何か手順に間違いがあったのでしょうか。

一応ネットで調べてみたりしましたが、市販の寒天培地もあるようですが、子供の自由研究なのでなるべく家庭用のもので済ませたいのです。

上記の手順でおかしいと思われるところを教えてください。

Aベストアンサー

寒天だけでは、栄養が足りないのだと思います。
(通常、寒天培地というときは、様々な栄養が入った培地を寒天で固めたものの事をいいます。)

例えば、下記参考URLのジャガイモ煮汁培地などはいかがでしょうか。このレシピに寒天を加えて固めれば、ジャガイモ煮汁寒天培地になります。
また、グルコースは手に入りにくいでしょうから、その場合は、砂糖でもいいです。分量も、正確に量れなければ、大さじ1杯とかで大丈夫です。

参考URL:http://roblab.gozaru.jp/pdb.html

Qカビの寒天培地について

中学生です。私は化学系の部活に入っていて、夏休みに自由研究と言うのか、実験・観察・調べ学習をします。今年私はカビの研究をしようと思いました。

それで私は、カビを培養する為に寒天培地を作ろうと思っています。インターネットで調べるとカビの培養には「ポテトデキストロース寒天培地」が適しているとわかりました。
これを寒天・ジャガイモなどを使って作りたいです。
やり方は、
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/kinoko/1-5.pdf
こちらの図3を参考にするつもりです。
しかし、学校でジャガイモを剥いて……とするのは大変時間もかかると思うので、上のやり方の③までを家でやって、一リットルにしたものを持って行き、再度温めたいのですが……これが可能かどうか、ということを質問させて頂きます。その再度温めるまでの時間も、さすがに12時間以上開くとダメでしょうか。
それと、③では上澄みに水を加えると書いてありますが、それは②でとった上澄みに水を加えるということですか?
また、⑧の後の加熱殺菌を電子レンジでやるとすればどういう手順になるでしょうか。滅菌は、圧力鍋もオートクレーブも電子レンジもない状況だとできませんよね。

素人です。質問以前の問題で、やりやすい方法や別の作り方があれば、お教えください。カビなんて、少しの栄養分があれば生えると思うのですが……この手順を踏まないといけないのでしょうか。
最低限、自分で寒天培地を作れれば、もっと簡易的なもので構いません。滅菌なども、しなくても良いというのならばそれで結構です(あくまで自由研究の範囲なので)。
今日中にご回答頂ければ幸いです。

中学生です。私は化学系の部活に入っていて、夏休みに自由研究と言うのか、実験・観察・調べ学習をします。今年私はカビの研究をしようと思いました。

それで私は、カビを培養する為に寒天培地を作ろうと思っています。インターネットで調べるとカビの培養には「ポテトデキストロース寒天培地」が適しているとわかりました。
これを寒天・ジャガイモなどを使って作りたいです。
やり方は、
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/kinoko/1-5.pdf
こちらの図3を参考にするつもりです。
...続きを読む

Aベストアンサー

単純にカビがはえれば良いと言う事であれば、寒天培地に適当な栄養物があれば良いわけです。
重要なのは、他の雑菌や真菌などが倍地に入っていない事ですから、滅菌処理が重要になります。
120℃以上のオートクレープが適当ですが、無ければ煮沸時間を充分長くとる事でも可能と言えます。
作ってから、長時間保存した場合は、その間に雑菌が繁殖する可能性があるので、滅菌してもなんらかの物質が残る可能性はあります。(雑菌や真菌は滅菌できれば、増殖はしません)
単純に、コロニーの形成を目視するだけならば、倍地の分析は不要ですよね?
そうであれば、あまり厳密に考えないで、作りやすい倍地を作れば良いと思いますよ。
単純に言えば、寒天とブドウ糖(グルコース)だけでも、カビは繁殖すると思います。

Q保育園の手洗い指導で細菌培養をやりたいです

手洗い指導で、掌の細菌培養をやりたいです。が、お金が無いので市販の寒天培養地が買えませんまた、採集後の保温する機械もありません。
地域の保健所に相談しても、保育園で勝手にやって!と冷たく言われました。


寒天培養地は自分でも作れるのでしょうか?
寒天培養がダメな場合、食パン培養も考えてますが可能でしょうか?
また、採集後の保温のさせ方、温度(人肌程度なので、30℃前後)を教えて下さい。
因みに、冬に指導をやります。


寒天培養、食パン培養以外に良い方法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

細菌学を専門として仕事している者です。
まず、質問者さまが衛生教育に熱心なのは分かりますが、指導用の絵本で手洗いの重要性を使えるので十分だと思います。その理由は、以下の3点です。

1、No.3の方もご指摘のように、それらの衛生検査は、保健所のお仕事で、保母さんの指導範疇ではないと考えられます。
もし、実施して事故(培養した細菌やカビ等が原因による感染等)が起きた場合、責任取れないのではないですか?

2、細菌培養の知識と経験のない方がむやみに細菌を生育させることは危険です。
No.2の方には申し訳ないですが、培地をつくって培養したとしてもその後の滅菌処理はどうするんですか?
手には皮膚常在菌がいて、中には日和見感染菌もいます。菌数が少ない分には問題ないですが、培養して増やしてしまうと、病原性を発揮するものもいます。培養には、適切な設備と培養後の処理機器(培養した菌株を拡散させない隔離された部屋、シャーレ等の容器、安全キャビネット、加圧滅菌装置)が必要です。
保育園では、これらの装備をそろえるのは無理ですし、専門的な知識がなければ扱えません。

3、幼少期に細菌に対する間違った知識を植え付けてしまう危険性があります。
当方、発達心理学を学ぶ機会があり、幼少期の精神発達についても少々知識があります。今回、幼少期の子供に自分の手にいた雑菌を見せることで、精神的なダメージを受ける子供が少なからず出てくる可能性があると思います。
清潔にすることは大切ですが、自分の手は菌だらけなんだということをありのままに伝えてしまうと、精神的な発育が十分ではない年齢の子には少しショックが大きいのではないかと懸念されます。
そんな子供が出た場合、心のケアも必要になってしまいますが、そのあたりまで考慮されていますか?

上記理由から、保育児童に対する衛生教育に細菌の培養を行うことは適切ではないと考えられます。
ちなみに現在の高校生物では、細菌のコロニーを観察する実験がありますので、十分に理解できる年齢に達した時点でこれらの科学的知識を専門的に教育を受けた生物学の教師が行うべきだと思います。

細菌学を専門として仕事している者です。
まず、質問者さまが衛生教育に熱心なのは分かりますが、指導用の絵本で手洗いの重要性を使えるので十分だと思います。その理由は、以下の3点です。

1、No.3の方もご指摘のように、それらの衛生検査は、保健所のお仕事で、保母さんの指導範疇ではないと考えられます。
もし、実施して事故(培養した細菌やカビ等が原因による感染等)が起きた場合、責任取れないのではないですか?

2、細菌培養の知識と経験のない方がむやみに細菌を生育させることは危険です。
No.2の...続きを読む

Q細菌の寒天培養

高校の科学部で、身近な細菌を調べることになりました。

寒天培地で培養してできるコロニーから判定する際の参考に、代表的な細菌のコロニーの特徴を記した、資料(写真)などが載ったサイトを探していますが、意外と見つかりません。
(培地の作り方や、培養方法などはみつかるのですが)

どなたか、ご存知でしたら教えて下さい。

食中毒を起こすような細菌の資料があるとうれしいです。
一応、嫌気性細菌を培養するための設備もあります。

Aベストアンサー

こんにちは。
生物系の学生で、同じような実験の経験があります。
コロニー形状だけから細菌の種類を同定するのは難しいでしょう。
お望みのような資料が少ないのもそのせいだと思います。
他にもグラム染色や顕微鏡観察などで、より詳しく調べる予定なのでしょうか?

また、使う培地の種類によっても、生えてくる菌は違います。
特定のタイプの細菌を得たいなら、その細菌がよく生えるような培地を、
単に色々な種類の細菌を見てみたいということなら標準培地を使います。

コロニーの分類には、コロニーの形、色、透明度、大きさ、隆起、表面がなめらかかどうか、
コロニーのふちがギザギザかスムースか、硬いか柔らかいかなどを見てみるといいと思います。

一応、多少の参考になるかな?と思ったURLをいくつかご紹介しておきますね。
ご自分でも、「食品 検査 細菌」、「コロニー 形状」などのキーワードで
検索してみると、参考になるものが見つかるかもしれませんが、
基本的には私も#1さんと同様、大きめの図書館などで
微生物学系の本を見たほうが正確ですし、近道だと思います。
「微生物の分類と同定」(学会出版センター)などがおすすめです。

■細菌汚染検査
コロニーの観察項目と分類について図つきで説明があります。
下のほうにコロニーから汚染を判断する基準についての表もあるのですが、
それぞれ使っている培地が異なるので、あまり役に立たないかな。
http://www.setsunan.ac.jp/pharm/ftphome/homepage/bisei/1500TXT.html

■細菌検査装置「アルゴス」のQ&Aページ
1. 基礎知識 の部分が役に立つのではと思います。
http://www.arttec-net.com/argos/answer.htm

■ 食品検査における細菌培養について
http://www.jarmam.gr.jp/situmon/shokuhin_kensa.html

こんにちは。
生物系の学生で、同じような実験の経験があります。
コロニー形状だけから細菌の種類を同定するのは難しいでしょう。
お望みのような資料が少ないのもそのせいだと思います。
他にもグラム染色や顕微鏡観察などで、より詳しく調べる予定なのでしょうか?

また、使う培地の種類によっても、生えてくる菌は違います。
特定のタイプの細菌を得たいなら、その細菌がよく生えるような培地を、
単に色々な種類の細菌を見てみたいということなら標準培地を使います。

コロニーの分類には、コロ...続きを読む

Q【自由研究】カビの生やし方を教えてください!

中1女子です。夏休みの宿題の自由研究でカビについて調べる事にしました。
実験をした方が評価は高まると先生も言っていたし、ただ調べるだけじゃ手抜きかな、って思われるのも嫌なので実験をしたいと思います。

食パンにカビを生えさせたいと思います。
そこで問題になるのがカビの生やし方です。
そのまま部屋に放置していたら必要以上(?)の菌などが入り、正しい結果が出なくなるのでしょうか?
また、水分が多いほどカビは生えやすいのでしょうか?

詳しく実験方法を教えてくださると嬉しいです><

Aベストアンサー

昔は、食品の保存の研究をしてました。
カビが生えない、コロニーを作らないを研究してました。
空気中には、落下菌が多く、パンをそのまま放置したら、
カラフルなカビのコロニーが増殖します。
今から始めたら、研究成果を出すころには、ひどい事になります。
もしもやるなら、1日から3日常温に放置して、少しカビが生えたら
ジップロックのような、密封出来る袋に、なるべく空気を抜き、
冷凍庫で保管して、カビのコロニーが増えないようにしましょう。
食パンに手を載せて、放置すると、手の形に菌のコロニーがうまくいけば出来ると思います。 手の菌を付着させて、ラップで包み様子を
見てください。 他の菌の汚染が減ります。
スタートからデジカメで、毎日写真を撮り、増殖の変化を記録しましょう。 お餅でも、お正月に鏡餅が裸で放置すれば、カビがカラフルに
増えていきます。

もしも、無酸素状態が出来るなら、酵母とカビのハイブリットな白い
菌のコロニーが出来ます。 普通は発酵状態と呼びます。
夏に密封包装したケーキ等の食品の脱酸素包装が膨らむのは、初期汚染
が原因と考えられます。 乳酸菌等です。

何でも聞いてください。 腐らない研究してるので、メーカーからの
実装テストで、現場経験は豊富です。10年してました。

昔は、食品の保存の研究をしてました。
カビが生えない、コロニーを作らないを研究してました。
空気中には、落下菌が多く、パンをそのまま放置したら、
カラフルなカビのコロニーが増殖します。
今から始めたら、研究成果を出すころには、ひどい事になります。
もしもやるなら、1日から3日常温に放置して、少しカビが生えたら
ジップロックのような、密封出来る袋に、なるべく空気を抜き、
冷凍庫で保管して、カビのコロニーが増えないようにしましょう。
食パンに手を載せて、放置すると、手の形に菌...続きを読む

Q小学生が顕微鏡で酵母や乳酸菌を見るには・・・

 小学生の娘の夏休みの自由研究で、発酵食品の研究をしようと思っています。家庭でできそうな発酵食品を自分で作ったり、顕微鏡で観察したりして記録をまとめたらどうかと思い、顕微鏡の購入を検討しています。そこで、こうした研究が小学生の自由研究として妥当かどうか、また妥当なら、どの程度の顕微鏡を購入すべきか、お知恵を貸してください。
 まず、酵母や乳酸菌がどの程度の倍率、どの程度の価格帯の顕微鏡で観察できるのかがわかりません。予算は2万円程度です。
 また、娘がまだ1年生なので、プレパラートの作成などにあまり手がかかるようなら難しいかなと思います。
 研究発表のためにはPCに接続して映像を記録できるものがいいかと思うのですが、ビクセンのものなどは映像があまりよくないとの話も聞きました。「おもちゃ」レベルの顕微鏡で、発酵食品の観察はできるでしょうか?
 まだ1年生の子どもがそこまでしなくても・・・とも思われるかもしれませんが、親がかりでもいいから何とか賞をとらせてやって、今後の学習の意欲につなげたい、という親心です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

酵母のような真菌類(カビの仲間)と、乳酸菌のような細菌類(バクテリアの仲間)を一緒くたにしてはいけません。確かに細菌類は染色をしないと見えませんし、相当に高倍率を要求されます。従ってかなり高価な液浸対応の顕微鏡と、染色液その他を必要とし、小学生には(そしておそらくそのような経験のない大部分の年長者にも)無理です。しかし、真菌類(カビの仲間)は十分に観察が可能です。この場合、画像を残すのが楽だという意味ではPCに繋げうるタイプが良いでしょうが、普通の顕微鏡と普通のデジカメでも撮影はできるでしょう。また、画質云々についてはあまり気にしなくて良いと思います。画質を多少なりともよくするのには、かなり金銭的にかかってしまい、とても予算を守れません。また真菌類ということでまとめれば、おうちのなかにあるカビ(たとえば餅をしばらくほっておくと色とりどりのカビが生えます)なども観察対象としてよいでしょう。顕微鏡の使い方については子供向けの書籍もいろいろ出ていますので参考にされると良いです。顕微鏡があれば、その他にも家庭内に必ず生息しているダニや、どこの土からでも見られる土壌動物など、いろいろな魅力的な研究ができます。頑張って下さい。

酵母のような真菌類(カビの仲間)と、乳酸菌のような細菌類(バクテリアの仲間)を一緒くたにしてはいけません。確かに細菌類は染色をしないと見えませんし、相当に高倍率を要求されます。従ってかなり高価な液浸対応の顕微鏡と、染色液その他を必要とし、小学生には(そしておそらくそのような経験のない大部分の年長者にも)無理です。しかし、真菌類(カビの仲間)は十分に観察が可能です。この場合、画像を残すのが楽だという意味ではPCに繋げうるタイプが良いでしょうが、普通の顕微鏡と普通のデジカメでも...続きを読む

Qカビの発生・・実験失敗しました!何故?(T_T)

夏休みに子供が自由研究として、食パンにカビが生えるまでの過程をしらべようとして、実験していました。

一回目は、ラップをせずに紙皿に載せただけであった為、乾燥させてしまい失敗、二回目はラップをしたのですが、1週間経過した現在でさえ何の変化もなく、ラップを外してみたらやはり乾燥していました。
カビが発生する条件もネットで調べたのですが・・
もう日がないのでこのまま失敗を自由研究として提出する様子なのですが、わからないのは
湿気の多い風呂場の前の脱衣所でさえ、何故食パンにカビが生えなかったのか?
失敗の原因が、全くわかりません・・
どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

おもしろい夏休み実験ですね。(困っているのにごめんなさい)でも、「かびが生えませんでした」という結果も結果として面白いと思いますよ。1番の方の回答通り、市販(スーパー等で売られている)パンはそうそう簡単にかびてくれません。信頼の置ける(?)添加物の入ってないパンを売ってるパン屋さんのものならば、この時期気温も高いですし、2~3日カビの好条件下においておけばバッチリタップリ、生えてくると思いますよ!まだ間に合います!考察時に上記の事も付け加え、「どうしてこれだけの違いがでたのか」ということまで書けば、よろしいかと思います。たぶん、生えてくるカビもいろんな色のものがでてくると思います。高学年でしたら、ネットを使って、どんな菌か推測してみるのもいいのではないでしょうか?

タップリ生えるといいですね!

Q自由研究実施にあたってのヒント

今年の自由研究で微生物についてをやりたいと思います。      そこで、川の微生物と海の微生物、さらに土の微生物を扱いたいです。この3種類を使えば対照実験なるのではないでしょうか?      また、内容も深いものにしたいのですが、テーマ的なモノがいまいち浮かびません・・・                        何かコレ!!!というモノは無いでしょうか???                                         出来れば、微生物の名前(3つの場所で生きている)なども調べたいので、図鑑のような写真や名前付きのサイトもお願いします。                    

Aベストアンサー

こんにちは。質問文面から頑張ろうという意欲は理解できました。

>今年の自由研究で『微生物について』をやりたいと思います。
>そこで、川の微生物と海の微生物、さらに土の微生物を扱いたいです。
>この3種類を使えば対照実験なるのではないでしょうか?
実現できれば、確かにすごい研究になるとおもいます。

>また、内容も深いものにしたいのですが、テーマ的なモノがいまいち浮かびません・・・
>何かコレ!!!というモノは無いでしょうか???
ここで相談するよりか、ノビタ君のようにドラえもんにお願いして、ポケットから研究テーマを相談する物を出してもらってください。

>出来れば、微生物の名前(3つの場所で生きている)なども調べたいので、
>図鑑のような写真や名前付きのサイトもお願いします。

ドラミちゃんにもお願いすると未来世界からアドバイスや図鑑がもらえます。
「これは本当です。」うん?どこかで見たような文字列ですね。


さて本題に入ります。「なぜだろう?」が始まりではなく、考えついた事(形)からこの質問に入ったでしょう。

学年や年齢がわかりませんが、中高生と思い話を続けます。
>「今年の自由研究」とあり長期間の目標であれば、最初は一つの研究対象にテーマを絞って、集中的にやるほうがよろしいとおもいますよ。研究当初に欲張って調べる範囲を広げすぎるとテーマが絞れず、多くの場合結局疑問点もでてきません。一つの事を深く真剣に調べていくと「なぜだろう?」と言う疑問が浮かんできます。その疑問が、あなたが研究する基本となって無理なくつながっていくはずです。研究者と言われる人たちはその様なつながりから研究に深みが増してゆくのです。判りやすく言えば、その「なぜだろう」という感情・認識は科学的探求心に直結するからです。初心者はその「なぜだろう」と言う認識を持たずにやろうとするために、人の真似をすることになるのです。

まずは身近な『微生物』を顕微鏡で覗きこんでみてください。その微生物を時間をかけて見続けて見ませんか。その作業時間にも何でも気付いた事は記録するのです。例えば作業手順などは当然ですが、顕微鏡の視野で見られる生物は何でも記録するのです。それらを手書きで画像化するだけでも、収集した地点の微生物相の詳細な観察になります。ただし写真などでの記録では大事な観察眼は育ちません。顕微鏡に描画装置があれば左目で顕微鏡を覗き、右目で観察対象の画を描いていくのです。無ければ同じように左右の目を使い分けて詳細な画を描けば描くほどに、その生物個体の特徴が頭脳に集積されていきます。それが微生物の研究の始まりです。


研究の一手法を参考例としてその概略を書きました。
説明した中でも実際に体験すると、研究するためには技術的なことを含めて、広範囲の事を習得する必要を感じ取る事もできるでしょう。それらが将来研究を行う際の基礎的知識として応用できるのです。大学などで博士号をもらった人は、何でも知っているから博士ではありません。「自分の知識を基に1人で研究する能力がある」と認定された人が授かる資格なのです。
今回の体験を通し、『自分で疑問を持ち、それを自分の知識と技術で解明していく事ができる人』が、研究者である事に気付いて欲しいと思います。
あなたにもぜひそのような人物に成って欲しいですね。

こんにちは。質問文面から頑張ろうという意欲は理解できました。

>今年の自由研究で『微生物について』をやりたいと思います。
>そこで、川の微生物と海の微生物、さらに土の微生物を扱いたいです。
>この3種類を使えば対照実験なるのではないでしょうか?
実現できれば、確かにすごい研究になるとおもいます。

>また、内容も深いものにしたいのですが、テーマ的なモノがいまいち浮かびません・・・
>何かコレ!!!というモノは無いでしょうか???
ここで相談するよりか、ノビタ君のようにド...続きを読む

Q顕微鏡で菌を観たい

悪玉菌とか善玉菌とかよく効きます。または、納豆菌、ヨーグルト菌、新鮮なときの菌と腐って食べられなくなるときの菌などの状態を自分でを見てみたくて顕微鏡を買いたいと思うのですが、それぞれの菌の大きさや、何倍の顕微鏡が良いのか良くわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

細菌の大きさは様々ですが、細菌を観察するだけなら800倍も必要ありません。

100倍程度で観察することは出来ます。
医療現場で感染症の原因微生物の特定する為に顕微鏡は使いますが、最も小さい細菌であれば、対物レンズとプレパラートの間に油を入れて1000倍にしますが、そうでなければ400倍で十分です。
基本的には、低倍率から徐々に倍率を上げていくことになります。
コロニーみたいに、うじゃうじゃ居ると逆に見にくいです。
低倍率で目標を定め、その目標を中心に置いて、対物レンズを交換します。

培養に関しても、培養には細菌学の知識が必要です。
適当に培養して、いろんな菌が居るという事を発見するのも良いかもしれませんが。
また、細菌によって培養に適する環境(温度や培地、培養時間などなど)が異なるのでその知識も必要です。
無菌室は要りませんが、最低限空気中の降下細菌を付けない手技は知らないとだめです。
出来れば、クリーンベンチみたいなのがいいです。
http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/environment/cleanbench/index.html

そして、一番問題になるのは染色です。
細菌をプレパラートに載せて観察しても、一番大きなものでの、透明ですのではっきり見えません。
それを染色液で染色してからでないと観察はできません。
染色液も高いですし、染色方法もちょっと複雑です。

ちなみに、おすすめの顕微鏡は
http://www.nikon-instruments.jp/jpn/page/products/e100.aspx
です。
10万ちょっと程度かな。

あと、電子顕微鏡は「電子の流れを利用した顕微鏡」です。
おそらくNo1の方が言っているのは、光源がミラータイプではなく電球タイプ、という意味かと。

細菌の大きさは様々ですが、細菌を観察するだけなら800倍も必要ありません。

100倍程度で観察することは出来ます。
医療現場で感染症の原因微生物の特定する為に顕微鏡は使いますが、最も小さい細菌であれば、対物レンズとプレパラートの間に油を入れて1000倍にしますが、そうでなければ400倍で十分です。
基本的には、低倍率から徐々に倍率を上げていくことになります。
コロニーみたいに、うじゃうじゃ居ると逆に見にくいです。
低倍率で目標を定め、その目標を中心に置いて、対物レンズを交換し...続きを読む


人気Q&Aランキング