まあ、タイトル通りなんですが、ロゴマークのデザイン作成を依頼されて、後日納品したところ、先方は使用用途がなくなってしまい不要だといいます。こういう場合は、見積もり金額の何割程度を請求したらよろしいのでしょうか?

B to B でクライアントは個人事務所です。
グラフィック関係者&詳しい方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

受注して初めて成り立つ業種なので辛いところですね。

発注書(伝票)は貰っていますか?発注されたものを納品したので、途中でキャンセルが発生しない限り基本的には100%請求すればいいと思います(じゃないと、出前はどうなるのか、出前が届く前にお菓子食べちゃってお腹一杯になったからもって帰ってくれとは言えませんよね。)が、今後のお付き合いもあるでしょうから、「一応工数もかかっているので相談に乗ってもらえないか?」というのが一般的ではないでしょうか。いい勉強をしたと思って諦めるのも手かと思います。で、諦めるのなら今後の受注の際は、このような場合は何十%の手数料(キャンセル料)を頂きたいなどとクライアントと支払い条件を詰めておくのも必要かと思います。また同時にロゴの著作権は自分にあるという事も確認しておく必要があります。結構キャンセルと言いつつ、後で使われている場合もありますから。
但しまだまだ日本の商習慣では、このように理詰めでクライアントに接すると、先方に敬遠されるのも事実です。交渉の際はなるべく笑顔で(心で泣きましょう。)
接しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅れてもうしわけありません。
そうですね。事前に、ある程度のことを予測しておかないと、いざというとき泣くのはこっちですからね。「いざ」の多い業界ですしね。

お礼日時:2002/03/22 20:18

追記です。


私が以前勤めていた某広告代理店の場合、かなりおおざっぱですが「料金表」なるものががありました。ただこういうご時世ですから、料金表通りに請求なんてとてもじゃないけどできませんでしたけど。上からは「料金表の金額を厳守するように!!!!」と口すっぱく言われてましたが…
それによると、ロゴマーク・シンボルマークの場合、企業CIなど恒久的な使われ方をする場合は諸々込みで約300万。イヴェントや○○周年記念など、一時的なものの場合は程度にも依りますが約60~80万。
で、プレゼンまでですと全額の6割程度、となっていたように思います。恐らく企画料とデザイン料を除いた制作実費ということでしょうね。

あんまり参考にならないかもしれませんが、一応ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅れまして申し訳ありません。
今回は、企業というにはあまりにも小さいので、とても上記のようにはいきませんでしたが、
今後のためにも参考にさせて頂きたいと思いマス。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/22 20:22

既に見積もりを先方に提出済みで、その金額で承認をいただいている場合は、基本的に全額支払ってもらうのが筋であるはず。

ご質問のような事例は結構よくある話ですし、私も何度か経験があります。しかもたちの悪いことに、支払いをばっくれようとするクライアントも少なくないです。
ただし、そういうクライアントの態度というのは、例えるとただで品物をゲットしておいて代金を払わないというのと全く同じです。しかも、ロゴというのはオーダーメイドであり、そのクライアントのために制作した「一点もの」な訳ですから、当然返品もできません。
不要になったというのは、クライアント側の一方的な都合でしょう。そのことと、ikaprinさんにロゴの代金を払わなくていいということとは話の次元が違うことです。堂々と全額請求してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
まずは、sanzanさんの言うように、一点モノのオーダーメイドであるということを相手に理解してもらうことから始めてみます。
制作後に支払いをばっくれる(または値下交渉する)ところ、ホント多いですよね。

お礼日時:2002/03/16 23:39

こんにちは。


私も、kyaezawaさんが書かれている通りだと思います。

要求通りのものを納品しているわけですし、事後、相手が不要になったからといって、金額を下げる必要も義務もどこにもないと思います。
仕事としては、使用/不使用関係なく、発生して、完了しているわけですし。

もし仮に、ikaprinさんが逆の立場であったと考えてみてください。
一度見積りをとって、それでGOを出し、納品完了(了承)した後で、自社の都合でそれを使用しなくなったから、悪いけど、金額下げてよ、というのはビジネスとして(B to Bならなおさら)、そもそも、おかしな話だと思いませんか?

もし、それでも取引先との関係上、やむを得ず、値引きするとしたら、見積りの金額はわかりませんが、2割が限度だと、私は思います(人件費その他、発生しているわけですし)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
制作に時間も費やしているのだし、あまり後悔しないようにしたいと思いマス。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/16 23:32

契約書に、キャンセルについて、どの様な記載があるのでしょうか。



いずれにしても、相手との契約によって納品したのですから、使用用途がなくなったのは相手の事情であり、こちらには何の落ち度もないのですから、100%請求する権利はあります。

後は、貴方がどこまで譲って、値引きをするかです。
3割くらい値引きするか、4割値引きするかと云うところでしょうか。

契約書がなくても、口頭でも契約は成立します。
しかも、相手は、使用用途がなくなったと云っているのですから、契約そのものはあったと認めているわけですから、発注書がなくても請求は出来るのです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
え、口頭でも契約は成立するんですか?
うーん、知りませんでした。

お礼日時:2002/03/16 23:29

見積もり書を出して、発注書をもらって、納品書を出しているなら、キャンセルできません。


全額請求するべきです。
納品書を出していないか、納品書に印をもらってなければ、契約形態によると思います。
発注後はキャンセルできない契約になっているかどうかですね。
そういった契約取り交わしが何もなければ話し合いでしょうね。
発注書も無いのであれば、1円も請求できないでしょう。発注した証拠がないのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今回は、クライアントと言っても「知り合い」にちかいお客さんなので、書類上でのやりとりは厳密ではありませんでした。ただ、今後の展開がどうなるか不明なので、しっかりしないといけませんね。

お礼日時:2002/03/16 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qofficeのスペルチェックについて

お世話になります。

officeのスペルチェックについて教えていただきたいことがあります。
ちなみにoffice2007です。

今、パワーポイントで、資料を作成しているので、できればパワーポイントで解答をいただけるとうれしいですが、ワードでもエクセルでもわかる方がいらっしゃればご解答をお願いします。

本題ですが、スペルチェックを実行して、引っかかった文字列を[無視]ボタンをクリックすると、以降何度、スペルチェックしても、2度と引っかかることがなくなります。

この状態から、もう一度スペルチェックに引っかかるようにするには、どうしたらよいのでしょうか?

1つ見つけた方法は、同じ文字列を入力すること。

一応これで、もう一度スペルチェックに引っかかる状態には戻ります。コピペでもOK。

その他に方法がありそうなのですが、わからないので、どなたかわかる方お願いします。

なんでこんな質問をしたかというと、いっぱいスペルチェックして、どこをスペルチェックしたかわからない状態になってしまい、最初からスペルチェックをやり直そうと思ったのです。

どなたかよろしくお願いします。

お世話になります。

officeのスペルチェックについて教えていただきたいことがあります。
ちなみにoffice2007です。

今、パワーポイントで、資料を作成しているので、できればパワーポイントで解答をいただけるとうれしいですが、ワードでもエクセルでもわかる方がいらっしゃればご解答をお願いします。

本題ですが、スペルチェックを実行して、引っかかった文字列を[無視]ボタンをクリックすると、以降何度、スペルチェックしても、2度と引っかかることがなくなります。

この状態から、もう一度スペルチェッ...続きを読む

Aベストアンサー

PowerPointのオプションの文章校正欄で、「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを外し、一回OKでダイアログを閉じます。
再度オプションを開き「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを入れ、OKでダイアログを閉じます。

校閲タブでスペルチェックと文章校正を行ってみます。

Q印刷物納品後、クライアントから版下データを要求されましたが・・・。

はじめまして。デザイン制作会社に勤務しているデザイナーです。
先日あった、数年取引のある某飲食店クライアントとの話です。

今までの印刷物のデータ一式(折り込みチラシや、フライヤー、DMなど)を欲しいと言われました。
案件ごとに制作デザイン費、撮影代一式をその都度、支払っているからと言われれば、クライアントに権利がある気もします。
ただ、印刷する為の版下データ(イラストレーターデータ、画像データなど)の権利は制作会社のものとではないでしょうか。
基本的には、このような契約を結んでも無いですし、今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います。

このような場合のような、一般的な回答や、よいアドバイスがあればよろしくお願いします。

因みに、大きなキャンペーンや手の込んだ印刷物など以外は、ほかの出入り業者が請け負っているようです。

Aベストアンサー

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化してからスタートするといったケースが少ないことに加えて、かなりまとまった額の制作料を支払ったクライアントにしてみれば、著作権や版権はすべて当方に帰属するものととかく考えがちなもの、そこに双方の考え方の違いが問題して生じてしまいがちなものです。

 わたくしもこれまでに何度かこの問題に遭遇したことがありましたが、まずは相手さんによく説明して十分に納得してもらうことから始めました。幾つかのケースでは著作権について理解を頂いて解決しましたが、中には物分りが悪い向きもありますからやむなく金額的な面で妥協したケースもあり、幾つかは一切拒否の姿勢を貫いたものでした。

 ただ、こうしたケースでは一旦作品が自分の手を離れると、当然のことながら作品が理不尽な一人歩きを始め、しかも多くは他人の手が加えられと、オリジナリティと品位を保てないことになりますので、わたくしの場合は全件に対して、たとえ手弁当の無料奉仕であろうとも、印刷などの際には監修をさせてもらうことを条件としながらも、権利の一切を移譲するということだけはお断りしてきました。

 とは言うものの、ケース・バイ・ケースとはよく言ったもの、事情はそれぞれで違います。もちろん「今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います」とお考えなら、それはそれで妥協もしかたがないでしょう。ただし、それで不利益を回避できるかどうか、わたくしは疑問を感じますが。

 ただ、ひと言言いたいのは、結果的にどのような道を選ぼうと、このような著作権の存在、そしてその主張と移譲、あるいは流用の許諾といったクライアントとクリエィティヴの関係についてはキチンと理解し、プロの立場からクライアントに十分な説明を行いつつ、一貫して曖昧な姿勢を取らないことが大切だということだけは申し上げたいところです。
 

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化し...続きを読む

QWindows Mail でスペルチェックできない

Windows Mail を使っています。英語のスペルチェックをしたいのですが、「この言語でスペルチェックを実行することができません。オプションダイヤログで別の言語を選択してください。」 とメッセージが出てしまいます。

WORDに貼り付ければスペルチェックができます。
スペルチェックできるようにするにはどうしたら良いでしょうか。

使っているのは Windows Vista 、 nifty Windows mail です。

Aベストアンサー

「この言語ではスペル チェックを実行することができません。スペル チェックのオプション ダイアログで別の言語を選択してください。」とのエラーメッセージが出る場合の案内です。
(Windows Vista で 英語のスペル チェックを Windows メールで実行するとエラーが発生する場合がある)
http://support.microsoft.com/kb/932096/ja

(その他参考:スペル チェックの Windows メールでの英語のテキストが期待どおりに動作しません。)
http://support.microsoft.com/kb/933142/ja

Q漫画納品後のクライアントの態度変わり

又お世話になります。
先週、展示会配布用小冊子マンガを納品し終えた広告漫画家の者です。
実は、打ち合わせ時やメールでの再三の確認でも
『漫画が出来上がったらサンプルを送るし、HP上に作品としての掲載もOK。リンクもOK』と言って下さっていたクライアントが
納品が済んだ途端、『こちらの都合で申し訳ないが掲載しないで頂きたい』と言ってきました。
表紙の方も納得のいく物ではなかったから値引きしてくれと
言ってきました。
表紙分半額を値引いた残金の振込は今日確認できたので
良かったんですが・・・納品後は担当だった方にメールしても、返事も返ってきません。
冊子は6日に刷り上がるので今週中にはサンプルをお送りします・とは『掲載しないで』のメールの時に書いてはあったのですが・・・本当に届くか不安でいっぱいです。
私は去年フリーになったばかりで、フリー後の漫画制作は今回が初になるのです。フリー後、まだ漫画制作の実績を載せていないので、会社名を載せなくても・・・漫画画像と漫画の内容(ページ数や簡単なストーリー)だけは実績として、どうしても載せたいんです!
先方の意見をひるがえし、自身のHPに作品を掲載する事は可能でしょうか?どうか教えて下さいっ!

又お世話になります。
先週、展示会配布用小冊子マンガを納品し終えた広告漫画家の者です。
実は、打ち合わせ時やメールでの再三の確認でも
『漫画が出来上がったらサンプルを送るし、HP上に作品としての掲載もOK。リンクもOK』と言って下さっていたクライアントが
納品が済んだ途端、『こちらの都合で申し訳ないが掲載しないで頂きたい』と言ってきました。
表紙の方も納得のいく物ではなかったから値引きしてくれと
言ってきました。
表紙分半額を値引いた残金の振込は今日確認できたので
良かったんで...続きを読む

Aベストアンサー

法律関係には疎いので、解釈や表現等に間違いあるかもしれませんが、
経験を素にアドバイスさせていただきます。

まず書面等で契約(著作財産権、著作者人格権等)は交わされましたか?
契約を交わしていなければ、著作者人格権(譲渡できない)は当然のこと
ながら著作財産権についても譲渡は行われていません。
展示会配布用小冊子につての使用を許諾したということになるはずです。
また事前に『HP上に作品としての掲載もOK。』ということですから、
掲載するのは問題ないはずです。

一方、コンプライアンスが謳われるようになってから大手企業を中心に
著作権への理解を得られ始めてはいるものの、まだまだ社会全体へ浸透
しているとは言えません。今回のケースもクライアント側に
(契約をしていないから)無条件に使える、この作品は自分のモノ、
程度の間違った認識があるのではないでしょうか。
納品後の値切り等を考えると。

このことを踏まえ、事前に契約というものを書面等でキッチリとしておく
必要があるのです。互いに不利益を被らないために交わすもの、それが
契約書だと考えています。
ちゃんとやっているということであればご容赦ください。
前述の文章は全て無視してくださいね。

私の場合、HP上に公表することの利益とトラブル云々の不利益を天秤にかけ、
HPなど、いかなる媒体にも一切の公表はしないようにしています。
この辺りは権利云々ではなく、仕事を進めていく上でクライアント(パートーナー)
との関係を重視しているからです。
私が著名なイラストレーターであれば先方からHPに載せてくれって言ってくる
んでしょうがね。

自分の作品を紹介したいというのはたいへん理解できます。事前にOKも出て
いますしね。ただ、相手側の意向に反してまで掲載するのは互いにとって
得策とは言えないと思います。今一度、直接合って話されてみてはいかがで
しょうか?前述しましたが権利云々ではないような気がします。

しかし納品が済んだ時点での値引き…ひどい話です。許せないですね。
私なら契約自体を無効とし、先方にも著作物の使用を禁止する旨を伝えます。
(こちらの不手際で相手が不利益を被った等、正当な理由がある場合は別)
HPに掲載するしない以前にこの点に問題があるんじゃないでしょうか。
この種のクライアント?は無茶ばかり言ってきますよ。多分。

法律関係には疎いので、解釈や表現等に間違いあるかもしれませんが、
経験を素にアドバイスさせていただきます。

まず書面等で契約(著作財産権、著作者人格権等)は交わされましたか?
契約を交わしていなければ、著作者人格権(譲渡できない)は当然のこと
ながら著作財産権についても譲渡は行われていません。
展示会配布用小冊子につての使用を許諾したということになるはずです。
また事前に『HP上に作品としての掲載もOK。』ということですから、
掲載するのは問題ないはずです。

一方、コンプ...続きを読む

QWord のスペルチェックと文章校正

Word オプションの「文章校正」には、「Microsoft Office プログラムのスペルチェック」と「Word のスペルチェックと文章校正」との別々の大項目がありますが、Office プログラム共通のスペルチェックでなく、Word 独特のスペルチェックが必要な何かがあるのでしょうか?

分けて扱っている意味がよくわかりません。

できれば具体例で教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的に説明すると大変なので、簡単な説明ですが。

> Microsoft Office プログラムのスペルチェック
これは、Officeプログラムとして用意されている指定言語の辞書を元に
したチェックツールであり、辞書として用意されているスペルと比較して
類似のものだけをチェックするものですね。
辞書にない場合に
このスペルチェック用のツールとして用意されている言語に[日本語]は
含まれていないので、日本語はチェックされません。

> Word のスペルチェックと文章校正
Outlook、Word、PowerPoint は入力時に自動でチェックしますが、他の
ものは手動でスペルチェックを実行する必要があります。
Wordなどでは、この自動でチェックをする機能を設定する項目があり、
これをチェックしておけば、赤や青などの波線で表示してくれます。
https://support.office.com/ja-jp/article/Office-2010-%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E6%96%87%E7%AB%A0%E6%A0%A1%E6%AD%A3%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86-5cdeced7-d81d-47de-9096-efd0ee909227

Word独自の機能としての文章校正は、[設定]ボタンでわかります。
http://www.tanimoto.to/Publishing_Librarian/Word_kousei/
文書のスタイルとして公用語などを指定すると、それに見合った設定に
チェックが付き、より厳密にチェックさえるようになります。
入力ミスだけでなく、表現としてのチェックや半角全角の混合のチェック
など、Word以外ではチェックされないこともチェックの対象にすることが
できるようになります。
http://www.wanichan.com/pc/word/2010/07/06.html

具体的に説明すると大変なので、簡単な説明ですが。

> Microsoft Office プログラムのスペルチェック
これは、Officeプログラムとして用意されている指定言語の辞書を元に
したチェックツールであり、辞書として用意されているスペルと比較して
類似のものだけをチェックするものですね。
辞書にない場合に
このスペルチェック用のツールとして用意されている言語に[日本語]は
含まれていないので、日本語はチェックされません。

> Word のスペルチェックと文章校正
Outlook、Word、PowerPoint は入力時に自動で...続きを読む

QHP納品後にクライアントから依頼

Web関連の制作会社で営業をしています。まだ経験が少なく、次のようなことで迷っています。

先日無事企業ホームページを納品させていただいたクライアント様から、「Photoshopのデータをもらいたい」と言われました。

先方の要望は、HPの中の1ページを加工して何かの資料か広告に使いたいとのこと。その作業は当社と別の制作会社に依頼したいので、サーバにアップする前の状態でデータがもらいたい、ということです。

私は「ちょっと待って下さい」と答えました。サーバアップ前のデータは当社のもので、そう簡単に渡してはいけないと思ったからです(知識はありませんが反射的に)。たとえばカメラマンが撮影の仕事を請け負っても、フィルムを渡したりはしないですよね?

著作権ですとか、不勉強で申し訳ないのですが、今回のクライアントの要望に応えて良いのもかどうか、アドバイスをいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

契約に無いのなら
1.渡さない
2.有料で渡す
3.今後の事考えて無料で渡す
あとは会社としての判断です
撮影代を制作と別途頂いているなら渡す場合が多いですね
モデルを使った場合は要注意
ホームページの使用だけの契約なら印刷物等の別の用途に使用すると料金請求されます

Qスペル

英語などの単語にはスペルがありますが外人の名前のスペルは日本同様、親がスペルを決めるのですか?それとも単語のように決まっているものなのでしょうか?おしえて下さい。

Aベストアンサー

欧米人の名前は日本のように親が意味や字画を考えながら決めるのではなく、既に存在する名前(聖書の中、先祖の名前など)から選びます。それらの名前は古代に意味があってつけられたものですが、現代では
必ずしも意味は考えず聖人の名前、祖父の名前といった捉え方です。

例外として、小説家が考えだした新しい名前が映画化などで流行し、作家と同じ国の人ではなく、外国の人(親)もその名前を子供につけるというケースがあります。いずれにしても欧米人の名前は国際的に流通して綴りや発音が少しづつ変わっているものがあります。聖書の名前が多いのでユダヤ系の名前が多いということになります。

Qイラスト+ロゴ制作。用途が複数になる場合の制作費の出し方、教えてくださ

イラスト+ロゴ制作。用途が複数になる場合の制作費の出し方、教えてください。

はじめまして。フリーのイラストレーターとして活動をしている者です。制作費の見積りで困ってしまい、ご質問させていただくことにしました。

依頼主は個人の方です。
お店をオープンされることとなり、その店名とイラストの入ったロゴの制作をご依頼いただきました。
私の場合、ロゴ制作だと30,000円~の制作費で承っています。

今回の見積りで困ったのは、その用途が名刺、看板、ホームページ、フライヤーなど全てになるとのこと。サイズや解像度が異なるので、用途に合わせた修正が必要になります。
皆さん、このような場合どのように対応されていますか?

リサイズは先方に任せ、ロゴ制作費だけをいただくのか(この場合、一番大きな看板のサイズで制作)、
こちらでリサイズをし、用途ごとに料金をいただくのか、
まとめて修正の手間賃的なものをいただくのか(この場合、いくらが妥当でしょう?)
もしくは、リサイズはサービス??
。。。と悩んでいます。

これまで一つの用途のご依頼しか受けたことがないもので
このケースの対応方法などアドバイスいただけたら嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。

イラスト+ロゴ制作。用途が複数になる場合の制作費の出し方、教えてください。

はじめまして。フリーのイラストレーターとして活動をしている者です。制作費の見積りで困ってしまい、ご質問させていただくことにしました。

依頼主は個人の方です。
お店をオープンされることとなり、その店名とイラストの入ったロゴの制作をご依頼いただきました。
私の場合、ロゴ制作だと30,000円~の制作費で承っています。

今回の見積りで困ったのは、その用途が名刺、看板、ホームページ、フライヤーなど全てになるとのこと...続きを読む

Aベストアンサー

企業でWebデザイン・DTPからロゴデザインまで幅広く活動しているものです。

もしベクター素材でロゴをお作りであれば、クライアント側でリサイズをした場合に、ロゴが崩れなければよいと思います。お使いのソフトがAdobeイラストレーターであれば、外線をつけると拡大・縮小した際に線が異様に太くなってしまうため、外線無しで作成されてはいかがでしょうか。海外の有名なロゴはドットと中線のみで作られているものが多いので、拡大・縮小に上手く対応してくれますよね。もちろん、jpgなどの画像・素材の利用はNGです。

もし、この2つがクリアされない場合は、まとめて手間賃でも個別の手間賃でもよいと思います。ただ、相手側は修正の手間など分からないので、ぼったくってると勘違いされたり手間について突っ込まれたり、値切られないように上手に説明する必要があります。

なお、金額面に関してで言えば、うちは全て開示して信頼してもらうようにしてますが、ロゴは名刺から看板・ポスターまで幅広く利用されますので、見積り段階で全てコミの金額を提示してます。手間賃分損するもの嫌ですからね(笑)

また、各媒体のデザインを受注する会社側で対応するケースも多く見られます。うちでも、送られてきたロゴを自社内で調整するケースもありますね。

企業でWebデザイン・DTPからロゴデザインまで幅広く活動しているものです。

もしベクター素材でロゴをお作りであれば、クライアント側でリサイズをした場合に、ロゴが崩れなければよいと思います。お使いのソフトがAdobeイラストレーターであれば、外線をつけると拡大・縮小した際に線が異様に太くなってしまうため、外線無しで作成されてはいかがでしょうか。海外の有名なロゴはドットと中線のみで作られているものが多いので、拡大・縮小に上手く対応してくれますよね。もちろん、jpgなどの画像・素材の利用は...続きを読む

QOffice2000 スペルチェックの解除方法

Win95、Win98どちらもOffice2000を使っています。WordとExcelのスペルチェックを解除の方法教えてください。
例えばHTEと入力しEnter key を押します。次にEnterを押すかスペースkeyを押すとTHEに変わりスペルチェックが作動します。(Wordでの入力時)
Win95のExcelもスペルチェックが作動します。
Wordの場合、【オプション】→【文章校正】→【自動スペルチェック】のチャックを外しても作動してしまいます。
WordとExcelともスペルチェックのON/OFFを設定する所が分かりません。
またみなさんどのように使っていますか。

Aベストアンサー

スペルチェックでは無くて、ツール>オートコレクトじゃないでしょうか?

Q良いクライアント、悪いクライアント

代理店やプロダクション、フリー等業態問わず、
広告制作を生業となさっている方にご質問です。

普段のクライアントとの付き合いの中で、
「今後も仕事を続けたい」と思えるクライアントと、
「あまり関わりたくない」と感じるクライアント、
それぞれ具体的に教えてくださいますでしょうか。

また、クライアントの業種や広告商品・サービスに興味が持てない場合、
それが仕事へのやる気や仕上がりに影響することがあるでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たいへん興味深い質問ですね。
実際に私が仕事をしていくか否かの判断基準にしているもので回答します。
なお「今後も仕事を続けたいクライアント」について書いていますが、
「あまり関わりたくないクライアント」についてはその逆、
また〈理由〉を読んでいただければ、ご理解いただけるかと思います。

【今後も仕事を続けたいクライアント】

1.最低でも初回打合せに権限のある(媒体を必要とする)人間が出席する。
〈理由〉
クライアント、制作サイド(当然読み手側も含めた)双方向の
コミュニケーションがなくてはいいものをつくるのは不可能です。
権限もなく、つくろうとする媒体の必要性や価値も知らない担当者主導の
打合せから始めると、時間だけを無駄に費やし、納得のいくものをつくる
ことができません。後々トラブルも起こしやすくなりますね。
営業さんと製品・サービス等の開発者(発案、企画、製作者含)には出席
してほしいですね。

2.伝えようとする内容を明確に伝えてくれる。
〈理由〉
伝えようとする製品やサービス等の特長や沿革が不明瞭で、
「他社がやっているから何となく」「予算を消化したいので…」また
情報提供を小出しにしてくる等といったケースでは右に行ったり、左に
行ったり、また元に戻ったりと1.と同様の結果を招いてしまいます。
また内容といっても、個人の趣味レベルでビジュアルのみを主張してくる
ようなクライアントは遠慮させてもらいたいですね。非常にやりにくい。

3.著作財産権や著作者人格権といった権利関係に明るい。
〈理由〉
お金を払えば自分のものと勘違いするところがまだまだ多いので。
クライアント、制作サイド双方にこれに対しての理解、認識がないと
後々争いの原因になることが多いですね。

4.見積金額について詳細を求めてくる、または説明を聞いてくれる。
〈理由〉
詳細について求めるてくるのは“何にどれだけ”といったことや
“制作工程”を理解している、または理解しようとしているところが
多いです。
初めにきっちりとさえしておけば納品完了後の「値引きして」や
支払い時のトラブルは避けることができます。3.の内容についても
説明できますしね。

5.支払いがきれい
〈理由〉
我々も商行為ですから…。スタッフや私の生活がかかっています。


【クライアントの業種や広告商品・サービスに興味が持てない場合、
それが仕事へのやる気や仕上がりに影響することがあるでしょうか。】

プロとしてはダメなことだと思いますが…影響します。ごめんなさい。
でも、そういう時こそ時間をかけて必死で頑張りますね。信頼を失わない
ために必死で水準を保とうと努力しますよ。
それでも私やスタッフで対応が難しいことも希にあります。そういう時の
ために他のプロダクションやデザイン事務所と互いに持ちつ持たれつの
関係を築いてたりなんかもします。

たいへん興味深い質問ですね。
実際に私が仕事をしていくか否かの判断基準にしているもので回答します。
なお「今後も仕事を続けたいクライアント」について書いていますが、
「あまり関わりたくないクライアント」についてはその逆、
また〈理由〉を読んでいただければ、ご理解いただけるかと思います。

【今後も仕事を続けたいクライアント】

1.最低でも初回打合せに権限のある(媒体を必要とする)人間が出席する。
〈理由〉
クライアント、制作サイド(当然読み手側も含めた)双方向の
コミュニ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報