痔になりやすい生活習慣とは?

家の南側に8年前にハナミズキを植え、約3mまで成長しましたが、昨年より、葉のつきが悪くなりました。今年は、下の方は葉が大分出ましたが、上の方はあまり出ませんでした。また、花も咲きませんでした。今では、下の方の葉も完全に枯れた状態です。どうにかして、元気に育てたいと思っています。今後の対応策を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

【ぺスタロチア病】ではないかと思われます。


他の菌による病気であれば、葉だけおかしくなるだけで、樹木が枯れることはありません…
ぺスタロチア病であれば、なぜか樹木が完全に枯れた経験があります★
なるべく早く殺菌剤などを落葉まで数回散布してください★

↓引用ですが…
(はじめ下枝の針葉が赤褐変し、しだいに上方に広がる。病針葉は灰褐色から灰白色に変わり病葉上に、紡すい形で中央に縦に割目のある小降起を生じ湿潤時に、ここから黒色塊状ないし角状の粘塊(病原菌の胞子塊)を噴出する。乾燥、長雨による根腐れの発生、台風、移植などによる生理的衰弱を誘因として発生する。)

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~f-story/byouki.html
    • good
    • 1

 完熟腐葉土でマルチングをしましょう。

 定期的な木酢液の散布を励行しましょう。
 ハナミズキは過度の直射日光と特に西日を嫌います。
今までの疲労がドット出たのでしょうね。

http://www.yasashi.info/ha_00014.htm
    • good
    • 1

害虫に注意が必要です。

こちらで

http://yasashi.info/ha_00014g.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハナミズキが危ない!!対策を教えてください。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている部分があります。
(前に家にあったオルトランCをかけてはみたのですが、、)
なので、幹もなんとなく元気がないように思います。
植えている場所は北側のあまり日が当たらないところで、
朝早くに少しと西日が当たります。
株元にギボウシが植えてあります。

とりあえず、白く変色した葉や茶色いものはなるべく取っているのですが、ほとんどが白くなっているので全部とってしまうのもどうかと思い、そのままの状態です。

これからどのようにしてあげればよいか助言をしていただきたく質問しました。
よろしくお願いいたします。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている...続きを読む

Aベストアンサー

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我が家では、ミネラシンがよく効きました。
薬剤が葉に付きやすいように、ダインなどの展着剤を少し混ぜて、葉全体(裏も)に散布します。
2週間おきに3回ほど散布するといいですね。
ただし、これから、夏の高温時には、薬害が出易いので、比較的涼しい日の夕方に散布するのがよいと思います。
後、葉の白い色は、薬剤でカビが死んでも残ります。
ですから、白い色が広がっていかなければ、薬剤の効果があると判断します。
葉を摘んでしまうのは、木にとっても更なるダメージを与えることになるので、茶色く完全に枯れたもの以外は残しておいたほうがよいですね。
駆除できると良いですね。(^^)

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/byoki04.html

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我...続きを読む

Qハナミズキ

昨年の春、ハナミズキを植えました。
すくすくと育ち成長が楽しみだったのですが、昨年、隣家の桜の木についた毛虫に葉をムシャムシャと食べられてしまってから(オルトランCを散布しましたが、毛虫は退治出来ず、日々食べられていたので、そんな気がする)葉は全くなくなり、枝先の芽もしわしわと枯れてきてしまいました。春になれば新芽が出てくるかと期待してたのですが、暖かくなっても全く新芽が出てきません。
枝先を少し折ってみたところ、ポキッと音をたてて折れました。
毎日眺めては、土が乾いてると水をあげ、肥料も与えてみたのですが、変化がありません。
我が家のハナミズキはもう枯れてしまったのでしょうか?木を育てるのは初めてで、どうしていいのか全くわかりません。
記念樹として植えたので、なんとか元気になってもらいたいと思っています。             それともうひとつ、隣家で除草剤を散布していたのもきになります。
ハナミズキから、2~3メートルは離れていると思います。影響はないのでしょうか?      

Aベストアンサー

木の確認: 枯れたかどうかを調べるために,簡単に折れる枝は全て折ってしまいます.まだ,弾力性のある枝や折りにくい枝ははさみで切って切り口を見てください.切り口が緑がかっていても,みずみずしさが無い様ならこれも枯れています.
 こうした結果,まだ生きている可能性のある枝が残っているとか,根元の方にでも新芽らしきものが認められれば,次のようにすれば回復できるかもしれません.
 まず,木を掘り起こして,ホースで水を掛けかけながらできるだけ丁寧に土を洗い流します.このときに気の付け根に新芽があれば幸いです.また,生気がある生きた根がそこそこあれば回復させられる可能性が高い.
植え方: まだ生きて居るようだったら,少し大きめの鉢植えにします.まず鉢より大きめのバケツを準備し,1/3程度水を注ぎます.つぎに,鉢には定石どおり鉢底石を敷き,大きめの赤玉土(微塵を抜く)を10cmほど入れ,その中に木を立てた状態でそっくりバケツに漬けます.その状態で鉢の中の根が水に少し漬かった状態で,赤玉土を入れ,根に馴染ませ,また水を入れて根が少し泳ぐ状態にして,土を入れる・・・を繰り返して,鉢の縁の下まで土を入れます(浅植え状態).これでバケツから取り出します.こうすると根がほとんど傷まずに土に触れ,呼吸もし易くなります.
 木の根元が乾燥しすぎないように,土の表面は椰子殻チップ,ミズゴケ,繊維状の樹皮(タケダ製?)などで覆ってやります.あとは直射日光に当たらないところで養生させてやる(暖かい室内などが良いでしょうが,からからに乾かないように大き目のポリ袋を掛けてやる程度の心遣いが必要です).
 水持ちのよい赤玉土を使っているので,水遣りはあまり要りません.赤玉の表面が乾いてからたっぷりと水をやるようにしましょう.
要点: 枯れかかった原因は(苗に問題が無かったなら)根か土と十分に馴染んでいない状態で,水遣りが不適切だったものと思われます.根が大らかに広がった状態で,空気(これが大切)に触れることができ,水が補給されれば復活できるでしょう.
 このような植え方は「水決め」と呼んで,大切な植木を丁寧に植えるときに使われます(植え穴が鉢に代わります).

木の確認: 枯れたかどうかを調べるために,簡単に折れる枝は全て折ってしまいます.まだ,弾力性のある枝や折りにくい枝ははさみで切って切り口を見てください.切り口が緑がかっていても,みずみずしさが無い様ならこれも枯れています.
 こうした結果,まだ生きている可能性のある枝が残っているとか,根元の方にでも新芽らしきものが認められれば,次のようにすれば回復できるかもしれません.
 まず,木を掘り起こして,ホースで水を掛けかけながらできるだけ丁寧に土を洗い流します.このときに気の付...続きを読む

Qハナミズキの葉がでてきません・・・・

 こんにちは。我が家のシンボルツリーのハナミズキについて困っています。教えてください。
 引越しをしてきて1年。去年はこの時期には青々とした葉が芽吹いていたのですが、今年はいまだに枝だけの寂しい状態で心配してます。

 つぼみのようなものが枝の先に数個ついてるのですが、それも硬くなっていて、枝が揺れるとコロッと落ちてしまします。

 近所の街路樹で植えてあるハナミズキは、とても青々とした葉が生えてきているので、とても心配しています。
 植えている場所は、東向きの朝から昼頃までは日の当たる場所です。
枯れているのか何かの病気なのかも心配で、どのように対処したらいいのかわかりません。
 どうか、よろしくお願い致します。
 

Aベストアンサー

北関東ですがうちのハナミズキは今満開です。

ハナミズキって今裂いている花のつぼみは
昨年についたものです。
そのつぼみが春とともに開花する訳なので
開花しないのであれば枯れていませんか?

枯れた木というのはポキッって折れちゃい
ます。枝の中は茶色くなっているか、
枯れはじめなら、緑色でも薄くなってきて
います。

木の根もとに木くずなどありませんか?
幹の中に巣を作る虫もいます。

木の部分的な枝が枯れたのであれば問題
ないですが木全体が枯れ始めたらもう
お手上げです。

あと、ハナミズキって葉が芽吹く前に
花がさきませんか?
葉が出ると同時に花がさくのもあるの
かな?
それともうちのがハナミズキではなき
のかな?

でも言われてみれば街路樹など新緑と
花が一緒に咲いているハナミズキみた
いのありますね。

( ̄~ ̄;) ウーン種類が違うのかな。

Qハナミズキの花が咲かないのはなぜ?

こんにちは。庭にハナミズキの苗木を植えてから
5年目ですが、一昨年、花が初めて咲きましたが、
今年は咲きませんでした。苗木で購入したときは
高さ30センチ程度でしたが、現在は1m弱です。
日当たりはまあまあのところなのですが、どうしたら
花が咲くようになるのでしょうか?
花芽が出てからは、剪定はしていません。
育て方等教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

自分自身がまだ成長できると木が判断すれば、成長にエネルギーをまわします。
逆に、自分自身に何か起こったとき、または起こりそうなときは花を咲かせ、実をつけ、子孫を残そうとします。

花が咲かないのは、充分な養分がありまだまだ大きくなれると、木が判断しているためでしょう。

剪定した時に鋭利に研いだスコップで根回りを切れば木が危険を感じ、子孫を残そう(花を咲かそう)とすると思われます。

ちなみに、チッソが多い肥料は成長を助けますが、開花を妨げますので、その辺りも合わせて管理されたら良いと思います。

Qハナミズキが枯れる

小さな苗をいただいたのですが
上の葉から枯れて行きます。

葉先が赤茶くなって、カラカラになっていきます。
水は3日に一度たっぷりあげており、
南向きの玄関先に出しているのですが。

したの方から生えてる新芽は、緑色で元気そうです。
いったいどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

ハナミズキは、落葉広葉樹だと思いますが・・・。

Qハナミズキの足元に植えるもの

庭の角に3mほどの赤いハナミズキがあります。
足元は花壇として2mほどの扇型にレンガで囲ってあります。

以前は、ハナミズキの後方には、
生垣としてベニカナメモチがありましたが、
大量の毛虫が手に負えずすべて撤去してしまいました。
現状、アルミフェンスのみです。

そのアルミフェンスとの間や、足元に花木を植えたいと思ってますが、
(できれば常緑のものを)
どのようなものがいいでしょうか?

最近、初めて花壇に少し花を植えたところ、
とても楽しくなり、どんどん木や花を育てたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花水木の下の木陰の部分に植える花や木ということでよろしいでしょうか?

植物には好みがあるので参考になるかわかりませんが、我が家の花水樹の足元には
コニファー・ブルースター、鉄砲ユリ、クリスマスローズ、オニカノコユリ(南側)
などが植えてあります。

畑の一角にも花水木がありますが、こちらはラベンダー(デンタータの改良種)と
ローズマリーで木の周りを囲い、その手前に様々なハーブを植えています。
(ラベンダーは日のあたる南側でないとダメですが、ローズマリーは木陰OKです。)
ハーブのおかげか、虫がついたことがないです。

他にはあじさいも木陰できれいに咲きますよね。
園芸種で素敵なものがたくさんでているのでチェックするとよいかもしれません。

3mの花水木ということですので、かなり根をはっているのでは?
花水木の根を傷めないように深く掘ることが難しいのであれば
クリスマスローズやユリ、あじさいは鉢植えを地面に埋めておいても
元気に育ちますので試してみてください。
(鉢の3分の1~4分の1ぐらいを土に埋めておくと地面にじか置きに
したり鉢受けにのせた鉢よりも水遣りの失敗が少なく、風による転倒防止にもなります。
ただし、何年も置きっぱなしにすると鉢の下から地面深くに根を張ってしまいますので、
土替えを兼ねて1~2年に1度は鉢を動かしてください。)

花水木の下の木陰の部分に植える花や木ということでよろしいでしょうか?

植物には好みがあるので参考になるかわかりませんが、我が家の花水樹の足元には
コニファー・ブルースター、鉄砲ユリ、クリスマスローズ、オニカノコユリ(南側)
などが植えてあります。

畑の一角にも花水木がありますが、こちらはラベンダー(デンタータの改良種)と
ローズマリーで木の周りを囲い、その手前に様々なハーブを植えています。
(ラベンダーは日のあたる南側でないとダメですが、ローズマリーは木陰OKです。)
ハーブの...続きを読む

Q除草剤を庭に撒いたらハナミズキの葉が黒く枯れてしました復活出来ますか?教えてください

突然ハナミズキの葉が全体に先から黒くかれてきたのでビックリしました。
一週間くらい前に庭に顆粒の除草剤を撒いたのを思いだしました。除草剤を撒いたのが原因だと思うのですがどうしたら元気に元に戻るのか?わからないため教えていただきたいのです。
24年以上たっているハナミズキで我が家のシンボルですなんとか元気にしたいです。
よろしくお願いいたします。除草剤「ネコソギエースTX粒剤(レインボー薬品㈱)」

Aベストアンサー

今さらですが、やってはいけない事を行なった結果です。
貴方のためと、この質問を見られた方に注意喚起で書いておきます。
1.まず粒状の除草剤は土壌処理型のものです。
2.土壌処理型のものは撒いて、それが雨などで溶けて浸透したり、表層に滞留します。
3.目的はその時に生えている植物に根から薬剤を吸収させ枯らすことです。
同時に土壌に薬剤が残っていますので、その後の発芽をしばらく押さえます。
4.樹木や草花がある庭や野菜のある場所で使うのは厳禁です。
あまりにも危険ですし、禁止事項です。
5.買う前に購入店などで相談すべきでした。
6.土壌に薬剤は残っていますので、しばらくは草花などが育ちません。
数ヶ月かな?
7.根は思ったとこより遠くまで伸びて届いています。だから庭では厳禁なんです。

面積当たり撒かれた量で効果や害が決まります。
木が耐えれるかどうか判りません。
対策はほぼありません。
葉が完全に枯れ落ちるか、何枚かでも残るか?そこが分かれ目。
間違いなく重症です。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qハナミズキの葉が変です。

お世話になります。
お隣のハナミズキはとてもよく茂っており葉も異常がないのですが
我が家のハナミズキは葉がもこもこと膨れていたり
先が縮れた感じになっていておかしいですし
全体に葉の量も少ないのです。
これは持ち直すことが可能でしょうか?
このまま枯れていくのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そういえばこの葉っぱは、ハナミズキにしてはちょっと厚いというかゴツメですね。
私もキンモクセイの様な気がしてきましたよ。
ハナミズキでなければ、No.1で書いたバーク堆肥によるマルチングはしなくて結構です。
水遣りするのも土が十分乾いてからでよいです。

ハダニの被害には間違いがないでしょう。右下の方にカスリ状に薄くなった被害葉も見受けられます。あれがハダニの被害の特徴です。
また特に新芽の部分は画像のようにイビツになりやすいです。
葉のデコボコはウイルス病によるものではなく、やはりハダニの直接被害によるものでしょう。
庭木のウイルス病は草花類や洋ランと違って、あまり大きな被害にはなりません。むしろ葉に斑が入ったりして珍重される場合もあります。
カイズカイブキにはハダニが伝染する心配はおそらく無いでしょう。
カイズカイブキの葉は吸汁しにくそうではあります。

ハダニの処置方法や予防方法はNo.1で書いた通りで良いです。
「粘着くん」は使用前に容器をよく振って沈殿物(デンプン)をなくしておきます。
100倍に水で薄めて使いますが、少し温めの水の方が(25℃ぐらい)よく溶けるでしょう、よくかき混ぜます。(100倍は水1Lにつき、薬剤10mLの割合です。)
デンプンのくせに850円ぐらいと高いので、片栗粉かなんかで作れないものかと思いますが、まー今回は止めときましょう。今度私が実験しておきます。(笑)

そういえばこの葉っぱは、ハナミズキにしてはちょっと厚いというかゴツメですね。
私もキンモクセイの様な気がしてきましたよ。
ハナミズキでなければ、No.1で書いたバーク堆肥によるマルチングはしなくて結構です。
水遣りするのも土が十分乾いてからでよいです。

ハダニの被害には間違いがないでしょう。右下の方にカスリ状に薄くなった被害葉も見受けられます。あれがハダニの被害の特徴です。
また特に新芽の部分は画像のようにイビツになりやすいです。
葉のデコボコはウイルス病によるものではなく...続きを読む

Q芝生が枯れてきました。対処法を教えていただければ幸いです。

芝生が枯れてきました。対処法を教えていただければ幸いです。

5月中旬に庭をバーク堆肥を入れながら耕し、TM9という芝をベタ張りで張りました。
1ヶ月は家族のものも入らないようにし、2~3日に1度朝に水をやり、
緑の綺麗なカーペットが出来上がったため、
6月中旬から家族に芝に入っていいと伝えました。

6月初旬には雑草が生えてくる為
【除草剤(日本芝用)日産テマナックス[プロジアミン]1kg(肥料入り:N・P・K=8・8・8)】
というものを散布しました。

この2週間ほどですが、子供が元気に遊んでいます。それが原因でしょうか?

それともこれくらいでは枯れたとは言わないのでしょうか?
エアレーション?など行ったほうが良いのでしょうか?
どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

ベタ張りして
入るまで1ヶ月は養生したのでしょう。
芝生の根がしっかり活着するまでは、乾燥により枯死しやすいため
散水は十分に行わなければなりませんが
丁度梅雨時期で勝手に雨が降って散水されたのではないですか。
張り芝施工して養生期間に葉が細くなるほどにしたら
枯れてしまいます。
活着したら
何日おきにと管理するのではなく芝の状態を見て散水も判断することです。
アマチュア用に土壌水分計やPHメーターも売ってますが
基本は良く芝を見るということになります。
基準は#2の回答者さんの通りです。

画像では良くわかりませんが
目土はしたんですかね。
病気でなければ
適宜に
刈り込みはしなければなりませんよ。
TM9は高麗の品種改良であまり伸びないようですが
長く伸ばして短くかることはできません。

踏んで根切れしているのであれば
散水管理をして刈り込みをすれば
順次回復していくと思います。

拙宅でも養生期間に
近所のババアが勝手に横断して
その足跡通りに枯れたことがあります。
乾燥なのか踏み圧なのかわかりませんが
状況の変化を良く見て対処するしかありませんね。

除草剤は選択性でも芝にインパクトが無いわけではありませんし
遅れて効くと厄介です。
根がばっちり張っていればあまり雑草も生えてこないので
手で抜いても知れた物です。
クローバーはそうは行きませんが。

虫も病気もありますし
放っておいても青くなっているわけではないので
子供同様に手がかかります。
>2~3日に1度朝に水をやり、
梅雨明け期に土壌にたっぷり水を含んだ状態で高温になると
窒素が爆発的に作用して肥料焼け状態になるので
これからの時期散水量に注意してください。

ベタ張りして
入るまで1ヶ月は養生したのでしょう。
芝生の根がしっかり活着するまでは、乾燥により枯死しやすいため
散水は十分に行わなければなりませんが
丁度梅雨時期で勝手に雨が降って散水されたのではないですか。
張り芝施工して養生期間に葉が細くなるほどにしたら
枯れてしまいます。
活着したら
何日おきにと管理するのではなく芝の状態を見て散水も判断することです。
アマチュア用に土壌水分計やPHメーターも売ってますが
基本は良く芝を見るということになります。
基準は#2の回答者さんの通りです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング