ずばり、アメリカにエイプリールフールの習慣が慣れひたしんだ時期っていつ頃からですか???

A 回答 (1件)

うろ覚えですが、16世紀くらいには ヨーロッパでは定着しつつあったようですよ。


アメリカでは 移民が持ち込んだってことですね。(多分 原住民はそのような習慣はなかったと思うのですが・・・)
毎年 英国が本場 って 感じがしますけど・・。

ああ また 回答になってないですね。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか^^またまた、ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/18 19:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のお笑いの頭叩きはいつ頃(何年頃)から始まったのか?

日本のお決まりのお笑いでの突っ込み、頭叩きは、日本独特のものだという事を知りました。
この笑いのパターンに昔から疑問を感じていて、なぜこのように流行したのか(しているのか)気になっていました。
このようなお笑いが受け入れられるようになったのはなぜなのか、時代背景を知りたいと思い、調べたのですがなかなか見つからず、いつ頃から誰が始めたのか気になっています。
ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカの古いコメディ「3ばか大将」ではツッコミがボケの頭を思い切り叩いていました。
youtubeで“The Three Stooges - Moe Slap Happy”で検索すればそのきついツッコミぶりがご覧になれます。

これが日本国内で放送され、そういう悪い番組は見ちゃいけません、と言われていたのは1960年ころだと思います。

日本のコメディのスタイルは欧米(特にアメリカ)を手本にしたものが多いので、頭をたたくツッコミはこの「3ばか大将」あたりがルーツである可能性が高いような気がします。

この「3ばか大将」のキャラクター自体は1930年代(当時は短編映画)に始まり、中の人が代替わりしながら70年代半ばまで続いたようです。
私が幼少時に見ちゃいけないと言われたTV番組は映画を放送していたものなのかTV用のソフトだったのか、そこはわかりません。

国内の漫才などで頭をたたくツッコミの古い記憶をたどると「Wけんじ」が思い浮かびます。
バシッというほどでもなくソフトに頭をたたくととめどなく続いていたボケがおさまる、というギャグをよくやっていました。
時にボケがなかなか止まらずに強くたたいてメガネがずれる、というような形に発展したような記憶もあります。
このコンビは61年結成だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/W%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%98

あと「シャボン玉ホリデー」という記念碑的バラエティ番組内に映画監督に扮するなべおさみが助監督役の安田伸の頭をメガホンで「やすだーっ」と怒鳴りながら叩くという定番コントがありましたが、それは60年代半ばのことだと思います。

アメリカの古いコメディ「3ばか大将」ではツッコミがボケの頭を思い切り叩いていました。
youtubeで“The Three Stooges - Moe Slap Happy”で検索すればそのきついツッコミぶりがご覧になれます。

これが日本国内で放送され、そういう悪い番組は見ちゃいけません、と言われていたのは1960年ころだと思います。

日本のコメディのスタイルは欧米(特にアメリカ)を手本にしたものが多いので、頭をたたくツッコミはこの「3ばか大将」あたりがルーツである可能性が高いような気がします。

この「3ばか...続きを読む

Q十三夜を祀る習慣はいつごろから?

十三夜という満月に少し欠けた月を愛でる習慣があります。
実に日本的な美の感覚だと思うのですが、
この習慣はいつごろからあるものなのでしょうか?
平安時代などからあったのでしょうか?
また中国などから輸入されたものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 祭るというか、この日の月をめでる風習は平安時代からあります。後拾遺集に、

     賀陽院におはしましける時、いしたてたきおとしなとして
     御覧じけるころ、九月十三夜に成にけれは
                          後冷泉院御製
  岩間よりながるる水ははやけれとうつれる月の影ぞのどけき

という和歌が取られているのなどは割にはやい例ではないでしょうか。中国にはまったくない風習で、唐ごろまでの漢詩にも「十三夜」という語句は出てきません。

Q中国で祝い事の際爆竹を鳴らす習慣、いつから?

中国では祝い事の際爆竹を鳴らす習慣があります。いつからなのでしょうか?横山光輝「三国志」を読んでいると、その当時から爆竹を祝い事で鳴らしていました。

Aベストアンサー

http://www.china7.jp/bbs/board.php?bo_table=2_4&wr_id=4
約2000年前に最初の爆竹が現われ・・・


上記サイトに情報がありますが、この2000年の間に
風習になったようです。三国志の時代は1800年前ですから
時代は合います。

Q二礼二拍一礼の習慣はいつごろから

神社におまいりすると、二礼二拍一礼の仕方が書いてあります。
全国共通だと思いますが、この習慣はいつごろからあるものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

↓下記ページの3番目で横浜の神社の宮司さんが「神道での参拝作法は「二拝二拍手一拝」ですが、その由来について教えて下さい。」という質問に答えています。

拍手は古くからの礼法で「魏志倭人伝」にも記述があるようです。最終的には明治8年の神社祭式を基本に現行の「二拝二拍手一拝」という参拝作法が慣例化したとのことです。

現行の作法は意外と最近のことなんですね。「参拝方法」などで検索すると正式な礼の仕方などの情報もあります。

参考URL:http://www.hpmix.com/home/hachiman/C7_1.htm

Q日本で誕生日を祝う習慣はいつごろから

明治以前の日本で、誕生日を祝う習慣がありましたでしょうか?
あまり聞きませんが、庶民はともかく、天皇、貴族、武家の間でまったくなかったとも思えません。
もしなかったたしたら、なぜなかったのでしょうか?
誕生日を祝う習慣はあって当然だと想うのですが。

Aベストアンサー

誕生祝について
従前の誕生日祝いは、1歳の誕生日に限られていた。ムカワリヅキ・ムカイドキなどともいうが、一般にはヒト誕生・初誕生といい、誕生餅をついて祝い、客も招く。
この餅ををまた、力餅・タッタリ餅・ブッツケ餅・スネ餅ともいうように、誕生日の前に立ち歩く児をは親をしのぐとか、家を遠く離れるなどいって餅を背負わせてわざと倒したり、子のスネとか尻にぶつけたりする。
これとは逆に、九州地方では平らくした餅を踏ませて、丈夫に育つようにとの呪いもある。
この餅を、親戚うち・近隣にも縁起ものとして配る。また、児を箕の中に立たせて、「しいなは舞い出ろ、実は残れ」と唱えたり、筆・算盤・物差・鋏などを並べて取らせ、児の将来を占うエラビドリの風も広くおこなわれている。
一般にヒト誕生には里から祝い着を贈る習わしである。
「日本民俗事典」株式会社弘文堂刊 大塚民俗学会編 昭和47年2月15日発行
参照URL
http://web.sfc.keio.ac.jp/~t01219so/chousa/bunken/sonota.html

参考URL:http://web.sfc.keio.ac.jp/~t01219so/chousa/bunken/sonota.html

誕生祝について
従前の誕生日祝いは、1歳の誕生日に限られていた。ムカワリヅキ・ムカイドキなどともいうが、一般にはヒト誕生・初誕生といい、誕生餅をついて祝い、客も招く。
この餅ををまた、力餅・タッタリ餅・ブッツケ餅・スネ餅ともいうように、誕生日の前に立ち歩く児をは親をしのぐとか、家を遠く離れるなどいって餅を背負わせてわざと倒したり、子のスネとか尻にぶつけたりする。
これとは逆に、九州地方では平らくした餅を踏ませて、丈夫に育つようにとの呪いもある。
この餅を、親戚うち・近隣にも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報