人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

すこしHな小説(文芸、日本文学)をさがしています。
具体的な作者名や作品名など教えていただければうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 ちょっとHな描写がある作品といえば、大崎善生さんの『パイロットフィッシュ』と『アジアンタムブルー』を私はおススメします。


 これらの作品の主人公は恐らく同一人物で、アダルト雑誌の編集者という設定です。
 ちなみに、『パイロットフィッシュ』は主人公が40歳代の頃を、そして『アジアンタムブルー』は主人公が20代後半~30歳代の頃を描いています。また、これらの両作品は同一人物が主人公であるとはいえ話に繋がりはなくどちらか片方でも話は分かります。
 そして、どちらかというと『アジアンタムブルー』の方がよりHなのですが、内容の方も『アジアンタムブルー』の方が切ない純愛風ストーリーとなっていますので私は『アジアンタムブルー』の方をおススメします。ですが、正直どちらもどこか切ないストーリーとなっていますからどちらを読んでも面白いです。
 余談ですが大崎善生さんの『別れの後の静かな午後』と『九月の四分の一』という短編集も少しHな表現が見え隠れしています。

 あと、村山由佳さんの『星々の舟』もおススメです。話がすごく暗い感じでしかも重いのですが、私にとって村山さんの作品の中でこの作品が一番おススメできる作品です。
 でも、近親相姦、不倫、従軍慰安婦などといった本当に暗く、重い内容なので読む人の好みが分かれる作品であるともいえます。私は大好きなんですけれどもね(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
面白そうなので早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/04 14:23

下の方で少し似た質問をしているものです。


私の質問の時のコメントと重複しますが、
重松清「愛妻物語」(短編集)はいかがでしょうか?
作者や題名からは想像できないくらい過激ですが・・・。
ぜひ読後の感想を聞きたいものです。
    • good
    • 2

まず、村上龍、河野多恵子、吉行淳之介、中上健次、谷崎は、ほとんどの作品が対象だと思います。



大庭みな子『寂兮寥兮』
開高健『夏の闇』
松浦理英子『ナチュラル・ウーマン』
大江健三郎『性的人間』
与謝野晶子『みだれ髪』(歌集)
安部公房『砂の女』
泉鏡花『高野聖』
稲垣足穂『少年愛の美学』など多数
森茉莉『恋人たちの森』
池田満州夫『エーゲ海に捧ぐ』
林あまり『スプーン』など多数(歌集)
水島裕子『しなやかな残酷』
山田詠美『ベッドタイム・アイズ』など多数
十返舎一九『東海道中膝栗毛』
-『今昔物語』
澁澤龍彦『狐眉記』
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですか~。
結構あるんですね。
ありがとうございました。早速探して読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/05 02:35

倉橋由美子なら「夢の浮橋」「城の中の城」「交歓」の桂子さんシリーズ(「ポポイ」もこの流れではありますが)も良いですよ。

特にそれを題材としているわけではなかったりもするのですが、とにかく妖艶です。

野崎あや「私のいないベッドに」なんかも(これはちょっと直接的な方です)…と思いましたが、なかなか手にはいりにくいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/05 01:36

NO.9さんのご回答を見て思い浮かびました。


三島の「音楽」も確かそういった想像が出来たと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/05 01:37

通常、小説はあまり普通であることを描くのを好みません(笑


それに特に官能を目的とした小説でなければ、
直接的具体的であるより、想像させることを良しとする傾向があるかと思います。
以上お断りした上で、あくまで「文芸」の方向から思い出してみました。
いずれも少し古めのものばかりで恐縮ですが。

谷崎潤一郎に追加^^;「刺青*」「鍵」「瘋癲老人日記」など多数。
江戸川乱歩「パノラマ島奇談」「人間椅子*」「陰獣」
川端康成「眠れる美女」「片腕*」
三島由紀夫「仮面の告白」「禁色」「憂国*」
安部 公房 「人魚伝」
吉行淳之介「砂の上の植物群」「夕暮まで」
遠藤周作「月光のドミナ*」
澁澤龍彦「犬狼都市 キュノポリス*」
中井英夫「青髯公の城」「夜翔ぶ女」
開高健「珠玉」
野坂昭如からもう一点^^「真夜中のマリア」
倉橋由美子「ポポイ」「マゾヒストM氏の肖像*」
金井美恵子「兎*」

* 印は短編です。
未読のためあてずっぽうですが河野多恵子「みいら採り猟奇譚」もこの中に入るかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/05 01:37

谷崎潤一郎 『痴人の愛』『卍』



なんかどうでしょう?ちょっと普通じゃないですが;^^ 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/05 01:38

#1です。


すいません、訂正です。
村上龍 「限りなく透明にブルー」ではなく
    
    「限りなく透明に近いブルー」です。

失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/05 01:38

坂東眞砂子「屍の聲(かばねのこえ)」「葛橋(かずらばし)」あたりの短編集はいかがでしょう。

ストレートなものであれば「13のエロチカ」と言うのもありますが。
ただし、彼女の文章は四国方言の多用など独特の世界観があるので、好き嫌いははっきりと出ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/04 14:22

野坂昭如 「エロ事師たち」


   
      おとなのおもちゃを作っているオトコの話。
      野坂はこの作品で世にでました。いいデキです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/09/04 14:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエロティックな文学作品を教えて下さい

ポルノではなくエロティックな文学作品を教えて下さい。
オナニーもできるものだとますますいいかもしれません。

Aベストアンサー

#3の方がもう書かれていますが、山田詠美さんの本はヒェ~と思ってしまいます。
友達が「この程度じゃ全然エロティックじゃないよね?」と言い、読ませてくれたのですが、私を含めその他の友達は「いや、十分エロティックだよ。」と言いましたよ。ま、人によって感じ方は違いますので何とも言えませんが・・・ちなみに読んだ本は「姫君」です。色々な話が収録いた記憶があります。参考までに・・・。

Q文学的な官能小説ってありますか?

官能小説は普通の文章と違い、オトノマペなど擬音が多く使われますが
あえて擬音を使わないで心理描写や行為と感情の結び付きを丁寧に書いている作品ってありますか?
あんまり擬音が入り過ぎているとオヤジ臭くて何だか引いてしまうので
雰囲気だけで楽しめる官能小説を読んでみたいのです

Aベストアンサー

オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。
官能小説とは異なると考えます。

そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。

(1)即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。

(2)男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。
  性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。
  心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への同化の程度次第である。

従って、読者にとってその作品がどれほど官能的であるか否かは、
読者の社会経験、男女間のことへの経験、“ことば”に関する知識とこだわり、価値観、
さらに脳の訓練度などにより差が大きい。

さて、
質問は(2)を求めていらっしゃいますので何がしか付記するならば、
・文章のしっかりした作家(いわゆるポルノ作家でない)の作品を選ぶ。
   彼らはきわどい場面を書いても表現を選び書きすぎず、
   余韻すなわち読む人の感性に訴える余地を残す。
・ストーリー乃至はテーマを持つ作品を選ぶ。
   これが良い加減だと場面変われど内容は繰り返し。
・短編か長編かは読者の好み。
   下手な作家の短編は最悪だし長編は付き合いきれない。
・作家を切り口にして読み込むこと。
そして自分の感性に合う作品や作家を見つけるのが快感です。
もちろん、ある作家の全作品が全て自分に合うわけではありません。

ご参考まで、
Chapter0さんの年代・好み等不明ですが、
是非お読みなさい!は『13のエロチカ』坂東眞砂子 角川文庫 薄くて安い本です。
 13の短編につき私の評価は
  ◎=すごい4ヶ ○=よい3ヶ △=う~ん2ヶ ×=いまいち4ヶ でした。
  20台30台40台50台の女性若干名づつに薦めて読後の感想とその理由を聞きましたが、
  総じて好評です。どれが好みかは当然個人差があります。 
  男性も女性も読書の習慣のない人は官能小説はだめのようですネ。

小池真理子、坂東眞砂子、林真理子、藤田宜永、瀬戸内晴美、他 良いのがあります。
清水一行も古くには官能小説を書いているのをご存知ですか?
豊田行二もある時期から官能小説を大量に書きましたが殆どがワンパターンです。


こんなのはいかがでしょう。
「浪漫的恋愛(ろうまんてきれんあい)」小池真理子 新潮文庫
登場する三人の女性達は中年で家庭を持ち、きっかけこそ異なれども一途に恋にはまりこむ。
家庭に縛られ自由の利かない女達が男好きになり、相手を求めて逢引に出かける。
明示的な表現は僅かだが、明らかに肉欲とその行為を伴う逢う瀬である。
救われるのは相手の男は彼女達との恋に真剣なことである。.....

「透光の樹(とうこうのき)」高木のぶ子 文春文庫
下半身の単純な欲望ではなく、体のもっと上の方、胸のあたりから、
切なくうずきながら下半身に訴えかけてくる感覚。.....

「天涯の船」玉岡かおる 新潮文庫
一般の小説ですが、小説として面白く後半では主人公の切なさが十分伝わります。

耐えられるポルノ小説と言うとこんなのはいかがですか。
「官能小説化R」杉本彩 徳間文庫
まったく気楽に読んでそれっきりといったものです。

つい多言を要したにもかかわらずお役に立つか否か不明ですが、
良い本に巡り合われることを祈ります。

オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。
官能小説とは異なると考えます。

そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。

(1)即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。

(2)男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。
  性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。
  心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への...続きを読む

Q官能的な小説さがしています。

完全なエロ小説というよりも、恋愛感情や人間関係をエロティックに描いている文学作品を読みたいと思っています。
倉橋由美子の「聖少女」みたいなのが理想的です。
かいつまんでいうと、ただエロシーンが連続するオカズ小説というより、「文学作品」として深く読めるエロティックな本。です。
説明がうまくできず申し訳ありません…。
ちょっとでもお心当たりがあれば、ぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やっぱり渡辺淳一がぱっと思い出しました。
個人的には昔の作品のほうが良かったなと思います。
・化身
・うたかた

それから聖少女とかの方向とは違うと思うのですが
酒見健一「陋巷に在り」
中国歴史ファンタジーです。ファンタジー文学としても面白いですが
性についても、エロティックというより、人間や世界にあふれるエネルギーのひとつ
とでもいうのでしょうかね。
隠避ではないもっとおどろしいエロティックさと、逆に少女の純愛な部分との対比とか
まあ面白いです。


人気Q&Aランキング