よく、恐竜化石などの発掘,調査・研究をしている人を、「考古学者」などと誤って言う人がいますよね。恐竜化石を研究するのは、古生物学でしょう。考古学は歴史学の一分野であり、古生物学とはまったく分野が違うものだと私は思っています。
 ところが、クロマニョン人,ネアンデルタール人などの古人類の研究となると、どうなのでしょうか。この区分が明確にできるのでしょうか。
 古人類の石器などの調査をするのは考古学? 骨格などの化石を調査するのは古生物学?
 どのような区分になっているのでしょうか。お教え願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

( ‘∇‘ )ノ” 初めまして、こんにちは。


私は考古学を多少やっておりますので、そういった立場から関係ありそうなところを回答したいと思います。

ー考古学のジャンルー
・19世紀末のホゴース氏(英)は「人類過去の物質的遺物を取り扱う科学」
・浜田耕作氏は「考古学は過去人類の物質的遺物(により人類の過去)を研究する学」
・レナック氏(仏)は「造形されたり、工作されたりした遺物によって過去を解明する学」とした。

このように「考古学は歴史学の一分野である」という考え方があります。
この考えはヨーロッパや日本において主流です。

しかし、アメリカなどでは「考古学は人間学あるいは広義の人類学の一分野」とする立場です。つまり人間の文化に関する全てのものを扱う人間学(人類学)の一分野として考古学を含んでいます。
アメリカでは発掘調査で得られる資料と民俗学で扱われているものが非常に近いため、考古学と民俗学が密接で、これに社会学などが加わり人類学部を構成している場合もあります。

ー考古学の年代ー
考古学が扱うのは人類が地球上に現れてから現代までの全期間です。
人類発生以前の「恐竜」の時代は取り扱いません。


ということで、日本では古人類の石器などを扱うのは考古学です。恐竜の化石など人類以外のは扱いません。
上手くまとまりませんでしたが、疑問ありがしたらどうぞ^^
    • good
    • 0

考古学者か生物学者か迷って生物学の道を歩んでいるものです。


学術研究に明確な区分というのは難しいんですね。
化石に限らず、現代社会において人間を対象に考えても
社会科学系の心理学、民俗学や自然科学系の社会生物学、動物行動学など
やっていることは変わらないのに分野が多岐にわたることも珍しくありません。
なので、民俗学系の研究者でも出身は理学部っていう人はけっこういます。

まあ、研究というのは目的と手段は一致しないということです。
例えば、私はヒドラという生物を扱っていますが専攻は発生生物学、分子生物学であり、
ヒドラの研究をしているわけではありません。ここが重要なんです。
考古学においても古生物学においても対象はあまり問題ではないんです。
目指す目標が違うだけですね。

ただ、考古学者は一般的に人類が研究対象なので、恐竜を含む古生物を研究している
人を考古学者とはいわないですね。

P.S.野球に関する質問をされたとき、私もかなり後の方になってから
回答しました。よろしければ参考にしてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q考古学と古生物学について

いつも気になってはいたのですが、古生物学というのは考古学とは違うものですよね?
人に恐竜の話をしたりすると決まって「あぁ考古学ね」と言われるのです。
確かに、猿人だとか原人だとか、そのへんは考古学でも古生物学でも良いと思うのですが・・・さすがに恐竜は違うのではないかなぁと。
????それとも恐竜って考古学なんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

恐竜を扱うのは、古生物学です。

考古学というのは、「遺物や遺跡によって、古代人類の文化を研究する学問」ですから、
研究フィールドは、あくまで人類誕生以降です。

古生物学は、過去に生きていた生物を研究するもので、カバーする時代は地球上に生命が誕生したときまでさかのぼります。
(生命の起源を宇宙に求めるなら、さらに広がりますが・・・)

▼考古学って何だ?
http://www.uraken.net/rekishi/reki-kodai01.html

▼古生物学とは?
http://www.paleo-fossil.com/paleo/paleontology/p_what.html

参考URL:http://www.uraken.net/rekishi/reki-kodai01.html,http://www.paleo-fossil.com/paleo/paleontology/p_what.html

Q考古学で有名な大学はどこがありますか?国公立、私立、どこでもいいです!また、考古学の研究に力を入

考古学で有名な大学はどこがありますか?
国公立、私立、どこでもいいです!
また、考古学の研究に力を入れているところや、おもしろい教授がいるところなども知りたいです!
できれば分野も教えていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

関東だと、私立で有名なのは明治大学と國學院大學です。あとは、慶応、駒澤、東海、立正、早稲田、国士舘、青山、大正、法政、日本 関西は立命館、大手前、天理、奈良 あたりでしょうか。国立だと京大、東北大、筑波大、茨城大、阪大、九大、岡山大、広島大、名大。
各大学が得意な分野というのは確かにありますが、考古学の基礎はどの分野でも同じですし、研究者の数も限られているので、自分がやりたい分野が見つかればどの分野でも調査して論文を書くことは出来ます。卒業論文が研究生活の第一歩で、その後はひとりの研究者としてなにがしかの研究をしていくので、自分で自分の道切り開いていく強さが必要です。どこの大学に行ったからどの分野をやるというものでもないことはご了解ください。

Qエジプト考古学と考古学者について

エジプト考古学に興味があります。大学で考古学を学ぼうか迷っています。そこでいくつか質問なのですが、

1、早稲田大学では、実際にエジプトで発掘調査にかかわる様な事ことができるとgooの質問に書いてあったのですが本当なのでしょうか?また本当だとしたらどのようにすれば行けるのでしょうか?

2、実際に大学ではエジプトの考古学はどのようなことを教えているのでしょうか?

3、海外(たとえばイギリスなど)の大学に留学することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

4、将来的にエジプトなど、現地で発掘にかかわることができるようになったり、学者になるのは実際どうすればいいのでしょうか。それはたとえば、早稲田大学→大学院絵と進み、さらに海外の大学に留学するなどしてもほとんど不可能なことなのでしょうか?

いくつもあってすみません・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいので教えていただければ助かります! 

Aベストアンサー

「考古学者になる」という夢は大切にしてほしいところですが、きれいごとだけではすまないかと思いますので、実態を書かせていただきます。
少し覚悟して読んでください。




かつては「留学するだけ」でも「箔付け」にはなりましたが、昨今留学など普通のことになってしまっていますので「留学して何を学んだか」そして「留学経験を同学術研究に生かせるか」が重要になるでしょう。
もしかすると留学で一番のメリットは「海外の研究者との交流」かもしれません。

「考古学者」になるのはさほど難しくはありません。
民間企業に就職しても休日に現地調査に出かけたり、論文を学術雑誌に投稿することはできます。
けれど「考古学者を職業にする」のは相当難しいです。
大学院を卒業しても役所に就職して開発などで破壊される遺跡の調査や保護に携わる人がほとんどで、大学教員になれるのはごくわずかです。
ましてエジプト考古学になると日本国内では限られてしまいますので相当な研究実績を積むか、人脈を構築しないと厳しいです。

Q探検や未開の地の調査は考古学者の仕事なんですか?

世界は広いですから稀に未開の遺跡や
未開の地があったりすると思うのですが
そこの調査や探検はそれは考古学者の仕事なんですか?
いつだったかジャングルの奥地でかなり深い洞窟が
ありましたがあれの調査等も考古学の
一部なのでしょうか?
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

結論から申しますと「探検は考古学者の仕事」ではありません。
未調査地域にあるものが「考古学」分野のものとは限らないからです。
場合によっては地質学、生物学、文化人類学、あらゆる研究者にとって新規データの宝庫と成り得るでしょう。

従って、学者がそういった未踏地の調査に入る場合は、資金面での負担もあって、大学や必要とされそうな専門分野の学者と「調査団」を組んで入る事がままあります。

また、完全に未踏地、未開地であった場合はその国の国家的事情(資源や先住者問題など)関わりますので、学者が個人として「研究」「仕事」する事は許されない場合もあります。

Q古人類学各分野について

かつての人類学は発掘された化石及び遺跡を調べ上げて分析を
行う自然人類学が主流でした。(というかそれ以外ありませんでした)

しかし昨今の遺伝子技術の目覚ましい発展により、進化遺伝子学
が幅を効かせ始め、素人目には今やDNA解析を行わなければ
真実の姿が見えないとまで言われるまでになっている様な気がします。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、現在古人類学の各分野全体
の中では旧来の形態学、形質学の分野は実は隅に追いやられつつある
アナログ分野という流れになっているという気がして仕方がないのですが
その考えは間違っていないでしょうか。御意見お待ちしています。

Aベストアンサー

古人類学における遺伝子進化学的扱いは、新しいおもちゃを貰った子供、ないしは地図になかった新大陸への入居者、に例えればいいでしょう。
十年もすれば陳腐化し、大学の人類学の教科書の一章になってしまいます。
パソコンやネットだって初めは大騒ぎされましたが、もう誰もそこにあることに感動もしないし、全能だとも思いません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報