人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

最近原始時代に興味を持ち始めたんですが、日本の旧石器・縄文・弥生・古墳時代に関する素人向けのわかりやすい解説書を探しています。本屋で考古学のコーナーを見たんですが難しそうな本ばかりでした。できればモースや相沢忠洋がこうこうしたといった、これまでの研究史っぽいものを含んだ本が良いんですが、おすすめの本があったら教えてください。考古学でも文献史学でも、それらをおりまぜたものでも構いません。
ちなみに今まで読んだのは(考古学書とはいえませんが)新潮文庫の「発掘捏造」「古代史捏造」と岩波文庫の「魏志倭人伝」だけです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

講談社のもう10年くらいまえの出版ですが、『歴史発掘』シリーズが良いと思います。

写真が多く使われていて『古代史発掘』→『古代史復元』シリーズの後継シリーズです。図書館にはあると思います。そのほかは、明治大学考古学博物館編の『市民の考古学』シリーズ(名著出版)は一般向けの講演会の記録集で学史的な話しもでています。学生社の『シンポジウム日本の考古学』シリーズは各時代ごとに座談会形式になっており読みやすいかなと思います。専門的なものでは、角川の『古代の日本』シリーズがあります。これは地域ごとに通史的に扱っています。あとは各県史などは最近のものはカラーが豊富なので具体例を知るには便利だと思います。例えば千葉県史の資料編は各時代の県内の代表的な資料紹介が主ですが、簡単な概説も書いており概略をしるにはよいのではと思います。
北海道新聞社の『新北海道の古代』シリーズ、岩手日報の『いわて未来への遺産』シリーズ、『群馬の遺跡』シリーズなど新聞社などでだしているものもあります。古いものでは、至文堂の『日本の美術』にも各時代ごとのシリーズがあります。単行書では堤隆『黒曜石3万年の旅』NHKブックスはおすすめです。講談社メチエにも『縄文論争』といった本があるので、さがしてみたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『縄文論争』を買いました。今から読んでみたいと思います。
「歴史発掘」も今から探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/17 15:34

No.1さんのおすすめしている雑誌は研究者及びマニア向けなので


全くの素人には専門的すぎると思います。
まずは新書のコーナーで興味を持ったタイトルの本を数多く読んでみて下さい。
著者によって言っていることが全然違うことが有るかとは思いますが
いちいち気にしないで下さい。(特に古代史)
数多く読んでいけば自分なりの合理的解釈が着いてきます。
10年前と最も違う最近の研究成果は弥生時代の開始がBC700頃に繰り上がった事と、
それに伴って古墳時代も3C始めからと考えられていることです。
注意しておいて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは邪馬台国も古墳時代になってしまう可能性がありますね。
新書でなかなか考古学の本がないもので。記紀などの文献史学に関する本は入門書も割とあるんですが、考古学のほうはなかなか。でもとりあえずいろいろ読んでみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/17 15:33

私が考古学に興味を持つキッカケになったのは、我が家の庭から「縄文中期の土器片」がでたことに始まります。

相沢さんの「岩宿の発見」はその当時夢中になりました。「登呂のいしぶみ」も面白かったですよ。
わりと身近に先生もいたし、資料館にも足を運びました。dollar様の周囲にも資料館などがあるようでしたら是非!足をお運び下さい。入門書などのアドバイスも受けられるでしょうし、No1様の書かれている「発掘現場」の「見学」というチャンスにもめぐりあえるでしょう。
また、毎年5~7月にかけて「日本考古学総会」が東京近郊の大学で開かれています。各地の遺跡調査報告書のほかに、考古関係の書物を入手できます。
そうそう、ジャパン通信社から毎月発行されている「月間埋蔵文化財発掘出土情報」もなかなか面白いですよ、入門書というわけではありませんが、日本をはじめとする情報を楽しめます。
※資料館もしくは、市役所の社会教育課には
「遺跡分布地図」が置いてあるかもしれません。
地元の遺跡を見て歩くのも一考!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「岩宿の発見」を読み終わりました。
専門的な内容に触れてなかったのは残念ですが、むしろ読みやすくて読み物として楽しめました。
「登呂のいしぶみ」のほうも読んでみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/17 15:30

考古学ジャーナルとか季刊考古学がオススメかも。


雑誌ですが・・・。

あとはとりあえずニューサイエンス社がだしている本
たしかオレンジ色の本・・・。「考古学ライブラリー」だったかな。
骨角器についてとか。ひとつの話題に絞って、結構薄めな本です。

雄山閣出版の「縄文文化の研究」これも弥生とか古墳もでてます。

東京美術の「考古学シリーズ」とか・・・。

この辺は個人で買うのは高いから、図書館で見ることをオススメします。。

縄文土器なら土器大観というでかいのがある・・・。
あれは写真を見て、ぁぁ。土器ってこういうものなんだ~。って見るだけですが…。
後ろの方に文章で説明がなるべく短く書かれているので、理解しやすいと思われます。

あと、発掘のバイトとか行った方が考古学の事がはやく分かると思う。むしろ、本読んでも、発掘いかなければ、何もわからない。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おすすめありがとうございます。早速本屋さんでチェックしてみます。
東京美術の本あたりから手を出してみようかと思います。

お礼日時:2006/01/17 15:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q考古学関係の本で面白いもの

考古学か考古学関係の本で、さらっと読めて、面白い本があれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

moxafan さん、こんばんわ。



現代世界ノンフィクション全集〈第2〉 (1967年)トロイアへの道 迷宮の発掘 ツタンカーメン発掘記 神・墓・学者 はいかがでしょうか?シュリーマンのトロイアの発掘とハワード・カーターのツタンカーメンの王墓の発掘です。すでに絶版なので中古本しかありませんが、アマゾンのURLを記しておきます。ご参照ください。


http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=node%3D255460011&field-keywords=%81w%83c%83%5E%83%93%83J%81%5B%83%81%83%93%94%AD%8C@%8BL%81x

Q縄文時代について書かれた書籍

よろしくお願いします。

縄文時代について書かれた書籍を読みたいと思っています。
アマゾンで検索するとたくさん出てきますが、どこから読んで良いものやら・・。
希望としては、生活様式・食生活・祭礼・交易など、全体的なことを述べてあるもの、それに加えて遺跡発掘から出てきた状況などにも少し触れてあれば、なお良いと思います。

ともかくも、あまり個々の学説ではなくって、導入となるような概説を読みたいです。書籍の紹介をお願いします。よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

少々古い物ですが、、

「縄文人の知恵に挑む」 楠本政助 ちくま少年図書

宮城県の行商の考古学素人が、実験(実践)的に狩猟具の複製、使用してみて、古くからの考古学的常識を覆した体験記です。
鹿角の加工方法、離頭銛の刺突実験、アスファルトの使用法。

狩猟具のカテゴリーとしては面白いと思います。
中学校の図書館にありましたが、なかなか、、、。

アマゾン.で検索してみて下さい。
URLは参考です

参考URL:http://blog.mypress.jp/i/story.php?writer_id=minnow&story_id=1145407

Q考古学で有名な大学はどこがありますか?国公立、私立、どこでもいいです!また、考古学の研究に力を入

考古学で有名な大学はどこがありますか?
国公立、私立、どこでもいいです!
また、考古学の研究に力を入れているところや、おもしろい教授がいるところなども知りたいです!
できれば分野も教えていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

関東だと、私立で有名なのは明治大学と國學院大學です。あとは、慶応、駒澤、東海、立正、早稲田、国士舘、青山、大正、法政、日本 関西は立命館、大手前、天理、奈良 あたりでしょうか。国立だと京大、東北大、筑波大、茨城大、阪大、九大、岡山大、広島大、名大。
各大学が得意な分野というのは確かにありますが、考古学の基礎はどの分野でも同じですし、研究者の数も限られているので、自分がやりたい分野が見つかればどの分野でも調査して論文を書くことは出来ます。卒業論文が研究生活の第一歩で、その後はひとりの研究者としてなにがしかの研究をしていくので、自分で自分の道切り開いていく強さが必要です。どこの大学に行ったからどの分野をやるというものでもないことはご了解ください。

Qカラオケのフリータイムの意味がわかりません。

 以前から会計などは友達に任せているのでカラオケの料金システムがわかりません。そのときによくフリータイムでやっているようなんですが、そのフリータイムがわからないんです。

Aベストアンサー

フリータイムの意味がわからないのか、フリータイムが何故できるのかがわからないのか
文章だけではどっちにも取れるので両方に私見を述べさせていただきます。

フリータイムでは、何時間歌っても同じ値段です。
1seiさんのご回答ですでに例示がありますがだいたいそんなところです。

フリータイムが何故できるのかという部分ですがこれは店の方針の違いだと思います。
つまり「カラオケそのもので利益を得る」というよりも「カラオケで注文する飲食代で利益を得る」
という考え方を店側がしている場合です。

フリータイムとなると長丁場になることが予想されます。そうすると歌に疲れたり
人数が多いとなかなか順番が回ってこなかったりします。
そうするとカラオケ以外にすることがないとすることがない
お付き合いでカラオケに来ている人にとっては「歌を聞かされている」というだけに
なってしまう可能性すらあるでしょう(少しひどい言い方ですが)
そうなると食事やおやつ感覚を盛り込むというカラオケのスタイルができると思います。

だからフリータイム制のところでも
必ず何か注文しなくてはいけない「ワンオーダー制」を取っているところがあります。
350ミリリットルのジュースをコップに注ぐだけで300円とか平気で取りますし
フリータイムにしか行かないので料金についてはちょっと憶測も混ざりますが。

フリータイムの意味がわからないのか、フリータイムが何故できるのかがわからないのか
文章だけではどっちにも取れるので両方に私見を述べさせていただきます。

フリータイムでは、何時間歌っても同じ値段です。
1seiさんのご回答ですでに例示がありますがだいたいそんなところです。

フリータイムが何故できるのかという部分ですがこれは店の方針の違いだと思います。
つまり「カラオケそのもので利益を得る」というよりも「カラオケで注文する飲食代で利益を得る」
という考え方を店側がしている場合...続きを読む

Q考古学で有名な大学

考古学で有名な大学とはどこでしょうか?
よくオックスフォードなんか聞くんですが・・・
ホントにそうなんですか?
もし,他の大学(海外も含めて)があるなら,
教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

#3で回答させていただいたものです。レベルにこだわってらっしゃるようですが、専攻分野によっては日本の大学のほうがやりやすい場合もあると思います。例えば西アジア考古(聖書考古学)にイギリスの調査隊はほとんど入ってきていませんし、ノウハウも実績もあるぶん筑波のほうがレベル高いんじゃないでしょうか。エジプト考古も早稲田で学ぶのに環境的な不足はないんでしょう。中南米を専門にするなら、下手にイギリスに留学するより現地の大学に行くほうがプロパーになれるでしょうね。
オックスフォードやケンブリッジが活躍している古典考古やヨーロッパ先史研究をやるにしても、学部から留学する人もいれば大学院修士や博士から留学する人もいます。また、両校を出なければ海外考古の舞台で専門家になれないというわけでもありません。現在国内の大学で海外考古学の教鞭をとっておられる先生方は、古典考古でも西アジア考古でも、日本の大学院を出て現地(ギリシアとかイスラエルとか)の大学へ留学し、戻ってきたという方々がほとんどではないかと思います。いずれもその分野では国内外を問わず著名な研究者です。
と、少しオックスブリッジ批判をしてみましたが、実際に両校が様々な分野で業績も総合力もあるのは疑いのない事実です。両校とも方法論がしっかり確立されていますから、どこへ行ってもそれなりに通用はするでしょうが、地域的な専門性を望むなら別の選択肢も充分有り得るという点で、大学のネームバリューや功名心にとらわれない学術研究を志していただきたいとの老婆心から出た発言でした。


語学力に不安があるのでしたら、とりあえず日本の大学で方法論の基礎を学んで、それから留学というのでも遅くはないと思います。早いうちから積極的に海外へ出ようという姿勢は大変好ましいですけどね^^
また、史学を志すのでしたら、まずどの時代のどの地域を専門に学んでいきたいか、大まかでも構いませんので考えてみてください。それによって進むべき道は変わってくると思います。

最後になって申し訳ないですが、私はオックスフォード・ケンブリッジの入試についてはどのような形式を取っているのか分かりません。レベルについても答えかねます。本格的に対策をとるなら、まずIELTSというイギリス留学専門の語学試験を受けてみてはいかがでしょうか。British Councilにはイギリス留学に関する資料や相談所もあると思いますので、参考にしてみてください。

参考URL:http://www.britishcouncil.org/jp/japan.htm

#3で回答させていただいたものです。レベルにこだわってらっしゃるようですが、専攻分野によっては日本の大学のほうがやりやすい場合もあると思います。例えば西アジア考古(聖書考古学)にイギリスの調査隊はほとんど入ってきていませんし、ノウハウも実績もあるぶん筑波のほうがレベル高いんじゃないでしょうか。エジプト考古も早稲田で学ぶのに環境的な不足はないんでしょう。中南米を専門にするなら、下手にイギリスに留学するより現地の大学に行くほうがプロパーになれるでしょうね。
オックスフォードやケ...続きを読む

Q外国の考古学を勉強したい!

こんにちは。
私は今高校2年生で、進路について悩まされています。うちの高校はエスカレート式で、中の上ほどの成績を保っていれば、受験しなくても付属校のようにそのまま大学推薦がもらえるのですが、私は受験しようかと迷っています。その理由が、うちの大学にいきたい学部がないんです。
私は、昔、アメリカに住んでいて、そこの教育課程で、西洋考古学(ナスカ、インカ、エジプトなどなど)を頻繁に習いました。それで考古学に魅了されて、大学でも考古学を勉強したいと思ったんですけど、うちの大学には文化史学科しか、歴史を勉強するところがないんです。
どなたか、西洋考古学を勉強するのに良い大学をご存知ありませんか?
よく聞くのが早稲田大学なんですけど、どうもあそこはエジプト考古しかやっていない気がするんです。私はどっちかというとペルーなどを勉強したいんですけど、早稲田でもエジプト以外のものを勉強できるんでしょうか?
考古学には英語力が必要、と頻繁に言われてますが、アメリカで考古学を勉強していたので英語力には自信があります。とりあえず、大学の難易度は気にせずに、大学の名前だけ挙げて下さると嬉しいかも・・・(難易度は自分で判断します)

こんにちは。
私は今高校2年生で、進路について悩まされています。うちの高校はエスカレート式で、中の上ほどの成績を保っていれば、受験しなくても付属校のようにそのまま大学推薦がもらえるのですが、私は受験しようかと迷っています。その理由が、うちの大学にいきたい学部がないんです。
私は、昔、アメリカに住んでいて、そこの教育課程で、西洋考古学(ナスカ、インカ、エジプトなどなど)を頻繁に習いました。それで考古学に魅了されて、大学でも考古学を勉強したいと思ったんですけど、うちの大学には...続きを読む

Aベストアンサー

 考古学が好きな人が増えると嬉しいですね。

 高校2年生とのことですが、ハイスクールの一般教養で、考古学入門を学ばれたのでしょうか? これはアメリカ大陸の南のほうの文化を学ぶため、考古学を切り口にしたのだと想像します。まちがっていたらごめんなさい。

●日本語で学ぶほうが楽なら国内で進学を

 考古学は、どの学問でも同じだけれど、学問として基礎となる考え方をしっかり身につけることが大切です。ほかの学問と比べた特徴。
1)最初に、資料・遺物の取り扱いを学ぶために時間を割くこと。
2)その知識を身につけてから、現場で発掘。
 1)については、国内で進学することを勧めます。以下に書くとおり、自分のプロジェクト企画ができるのは、修士(大学院)に進んでからです。大学1~2年生で身につける一般教養と考古学の基礎知識は、いかにしっかり身につけるかが大切です。
 基本の概念を学びながら、ペルーの研究に関する英文の雑誌・研究発表を読むと、効率がよいと思います。

 学校を選ぶ基準として、二つ、頭においてください。考古学は、いろいろな分野の知識があると、どんどん面白くなります。
・一般教養で比較文化・人類学・歴史学が学べる大学。
・修士(Master)か博士(Doctor)を取る道がある大学。

 二番目の条件。将来、考古学者になるため発掘プロジェクトの立案をしたいなら、発掘助成金の申請などは四年制大学を卒業しただけでは応募条件を満たさないからです。

●情報の集め方

 ペルーに興味があるということですが、たぶんインカ帝国のことをさしているのですね。研究会のウェブサイトを見ると、日本国内のどの大学で、どんな先生が何を研究されているかわかります。その人が教える大学へ進む方法はどうでしょうか? 会員になると、研究発表を聞くこともできます。
http://www.h6.dion.ne.jp/~andes/

●インカ、アンデスの遺跡出土品の保存に尽くした日本人

天野博物館友の会 2005年度 講演会
http://www.peru-japan.org/Anews.html
 講演会がちかぢか開かれるとのこと。ペルー大使館のサイトで情報を見てください。上記と同じで、同じ興味を持つ人に会って話を聞くチャンスです。

●アメリカの大学で働く日本の考古学者

http://www.siu.edu/~perspect/02_sp/shimada.html
 ペルー研究の学者に尊敬される方です。

 失礼を承知で、ここからちょっときついことを書きます。大人ぶって上から物を言うような印象を受けたら、許してください。

(A) あなたが考える考古学はどちらですか?

 というよりも、次の両方どちらも学ぶのが「考古学」だと考えていますか? 大学によって、現場での作業をカリキュラムで重視しているのか、すでに豊富な資料・遺物を持っているから、それを研究するのか、特徴があります。
 1) 現場での発掘に参加したい。
http://www.meiji.ac.jp/bungaku/course/archaeology/curriculum.html
 2) すでに発掘された資料から、その遺跡をめぐる文化史を考えたい。
http://www.flet.keio.ac.jp/dep/aande.html

(B) 考古学の大まかな仕事を、一度、体験してみては?

 英語に不自由がないなら、学校の休みを利用して、海外の発掘ボランティアに参加することも有意義です。同じ興味を持つ人たちに会えるし、発掘がどんな仕事かわかります。ペルーの考古学現場へ!
 発掘→遺物整理(掘り出したものを記録する)→保管(空気中でいたまないようにする)→分析(作られた年代や使われ方を調べる)など、プログラムによって課題と参加条件が異なりますから、確かめてから参加してください。

・英語の解説(2006年のプログラムあり)
http://search.atomz.com/search/?sp-q=peru+archaeology&Submit1=Search&sp-a=0001233a-sp00000000
・英語の解説(2005年のプログラムあり)
http://www.earthwatch.jp/project/projectlist/world/6_sa/perus_wari_empire.html

●大学院からアメリカに留学する場合
http://andes.exblog.jp/pg/blog.asp?eid=a0007579&iid=15&acv=&dif=&opt=2&srl=2041277&dte=2004%2D10%2D05+03%3A33%3A00%2E000
 日本で大学進学をするとして、国内で考古学の基礎を固めておき、大学3年生もしくは修士から海外留学を考える方法はどうでしょうか。
 あなたがいままで、アメリカで教育を受けた期間が長いなら、大学から海外を志望することもできますが、学費その他、経済的な負担をどうするのか、考えてくださいね。アメリカ国籍がない場合、学費はアメリカ人学生の2倍近くかかることもあります。

 考古学が好きな人が増えると嬉しいですね。

 高校2年生とのことですが、ハイスクールの一般教養で、考古学入門を学ばれたのでしょうか? これはアメリカ大陸の南のほうの文化を学ぶため、考古学を切り口にしたのだと想像します。まちがっていたらごめんなさい。

●日本語で学ぶほうが楽なら国内で進学を

 考古学は、どの学問でも同じだけれど、学問として基礎となる考え方をしっかり身につけることが大切です。ほかの学問と比べた特徴。
1)最初に、資料・遺物の取り扱いを学ぶために時間を割くこ...続きを読む


人気Q&Aランキング