現在、パレスチナ人がイスラエルに対して自爆テロを行い、イスラエルはそれに報復をするといったニュースが連日のように報道されています。その原因についてはおいといて、そもそも、なぜ、イスラエルには3つの宗教の聖地が近い場所に存在するのですか?知っている方、教えてください。

A 回答 (3件)

  


  三つの宗教とは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教ですが、これらは、「至高の神」として、「同じ神」を信仰していると主張しています。ただし、一番古いユダヤ教は、キリスト教の「神」と、ユダヤ教の「ヤハウェ」は同じ神だと認めていますが、イスラム教の「アッラー」を「ヤハウェ」と同じ神だと、必ずしも公式に認めていなかったはずです。「アッラー」が「ヤハウェ」であるというのは、イスラム教の主張です(キリスト教も、アッラーが、自分たちの信仰する神と同一とは、公式には認めていないはずです)。
 
  キリスト教は、元々ユダヤ教の一派でした。ユダヤ教の異端がキリスト教だとも云えるのです。無論、独立した教義を持つ宗教となったキリスト教は、ユダヤ教と「異教」関係にあり、異端関係にはないのですが、ユダヤ教側からすると、「異端」だということになります。
 
  聖都エルサレムやその周辺施設などは、ユダヤ教の聖なる地であり都市であったのですが、エルサレムをめぐって、キリスト教の誕生の中心的なできごとがあったので、エルサレム及び、イスラエルやパレスティナなどは、至るところ、キリスト教にとって聖なる地、記念の地となっています。例えば、エルサレムに限らず、ガリラヤ湖とか、ナザレとかは、キリスト教にとって聖地または記念の地になる訳で、キリスト教徒の観光客などは、このような聖地や記念の場所を訪ねます。
 
  キリスト教は、最初、自分たちの教えこそが、唯一神ヤハウェの「真の新しい教え」だと主張し、ユダヤ教の伝統を、『旧約聖書』の形で、継承し、一方、ユダヤ教とキリストの福音はどう違うかで、『新約聖書』の形で聖典をまとめたのです。ユダヤ教は、『旧約聖書』とは呼びません。それに相当する文書記録は、『ユダヤ聖典』となります。『新旧約聖書』の「旧約」を認めては、ユダヤ教の立場がなくなるのです。
 
  キリスト教は、元々ユダヤ教の分派で、独立した教義を立てて、「異教」となったのだと云えます。しかし、ユダヤ教の教えは、「古い啓示」に基づくものだという考えを持ちます。従って、分離までのユダヤ教の歴史は、そのままキリスト教の歴史に取り込まれ、ユダヤ教の聖地や記念の場所も、全部、キリスト教の聖地、記念の場所として継承しています。エルサレムはユダヤ教の聖地・聖都で、それ故、キリスト教の聖地でもあり、また、「ゴルゴタの丘」とか、「十字架の道」などは、エルサレムにある、キリスト教の聖なる記念場所となっています。
 
  イスラム教は、ユダヤ教の分派でも、キリスト教の分派でもなく、むしろ、アラブ族の民族宗教だとも云えるのですが、古い多神教のアラブ族の宗教の限界を超えるため、ムハンマドは、天使ジャブリール(キリスト教の天使ガブリエルに対応)から啓示を受けたと主張し、「神」は、ユダヤ人に啓示を与え、「聖典=ユダヤ聖典」を与え、自己の意志を表明したが、うまく人類に伝わらなかった。そこで、「預言者イーサー(イエズス)」を使わし、新しい啓示と新しい「聖典=新約聖書」を与えたが、なお、人類は、「神」を正しく認識しなかった。そこで、「最後の封緘」として、「最後の預言者ムハンマド」を使わし、ムハンマドを通じて、「最後の啓示=聖典クルアーン」を人類に与えた。これがイスラム教であるというのですが、これは、ユダヤ教・キリスト教の分派ではなく、勝手に、ユダヤ教やキリスト教の聖典や預言者や教えを、ムハンマドとその預言に先行する預言であるとして、教えに取り込んだもので、最初から分派でないのです。
  
  つまり、イスラム教の側では、ユダヤ教やキリスト教は、共通の神の啓示を受けた「兄弟」となるのですが、ユダヤ教側からは、勝手な理屈を付けて、ユダヤ教を汚す宗教にしかならないのです。だから、ユダヤ教とイスラム教は、歴史的に、決してよい関係ではなかったということがあります。キリスト教は、ユダヤ教から分派したということが歴史的に明らかなので、イスラム教は、キリスト教により寛大で、キリスト教も、イスラム教よりも、ユダヤ教の方に、より好意的だとも解釈できます。
 
  こういう経緯で、元々、サウディアラビア半島に起こった、ユダヤ教とは、一応別の宗教であるイスラム教が、エルサレルなどを聖地にするのは、根拠がないのですが、「教え」から言えば、エルサレムは、神アッラー=ヤハウェが、かつて、ユダヤ教で崇拝を受けた聖地であり、イスラム教固有の聖地であるメッカ、メディナに次ぎというか、同格ぐらいの重みで、教義上聖地となります。
 
  ただ、キリスト教にとっては、エルサレムもイスラエルもパレスティナも、キリストに関連する直接の聖なる場所などが至るところにあるに対し、イスラム教は、メッカが第一聖地で、パレスティナには、それほど聖地はありません。ただ、ヤハウェ=アッラーの神殿などがあったエルサレムは、特別な聖地となる訳で、預言者ムハンマドは、一夜にしてか、アラビアから天使の翼に乗って、エルサレムを訪れ、そこの「聖なる岩」から天に昇り、神との出会いの聖なる体験をしたなどという話があり、エルサレムの「岩の神殿」というのが、イスラム教にとって、固有の聖なる場所になっています。
 
  ユダヤ教にとって、イスラエル・パレスティナなど、あのあたり一帯は、「紫のカナーン」と呼び、神から与えられた「約束の土地」で、至る所聖地だらけなのです。キリスト教徒もその伝承を継承していて、かつ、キリストゆかりの多数の聖地や記念の場所があるので、エルサレム、イスラエル、パレスティナなどは、「聖地」になります。イスラム教にとっては、エルサレムは聖なる都ですが、「紫のカナーン」は、ヤハウェ=アッラーが、ユダヤ人に約束した土地であって、エルサレム以外の場所では、それほど拘りはないと云えます。
 
  パレスティナ問題は、元々ユダヤ人が、紫のカナーンへの侵略者であったこと。この地域は、必ずしもユダヤ人の独占地域ではなく、昔から、ユダヤ人と砂漠のベドウィンや海のペリシテや、その他多数の民族などが共有してきた土地で、第二次世界大戦後、イスラエルを建国し始めた時、そこにはすでに、「パレスティナ人」というイスラム教の人々と、ユダヤ教を信奉するユダヤ人が共存していたという事実があるのです。
 
  第二次世界大戦後の「イスラエル建国」において、ユダヤ人は、また侵略者として登場した訳で、原住民であるパレスティナ人が、迫害され、イスラエルに対し抵抗運動を行っているということです。このことは、エルサレムが、三つの宗教の「共通の聖地」という問題とは、また別の問題なのですが、イスラム教とユダヤ教は昔から仲が悪く、特に、イスラエルを建国した、西欧から来たユダヤ人は、イスラム教を認めない人々だったので、問題が複雑になったのです。
 
  話が少しずれましたが、イスラエルに三つの宗教の聖地があるというより、三宗教共通の聖地は、一応「エルサレム」です。ユダヤ人は、エルサレムにかつてあった、「神殿」の名残=嘆きの壁、神殿の壁を聖なる場所とし、キリスト教は、エルサレルムの神殿は無論、ゲッセマネ・ゴルゴタなど、キリストに関係する場所が記念の場所で、聖地になり、イスラム教にとっては、「岩の神殿」跡が聖地になるということになります。
 
  聖都エルサレムが、三つの宗教の共通の聖地になります。その理由と、どの程度の範囲かは、以上に述べた通りです。
  
    • good
    • 10
この回答へのお礼

細かい歴史的な部分まで回答していただき、大変有り難うございました。感動しました。勉強になりました。

お礼日時:2002/03/25 09:27

3つの宗教とは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つですね。

これらの宗教はこの順番で古いわけですが、実は、ユダヤ教の一派として、キリスト教ができ、また、キリスト教の近くから、イスラム教は発生しています。ですから、いずれの宗教にとっても、根本的には、ユダヤ教の聖地であるイスラエルは聖地となりえるわけです。ユダヤ教にとっては、ユダヤに神から約束された土地であるイスラエルであるわけですし。
とくにエルサレムという都市は、この3つの宗教の聖地であります。エルサレムという小さい町に、ユダヤ教の聖地、嘆きの壁(ユダヤの城の跡)、キリストがエルサレム入城したためのキリスト教の聖地、そして(理由忘れたが)イスラム教の聖地であり、たいへんこの宗教の地域が複雑にわかれています。
ようは、エルサレムという都市が、ユダヤ教の聖地であり、そこから派生したキリスト教、さらにイスラム教の重要な都市になっています。

日本で言えば、比叡山延暦寺というのが、もとは天台宗の聖地でありますが、そこから派生した、浄土宗や浄土真宗にとっても大切な聖地である、というのと、少しは似ているかもしれません。宗教的なスケールは大分違いますけれど。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2002/03/25 09:25

元は同じなんです。


ユダヤ教の派生がキリスト教で、その又、派生がイスラム教です。
(研究したので・・・。)
兄弟骨肉の争いです、異種の宗教を排除する精神が貫かれています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

それぞれの宗教の発生と関係があるわけですね。

お礼日時:2002/03/25 09:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危ない?って聞かれたのですが。

知り合いが、宗教だとおもうのですが、誘われているようです。その人も、何の宗教なのかそうでないのかは、言わないのでわかりません。
聞いた事
・有名人がいっぱいいる。
・お告げ?何回かその場所に通うと、未来を見てもらえる。
・ものの売り付けはない
・いく行かないは自由だけど、行かないと後悔する
・お告げ(違う言葉で言っているかもしれません)をする人は身分の高い人で、夫婦間の事も見える(透視?と私は思ったのですが違うかも)
時には離婚しなさいと言われる。
・会社に行けば7人に一人くらいはいる。

こんな誘いだったそうです。

私は聞く限り宗教かな?と思うのですが、こんなお話聞いた事がありますか?
宗教だとしたら、何の宗教でしょう。危ないですか?

補足は出来る限りでします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 真○苑かなと思いました。観音様のお話はありましたか?本部は東京にもあるようです。(立川市にも何かありました。)山梨にも河口湖のあたりに何かあったはずです。ある病院で看護婦さんに勧められたことがあるのですが、芸能人の名前がたくさん出ました。

参考URL:http://www.juen.ac.jp/shakai/kkasai/religion/NRCS/haga.html

Qイスラエル国家とパレスチナに対する疑問

私は第2次世界大戦後ユダヤ人のためにイスラエル国家をパレスチナに作ったとき疑問がいくつかありました。多少偏見もありますので、あくまで問としてお答えください。
1なぜパレスチナに選ばれたとき当時のアメリカやイギリスが迫害されたユダヤ人の引き受け先にならなかったのですか。もし、そこで、中東
にこだわらず自分が引受人になれば、多少解決できたと思います。
2なぜ、パレスチナに国境の壁をつくったのですか。ますます世界からきらわれると思います。
3ここまで戦争が長引くと双方とも厭戦にならないのですか。イスラエルもアラブどうしてここまで(双方の国民特に子供がかわいそうです。)
続けるのですか。
4聞くところによるとイスラエルでは徴兵のために、徴兵された精子バンクがあるのは本当でしょうか
戦争は見ていて、特に罪もない子供、女性が悲劇になるのはいやです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1. 今のイスラエルがある地域は、神が自分たちに与えた国だと聖書ではなっています。
ユダヤ戦争によりローマ帝国によって滅ぼされる前までは、そこに住んでいましたが、ローマ帝国によって滅ぼされてから、ユダヤ人は世界に離散することになりました。

しかし、神と民との契約の地で,契約は継続しているという認識で、ので、聖書にも 神は一度民を散らすが、再びシオンの地に神の民を集める と預言されていることになっています。(シオニズム 帰還運動)

だから他の土地では駄目なんです。

(しかし、神が言うシオンの地は本当にそこかのか? という疑問を持つ人はイスラエルに住むことにこだわらないようです。)



アメリカはディアスポラしたユダヤ人を受け入れましたが、ユダヤ人にとっての本当の家は、今のイスラエルであり、アメリカで成功したユダヤ人たちも政治的に圧力をかけ、外交によって無理やり? イギリスと協力してイスラエルという国を独立させた というのが 私の認識です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB


2.にしても結局は宗教的なもので、モーセの時代に神が自分の民に与えた土地となっています。

ユダヤ教、イスラム教はアブラハムを祖としており、どちらの民も元は家族。

アブラハムの第一婦人の子供がイスラエル人で、第二婦人の子供がアラブ人。

ユダヤ人は戦争により離散しましたが、その後 第二婦人のアラブ人がその土地に住むようになり、20世紀になってユダヤ人の帰還運動が大きくなった時、既にそこには第二婦人の子孫が住んでおり、世界にディアスポラしたユダヤ人たちが、聖書の預言通りに帰還したくても、他の民族(元は一緒)の土地になってしまっており、帰還が難しくなった。

そこに世界で大成功を収めたロスチャイルド家が登場。
http://tanakanews.com/f0622israel.htm


3.確かに悲惨ですが、紀元前から宗教により戦争は今にいたるまで続いています。
人間の死因で一番は宗教が原因と言われているように、宗教が関連すると、殺人も正当化されてしまう。(イラク戦争にしてもしかり)
宗教は倫理や法律が一切通用しない世界です。
だから 解決は人間では不可能なのです。
彼らが信じる神の命令がみんなの前に現れて、「戦争はやめ」といわない限り。

キリスト教ではイエスという人間を神だと主張しており、神が民の前に現れたという認識ですが、ユダヤ教 イスラム教では、イエスという人間はいたかもしれないが、あくまで人間であって神などではないという認識なので、ヤコブ(後のイスラエル)以降は一度も神は姿を見せていないことになっています。

神との謁見は確か年に一度の大贖罪の日に、大祭司が至聖所にて儀式で神を呼び出すというものだったと思います。
神殿がローマ帝国によって破壊しつくされたため、至聖所もなく大祭司も現在ユダヤ教にはいません。
神殿が建設されるのをなんとしても阻止せねばとがんばって妨害しているのがキリスト教。
それでいろいろやって、イスラエルを支持しながら、アラブ人に資金を提供して、神殿が絶対にできないようにやっている。



4. それは聞いたことがありません。
現在 ユダヤ人の定義は、母親がユダヤ人であった場合 ユダヤ人となるという規定だったと思うので、精子バンクはいらないのではないでしょうか?

1. 今のイスラエルがある地域は、神が自分たちに与えた国だと聖書ではなっています。
ユダヤ戦争によりローマ帝国によって滅ぼされる前までは、そこに住んでいましたが、ローマ帝国によって滅ぼされてから、ユダヤ人は世界に離散することになりました。

しかし、神と民との契約の地で,契約は継続しているという認識で、ので、聖書にも 神は一度民を散らすが、再びシオンの地に神の民を集める と預言されていることになっています。(シオニズム 帰還運動)

だから他の土地では駄目なんです。

(しか...続きを読む

Q東北地方太平洋沿岸で獲れた魚は危ない?

「東北地方太平洋沿岸で獲れた魚は危ない」と言う人がいます。
しかし、魚はアチコチ泳ぎまわるから、危ないというのなら世界中の魚が危ないのではないですか?

Aベストアンサー

間違いなく危ない。
絶対食べてはだめ。
安全と言ってるのは関係者か火消しの工作員だけ。

Qイスラエルの宗教とメソポタミア・エジプト・ギリシャの宗教の違いについて

イスラエルの宗教と、メソポタミア・エジプト・ギリシャの宗教の間にある一番際立った相違点は何か教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の宗教は時代によりかわりますが
それぞれの古代宗教について
1 イスラエル
  絶対神であり自然そのものが神である「ヤハウエ」のみを信仰し
  メソポタミアからきたアブラハムの子孫モーゼが十戒をヤハウエ   と結んだ物が「ユダヤ教」の原点であり現在でも信仰されている
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E6%95%99%E5%BE%92#.E3.83.A6.E3.83.80.E3.83.A4.E6.95.99.E3.81.AE.E6.88.90.E7.AB.8B
(参考映画)十戒 がユダヤ教の成立の大変参考になりますDVDも
      あるようですよ
   http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10639
2 エジプト
  太陽神に代表され時代にさまざまな神がいた
  http://www.m-matsu.com/egypt/study/gods.html
   
3 ギリシャ
  多神教
  http://www.gakken.co.jp/mu/library/wgods.html#wgg
  
4 メソポタミア
  多神教
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%9D%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%82%A2#.E3.83.A1.E3.82.BD.E3.83.9D.E3.82.BF.E3.83.9F.E3.82.A2.E3.81.AE.E7.A5.9E.E3.80.85

2~4の神は現在では信仰されとおらず、ユダヤ教から派生した
キリスト教 イスラム教が世界の趨勢になりました
  
  

ご質問の宗教は時代によりかわりますが
それぞれの古代宗教について
1 イスラエル
  絶対神であり自然そのものが神である「ヤハウエ」のみを信仰し
  メソポタミアからきたアブラハムの子孫モーゼが十戒をヤハウエ   と結んだ物が「ユダヤ教」の原点であり現在でも信仰されている
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E6%95%99%E5%BE%92#.E3.83.A6.E3.83.80.E3.83.A4.E6.95.99.E3.81.AE.E6.88.90.E7.AB.8B
(参考映画)十戒 がユダヤ教の成立の大変参考になりますDVDも...続きを読む

Qこんな本があるのですが、パンは危ないのでしょうか?どうして危ないのか、大丈夫なのか教えて致けないでし

こんな本があるのですが、パンは危ないのでしょうか?どうして危ないのか、大丈夫なのか教えて致けないでしょうか?

Aベストアンサー

ある食べ物が身体にいいという話はよく聞きますが、アメリカの調査結果によれば、
パンは危険な食べ物だということがわかりました。
パン食が増えている日本も他人事ではありません!

その驚愕の事実をご紹介します。

1)犯罪者の98%はパンを食べている

2)パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である

3)暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている

4)パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、
 2日もしないうちにパンを異常にほしがる

5)新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる

6)18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった

7)パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない

Qパレスチナとイスラエルについて

最近中東の勉強をしているんですが、
パレスチナの問題についてよくわからないので今なにが起こっているか教えていただきたいです。

パレスチナとイスラエルが対立している理由はおおざっぱにわかりました。
(もともとイスラム教徒がパレスチナに住んでたのにユダヤ人がやってきてイスラエルという国を作ってしまった。さらに第二次世界大戦でイギリスが矛盾する約束を両国にしてしまった。)

知りたいのは最近何が起きているのかです。
具体的には以下の人物や国などがどんな関係にあるのかを教えていただきたいです。
ニュースを読んで理解できるようになりたいので。

ハマス
アッバス議長
ファタハ
ガザ地区
アラファト議長

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アラファト議長は、以前PLO(パレスチナ解放機構)の議長で、イスラエルへの抗争の最前線の指導者でしたが、イスラエルとの和解後、パレスチナ暫定自治政府の代表となりました。
PLOのカリスマ指導者でしたが、自分自身は貧しいパレスチナの人々の生活とは別の、豪華な生活を行ったため、次第に人心が離れてゆきました。
そのため、パレスチナ人によるイスラエルへの攻撃を阻止できず、イスラエル側の支持も失います。
2004年11月病死します。

ファタハは、アラファト議長が率いたPLOの中心勢力です。

アッバス議長は、アラファト議長の後継者です。

ガザ地区は、パレスチナ南西部のガザ市を中心とした地区で、イスラエル建国時にはエジプト領となり、その後イスラエルによる占領を経て、現在パレスチナ暫定政府の飛び地となっています。

ハマスは、母体をムスリム同胞団に持つイスラム教徒の相互支援組織が元となっていました。
イスラエルにより家を壊された人、家族を失った人、負傷した人などを支援する組織でした。
ファタハが対イスラエル抗争を受け持ち、ハマスが住民支援を行いましたが、ファタハがイスラエルと和解したため、イスラエルに不満を持つ人々が、ハマスを中心に結集するようになり、対イスラエル抗争の中心勢力となります。
ファタハ幹部のパレスチナ人を無視した生活などにより、ハマスの人気がパレスチナ人の中に高まり、前回の選挙で圧倒的勝利を手にし、パレスチナ暫定政府の首相を送り出すまでになりました。

アラファト議長は、以前PLO(パレスチナ解放機構)の議長で、イスラエルへの抗争の最前線の指導者でしたが、イスラエルとの和解後、パレスチナ暫定自治政府の代表となりました。
PLOのカリスマ指導者でしたが、自分自身は貧しいパレスチナの人々の生活とは別の、豪華な生活を行ったため、次第に人心が離れてゆきました。
そのため、パレスチナ人によるイスラエルへの攻撃を阻止できず、イスラエル側の支持も失います。
2004年11月病死します。

ファタハは、アラファト議長が率いたPLOの中心...続きを読む

Q原付と自動二輪はどっちが危ない

世間では自動二輪は危ないって言いますよね。
原付も危ないけど自動二輪ほど言われないと思います。

でも自分が実際、原付で走ってみて危険を感じることが一杯です。
自分の右横すぐを車やトラックが通るしねキープレフトしたら道路に段差や砂利、ゴミはあるし、スピード出したらこけそうだし。

法令を守っての走行として原付と自動二輪はどっちが危ないと思いますか?

Aベストアンサー

原付の方が危ないです。
原付は加速力も無く、スピードも出ないので回りの車と速度差があり危険。

二輪車は他の車と一緒のスピードで走れるので安全です。

二輪車の方が確かにスピードは出ますが、ブレーキも原付よりもいいものが付いていますし
何より二輪車を動かすのは人間。
その気になれば原付のペースで走ることも出来ます。
車体も大きいので原付よりは目立ちますからね。

後はライダーの問題・・・。
原付に乗っている大半の人が二輪車の免許を取らずに
原付免許or普通自動車免許で乗っています。
二輪車の免許を取る場合は、教習所でそれなりの練習はさせられるので
危険予測、緊急回避等、二輪持ちで無い原付乗りより有利です。

Qイスラエル?パレスチナ?国としてはどちらが正しいの?

地図を見てますが、いまいち意味が分かりません。パレスチナという国なの?イスラエルという国なの?
どちらが本当ですか?

Aベストアンサー

ANO7です。
確認の意味もこめて補足を。

>先進国で認められてるのは「ユダヤ人のためのイスラエル」という国なんですね?
>その国の中にアラブ人が住むパレスチナという地区があるのですね?

「現在ある国名・自治政府名」を言うのであれば、大体その認識であっています。
言ってみれば、中国における新疆ウイグル自治区や内モンゴル自治区なんかと似たような感じです。
正し、「地域名」として使うなら、イスラエルとパレスチナはほぼ同じ地域を指します。
まぁ、ユダヤ・キリスト教からみたらイスラエル、アラブ・イスラム教側から見ればパレスチナとなります。
ただ、新聞やテレビでこの名称が使われた場合、ほぼ「現在ある国名・自治政府名」で使われますね。

>自治区というのはどういうのを言うんですか?「まあ、住んでもいいですよ。仕方ないから・・とりあえず・・・」みたいな区のことですか?

そうですね、大体そんな感じです。色々な形態があるので、いちがいに一般化は出来ませんが。
取り合えず、国家としての独立は許さないけど、ある程度自治(自分たちのことを自分たちで決める。自主的に地域内の行政や事務を行うこと)が認められている地区の事ですね。
多くは「民族自決」の権利を求めたりと、民族的な対立を押さえるために中央政府が認めることが多いです。

>2)イスラエルという国名はもともと大昔からあるんですか?

そうですね。取り合えず、「あった」という事になっています。
ただ、もともとイスラエル人が住んでいたところにアラブ人が入ってきたのか、アラブ人が住んでいたところにイスラエル人が入ってきたのかは、歴史学の謎ではあります。
ただ、イスラエル人の征服行みたいな感じの話も、旧約聖書に出てきますので、先住民がいたのでしょうね。
とはいえ、その「先住民子孫=今のパレスチナ人」でもなければ「当時のイスラエル人の子孫=今のイスラエル人」という単純なモノでもありません。
3000年という歴史の中、非常に複雑な動きをしているのでなかなか「歴史的事実」から「この土地は○○人の物」と言うことは出来ません。
だから、揉めているのですが、、、。

>その為 流浪の民 ユダヤ人は国を持てずにいたので、アメリカ?イギリス?が第二次世界大戦後に 「ユダヤ人は かわいそうだから、きちんと国を作ってあげよう」という配慮のもと、イスラエルという国を「ユダヤ人の国」として認めてあげたんですね?

まぁ、米国や英国がバックアップしているのは確かなのですが、「かわいそうだから」という「人道的配慮」からでは無いです。

第一次世界大戦の頃にイスラエル地域(パレスチナ地域はイスラエルの別名で、古代ローマ人が付けた名称で、同じ地域を指します。現在はアラブ側から見た名称となります。((地域名の場合)))を支配していたのは、オスマン帝国でした。
しかし、近代化に乗り遅れ弱体化していました。
この期にイエルサレムを始め、中東に多くの利権を獲得しようと画策した英国は二枚舌外交を展開します。
これは、簡単に言えばオスマン帝国内の不満分子には「オスマン帝国との戦いに協力したらアラブ国家を作っても良いよ」と言い、ユダヤ人には「資金援助してくれたら、イスラエル建国を認めるよ」と約束したんです。
でも、戦後にその約束は守られずイスラエル(パレスチナ)は英国の直轄統治、つまり殖民地になりました。
しかし、その後もユダヤ人の移民は規制されることもなく増えていきました。
多くのユダヤ人も、約束が守られることを信じて移住し続けました。
結果、(オスマン帝国下で暮らしていた)現地人であるアラブ人と衝突を繰り返すようになります。
第二次世界大戦後には、英国一国では解決出来ず国連に丸投げしますが、その国連の和平案にイスラエル・パレスチナどっちも納得できず、中東戦争に突入します。
で、戦闘自体はなんとか収まっているモノの現在も根深い対立が続いています。

>それまで住んでいたアラブ人=イスラム教徒?が行く場所がなくなってしまい、今のパレスチナという避難場所??自治区?が出来たという事でいいでしょうか?

そうですね。なんとか自治区を作る事は認めさせましたが、それでも壁を作ったり勝手に入植しちゃったりと、米国や英国が目をつぶってるのを良いことに好き放題やってる感がありますね。

ANO7です。
確認の意味もこめて補足を。

>先進国で認められてるのは「ユダヤ人のためのイスラエル」という国なんですね?
>その国の中にアラブ人が住むパレスチナという地区があるのですね?

「現在ある国名・自治政府名」を言うのであれば、大体その認識であっています。
言ってみれば、中国における新疆ウイグル自治区や内モンゴル自治区なんかと似たような感じです。
正し、「地域名」として使うなら、イスラエルとパレスチナはほぼ同じ地域を指します。
まぁ、ユダヤ・キリスト教からみたらイス...続きを読む

Q一人カラオケは危ない?

一人カラオケは危ない!と親が言うのですが、やはり危ないでしょうか。危険な目にあった方っていらっしゃいますか?
時間帯は昼間。真っ昼間です。あ、やっぱり平日の昼より休日の昼の方が安全ですか?

友達と行くより不安なのは分かるんですがヒトカラしてみたくなったので、、、
皆様のご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

最近まで某カラオケ店でバイトしてましたが1人で来る人結構いましたよ!危ない目にあったと言う話も聞いた事ありません。思いっきりヒトカラ楽しんできてください!

Qイスラエルとパレスチナの紛争に代表されるように中東の人は2000も前から争いを続けているの?

「イスラエルとパレスチナの紛争に代表されるように中東の人は2000も前から争いを続けているの?」 

教えてください。

Aベストアンサー

そんなことはありません
第二次大戦後のことです
ただし、中東は文明が生まれたとこですから
同じ所で次々に新しい宗教が生まれまして
その間の争いは、多数有ります

それと今の争いを勘違いされている人が
多いですね
ユダヤ教とキリスト教とイスラム教は同じような
宗教です その為に争いは激しいです
日本人から見たら、名前が違うだけで同じに見えます


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報