「やまもとこういち」さん著の「にじのかなたに」という
本をインターネット上で買いたいのですが、「にじのかなたに」という
題名もあやふやですし、「やまもとこういち」という著者の名前も
あやふやで検索のしようがありません。
でもたしかこのような名前&題名だったと思います。
どなたか詳しい方教えてください。

A 回答 (1件)

 


  「虹 彼方」のキーワードに対応する日本の著者の本は次のようになります:
 
  >「虹の彼方へ―山下要次郎回顧写真集」
  >山下 要次郎 (その他) 大型本 (2001/01/01) 遊人工房
  >価格: ¥7,000
 
  >「虹の彼方へ―隼人よ永遠に」文芸者ヒューマン選書
  >小柳 寿美子 (著) 単行本 (2000/10/01) 文芸社
  >価格: ¥1,100
  
  >「虹の彼方へ」
  >藤本 敏文 (著) 単行本 (1999/10/01) 新風舎
  >価格: ¥1,600
  
  >「虹の行方―長森光代歌集」現代女流短歌全集〈43〉
  >長森 光代 (著) 単行本 (1998/07/01) 短歌新聞社
  >価格: ¥1,714
  
  >「虹の彼方に」BREAK OUT SERIES〈3〉
  >榊原 史保美 (著) 新書 (1997/11/01) 勁文社
  >価格: ¥800
  
  >「虹の彼方につづく道」集英社文庫―コバルト・シリーズ
  >小林 弘利 (著) 文庫 (1987/08/01) 集英社
  >価格: ¥400
  
  >「虹の彼方に(オーヴァー・ザ・レインボウ)」
  >高橋 源一郎 (著) 単行本 (1984/01/01) 中央公論社
  >価格: ¥950
  
  >「虹のかなたに―続七曜メルヘン」
  >岑 清光 (著)
  >価格: ¥1,165
  
  「虹 山本」だと五件ほど本があります。
  以上のリストに該当がない場合、もう少し検索用の情報を追加してください。
  なお、これは参考URLの Amazon.co.jp のデータで、いまは品切れの本も入っています。
  
  なお、「山本こういち」は五人ぐらいいます。本の分野で或る程度分かります。例えば:
 
  >「宇宙船 天空に満つる日―「宇宙からの黙示録」完結編」
  >渡辺 大起 (著), 山本 耕一 (著) 単行本 (1993/05/01) 徳間書店
  >価格: ¥1,600
  
  これはSFではないかと思いますが、何となく「虹 彼方」に似ています。
  以下のような本もあります。分野が分かるともっと絞れます。
  
  >「虹のアーチ―田淵幸一物語」
  >山本 勇 (著) 単行本 (1983/01/01) 恒文社
  >価格: ¥780
  
  >「山幸風雲録―いま、沈黙を破る」
  >山本 幸一 (著) 単行本 (1983/01/01) 日本評論社
  >価格: ¥1,600
  

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロシア文学で題名と著者が思い出せず苦しんでいます。どなたかご存知の方が

ロシア文学で題名と著者が思い出せず苦しんでいます。どなたかご存知の方がいたら教えてください。
なんらかの紛争や戦争で脱走したか、とり残されたかした一人の青年兵士が森(?)のなかで、息絶えてゆいくまでの24時間だか72時間だかを描いた作品で、登場人物は青年兵士一人です。
兵士は負傷しているために、動きが取れない状態だったかと思います。
近くに、敵あるいは味方の兵士の死体があったかと思います。
途中でそう遠くない近くを誰か人声がして通りかかり、たぶんその兵士は大声をあげたかしたんじゃないかと思いますが、声は聞こえませんでした。
この著者はあまりメジャーではなかったような感じで、残した作品も少なかったように思います。
長い小説ではなく、短編です。私は、思い出せませんがどこかの出版社のロシア文学集というもので読んだ記憶があります。
もう一度読みたいのです。どなたかご存知の方がいたら、どうか教えてください。

Aベストアンサー

ガルシンの「四日間」ではないでしょうか。
露土戦争で足を負傷し動けなくなった兵士が、自分の殺した敵兵の死体と共に
薮の中で過ごす短編です。

ガルシンは19世紀中期の作家ですが、33歳で亡くなったため、
全集が1冊で間に合ってしまうほど作品数は少なく、メジャーではないかもしれません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/onibi/4days.html

Q本の題名・著者を教えてください

昔どこかの国語の入試の過去問題か問題集か何かでみた記憶があるんですが、本からの出題だったと思います。題名・著者名を知っている方がいたら教えていただきたいです。

内容は、手の奇形か何かで指のない娘(?)が生まれた話で、そのお父さんが書いたものだったと思います。娘が大きくなって指のことを聞かれたら、「子どもが生まれるときに神様が頑張ってねって順番に握手するんだけど、神様はあなたのことがお気に入りだったから、他の子より強く長く握手しちゃったんだよ。」と言おうと思う。とかいう感じの文だった気がします。何年も前に読んだものなので、記憶があいまいなんですが、ご存知の方がいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

男性の著者ですか?
野辺 明子さんの「さっちゃんの魔法の手」
か、「魔法の手の子供たち(先天異常)を生きる」
ならあるんですけど・・・・

Q中央公論新社C★NOVELS「これは王国のかぎ」(荻原規子著)新装版について

6/25に「樹上のゆりかご」のノベルズ版が中央公論新社C★NOVELSから発売されましたが、
「これは王国のかぎ」のノベルズ版の新装版(挿絵が漫画絵)はそれと同時発売ではなかったのでしょうか?
「樹上のゆりかご」ノベルズにはさまれていた折り込みチラシに「樹上のゆりかご」と「これは王国のかぎ」のプチ特集みたいなのがあって、それには「これは王国のかぎ」の新装版で登場です」と、いかにも同時発売するかのように書かれていたのですが・・・

大阪で知っている書店すべて探しましたが、どの店にもありませんでした(樹上はたくさんありましたが)

確かにC★NOVELSの6月の新刊案内には「これは王国のかぎ新装版」はありませんでしたが、さきほど述べた折り込みチラシにも具体的な発売日は書かれていませんでしたし、中央公論新社に直接尋ねてみようかと思いましたが連絡メールアドレスがサイトになかったのでできませんでした・・・
また、折り込みチラシの「7月の刊行予定」にもありませんでした。

新装版で発売、というのは「新刊」には該当していないのでしょうか・・・?
既に発売しているのでしょうか?
(もし新刊で発売していたら、よく行く書店にずらっと並ぶはずなのです)

このへんをはっきり知りたいです。

どなたか「これは王国のかぎ新装版」を書店でお見かけになった方、またはお求めになった方、情報をご存じの方がいらっしゃいましたら、よかったらお教えくださると嬉しいです。

6/25に「樹上のゆりかご」のノベルズ版が中央公論新社C★NOVELSから発売されましたが、
「これは王国のかぎ」のノベルズ版の新装版(挿絵が漫画絵)はそれと同時発売ではなかったのでしょうか?
「樹上のゆりかご」ノベルズにはさまれていた折り込みチラシに「樹上のゆりかご」と「これは王国のかぎ」のプチ特集みたいなのがあって、それには「これは王国のかぎ」の新装版で登場です」と、いかにも同時発売するかのように書かれていたのですが・・・

大阪で知っている書店すべて探しましたが、どの店にもありま...続きを読む

Aベストアンサー

今日本屋へ出かけた時に思い出したので、調べてみました。「樹上のゆりかご」はたくさん平積みされていましたが、「これは王国のかぎ」は一冊も見かけませんでした。別の一軒も同様でした。

たしかに中に挟んであるチラシにはお書きになっている通りのことが書いてあり、いかにも同時か近々に刊行されるかという風に受け取れます。そのへんのことが明記されていないのはいささか不親切ですね。
ネットで検索して出てくる「これは王国のかぎ」は明らかに表紙絵が違いますので、これらは旧装版ですね。

たしかに問い合わせのアドレスはありませんが、下記ページに販売部やC★NOVELS編集部のアドレスがありますので、どちらかに直接メールで問い合わせてみたら如何でしょう。

参考URL:http://www.chuko.co.jp/info/

Q伊藤ひろみ(?)著「家庭の医学」(?)という本を探しています。

詩人の伊藤ひろみ(間違っていたらごめんなさい)が旦那さん(だった)人と書いた「家庭の医学」(これも違っているかも)が読みたいのです。確か、ちくま書房から出でいたと記憶していたのですが、よくわからないのです。どなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

 こんにちは。
 確かに字を覚えていないと検索もなかなか大変です。伊藤比呂美さんですね。

>家庭の医学 西成彦 筑摩書房 1,359円 B6 95/03  
>グリムやカフカ、山椒太夫や桃太郎を読み解けば、家族の新しい
>可能性が見えてくる。童話論、家族論、育児エッセイ、それとも詩。
>家庭の悩みを吹きとばす本。
という解説がついています。在庫はまだ有ります。

参考URL:https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html

Q「タイトル」「著者」ともにわかりません・・・

とても無理難題な質問だと思いますが・・・

先日本屋で文庫本を買おうと色々見ていたのですが
あらすじだけ読んで「後でまた見よう・・・」と思ったまま
別の本を見て回っていたんです。
で、一通り一周し終えると、すっかり誰の何という本か
忘れてしまっていて。。。(-_-;)

憶えているあらすじは
「僕の働いているコンビニでよくm&mを万引きしていく女性がいて、その人を勝手にM子さんと呼んでいて・・・」
みたいな感じでした。。

こんなヒントですが、わかる方がいらしたらお答えお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。

これでは?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043743017/249-6064071-2826727


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報