実は、少々空手をかじっていまして、練習しても後ろ回し蹴りがうまくできなくて又、左手の突き、蹴りに力が入らなくて困っています。後ろ回しがうまくできる方法、左手でも力が入る練習法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

後ろ回し蹴りに関しては、かなり研究を重ねたので、僭越ながら自分の理論を述べさせていただきます。



(右足で蹴る場合)組み手立ちになったら、まず首をひねり後方に顔を向ける。(この状態からの方がやりやすい)、このとき軸足をややシフトし回転しやすくする。続いて両肘を右斜めに振りながら上半身をおもいきりひねる。(両肘を水平でなく、斜めに振るのは蹴り足を高くあげるため)、目標物が視界に入ると同時に体のひねりを解き、半円の軌跡を描くように蹴りこみ、インパクトの瞬間にかかとで相手の頭を引っ掛けるように膝を折る。

蹴りとしてはここまでで、後は体勢を立て直し、元の組み手立ちに戻るだけ。

重要なのは蹴りが終わるまで自分の尻を相手に向けたままでいること。
(開脚、逆正座)で柔軟性を養えば、うまく蹴れるようになります。
    • good
    • 0

後ろ蹴り、後ろ回し、バックヒジ、回転鉄槌などなど、やっぱり


回転系の技は見た目もカッコいいし(^^;) 相手の意表をついて
だせれば、けっこう上手くはいるし、回転するまでのモーションが
同じだから、上段・中段に蹴り分けたりと、使えれば楽しい技だと
思います。

後ろ回し蹴りの回り方については、他の方が説明なさっているので
私は、軸足の重心の位置について書かせていただきます。

reo3gouさんは回転しているとき、軸足のどの部分を床につけて
回転していますか?
軸足を中心にスムーズに回転する=蹴り足に上手く力をのせる、
ためには、親指のつけねの部分に体重を乗せて回転する必要が
あります。これは、普通の回し蹴りを蹴るときと共通です。

後ろ蹴りの場合、蹴り足が伸びる瞬間に親指のつけねに体重が
のってもある程度上手く蹴れますが、後ろ回し蹴りの場合、
回転しはじめる段階から親指のつけねに体重がのっている必要が
あります。


reo3gouさんが回転してみて、軸足の外側(足刀)の部分に
体重がかかっていたり、かかとを軸にして回転していた場合、
体重の軸がぶれるため、うまく回転できません。

また、インパクトの瞬間に体重が軸足側にかかってしまうため、
蹴りの威力はほとんどなくなってしまいます。

ただ、親指のつけねに体重を乗せて回転することは、かなり
難しいです(足の裏の皮膚が硬くなっていなければ、すぐに
マメが出来るし、回転のバランスを保つのも難しい)。下でMohicanさん
がおっしゃっているように繰り返し練習することでしか
威力のある後ろ回し蹴りを体得する方法はないとおもいます。

1人で蹴れるようになるまで練習した後、今度は組み手のタイミングで
相手との間合いを計って自由に出せるようになれば、ほんとうに
すばらしいとおもいます。

参考にしていただければうれしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕は、回転するときそくとうの方に体重をかけてやっていました。今度からは、親指の付け根に体重をかけて回転する様にします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 22:40

こんにちは。

後ろ回しのみに対し回答させていただきます。
後ろ回し蹴りは柔軟性(開脚180度など)の欠如や、筋力の不足が原因でできないということないと思います。後ろ回しにも数種類蹴り方があります。状態をほとんど倒さずに相手を蹴る後ろ回し(速度重視の威力はイマイチ)の場合は、多少の柔軟性が要求されますが開脚が180度いかないと無理などという程ではありません。空手をやっていて、少しでも柔軟運動等をなさっているならできると思います。

後ろ回しができないのは平衡感覚が悪いからということもまずないと思います。(何かしらの障害を持ち一般人と比較して非常に平衡感覚が悪いのなら別ですが。)初めから自転車に乗れないように、後ろ回しにも練習が必要です。そして誰でも自転車に乗れるように、後ろ回しも練習すれば誰にでもできます。

筋力も平衡感覚同様、平均的なものがあれば問題ありません。なぜなら後ろ回しは(先ほどの速度重視の後ろ回しを除く)自分の体重を利用して蹴るからです。

解決策は”練習”しかありませんが、コツはインパクトの瞬間の体重移動にあります。
右利きである過程して説明をします。相手は正面12の方向にいるとします。(時計回りに回転)
右足に体重をかけます。
左足に体重をかけながら回転を始めます。

左足に体重がかかり始めたら左つま先を3時の方向に向け、回転を続けます。この時左右の手と左足をを使い上半身を鋭く回転させてください。

上半身が4時~5時の方向まで回転する頃には、左足に90%近くの体重がかかります。この時点でまだ上半身は地面に対しほぼ垂直で倒れていません。

上半身が6時半~7時の方向を向くと同時に、前にかがみこむように素早く状態を倒してください。

かがむと同時に腰から突き出すように右足を地面から離し、インパクトの瞬間上体と右足が丁度一直線になるようにしてください。この一直線が一番のポイントです。ちょうどカタカナの「イ」のような形になります。これが正しい蹴り方とはいいませんが、これを習得することがカギだと思います。

経験から言って右足はインパクトの直前まで伸ばし切らないほうが破壊力はあると思います。回転する力に足を伸ばす力も加わるからです。以上やってみてください。200回転くらいすればほぼできるようになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。やっぱり一番の近道は練習かな?とおもいました。mohikanさんに言われたことを注意して練習して見ます。

お礼日時:2002/03/31 22:14

僕が昔空手を習っていたときは


片足を垂直にあげて
片足スクワットをやっていました。
かなりきついですが
バランスと筋力両方鍛えられます。
あとはやっぱりカラダを柔らかくすることでしょうね。

突きの力は道場で教えてくれているとおり、
「体重を拳に乗せる」「インパクトの瞬間拳をねじり混み、強く握りしめる」「握力を強化する」などありますが
パンチ力は天性のものもありますのでもし右手の突きに自身があるのでした
「右手の突きをうまく決めるための左手の使い方」を考えるのも一つの手だと思います。
がんばって下さい。
押忍!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

片足スクワット実行してみます。左手を上手に使える用にがんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 20:42

(1)後ろ回し蹴りについて



 私も苦手です。いくつかの部分の柔軟さの不足と、いくつかの部分の筋力不足、そして、平衡感覚の悪さなどが原因かと想像していますが、自分でも克服できません。

(2)突きについて

 下半身、腹筋、背筋、肩周辺の筋肉を鍛えて、全身で突くトレーニングが必要です。実際にサンドバッグやミットを突く方がいいでしょう。


(3)蹴りについて

 「突き」に関して書いたことがだいたい当てはまりますが、ちょっとしたコツはあります。

 右足が前、左足が後ろの構えからの回し蹴りの場合ですが、蹴る直前の軸足(右)の微妙な移動です。

 左回し蹴りの態勢に入ったとき、右足の先とカカトを結ぶ線が、相手(目標)に対してまっすぐのままでは、左足で強い蹴りはできません。

 左で蹴りに行く瞬間、右軸足のツマサキを中心に、右軸足のカカトを30度から45度くらい、時計周りに床の上で回転します。

 ほんのわずかのポイントですが、この軸足の回転によって、身体全体のスピンが容易になり、左回し蹴りのパワーが増します。

 右軸足が(↑)の方向のままでは、回し蹴りの邪魔になるんですよ。

 えっ・・・よく分からない? 分からなかったら、この文をプリントして上級者に読ませて教えてもらって下さい。

 えっ・・・こんなことは、とうの昔から知っているって? それなら、あとは、サンドバッグを蹴るのみですね。

 まあ、けがに気をつけてガンバッテください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下半身、腹筋、背筋、型まわりの筋肉を重心に筋肉トレ-ニングして見ます。後ろ回しの軸足の角度に今度挑戦してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q<身長&体重>身長が165体重が54でこの頃太り気味です。友達に体重が重いと身長が伸びない

<身長&体重>
身長が165
体重が54
でこの頃太り気味です。

友達に体重が重いと身長が伸びないんじゃねと言われました。
身長に体重は関係してくるのでしょうか?

Aベストアンサー

続)操作ミス!遺伝によって兄弟でも身長差がある。運動して背が伸びればいいけれどしなくても伸びる人がいる。牛乳を多く飲み縄跳びすれば、足腰強くなり、鉄棒にぶらさがれば伸びるかも、腹八部で規則正しい生活をすることを忘れないこと。食べ物、食べ方、食べる量に気を付けて生活すればいいのではないか?

Q回し蹴りとヒザ蹴りの練習について。

みなさん、こんにちは。
一人で回し蹴り・ヒザ蹴りの練習をするときの注意点について、
お聞きしたいです。
一つ目の質問はこのサイトにもアドバイスとしてのっていた、
【右の回し蹴りの練習は壁などに左手をついて、右手で右足のヒザ裏を抱え込んで、グッと引き付ける】
についてです。
自分のひざを『どの方向に』引き付けるのですか?
自分の顔側、自分の胸側、もしくは仮想の敵側でしょうか?
また、そのとき軸足もグググッとカカトを前面に回転させるのでしょうか?
それとも軸足は回転させないのでしょうか?

二つ目の質問は
【一人でヒザ蹴りの練習】です。
これは、、、どうすればよいか分からなかったので、
自分で勝手に【サンドバッグに抱きついて、ヒザ蹴りをする】
で練習をしています。

僕の格闘経験は【柔道三年】+【ボクシング半年】です。
どちらも自分で『経験者』というのが恥ずかしいぐらい弱かったです。
今は一人で練習しています。
お忙しいところすみませんが、
アドバイスをいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

>自分のひざを『どの方向に』引き付けるのですか?

右足で回し蹴りをする場合は、右膝を右胸よりも外側の右脇のほうに引き寄せます。
軸足は前面に回転させて、足を横から回すようにして地面と水平に又は上から叩き落すようにサンドバックを蹴り込みます。
体に柔軟性がないと難しいので、体操選手並みに柔軟になる必要があります。

膝蹴りは、上半身を少し後ろに反らせて腰を少し前に出して、膝を突き上げるようにして出しながら同時にサンドバックを手前に引いて膝蹴りを入れます。

ケンカに勝ちたいのでしたらスネを鍛えるほうが良いです。
サンドバックを毎日、何百回何千回も蹴るとスネが鍛えられます。
あとはビール瓶にタオルを巻いてスネを叩いていると、だんだんとスネで蹴っても痛くなくなってきます。

Q身長の差と体重の差について。

身長160cm 体重55kg
身長154cm 体重42kg

身長は6cmちがうのに体重が
13kg違うのは普通ですか? 


両方女です。

Aベストアンサー

身長160cm 体重55kg   普通ですね。
身長154cm 体重42kg  軽すぎです これ以上減らしたら骨ですね 

あんまり体重減らすと免疫なくなって 病気にかかりやすくなります
気を付けたほうがいいですよ

Q後ろ回し蹴りや胴回し回転蹴り中、カウンターは可能か

カウンター側の選手の瞬発力が良いとして、ルール的に可能ですか?

背中に前蹴りや膝を当てる形になるかと思いますが…

Aベストアンサー

考え的には可能ですけど現実離れしてるとは思いますね。

双方の技は頻繁に飛んでこない物ですからタイミングを取るはかなり難しいですし、カウンター取れなかったら蹴りが入るので一本負けでしょう。

そもそも「後ろ回し蹴り」って動作が大きく感じるでしょうが「普通の回し蹴りと同じスピード」で飛んできます。しかも基本「死角に入ってからの蹴り」ですからそれにカウンターを合わせるということで非常に高いレベルを求められます。
格闘技を知ってる人なら、当たり前ですが後ろ回しにタイミング合わすくらいなら、その前の死角を作る動作(突きや蹴り等)にカウンターを合わせるでしょうね。そちらの方が遥かにリスクが低いですからね。

胴回し回転蹴り。コレを使う場合は、普通は相手の動きを止めてから使います。遠い間合いから飛び込むなどもありますが、当たり前ですが飛んでくる物を叩き落すより、避けてから叩いた方が安全です。

一応ですが、試合で素手顔面攻撃を禁止してるというルールがあるからこういう技があるわけですね。

因みにですが、実戦で後ろ回し蹴りを使うと・・・普通に叩くより遥かに簡単に相手をOKできます。前からの攻撃は誰でも大体対処出来ますが、後ろ回しのように、一般的ではない攻撃は、普段は来ない所から攻撃が飛んでくるので、練習で慣れていないと対処出来ず、上手く交わす事すら出来ないからです。簡単いいますと不意打ちのように当ります。

考え的には可能ですけど現実離れしてるとは思いますね。

双方の技は頻繁に飛んでこない物ですからタイミングを取るはかなり難しいですし、カウンター取れなかったら蹴りが入るので一本負けでしょう。

そもそも「後ろ回し蹴り」って動作が大きく感じるでしょうが「普通の回し蹴りと同じスピード」で飛んできます。しかも基本「死角に入ってからの蹴り」ですからそれにカウンターを合わせるということで非常に高いレベルを求められます。
格闘技を知ってる人なら、当たり前ですが後ろ回しにタイミング合わすくらい...続きを読む

Qエクセルで標準身長・体重の求め方

はじめまして。
福祉施設で働いており、データの管理をしています。
児童の身長から標準体重を計算で出したいのですが、お知恵を拝借できますでしょうか?

1)まず、身長に応じた標準体重をデータ化しました。
2)次に、身測データの身長・体重をデータ化しました。
3)身測データの身長から(1)でデータ化した標準体重を表示させたいのです。

問題は、身測結果の身長が必ずしも(1)の身長と一致しないことです。
例えば、100cmに対して○○kgという(1)のデータに対して身測の身長が99.8cm等々・・・。
(1)のデータ内から最も近い数字を探してあてはめてくれるような関数などありましたらご教授下さい。

わかりにくい文章で大変申し訳ありませんが、ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。VLOOKUP関数を使うといいと思いますよ。
標準体重を表示させたいセルに次のよう関数を入れてみてください。
=VLOOKUP(身測データの身長が入力されているセル,身長に応じた標準体重の範囲,身長に応じた標準体重の範囲の中で、範囲内で標準体重のデータが入力されている列を、左端からの列数で指定,true)
最後のtrueがポイントで、ここをtrueに指定しておくと、ちょうど一致する数値がなかった場合、検索値未満で最も大きい値を参照して値を返します。
例)A1からB20まで標準体重のテーブル(A列に身長、B列に身長に応じた標準体重を入力)、D列に身測データの身長が入力されていた場合。

=VLOOKUP(D1,$A$1:$B$20,2,TRUE)

ちょっと分かりにくい説明で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

Qとび後ろ回し蹴り

がうまくできません。最終的には、相手の回し蹴りや中段づきに対するカウンターに使えるレベルまで持った生きたいのですが・・。効果的な練習法などありましたら御教授願えませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kokichiさんが打撃系の格闘技の経験者だという前提で話をします。後ろ回し蹴りだけならできるんですよね?まずは「(1)真上に跳びながら回る動き」と「(2)後ろ回し蹴りの動き」に分解してトレーニングするところから始めてみてください。ラジオ体操で上に跳ぶ動きがありますよね?あれをやりながら、直立したまま空中で後ろ蹴りをする回転方向に、360度回れるようにしてみてください。それができるようになったら、空中で後ろ回し蹴りを入れてください。(1)と(2)の二つがスムーズにつながるようになれば技は完成ですが、ポイントとしては、跳びながら腰を回転させたときにタイミングよく蹴り足を出すことです。蹴った瞬間は、お辞儀をしたように体を前に曲げないように注意してください。むしろ背中をそらせるようにすると、蹴った瞬間に軸足から上半身が比較的まっすぐになり、見た目もきれいだと思います。あと最後に、跳ぶ練習のときは360度と言いましたが、実際蹴るときの「跳んでから着地するまで」の回転は180度でいいですからね。残り180度回転する力は、相手に蹴りを入れてからの「フォロースルー」だと思ってください。映像で確認する方法としては、レンタルビデオ屋のプロレスコーナーに「初代タイガーマスク」のシリーズがあると思うので、それをご覧になってみたらいいと思います。タイガーは結構後ろ回し蹴り使ってましたから。フットワークも足技も、初代タイガーマスクは見る価値ありです。

kokichiさんが打撃系の格闘技の経験者だという前提で話をします。後ろ回し蹴りだけならできるんですよね?まずは「(1)真上に跳びながら回る動き」と「(2)後ろ回し蹴りの動き」に分解してトレーニングするところから始めてみてください。ラジオ体操で上に跳ぶ動きがありますよね?あれをやりながら、直立したまま空中で後ろ蹴りをする回転方向に、360度回れるようにしてみてください。それができるようになったら、空中で後ろ回し蹴りを入れてください。(1)と(2)の二つがスムーズにつながるようになれば技は完成で...続きを読む

Q5年女子身長&体重

私は5年生です。身長&体重はこちら。
  身長
  152,5
  体重
  40,5
これって、身長高いですよね。
でぇ、この身長でこの体重って
おもいですか><
まぁ、私より大きい人いるんですけど。
tk、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

こちらをどうぞ。
http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-9.html

高校生位まで体重の増減が激しいので、あまり気にしなくて良いですよ~

Q後ろ蹴りって少しズルくありませんか?

K-1などでよく後ろ蹴り(バックスピンキックとも言いますよね)が
見られますが、後頭部の打撃を禁止しているK-1で使うと
大変スキの少ない攻撃ではないでしょうか?
された相手は無闇に顔面へのカウンターのパンチを狙うと
後頭部に当たってしまい反則をとられる可能性が高く、
かといってローキックを狙っても割に合わず危険だと思います。
とすると、後ろ蹴りの対処として一度下がって避けるか
ガードを固めるしかないように思います。
後ろ回し蹴りの方は、出されるとき距離が遠い場合が多く
避けやすそうですが、後ろ蹴りの方は近い距離で出されることが多く
相手がすぐ近くにいるのに反撃がしにくいという
された方にとってはとても歯がゆい技ではないでしょうか?
どんな攻撃にしたって、カウンターなどそれ相応の危険が伴っている
ものだと思うのですが、
後ろ蹴りをする方にはどんな危険があるでしょうか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

後ろげりに関してはよほどの技量の差がないと決まりません。それどころか1瞬相手が見えなくなる非常に危険な技です。人間は視覚情報に頼ることが大きい動物なので、瞬きの瞬間に対象物が大幅に動いたり消えたりしたら軽いパニックを起こします。
後ろげりを防ぐ有効な方法は簡単で相手が回転して後ろを向いた瞬間に相手のももの裏や背中に前げりでストッピングをかけます。うまくすれば相手は前によろけるのでこちらは有効な攻撃が出来ます。
確かにルールで後頭部の打撃が禁止されていてもミドルキックでもローキックでもなんでも好きな攻撃が出来ますから、する人間にとってはリスクが高い攻撃です。それを回避できるテクニックの持ち主であれば回転はまさに一瞬で行われるため、質問者さんの心配は無用の心配といえましょう。

Q体格指数=体重÷身長÷身長の数学的意味

http://www.e-chiken.com/shikkan/himan.htm
ここのURLで、肥満であるかどうかの指数を
身長あたりの体格指数:体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))として判定します

体重を身長で割るのは分かりますが、
なぜもう一度身長で割るのでしょうか?
これは数学的にどういう意味がありますか。
どういう点ですぐれているんでしょ。

Aベストアンサー

 数学的な意味ですね。
 体重をほぼ容積で近似できるとして、これが何に比例しているかと考えているかということでこの式を眺めると、身長、すなわち長さスケールの2乗と比例していると考えているわけです。長さスケールの2乗というオーダーは面積ですね。
 ですから、人体をうすべったい直方体と近似したモデルにおいて、身長に相当する高さと、左右の長さに相当する幅を考慮する必要があるが、その場合の体の前後の厚みに相当する奥行きの方は、身長の高さに関係なくほぼ一定と見なして計算しているということになります。
 奥行きはほぼ一定で身長は高くなるほど左右の幅も比例して広くなるとすると、数学的には上記の式になります。
 このモデルが数学的ではなくて医学的に正しいかは、実際に数多くの人で測定して、検証しなくてはなりませんが、当然それは済ませてあることでしょう。

 なお、式はあっています。
 (体重)÷(身長)÷(身長)
=(体重)÷[(身長)×(身長)]
ですから。

Qパンチや蹴りの練習

パンチや蹴りの練習についてなのですが、家庭でできる一番いい練習方法はないでしょうか?今までは布団を丸めたものでやっていたのですが蹴りなどの威力が上がってきたのでもうその方法でやるのはきつくなってきました。
サンドバッグなどの購入も考えているのでそっちの意見もほしいです。
よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

我流でしょうか?
我流なら最寄の体育館へ行くことをお勧めします。家では限界があります。体育館ならトレーニングセンター(トレセンには大体バックがおいてある)があるのでそこでの練習が良いと思います。家ではシャドウ、トレセンでバックはどうですか?

サンドバックは間違っても2~3万のは買わないでください。軽すぎるし、小さすぎます。思いっきり蹴った時に吹っ飛びます。連打ができません。そうなると吊るす支点の強度も大事になります。天井に吊ったら当然強度が耐えられません。スタンドを買うと問題は解決しますが置き場が問題になります。スタンドを買うとなるとやはり大きめのバックがほしくなります。そうなると15万位すると思われます。

おき場所が無い人にはスタンディングバックをお勧めします。広めの家なら蹴り、突きの練習が一応できます。値段も手ごろでお勧めです。

ただそういうのを買わないで、シャドウをみっちりするのが良いとおもいますけど。パンチのターヘーな人はパンチの軌道がぶれています。だからパンチの軌道を考えながらのシャドウが良いと思います。3分のシャドウはとても疲れますよ。

我流でしょうか?
我流なら最寄の体育館へ行くことをお勧めします。家では限界があります。体育館ならトレーニングセンター(トレセンには大体バックがおいてある)があるのでそこでの練習が良いと思います。家ではシャドウ、トレセンでバックはどうですか?

サンドバックは間違っても2~3万のは買わないでください。軽すぎるし、小さすぎます。思いっきり蹴った時に吹っ飛びます。連打ができません。そうなると吊るす支点の強度も大事になります。天井に吊ったら当然強度が耐えられません。スタンドを買う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報