これからの季節に親子でハイキング! >>

アナログ、デジタル(12セグ)の各地上波をMPEG2(現在の通常DVDを想定)で通常に録画した場合、最大何Mbps(これ以上高い値で録画しても意味が無い値)になるのでしょうか?
以上、ご存じの方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

概ね#1,#2さんの通りなんですが、話の整理上被る部分もありますが合わせて参照下さい。



以下の整理になります。

1)放送される番組の映像ビットレートについて
◆地上デジタル放送
SD番組(解像度720×480)は概ね8Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080)は15~17Mbps
◆BSデジタル放送
SD番組(解像度720×480)で概ね12Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080で1920は若干のみ)では24Mbps
◆CS放送(現在はデジタルのみ)
SD番組(※1)で2~8Mbps、HD番組(解像度1920×1080)では15~20Mbpsで、SDもHDも番組やチャンネルによりかなりバラつきがある。
◆注記
 ※1:CSの場合、解像度に関しては、狭帯域CS(スカパー!)は480×480のものが殆んどで720×480のチャンネルは若干。広帯域CS(110度CS+α)では狭帯域CSに比べて720×480のチャンネルが多少多くなっている。スカパー!とスカパー110との比較で、同じ提供チャンネル番組でも、使用衛星によるサービスの違いで解像度や圧縮変換レートが異なっており、スカパー110の方が若干画質が良いと言われるのはこの辺りの運用上の差異に因るもの。

◆アナログ放送(地上波もBSも):元々が圧縮映像データを前提としていないのでビットレートの概念はありません。
(厳密にいえば、サイマル放送開始以降はアナログ放送に流すソースもデジタル映像ソースが元になっているものもあると思いますが、それが全てではないので基本的には無関係です。)

2)録画について
質問で「DVDでのMPEG2録画」と書いてあるので、TS録画にビットレート設定の概念が関係ないのはご存知かと思われますのでそこの説明は省きます。

で、DVDビデオ規格(VR,Video両規格)への録画という観点で説明します。
放送されている映像の圧縮ビットレート以上で録画することに意味があるかどうかは、正直明言・断定できません。

少なくとも原理としては、どんな高レートで製作された映像ソースでも、TS録画ではない限り、レコーダー側で再エンコードをする事になります。再エンコードである限りは、オリジナルより必ず劣化する事になります。どんな高レートに設定してもです。
異なるのは、高レートにするほど劣化の程度が低く抑えられるという事です。

劣化の程度や、低く抑えられる程度は、エンコーダーの性能その他により千差万別です。ご自分で実際にやってみての判断・満足・妥協、その他になります。理論(理屈)だけは説明してあげられますが、他人が押し付けられる事ではありませんので。(どれくらい美味しいとか、どれくらいまずいかとか、痛いとか痛くないとか、綺麗か綺麗じゃないかとか、全部主観ですから。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の詳細な回答ありがとうございました。
今回、特に知りたかったのはアナログ放送の事ですが、ご回答いただいた内容としては、録画機器により違うので自分で確かめるしかないと言う事ですね。
分かりやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/03 00:17

地上デジタル波は平均で15Mbps前後で、最大でも24Mbpsというのが現状です。


また、BSデジタルは平均24Mbpsとなっています。
地上デジタル波のビットレートが低いのは、ワンセグ放送もあるために、空きが少ないためというのが理由のようです。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20011220/ …

地上デジタル波の録画ですが、放送局から直接ストリーム(コンテンツ)を流し、録画機器でそのまま保存という形になるので、事実上ビットレート設定は出来ません。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2004/08/11/d …

参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
ビットレートの設定について、デジタルの録画機器が無いので考えていませんでしたが、デジタル信号をエンコードしない状態で、そのまま録画すれば設定出来ないと言う事ですよね。

お礼日時:2006/10/03 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地デジとBSどちらが高画質

地デジとBSデジタルどちらが良く映るのでしょうか?
私には、その違いがわかりませんが。
専門的、仕様上から言えばどうなんですか?
暇な時で結構です。御存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

地上デジタル:解像度1440×1080 ビットレート最大17Mbps 実際は、10~14Mbps程度
BSデジタル :解像度1920×1080 ビットレート最大24Mbps 実際は、20Mbps程度
番組によって変わります。

又、BSの有料放送局などで、解像度1440×1080の場合もあります。
地デジでは、MXTV(092)や、放送大学(番組によって変わる)のように
解像度720x480 ビットレート5Mbps弱 などもあります。

22インチの小さなテレビですが、差を見分けるぞっと意気込んで、かぶりつきで視聴すると
差が分かりました。
また、静止画やスロー再生をすると差がはっきり分かりました。
これは、地デジとBSで同じ番組を放送したものを、レコーダーでDR録画して比較しました。

QなぜTVは30fpsで、アニメは24fpsですか?

なぜ映像は30fpsで、アニメは23.978fpsなのですか?

今度出るスーパーハイビジョン(8ケー?)とかゆうのは60fpsらしいですが、
ググったら60fps(1秒に60コマ)というのは人間の視認できる限界らしいですが、
一般的には30fpsでも遜色はないので現状は30fpsが主流ということでしょうか?

スポーツ中継を60pにアップコンバートしたやつを見たら、ヌルヌルでした。
スポーツ番組に関しては、明らかに60fpsの方がよさそうですが・・・

また、アニメが24FPSなのは手塚治虫が手塚プロを立ちあげた時に、
低予算で請け負ったため、コマ抜き・静止画像を多用したためとゆうは本当でしょうか?

あと、例えば70~80年前のアメリカ映画のフィルムだと
現在フルHD画質を超えているようですが、これも60fpsは可能なんでしょうか?
アナログとデジタルのフレームレートの考え方がよくわかっていないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

映像が30fpsなのは、アメリカの電灯線の周波数が60Hzだったので、蛍光灯のチラつきとの相性から最も目が疲れにくいレートだからです。
因みに、ヨーロッパは、電灯線の周波数が50Hzだったので、映像も25fpsのPAL規格が普及していました。
アニメが24fpsなのは、映画の規格が24fpsだからで、昔はコマ撮り出来るVTRなんて存在しなかったので、フィルムで1枚1枚セル画から撮影するしかなかったため、撮影した物の動画チェックまでは、映画の機材を使っていた名残です。

Q市販のDVDのビットレート値を教えてください

HDに録画したテレビ番組をDVDに焼こうとおもったんですが「教えgoo」の中に、圧縮率やビットレート値の設定での画質を良くしたり長時間の動画を焼くことができるとかいてありました。
個人的には、時間より画質を方を優先したいと思っています。
そこで単純に市販されているDVDと同じくらいのビットレート値の設定なら高画質で焼けるのではと考えたのですが、実際のところはどうなんでしょう?
どなたか教えててください。

Aベストアンサー

DVD-video規格の仕様では音声と動画のビットレートの合計が10.08Mbps以内となっています。この数字に近ければ近いほど市販のDVDに画質が近づくはずです。

ただし、レコーダーなどで録画した時点でのビットレートが低かった場合は全く意味がありません。例えば、音声+動画で6.0Mbpsで録画した番組を動画+音声で10.08MbpsでDVDに書き込んでも画質は6.0Mbps相当になります。ビットレートがレコーダー録画≧DVD書き込みとなっていないと意味がありませんよ。

Q地デジの音質はCDと比べて???

聞いた話しですが、地デジ放送の音質は「圧縮」されている為、
音質は良くない、ということですが、本当でしょうか???
クラシックのコンサートなどの音楽番組でもそうなのでしょうか???
むかし衛星放送(BS)が世に出たとき、
「BSのBモード放送はCDを超える音質」と言われてましたよね?
あれから20年経ってますが、地デジ放送はそれより劣るのでしょうか?
一方BSデジタルは高音質なんでしょうか?
私はデジタルAV機器にはあまり詳しくありません、。
わかり易く教えて頂けないでしょうか???

Aベストアンサー

>地デジ放送の音質は「圧縮」されている為、音質は良くない、

理論と実際の側面がありますが、理論上はその通りです。

ここで言う「圧縮」は、正確に言うと「非可逆圧縮」のことです。

音声、映像、画像では、人間の感覚器が捉えきれない情報を削除して
データ量を小さくする「非可逆圧縮」という技法がよく使われます。

しかし、どれほど技法が巧みであっても、
元の情報を完全に再現できる「非圧縮」「可逆圧縮」と比べれば
情報を削除している分、質は劣ります。


具体的には、地デジの音声は、AAC という方式で圧縮されています。
AACの詳細は省略しますが、MP3の更に進んだ方式です。

一方で、CD、BSアナログのBモードはともに非圧縮ですが、
BSアナログのBモードのほうがサンプリングレートがやや高いので、
音質の順に並べると、

MP3 < 地デジ < CD < BSアナログ(Bモード)

となります。

>「BSのBモード放送はCDを超える音質」と言われてましたよね?
実際、その通りです。

>あれから20年経ってますが、地デジ放送はそれより劣るのでしょうか?
音質に関してはそうです。5.1ch対応はされましたが。

>一方BSデジタルは高音質なんでしょうか?
地デジと同じです。


以上、理論上の話ですが、実際、どの程度品質の差があるのか、
聞いてわかるのかは、主観、聴力や、コンテンツ、
音源や再生機材にもよるので、一概には言えません。

私の感じでは、条件が整うほど、差が顕著になってきますが、
同時に、この数十年でここまで圧縮技術が進歩したかとも思います。

>地デジ放送の音質は「圧縮」されている為、音質は良くない、

理論と実際の側面がありますが、理論上はその通りです。

ここで言う「圧縮」は、正確に言うと「非可逆圧縮」のことです。

音声、映像、画像では、人間の感覚器が捉えきれない情報を削除して
データ量を小さくする「非可逆圧縮」という技法がよく使われます。

しかし、どれほど技法が巧みであっても、
元の情報を完全に再現できる「非圧縮」「可逆圧縮」と比べれば
情報を削除している分、質は劣ります。


具体的には、地デジの音声...続きを読む

Qx264で最適なビットレートは?

MPEG2動画をH.264形式で圧縮するのに最適なビットレートを探しています。

元動画は、MPEG2 720x480インターレス、9800kbpsくらい、29.97fps。

圧縮にはx264を使用、フロントエンドは、TMPGEnc 5。Highプロファイルレベル3、プログレッシブ、VBR。解像度やフレームレートはそのまま。

VBRで平均ビットレート1800kbps、最大3800kbpsに設定していますが、なぜかファイルサイズは約43%、半分弱って感じで、もう少し減らしたいです。

このようなSD解像度の動画の場合、H.264形式(MP4コンテナ)のVBRの、「平均ビットレート」「最大ビットレート」をどれくらいに設定すれば、品質とファイルサイズのバランスがいいと思いますか?

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ソースの内容によります。
実写なら1000~5000kbps程度。
アニメなら100~3000kbps程度です。
実写とアニメに分類しても、どれだけ動くかや、ノイズの有無などで違ってきます。
何より、
>品質とファイルサイズのバランス
これは主観の問題なので一般的な回答はできません。
私は一部のBlu-rayソフトの画質に満足していませんが、DVDで十分高画質だという人もいます。

何度も違う設定でエンコードして、画質を見比べて、適当に妥協するしかないです。

Qテレビ放送は何bpsに相当するのか?

インターネットもブロードバンドが普及して動画映像が
盛んになってきましたが、たとえば従来の地上波アナログ
テレビ放送などは、一チャンネル当たり何bpsに相当する
のでしょうか。

Aベストアンサー

デジタルで非圧縮として換算すれば、237.3046875Mbps相当でしょう。
既に回答があるように、アナログではデータ量としての単位はなく、あくまで映像そのものをその形のまま飛ばすというものですから、大体の値を計算するには単純に、アナログテレビ放送の規格を元にすればよいのです。

通常放送の解像度は最大で
720×480ドット
通常1画素辺りに与えられる階調は3原色×8bitで24bit
それに、フレームレートが30fps相当(飛び越し走査による60fps)
これらを全て掛けます。

720×480ドット×24bit×30fps=圧縮されていない映像のデータ量

これが答えになります。
ただし、これは最大レートであり、一般にアナログ放送の信号は伝送距離が伸びるほど劣化していきますので、受信したときにこのレートを維持できるわけではありません。

尚、地上デジタル放送では、これをMPEG2-TS方式にて圧縮することで15~20Mbps以下に削減し、尚かつハイビジョン化しています。BS-Hiでは最大20M~28Mbpsまでのデータレートが使われます。
ハイビジョンの場合は、地上波で1440×1080ドット、
NHKのBS-Hiで1920×1080ドットとなります。計算は同じと考えてください。

デジタルで非圧縮として換算すれば、237.3046875Mbps相当でしょう。
既に回答があるように、アナログではデータ量としての単位はなく、あくまで映像そのものをその形のまま飛ばすというものですから、大体の値を計算するには単純に、アナログテレビ放送の規格を元にすればよいのです。

通常放送の解像度は最大で
720×480ドット
通常1画素辺りに与えられる階調は3原色×8bitで24bit
それに、フレームレートが30fps相当(飛び越し走査による60fps)
これらを全て掛けます。

720×480ドット×24bit×30fps=圧...続きを読む

Q【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか? ランク的にはど

【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか?

ランク的にはどの程度の立ち位置ですか?

IPS ADSパネルとAH-IPSパネルならどちらの方がランクは上ですか?

AH-IPSパネルのAHってなんですか?

一般的にIPSパネルを使用している液晶とはどのパネルを使っているのでしょうか?

2つとも次世代液晶パネルですか?旧型の廉価版ですか?

Aベストアンサー

・AH-IPS(Advanced High performance IPS):
LG Display社製のIPS液晶パネル

・ADS(Advanced super Dimension switch):
中国BOE社製のIPS液晶パネル

IPSというのはジャパンディスプレイ社及びLG Display社の商標なので、
その他の液晶パネルメーカーが生産するIPS方式の液晶パネルはIPSという表記で
販売することができません。
本当に細かい事を言わなければ、AH-IPSもADSも同じ構造と駆動方式であるため
どちらも同じ広視野角特性を持っていると言えるでしょう。

Q"PAL"と"NTSC"って何ですか。

"PAL"と"NTSC"って何ですか。
これってビデオかなんかの規格ですか。
結構いそいでます。教えて下さい。

Aベストアンサー

テレビの規格で、解像度や電波送信の方法などが違ってきます。
日本ではNTSCですが、ヨーロッパ、中国はPALになっているそうです。
何らかの変換をしないと両者の画像は交換できないみたいです。

コンピューターで見れば大抵PALかNTSCかの選択が出来るようなので問題ないかもしれません。

参考URL:http://www1g.mesh.ne.jp/aloha/tushin/oubun/a69.htm

Q無圧縮動画のデータ量

おそらく計算式をご存じの方なら、簡単に出せるのでしょうが、当方、デジタルベースでは、動画を作製した経験がありません。
(デジタルビデオカメラを持っていません)

たとえば、現行テレビジョンに放送する素材を基本として考えた場合、16:9サイズの作品25分ぶんで、どれくらいのデータサイズになるのでしょう。

また、これが「フルハイビジョン放送」を前提とした場合、どう変わってくるのでしょう。

計算式の基本等も含めてご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アナログ放送などの場合、画面縦横比は4:3で解像度は720x480(もしくは720x486)です。(1ドットの大きさが正方形でないです)
次に1ドットあたりのデータ量ですが、「デジタルベースで映像素材を作る」段階だと、RGB各8ビットの1ドットあたり24ビットで作るのが普通ですね。
そうなると、720x480x3で、1枚あたり約1MBになります。
NTSC規格は1秒間に29.97コマなので、1秒間に約30MB
25分間だと約43GBになります。
16:9サイズということですが、DVDなどでよく使われている「スクイーズ」方式の場合、上記720x480の解像度のまま、表示を16:9にします。(1ドットの大きさが縦に小さくなる)。その場合はデータ量は43GBで同じ。
上下に黒を入れる「レターボックス」表示の場合、縦方向の解像度が3/4になりますので、約33GBに減ります。

HD解像度の場合ですが、「フルハイビジョン」は解像度が1920x1080になります。
同じように計算すると、横1920ドット×縦1080ドット×3バイト×29.97枚×60秒×25分=260GBになります。

以上、非圧縮動画のデータ量ですが、実際には、こんなデータ量は扱ってられませんので、業務用・放送用機器でもデータ量の削減を行っています。
まず、1ドットあたりの情報も3バイトも使うのは無駄です。
人間の視覚特性として、輝度には敏感だが色の変化には鈍感なので、
輝度解像度はそのまま色解像度を落としたりします。
放送・業務用機器だとDigitalBETACAMやD1は4:2:2(色解像度は横1/2)で、1ドットあたり16ビット(2バイト)
DVDなどの場合は4:2:0(色解像度は縦横1/2)、miniDVなどの場合は4:1:1(色解像度は横1/4)で、どちらも1ドットあたり1.5バイト(12ビット)になります。
このように色解像度を落とすだけで、非圧縮のままでもデータ量は2/3~1/2に減ります。

それでも、やはりデータ量は多くなりますので、業務用・放送用のビデオ機器でもDCT(JPEGみたいな圧縮)やMPEG2/MPEG4だとかの圧縮かけて記録するのが普通です。

アナログ放送などの場合、画面縦横比は4:3で解像度は720x480(もしくは720x486)です。(1ドットの大きさが正方形でないです)
次に1ドットあたりのデータ量ですが、「デジタルベースで映像素材を作る」段階だと、RGB各8ビットの1ドットあたり24ビットで作るのが普通ですね。
そうなると、720x480x3で、1枚あたり約1MBになります。
NTSC規格は1秒間に29.97コマなので、1秒間に約30MB
25分間だと約43GBになります。
16:9サイズということですが、DVDなどでよく使われている「スクイーズ」方式の場合、上記720x480...続きを読む

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング