今、上高地について調べています。今年修学旅行で行くからです。さて質問ですが、シベリアなどにいる北方系の生物であるライチョウや、ケショウヤナギがなぜ上高地付近に生息しているのでしょうか。回答宜しくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「生き残り」というと、他のものは全滅したようなイメージをうけますが、


植物はともかく、動物の場合は移動できます。
とくにライチョウは鳥ですから、飛んでいけます。

氷河期も一気に温度が上昇した訳でないから、ふもとにいたライチョウも、だんだん北のほうに移動していったはずです。で、高山にいたライチョウだけが、とりのこされて、別系統の進化をしていく事になります。
本州のライチョウと北海道のエゾライチョウは別種で、エゾライチョウは天然記念物になっていなかった・・・と思う。

おまけにいうと、逆に下北半島のサルは、寒冷期に南下しようとして海に当って止められ(地図を持っていないから大回りして太平洋側にいけなかったんですね)、「最北のサル」として残っています。
    • good
    • 1

kamonohashiさんのお答えで良いと思います。



動物、植物ともに得意な気温(最適温度)が存在します。
氷河期は地球全体の温度が下がるために、北方系の動植物も南に
降りてきました。上高地で言えば新潟、富山あたりの平地といえば
わかりやすいですか?
その後、地球の気温が上がると、その土地には別の動物の侵入が始まるわけです。
その時にある植物は、北に帰り、別のものは山に登ったというわけです。

そのために、上高地にはご質問のような、植物が存在するわけです。

同様な例として、伊豆半島、伊豆高原のブナ林が上げられます。
これも氷河期の生き残りとなります。
逆に、富士山は高山なのにこのような、生き残り植物は存在しません。
それは、富士山が新しい山であり、氷河期終了以降に噴火が起きているために
生き残り植物がいたとしても全滅してしまったわけです。

宿題なのに書きすぎましたかね?
このあたりをヒントにご自分でもう少しお調べになられるといろいろな
ことが見えてくると思います。
    • good
    • 2

高山にしか生息しない生物は、よく


「氷河期の生き残り」なんて言われますね。
氷河期が終わり、地球全体が暖かくなってしまために、
気温があまり高くならない高地でのみ
生き残っていると考えられています。

北海道にはあまり高い山はありませんが、
寒冷地のためこのような生物が生き残っています。
    • good
    • 0

こんな感じでどうでしょう。



ケショウヤナギは、氷河期から生き続けている樹木ですが、上高地の寒さと梓川の流れがそれを可能しているみたいです。ライチョウも同じような理由ではないでしょうか。

◆ケショウヤナギ 小枝や葉に白く薄化粧をしているように見えるところから名付けられた。上高地以外には、北海道の日高地方だけに分布している。氷河期には日本中いたるところにあったが、涼しい土地で川沿いの広い平地にしか生き残れなかった。こんなぜいたくな場所は、日本に上高地と北海道にしかないことを物語っている。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在地球上に生息する生物で、カンブリア紀の子孫と思われる生物は、なんですか

現在地球上に生息する生物で、カンブリア紀の子孫と思われる生物は、なんですか

Aベストアンサー

今存在している生き物が全部です

ちなみに目は植物のDNAが何らかの形で組み込まれ進化したものです
光に反応するDNAは植物にしか有りませんでした。

あと哺乳類が体内で妊娠する進化はウイルスが体内に吸収されDNAに組み込まれた結果なんです

掘り下げればほんとに楽しく不思議な世界です

もっと楽しんでください

Q生物で質問です。生物の問題に、「原腸が形成される以前に、植物極付近の肺胞壁の一部の細胞は、胞胚腔

生物で質問です。

生物の問題に、「原腸が形成される以前に、植物極付近の肺胞壁の一部の細胞は、胞胚腔に出てくる。これらの細胞は____のもとになり、一次間充織と呼ばれる。」
という穴埋めがあります。
答えは中胚葉となっているのですが、中胚葉と一次間充織では何が違うのですか?

Aベストアンサー

当方爺・・!
高校生物を再履修中である・・!

中胚葉→外胚葉と内胚葉との間の細胞群で、陥入し始めた内胚葉細胞が落ち込んでできたもの
一次間充織(一次中胚葉細胞)→陥入初期に卵割腔内遊離した細胞に由来

違いという言い方よりも、どうやって遊離した細胞かによって更に分類したのではないかと思う・・!?

Q自然界に生息していて「老衰」で死亡する生物

先日ふと思った事なのですが、人間が寿命、つまり老衰で死ねるのは病死や餓死を自ら防ぎ、恵まれた環境で生育している場合かと思います。
あと家猫など家畜ならば、普通の動物でも老衰するかと思いますが、
自然界では食物連鎖やその厳しい環境から、老衰よりも先にその体力の衰えなどから、病死や食料を取れない事から死亡するのが通常は先だと予測するのですが。

そんな中で、人間以外に自然界の生息条件で、
「老衰」を迎えて死ぬ事が少なくない生物…というのはどれくらいいるのでしょうか。

自分で思いつく限りは、寿命が極端に短い生物(朝生まれて夜死んでしまう種類の虫やセミなど)、主に昆虫類くらいしか思いつかないのですが…
天敵が居ないとか、食料をとるのに苦労しないなど、人間と似たような「環境が恵まれているから」という理由で、老衰が死亡理由の中に少なからず多くある生物、というのは存在するんでしょうか?
(老衰の定義などは見方によって色々あると思いますが、人間が安全な保護下で寿命一杯まで育てた場合と、同じかそれ以上の年数だけ生きて外的理由なく自然死する、という条件を考えます。)
判る方、詳しい方がいれば教えて下さい。

他にも、自然界の生物の老衰で、こんな例があるよ!というのがあれば教えてください。

先日ふと思った事なのですが、人間が寿命、つまり老衰で死ねるのは病死や餓死を自ら防ぎ、恵まれた環境で生育している場合かと思います。
あと家猫など家畜ならば、普通の動物でも老衰するかと思いますが、
自然界では食物連鎖やその厳しい環境から、老衰よりも先にその体力の衰えなどから、病死や食料を取れない事から死亡するのが通常は先だと予測するのですが。

そんな中で、人間以外に自然界の生息条件で、
「老衰」を迎えて死ぬ事が少なくない生物…というのはどれくらいいるのでしょうか。

自分で思...続きを読む

Aベストアンサー

われわれの体を作っているいろいろな細胞は細胞分裂を無限に行えないことが分かっています。それがkのウナのはがん細胞です。細菌のような生物は老衰しないようですが、環境が悪くなれば死んでしまいます。老衰というのは環境が悪くないのに死んでしまうこととすれば正常な細胞は老衰で死ンでいくと考えられます。その総計が体の老衰ということだろうと思います。ある生物が死んだ場合環境が悪かったかどうかを決めるのはかなり難しいと思います。しかし特殊な環境に適応している生物の一生はかなり老衰に近いのではないでしょうか。たとえば深海魚などです。

Q水中に生息している生物は、体に傷を負うと傷口が固まらず失血死しますか?

水中に生息している生物は、体に傷を負うと傷口が固まらず失血死しますか?

Aベストアンサー

大気中に棲む我々とは異なり、止血手順に「乾燥」が含まれないので、元気に生きています。

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報