大学で建築を学ぼうとおもっています。
で、一般教養の第二外国語をその専門の学問にゆかりがある国の言葉が学べたらいいなとおもっているのですが、建築やデザインだったらフランス語か、イタリア語のどっちを学べば、後々使えたり、デザインにゆかりがあったりするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本の建築界は残念ながら主体性がなく、戦前はバウハウスで有名なグロピュウス、ブルノ・タウト等の影響で【ドイツ語】優勢でした。


ドイツ系にはミース・ファン・デル・ローエ他、多数のユダヤ系建築家がアメリカに亡命した為、英語が浮上したのです。

一方、エコール・ド・ボザールで伝統的な建築のリーダーだったフランスは、シャルル・ガルニエのオペラ座以降は振るわず
新しい建築運動が優勢になりル・コルビジェが現れると日本人建築家も、前川國雄、坂倉順三のように弟子する方も現れ、戦後になり
吉阪隆正氏が三番目の弟子入りしてからは【フランス語】に人気が集まったようです。


私はデザイン系に関して云えば、よい建築やデザイン一般の本や雑誌が多いという意味では、イタリーの本をよく見るし好きですが
【第二外国語】として選択するのであれば、フランス語の方が世界的にはイタリー語よりは、いまだにメジャーかと思います。

もとよりメディチ家からのおこし入れがあってルイ14世の時代が花開いたことは承知していますが、語学としてはフランス語を
かじって置けば、辞書と一寸した文法を覚えてイタリア語を独学するのは簡単です。。。

・・・a-kuuさんのように意欲的な方なら、おそらく自然と両方覚えてしまうような気がしますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になります!!
フランス語ができるようになれば、イタリア語にも応用が利くということですね。
語学は苦手な分野ですがいつかは両方マスターしたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 14:48

 そうそう、私は在学中、「公文式」の仏語をならいつつ、学校では初級と中級仏語で優を取りましたよ。

伊語は参考書や塾がかなり少ないように思いますが、独・仏語は英語には劣りますが、伊語に比べれば三倍以上は書籍や塾が多いですね。

 新聞奨学生もやりながら、東京都豊島区雑司が谷の公文式に通って学生時代が懐かしいです。やっぱ塾行くと強いですよ。そういう考えもあるということを覚えて置いてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

塾ですか!!駅前留学とかですかね。
そうですね、学校で習うだけが手じゃありませんね。
ひとつの語学は学校でとって、もうひとつは塾で習うって言うのもひとつの手ですね。
それか、kaakunサンのように塾と学校、同じ言語を勉強してその言葉を極めてから、次の言語を本などで、勉強するというのもいいですね。

語学を学ぶのは何もひとつの方法しかないということではないのですね。そうですね。いろいろな方法を検討しようとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 16:39

デザインのことは何にもわからないのでどの言語が簡単かということについて。


うちの大学(某国立大)はドイツ語が一番人気でした。
私はそんなことも知らずにフランス語を取ってしまいました。
しかし!フランス語は難しくはなかった!
英語と違って名詞が女性名詞と男性名詞に分かれたり、主語によって動詞や助動詞の語尾が違ったり(たしかドイツ語も)と最初は戸惑いましたが、
慣れてくるとなんとなく法則性が見えてくるし大丈夫です。
成績は三つ講義を受けて優、優、良でした。
イタリア語は履修している友人がいなかったのでわかりません。
中国語は難しいそうです。
a-kuuさんは今年から大学でしょうか?
単位が取りやすいとかそういうのは学校の先輩に聞くのが一番ですよ。
それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もフランス語は難しいと聞いて少し心配していました。でも、19sanの言葉をきいて、すこし安心しました。
ドイツ語は、医学や生物学、心理学の専門書を読むときに覚えていて損はないと聞きましたが、やはり、デザインや建築となるとドイツよりもフランス、イタリアの専門書が多いかなと思いまして。
この四月から大学一年で、不安はありますが、先輩をつくって単位の取りやすい講義も教えてもらおうと思います。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 15:00

 


  フランス語かイタリア語かという選択とします。
 
  その場合、「建築かデザイン」と言うと、何となくイタリア語がよいと出てきそうなのですが、冷静に考えてそうだろうか、と思います。建築の歴史なら、イタリアの教会建築などが、かなり重要な意味を持ちますが、貴方が求めているのは、「建築史」ではないはずです。
 
  建築としてのデザインなら、ライト(英語)、サクラダ・ファミアリアのガウディ(スペイン語)、またル・コルビジェ(フランス語)が有名です。イタリアにも、現代建築で有名な人はいると思いますが、特にこの人を研究したいとか、イタリア建築について深く知りたいというのでなければ、イタリア語の必然性は薄いように思えます。(建築の歴史の場合は、イタリア語を知っていれば、過去の文献が分かるので好都合だということはあると思います)。
 
  何らかの理由で、イタリアである必要がなければ、フランス語の方が適用が広いと思います。フランス語をものにできれば、スペイン語・イタリア語は、大体、応用で読めます。フランス語がものにできないのなら、イタリア語も同じでしょう。
 
  現代建築というと、以下のURLの本の監修者・著者三人のなか、二人が、フランス語で専門をスタートしています。フランス語の方が、適用レンジが広いということだと思います。画家とか、美術史で、イタリアの絵画を、特に研究したい、知りたいという人は、イタリア語を学ぶようですが、現代建築となると、イタリア語の必然性が、どうも薄いように思えます。イタリアとフランスで同じ程度なら、適用性の高いのは、フランス語でしょう。(建築の歴史の場合だと、イタリアは重要性や必要性が高いとは云えますが、中世からルネッサンス、近世の範囲になると思います。現代建築の場合、特にイタリアが、ということは云えないと思います。勿論、イタリアに優れた現代建築家がいない訳ではないですが)。
  
  >世界の建築家581人
  >http://www.ohraido.com/book/ke/003.html
  

参考URL:http://www.ohraido.com/book/ke/003.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。いまのところ、一番やりたいことは建築史ではないですね。
実はさっきまで、すこしイタリア語に傾いて、いましたが(イタ飯が好きという不順な動機も混ざりまして。。。)フランス語のほうが応用性があり、現代芸術により通じるのであればフランス語、いいなと思います。
第二外国語にイタリアがすくなくてフランスが多いのは応用性があるからなんでしょうかね。
ありがとうございました。参考になりました。考えて見ます。

お礼日時:2002/04/04 03:40

 それは余りというよりも全く気にしないほうが良いですよ。

ズバリあなた的に興味を持ったものか、(単位的に)楽な方がいいです!後々(テスト前)苦労して「ああ、あの時○○先生の××語にしときゃあよかった!」というふうに愚痴るときがきますから!特にテスト前にね!

 なるたけ優を楽にとれる先生の語学を選択した方がベターです。「大学」というところは優(大学によってはSやAというところもある)の数でいいゼミに入れるか否か、それはいわばいい就職先が選べるか否かを意味します。あなたが大学院を考えているのならなおさらですよ。

 ここは割り切ってそうした方が無難だと思いますよ。あとは私みたいに、「仏語は女が多いから」という理由で安易に選ぶというのもいいですね。あまり片意地張らないほうがいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はっとしました!!
できれば大学院考えてるので、優、ほしいです。
そうですね、楽な授業というのも考えにいれとかなければなりませんね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 03:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国語が得意な方へ質問です。

外国語をネイティブで身につけた方にお願いです。
日本で外国語を習った人は、以下のように
外国語→日本語に頭で翻訳する→外国語 という思考回路を使いますが
ずっと外国で暮らしていた方、帰国子女の方などは
外国語は外国語、日本語は日本語というように別々の回路で考えると
聞いたことがあります。逆に例えば「微分・積分」等の少し難しい
言葉は、外国語⇔日本語の思考がつながっていないので、日本語の
意味が不明などと聞きます。以上のことは本当でしょうか。
どうか外国語が得意な方お願いします。

Aベストアンサー

普段は日本に住む、生まれも育ちも生粋の日本人なので、完璧なバイリンガルではありませんが。。。

英語を喋るときは、英語の思考回路になる。
と私も思います。(そうおっしゃっている方が多いように思います)
思考回路、というよりは、英語独特の表現と言った方がいいのかな?

例えば、「私、昨日おさいふ盗まれちゃったのよ」
と言いたいとき、
英語では「私」は主語にならないですよね。
「昨日私のお財布が(誰かによって)盗まれた」と言うか、
「昨日誰かが私のお財布を盗んだ」と言うかどちらかですね。

英語では have you got everything ? っていうけど、日本語では「 あなたは全てのものを持ちましたか?」とは言わないと思うんですよ。
やっぱり一番自然なのは「お忘れ物はないですか?」
じゃないかな。

英会話が苦手な方(不慣れな方)は、直訳しようとするからだと思います。

これって逆もありますね。
日本語勉強中の外国人(英語圏の人)は、
「このジュースは寒いですね。」(英語は冷たいも寒いもcold )とか
「今日私は大きな食事を食べました。(沢山と言う表現に、big を使う。big lunch とか。。。)
なんて言うときがあります。

段々慣れてくると思考回路が別々になるのだと思います。

普段は日本に住む、生まれも育ちも生粋の日本人なので、完璧なバイリンガルではありませんが。。。

英語を喋るときは、英語の思考回路になる。
と私も思います。(そうおっしゃっている方が多いように思います)
思考回路、というよりは、英語独特の表現と言った方がいいのかな?

例えば、「私、昨日おさいふ盗まれちゃったのよ」
と言いたいとき、
英語では「私」は主語にならないですよね。
「昨日私のお財布が(誰かによって)盗まれた」と言うか、
「昨日誰かが私のお財布を盗んだ」と言うかどち...続きを読む

Q「独学で心理学を学ぶ」 正しい日本語ですか?

「独学で心理学を学ぶ」 
これは、正しい日本語ですか?

「学」という字かたくさん出てきて、重複しているような気がするようなしないような…

Aベストアンサー

こんばんは。

本当は、「心理学を独学する」とすべきなのかもしれません。
しかし、現代では、独学に「する」をつけてサ変動詞として用いることは少なくなってきました。
また、「独学」の後ろには必ずと言っていいほど「で」がつけられ、
副詞のごとく扱われているように見受けられます。

少なくとも現代の話し言葉においては、「独学で心理学を学ぶ」という言い方は、
むしろ、最も普通になっていると思われます。


以上、ご参考になりましたら。

Q第2外国語は身に付かない

第2外国語は身に付かない

こんにちは、このカテには英語だけでなく他の外国語も学習された方が多いかと思います。
英語以外の外国語を学ぶ場合、初めての外国語ではないので、外国語を覚える要領もつかんでいるでしょうし、また、特にフランス語やドイツ語などは英語の知識が大きな助けになります。ですから、初級レベルまでは英語に比べ、かなり短期間で習得できます。しかし、実生活では英語以外の外国語は英語に比べ接する機会が少ないので 英語はそこそこ出来ても、英語以外の外国語は中途半端なレベルで終わりがちです。
そこで、英語以外の外国語を英語と同等かそれ以上習得された方に質問です。英語以外の外国語はいつごろから学習されて、英語との係わりも含めてどのように学習されてきましたでしょうか?

Aベストアンサー

私は英語とドイツ語を今でも多少は使える積りです。どちらの言葉が第一外国語あるいは第二外国語なのかは、断定できません。英語は、3+3(その間2年半アメリカ人」のキリスト教宣教師のところで英語を聴き話すことを覚えた。)大学では2年間(教養部でドイツ語を週12時間の内ドイツ人教員に4時間】、専攻はドイツ文学。
仕事で英語のコレポンを始める。変なところは、二世の社員に修正を依頼。なんだかんだと訳40年ぐらい
英語を書いたり、ドイツ語は云十年間ドイツ人と手紙交換や、現在はE-メールのやり取り。ドイツへ一人で旅行する。

いつも、批判を受けるのですが、大学時代ドイツ語を学ぶ際に、英語は全くと言って好いほど考慮しませんでした。他の外国語に時間や頭を使うような余裕と言うか、気分も無かったですね。そのくらいしないと、ドイツ語の授業に追い付けなかったなかったのかな?週6日で毎日2時間ドイツ語の授業があったのですから。

英語は大学を出てから、実務で高校時代に身につけたものを思い出し、更に上乗せ、、。途中、通信教育で英語を読む事をやりました。後は、実践あるのみでした。

2週間ドイツ語だけでドイツを旅した後、仕事で2~3日英語に悩まされた感じでした。

私は英語とドイツ語を今でも多少は使える積りです。どちらの言葉が第一外国語あるいは第二外国語なのかは、断定できません。英語は、3+3(その間2年半アメリカ人」のキリスト教宣教師のところで英語を聴き話すことを覚えた。)大学では2年間(教養部でドイツ語を週12時間の内ドイツ人教員に4時間】、専攻はドイツ文学。
仕事で英語のコレポンを始める。変なところは、二世の社員に修正を依頼。なんだかんだと訳40年ぐらい
英語を書いたり、ドイツ語は云十年間ドイツ人と手紙交換や、現在はE-メールのや...続きを読む

Q学問のすすめの現代語訳

福沢諭吉の学問のすすめの現代語訳の載っているサイト、または本を探しています。知っている方がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

PHPから出ていました。↓

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569636438/qid=1125926031/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-4467863-7019544

Q外国語の学習方法について。

外国語の学習方法について。
英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、など、外国語の読書力や読解力、外国語の会話を習得するには、どのような学習方法が最も効果的でしょうか?
お勧めの外国語習得方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

タケヨシさんという人がいるのですが、

その人は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、の洋書の原書を辞書なしで読む事ができます

さらに、彼は、英独仏伊語の原書が読めるだけでなく、ネイティヴスピーカーと会話をする事ができるそうです

彼いわく、外国語の習得には”学習の方法”が最も大事なのだそうです

これまで20年間で56の外国語の学習方法を自分で試してきて、最も効率的な外国語の学習方法を試してきたのだそうです

外国語の習得には、タケヨシさんの語学習得法が参考になると思います

ホームページのアドレスを載せておきますので、よろしければどうぞ

http://saider88.web.fc2.com/gaikokugo.html

参考URL:http://saider88.web.fc2.com/gaikokugo.html

Q学問のすすめ 現代語訳

学問のすすめの現代語訳の掲載されているサイトを知りませんか??
早急に探しています!!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

↓ここなんていかがでしょう。

参考URL:http://shiten.kokugo-a.jp/?cid=25721

Q小学校の外国語活動について

小学校外国語活動について

 平成23年度から「第5・第6学年で年間35単位時間」が必修となったとのことですが、外国語活動は「教科」として扱われず、「外国語活動」というカテゴリーで扱われるのでしょうか?

中学校などでも、一般に英数国理社などと分けられている気がします。

英語=外国語活動ではなく、多言語も外国語活動として含まれていて「外国語=多言語」という意味で、その主として英語を扱っている、ということで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

> 外国語活動は「教科」として扱われず、「外国語活動」というカテゴリーで扱われるのでしょうか?

そうですよ。
中学校では「外国語」と言う教科の中で英語を学ぶことになっているだけ。その他の外国語でも差し支えない。実際にフランス語(私立),スペイン語(私立),ポルトガル語(公立),ロシア語(公立)を学ぶ中学校がある。

> 英語=外国語活動ではなく、多言語も外国語活動として含まれていて「外国語=多言語」という意味で、その主として英語を扱っている、ということで良いのでしょうか?

英語に限るわけではないけれど,「外国語活動においては,英語を取り扱うことを原則とすること。」と決まっていますから,他の外国語をやるとしたら特別な理由が必要です。

Q第二外国語が苦手な理由

20代半ばの女です。英語は、現在トイックで700点ちょいあります。海外在住経験はなく、ひとえに大学受験の時に頑張った結果です。

悪い数字ではないと思うので、語学はそこそこ得意科目なのかな、と思っていました。

ところが、最近勉強を始めたドイツ語が、まるでダメなのです。文法も単語も何度も書いて覚えるのにすぐ忘れてしまうし、ちょっと長文になるだけで全く読めません。まず辞書を引くのに他の人の何倍も時間がかかってしまうし、文の構成もつかめません。

英語は覚えられたのにドイツ語が覚えられない原因を自分なりに考えてみたところ、

1.ドイツ語自体が難しい言語である
2.10代の頃にくらべて記憶力が落ちている
3.何か言語学的に「第二外国語」が学習しにくい理由がある
4.単に私の努力不足(でも英語を学んだ時と同じくらい努力してるつもりではあるのですが……)

などが思いつきました。
正しい原因としては、どんなものが考えられると思いますか?
とくに1番、3番のような理論が実在するのかどうか知りたいです。

Aベストアンサー

とても興味あるご質問ですので、自分なりに思った事を書きます。

一番の原因は、ドイツ語を始めた動機によると思うんです。
ご自分では英語と同じ努力をしていると思っても、受験時と現在とではそのモチベーションが全く違うと思われます。
悪く言えば、べつにドイツ語ができるようにならなくても、大学に落ちると言うような大きな出来事がないからです。
お読みになりたい分野の本と言っても、べつに半年後にそれができるようにならないからといって、何の苦しみも罰則もないですよね。同様に、瞬時に大きな喜びを味わえるものでもありません。
もっと死ぬ気で、もしお勤めでしたら、家にいる時間はほとんどドイツ語に費やすぐらいの凄まじいエネルギーがないと、なかなか上達は遅いと思われます。

二つ目には、seinzeitさんは英語がとても出来る方ですので、それを基準にドイツ語を考えてしまい、「このぐらいやればこのぐらいのレベルに達するだろう」という固定観念を持っていると思われます。
したがって、常にご自分の英語力や、英語をマスターした時の実力と比較してしまい、すぐに結果が出ないといってそれがあせりになり、苦手意識をもってしまったと感じます。

しかしご自分でも忘れているだけで、実はおそらく、英語も相当な基礎練習の上に今の実力があるのです。
そのため、「英語のようにドイツ語も程なくマスターできる」という誤解、錯覚を生み、いたずらに難しいレベルから始めてしまっているのではないでしょうか。
もっともっと、基本的な部分からみっちりやる必要があると思います。

一言で言えば、ご自分の英語力を意識しすぎるあまり、少しあせったと言うか、ペースが速い、あるいは基礎をおろそかにして勉強を続けているのではないかと推測します。

「最近勉強を始めた・・」とおっしゃっているのに、「ちょっと長文になると読めない・・・」とは、あまりにも早すぎる展開ではないでしょうか(^^)。
長文なんてまだまだ先のことだと思います。
まして、みっちり文法をやれば、ドイツ語は英語より論理的ですので、辞書があれば簡単な文なら読めるようになると思います。

>辞書を引くのに他の人の何倍も時間がかかってしまうし

・・って、それは始めたばかりなんですから当然ですよ。
ドイツ語の達人と同じ速さで引けちゃったら、彼らの立つ瀬がありませんね。

>文の構成もつかめません。

単に基礎力不足だと思います。
参考書の最初からじっくり読み直して、確実にモノにしてください。
「デアデスデムデン」とか、動詞の格変化とか、何度も声に出して覚えるしかないです。

>1.ドイツ語自体が難しい言語である

英語よりは変化に富んでいるので最初は大変ですが、覚えてしまうと、変化している分、文の構造など把握しやすいです。

>2.10代の頃にくらべて記憶力が落ちている

論理的にはそうかもしれませんが、あまり影響はないと思います。

>3.何か言語学的に「第二外国語」が学習しにくい理由がある

学習しにくいのではなく、それは最初に書いた「モチベーション」の問題です。
「○○語で○○できたらいいなー」程度では、なかなか受験時のような集中力や忍耐を発揮する事ができません。
(私も嫌というほど経験済み^^;)。
それでも、結果をあせらず勉強を続けていく事が大切だと思います。

>4.単に私の努力不足(でも英語を学んだ時と同じくらい努力してるつもりではあるのですが……)

上に書いた理由で、たんに「つもり」だけですね。

長々とすみません。
英語がそんなに得意な方です。
一度コツをつかんじゃうと、どんどんマスターしていくんじゃないかと思います、やはり語学ができる人はうらやましいです!(^^)

とても興味あるご質問ですので、自分なりに思った事を書きます。

一番の原因は、ドイツ語を始めた動機によると思うんです。
ご自分では英語と同じ努力をしていると思っても、受験時と現在とではそのモチベーションが全く違うと思われます。
悪く言えば、べつにドイツ語ができるようにならなくても、大学に落ちると言うような大きな出来事がないからです。
お読みになりたい分野の本と言っても、べつに半年後にそれができるようにならないからといって、何の苦しみも罰則もないですよね。同様に、瞬時に大き...続きを読む

Qなぜ英語以外の外国語はあまり重要視されていないの?

国際化の時代を迎え、外国語を習う人も多くなりましたが、今でも外国語の中では英語が最も重要視されています。
日本の外国語教育は乳幼児から高齢者まで英語が大多数で、外国でも英語教育は実施されています。TOEICも約60カ国で実施されています。
それに引き換え、英語以外の外国語はあまり重要視されていない模様です。英語以外の外国語にも検定はありますが、受験者数は英検やTOEICに比べれはかなり少ないです。英語以外の外国語は大学でようやく習う程度です。
英語が最も重要視されるのは外国も同じで、英語を話す中国人も多いそうです。
これからの時代は、日本人なら日本語・英語のほかにもう1つ外国語が話せれるようになるべきだと思いますが、なぜ英語以外の外国語は英語ほど日の目を見ないのでしょうか?

Aベストアンサー

今も昔も外国語の中では英語が最も重要なのですが、とりわけ英語は別格的な地位にありますね。確かに日本では外国語の需要の中でも英語だけで90%以上を占めています。センター試験の外国語でも99%以上の人が英語を選択します。これに関してはnaga33kiさんも異議はないと思います。これについては今更冗長に書く必要もないと思います。ただ、この事実の他にもう2つ事情があると思います。

一つは、伝統的なイギリス、アメリカへの贔屓の傾向もあると思います。近代においてはフランスやドイツからの文化の影響も大きく受けましたが、戦前はイギリスが最も贔屓され、戦後はアメリカにシフトしました。つまり、日本人は英語圏の国への人気度が高いと言えます。#5さんも少し示唆されましたが、昔のロシアでは上流階級や知識人たちはフランス語の嗜みが要求されました。日本では英語が第1外国語の地位を獲得した時、ロシアではまだフランス語が教養の外国語として重要視されていました。英語は戦略的な意味合いが強く KGBや軍隊で1部の人間が徹底的に養成させられている程度でした。

もう一つは日本人の画一的な教育システムと外国語よりも数学や理科を重視する傾向もあると思います。英語でさえ 公立の中学では週3時間が普通です。昔は4時間でした。これは ゆとりの教育の一環でそうなったんですが、今は逆に「情報」など新しく覚えなくてはならないことも増えています。
また、高校で第2外国語のカリキュラムを設けているところは非常に限られます。英語でさえ手に負えなくなる生徒が多いのに、更にまた新しい外国語を教えたら
生徒の負担が大きくなるのではないか、教員の確保はどうするのか、英語に専念した方がセンター試験対策には有効ではないか という意見が多く、高校での第2外国語の導入には極めて消極的なのが現状です。

今も昔も外国語の中では英語が最も重要なのですが、とりわけ英語は別格的な地位にありますね。確かに日本では外国語の需要の中でも英語だけで90%以上を占めています。センター試験の外国語でも99%以上の人が英語を選択します。これに関してはnaga33kiさんも異議はないと思います。これについては今更冗長に書く必要もないと思います。ただ、この事実の他にもう2つ事情があると思います。

一つは、伝統的なイギリス、アメリカへの贔屓の傾向もあると思います。近代においてはフランスやドイツからの文化の影響...続きを読む

Q尊敬語と謙譲語の使い方を学びたい

僕は二十歳の外国人です。最近レストランで働き始めて、客と接するときが増えました。そこで問題発生しました。↓
普段使ってる丁寧語をはなせますが、客と接するときの敬語(尊敬語と謙譲語)を話せません。間違ったら、客に対して失礼ので、口を開けるのがとても怖いです。店の中でよく使う言葉、たとえば席まで案内や皿などを客から受け取るときに使う言葉で、いろいろ教えってほしいです。よく使う言葉でいいですので、是非是非教えってください。今すごく困っています。もしいいサイトがあれば、紹介してくれるとすごく助かります。どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず覚悟しておく必要があるのは、
「多くの日本人は正しい敬語を知らないし使えない」と言う事です。
丁寧語と敬語と謙譲語の区別の付かない人もいるほどです。
特に飲食店では、間違った「独特の変な言い方」が定着しつつあるので
周りの人の日本語をまねすると、もっと恥ずかしい事になります。

そこで、何が正しくて、何が間違いかを知っておく必要がありますので、
間違った敬語を紹介したサイトを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88%E6%95%AC%E8%AA%9E

以下は正しい敬語を紹介したサイトです。
・正しくしっかり覚えられるサイト
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/keimn.html
・一般的な敬語のサイト
http://www.job-getter.com/3interview/380.htm
・会社で使う敬語のサイト
http://itp.ne.jp/contents/business/tool/keigo.html

・本もあります。
「場面別 これが正しい接客の敬語です」(単行本) 河野 英俊 (著)
中経出版 (2003-04-22出版)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A0%B4%E9%9D%A2%E5%88%A5-%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8C%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E6%8E%A5%E5%AE%A2%E3%81%AE%E6%95%AC%E8%AA%9E%E3%81%A7%E3%81%99%E2%80%95%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8C%E5%9F%BA%E6%9C%AC-%E3%81%8A%E5%87%BA%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%8A%E8%A9%AB%E3%81%B3%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%8E%A5%E5%AE%A2%E5%BF%9C%E5%AF%BE%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D-%E6%B2%B3%E9%87%8E-%E8%8B%B1%E4%BF%8A/dp/480611801X/sr=8-1/qid=1172431099/ref=sr_1_1/503-4207137-5621550?ie=UTF8&s=books

まず覚悟しておく必要があるのは、
「多くの日本人は正しい敬語を知らないし使えない」と言う事です。
丁寧語と敬語と謙譲語の区別の付かない人もいるほどです。
特に飲食店では、間違った「独特の変な言い方」が定着しつつあるので
周りの人の日本語をまねすると、もっと恥ずかしい事になります。

そこで、何が正しくて、何が間違いかを知っておく必要がありますので、
間違った敬語を紹介したサイトを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88%E6%95%AC%E8%AA%9E

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報