ISOで品質目標・計画書を作成しなければいけません。
総務部門は認定対象外ですが、作成しなければならず
困っております。
お知恵をお貸しください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

品質目標」に関するQ&A: ISO9001 品質目標

A 回答 (2件)

1ヶ月(もしくは1年)のルーチンワークを


マニュアル化してみてはいかがでしょうか。

月初に月末の支払い伝票をまとめる
月半ばに次の支払いの概算を見積もる
中旬に給与に関する手続をする
総務(雑務一般)の流れや方法など
大きな会社ならば、それぞれ会計や庶務
などに振り分けられる仕事かもしれま
せんが、そういうマニュアルを作って
みると、目標などが見えてくるかも
しれませんよ。
    • good
    • 1

会社の品質目標は何でしょうか?


会社目標を達成するために各部門が取り組むべきことや達成すべきことを部門目標に落とし込む、という考え方をするのが自然な流れです。
一般的には「増益」などを会社目標として掲げている企業が多いと思いますが、そのような場合、総務部としては、各スタッフの業務分析(仕事調べ)をして重複作業等の無駄を排除する等のコストダウンを取り組まれては如何でしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

品質目標」に関するQ&A: 仕事での目標設定

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「2020年までにCo2削減目標1990年比25%」って?

先日、鳩山民主党代表は、2020年までの温室効果ガス削減の中期目標について「1990年比25%削減」を目指すと明言しました。

1990年比25%減とは、気温およびCo2濃度に換算すると、どれくらいの削減(減少)に当たるのでしょうか?

Aベストアンサー

 炭酸ガスの排出を25%削減しても、温暖化の防止、緩和には全く貢献しません。地球温暖化と炭酸ガス濃度の上昇は無関係だからです。
 1896年にアレニウスは炭酸ガス濃度が2倍になると気温が5~6度上昇すると主張しました。1865年に炭酸ガスが温室効果ガスであることを発見したチンダルは、実験で炭酸ガス濃度を2倍にしても炭酸ガスによる吸収が増えないことを明らかにし、当時の炭酸ガス濃度以上に炭酸ガス濃度が増えても温室効果が高まらないことを証明しました。

 温暖化炭酸ガス原因説では、炭酸ガスには温室効果があり、現状よりも濃度が高くなると、炭酸ガスによる地表からの放射の吸収が増えて、地球から宇宙に出て行く放射が減少するから、温度が上昇すると説明されています。
 しかし、炭酸ガスに温室効果がある所までは合っていますが、その後の部分は間違っています。炭酸ガスは、地表からの地球放射のうち、吸収可能な波長15μmの赤外線をものすごく強く吸収します。わずか1mで9割以上、5mで98.4%、10mでは100%吸収します。
http://www.sundogpublishing.com/fig9-13.pdf 1mの空気柱の赤外線吸収率(Petty)
 現在の炭酸ガス濃度は390ppmですから、わずか百分の1の3.9ppmしかなくても、波長15μmの地球放射は1000mの高さまでで全部吸収されてしまいます。
ということは、温室効果の大きさはゼロと3.9ppmの間には明らかな差がありますが、3.9ppmと産業革命前の濃度280ppmとの間、280ppmと現在の390ppmの間、390ppmと2倍の780ppmの間に温室効果の差はありません。
 実際に炭酸ガスが吸収できる15μmの波長では、地球放射と同じ大きさの大気放射が観測されていて、地表から上向きに出た地球放射はすべて炭酸ガスに吸収され、周囲の空気を暖めることなく、再放射されて大気放射として地表に戻っています。
http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/kenkyu/ke03.html 近藤純正先生のHPの図 3.5
http://www.aist.go.jp/ETL/jp/results/bulletin/pdf/62-6/nishimoto72.pdf 大気放射スペクトル測定例

 15μmの波長では炭酸ガスに吸収されずに宇宙まで出て行っている地球放射は全くありませんから、炭酸ガスの濃度が高くなっても、炭酸ガスによる吸収は増えませんし、温室効果も増しません。炭酸ガスはすでに温室効果を100%発揮済みであり、これ以上の温室効果は発揮できません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Atmospheric_Transmission_JA.png 大気通過後の放射スペクトル分布 
 水蒸気と炭酸ガスの吸収波長の地球放射は全て吸収されてしまうため、宇宙まで出て行けない。地表からの地球放射のうち、宇宙まで出て行き、放射冷却を生じるのは、どの温室効果ガスにも吸収されない大気の窓領域の波長の部分のみ。

 炭酸ガスよりもはるかに広い吸収波長域を持つ水蒸気も吸収可能な波長の赤外線を全て吸収し、同じ大きさの大気放射として地表に戻していますから、現在以上に水蒸気濃度が高くなっても、温室効果は増大しません。平たく言うと、15μmの炭酸ガスの吸収波長と水蒸気の吸収波長域では、地表からの地球放射と大気から地表に向かう大気放射が同じ値であるため、放射冷却は全く生じません。
 大気の窓領域の放射をふさいだ場合(対流圏オゾンの増加)のみ、温室効果が増大します。

 炭酸ガス濃度が増すと、15μmの吸収波長域が長波長側と短波長側に広がるから、温室効果が高まるとの主張(地球温暖化懐疑論批判、地球温暖化懐疑論へのコメントVer.3)がありますが、それは水蒸気が存在しない架空の世界での話で、実際の空気には炭酸ガスの50倍近い水蒸気が含まれていて、広がるはずの波長域と吸収波長が重なっています。従って、広がるはずの波長域は水蒸気によって既に吸収されてしまっていますから、炭酸ガス濃度が増しても温室効果は高まりません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Atmospheric_Transmission_JA.png 大気通過後の放射スペクトル分布

 炭酸ガスに一度吸収された地球放射は半分が上向きに再放射され、炭酸ガス濃度が増すと、吸収と再放射を繰り返して宇宙へ出て行く距離が増すから温室効果が高まるとの主張がありますが、地表では15μmについて上向き地球放射と同じ大きさの下向き大気放射が観測されています。
 従って、炭酸ガスが吸収して上向きに再放射した分は吸収と再放射を繰り返し、結局、全部下向きになって地表に戻ったことになります。15μmの地球放射と大気放射の差引はゼロで、宇宙に出て行く放射はありませんから、上記の主張は誤りであることがわかります。

 成層圏のような低温低圧の高空は未飽和だから、炭酸ガス濃度が増すと、温室効果が高まるという説がありますが、人工衛星からの観測では炭酸ガスが吸収可能な波長15μm(波数670/cm)について、気温-53度(220K)の成層圏下部からの放射をとらえています。
 0.1気圧では、わずか1mの空気柱でみると吸収は未飽和でも、実際の成層圏下部の厚みははるかに大きく、数十m、数百mの空気柱で考えると、吸収は飽和していますから、炭酸ガス濃度が高くなっても、温室効果は高まりません。
 また、地表からの15μmの地球放射は高さ10m未満で全て炭酸ガスに吸収されていて、成層圏下部まで届いている15μmの地球放射は存在しません。成層圏下部は炭酸ガスが赤外線を吸収する所ではなくて、-53度の空気に含まれる炭酸ガスが15μmの赤外線を放射する所です。
http://www.warwickhughes.com/papers/barrett_ee05.pdf
http://www.sundogpublishing.com/fig9-13.pdf 1mの空気柱、0.1気圧での炭酸ガスによる赤外線の吸収スペクトル(1.で既出)
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/taikitotaiyoenergy.htm 太陽スペクトルと大気の吸収の図 炭酸ガスは高度11kmでも15μmの吸収率100%

 温暖化は1900年代後半の、8000年ぶりという極めて活発な太陽活動によるものです。過去400年で見ても1900年代後半の太陽活動は最も活発です。太陽活動の気温への影響のタイムラグ(時間的遅れ)は15年位であり、太陽活動の低下の影響は2015年頃から出てきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%A4%89%E5%8B%95 太陽変動 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Sunspot_Numbers.png 400年間の太陽黒点数の推移
 20世紀の太陽活動の変化による光の強さの変化は0.2%ですが、0.3度前後の温度上昇をもたらします。過去100年の温度上昇は0.7度ですから、これだけでも半分近くを占めます。
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/mat009j/pdf/mat009j.pdf 元気象研究所所長 柳原一夫氏の報告
http://stesun5.stelab.nagoya-u.ac.jp/study/sub8.htm 
太陽風速度、宇宙線が気温に影響を与えるメカニズム 
アルプスの氷河は太陽活動が活発な時期に後退し、極小期に前進することを繰り返しています。
http://akumanosasayaki.blog.shinobi.jp/Entry/37 
http://www.envi.osakafu-u.ac.jp/atmenv/aono/CliHis.html
 太陽活動が不活発だった極小期はいずれも寒冷な気候となり、京都のヤマザクラの開花が遅れていることからも、太陽活動と気温の密接な関係がうかがわれます。
http://www.mission-k.net/globalwarming/cosmicray/cosmicray.html 
オマーンのモンスーン(降水量の指標)と太陽活動に非常に密接な相関

 炭酸ガスの排出を25%削減しても、温暖化の防止、緩和には全く貢献しません。地球温暖化と炭酸ガス濃度の上昇は無関係だからです。
 1896年にアレニウスは炭酸ガス濃度が2倍になると気温が5~6度上昇すると主張しました。1865年に炭酸ガスが温室効果ガスであることを発見したチンダルは、実験で炭酸ガス濃度を2倍にしても炭酸ガスによる吸収が増えないことを明らかにし、当時の炭酸ガス濃度以上に炭酸ガス濃度が増えても温室効果が高まらないことを証明しました。

 温暖化炭酸ガス原因説では、炭酸ガスには...続きを読む

QISO9001 品質目標

お世話になります。
弊社で、ISO9001を取得する事になりまして、
その事務局を任せられた者です。

早速ですが、品質目標の達成計画について、
詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

弊社では、品質目標に「不良率の削減」を掲げました。
これを達成させる為に、達成計画書を作成しています。
目標の達成を明確にする為に、「*%の削減」という
書き方ではなく、「不良率を*%にする」という
書き方をしたらおかしいでしょうか。
例えば、「不良率を1/2にする」、ではなく
「不良率を0.01%にする」という感じです。(例えばの数値です)

どっちにしても外部に出せるような資料ではないので、
できれば明確な目標値を持ちたいとの考えからです。

アドバイスを頂けましたら幸いです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

おかしくないと思いますよ。ウチの部署と同じです。
自分好みの表現の仕方でなければ気に入らない、というレベルで
指摘してくる人も中にはいますけど、中身は同じですから
書き方はどちらでも構わないと思います。

ただ、数値を限定するのではなく、たとえば不良率1/2以下、
不良率0.01%未満、のように範囲で示した方がいいかなと思います。

Q2020年、中国 GDP 2倍目標!

大笑いなのでしょうか?中国が20年に、GDPを2倍にするそうです。20年かと思ったのですが、2020年だそうで、国があれば良いですが、持つのでしょうか?

Aベストアンサー

 10%を毎年維持していけば充分いける数字。ここ十年の中国のGDPの伸び率の平均が10%弱だから、決して大笑いの数字じゃないし、目標としては妥当かな。
 国が持つかどうかはまた別の問題だけど、それは他人事じゃないし。

QISO9001の品質目標について

品質目標に、受託ソフト開発受注件数 前年対比+1件
にしたのですが、品質からとらえると目標が売上目標ではないか
という解釈をとらえられそうで、別の目標に変えるほうが良いの
でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

顧客が喜んだ(満足した)結果として「受託ソフト開発受注」が前の年よりも1件でも増える、と考えれば、特におかしい品質目標ともいえなくなります。

目的=顧客満足

です。そして

目標=目的が達成されているかどうかを知る指標におけるマト(目当て)

なのですから。

しかし、この品質目標が、上記のような理解のうえに成り立っていることを周知徹底しなければ、誤解をうけるでしょう。

あくまでも「顧客満足の結果としてこの目標が達成できるように活動しよう」というのが、ISO9001の目的にそった考え方だと思います。

Q温室効果ガス削減目標

09.06.10.日本政府は

COP15向けの温室効果ガス削減目標

を2020までに15%と発表しました。

これについて2つ,教えてください。

1)15%は,実際には何億?トンになりますか。

2)京都議定書は2008~2013年まで6%

  となっていました。
  
  そうするとCOP15の目標数値は

  2013~2020年となるでしょうか。
  
  それとも,COP15(オランダ)で

  2020年までにウン%と決まれば,

  その期間は,2010~2020と考えられ,

  COP13(京都議定書)はチャラになってしまうでしょうか。

政府機関などネットで探しているのですが,答えがみつかりません。

よろしくお願いします。



  
 
  こ

Aベストアンサー

edophiliaさんの回答で「2005年度日本のCO2総排出量は13億5800万トン」とありましたが、これはメタンガスなどを含む温室効果ガスのCO2換算の総排出量ではないでしょうか?

正確には、環境省のHPに詳細が出ています。ご参考までに。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/index.html

Q品質目標

登録審査で品質目標の実施計画表の様式を見直すように
言われました。何かサンプルはないでしょうか?

Aベストアンサー

ISOの登録審査でしょうか?
そうでしたら、単純にその「表」だけサンプルに合わせて作るという訳にもいかないでしょう・・・。
あなたの会社のISOがあり、その中で使うツールですから、自社の思想で作らなければ、形はできても「魂入らず」となります。

まずは、審査員の指摘内容を再確認して、「どういうポイント」を「どういう理由」で見直す必要があるのかを理解して、自社で考えましょう。
審査員の指摘の趣旨がわからなければ、納得できるまで確認していかなければなりません。

Q2020年までに外国人観光客を増加させるメリット?

観光庁始め、オリンピックの2020年までに、
外国人観光客を2,000万人に増やすことを目標に色々と動きが出ています。

ところで素朴な疑問ですが、外国人観光客が定常的に増えるメリットって、
分かり易い「外貨獲得」以外にも何かありますでしょうか?

何がどういいのか具体的にご教示頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

>分かり易い「外貨獲得」以外にも何かありますでしょうか?

ズバリ、観光産業の育成です。かつて日本は工業立国と言われ、多くの工業製品を輸出してきました。しかしこの輸出ドライブは多くの貿易摩擦を引き起こし、円高と相まって工場の海外移転を余儀なくされました。その結果、円高になっても期待するほど輸出が伸びず、円高のメリットが実感できず、デメリットばかりを感じる昨今となりました。

今更海外に出てしまった企業・工場を呼び戻すことは大変困難であるばかりでなく、貿易問題に手を付けると新たな貿易摩擦を引き起こす可能性が大です。こういう時代にこそ伸ばすべきは観光産業です。観光産業は環境汚染の心配はなく、貿易摩擦も引き起こしません。然も日本は歴史や文化、文化遺産に於いても観光立国となる資質が充分に有ります。下の観光ランキングを参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

2013年の実績の日本より上位の国で、日本よりも歴史が古いなどの他、遺産、文化、観光資源に富んでいると思われる国がいくつあるでしょうか。具体的に指摘すると問題が出るかもしれないので敢えて言いませんが、日本はこれらの国に充分伍す、或は上回わる観光立国となる素質を秘めているのです。

観光立国となるにはホテル、交通機関の他、ガイドの育成、観光施設の整備が必要です。これは努力すれば必ずできることです。最近の語学教育への注力は観光立国への布石とも思われます。また観光産業に欠かせないのは安全です。この点に関して日本はぴか一の国であると思われます。治安の良さだけでなく、政情の安定も非常に重要ですが、これもまたぴか一です。

ということで、引き続き高い技術レベルの工業製品製造に注力はしますが、今後は観光立国にもして雇用の拡大を図り、経済を安定させようという狙いです。観光産業が活発になれば、より円安に強い経済になるばかりでなく、物の製造技術と違い、日本観光のノウハウなら海外企業に取られてしまうという心配もなく、海外資本の侵入を受けにくい、これからもずっと安定した産業となります。当然社会も潤い、安定することでしょう。

>分かり易い「外貨獲得」以外にも何かありますでしょうか?

ズバリ、観光産業の育成です。かつて日本は工業立国と言われ、多くの工業製品を輸出してきました。しかしこの輸出ドライブは多くの貿易摩擦を引き起こし、円高と相まって工場の海外移転を余儀なくされました。その結果、円高になっても期待するほど輸出が伸びず、円高のメリットが実感できず、デメリットばかりを感じる昨今となりました。

今更海外に出てしまった企業・工場を呼び戻すことは大変困難であるばかりでなく、貿易問題に手を付けると新た...続きを読む

QISO認定取り消し?

ISO取得工場なのですが、ポカミスでたくさんの不良が出ました。
記録を残していて監査の役人に見られるとどうなりますか?
「マニュアルどおりにしないからだ、認定取り消し!」などと言われないでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ISO9001は、マニュアル通りに運用しているか、自ら作成したマニュアルを遵守しているをチェックしています。
ポカミスそのものは問いません。ポカミスを見逃すとマニュアル不備を問われます。
逆な見方をすればポカミスは、マニュアルがあることでミスを発見できたと言えます。
マニュアル通りに記録し、ミスの原因追求および再発防止について文書化し、全員周知してあること、マニュアルの不備があったとしても、そのマニュアルを改正してあれば、ポカミスによる認定取り消しはありません。

Q2020までのPB黒字化は緊縮過ぎませんか?

2020年までに基礎的財政収支を黒字化…と盛んに報道されてますが、それってホントに絶対必要、日本にとって無難?な政策目標なんですかね?

無難、ってことは無いかもしれませんが…あまり無理のある政策をしてもどうかと思うんですよね。

毎年毎年40兆円くらい国債を発行していて、これを2020年以降、国債の利払い以外には発行しないようにするってことですよね?国債の発行リズムをあと5年で年間20兆円くらい減らすってことですよね?それって超緊縮財政なんじゃないですか?なぜ政府はあと5年で予算を20兆円減らす、とハッキリ言わないんでしょうか?17年の消費税増税が引っ繰り返らないようにするための、あるいは次々に増税していくための複線なんじゃないですかね?

国債の発行額がGDP比で拡大していかないようにとどめておけばそれで十分なんじゃないんでしょうか?アベノミクスは経済上げ潮路線、その路線はおおむね正しいと私は思ってましたが、それと同時に超緊縮財政をするのは、マクロ理論から言っても国民所得を増やす意味でアベコベ、逆行路線じゃないですか?

Aベストアンサー

平成27年予算をまずは確認しましょう。
27年当初予算では、公債発行以外の歳入は59.5兆円ほどです。対する国債費以外の歳出は72.9兆円ほどですから、PBは13.4兆円ほどになります。
消費税増税で1兆円程(国税分のみ)歳入が増加するので、5年で12.5兆円ほどをどうにかするという見込になります。つまり年に2.5兆円ほどです。
因みに、昨年の当初予算ではPBは18兆円程でしたから、この1年で4.6兆円程のPB改善がみられたという計算になります。

個人的には、地方への財源移譲及び地方活性化が成功すれば基礎的財政支出のうち15.5兆円を占める地方交付税が減るため、簡単ではありませんが野心的というほどでもない、と思います。

Q建設コンサルタント会社・海外部門

こんばんは。
私は農学部(農業土木がメインの学科)に通っている1年の学生です。先日大学でコンサルタント会社の方の講義を聴いて、建設コンサルティングに興味を持ちました。それまではコンサルタントというと経営とか人事とか、全く興味のない分野であると思っていたので、調べたこともありませんでした。
 この講義をきっかけに調べてみたところ、これからは公共事業が減るために厳しい業界であることを知りました。私は途上国の水利施設開発や農業開発などの方面に関心があります。そうすると、コンサルタント会社の中でも海外部門になると思うのですが、この海外部門について質問があります。
 おそらく新卒で採用されたとしても、すぐに海外部門に派遣されることはないのだと思います。(私の勝手な想像ですので、もし違っていたらご指摘願います。)どのようなきっかけで海外部門に移るのでしょうか。また海外部門というのは会社の中でどのような存在なのでしょうか。私の浅い調べでは、海外部門を持つ建設コンサルタント会社は2社しかありませんでした。大きな取引先の一つにはJICAという独立行政機関がありますし、需要もあるようなので経営不振になることはないように思えます。従って、海外部門を持つ会社は「大手」と言って良いのでしょうか。過去の質問で、大手を選んだ方がよいとありますが、大手といわれてもピンと来ないんです。
 それから、まだ不完全な知識ですので建設コンサルタントについていろいろな方の説明を受けたいと思います。例えば、手持ちの資料を見る限り施工計画・設計もコンサルタントが作成するように思えるのですが、ゼネコンは施工だけをするのでしょうか?
また、私のケースの場合、大学は修士程度は取っておいたほうが良いのでしょうか。

質問が長くなり申し訳ありません。どなたか詳しい方でお時間のある方、付き合って頂けると幸いです。よろしくお願いします。

こんばんは。
私は農学部(農業土木がメインの学科)に通っている1年の学生です。先日大学でコンサルタント会社の方の講義を聴いて、建設コンサルティングに興味を持ちました。それまではコンサルタントというと経営とか人事とか、全く興味のない分野であると思っていたので、調べたこともありませんでした。
 この講義をきっかけに調べてみたところ、これからは公共事業が減るために厳しい業界であることを知りました。私は途上国の水利施設開発や農業開発などの方面に関心があります。そうすると、コンサル...続きを読む

Aベストアンサー

海外建設コンサルティング企業協会(下記URL)のHPが参考になると思います。

参考URL:http://www.ecfa.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報