NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

いつもお世話になっております。

地域は千葉で、雪は年に数回降る程度でして、大して積もらない時もあります。
しかし雪が積もった時、雪がお隣さんの屋根から落ちてきて、軒下(ちょうど敷地の境界あたり)にずらっと雪の塊が出来てしまいます。
屋根に雪止めという金具をつければこの状況は改善されるでしょうか?

実はちょうどその軒下の境界付近にどうしてもフェンスをつけたいと思っておりまして(何のフェンスもなしに2mの距離でちょうど掃き出し窓がお隣と向かい合わせなので、目隠しも兼ねて)、しかし落雪の衝撃でフェンスが壊れる可能性があるのが心配なのですが、雪止めをつければそれは防げるのでしょうか。

また、つけるとしたらだいたいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
昔からある一般的な木造家屋で、屋根は昔ながらの瓦で勾配も普通だと思います。地面から軒先までの高さは目測で大体3.5~4m位かな?と思います。
設置したい長さは4m程です。

費用によっては、こちらで金額負担してお隣の屋根につけさせてもらおうかなと思っています。
(落雪の衝撃で壊れないフェンスをつくる方が費用がかかりそうと思いまして…)
どなたかアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

雪は意外と重いので、フェンスより先に雪止を付けるのが良いと思います。


Lチャネルとは等辺山形鋼のことです。
http://www.kohtetsu.jp/seihin30.html
長岡や山形、米沢、大曲など雪の多い地域で使う方法です。千葉でそのような雪止を使うのはあまり意味がないと思います。

また、No.1の方が紹介している方法は、瓦を葺く前にそのワイヤを固定する金物を設置する必要がありますので、現実的ではありません。

ジョイフルホンダなどで瓦屋根に後付けできる雪止めがあるはずですので、探してみて下さい。1ヶ数百円程度のはずです。

瓦屋根の谷ごとにびっしり雪止を付ければかなり落雪を止められますが、それでも完全に止めることは出来ません。たとえアングルを使った方法でも、アングルの下辺と瓦の谷の間の空間から落雪が起きます。

この回答への補足

ホームセンター等で雪止めの金具が入手できることはアドバイスいただいて知ることが出来たのですが、人様の家に自分で取り付けるのはちょっと抵抗があるので、取り付けるのでしたらは業者さんにお願いしようと思います。
業者さんに取付けをお願いした場合、大体どれくらいの費用が予想されるのでしょうか…。

その点に関してどなたかご回答いただけますと幸いです。

補足日時:2006/10/28 16:22
    • good
    • 4
この回答へのお礼

具体的にアドバイスありがとうございます、参考になります。

後付けの雪止めもあるのですね!
価格もそんなに高くないようで、ぜひ取り入れたいところですが…それをどうやって屋根に取り付けるかが問題ですね(^^;
結構な高さなので…

しかしそういった雪止めも完全には落雪を止められないようで、フェンスに衝撃がかかってしまうのは完全には防げないですね。
やはり落雪にも耐えられるフェンスにするか、フェンスを諦めるかしかないのでしょうか…。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/27 15:39

以前千葉に行ったとき、雪止めのある屋根がありました。

その近くに住む知人の話では、雪は滅多に降らない、とのこと。別の意味があるのかもしれませんね。

瓦屋根の雪止めですが、多くの場合、雪止めのある瓦を屋根に並べます。雪止めのある屋根はいくつか種類がありますが、いずれも普通の瓦と同じ大きさです。瓦を交換すれば良い? と思ってしまいます。が、その辺りは詳しくないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雪止めのある瓦というのがあるのですね。
雪止め付きの瓦に交換する…というやり方もあるのかもしれませんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/27 15:32

千葉あたりであれば、10cm程度の積雪で南側はほとんど無意味です


北側の屋根ならば、それなりに意味はあります

見栄えを気にしなければ
20~30mmのLチャネルを付けるのが簡単です、屋根の天端からワイヤ等で吊れば良いでしょう(天端で保持できなければ、ワイヤを反対側の軒まで延ばして軒に固定)
(瓦屋根にそれようの雪止めを付けるのは、材料はそれほどかかりませんが、かなりの工事になります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

積雪は積もっても10cm程かなと思いますが、屋根は北側です。

雪止め金具は、瓦の場合設置が結構大変なのですね。
Lチャネルというのは知りませんでした。設置が簡単なら、検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/23 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋根の雪が隣の敷地に落ちる

うちの家の屋根の雪が隣の敷地内に落ちて、お隣がカンカンになって怒ってこられました。「訴える」とも言っておられます。この場合法律上はどうでしょうか?わざと落としているわけではないのですが・・・。

Aベストアンサー

大体相隣関係で問題になるのは、

・窓の位置(民法1m規定)
・換気扇やエアコン室外機
・雨水、落雪
・隣地との距離(民法50cm規定)
・土地境界線問題(越境、塀等)

ですね。日照については建築基準法を遵守していれば回避できるというか相手の文句は言いがかりになりますけど、、、、

不動産業者に問い合わせたと書かれているところを見ると、建売ですよね。そういう場合はほとんど隣家のことなど気にしないで設計するし工事もすることが多いのでね。。。。ままそういうトラブルに出くわすことはあります。
とりあえずは上記5点に気を配っていればほかのことについては少なくとも法的に自分が従わなければならないことはないと思いますよ。

Q屋根の雪止めについて

北東北在住です。
屋根からの落雪防止のために雪止めをつけようと検討しています。
雪止め金具をつけると落雪せずに屋根の上に雪が積もるのはわかるのですが、その後日光などで自然に溶けるのでしょうか?
それとも屋根に上って人力で雪下ろしをしないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

雪止めは、雪が積もるたびに屋根から雪が滑り落ちてくることはなくなりますが、降雪が続くと屋根に雪が融けずに残るような日が続くと、雪止め金具に雪が凍り付いて絡み付いて巨大化していきます。そしてますます雪が屋根から落ちずに残って氷の塊が発達して行きます。それが少しずつ屋根にまわり込んで雨樋まで氷がまとわりつくと雨どいが壊れてしまいます。
降雪の下の強大化した氷の塊やツララは、温かい日が続くと屋根の表面に融けた水が少しずつ流れて、大きな氷が、雪止め金具にくっついておれずに、ひび割れて一気に落下してきます。
僕の隣の家の屋根には雪止めが3段にわたって設置されていますが、氷の塊が屋根の雪が融けだすと、30cmx40cmx1m位の大きさの大きな氷塊が5~6個、屋根を滑って土地の境界を越えて僕の敷地や外壁にものすごい勢いで滑り落ちてきます。両家とも土地の境には1.5m位の高さのブロック塀を作って、家もその境界から1mほど離して立てています。
それでもすごい勢いで塀の上を飛び越えて僕の敷地に落下してきます。
その犬走りをかねた通路を歩いていれば間違いなく重症ですね。
年により降雪量が違いますが、雪が何日も降り続き屋根の上の氷が巨大化した年は危ないですね。

雪止めは、雪が降るだび、その都度少量づつ、屋根から落雪させた方が危なくないかも知れません。隣の家は、雪止めをしてあるから大丈夫といって、屋根の雪下ろしは一切していません。そのため降雪が続くと、雪止め金具に巨大な氷の塊が発達するのだと思います。屋根にも大きな重量がかかると思います。
適当な降雪に達したら、雪下ろしするのが一番いいかも知れませんね。
雪止めもあまり雪止め効果があるものは巨大な氷の塊ができやすいかも知れませんね。

> 少量の雪や氷なら日当たりがよい屋根だと自然に融けるでしょう。
しかし北側の屋根、日照が少ない屋根だと雪止め金具に巨大な氷ができ、雪止め金具で支えられなくなった時一気に滑り落ちてきますね。

>それとも屋根に上って人力で雪下ろしをしないといけないのでしょうか?
雪の積もり具合や、積雪の下の氷の塊の大きさ(厚さ)次第で、一気に落下する危険や雪の重みで屋根が傷んだり、氷で雨樋や雪解け金具が痛んだりする恐れがあると思ったら、雪下ろしをした方がいいでしょうね。
降雪量や雪止めで支えている氷が突然一気に落ちてきても危なくない程度なら雪下ろしは不用でしょう。

日照の悪い屋根の場合で積雪が積みあがる屋根では、巨大な氷塊は雪止めのところや雨樋に発達する前に、人力で落とすようにすますね。屋根に上って雪下ろしや雪解けショベルで落としたり、竹箒を使って落としたり、日照が多い時に放水して落とすなど、その家の状況にあわせた方法を使います。家によっては屋根に上りにくい傾斜だったり屋根に上れなかったりします。融雪散水などができるようになっているなら積雪が多くならない内に熔かしたり流して落としてしまえるかも知れません。その家々の作りによって方法も臨機応変に対策することですね。

僕の家は、屋根もほとんど平坦な作りなので屋根からの落雪は起こりませんが、ベランダ=屋根の上が洗濯干し場や布団干し場になっている関係上、積雪のたびに雪を雪かきショベルで地上に雪を落して雪下ろしをしています。

参考になりましたらいいですが。。。

雪止めは、雪が積もるたびに屋根から雪が滑り落ちてくることはなくなりますが、降雪が続くと屋根に雪が融けずに残るような日が続くと、雪止め金具に雪が凍り付いて絡み付いて巨大化していきます。そしてますます雪が屋根から落ちずに残って氷の塊が発達して行きます。それが少しずつ屋根にまわり込んで雨樋まで氷がまとわりつくと雨どいが壊れてしまいます。
降雪の下の強大化した氷の塊やツララは、温かい日が続くと屋根の表面に融けた水が少しずつ流れて、大きな氷が、雪止め金具にくっついておれずに、ひび割...続きを読む

Q隣家の屋根からの落雪とフェンスの強度

庭に柵を自分でつけようと思ってこちらで色々質問させて頂いていたのですが、ひとつ問題に気付きました。
雪が積もった時、隣家の2階の屋根から雪が落ちてうちの敷地に積もるのですが、それがちょうど柵をつけようと思っている場所なんです。
しかもそこは日陰になっており、積もった雪は数日は溶けずに固まっています。

雪国なら何か対策をする(してもらう)のも良いかと思うのですが、ここは年に数回雪が降るか降らないかで、積もらない時もあります。
わざわざ「落雪対策」するのもなんだかなぁ…という感じです。

ちゃんとしたアルミフェンスなどを業者さんに施工してもらえば、強度的にもそんなに心配ないのかもしれませんが、そこまで予算がありませんでして…。
それで自分で柵をつけようとあれこれ考えていたのですが、やはりDIYの簡易的な柵では落雪で壊れたりしてしまうのでしょうか。
それとも、落雪で壊れるくらいなら、その前に強風で倒れてしまうでしょうか(^^;(風の影響をあまり受けないように、低めで面積の少ない柵にするつもりなのですが…)

どなたかアドバイスいただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

庭に柵を自分でつけようと思ってこちらで色々質問させて頂いていたのですが、ひとつ問題に気付きました。
雪が積もった時、隣家の2階の屋根から雪が落ちてうちの敷地に積もるのですが、それがちょうど柵をつけようと思っている場所なんです。
しかもそこは日陰になっており、積もった雪は数日は溶けずに固まっています。

雪国なら何か対策をする(してもらう)のも良いかと思うのですが、ここは年に数回雪が降るか降らないかで、積もらない時もあります。
わざわざ「落雪対策」するのもなんだかなぁ…という...続きを読む

Aベストアンサー

雪国に住んでいます。
屋根から雪が落ちるということはそれなりに積もった場合がほとんどです。
2階より1階が広い家(つまり1階の上に屋根がある)に以前住んでいたのですが、たまに2階からの落雪がありましたが、そのときは家が揺れるほどの震動でした。

多分何百キロ(もしかしたら1トンクラス?)の雪が一気に落ちてきますので。

ただ、雪国のために落雪防止のストッパーが付いているので、屋根にかなりの雪が溜まるためこうなるので、雪国でなければ、それほどの量の雪が一気に落ちてくることはないかもしれません。

いづれにしても屋根からの落雪は結構な重さになる場合がほとんどですのでその辺も十分留意されたほうがいいです。(屋根への積雪は、たまの雨で更に重く圧縮される場合があるので)

Qタマホーム オプション金額について

質問です。
当方、現在タマホームで新築を進めています。
間取りもほぼ決まり、変更合意手前まで来ております。

並行して設備面を決めているとことなのですが、
昨日バスに関するオプション金額がでました。
希望は以下の通りです。

仕様:
TOTOサザナ
1624 スーパーワイド浴槽 Sタイプ
<オプション>
ダウンライト、ガラス扉

上記の内容だとオプション扱いになるかと思うのですが
この内容で追加料金が 94万円と言われました。

確か、標準でもサザナ1620か1818が設定できると思うのですが

※定価ベースで
1620ワイド浴槽 Nタイプ 87.4万円(標準追加料金なしと考えた場合)
に対して
1624 スーパーワイド浴槽 Sタイプ 120.8万円
これにオプションでダウンライトとガラス扉をつけても
94万円の追加料金は高すぎると思うのですが。

一応、高すぎませんか?
と尋ねましたが
「あまり普段は取り扱わない商品なんで、、」との回答

かなり不信を抱いています。

この辺経験された方いらっしゃいませんか?

ちなみに、施工面積は68坪なのですが
施工面積が大きくなればオプションもグレードが変わってくると
他の方の書き込みを見たのですが本当でしょうか?

本当であればこのような説明は一切受けておりません。

ご存知の方教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

質問です。
当方、現在タマホームで新築を進めています。
間取りもほぼ決まり、変更合意手前まで来ております。

並行して設備面を決めているとことなのですが、
昨日バスに関するオプション金額がでました。
希望は以下の通りです。

仕様:
TOTOサザナ
1624 スーパーワイド浴槽 Sタイプ
<オプション>
ダウンライト、ガラス扉

上記の内容だとオプション扱いになるかと思うのですが
この内容で追加料金が 94万円と言われました。

確か、標準でもサザナ1620か1818が設定できると...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
我が家も新築を建築中で、お風呂は徹底的に内容を確認しました。
(タマホームではないですが)

サザナのカタログを持ってますか?
1624のSでダウンを付けると定価で70,000円。ガラス扉は
強化ガラスタイプですか?もしそうなら定価でMAX150,000円。
この2つで220,000円ですね。
仕様差額分が336,000円ですから、計556,000円。
これに対し、提示額が94万円なら、約40万円がタマの儲けになる
ので、やはり高いと感じます。
(我が家はサザナで1620ワイド浴槽Nです)

ところで、実際にショールームで見積りを出してもらいましたか?
そこに細かい仕様含め標準価格が出てくるので、タマの標準仕様と
希望の1624S+DL+ガラス仕様の見積もりをもらい、営業に96万円の
根拠を説明させましょう。
試しに、標準の1620ワイドNにダウンとガラス扉を付けた時の
オプション額を聴いてみてはどうでしょう?

営業が暑かったことが無いと言っても、サザナが標準で選べるのであれば
仕入れ率が標準から外れるので高いのは判りますが、定価ベースでの差額を
越えるのは考えにくいので、ここは納得できるまで説明を求めるべきと
思いますよ。

残念ですが、タマホームは契約後のオプション等が高くて、総額坪単価が
高くなる傾向があるので、納得出来ない時は徹底的に説明を求めた方が
良いですよ。

我が家も、「ん?」と思う金額が出た時には、営業に根拠を説明させてます。

こんにちは。
我が家も新築を建築中で、お風呂は徹底的に内容を確認しました。
(タマホームではないですが)

サザナのカタログを持ってますか?
1624のSでダウンを付けると定価で70,000円。ガラス扉は
強化ガラスタイプですか?もしそうなら定価でMAX150,000円。
この2つで220,000円ですね。
仕様差額分が336,000円ですから、計556,000円。
これに対し、提示額が94万円なら、約40万円がタマの儲けになる
ので、やはり高いと感じます。
(我が家はサザナで1620ワイド浴槽Nです)

ところで、...続きを読む

Qグラスウールを高性能にすれば・・・・

都内で家を新築予定(木造軸組み)のものです。
建築を依頼している工務店では16kのグラスウールで施工するようです。
オプション料金で高性能グラスウール24kや32Kのものに変更すれば、
期待した程に断熱性能はあがるのでしょうか?
また部屋と部屋の壁にも防音としてグラスウールをいれてもうおうと思いますが
防音性能は期待できますでしょうか?
グラスウールは施工する業者によるところが大きいようですが、
みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

グラスウールにも色々ありますから一概にはいえませんが、断熱性能は断熱材の熱伝導率でわかります。
それと厚さで性能が変わります。
NPO新住協が作ったQPEXというQ値を計算するソフトで計算してみました。
同じ厚さでは高性能GW24Kと34Kではあまりかわりませんが、高性能ではない16Kでは少し差が出ました。
グラスウールの評判はいろいろですが、安く厚さによって性能がでやすいので私もグラスウールにしました。
一番、流通しているのは高性能16K、24Kあたりでしょうから、安く手に入るのではないでしょうか?
断熱性能を上げるのは、窓の強化(樹脂サッシ等の導入)、断熱材を厚くする、熱交換システムを導入。バランス良く強化すると良いと思います。

グラスウール、セルロースファイバー、断熱材はしっかりした業者に施工してもらった方が良いと思います。そのときは隙間値(C値)が参考になるのではないでしょうか?
HMがC値2.0以下、平均1.0、0.5以下は秀逸だと思います。1.0以下であれば問題ないと思いますが。

以上、参考になれば幸です。

Q屋根瓦の雪止め

現在、新築工事中ですが、隣の家から「雪止めは付いてないんですね」と言われました。
これは、暗に雪止めを付けてくれと言われている気がしますが、雪止めを付けることは、
どの程度効果があるのか良く理解できていません。

拙宅の地域は、雪が降るのは年に2、3回で、積雪は最大でも10cmまではいきません。
屋根は切妻の5寸勾配の平瓦で、最長5m程度勾配が続く場所があります。
また、拙宅と隣の家の境界までは1.2m程度ですが、軒先からだと50cm程度です。

そこで、質問なのですが、この条件で雪止めを付けると、雪は屋根で溶けて殆ど落ちていきませんか?
それとも、雪止めを付けることで、かえって雪を堰き止めてしまって、
落ちるときは大量に纏まって落ちてしまうことは無いでしょうか?

経験者の方や、事情に明るい方のご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

>雪は屋根で溶けて殆ど落ちていきませんか?

はい、10cmくらいの積雪ですと屋根で融けてしまいます。

>それとも、雪止めを付けることで、かえって雪を堰き止めて
>しまって、落ちるときは大量に纏まって落ちてしまうことは
>無いでしょうか?

これはよほどの豪雪地帯でない限りありません。雪止めは屋根から雪の塊が落ちて、下を通る人に当たって怪我をしないようにする役割もあります。屋根の北側で降った雪が何日も融けず、次第に氷状になった場合落ちてくると非常に危険です。安全対策とお考え下さい。

Q隣の家のカーポートの屋根が、我が家の方に傾斜をつけて設置されました。

隣の家のカーポートの屋根が、我が家の方に傾斜をつけて設置されました。
事前に何の説明も無く昨日、仕事から帰るとカーポートがありました。
隣の人間にナゼ自分の家側に傾斜をつけなかったのか?当家に雨水が全て
流れてくるので屋根の傾斜を反対にしてくれ!と言った所、自分の敷地に
どのような建て方しても勝手だろ!と言い話になりません。
良い方法はありますか?カーポートとはいえ建築物なので建築確認が必要なので(隣家は確認はとってないと思います)役所に言え解決できるのでしょうか?
民法218条に違反してるので、そのことでやめさせる方法はありますか?

Aベストアンサー

ちょっと気になりましたので。

カーポートは立派な建築物です。
建築の法律上でも建築物として扱われますので、基本的には確認申請が必要になります。

ですので、建ぺい率や北側斜線も関連します。
また、防火地域などでは防火措置も問われます。
基本的には本体の建築物と同等として扱われますのでご注意ください。

この現実を知らないのか、もしくは知っていながらなのか
確かに、法規を無視しながらカーポートを建てている業者はたくさんあります。

新築物件でおこなう常套手段は、
確認申請の役所の完了検査が終わったあとにカーポートを建てる方法です。

これは、ビルダー側もカーポートが建築物だと知っているからこその手段です。

ちなみに、カーポートに屋根と梁がなければ建築物とは扱われません。
(屋根がないとカーポートの役目を果たさないと思いますが)

これは、よくリフォームで扱われる手段で
屋根と梁を一時的に外してしまって
完了検査後に復旧する方法です。

役所も、カーポートの柱だけ立っているので常識的にカーポートだとわかりますが、
屋根と梁がないので建築物とはみなせず、黙認して合格を告げます。


ご質問者さんのへの回答ですが、
お隣で建てられたカーポートが何らかの法律に触れている根拠があるのであれば
それを役所に伝えることによって役所が動いくれるとは思いますが、
ただ現状を伝えるだけでは役所は何もしてくれないでしょう。

役所とはそういうものです。

雨水が(ほんとうに)ご質問者さんの敷地内に排水されているのであれば
これは、法律で告訴を起こすことが可能ですが、
普通、よほどの恨みがある場合でもなければそのような措置は出来ないと思います。

ご質問者さんに心当たりはお有りですか?

ましては、カーポートを施工したのは業者だと思いますので、
特別な依頼をしなければ施工者としてそのような措置は避けるべきして当然です。

依頼主(施主)から「排水はとなりの敷地内に流してくれ」という
施工依頼がない限り、施工者側は「排水は隣に流してはいけない」
ということを当然のように知っていますのでそのような施工をするはずがありません。

ですので、この点は、おそらく質問者さんの早合点ではないかと思われます。

カーポートに隣地へ雨水がいかないような処理がされているはずです。

「自分の土地に何を建てても勝手だろ」というのもかなり問題がありますが、

深く調べもせずに「勾配を逆にしてくれ」というのは逆なでするものがあります。

おそらく、客観的に見てご質問者さんとお隣さんとでは「似たもの同士」ではないかと思われます。

性格的にではなく総合的にです。

このような場合は、お互いに認め合いたくないのですが、
当人の本人も嫌だと思う自分の性格が似ているのだと思います。

このような自体は、行動を起こせば起こすほど泥沼状態になっていきますので
おたがいに譲りあう精神が必要かと感じます。

ちょっと気になりましたので。

カーポートは立派な建築物です。
建築の法律上でも建築物として扱われますので、基本的には確認申請が必要になります。

ですので、建ぺい率や北側斜線も関連します。
また、防火地域などでは防火措置も問われます。
基本的には本体の建築物と同等として扱われますのでご注意ください。

この現実を知らないのか、もしくは知っていながらなのか
確かに、法規を無視しながらカーポートを建てている業者はたくさんあります。

新築物件でおこなう常套手段は、
確認申請の役所の完了検...続きを読む

Q地盤改良費用が高くて困っています

タマホームで家を建てようとしています。
JHS(ジャパンホームシールド)で地盤調査を実施した結果、
柱状改良が必要との結果がでました。
タマホームを通じて出てきた見積もりでは、地盤改良費用が
150万円強で、我が家で想定していた費用を大幅に上回って
おり、外構工事費用の削減等で何とかしたいと検討しており
ますが、削減にも限界があり、何とか地盤改良費用を下げる
ことが出来ないことかと、家族で悩んでいます。
そこで、見積もり額が妥当なものなのか、何か費用を下げる
方法が無いものか、どなたか、アドバイス頂けないでしょうか?
建物の概要と、地盤調査結果は以下の通りです。
宜しくお願い致します。

建物:木造2階建て、1階床面積108m2
   (1階概略形状 長方形8m×12m)
   2階床面積68m2
調査方法:1階面の4角および中央を2点、計6点を
    スウェーデン式サウンディング試験にて

調査結果:「調査値は低地に位置しており、地盤は砂質土および
粘性土を主体としております。調査の結果、建物に直接的影響を
与える範囲内において圧縮性の高い軟弱な自沈層が厚く分布している
事から、予定建築物の載荷重による圧密による不同沈下の恐れが
あるものと考えられます。対策として、基礎下に柱状地盤改良工事を
行い、建物への長期安定性を確保する事が必要と考察いたします。」

特記事項:「SS試験において、貫入障害は発生しています。工事施工
において障害となる可能性があります。」

許容支持力:<20KN/m2

調査データ:
測定番号1(建物4角の1つ)
 最終貫入深さ 15m
 貫入深さ10.25mにて許容支持力>120KN/m2
測定番号2(建物4角の1つ)
 最終貫入深さ 7.5m
 貫入深さ7.25mにて許容支持力>120KN/m2
測定番号3(建物4角の1つ)
 最終貫入深さ 10m
 貫入深さ7.75mにて許容支持力>120KN/m2
測定番号4(建物4角の1つ)
 最終貫入深さ 10m
 貫入深さ7.25mにて許容支持力>120KN/m2
測定番号5(建物中央部の1つ)
 最終貫入深さ 0.31m
 貫入深さ0.31mにて許容支持力>120KN/m2
測定番号6(建物中央部の1つ)
 最終貫入深さ 0.32m
 貫入深さ0.32mにて許容支持力>120KN/m2

測定番号1~4までは、許容支持力>120KN/m2が出る深さに
到達するまでの、各深さでの許容支持力は、高くても50KN/m2
程度です。

家族で夢のマイホームを建てようと頑張っていますが、資金不足
になりそうで、本当に困っております。
どなたか、良いアドバイスを頂戴いたしたく、宜しくお願い
いたします。

タマホームで家を建てようとしています。
JHS(ジャパンホームシールド)で地盤調査を実施した結果、
柱状改良が必要との結果がでました。
タマホームを通じて出てきた見積もりでは、地盤改良費用が
150万円強で、我が家で想定していた費用を大幅に上回って
おり、外構工事費用の削減等で何とかしたいと検討しており
ますが、削減にも限界があり、何とか地盤改良費用を下げる
ことが出来ないことかと、家族で悩んでいます。
そこで、見積もり額が妥当なものなのか、何か費用を下げる
方法が無いも...続きを読む

Aベストアンサー

タマホームで つい先日 引渡しを済ましたものです。

ちなみに地盤改良も致しました。

当初見積もりは128万でした。予算取り100万とみていたのですが、
私も予算オーバーとなり、おまけにローンも地方銀行にしたら
大手都市銀より200万近く借りられる額が減り、予定よりもかなり
資金不足になりました。

んで、肝心の話なのですが、
私たちは事前に営業さんに予算を伝えてましたので、詳しいことは
いえませんが、何とか頑張っていただき、
128万→89万と、39万減 にしてもらいました。

もちろん JHSで 10年保証付きです。


信頼できる営業さんでしたら まずは素直に予算が足りないことと
なんとかして欲しいと お願いしたほうがいいと思います。

Q隣家の屋根の雪がこちらの土地に落ちてくる

雪国に住んでいます。

隣家との境界線にブロック塀を設置してあります。(完全にこちらの私有地に設置してあります)

隣家は境界線から50cmのところに建築してあり、屋根のデッパリ部分は境界線のブロック近辺まで延びています。
こちらから隣家との境界線の建物の距離は約2mあります。

このため隣家の屋根の雪が重さでこちらの土地に落ちてきます。一応、隣家に相談したのですが、こちらの屋根の雪でないと言い切ります。
誰が見ても雪の落ちた位置から隣家の雪なのは明白です。事実自宅の屋根から落ちた雪と隣家の屋根から落ちた雪で、2つの山ができています。
ブロック塀があるためにこちらの土地にだけ雪が溜まります。隣人は50cmしかスペースがないのでほとんど雪は皆無です。

昔は体力があるので、自分で2つの山となっている雪を消雪がある玄関先まで運んでいましたが、最近は雪を移動するのも大変なくらい体力が落ちてきてしまいました。

こういった場合、どうすればいいのでしょうか?
少しは隣人が雪かきを手伝ってくれるとありがたいのですが・・・

Aベストアンサー

札幌在住です。
雪国においては、雪害、特に隣地との問題が多く発生するため、家を建築する場合、建築条件が割合厳しいものとなっているはずです。
こちらも、落雪問題の関係上、屋根の勾配に対するスノーストッパー施工の有無や隣地からの距離については、行政による明確な建築指導があり、これを満たさないものは建築申請に対し認可が下りないような仕組みになっています。

恐らく、ご質問者様の状況を拝見すると、ご質問者様宅、隣宅ともにこのような条例の整備がなされる以前に建築された物件かと想像します。

また、条例等に拠らず、建基法施工令や民法においては、残念ながら、雪に対し、明確な基準等はありません。

このような中で、お隣との問題を解決するには、やはりお互いの話し合いか、自己防衛策の検討、最悪被害があった場合に訴求することがよろしいかと思います。

話し合いはご質問文中からは難しいと思いますので、自己防衛策をお考えになっては如何でしょうか?
つまり、雪止めフェンスを設けるというものです。

民法においては、隣地間に囲障設置権の設置を認めています。
詳細は、この件に関する民法を最後部に貼っておきますのでご確認いただきたいのですが、互いの落雪による被害防止であれば理由は明確です。
設置費用負担は折半できます。

それでもダメな際は、相手からの被害を受けることで請求する方法です。
が、これはご自身の家から雪が落ちないよう、融雪装置を設置するとか、無落雪屋根にしたりと、相手側に100%納得させるような環境を整える必要がありますので現実的ではありません。



★民法225条1項(囲障設置権)
2棟の建物がその所有者を異にして,かつ,その間に空地があるときは,各所有者は,他の所有者と共同の費用をもって,その境界に囲障を設けることができる。
2.当事者の協議が整わないときは,前項の囲障は,板塀又は竹垣にして高さ2メートルであることを要する。
★民法226条(囲障設置権)
囲障の設置及び保存の費用は,相隣者が平分して負担する。

★民法227条(囲障設置権)
相隣者の1人は,225条2項に定めた材料より良好な物を用い,又は高さを増して囲障を設けることができる。ただし,これによって生じる費用の増額を負担することを要する。

札幌在住です。
雪国においては、雪害、特に隣地との問題が多く発生するため、家を建築する場合、建築条件が割合厳しいものとなっているはずです。
こちらも、落雪問題の関係上、屋根の勾配に対するスノーストッパー施工の有無や隣地からの距離については、行政による明確な建築指導があり、これを満たさないものは建築申請に対し認可が下りないような仕組みになっています。

恐らく、ご質問者様の状況を拝見すると、ご質問者様宅、隣宅ともにこのような条例の整備がなされる以前に建築された物件かと想像し...続きを読む

Q屋根の雪止め

今、隣の家の屋根から我が家の庭に雪がバンバン落ちてきています。

屋根の雪止め設置はしなくてもいいのでしょうか?

特に被害はありませんが、気分はよくありません。

住まいは神奈川です。

Aベストアンサー

私は雪国に住んでおります。
今日も横浜、降っているようですね。

数年前、隣人は結構「名士」然とした種族の方にもかかわらず、非常識極まりないカーポートを造りました。
屋根勾配約30~40度?折版、雪止めなし、隣地境界から数cm、そしてその落雪位置は、ああ我が駐車場となっているのでした。

確か翌年特注と思われる雪止めを設置し胸をなでおろした次第です。

どうでしょう、条例であるいは規制している地域もあるでしょうか?されど横浜には無いでしょう、100%間違いなく建築基準法には無いです。

>バンバン落ちてきています
相当屋根勾配がきついのでしょうか。
気分がよくないのは当然ですが意外と落としている当人は気付いていなかったりするんですよね、ここをどうするかにかかってくる、いかに気付かせるか。

例えば隣人が外に出て掃除、雪掃きなどをしている時にさりげなく声をかける「今年はよく降りますねえ」。
そしておもむろにきびすを返し現場の雪かきに取り掛かる。
「まあ、それは私の家の屋根の雪では?!」となればさすがに謝罪の言葉も出るでしょう、部分的にスノーストップ(ホームセンターでは幅90cmで4000円、私は自分でつけてます)を設置するなどしてもらえれば良いですね、聞かれたら言ってみて下さい。
ついでに「安いですよ」って。

確信犯ですともはや諦める他ありませんが、、繰り返しになりますが常識人であれば「いかに気付かせるか」・隣人関係をもつれさせる事なく。

塀が有るのであれば更にコンパネ(12mm合板、ホームセンター畳1畳大で1000円です)を何らかの方法で設置し落雪が隣家に跳ね返させる・・・さすがにケンカになりますか・・・まあ、こちらが迷惑している事を知らしめる意味では有効でしょう、ちょっと跳ね返る程度の高さに設置する。

全然参考にならない?・・・長々とすみませんでした。

私は雪国に住んでおります。
今日も横浜、降っているようですね。

数年前、隣人は結構「名士」然とした種族の方にもかかわらず、非常識極まりないカーポートを造りました。
屋根勾配約30~40度?折版、雪止めなし、隣地境界から数cm、そしてその落雪位置は、ああ我が駐車場となっているのでした。

確か翌年特注と思われる雪止めを設置し胸をなでおろした次第です。

どうでしょう、条例であるいは規制している地域もあるでしょうか?されど横浜には無いでしょう、100%間違いなく建築基準法には無いで...続きを読む


人気Q&Aランキング