いつもお世話になっております。

地域は千葉で、雪は年に数回降る程度でして、大して積もらない時もあります。
しかし雪が積もった時、雪がお隣さんの屋根から落ちてきて、軒下(ちょうど敷地の境界あたり)にずらっと雪の塊が出来てしまいます。
屋根に雪止めという金具をつければこの状況は改善されるでしょうか?

実はちょうどその軒下の境界付近にどうしてもフェンスをつけたいと思っておりまして(何のフェンスもなしに2mの距離でちょうど掃き出し窓がお隣と向かい合わせなので、目隠しも兼ねて)、しかし落雪の衝撃でフェンスが壊れる可能性があるのが心配なのですが、雪止めをつければそれは防げるのでしょうか。

また、つけるとしたらだいたいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
昔からある一般的な木造家屋で、屋根は昔ながらの瓦で勾配も普通だと思います。地面から軒先までの高さは目測で大体3.5~4m位かな?と思います。
設置したい長さは4m程です。

費用によっては、こちらで金額負担してお隣の屋根につけさせてもらおうかなと思っています。
(落雪の衝撃で壊れないフェンスをつくる方が費用がかかりそうと思いまして…)
どなたかアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

雪は意外と重いので、フェンスより先に雪止を付けるのが良いと思います。


Lチャネルとは等辺山形鋼のことです。
http://www.kohtetsu.jp/seihin30.html
長岡や山形、米沢、大曲など雪の多い地域で使う方法です。千葉でそのような雪止を使うのはあまり意味がないと思います。

また、No.1の方が紹介している方法は、瓦を葺く前にそのワイヤを固定する金物を設置する必要がありますので、現実的ではありません。

ジョイフルホンダなどで瓦屋根に後付けできる雪止めがあるはずですので、探してみて下さい。1ヶ数百円程度のはずです。

瓦屋根の谷ごとにびっしり雪止を付ければかなり落雪を止められますが、それでも完全に止めることは出来ません。たとえアングルを使った方法でも、アングルの下辺と瓦の谷の間の空間から落雪が起きます。

この回答への補足

ホームセンター等で雪止めの金具が入手できることはアドバイスいただいて知ることが出来たのですが、人様の家に自分で取り付けるのはちょっと抵抗があるので、取り付けるのでしたらは業者さんにお願いしようと思います。
業者さんに取付けをお願いした場合、大体どれくらいの費用が予想されるのでしょうか…。

その点に関してどなたかご回答いただけますと幸いです。

補足日時:2006/10/28 16:22
    • good
    • 3
この回答へのお礼

具体的にアドバイスありがとうございます、参考になります。

後付けの雪止めもあるのですね!
価格もそんなに高くないようで、ぜひ取り入れたいところですが…それをどうやって屋根に取り付けるかが問題ですね(^^;
結構な高さなので…

しかしそういった雪止めも完全には落雪を止められないようで、フェンスに衝撃がかかってしまうのは完全には防げないですね。
やはり落雪にも耐えられるフェンスにするか、フェンスを諦めるかしかないのでしょうか…。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/27 15:39

以前千葉に行ったとき、雪止めのある屋根がありました。

その近くに住む知人の話では、雪は滅多に降らない、とのこと。別の意味があるのかもしれませんね。

瓦屋根の雪止めですが、多くの場合、雪止めのある瓦を屋根に並べます。雪止めのある屋根はいくつか種類がありますが、いずれも普通の瓦と同じ大きさです。瓦を交換すれば良い? と思ってしまいます。が、その辺りは詳しくないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雪止めのある瓦というのがあるのですね。
雪止め付きの瓦に交換する…というやり方もあるのかもしれませんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/27 15:32

千葉あたりであれば、10cm程度の積雪で南側はほとんど無意味です


北側の屋根ならば、それなりに意味はあります

見栄えを気にしなければ
20~30mmのLチャネルを付けるのが簡単です、屋根の天端からワイヤ等で吊れば良いでしょう(天端で保持できなければ、ワイヤを反対側の軒まで延ばして軒に固定)
(瓦屋根にそれようの雪止めを付けるのは、材料はそれほどかかりませんが、かなりの工事になります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

積雪は積もっても10cm程かなと思いますが、屋根は北側です。

雪止め金具は、瓦の場合設置が結構大変なのですね。
Lチャネルというのは知りませんでした。設置が簡単なら、検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/23 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRockTube につけるハードディスク容量

RockTubeについてです。

RockTubeは、外付けのハードディスクをつけることが書いてあります。

ビデオキャッシュ用に要ります。
ビデオキャッシュは、USBハードディスクがいります。
ハードディスクについて、教えてください。よろしくお願い致します。

ホームページには、外付けのハードディスクの絵がありました。

ハードディスクは、約1GBでしょうか。
500MBでしょうか。
ハードディスクの容量が大きければ、値段が高くなります。

http://www.ioplaza.jp/shop/contents/cl2001lpspec.aspx

それで、購入するとすれば、どのくらいのハードディスクの容量が よいのでしょうか?
ハードディスクがどのくらいで、十分なのでしょうか。

教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的なYoutube動画のビットレートは2~4Mbps(500KB/s)程度ですので、1時間で2GBほどの容量です。
500GBのHDDで200時間程度は保存できる計算になります。ハイビジョン動画ですと容量が2~3倍ほどになります。
どの程度の容量がベストかは質問者様が決めてください。

http://kakaku.com/item/K0000309869/ (500GB)
http://kakaku.com/item/K0000249387/ (1TB)
このようなポータブル型の外付けHDDですと別途コンセント不要で、USB接続のみで使うことができます。
(機器によってはまれに電力不足で上手く動かないことがありますので、その場合は別売りのACアダプタを用意してください。)

Q北海道です。屋根からの落雪、雪止めについて教えて下さい

5年前の新築以来、
一部の屋根から歩道に雪が落雪してしまい悩んでいました。
屋根は三角屋根の落雪タイプです。
北側は隣家があるためにスノーストッパールーフになっていますが、
南側は庭に雪が落ちるようになっています。
ところが、南側と東側が道路なのですが、土地が角地で角の部分が欠けているため
南東のちょうど家の角の部分からの落雪が歩道に落ちてしまうのです。
角地なので歩道から1メートルの距離しかとってないようです。
図面では庭に落ちるように見えたのですが、
屋根の形と土地の形のせいもあって歩道に落ちてしまうようです。

施工業者に相談したところ、施工業者の設計ミスなのかどうかは不明ですが、
雪止めを取り付けてもらえる話にはなりました。
ただ、雪止めをとりつけることにとても不安があります。
当初スノーストッパールーフを取り付ける際に、
雪止めは錆びるし屋根によくないと聞いていたからです。
その点について聞いてみると、今はプラスチックタイプのものがあるので、
その心配はないと言われ、スノーストッパールーフだとつららができる
可能性があるので、雪止めのほうがいいと言われました。

雪止めをつけることは本当に大丈夫なものなのか・・・
雪が多い時で50センチくらいは屋根につもることもあるので心配しています。
アドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくおねがいいたします。

5年前の新築以来、
一部の屋根から歩道に雪が落雪してしまい悩んでいました。
屋根は三角屋根の落雪タイプです。
北側は隣家があるためにスノーストッパールーフになっていますが、
南側は庭に雪が落ちるようになっています。
ところが、南側と東側が道路なのですが、土地が角地で角の部分が欠けているため
南東のちょうど家の角の部分からの落雪が歩道に落ちてしまうのです。
角地なので歩道から1メートルの距離しかとってないようです。
図面では庭に落ちるように見えたのですが、
屋根の形と土地の形...続きを読む

Aベストアンサー

形状がわかりませんが雪止めに対しそれ程不安がる事は無いでしょう。
私の実家は築30年、錆びは有りましたか?されど健在です。
無落雪屋根か落雪タイプ(後付滑りシートなどもあります)以外ですとルーフヒーターか雪止めを使うしかないですよね。
私の住む東北の県庁所在地では9割は金物(アングル・・・L型鉄鋼、亜鉛メッキ処理が多い、や、小ぶりの金物を千鳥に配置したり)ですね。
玄関前や隣地、道路境界に近い場合はそこにスノーストップを付ける。
自分で付けましたよ、簡単です、L90cmで4000円弱、HSで売っています、がこれは針金を留める雪止め、又はそれに変わる物が無いと付けられないですか。

>雪止めをつけることは本当に大丈夫なものなのか・・・
私の住む地域の9割の住宅の屋根は10年程度で全て雨漏りし、また、塗り替えが必要になるのでしょうか?。

恐らく業者はアングルか小ぶり金物のどちらかを用意するのでは?
積雪50cmですと勾配によってはスノーストップの力も必要になるかもしれません。(前述の様に簡単廉価ですが)
いずれにせよただで付けて貰えるなら付けて貰いましょう。
業者の言うスノーストッパールーフのお話は言い訳です。(確かにつららは出来ます、でもストッパールーフ以外でも出来る訳で)
されどまあ非は認めているのでしょう、錆び止めに留意するようお気を付けて、どんな処理をするか念押しで確認して下さい。
プラスチックタイプ(使用経験御座いません)であればまず納得出来ましょう。

北海道、青森あたりですと無落雪や落雪タイプが多いようですが他の積雪地域では勾配屋根には当たり前の様に雪止めを付けています。
http://www.yukimochikun.net/(ついでですが、こんなのも有りますね)

歩行者に被害が及ばぬうちに手をうつべし、それには無料雪止め+αがベターかと思いますが。
万が一何か問題がおきたら潔くスノーストッパールーフなど最善を尽くすとお考えになられては如何でしょうか。

形状がわかりませんが雪止めに対しそれ程不安がる事は無いでしょう。
私の実家は築30年、錆びは有りましたか?されど健在です。
無落雪屋根か落雪タイプ(後付滑りシートなどもあります)以外ですとルーフヒーターか雪止めを使うしかないですよね。
私の住む東北の県庁所在地では9割は金物(アングル・・・L型鉄鋼、亜鉛メッキ処理が多い、や、小ぶりの金物を千鳥に配置したり)ですね。
玄関前や隣地、道路境界に近い場合はそこにスノーストップを付ける。
自分で付けましたよ、簡単です、L90cmで4000円弱...続きを読む

Qハードロックが和製英語というのは本当?

よくハードロックは和製英語で元々はヘヴィロックという名前だったと聞きますが、ウィキペディアの英語版ハードロックの項目には書かれていませんし、英語版ウィペディアでheavy rockを検索したらhard rockのページに飛ばされました。
ハードロックが和製英語というのは本当でしょうか?
一次ソースを調べてもわかりませんでした。

Aベストアンサー

以前は、今ではハード・ロックと呼ばれる曲をヘビィ・ロックとも呼ばれていたようです
手元にディープ・パープルのシングル・レコードがありますが
『ファイアボール』のジャケットには「へヴィ・ロックの王者!白熱の演奏を展開!!」(1971年12月発売)
『ブラック・ナイト』には「イギリスのヒット・パレードで第1位に輝いたへヴィ・ロック・ナンバー」と書かれています
ちなみに『ストレンジ・ウーマン』のライナーノーツには「ワーナーでの初のシングル"Black Night "はこうした路線にそったハード・ロック
しかし今度のニュー・ディスクは、オルガンに重点をおいたへヴィー・ロック・・・・・」と書かれています
サイケデリック・ロック、ブルース・ロックの影響がある曲や、プログレ的なハード・ロック系の曲をへヴィ・ロックと呼んでいたのでしょうか
その後、へヴィ・ロックは使われなくなって、ハード・ロックと呼ぶのが一般的になったようです

英語版Wiki「Hard rock」の中にも 「 heavy rock」の文字があるので、どちらも和製英語ではないのでしょう

Q落雪屋根の勾配

落雪屋根の勾配について教えてください
木造住宅で落雪屋根に必要な勾配はどれ位あればよいでしょうか?
屋根材はガルバニュウム鋼鈑です
4寸勾配ではどうでしょうか?

Aベストアンサー

落雪の計画をどのようにするのかによっても勾配は変わりますので、作戦によって必要な勾配が決まるでしょう。だから単純にいくつならという答えはないです。
家を設計する人はそういう知識はないのですか?なんかそれだと不安ですが、、、、

信頼できる設計士(or工務店)なのですか?
まず落雪の計画をどうするのか、そしてそれに適した勾配はいくつになるのかお聞きになってください。
それでまともな答えが得られないのであれば、、、、他に地元の設計士に相談するとか。

QROCK おすすめ

おすすめなROCK曲教えてください

好きなアーティストは



マキシマムザホルモン
Coldrain
ONE OK ROCK
Fear,and loathing in Lasvegas
NICO Touches the walls


叫んだり、ハードなROCKが好きです

Aベストアンサー

KING BROTHERS
http://www.youtube.com/watch?v=oiLqW-r1suo
2side1BRAIN
http://www.youtube.com/watch?v=lZJMukD0Mbk
JACK POT BELL
http://www.youtube.com/watch?v=GXqOYVjAdRM
a crowd of rebellion
http://www.youtube.com/watch?v=VlzpU43-WHs
Fear From The Hate
http://www.youtube.com/watch?v=y0chDSxn5DM

どうでしょうか・・・

Q北海道で無落雪屋根(フラット)は危険?

北海道でハウスメーカーによる立替予定中です。
無落雪屋根で陸屋根(フラット)を勧められていますが、今年のような大雪の場合大丈夫でしょうか。

先日このカテで似たようなご質問を拝見して、雪を落とすスペースがあるのなら落雪屋根の方が理想なのかと思っているところです。

家は北半分が2階建て。南半分が1階建ての予定です。
北側と東側が一般道路に面していて、屋根をそちらに傾斜させることはないと思います。
南側は隣家との距離が4~5メートルあります。
西側は境界ギリギリまで隣家の駐車場の柵があり、距離が90cmほどしかありません。

質問1:西側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、90cmの幅を超えて隣家駐車場に雪が落下する可能性はどのぐらいあるでしょうか。
質問2:南側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、2階からの落雪によって1階の屋根がダメージを受けることはないでしょうか。
質問3:無落雪屋根(フラット)と、落雪屋根(片流れ)では施工費用に差が生じるものでしょうか。

また、他に何かアドバイスございましたら是非教えていただきたいと思います。

北海道でハウスメーカーによる立替予定中です。
無落雪屋根で陸屋根(フラット)を勧められていますが、今年のような大雪の場合大丈夫でしょうか。

先日このカテで似たようなご質問を拝見して、雪を落とすスペースがあるのなら落雪屋根の方が理想なのかと思っているところです。

家は北半分が2階建て。南半分が1階建ての予定です。
北側と東側が一般道路に面していて、屋根をそちらに傾斜させることはないと思います。
南側は隣家との距離が4~5メートルあります。
西側は境界ギリギリまで隣家の駐車...続きを読む

Aベストアンサー

札幌在住です。

ご質問者様が北海道のどちらにお住まいかわかりませんが、札幌市の「確認申請の手引き」では、落雪屋根の場合は後退距離(隣地から軒先の離れ)は、

★屋根勾配3/10未満:平屋部分1m、2階部分2m
★屋根勾配3/10以上:平屋部分1.5m、2階部分2.5m

それぞれの数値以上離すようになっており、この数値以下の場合は雪止めを付けるように指導されています。

片流れにした場合、屋根勾配は3/10未満となるでしょうから、2階軒先から隣地までの距離は2m以上確保しなければ、屋根にスノーストッパーを施工しない限り、確認申請がそもそも下りません。

そのような問題の発生しない地区と想定してご回答させていただきます。

A1)屋根勾配と積雪量にもよりますが、90cmを超えて落下する可能性は非常に高いと思います。
直接落ちなくとも、堆積すれば90cmの幅など直ぐ超えてしまうのは目に見えています。

A2)これもあり得ます。南北方向に玄関があれば片流れの場合、通常は東西方向に屋根を傾斜させます。雪の落下により、1階部分への損傷を防ぐためであり、ご質問のような屋根の被せ方は通常しません。

A3)無落雪屋根(耐雪屋根)の場合、屋根の上に雪が積もっても、屋根や壁がその加重で潰されない様、強度計算をする必要があります。
必要な強度を出すためには、耐力壁を余計に設けたり、筋交いを増設したりする場合があります。
また、フラット(M字)屋根の場合、凍結防止のため雪樋(縦樋)を屋内に引き込んだりする必要もあります。
こういった面で落雪屋根に比べ、無落雪屋根のほうが費用がかさむ場合が多いですが、落雪屋根の場合でも施工面積や形状、屋根材のグレード、スノーストッパーの有無により大きくコストが変わってきますので、一概に無落雪が高いとは言い切れません。

隣地と、ご自宅の軒先の距離が1mも無いようであれば、落雪の何らかのトラブルが発生する可能性は高いですので、無落雪屋根をお勧めします。
その際は、しっかりした構造計算、およびそれに基づく施工のできる信頼できるHMをお選びになることをお勧めします。

最後に、無落雪屋根の関係でのご質問で、良回答を頂いたものがありますので、参考URLに掲載しておきます。

参考URL:http://oshiete.homes.co.jp/kotaeru.php3?q=1911731

札幌在住です。

ご質問者様が北海道のどちらにお住まいかわかりませんが、札幌市の「確認申請の手引き」では、落雪屋根の場合は後退距離(隣地から軒先の離れ)は、

★屋根勾配3/10未満:平屋部分1m、2階部分2m
★屋根勾配3/10以上:平屋部分1.5m、2階部分2.5m

それぞれの数値以上離すようになっており、この数値以下の場合は雪止めを付けるように指導されています。

片流れにした場合、屋根勾配は3/10未満となるでしょうから、2階軒先から隣地までの距離は2m以上確保しなければ、屋根にスノーストッパ...続きを読む

Q雪の出てくるミュージックビデオ

洋楽のミュージックビデオで雪が出てくるものを探しています。
ジャンルはRockであれば何でも良いです!
雪が出てこなくてもnew orderのkraftyというミュージックビデオと雰囲気が似ているもので良いのがあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

もうひとつ
Alanis Morissette の「Ironic」
(Rockじゃないかもしれませんが)

Q急勾配の無落雪屋根について

北東北の豪雪地帯に住む者です。
今、不安でいっぱいです。

先日、自宅を新築しました。正面は北向きですが南面は採光のことや自宅の裏庭として来春に植栽等を考え、隣地から5メートル以上離して広めにとってあります。
最近、その南側の隣地に住宅の建築が始まりました。先日屋根が付いたのですが、なんと南北に急こう配の切り妻屋根であることが分かりました。
落雪防止のツバがついた無落雪屋根となっているようですが、隣家の基礎は我が家との境界から最低限(法定)の1.5メートル距離を取っただけで、北側の屋根はそこから突き出しているので先端は1メートルちょっとしか離れていません。
ただでさえ南西の強風が吹き、家の北東には怖いくらいの雪庇ができるこの地域では、無落雪屋根でも耐え切れず落雪したという話を何度か聞いたことがあります。
この地域では隣家との雪のトラブルを避けるためにほとんどがフラットの無落雪屋根で、三角屋根の家もありますが、落雪のスペースを確保した上で立てているようです。
来春には大事な樹木を移植する予定ですが、そこに落雪があればいくら雪囲いしても被害が出るのではと落雪への不安でいっぱいです。
快適な暮らしの為に高いお金を出して買った土地で、隣家の雪捨て場にするために買った訳じゃない、と思ったりもします。

ちなみに隣家と同じ建築会社が建てたお宅で、大丈夫だと言われたにも関わらず落雪が隣家になだれ込んで大変だったという話も聞いたので(詳しくは言えませんが事実です)、人を通してその建築会社の方に落雪は大丈夫なのか聞いてもらいましたが、「落雪はしません」「雪庇はこまめに落とすように施主に言います。」との回答でした。
しかし施工の状況を見ていると、敷地にフェンスもしていないのに新品のサッシを外に立てかけたままブルーシートもせず翌日まで野ざらしにしたり、ちょっと「?」と思うことも多く、信用できません。

急こう配(5寸勾配)の無落雪屋根とは本当に落雪がないものなのでしょうか?
また、1.5メートルしか距離をとっていない現状では、落雪すると我が家の庭に落ちてくるのではないでしょうか?
もう一度、直接その建築会社の方に話を聞いてみたいとも思いますが、無駄でしょうか?
無落雪屋根に詳しい方、同じような経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイスをよろしくお願いします。

北東北の豪雪地帯に住む者です。
今、不安でいっぱいです。

先日、自宅を新築しました。正面は北向きですが南面は採光のことや自宅の裏庭として来春に植栽等を考え、隣地から5メートル以上離して広めにとってあります。
最近、その南側の隣地に住宅の建築が始まりました。先日屋根が付いたのですが、なんと南北に急こう配の切り妻屋根であることが分かりました。
落雪防止のツバがついた無落雪屋根となっているようですが、隣家の基礎は我が家との境界から最低限(法定)の1.5メートル距離を取っただけで、北側の...続きを読む

Aベストアンサー

NO3です。
失礼しました。
「勾配付無落雪屋根」をグーグルで検索し、画像も確認しました。
勉強不足でした。申し訳ありません。(住宅が専門では無いので。)

さて、写真で確認したところでは、横葺きの鉄板屋根で、「はぜ」を立ち上げ
「はぜ」に雪止め機能を期待した工法に思えました。

冬季の写真もあり、確かに屋根の雪は堆積していました。
この工法は見方を替えれば、普通の切り妻屋根に細かく雪止め金物を設置し
落雪を防止する工法と原理は同じです。
「はぜ」は板金加工なので強度に不安はありますが、その分数が多い、と
いう事だと思います。

余り好きなやり方では有りませんが、それでも落雪が防止できる可能性はあります。
(もっとも、漏水の危険性は大きいように思いますが。)

本題に入ります。
「降雪による落雪」と「雪庇」は、異なります。
降雪とは上から降る雪のことであり堆積ですが、雪庇とは風によって横方向に成長する
雪塊のことです。
雪庇は、当然ながら、勾配付無落雪屋根でも防止出来ません。
取り分け、東北北部の雪質は湿度を含んでおり、粘着性が高いので、条件が整えば
簡単に大きな雪庇が成長します。
雪庇が必要以上に成長すれば、当然、屋根本体の雪は残っても雪庇は落下すると
予想できます。
この場合、今の敷地境界との離隔距離では、こちら側にも何かしらの影響を
与える可能性もあります。

これを防止するためには、軒先にヒーターを設置し、軒先に必要以上の雪庇が発生
しないようにする、等の手段が考えられますが、維持費が馬鹿にならないと思います。

また、勾配屋根であれば尚の事、屋根にどこから登るかが現実的な問題であり、
登っても、どこから雪庇なのかわからないので非常に危険でしょう。

ただし、雪庇は実際に発生するまでは、どこにどのように発生するかは解らないのが
現状です。
今、出来ることは、こちらの危惧を施工店に明確に伝えること。そしてその記録を
残して置くこと。
そして雪庇が発生したら、その状況写真を撮っておくこと。
施工店に、是正を申し入れること。位ではないか、と思います。

お隣の建て主さんの問題では無く、施工店(厳密には、設計上のミス)の可能性があり
その点を施工店に認識させておく必要があります。
雪庇が発生しなければ、或いは程度が小規模であれば、そのままで良いし、実害が出る
程であれば、工事中から申し入れましたよね、と言う事で是正を求めれば良い、と
思います。

NO3です。
失礼しました。
「勾配付無落雪屋根」をグーグルで検索し、画像も確認しました。
勉強不足でした。申し訳ありません。(住宅が専門では無いので。)

さて、写真で確認したところでは、横葺きの鉄板屋根で、「はぜ」を立ち上げ
「はぜ」に雪止め機能を期待した工法に思えました。

冬季の写真もあり、確かに屋根の雪は堆積していました。
この工法は見方を替えれば、普通の切り妻屋根に細かく雪止め金物を設置し
落雪を防止する工法と原理は同じです。
「はぜ」は板金加工なので強度に不安はあります...続きを読む

QRock Bottomの意味は?

Rock Bottomという曲があるのですが、
意味がよくわかりません。
何かの暗喩でしょうか?
もしわかれば、歌詞全体の概要も教えてください。
GodとかRuciferとか出てきて、
かなりハードな内容だとおもいます。
http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Rock-Bottom-lyrics-UFO/7CAA3AFB8466F5454825698900212504

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう、どん底、という意味です。歌詞全体の概要ですか・・・。花の17歳から21歳を過ぎれば、あとは坂道を転がり落ちるように年を取ってゆくもの/死を目の前に穏やかに眠る君/神の翼が頭上ではばたく/魂が遭遇する前に/どん底(奈落の底)で・・・街灯の上に陰が立ちこめ/ルシファーが迎えにくる/スローモーションみたいに/ノックしても天国のドアは開かない/奈落の底で・・・暗闇が立ちこめ/光が魂を照らし出す/冷たくなった唇に甘い口づけ/この眠りから覚めることはない/ここからどこへ行くというのか/奈落の底・・・・てな感じですかねー。

Q隣からの落雪がこちらの塀を乗り越えて落ちてくる

雪国に住んでいます。
約15年前に中古で購入した住宅なのですが現在隣との境界に約1.5mの高さの塀があります。
塀は完全に自分の敷地内に建っています。
隣の建物から塀まで50cm、こちらの建物から塀まで3m離れています。
隣の屋根の張り出しが塀の真上近くまでせり出しているせいで、隣の屋根の雪がこちらの敷地内にかなり落ちてきます。

塀があるため、隣の雪が丸ごとこちらに溜まるので、雪かきが大変です。最近体力も衰えてきたために、来年の春に、いっそのこと、この塀を10cmくらいの高さにして、相手の雪はそのまま相手の敷地内に流れるようにしようかと思います。(落ちた雪が山になってそのまま両方に広がる)
相手の家の人は塀に溜まったほんの少しの雪を私の目の前でこちらに落とす上に(見えないところでやるならまだいいんですが)、こちらの屋根雪を落とすときに少しでも相手の敷地にこぼれると文句をいうような人です。
あと、何かと難癖を付けて文句をいってくるような人です。
酷いのは消雪の水が地面を伝って自分の敷地が地盤沈下するから、もっと離してくれといってきたときです。唖然としました。こちらは塀までの3mの自分寄りの1m以内で消雪しているのに・・・・と。
消雪の水で地盤沈下するならとっくにしているでしょうに・・・

一応、相手には工事前に一言言ってから工事に入る予定ですが、塀を低くすることは法的(民法も含めて)に問題ないでしょうか?

それとももっとよい方法があれば教えてください。

雪国に住んでいます。
約15年前に中古で購入した住宅なのですが現在隣との境界に約1.5mの高さの塀があります。
塀は完全に自分の敷地内に建っています。
隣の建物から塀まで50cm、こちらの建物から塀まで3m離れています。
隣の屋根の張り出しが塀の真上近くまでせり出しているせいで、隣の屋根の雪がこちらの敷地内にかなり落ちてきます。

塀があるため、隣の雪が丸ごとこちらに溜まるので、雪かきが大変です。最近体力も衰えてきたために、来年の春に、いっそのこと、この塀を10cmくらい...続きを読む

Aベストアンサー

yamada0099さんの敷地内にある塀を変更するのい問題が有ろうはずはありませんが、根本的に、
民法
(雨水を隣地に注ぐ工作物の設置の禁止)
第218条 土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない。
なのですから、隣の人はyamada0099さんの敷地に雪を落としてはならないのです。
塀を低くする云々より前に、雪がこちら側に落ちないようにするよう要求すべきでは。
そんな話が通用しない人なんでしょうか。
でも、塀をどうこうするという行動に移る前に、雪がこちらに落ちて迷惑している、雪は隣地に落としてはいけない、そちらに何とかする責任があるという根本をきちんと隣の人に伝えるべきではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング