OCN光で最大124,800円おトク!

どこかの情報で、フラッシングオイルを自力で作成できるとか。
半分ぐらいを灯油にしたオイルを注入して数分間アイドリングして、
オイルフィルターを交換すれば、効果が高いとの由。
真偽の程を教えて下さい。
宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

NO1です。


>このショップの「フラッシング」とは、どんな内容かしりませんか?
行った事がないので解りません。SHOPに聞いてみるのが一番かと。
    • good
    • 1

灯油とフラッシンングオイルは全く成分が違います。


ちゃんとしたフラッシングオイルはエンジンオイルのベースオイルを主成分としています。

フラッシングオイルを安く済ませたいのであれば、安いエンジンオイルを使う、あるいは短期ペースで交換するのが無難です。
    • good
    • 0

1の方に賛成です。


私もバイクでも車でもしません、一番の理由は1の方が述べていますが車では、以前に知り合いがオイル交換の度に市販のフラッシングオイル使い、もちろんオイルエレメントは毎回交換結構(忘れた)高いオイル毎回使っていましたが、1~2年たってある時にサーキットだと思うけど、160km位から全開加速中に見事にエンジンブロー・・・
日産のメカの診断でフラッシングしすぎ(たまになら否定しないと)により徐々にダメージがでていた可能性がある、と聞きました。

なお、私は安いオイルでもフラッシング一切しませんその代わり定期的に(早め早めに)オイル交換をします。
まだ35000位しか走ってないですが650の単気筒です、絶好調ですよ(国産車ではないけど)エンジンだけは・・・
    • good
    • 0

おそらく、コスト面での質問かと思いますが。


できないわけではないですが、あまりおすすめできません。オイルシールを痛めるなど考えられるので。
ちなみに、自分は市販のフラッシングオイルも使いません。2輪車専用(共通というのはあるのと安くはない)というのは聞いたことないのと、フラッシングしても最小限のフラッシングオイルはエンジン内に残るのと、クラッチなどに影響がないかと心配なので。
そのため、オイル交換何回(定期的ではないですが)かごとに、安い2輪専用オイルをフラッシングオイル代わり?にしています。

この回答への補足

http://www.racingworld.co.jp/service/index.php?v …

このショップの「フラッシング」とは、どんな内容かしりませんか?

補足日時:2006/10/26 23:33
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこういうフラッシング可能でしょうか?

H6式、ミニカトッポです。NAエンジン、エレクトリカルキャブレターです。エンジン内部の汚れを落とす方法としてフラッシングがありますが、エンジンコンディショナーなるものを使って思ったのですが、これってアンモニアの匂いがするので、アルカリですよね。なら、何もエンジンコンディショナーを買わずとも安い家庭用の薬剤や灯油でもエンジンばらすことなく洗浄できるのでは?
1.泡マジックリンをプラグコードを外したホールから大量にピストンおよび、エンジンオイルを抜いたエンジン内部にオイルの代わりに満たして「付けおき洗いする」
2.整備工場でよくやっている「灯油」を同様に、ピストン部、エンジン内部に「大量に入れて」1昼夜付けおきする。
このほうがかなり内部の汚れが落とせるのではないかと思ったのですが
いずれか、やったあとは、大量のマジックリンや灯油をオイルと同様にオイルパンから抜いて、エンジンオイルを入れて、エンジンをかけてオイルを循環して普通に走る…こういうことが可能でしょうか?

大胆な構想ですがメカに詳しい方のご意見をお願いします。

Aベストアンサー

NO5です
NO9の方のお礼に書いてある方法ですが、私が言っているフラッシングもこういう方法ですオイルエレメントに配管をつけて専用の機械でフラッシング剤を循環させながらエンジンをかけて汚れを取るという方法です、しかしこのやり方でも中の汚れはさほど取れていませんでした、洗浄後エンジン内部を点検したので間違いありません、はっきり言って絶対汚れは取れません、取れるような強力な洗浄剤の場合は絶対エンジンに後遺症が出ます。
やるなら絶対オイルパンを外してやって下さい。

Qエンジンオイルの替わりに サラダ油を・・・

「オマエは何屋だ?!」と叱られそうですが(はい、修理工です!)、
今夜9時頃、長距離ドライブの帰りに「油圧警告灯」がチラつきました。
(平成10年式、ムーヴ、走行21万キロ強)
油量をみたら、ゲージの先にも付いてきませんでした!

田舎で、GSも閉まってて、運よく開いてたたヨロズ屋で サラダ油を買い、2リッターブチ込みました。

とにかくエンジンに負荷かけないように家までの50kmちょっとをオソルおそる帰りました。(なんとか無事でした。)
オイルは早急に交換するつもりですが、こんな経験されたかたは いらっしゃいますでしょうか?
経験者のかた(伝聞でもかまいません)、その後、エンジンどうなりましたか?
壊れないようにするため、どう処置しましたか?

Aベストアンサー

>こんな経験されたかたは いらっしゃいますでしょうか?

50キロ程度なら、問題ないでしようね。
完全にオイルガ無くなった訳でもありませんから、エンジンオイル成分が変わっただけです。
既存の鉱物油・植物油・部分合成油・化学合成油に、植物油が添加されただけです。
今でも、バイク用・農機具用などのオイルには「植物性オイル」が入っています。
(化学合成油+植物油or鉱物油混合は大丈夫ですが、鉱物油+植物油の混合は長距離は不可です。)
カストロールは、そもそも「植物油(ひまし油)」を意味していますよ。

>壊れないようにするため、どう処置しましたか?

直ぐに、自動車メーカー指定のグレード・粘度のオイルを交換して下さい。
純正品・OEM品・DIY品を問いませんから、安いオイルで大丈夫です。
そして、短期間で数回オイル交換を行なって下さい。
旧車とか長距離走行車には、フラッシングは百害あって一利無しのようです。

先ず、短期間にエンジンオイルを交換する!事で、対策は終わりです。
余談ですが、古い車の場合「化学合成油を使用すると、エンジンを傷めますから、鉱物油使用」が基本です。
設計当初から化学合成油使用を考慮している車種は、別ですが・・・。

>こんな経験されたかたは いらっしゃいますでしょうか?

50キロ程度なら、問題ないでしようね。
完全にオイルガ無くなった訳でもありませんから、エンジンオイル成分が変わっただけです。
既存の鉱物油・植物油・部分合成油・化学合成油に、植物油が添加されただけです。
今でも、バイク用・農機具用などのオイルには「植物性オイル」が入っています。
(化学合成油+植物油or鉱物油混合は大丈夫ですが、鉱物油+植物油の混合は長距離は不可です。)
カストロールは、そもそも「植物油(ひまし油)」...続きを読む

Qピストンの洗浄どうやるんですか教えて下さい。

ピストンの先端が黒っぽくなっているのですが、どのように洗浄すればよろしいのでしょうか?ピストンの扱い方が分からないので誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

最良の方法としてはピストン単体で洗い油(灯油または軽油)に浸けて真鍮製のワイヤーブラシでゴシゴシこすれば簡単に取れます。洗い油であらったあとは十分に乾燥させるか、洗い油をきれいにふき取ったあとに、エンジンオイル(現時点で使用しているオイル)を注油して組み付けることを忘れないでください。できればピストンからピストンリングを取り外してピストンリングのグルーブ(溝)やピストンリングの端面についた汚れも落とせば完璧です。これらの作業にはピストンリングエキスパンダーなどの工具が必要ですが、市販の軸用のサークリッププライヤーでも代用できないことはありません。ただし無理やり広げてピストンリングを折ってしまわないように十分な注意が必要です。

シリンダーヘッドのみを取り外した状態でピストンの上面(ピストンクラウンといいます)のみのカーボンの除去であれば、市販のエンジンコンディショナーなどを使用しカーボンを溶かしたあとで、ウエスなどでふき取って落とすか真鍮製のワイヤーブラシで落とすことになりますが、ピストンクラウンと1stリングは同一平面状にはないため、ピストンとシリンダーの間の隙間に、ごみが入り込んでしまう可能性がありますので、あまりお勧めはできません。ここに入り込んだごみがピストンリングの合口(ピストンリングは完全な円ではなく一部が切れていますが、この切れている部分を合口といいます)やピストングルーブ(ピストンリングがはまる溝)とピストンリングの間に入り込んでしまうと厄介なことになりかねないからです。

多くの二輪車の場合はエンジンを下ろさなくても、クランクケースとシリンダーが別体であるため、シリンダーヘッドを抜き、次にシリンダーを抜き取るというように分解できるので、シリンダーをクランクケースから抜き取り、ピストンをコンロッドから取り外して行うほうが無難でしょう。

最良の方法としてはピストン単体で洗い油(灯油または軽油)に浸けて真鍮製のワイヤーブラシでゴシゴシこすれば簡単に取れます。洗い油であらったあとは十分に乾燥させるか、洗い油をきれいにふき取ったあとに、エンジンオイル(現時点で使用しているオイル)を注油して組み付けることを忘れないでください。できればピストンからピストンリングを取り外してピストンリングのグルーブ(溝)やピストンリングの端面についた汚れも落とせば完璧です。これらの作業にはピストンリングエキスパンダーなどの工具が必要...続きを読む

Qダイハツ ムーヴのATFオイルの汚れや交換について

平成22年11月に走行距離11万キロで購入しました。
平成23年6月 走行距離12万キロ オートバックスでATFオイルの汚れを測定するATFチェンジャーで測定したところ最も汚れて
いる状態で通常の3回分交換しないときれいにならないとの事でしたが、1回分を交換。
平成23年11月に走行距離13万キロ オートバックスで通常の2回分交換。
平成24年1月 走行距離13万5千キロ オートバックスでATFオイルの汚れを測定するATFチェンジャーで測定したところ最も汚れて
いる状態。
オートバックスのスタッフによるとATFオイルは1度汚れると通常の3回分は交換しないときれいにならないとの事でした。
一般的に交換は、2万キロ毎と書かれていますが、汚れ具合がきになるところです。
このムーヴのATFオイルの交換はどうすれば良いのか、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エンジンオイルも放置しすぎると1回ではきれいになりません。
質問者さんのATFも新車レベルに持っていきたかったら20リッター缶で総入れ替えするぐらいじゃないときれいになりませんよ。

軽は大体全量で5~6リッターです。6リッターと仮定します。
ドレンボルトが付いているタイプなら下抜きで2リッターぐらいしか抜けません。

仮に2リッター抜けたところで2リッター補充すると、4リッターの残っているオイル+新オイル2リッターで6リッター。
新旧オイルが混合した6リッターからまた2リッター抜いてまた入れて…これを綺麗になるまで繰り返します。
下抜きよりもチェンジャー使ったほうがオイルの移動に方向性があるため綺麗になりやすいです。

汚れを測定するチェンジャー?というのは何でしょう。
単に抜き取り中のオイルを窓で確認できるというだけでは?
専用のものがあるなら客に交換をすすめるための機材というだけだと思います。

ATFレベルゲージが付いていないものは交換を必要としないものが多いです。
ゲージが付いてれば汚れはエンジンオイルと同様にウエスなどでふき取って確認すればいいんです。
オイルの汚れ確認マシーンなんてディーラー行ったってないと思いますよ。

>一般的に交換は、2万キロ毎と書かれていますが、汚れ具合がきになるところです。
性能に関係なく汚れがどうにも気になるのであればチェンジャー圧送で20リッター入れ替える。

>このムーヴのATFオイルの交換はどうすれば良いのか、アドバイスよろしくお願いします。
交換してもしなくてもいいと思います。どちらにしてもミッションの延命につながるかどうかはまったくわかりません。壊れるもんは壊れます。
社外オイル使ってると仮定して、ダイハツならまあ大丈夫だと思いますがホンダ車では厳禁ですよ。

社外オイルメーカー 「ホンダに対応しています」
ホンダ 「社外メーカーがかってにやってるだけです、どうなってもしりません」

なんていう感じで、よそで勝手に交換したのが確認できた時点で保証対象から外されたことがありました。

エンジンオイルも放置しすぎると1回ではきれいになりません。
質問者さんのATFも新車レベルに持っていきたかったら20リッター缶で総入れ替えするぐらいじゃないときれいになりませんよ。

軽は大体全量で5~6リッターです。6リッターと仮定します。
ドレンボルトが付いているタイプなら下抜きで2リッターぐらいしか抜けません。

仮に2リッター抜けたところで2リッター補充すると、4リッターの残っているオイル+新オイル2リッターで6リッター。
新旧オイルが混合した6リッターからまた2リッター抜...続きを読む


人気Q&Aランキング