人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

はじめまして、Z1000乗りの皆さんにお聞きしたいのですが、私のZ1000の燃費は12~13km/Lとかなり悪いのですが、皆さんのZ1000の燃費はだいたいどのくらいでしょうか? あと、ついでに気になっているのですが、新車購入時からエンジン右側からずっとカチカチとタペット音のような音がしています。原因として考えられることはなんでしょうか?わかる範囲で結構ですので、お答え頂けたら幸いです。また、Z1000乗りの皆さんの中で同じような症状の方はおられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

パコパコ」に関するQ&A: パコパコ

A 回答 (3件)

Z1R-IIとZ1000Jの元オーナー


どちらも無改造なら
Z1R-II市街地17前後、高速22前後
Z1000J市街地18前後、高速24前後

2台とも空冷エンジンでZ1(900CC)からの派生エンジンです。

>新車購入時からエンジン右側からずっとカチカチとタペット音のような音がしています。
空冷1000ccはかなりメカノイズが多いです。
タペット音の程度によりますがシム調整をしてみてください。
それからエンジンが温まると音が小さくなる傾向の有る個体もあります。
回答者はメカノイズが結構好きな方なであまり気にしません。
ただしレース用にモディファイした時は別です。
全て調整しますので給排気音とギア音は大きいですがタペット音は出ません。
    • good
    • 0

'05のZ1000に乗ってますが、


同じく燃費は12~14km/Lぐらいですよ。
(主に都内を走って)
高速使ってツーリングすれば16か17km/Lくらいになりますが。

タペット音についてはわかりません。
    • good
    • 0

最近の水冷のやつですかね?


70年代の空冷のZ1000でほぼノーマルだったらその燃費では悪い方だと思います。私が乗っていたZ1は街乗り18km/L、ツーリング25km/L程度、Z1000Mk2もほぼ同様でした。
加速ポンプ付きのキャブでパコパコ開け閉めすればそんなもんだと思いますけど。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qkawasaki Z1 CVKキャブレター化

はじめまして。 
75年式Z1Bなのですが、純正キャブレターの調子が悪く、毎日通勤に乗っているのでいつ止まるか不安で仕方ありません。。
そこでゼファーxのCVK30のキャブレターを流用しようと考えています。
そのことで質問なのですが、大体のジェット類の番数や組み付け時のコツなど、セッティングデータをご存知の方いませんか?
お店に頼むのが一番確実なのですが中古のCVKキャブレターをベースにしているとはいえCRキャブレターも買えそうなくらいの高額ということもありますし、今後のトラブルにも対応でいるように出来れば自分で取り付けたいと思っています。
マフラーは手曲げショート管ですが購入時に純正4本出マフラーからのキャブレターのセッティング変更は必要無いということでした。
心当たりのある方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古いバイクのキャブを負圧式に換えるのは結構良くある手法で、とても乗りやすくなるそうですから狙いは正しいと思います。

まず疑問なんですが、ゼファーχと言うことは400ですよね。口径はいいとして、キャブピッチは同一なんでしょうか。これが違えば付きません。あと、インマニの口径が合うか。流用パーツはあるか。ここまでOKなら取り付けは可能です。

セッティングですが、とりあえずそのまま組むか、またはゼファー750のセッティングをベースにしてはいかがですか。これならカワサキのHPでパーツリストを確認すればわかります。いっそのことゼファー750のキャブを選んだほうが近い気がしますね。

負圧キャブ(CV系)はスロー系、メイン系以外のパーツは基本選べません。ニードルの高さも調整できなくてワッシャをかますなど面倒です。なのでドンピシャのセッティングは出にくいと思います。穏やかで悪く言うとぼやけたセッティングになりますが、それも負圧キャブの特徴です。

しかし、CRと同等の値段なんですか?僕ならCRにしますけど。古いバイクにはFCRやTMRよりCR,TMですね。スタイル的に。

古いバイクのキャブを負圧式に換えるのは結構良くある手法で、とても乗りやすくなるそうですから狙いは正しいと思います。

まず疑問なんですが、ゼファーχと言うことは400ですよね。口径はいいとして、キャブピッチは同一なんでしょうか。これが違えば付きません。あと、インマニの口径が合うか。流用パーツはあるか。ここまでOKなら取り付けは可能です。

セッティングですが、とりあえずそのまま組むか、またはゼファー750のセッティングをベースにしてはいかがですか。これならカワサキのHPでパ...続きを読む

QZ1000 - 2010の最高速度は?

 Z1000 - 2010の最高速度は?

135psです。
結構、早いのかと思ったら
最高速度 250km前後みたいなのですが。。

 むかしのGSXR600 - 125PSでも、最高速度 270km以上でした。

遅いマシンなんですかね~

Aベストアンサー

今の時代最高速など何の意味も無い数字だと思いませんか?

Q旧車の燃料について

CB750K2(1972頃製造)を15年振りに倉庫から引っ張り出し車検を取得しました。
勿論、整備をしっかり行ったので好調に動いていましたが、最初の給油でついついハイオクを入れてみたところ、10分程走った頃から突然不調になり、特に低速時の吹けが悪くなってしまいました。
家に戻り、燃料をレギュラーに入れ替えたとたんに元に戻り、好調になりました。
これって、燃料が原因でしょうか?それともE/Gの点火時期等が狂っているのでしょうか?
現在の無鉛ハイオクをバイクに入れたのが初めてなのでどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

ごく一部の車種以外は、今もバイクはレギュラー仕様です。
ハイオク入れて10分でキャブやエンジン内部が
綺麗になったら苦労しませんし、数万キロ走って分解して
何となく効果があるかな?程度ですので、普通のレギュラー仕様の
ノーマルバイクにハイオクはほぼ無用です。

不用意な点火時期の調整は、ノックセンサー標準が多い
四輪に比べ、リスクが高いです。折角復活させたK2なので
大切にしてあげてください。

Qチェーンの寿命は何kmで交換してますか

チェーンの寿命について、交換は何kmで行いますか。

延びきって、調整不可能になるまで。
錆びて、動かないとき。
シールが取れてきたら。(シールチェーン)
スプロケットの磨耗。

大体は、上記の理由で交換されることになると思われますが、
シールチェーンは、どれくらいの距離で交換されてますか?

当方、KLX250にて距離、15000kmです。
上記理由になってませんが、
交換時期でしょうか?

ところで、チェーンルブですが、グリーススプレーで代用しても
構いませんか?(250円くらいのスプレー、5-56の隣りに売っている万能型)

Aベストアンサー

私の場合、ZX-4ですが、大体1万キロくらいで交換してます。
でも、チェーンが伸びてきたり、錆びてきたりすればもっと早く交換する場合もあります。
結構いじっているので、伸びるのが早いので。
社外品のスプロケを使用しているので、これも同時に前後交換しています。
オフロードバイクの場合、トルクのかかり方や泥の付着といったこともあるので、早めに交換したほうがいいと思います。
>チェーンルブですが、グリーススプレーで代用しても構いませんか?

止めたほうがいいです。代用するならエンジンオイルのほうがいいです。

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Q旧車バイクに適したエンジンオイル

旧車、特にレプリカに乗っていらっしゃる方はどんなオイルを入れていますか?
メーカー・グレードはたくさんありますが、僕の乗り方で、どのオイルが適しているのか僕にはよくわかりません。
オイルの種類によって、よく回るようになったとか、エンジンの始動がよくなったとか違いはわかります。
僕は峠を攻めるタイプではありません。高速道路を150キロ以上で巡航することもありません。中低速域の加速を楽しみ、パイロンスラロームとかの教習が好きです。つまり街乗りがメインということですね。バイクはRVF400です。このバイクで本気で攻めた走りをしないことを冷めた目で見る人もいますが、あまり気にしていません。
気になるのは、どんなオイルを入れれば、エンジンを良好に長持ちさせられるのかということです。
部分化学合成オイルがあったり、100%化学合成オイルがあったり、超低フリクションオイルがあったり、レース使用可とうたわれている製品まであります。
ショップの人に訊いても、好みからまちまちです。人それぞれ走り方が違うのですから、当然ですよね。
今までは、W社の4CTやトリプルR、量販店では取り扱いのないN社の高性能オイル、メーカー純正のG2など様々です。ただ、極端に軽く回るオイルは怖くて入れられませんでした。(余談ですが、N社のクーラントはアイドリングが上がってしまって調整したほど変化がありました)。

「良好に長持ち」といいましたが、回転数には気を使っています。巡航時は4500回転付近、中速への加速は通常7000~8000回転という感じです。
もちろん、エンジンの始動性がよく、気持ちよく「ブルルン!ヒュルヒュル!ドリューン!」と回ってくれれば最高です。でも、回しすぎて寿命を縮めたくはありません。
年式の古いバイクですが、これからも長い付き合いをしたいです。

漠然とした質問で申し訳ありませんが、どなたかアドバイスをいただけませんか?
できれば、許される範囲で、具体的な銘柄、適切な粘度を教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

旧車、特にレプリカに乗っていらっしゃる方はどんなオイルを入れていますか?
メーカー・グレードはたくさんありますが、僕の乗り方で、どのオイルが適しているのか僕にはよくわかりません。
オイルの種類によって、よく回るようになったとか、エンジンの始動がよくなったとか違いはわかります。
僕は峠を攻めるタイプではありません。高速道路を150キロ以上で巡航することもありません。中低速域の加速を楽しみ、パイロンスラロームとかの教習が好きです。つまり街乗りがメインということですね。バイクはRVF4...続きを読む

Aベストアンサー

 RVF?ゼンゼン旧車じゃないですよ。
 もうRVFぐらいになるとクリアランスやシール材も現代のモデルとほとんど差は無く、オイルはなんでもよいです。100%化学合成油なんてのも一通り出回った後の時代のモデルなので、この手のオイルを入れても特別な問題は無いでしょう。
 が・・・・『気になるのは、どんなオイルを入れれば、エンジンを良好に長持ちさせられるのかということです』というなら、ベストはメーカ純正です。

 ワタシ、元クルマとバイクのレース屋で現在はクルマの研究で食ってる者ですが、メーカ各社の耐久実験のレベルを御存知でしょうか?特に高回転を維持した耐久性評価では、サーキット走行など比較にならないほど過酷です。
 よく考えてみてください。サーキットでレッドゾーンギリギリを何分も維持する状況はまずありませんが、例えばドイツのアウトバーン(勿論一般路です)などでは全開レッドゾーン寸前のまま何十分も走る可能性があるワケで、メーカではそういった状況も想定して耐久試験を行っています。
 そのメーカは当然メーカ純正オイルを使用して耐久試験を行っており、純正以外のオイルなど使いません。

 レース用がよいとか硬さがナンだとかいろいろ言われていますが、極論するとそれらはすべて『そんな感じがする』程度の妄想に過ぎません。バイクに限らずクルマでも、純正以外のオイルでの耐久性などメーカ自身では全く評価していないワケで、純正以外のオイルの耐久面の性能など、バイク屋やチューナーがナニを言っても全く信用出来ませんよ。

 ちなみに余談ですが。
 サーキット走行の場合、頻繁に低いギヤで引っ張る(比較的低速で全負荷領域を使う為、冷却風が不足します)、エンジンをチューンしてノーマルよりも高い回転数まで回る様になっている、などメーカが想定していない使い方をする点に問題があるワケで、その時初めてオイルの温度管理や粘度の管理が課題となってきます。

 ノーマル状態のバイクでの『市販車らしい走行パターン』では、耐久性が実証されているのはメーカ純正オイルのみです。

 RVF?ゼンゼン旧車じゃないですよ。
 もうRVFぐらいになるとクリアランスやシール材も現代のモデルとほとんど差は無く、オイルはなんでもよいです。100%化学合成油なんてのも一通り出回った後の時代のモデルなので、この手のオイルを入れても特別な問題は無いでしょう。
 が・・・・『気になるのは、どんなオイルを入れれば、エンジンを良好に長持ちさせられるのかということです』というなら、ベストはメーカ純正です。

 ワタシ、元クルマとバイクのレース屋で現在はクルマの研究で食ってる者ですが、...続きを読む

Qポイント点火のバイクについて

どうも、SINといいます。

ポイント点火方式のバイクに乗っています。
そこで、質問なんですが、僕のバイクは時速140kmを超えるあたりから
ポイントの点火が間に合わず失火します。
今まで、ポイント式のバイクはそうゆうものとして乗ってきたんですが、
ある友人から聞いたところ、「それは調整の仕方が悪いからだ。」
と指摘を受けました。
また、その時にその子から聞いたことなんですが、
昔の国産車もポイント式だったがそのようなことは
無かったという話でした。実際はどうなんでしょうか?

バイクの種類等にもよるのかもしれませんが、
色々なご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

自動進角装置とは、エンジン回転数にあわせて適切な点火時期を得られるようにする装置です。エンジンの回転が速くなるとピストン上死点よりかなり早めに点火してやらないと、実際に燃焼が進み圧力が高くなった時点でピストンを上死点に持ってくることができません。しかし、高回転時にちょうど良いように調整してしまうと、低回転時にはピストンが上がりきる前に圧力が最大になり、エンジンを逆回転させる方向に力が働き、ひどいノッキングが起きてしまいます。この両方の条件を満たすようにするために考え出されたのが自動進角装置(ガバナー)です。機構的にはポイントを動作させるカムのあるシャフト上に、フライウエイト(遠心力で動作する錘)を設け、スプリングで復元力を持たせておきます。フライウエイトとポイントを動作させるカムをリンクやカムなどの機構でつなぎ、エンジンの回転が高くなるほど、フライウエイトにかかる遠心力が増し、スプリング逆らって外側に広がります。するとこれにリンクなどを介してつながっているポイント動作用のカムが、点火時期を早める方に動く様になっています。

この他にもバキュームアドバンサー(負圧進角装置)と呼ばれるものもあり。これはスロットル動作とエンジンの負荷によって動作します。これはエンジン回転がある程度高くなっていて、ガバナーによる進角が行われている状態で、上り坂やフルスロットルなどで負荷の増大が生じたときに、ガバナーの進角のみに任せておくとノッキングや異常燃焼を引き起こす場合があります。これを防ぐためにこのような状態になった時に点火時期を遅らせる動作をします。この二つを併用することでガバナーのみでは不可能な広い範囲での点火時期制御(軽負荷時にはかなり大きく進角したほうが良いのだが、その状態で負荷が増大してしまうとノッキング起きてしまうのでガバナーのみの機構ではあまり大きな進角を取れない。そこでエンジンの負荷状態がマニホールドバキュームに反映されることを利用して、大きな負荷がかかったときに進角を抑える)ができるということです。バイクでの採用例は少ないようですが、昔の四輪ではごくあたりまえに使用されていたシステムで、エンジン制御が電子化されるまではスタンダードな点火機構でした。

ちなみに私はかつて川崎のW1Sというバイクに乗っていました(650CCツインで昭和45年製)がシングルポイントで(クランクが位相差なしのため、左右シリンダーとも同時に点火火花が出る構造、ただし吸気・排気のタイミングは360度ずれているので点火されるのは片方だけ)したが、アイドル回転数(700RPM)程度から8000RPM程度まで安定した火花が得られていました。ちなみ進角機構は先に紹介した機械式のガバナーのみです。ポイント式でも10000RPM以上の高回転についていくことは可能(昔の原付などポイント式で平気で10000回転以上回っていました)ですし、それで低速時に不具合が発生するというのは妙な話です。ハーレーについては詳しくなので機構上のハーレー特有の問題があるのかもしれませんが、少なくともポイントを使用しているからという理由で、ハーレーのエンジンのリミット回転数(多分6000~7000回転では?)でついていけなくなることはありません。

ちなみに点火時期の変更でアイドリング回転数が変わるのはガソリンエンジンならすべてのエンジンで起こる現象です。適正な点火時期に調整した後に、キャブレターのセッティングを行い規定のアイドリング回転数に調整するべきで、規定のアイドリング回転数になるように点火時期を調整するべきではありません。ただ、SUキャブのセッティングはかなり厄介で、それなりの経験がないと難しいものです。機嫌を損ねると大変なので経験者のアドバイスを受けるか専門家に任せたほうが良いでしょう。

点火システム自体に問題がある場合は、点火システム自体の交換以外に方法はないかもしれませんが・・・

自動進角装置とは、エンジン回転数にあわせて適切な点火時期を得られるようにする装置です。エンジンの回転が速くなるとピストン上死点よりかなり早めに点火してやらないと、実際に燃焼が進み圧力が高くなった時点でピストンを上死点に持ってくることができません。しかし、高回転時にちょうど良いように調整してしまうと、低回転時にはピストンが上がりきる前に圧力が最大になり、エンジンを逆回転させる方向に力が働き、ひどいノッキングが起きてしまいます。この両方の条件を満たすようにするために考え出され...続きを読む

Q燃調がリーンだとなぜ「パンパン」鳴る?

これはバイクに限らず車でもそうなんですが、キャブのセッティングが薄すぎたり、2次空気を吸っていたりするとマフラーから「パンパン」音がするといいますが、どういった理屈で鳴るのでしょうか? 
マフラー内で混合気が燃えているだとは思うのですが、、、リーンすぎて混合気がシリンダー内で燃焼しない→マフラーに未燃ガソリンが流れ込む、として、なぜそれがマフラー内で発火するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足しておきますとアフターファイアーもバックファイアーも
ガソリンの発火点と引火点の温度の違いによって起こります。

ガソリン自体が着火するためには約260℃の温度が必要です。
しかし、ガソリンが気体になった状態では-38度で着火します。
そのためキャブレター内部で着火するには260℃以上の温度が必要です。
それに通常は吸気側のバルブが開く時はシリンダー内部が負圧の状態です。
高温のガスなどはキャブレターに戻ってきませんから発火しません。

しかし、エンジンから出た濃い混合気は酸素が足りず燃え残ったため
ガソリンが高温のままガス化しており酸素が補給されると爆発するのです。
これがアフターファイアーの理屈です。
薄い混合気の場合はガソリン自体が少ないので爆発しません。

Qプラグがかぶるとは?

「プラグがかぶった」という言葉をよく聞きますが、「プラグがかぶる」とはプラグがどういう状態になっているのでしょうか?あと、プラグがかぶった時の対処法を教えてください。

Aベストアンサー

「かぶった状態」はすでに複数の回答がある通り、プラグが燃料(2ストであればさらにオイルなども含まれる)で湿った状態ですが、これによって点火しない原因は「ガソリンが絶縁体だから」ではありません。絶縁体があると点火しないのなら空気中でも真空中でもスパークしない事になりますよね。実際にはプラグの中心電極と周辺電極との間が燃料などで湿った状態になると、そこに付着するカーボンなどの不純物(汚れ)などにより絶縁性がなくなり、漏電してしまう為です。漏電すると火花を散らすのに必要な電圧にならないので、スパークしない、あるいはスパークが弱くなってしまいます。
この状態になったら、とりあえずプラグを乾かす必要があります(取り外して拭く、自然に乾くのを待つなど)。
あと、特にかぶりやすい場合はプラグの熱価が合っていない場合があります。

Qポイント点火式コンデンサーのチェック方法

当方、エボのスポスタをポイント点火にしているのですが、コンデンサーが正常か不良かのチェック方法をどなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンデンサー測定機能つきテスターなどが無いと非常にややこしいので簡易的な方法を教えます。コンデンサーを外しコンデンサーボデーをアースに落とし端子をバッテリーのプラスににチョンチョンと当てて充電して外した後テスターで電圧を測ってじわりと電圧が落ちれば恐らく正常です。(内部抵抗の高い高級テスターではほとんど下がらないので充電した後測定して端子とボデーを接触させ放電してほぼ0Vになっていれば正常)確実な容量が知りたいという方は多分ポイントが不調だったりするわけでしょうからそんなに高い物でもないし消耗品と割り切って新品に換えてみるのが良いと思います。


人気Q&Aランキング