昨年の12月1日付けで転職したのですが、近いうち自己都合で退職したいと考えています。
雇用保険の受給要件として・・・

「離職の日以前1年間に、賃金支払の基礎となった日数が14日以上ある月が通算して6ヶ月以上あり、かつ、雇用保険に加入していた期間が満6ヵ月以上あること」

とあるので、通常なら5月末付けで退職すればこの要件に当てはまるように思えるのですが、ひとつ不明な点があります。

というのは、12月に入社したのをA社としますと、入社と同時に子会社のB社に出向という形で勤務し、給与や保険関係はすべてA社から支払い・天引きなどをされていました。
ところが4月1日付けで、B社に転籍となり、給与・保険関係もB社に切り替わることとなったのです。

この場合、2社の通算でも満6ヶ月以上という要件が満たされるのでしょうか?あるいは4月1日からあらためて満6ヶ月たたないと当てはまらないのでしょうか。

もし後者であるなら、5月末までといわずもっと早く辞めたいと思っています。ご回答、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

失業保険の受給資格として、退職日以前の一年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して、6カ月以上あることが条件となっています。



従って、ご質問の場合は通算して6ケ月になれば問題ありません。


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり通算で6ヶ月以上なら大丈夫なんですね。では、なんとか5月末まで踏みとどまりたいと思います。

お礼日時:2002/04/13 14:49

 保険関係支払天引きということなので、いずれにしても、雇用保険加入手続きはされていたと見売られますが、念のため、職安で被保険者番号での照会をかけておいくと確実かと思います。


 なお、著しく職種の違う配転や出向などに伴い、やむなく自己都合退職した場合には、会社との関係が良好であれば、その旨協力してもらい、会社に負担がかからない方法によって会社都合退職扱いとできることがありますので、留意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。職安にも確認しておけばさらに安心ですね。ちなみに会社都合は難しいと思われます。転籍によって著しくといえるほど職種が変わったわけではなく、それ以前から辞めたいと考えていましたので・・・。

お礼日時:2002/04/13 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失業給付金の勤続年数とは?

教えて頂きたい事は、タイトル通りです。私は、今年いっぱいで希望退職します。初めの会社に入社してからは11年になりますが、グループ会社間に何度も転籍になりました。自らの希望ではなく会社都合です。でも、それを証明できるものはありません。結局、最期の会社には2年程しか在籍していない事になります。失業給付金の勤続年数とは、転籍は無効ですか?最期の会社での勤務期間が対象になるんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>失業給付金の勤続年数とは、転籍は無効ですか?最期の会社での勤務期間が対象になるんでしょうか?

離職日の翌日から1年間の中で、基本手当や再就職手当などをまったく受給せずに再就職した場合は、前の会社での被保険者であった期間と再就職後の被保険者期間が通算されます。
ですから質問者の方も1年以内に転籍して雇用保険に再度加入していれば被保険者期間は通算されます。

Q親会社から子会社への移動について

雇用保険の件でお伺いいたします。

親会社から子会社に移動した場合、雇用保険の扱いは、一旦、親会社を退職して、
子会社に就職したことになるのが一般的なのでしょうか?

移動の際は会社から、雇用保険の加入期間は親会社在籍期間も合わせて、子会社で継続されると説明を受けました。

ところが、調べてみたら、継続されていませんでした。
このまま退職すると、勤続期間の違いで、受給できる期間が変わってしまいます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問中の「移動」という表現が曖昧なので、みなさん回答しにくいと思います。
出向なのか、転籍なのか・・・?
もし、転籍ならば、雇用保険も親会社での資格喪失後、子会社での資格を取得する手続きになると思います。会社の説明では、このことを「継続される」と表現されたのではないでしょうか。ブランクなしに喪失・取得されていれば、加入期間は通算されるので、今度失業した時の基本手当の受給期間は変わらないはずですし。
「継続されいませんでした」というのが、親会社での資格を喪失したまま、子会社での資格が取得されていなかったという意味でしたら、確かに「勤続年数の違いで、受給できる期間がかわって」しまう可能性もあります。この場合でも、2年が限界ですが、遡って資格取得の手続きはできます。

Q離職票2枚で被保険者期間を合算する場合の求職者給付は?!

どなたか、ご教示いただければと思います。

2005/4/30付けで派遣社員での勤務が終了し現在求職中ですが、失業保険(求職者給付)をうけたいと思っています。

4/30で終了した際、いただいた離職票には5ヶ月分の被保険者期間しかなく、その前に正社員で退職していた会社の離職票(2004/5/31まで被保険者期間あり)と合算しようと思います。2004/5/31までのものと今回の5ヶ月を合算するとぎりぎり6ヶ月の被保険者期間は満たすのですが、2枚の離職票で申請する場合、退職理由は古いもの、新しいものどちらで判断されるのか心配です。

2005/4/30(派遣社員)は「(契約期間満了)会社都合」で2004/5/31(正社員)は「自己都合」になります。

古い離職票と併せるので古い離職票の退職理由も関係するなら、待期期間が3ヶ月になってしまうのでしょうか?

派遣社員の離職票をもらうとき、実際には4/30で契約期間は終了してましたが、そこから1ヶ月仕事を探してもみつからないということでないと、会社都合の離職票は出せないということですでに1ヶ月待ちました。

ここから、3ヶ月さらに自己都合になって、待たされるのかどうか。。。不安になり、ご質問させていただきました。どなたか、ご回答宜しくお願いします。

ちなみに、ハローワークによって回答が違うという噂も聞きましたが、そのへんもご存知の方、宜しくお願いします。(渋谷ハローワークに行く予定です)

どなたか、ご教示いただければと思います。

2005/4/30付けで派遣社員での勤務が終了し現在求職中ですが、失業保険(求職者給付)をうけたいと思っています。

4/30で終了した際、いただいた離職票には5ヶ月分の被保険者期間しかなく、その前に正社員で退職していた会社の離職票(2004/5/31まで被保険者期間あり)と合算しようと思います。2004/5/31までのものと今回の5ヶ月を合算するとぎりぎり6ヶ月の被保険者期間は満たすのですが、2枚の離職票で申請する場合、退職理由は古いもの、新しいものどちらで...続きを読む

Aベストアンサー

1、被保険者資格喪失後から次に被保険者になるまでの期間に1年以上空が無い。(被保険者期間に1年以上の空が無い)

2、離職から再就職の間に手当を受給していない。

3、同じ被保険者番号である。

4、週30時間以上の労働で給与算定基礎となる日が月14日以上が通算して6ヶ月、又は週20時間以上30時間未満の労働で給与算定基礎となる日が月11日以上が通算して12ヶ月、のいずれかの条件を満たすもの。

以上の条件に当てはまるのなら合算(通算)対象になります。

>6ヶ月の被保険者期間は満たすのですが、2枚の離職票で申請する場合、退職理由は古いもの、新しいものどちらで判断されるのか心配です。
基本的に新しい方です。
また手当の日額も、給与×6÷180の50%~80%を離職票から算出されます。
で、足らない部分を前の離職表から持ってくるという考え方なのでこの場合、新しい職の給与×5+前職の給与×1、を離職票から算出されると思います。

>ここから、3ヶ月さらに自己都合になって、待たされるのかどうか
給付制限は「自己都合だと絶対3ヵ月待つ」という考え方は半分間違い。
事前に相談していて状況から、「やむを得ない離職」と判断されれば給付制限はかからないです。
特に派遣業務は一般の就労と比べ特異な部分もあるので職安で相談されるのが一番です。

>ハローワークによって回答が違うという噂も聞きましたが
比較的判断の難しいグレーな内容や、管轄する職安に判断を任せられた物事などについては個体差は生じるでしょうが、基本的な判断に違いはありません。

1、被保険者資格喪失後から次に被保険者になるまでの期間に1年以上空が無い。(被保険者期間に1年以上の空が無い)

2、離職から再就職の間に手当を受給していない。

3、同じ被保険者番号である。

4、週30時間以上の労働で給与算定基礎となる日が月14日以上が通算して6ヶ月、又は週20時間以上30時間未満の労働で給与算定基礎となる日が月11日以上が通算して12ヶ月、のいずれかの条件を満たすもの。

以上の条件に当てはまるのなら合算(通算)対象になります。

>6ヶ月の被保険者期間は満たすのです...続きを読む

Q離職証明書に記載する「賃金支払対象期間」

長年勤めていた人(時給社員)が退職されたので
雇用保険被保険者離職証明書を記入しようとしています。

その(10)欄の「被保険者算定対象期間」について教えてください。

ここには、直近の6ヶ月間(賃金支払基礎日数が11日以上ある月)だけを記載すれば
良かったと思うのですが、それは正しいでしょうか?
3年前にハローワークから頂いた記入マニュアルには、そのことが全く触れていません。

Aベストアンサー

No.1です。


◆補足しておきます。

質問者の手元にあるのは古い雇用保険被保険者離職証明書のフォームと思われます。今は使えません。

離職証明書の用紙は3枚複写ですからネットでダウンロードはできません。ハローワークへ出掛けてもらって来るか、または郵送で取り寄せるかして下さい。


◆No.1の回答を訂正します。

「直近の12ヶ月(賃金支払基礎日数11日以上の月)だけを記入する」と書きましたが、これは誤りで、「原則としてすべての賃金支給対象期間を記載する。ただし賃金額計がゼロの期間のみ記載を省略する。また賃金支給対象期間の記載は、賃金支払基礎日数11日以上の月が12カ月になるまでさかのぼる」が正解です。↓

〔参考〕
厚生労働省>>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/jigyounushi01.pdf

Q離職票1「喪失原因が2番」

お世話になります。
教えて頂きたいことがありまして、投稿させて頂きます。

派遣社員です。9月末に退職しました。
離職票2の離職理由は2Cになっています。
具体的事情記載欄には、契約期間満了となっています。

営業さんからは、会社都合になる旨、3ヶ月の待ち期間無しで
失業保険を受給できることを伺っていました。

離職表1には、喪失原因が2番となっています。
私はてっきり3番(会社都合なので)になると思ったのですが、
2番で良いのでしょうか?
自己都合と見なされるのではないかと心配になりました。

連休明けにでもハロワに行こうと思ったのですが、
気になりまして、こちらで質問をさせて頂きました。

ご存知の方がいらっしゃいましたらば、お教えくださると
有難いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

雇用保険事務の担当経験がある者です。


離職区分が2Cであれば、
『特定理由離職者』となり、
この場合の喪失原因は【2】となります。

離職者にとってみれば、
失業保険は会社都合の解雇などでやめられた方と同じ取り扱いを受けることができますのでご安心ください。


ちなみに余談ですが、
2C判定は派遣会社さんの『会社都合による契約期間満了』の場合の判定です。
派遣会社さんの場合の『契約期間満了』において、
喪失原因が【3】になることはありません。

喪失原因が【3】になるのは、
解雇、退職勧奨等、
一方的に会社に非がある場合にペナルティをつけるための喪失原因なので、
『契約期間満了』の場合は会社側から更新を打ち切った場合でも【2】になります。
(派遣会社以外は、条件によって【3】になる場合があります)


ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング