条件検索できる弁護士検索サイトを探してます。
自分が求める条件とベストフィットする弁護士を探すのにいいサイトはないでしょうか?
例えば、得意分野を指定して探せるようなさいとはないものでしょうか?
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

第二東京弁護士会のHPが、希望に近いかな?・・・・・と思います。



http://www.dntba.ab.psiweb.com/index.html

検索画面 http://www.niben.or.jp/kaijoh/kaijo2.asp

参考URL:http://www.dntba.ab.psiweb.com/index.html,http://www.niben.or.jp/kaijoh/kaijo2.asp
    • good
    • 0

残念ながら、そういったサイトは存じません。


具体的に訴訟をされる場合は、弁護士会にお問い合わせいただくのがよろしいかと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病に対する慰謝料

うつ病に対する慰謝料


私はこどもに関わる仕事をしています。
三年前の妻の不倫により弁護士を通して交渉していますが相手の弁護士の方がどうも上手らしく相手の返事待ちでなかなか進展しません。

そんな中、私はこどもに接する自信がなくなったり、気持ちの整理がつかない事からうつ病と診断され約一年間休職しました。この際の給料、賞与はもちろん半分くらいでその他に診察、薬代もかかります。

これは全てがとは言いませんが、妻の不倫相手が関係無いとは思いません!

このまま弁護士同士で決まらない場合は裁判になると思います。その場合、診断書などがあれば慰謝料に病気の事がプラスされるでしょうか?

詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
なかなか困難な中にいらっしゃるようですね^^;。


>このまま弁護士同士で決まらない場合は裁判になると思います。その場合、診断書などがあれば慰謝料に病気の事がプラスされるでしょうか?


問題は、あなたの病気と奥様の不倫との因果関係が「あり」と裁判官が判断するかどうかです。
診断書だけではダメで、他にも病気と奥様の不倫との間の因果関係を証明できる証拠を揃える必要があります。その証拠を揃えた上でどうなるかでしょうね。


>これは全てがとは言いませんが、妻の不倫相手が関係無いとは思いません!

とお考えになるのはもっともなのですが、残念ながら原告主張には証拠を添える必要があります。主観での主張だけでは裁判上効力がありません><。


お役に立てば幸いです。

Q弁護士の業務内容で「企業法務」の中には労働法の分野は入らないのでしょう

弁護士の業務内容で「企業法務」の中には労働法の分野は入らないのでしょうか??

弁護士の業務内容の中には様々な分野がありますが、労働者の権利を守るといった事柄は人権問題に該当するのだと私は理解しています。
しかし、労働者の雇用条件や労働環境を整備するのは雇い主である企業なのだから労働者の権利を企業内から守り、悪い条件を改善しようということは企業法務とは言わないのでしょうか?

Aベストアンサー

労働者の権利は 労働紛争 団体交渉など あらゆる点で
請求主張した場合は
企業法務としては (その権利を守るための) 土台になる 「企業が課せられた義務」を守るように経営者に進言するでしょう。

悪い条件を改善するかどうかは 企業法務ではなく労働組合では?
または個別交渉 紛争など

Q会社での極度の嫌がらせイジメによりうつ病を発症,退職しなければならないのでしょうか?

会社での極度の嫌がらせイジメによりうつ病を発症、現在休職中ですが就業規則では3ヶ月まで休業が認められ、その後は退職扱いになると会社の人事から言われています。退職しなければならないのでしょうか?

会社は労災の申請書類に極度の嫌がらせ、イジメによりうつ病を発症したことを認める印鑑を押していますし、直接の上司との三者面談では加害上司はそれを認めています。それなのに3ヶ月で退職というのは納得がいきません。何かよい手立てはありませんでしょうか?現在弁護士とも話を進めていますが、私のほうでも色々と知識を付けておきたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

労災に認定されたら、病気(うつ病)が治ってから1ケ月以内は解雇できません。(労基法19条)

しかし、労災申請中の【就業規則に基づく休職期間満了退職】は有効です。もし、労災認定の裁定が下ったら【解雇無効】の民事訴訟を提訴することになります。

労災の裁定まで1年以上かかることはザラですので、収入が途絶えると大変です。労災の結果が出るまで、健康保険組合の傷病手当金を申請して生活費の確保をしてください。健康保険組合側からは「労災申請の結果が判明するまで支払いはできない。」と返答があるはずですが、弁護士に相談し、確約書を健保組合に提出すれば、解決できます。

Q著作権に得意な弁護士を探す方法

著作権に得意な弁護士を探す方法を教えて下さい。

30分5000円の弁護士会に相談してもいいですが、
著作権関係の事件は,知識のある弁護士とそうではない弁護士の格差が激しいそうで、プロフィールなどに「得意分野・著作権」と書いてあって全然知らないに等しい方もいるようですので。

ちなみに、著作権に得意な著名な方(教授や弁護士)で第一人者っているのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単な見分け方としては、名称が、「法律特許事務所」又は「特許法律事務所」となっている事務所を探すことです。これらの事務所には、弁護士及び弁理士が所属しているので、著作権を含む知的財産の係争を多く扱っています。もっとも、上記以外の事務所にも、著作権に強い弁護士先生はいらっしゃいます。

また、No.1の回答と重なりますが、amazon.co.jp 等のネット書店で、「著作権」、「著作権 判例」で検索しても、著作権関係の書籍を執筆している弁護士を探すことはできます。

Qうつ病と言いがかりをつける人がいます。

離婚前提で1年別居中の30台会社員(女)です。幼稚園の子供を育て中です。
相手方の弁護士を通して、私が家を出ていったのはうつ病ではないか?と疑っていると言われました。
離婚理由は相手に強いストレスを感じるから離婚するという事なんですが(離婚理由が弱い?)、協議離婚でお互いに弁護士を立てて話を進めている最中にこんな感じの症状だったと本で調べたことをコピーして来ました。
思い当たる事なんですが、引っ越ししてから何度も金縛りにあって眠れなかった事、相手と顔を合わせるのも話をするのも関わりあいたくなかった事をうつ病の症状と思ってるのではないかと。
相手に言っても無駄なので、相談などは一切しない生活でした。職場では心を許せる仲間(チームの仕事なので)がいるので(父親・母親の年代)話していました。もちろん、今の状況も職場の皆様に全て話して理解してもらって仕事しています。
今後、親権の問題でうつ病の疑い有りなどで子供を育てて行くのに不利になりますか?
職場の人は誰が見たってうつ病じゃないよ!と言ってます。相手に対し私も1年以上経って何を言うか!!と頭に来てますが、子供の親権を考えると冷静に対処しなければいけないと思います。
受診して診断書ってもらえるんでしょうか?

離婚前提で1年別居中の30台会社員(女)です。幼稚園の子供を育て中です。
相手方の弁護士を通して、私が家を出ていったのはうつ病ではないか?と疑っていると言われました。
離婚理由は相手に強いストレスを感じるから離婚するという事なんですが(離婚理由が弱い?)、協議離婚でお互いに弁護士を立てて話を進めている最中にこんな感じの症状だったと本で調べたことをコピーして来ました。
思い当たる事なんですが、引っ越ししてから何度も金縛りにあって眠れなかった事、相手と顔を合わせるのも話をするのも関わ...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね。
私は調停などは分かりませんが・・・思った事を。
仮に貴女がクリニックを叩いてうつ病では無いという診断書を貰ったとします。
(貰えるでしょう!)
ただ、それを先方が額面通りに受け取るかは疑問です。
お話を聞くに、お仕事も順調そうなので、精神的に病んでいるようには見えません。
今まで通り、普段通りの生活を続けつつ、貴女の弁護士に相談なさってみてください。
相手は、こういった心理戦も考慮に入れているように思えます。
あまり深く考えず、まず相談ですね。
元気に笑顔で暮らしていれば、いい事があるってもんです!

Q弁護士と弁理士の特許分野での業務(特に訴訟業務)の違い

質問のタイトルにもあるように、弁護士と弁理士の業務の違いを調べています。

いろいろと調べた結果

「賃金のような訴訟であれば、弁理士が自分で訴訟することもできる。ただ、特許や商標権侵害のように事件が複雑になると、弁護士抜きでは難しくなる。」
これは
「紛争についての深い知識は弁護士の方が持っているから」

ということがわかったのですが、上記場合の「紛争についての深い知識」というのはどういったものでしょうか?このままだと抽象的過ぎるためなかなか理解できません。具体的になものを教えていただきませんでしょうか?法律に関しては素人なもので・・・・・

また、上記場合以外でも弁護士と弁理士の特許分野での訴訟業務で違い等あれば、是非教えていただきたいです。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「賃金のような訴訟であれば、弁理士が自分で訴訟することもできる。」
これは嘘です。職務発明の対価系は弁理士は殆どノータッチです(てか、弁理士の業務じゃないから代理すれば違法です)。発明の価値評価ですので、むしろ公認会計士とかの方が詳しいかもしれません。。。ただ、普通対価訴訟は弁護士のみでやります。


「知的財産侵害事件」は普通は弁護士+弁理士のセットでやります。
弁理士は特許出願、審判を始めとして対特許庁の業務のプロではありますが、訴訟等の対裁判関連業務は苦手としています。まず、民法や民事訴訟法の知識が弁理士にはあまりない点。弁理士は特許出願業務を行いますが、そのうち有効性が争われる(無効審判)のは0.1%程度、さらに訴訟まで行くのはその半分以下です。つまり、そもそも知的財産関連の事件自体あまりなく、訴訟業務を行った事がある弁理士は殆どいません。つまり、殆どの弁理士は一生に何回も訴訟に携われるわけではなく、経験不足なわけです。

で、裁判所というのは特許庁と違って1+1=3でも、裁判官を納得させれば勝ちなわけで争い方が特許庁の場合とかなり違います(特許庁の行政裁判(審判)では審判長が主体的に意見を言えますが(つまり、1+1=3と言った原告に対して「違うだろ」と言っても良い)、裁判所の裁判官が一方の有利になる意見を言う事は許されていません、相手が反論しなければ1+1=3で通ってしまうわけです。)。で、そういった駆け引きごとのノウハウが訴訟経験のない弁理士には殆どないわけです。
といっても、弁護士が技術系の専門知識がない場合が多いので、普通知的財産訴訟は弁護士+弁理士の2人セットくらいで代理人を立てることが多いです。

「賃金のような訴訟であれば、弁理士が自分で訴訟することもできる。」
これは嘘です。職務発明の対価系は弁理士は殆どノータッチです(てか、弁理士の業務じゃないから代理すれば違法です)。発明の価値評価ですので、むしろ公認会計士とかの方が詳しいかもしれません。。。ただ、普通対価訴訟は弁護士のみでやります。


「知的財産侵害事件」は普通は弁護士+弁理士のセットでやります。
弁理士は特許出願、審判を始めとして対特許庁の業務のプロではありますが、訴訟等の対裁判関連業務は苦手としています...続きを読む

Qうつ病患者です。訴訟を考えています。

うつ病患者です。訴訟を考えています。
相手は、うつ病の原因となった上司です。
うつ病と診断されたのは3年前です。
その元上司がうつ病の原因であることは明らかなのですが、会社はなかなかそれを認めません。

でも、会社は、私に対して精一杯の誠意を見せてくれました。
給料等はどうにもならないが、社長以下役員全員、心から心配している。
と言ってくれました。
ですので、会社に対しての恨みはなくなりました。

しかし、うつ病の原因である元上司からは、何の誠意も見られません。
こちらから、メールで私を病気にしたことをどのように思っているのかを聞いても、無視状態です。

今労災の申請中です。
もし、労災が認定されなければ、この元上司に対して、医療費、給料、ボーナス、慰謝料等を請求する訴訟を起こそうかと思い始めました。

ただ、こんなことができるのか、なにを見て調べたらいいのか、どこに言っていけばいいのか、まるっきりわかりません。
できるだけお金のかからない方法でやりたいのですが、やはり弁護士に相談するべきなのでしょうか?
こんなことで訴訟を起こす人、他に例はあるのでしょうか。

詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

うつ病患者です。訴訟を考えています。
相手は、うつ病の原因となった上司です。
うつ病と診断されたのは3年前です。
その元上司がうつ病の原因であることは明らかなのですが、会社はなかなかそれを認めません。

でも、会社は、私に対して精一杯の誠意を見せてくれました。
給料等はどうにもならないが、社長以下役員全員、心から心配している。
と言ってくれました。
ですので、会社に対しての恨みはなくなりました。

しかし、うつ病の原因である元上司からは、何の誠意も見られません。
こちらから、メールで...続きを読む

Aベストアンサー

この問題解決方法は、かなり難しい様に思われます。
労災申請時に、事業主代表者記名欄と捺印箇所があるはずですが
それは、どこまで進んでますか?
労災書類で、原因が上司によるものである事が記述され、労基署に
提出されているならば、認めてくれると思います。(会社側も認めている)
しかし、あなたの文面から、そこまで行ってない様に思われます。
会社は、組織で動きますので、こういう会社にとってデメリットな事は
まず動かないでしょう。
社長以下、役員全員が心配している。とあなたに言ったのは、単なるポーズ
にしか思えません。
本当に心配しているのなら、社長若しくは、役員がその原因となる上司に
注意指導を行い、とっくにあなたに謝罪しているはずです。
訴訟をおこすとかなり費用がかかるし、勝訴になるとは、限りません。
無料弁護士相談とか市民オンブズマンとかの相談かな?
ひらきなおり精神で直接、上司にかけあい、逆に上司をうつ病にさせるくらい
ねばるとか?

Q子浩法律事務所が得意分野としている少額債権について質問です。

まだ全く法律について詳しくないですが、法律について興味があるので個人的に調べることがあります。弁護士ドットコム等でこの事務所のことを知り、少額債権という言葉を子浩法律事務所のホームページで初めて目にしました。
少額債権とは具体的にどういったもののことを指すのですか?

Aベストアンサー

「少額債権とは」と調べたところ法律用語としての説明が出てきたので以下にそのまま載せます。

民事再生手続や会社更生手続において、少額債権を全額弁済することが法律上認められている。
少額債権の弁済は、(1)再生(更生)計画認可決定前に裁判所の許可を得て弁済する方法と、(2)再生(更生)計画に少額弁済の条項を設けて再生(更生)計画認可後に再生(更生)計画に基づいて弁済する方法がある。
このうち、(1)の再生(更生)計画認可前に認められるのは、(a)少額弁済を行うことにより手続きを円滑に進めることができる場合か、(b)少額弁済を行わなければ事業の継続に著しい支障を来たす場合に限られる。
「少額」の範囲は法律上定められておらず、資金繰りの状況、会社の規模などによって決定される。
10万円とすることもあれば、大企業の場合には数百万円とすることもめずらしくない。
なお、破産手続には少額債権を全額弁済する手続きはないが、特別清算では、裁判所の許可を得て少額債権を弁済することが可能となっている。

この子浩法律事務所が得意分野としているのは少額債権の回収ということなので、個人の方向けの催促を行うことになりますね。サービスを使用して対価を支払っているので、そもそもは支払わなければいけないものなのですが、そう簡単にもいかないみたいで、なかなか難しい分野のようですね。自分が使用したサービスすら忘れて支払いを拒否するケースもあるようですよ。でもそれってなんだか矛盾しているような気がします。サービスを利用したのだから当然といえば当然ですよね。。自分が利用したサービスを忘れてしまうものなのでしょうか・・・

「少額債権とは」と調べたところ法律用語としての説明が出てきたので以下にそのまま載せます。

民事再生手続や会社更生手続において、少額債権を全額弁済することが法律上認められている。
少額債権の弁済は、(1)再生(更生)計画認可決定前に裁判所の許可を得て弁済する方法と、(2)再生(更生)計画に少額弁済の条項を設けて再生(更生)計画認可後に再生(更生)計画に基づいて弁済する方法がある。
このうち、(1)の再生(更生)計画認可前に認められるのは、(a)少額弁済を行うことにより手続きを...続きを読む

Q夫のDVで離婚します。弁護士さんの熱意がない?

2月1日に第一回目の離婚調停が終わりました。離婚は2人とも合意しましたが 次回はお金の問題が残っています。

結婚15年 長女19歳 長男15歳 次女13歳 夫の年収750万 私120万(現在無職)

結婚後夫からのDVで精神的に子供も含め4人で受けてきました。6年前に私はやや重いうつ病発症。3人の子供たちも引きこもり・社会適応障害になり 精神科通院中。
2年前夫から 23年前から精神病でいまだに通院中と告白。それを隠して結婚。

夫・私にも弁護士がついています。夫の言い分を調停委員から聞いたこと

◆長女は私の連れ子なので 養子縁組解消し 養育費は払わない。学資保険の残り140万はそのままあげる → 承諾
◆長男・次女には毎月8万円(弁護士は10万円を検討と)
◆長男・次女にかけていた学資保険は 夫婦の財産なので半分に折半
◆家族の生命保険は夫がそのままもらう
◆2500万円で購入した一戸建ての家は500万は夫がためていたのを使い その後私に内緒で義母から1800万円(親一人子一人で相続税対策でしょう。)融資があり完済と。そのまま夫がもらう。
◆私が独身時代にためた180万円は 車を買ってあげたからチャラ(夫名義で 車検代金は私が支払った)返さないと。
◆DVで体も心もボロボロ。昨年の11月からうつ病が悪化し無職だが 慰謝料は払わない

です。それを聞いた 私の弁護士は もらえるものはもらう。
慰謝料はもらえないと思います。あきらめることも必要です。と・・・

夫にあまりにも自己中心的で 怒りを覚えますが 私の弁護士さんも熱意がなくこれから
どうしていいかわかりません。

妥当な金額の提示を教えてください!お願いいたします。

2月1日に第一回目の離婚調停が終わりました。離婚は2人とも合意しましたが 次回はお金の問題が残っています。

結婚15年 長女19歳 長男15歳 次女13歳 夫の年収750万 私120万(現在無職)

結婚後夫からのDVで精神的に子供も含め4人で受けてきました。6年前に私はやや重いうつ病発症。3人の子供たちも引きこもり・社会適応障害になり 精神科通院中。
2年前夫から 23年前から精神病でいまだに通院中と告白。それを隠して結婚。

夫・私にも弁護士がついています。夫の言い分を調停委員から聞い...続きを読む

Aベストアンサー

先ず弁護士の解任を勧めます。
あたらしい弁護士を雇ったほうが良いと思います。
長女は旦那さんの連れ子ですか。

裁判は質問者のほうから起こしてください。 
解決を急がないでください。 私は3年掛かりました。
弁護士は時間をかけて選びましょう。  

調停で成立したことでも裁判に移行すれば白紙に戻せます。
調停は単なる話し合い。 お互いが同意しなければせいりつしません。

 持久戦に持ち込む事が賢明だと思います。 
夫さんも精神病で、質問者様はDVによって鬱が発生したのですか?
それであれば慰謝料、3千万円くらいの提示で1千万円くらいの判決が出てもいいかと思います。

Q国選弁護士と私選弁護士

国選弁護士はお金がない場合で、お金がある場合は私選弁護士を雇うというのが一般的ですが、最近お金がない人でも私選弁護士を雇って資力がないことを証明すれば、ある機関が払ってくれることになったそうです。これまでの国選弁護士と似ていますが、自分で弁護士を選んでなおかつ本人が払わないでよいというのは明らかに国選弁護士とは違います。そこで質問です。何という機関が弁護士の費用を払ってくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本司法支援センターにて、
裁判費用や弁護士・司法書士報酬などを支払う余裕がないという方に対して、
その費用を立て替える制度があります。

利用にあたってはいろいろ条件があり、返済も必要です。
詳細は参考URLを参照してください。

参考URL:http://www.houterasu.or.jp/service/hiyoutatekae/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報