いつもかならず、月は東に沈むのでしょうか? 
 季節によって変らないのですか? 
 つぎの作品は(天文学的に)正しく伝えているのでしょうか? 
 
#1.わかつき・めぐみ《月は東に日は西に 1985-1986 白泉社「LaLa」》
#2.小池 一夫《子連れ狼(64)月は東に日は西に 1970-1976 漫画アクション》
#3.与謝 蕪村「菜の花や月は東に日は西に」(1716-17840117)
 
#4.俗曲「月は東に昴は西に、いとし殿御は真ん中に」《山家鳥虫歌》
#5.《日月図》
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navcl …
 
 関連質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2522889.html
 月はどっちに出ている? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日本では、太陽も月も星(北側を除く)も必ず東から昇り、必ず西に沈みます。


これはずっと変わることはありません。なぜなら地球の自転によってそう見えているだけだからです。つまり地球は西から東へ自転しているので月、太陽、星は東から西へ動いているようにみえているのですね。

ご質問のように、太陽が西・月が東というのは日本人の昔から好む風景の一つです。このとき、太陽と月は180度反対方向にあるわけですから、自動的に満月であることを意味しています。夕暮れ時の美しさと満月のすばらしさを同時に眺められる時間ということです。

また、これとは逆の
   ひむがし(東)の野にかぎろひの立つみえてかえりみすれば月かたぶきぬ
という歌が万葉集(柿本人麻呂)にあります。
この風景は太陽が東から上がってこようとするとき、振り返って西の方を見たらちょうど月が沈もうとしていた(文法的には「傾いた」ですが、一般的には沈みつつある状態と解釈されています)
これも、昔の日本人であれば誰でも(ほぼ)満月であることを想像できるのです。太陽と月が180度反対方向だからです。

このように東と西の真反対になる関係は、その位置関係よりも暗黙のうちに「満月」であることを伝えることで、その余情を深める効果を出しているのです。
    • good
    • 2

 #5です。



>すると「犬は東に、尾は西に」というパロディは誤りですね。

 「犬が西向きゃ尾は東」ではなかったかと・・・

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/3607/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いささか脱線して、こんな本まで発見してしまいました。
 
── 中野 孝次/如月 小春/黒鉄 ヒロシ・共著
《犬は東に日は西に 199910‥ 清流出版》
http://www.bk1.co.jp/product/1703315

お礼日時:2006/11/09 14:56

 それぞれの文言は、その後に「~ある」と詠むべきで、「沈む(又は昇る)」ではありませんね。


 「月が東から昇る頃、日は西に沈んでいる。もう夕刻なのだ。」といった所でしょうか。

 ちなみに、#1と#2は#3が出典です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 すると「犬は東に、尾は西に」というパロディは誤りですね。
 「犬が東を向いても、尻尾は西に向かうとは限らない」と解釈すべき
でしょうか。

お礼日時:2006/11/08 00:32

 


太陽と同じように、あがり沈みの方向が少し違ってきますが、
 
おおよそ東からあがり西に沈みます。
 
私の過去質問に対して回答いただきましたものを参考に貼り付けておきます。
 
http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2325740

参考URL:http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2325740
    • good
    • 0

はにはにもとい「月は東に日は西に」ってのは, 「見たときにそっちにある」と言っているだけじゃなかったかなぁ? 「沈む」と言っている

わけじゃないと思う....
    • good
    • 3

地球では


月は東から昇り、太陽は西に沈む。
この世の永遠です。
昼に月が昇っている場合もありますし、夜に月が出ていない場合もありますが、これは、時期によるもので東から昇り、西に沈みます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月のクレーターは どんどん増えている?

月には大気はなく地球より隕石が衝突しやすいと思います。クレーターは隕石の衝突によって出来たはずです。月のクレーターは どんどん増えているのでしょうか? 地球からも その様子は見れますか? クレーターには 名前がついていると思います 新しいクレーターには 誰が名前をつけるのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら、今の時代では地上から観測不能な、ごく小さいもの位しか「どんどん増えつづけて」はいないでしょう。
というのも、ある程度大きなクレーターを作れる大きな天体が月の観測できる面に落下する率が、極めて低いからです。
これはそのような軌道にある小惑星がほとんど無い上に、月は常に地球に同じ面を向ける自転を行っているからです。

現在見られるクレーターは、月が誕生した46億年から6億年掛けてそのほとんどが形成されましたが、この時点で小天体のほとんどは各々の天体に落下、惑星や衛星の一部となってしまいました。
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/moon/moon03.html

また今なお宇宙空間を漂っている小さな天体の多くは、太陽を中心とする火星-木星間の小惑星帯という一定軌道を回っていて、火星軌道上を越えてくる物も余りありません。
http://spaceinfo.jaxa.jp/note/taiyo/j/tai9907_astr_j.htm

名前のほうは当初、月面の地形を調査した天文学者らによって好き勝手(爆言)に「古今東西の著名な学者」の名前が付けられましたが、現在では国際天文学連合によって慣例に従い名付けられています。
http://www12.plala.or.jp/m-light/Nomenclature.htm
彗星などのように、発見者に自由に命名権が認められている訳ではないようです。

他にも色々参考に成りそうなサイトのリンクを貼っておきます。
http://www.planetary.or.jp/
http://spaceinfo.jaxa.jp/

残念ながら、今の時代では地上から観測不能な、ごく小さいもの位しか「どんどん増えつづけて」はいないでしょう。
というのも、ある程度大きなクレーターを作れる大きな天体が月の観測できる面に落下する率が、極めて低いからです。
これはそのような軌道にある小惑星がほとんど無い上に、月は常に地球に同じ面を向ける自転を行っているからです。

現在見られるクレーターは、月が誕生した46億年から6億年掛けてそのほとんどが形成されましたが、この時点で小天体のほとんどは各々の天体に落下、惑星や衛星の...続きを読む

Q天体の移動 西から東?東から西?

こんにちは。
センター試験の勉強をしているのですが、天体の移動でなかなか前に進みません。

(1)太陽の自転は東から西
(2)太陽の年周運動は西から東
(3)惑星の視運動は順行なら西から東、逆行なら東から西
(4)毎日同じ時刻に特定の星座を観察すると、徐々に西へ移動
(5)黄道が南から北へ横切れば春分点
(6)黄道が北から南に横切れば秋分点

覚えればもちろん済む話ですが、それぞれの特徴がない分なかなか覚えられません。
一番教えていただきたいことは、覚え方。ですが、
いい覚え方があればそれを、
そうではなくて身の回りの森羅万象から論理的に導ける方法があればそれを、

教えていただければありがたいです。回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

 太陽系を離れて、見ると簡単です。そして自分がそこにいれば、どう見えるかを考えればよい。
 それを覚えようとするから混乱する。そんなのでなやんでどうする。

 そもそも太陽系の生い立ちから考えると、すべての天体は太陽系の北側から見ると、すべて左回りですよね。
(1) 地球から見ると太陽の公転周期は25(赤道)-28日(極)なので、地球にたつわれわれから見るとその表面は地球の東から西へ移動して見える。
(2) 地球は太陽の周囲を一年かけて一周するので背景の天球を基準にすると天球上を西から東に移動している
(3) これも(2)と同じ
(4)時刻は太陽の位置で決まるので、その分地球は公転軌道上を左に進んでいるので(2)と同じく
(5)これは文章が違う
 黄道と天の赤道の交点が春分点秋分点なので、太陽が通過する方向は(2)のとおり、それを通過するときが春分であり秋分。

 以上、覚える必要なんてまったくない、理解すればよいだけ。まったくもって覚える必要なんてないですよ。

 よく誤解されているけど、天球の回転--天動説--は、間違ってはいない。天動説では天体の運動を簡単に、正確に説明できないというだけで、視点(座標)を地上におけば--すべての運動は相対的なのでどこを基準にしても良いはず--、そのように観察される。地球も天もどこも静止なんてしていない(^^)

 太陽系を離れて、見ると簡単です。そして自分がそこにいれば、どう見えるかを考えればよい。
 それを覚えようとするから混乱する。そんなのでなやんでどうする。

 そもそも太陽系の生い立ちから考えると、すべての天体は太陽系の北側から見ると、すべて左回りですよね。
(1) 地球から見ると太陽の公転周期は25(赤道)-28日(極)なので、地球にたつわれわれから見るとその表面は地球の東から西へ移動して見える。
(2) 地球は太陽の周囲を一年かけて一周するので背景の天球を基準にすると天球上を西から東に...続きを読む

Q月のクレーターって住めるの!!??

中3で天体の勉強をしてます
先生の話を聞いてて、火星と月のクレーター部分は人間が住めると聞きました
火星は聞いたことあるんですが月のクレーターは初耳です
本当に月のクレーター部分は住めるんでしょうか?

あと、全く違う話になりますが
木星は固体表面がなくアンモニアの液体が広がっていると聞いたのですが
どうなんでしょうか?


月や火星や木星にまつわるおもしろい話も聞きたいです!!
超興味あります!!!笑

Aベストアンサー

>本当に月のクレーター部分は住めるんでしょうか?
月には大気がありません。したがって、微生物ならともかく、人間は住めません。

>木星は固体表面がなくアンモニアの液体が広がっている
そうといえばそうですが、意味を誤解しているようなので補足をします。木星はガス惑星なので、確かに固体表面はありません。が、コアは確かに存在していますので、それが液体状の物質であるだろう、という予想はされています。おそらく、質問者様が言っているのはそのことだろうと思います。

>月や火星や木星にまつわるおもしろい話も聞きたいです!!
木星の大赤斑は年々小さくなっていて、ひょっとしたら近いうちに(天文学での「近いうち」とは、半世紀くらいを指すと思いますが)なくなってしまう可能性もあるそうです。面白いかどうかは質問者様次第ですが。

Q西の空から東の空へ動く物体

今日の朝3時くらいに、西から東の空へ向かって動く、星くらいの大きさの物体を見つけました。

最初は流れ星かと思いましたが、消える気配がなく、また時間帯からして、旅客機とも思えません。

一体何だったのでしょうか。 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

すぐ消えるなら流星がイリジウムフレアの可能性が高いですが、
消えない場合は人口衛星でしょう。

お住まいが判らないので、とりあえず「東京」あたりなら、
7/23 AM3時ころに見える可能性のある人工衛星はこのくらいあります。

http://www.heavens-above.com/allsats.asp?lat=35.700&lng=139.767&alt=20&loc=Tokyo&TZ=JapST&Date=40746.3958333333&Mag=3.5&AM=T
その中で一番明るいのは、 MAG が 0.1 で北西から南東に移動しています

http://www.heavens-above.com/PassDetails.asp?Size=600&SatID=21701&lat=35.700&lng=139.767&alt=20&loc=Tokyo&TZ=JapST&Date=40746.7530981986

これなら、東京で見ていれば、月のそばか重なってみえたかも・・

Q月の南極近くの大きなクレーターは?

昨日11月5日15夜だったのでしょうか、天気も良く、見事な満月が見えました。
そこで思い出したのですが、南極近くに大きなクレーターがあり、そこから放射状に物質が飛び散った後が見えますね。(満月のときは明るすぎて肉眼では見えませんが) 赤道を越えてまで飛んでいるような。

あのクレーター名は何というのですか。大きな隕石が衝突したのでしょうが、いつころどれくらいの重量の隕石がぶつかったのか? 地球にまでその破片が来なかったのか? 月には他にももっと大きいクレーターはあるのでしょうか。興味を持ちましたので教えてください。

Aベストアンサー

よく観察されましたね。
おたずねのクレータは「ティコ」とか「チコ」と呼ばれるクレーターです。
月のクレーターの成因については諸説ありますが、隕石の衝突という説も有力な説です。(他に噴火説などあり)。直径1~5Kmの隕石(こうなると小惑星といった方がよい)が衝突すると、あのくらいの光条(という)が出来ると思います。ティコは月の中では以外とクレーターとしては直径が小さく、直径70Km程度です。大きな物では直径500Kmくらいの物もあります。

Q《食の最大》の意味は?

今日の金環食の為に、《月間天文ガイド》から売り出された日食グラスを購入しました。
そこには各地の日食の時刻などの一覧が書かれてあるのですが、どうしてもわからない事があります。

そこには

食の始め
金環食始め
食の最大
金環食終わり
食の終わり

の5つの時間が書かれています。

部分食や皆既日食なら、太陽を隠す影が大きくなっていって、最大になった時点が《食の最大》となるので理解できます。皆既日食の場合
皆既=食の最大になるはずです。


金環食の場合には、金環になってから金環が終わるまで、月の影がすっぽり太陽を隠しているのですから影の面積は変わらないはずですよね?

金環食始めと終わりの間に《食の最大》が書かれているのは何故なのでしょうか?

色々調べましたがわかりません。

金環食でいう《食の最大》とは、影が真ん中にくる時間をいうのでしょうか?

Aベストアンサー

隠されている度合いを「食分(蝕分)」といい、食の最大とは、この食分が最大となることを言います。
食分の計算式は、
食分=(太陽の※半径+月の※半径-太陽と月の※中心間距離)/太陽の※直径

太陽の見かけの半径や月の見かけの半径は
日食が起こる時間程度ではほとんど変化しないとみなせますので、
食分に影響するのは中心間距離のほう。
つまり、太陽の見かけの中心と月の見かけの中心が最も近づく時が食の最大です。

参考URL:http://eclipse-navi.com/yougo/data/syokubun.html

Q月のクレーターについて。

月のクレーターは日本人から見たらウサギが餅をついているように見えるけど、
ほかの人にはどんなふうに見えるんですか?

Aベストアンサー

クレーターじゃなくて、海、ですけどね^^;

ライオン、本を読む女の人、老婆の横顔、かに、其の他色いろ有りますね♪


自分でも想像力を働かせて考えてみると面白いですよ(私の周りのこどもで、「ミッキーマウス!」って言った子も居ます)。

Q地球は西から東へ公転している

地球が西から東へ自転しているのはわかります。
地球を北極の方から見ると、太陽の周りを時計と反対まわりに公転しているのもわかります。
しかし、「地球は西から東へ公転している」という意味がわかりません。
例えば、北を上にして、太陽の方から地球を見ると、地球は右から左へ公転しているように見えますよね。
ここでいう、右は東になるのではないでしょうか?
ならば、「東から西へ」ということになるのではないでしょうか?
しかし、反対側(地球の真夜中側)から見ると、左から右へ動いていますから、西から東へ動いているように見えます。

どこを基準にして、「西から東」と考えれば良いのかわかりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「北極」「南極」はあっても、「西極」「東極」はありません。
なぜなら、自転の軸の両端を北極と南極とし、それと直交
する=自転による「日の昇る方向=自転している先」を東とし、
沈む方向を西としたからです。
この「反時計回り=西から東」という定義を太陽系全体に拡張
するならば、「東に向かって公転している」と言えるわけです。
(当初の「日の昇る方向」ではなくなってますが)

Q月のクレーターに付いて質問です。

ふっと思った、くだらない質問ですみません。
月の表側(地球から見える部分)で、地球から見て
垂直に落ちたと思われるクレーターは、存在するのでしょうか?
理論上隕石がカーブしない限り、月に衝突する前に地球に
当たると思うのですが・・・・・?

Aベストアンサー

No.8です。私はご質問の「月の表側(地球から見える部分)で、地球から見て垂直に落ちた」という部分を私は「地球の方向から飛来し、地球から見て(隕石が)月面に対して垂直に落ちた」と理解して回答しました。

ご質問の趣旨がそうではなく、「月から見て地球の方向から飛来した」ことを「地球から見て垂直に落ちた」と表現されたのであれば、(この場合地球から見て何が何に対して垂直なのかよく分かりませんが…)、月の首振り運動は関係なく、隕石の軌道を完全な直線だと仮定したモデルなら、これまでの回答にありますように、月面で地球が見えている部分はすべてガードされることになります。

ただしこの場合でも、現実には隕石の軌道は完全な直線ではなく、月の極めて近くを通る軌道の場合には軌道の形が大きく変わる可能性があるため、月に衝突した隕石が地球の方向から飛来したように見える場合(衝突直前の軌道を見たときに)はあり得ると考えますがいかがでしょうか。

Q地球の自転はなぜ西から東へ回転しているのですか?

上の通りなのですが、どうしてでしょうか?また、他の天体も左回りなのでしょうか?こんな、変な質問ですが、ご教授して頂けませんか?

Aベストアンサー

東西,左右ではわかりにくいのですが、「なぜ公転と同じ向きに自転しているのか?」ということでしょうか?

太陽系がたくさんの塵やガスが集まってできたとき、その分布のよって各部分の速度が違ってきます。 中心に質量が集中していると中心に近いほど速くなり、球状分布に近いと中心から遠いほど速くなります。 各惑星の回転方向はNo.4 Josquinさんのおっしゃるように渦によって決まると思われます。 このことから、太陽系はガス雲の中に太陽が突っ込んでできたのではなく、均一のガス雲がゆっくり集まってでき、太陽も惑星も年齢がほぼ同じと考えられました。

金星が逆回転していることには、分布のムラとか遊星衝突とかいろんな説があります。(地球に対して共鳴封塞がかかっていることから、「古代地球人が作った人工の惑星だ」なんて説もあるくらい) 原因はわかりませんが、いろいろ調べてみるのも面白いでしょう。(「ヴィナス戦記」というマンガでは、金星に彗星が衝突して環境が劇的に変わるところから始まるのですが、金星の回転が逆ということに気づいていないので大いにツッコミましたが)

ちなみに、銀河の回転速度は中心部の近傍では中心からの距離に比例し、それより外ではほぼ一定(220km/s)になります。(理科年表の銀河系の項を参照)

東西,左右ではわかりにくいのですが、「なぜ公転と同じ向きに自転しているのか?」ということでしょうか?

太陽系がたくさんの塵やガスが集まってできたとき、その分布のよって各部分の速度が違ってきます。 中心に質量が集中していると中心に近いほど速くなり、球状分布に近いと中心から遠いほど速くなります。 各惑星の回転方向はNo.4 Josquinさんのおっしゃるように渦によって決まると思われます。 このことから、太陽系はガス雲の中に太陽が突っ込んでできたのではなく、均一のガス雲がゆっくり集まっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報