免疫検査学(一部、血液検査学も含む。)の質問内容なのですが………。

リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。
↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?

と、(1)E-ロゼット形成試験
  (2)EA-ロゼット形成試験
  (3)EAC-ロゼット形成試験
    の違いが、分かりません。(違いについて、教えて下さい。)


また、血液学的なことなのですが……
 末梢血 血液像での割合のことなのです。
  リンパ球の中の、T細胞とB細胞の割合が、分かりません。
   それと、T細胞とB細胞の鑑別の仕方が、分かりません。
       (T細胞とB細胞の不明な点について、教えて下さい。)


これらのことが、分かる方は、詳しく、教えて下さい。
                     宜しくお願いします。

    

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。


>↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?
 リンパ球は、末梢血の塗抹標本では、一様な形状をしていますが、機能などの面から、T細胞、B細胞、NK細胞などの亜群(サブポピュレーション)に分類されます。
 リンパ球のサブポピュレーション(Subpopulation)の分類(検出)は、白血病などの疾患の診断や治療に必要です。

>(1)E-ロゼット形成試験
>(2)EA-ロゼット形成試験
>(3)EAC-ロゼット形成試験
>の違いが、分かりません。(違いについて、教えて下さい。)
 E-ロゼット形成試験は、私は、昔、かなりの検体を扱いました。
 E-ロゼット(E-rosette)は、ヒツジの赤血球(E)が、リンパ球の細胞表面に結合するか調べます。
 E-ロゼットを形成するリンパ球は、T細胞が多いです。
 E-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面にCD2(LFA-2)と言う蛋白(インテグリン)を有していて、羊赤血球(の細胞表面の蛋白)と結合し、ロゼットを形成します。
 E-ロゼットは、T細胞以外に、NK細胞も形成します(低親和性)。
http://hobab.fc2web.com/sub4-E-rosette.htm
 
 EA-ロゼット形成試験は、実際に行った経験はありませんが、
 EA-ロゼットは、ウシの赤血球に、ウシの赤血球に対する抗体(IgG)を結合させ、抗体のFc部分が、リンパ球に結合するか調べます。
 EA-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面にFc受容体を有していて、抗体(免疫グロブリン)と結合します。
 B細胞は、Fc受容体を有していて、EA-ロゼットを形成します。
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00302 …

 EAC-ロゼット形成試験は、ヒツジの赤血球に対するIgM抗体(IgG抗体を使用するとEA-ロゼットと区別出来ない)を結合させ、さらに、C5欠損マウス血清(C3を溶血なく赤血球に結合出来る)を加え、赤血球に結合したC3(補体)が、リンパ球に結合するか調べます。
 EAC-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面に補体受容体を有するB細胞です。

 なお、E=赤血球(Erythrocyte)、A=抗体(Antibody)、C=補体(Complement)の略だったと思います。

>リンパ球の中の、T細胞とB細胞の割合が、分かりません。
 末梢血のリンパ球の場合、T細胞が約8割(55~85%)、B細胞が約2割(5~20%)です。
 骨髄血のリンパ球の場合、T細胞は25%以下、B細胞は75%以上と言われます。
 扁桃腺のリンパ球の場合、T細胞が50%、B細胞が50%と言われます。

>T細胞とB細胞の鑑別の仕方が、分かりません。
 従来は、E-ロゼット形成細胞=T細胞、表面免疫グロブリン陽性細胞(FITCなどを標識した抗ヒト免疫グロブリン抗体が結合する細胞)=B細胞と同定していました。
 近年は、モノクローナル抗体とフローサイトメトリーを用いて、リンパ球表面抗原(表面マーカー)を検査するのが、一般的です。
 T細胞は、モノクローナル抗体を用いると、B細胞の抗体産生を促進するヘルパーT細胞と、ウイルス感染細胞などを破壊するキラーT細胞とに、鑑別可能です。

この回答への補足

詳しく、ご説明有難うございます。
すいませんが、本文中に、分からない所があったので、補足に書きました。
『フローサイトメトリー』って、どんなことですか?教えて下さい。

補足日時:2006/12/01 20:43
    • good
    • 1

> 『フローサイトメトリー』って、どんなことですか?教えて下


> さい。
 「フローサイトメトリー」とは、簡略には、リンパ球を浮遊させた液を、細く流して、そこにレーザー光を当てて、分析する方法です。

 「フローサイトメトリー」は、当初、 「FACS」(ファックス:Fluorescence-Activated Cell Sorter)と呼ばれていました。
 「FACS」では、リンパ球を、蛍光色素を結合した抗体と反応させ、マイクロノズルから浮遊液を滴下させ(水滴にはリンパ球1個のみが含まれます)、レーザー光を照射します。抗体が結合したリンパ球(陽性細胞)は、蛍光を発するので、その蛍光を受光器で感知し、オシログラフ上に蛍光強度の違いにより陽性細胞の分布や、大きさを分析し、表示します。また、浮遊液のリンパ球を、偏向板を用いて、蛍光を発する細胞(陽性細胞)と、蛍光を発しない細胞とに、分離させて集めること(Sorting)が可能となりました。
http://www.geocities.jp/motomchan/crypto/method/ …

 「フローサイトメトリー」を用いれば、顕微鏡で観察しなくても、ある抗原(CD分類で分類される血液細胞上の分子蛋白など)を、何%の細胞が、どの程度表面を有していて、その細胞がどの程度の大きさなのかを、分析することが可能です。
 また、ある抗原(蛋白)を有するリンパ球のみを、細胞浮遊液中から分離して、取り出すことが可能です(Sorting)。

 「フローサイトメトリー」は、ベックマン・コールターにより開発されました。
 「フローサイトメトリー」の詳細は、ベックマン・コールター株式会社のHPを御覧になると良いでしょう。
http://www.bc-cytometry.com/cytometry.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も、分かりやすく、教えていただき、有難うございます。
要約、実習で、やった、意味が、分かりました。
本当に、有難うございました。

お礼日時:2006/12/07 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QT細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですが・・・

T細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですがT細胞の表面にはヒツジ赤血球と結合して「Eロゼット」を形成するEレセプターがあり、B細胞の表面にはウシ赤血球に抗ウシ赤血球IgG抗体を結合させた感作赤血球である「EA」と結合し「EAロゼット」を形成するIgGFcレセプターがあり、ヒツジ赤血球に抗ヒツジ赤血球IgM抗体を反応させたのち、新鮮血清を補体原として作用させて作製したヒツジ赤血球・IgM・補対複合体である「EAC」と結合し「EACロゼット」を形成するC3bレセプターがありますが、この「E」「EA」「EAC」って何かの略なんでしょうか?すごく頭に入りにくくて・・・。もしごぞじの方いらっしゃれば教えていただきたいです!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

E:赤血球、erythrocyte
C:補体、complement
A:両受体、amboceptor

参考URLは、専門用語や最新の略語も豊富で、重宝しています。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

Qリンパ球亜分類

リンパ球亜分類とはどういうものなのでしょうか?
解る方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 御質問のリンパ球亜分類は、リンパ球サブポピュレーション(lymphocyte subpopulation)と呼ばれることが多いでしょう。

 リンパ球は、細胞表面に、CD(cluster of differentiationI)分類される分子(抗原)を発現しています。
 リンパ球は、光学的顕微鏡像はほぼ相同でも、T細胞、B細胞、NK細胞など、異なる機能を有する亜群から構成されています。T細胞は、更に、ヘルパーT細胞(B細胞の抗体産生を促進する)、キラーT細胞(ウイルス感染細胞などを障害する)などの亜群に分類されます。

 異なる機能のリンパ球亜群の細胞は、異なるCD分類の分子を細胞表面に発現していますので、CD分子に結合するモノクローナル抗体を用いて検査すれば、分類が可能です。

 昔は、リンパ球が、蛍光色素を結合させたモノクローナル抗体と結合するか、蛍光顕微鏡で観察して検査しましたが、近年は、フローサイトメトリー(Flow Cytometer)と呼ばれるレーザーを用いる機器による解析が行われます。
http://www.bc-cytometry.com/FCM/fcmprinciple.html
 

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub4-E-rosette.htm

 御質問のリンパ球亜分類は、リンパ球サブポピュレーション(lymphocyte subpopulation)と呼ばれることが多いでしょう。

 リンパ球は、細胞表面に、CD(cluster of differentiationI)分類される分子(抗原)を発現しています。
 リンパ球は、光学的顕微鏡像はほぼ相同でも、T細胞、B細胞、NK細胞など、異なる機能を有する亜群から構成されています。T細胞は、更に、ヘルパーT細胞(B細胞の抗体産生を促進する)、キラーT細胞(ウイルス感染細胞などを障害する)などの亜群に分類されます。

 異なる...続きを読む

Q好中球、好酸球、単球のケモタキシスについて・・・

好中球、好酸球、単球のケモタキシスについてなんですが、ケモタキシスの意味っていったいなんでしょうか?意味が良くわからなくて困っています・・・。

Aベストアンサー

ケモタキシス=化学走性です。走化性とも言います。

質問のような細胞は遊離細胞です(血中で遊離していますね)。
これら遊離細胞は特定の物質の濃度勾配に従って移動する性質(走化性因子)があります。
濃度の濃い方へ移動する場合と低い方へ移動する場合があります。
例えば、細菌がcAMPを分泌します。すると白血球は正の化学走性に従って最近のいる場所へ向かう、というわけです。
分かりました?

Q癌細胞は、何個(何cm)まで成長すれば検出可能ですか?

癌細胞は、何個(何cm)まで成長すれば検出可能ですか?

Aベストアンサー

子宮頸がんなどでは、ぜんぜん成長していない段階でも、周りの組織ごと切りとってしまうこともあります。

Q異型リンパ球の増加について

36歳男です。12月始めころなんらかのウイルス感染をおこし下痢と発熱はおさまったのですが、GOT131、GPT181、γーGTP98、白血球9000
リンパ球42、異型リンパ球20%(12月11日現在)という検査結果でした。
何か考えられる病気がありましたら教えてください。また、これは深刻な数値でしょうか。

Aベストアンサー

ウイルス感染、肝機能障害、異型リンパ球増加といいますと、教科書的にまず思いつくのが、EBウイルスによる伝染性単核球症(単核症)です。

サイトメガロウイルスの感染でも同様に、異型リンパ球が出現します。

なお、あくまでも思いつくだけですので、まったく自信はありません。主治医の先生が、原因について調べられていると思います。

お大事に。

参考URL:http://www.shin-tokyohospital.or.jp/koram/syukan39.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報