免疫検査学(一部、血液検査学も含む。)の質問内容なのですが………。

リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。
↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?

と、(1)E-ロゼット形成試験
  (2)EA-ロゼット形成試験
  (3)EAC-ロゼット形成試験
    の違いが、分かりません。(違いについて、教えて下さい。)


また、血液学的なことなのですが……
 末梢血 血液像での割合のことなのです。
  リンパ球の中の、T細胞とB細胞の割合が、分かりません。
   それと、T細胞とB細胞の鑑別の仕方が、分かりません。
       (T細胞とB細胞の不明な点について、教えて下さい。)


これらのことが、分かる方は、詳しく、教えて下さい。
                     宜しくお願いします。

    

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。


>↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?
 リンパ球は、末梢血の塗抹標本では、一様な形状をしていますが、機能などの面から、T細胞、B細胞、NK細胞などの亜群(サブポピュレーション)に分類されます。
 リンパ球のサブポピュレーション(Subpopulation)の分類(検出)は、白血病などの疾患の診断や治療に必要です。

>(1)E-ロゼット形成試験
>(2)EA-ロゼット形成試験
>(3)EAC-ロゼット形成試験
>の違いが、分かりません。(違いについて、教えて下さい。)
 E-ロゼット形成試験は、私は、昔、かなりの検体を扱いました。
 E-ロゼット(E-rosette)は、ヒツジの赤血球(E)が、リンパ球の細胞表面に結合するか調べます。
 E-ロゼットを形成するリンパ球は、T細胞が多いです。
 E-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面にCD2(LFA-2)と言う蛋白(インテグリン)を有していて、羊赤血球(の細胞表面の蛋白)と結合し、ロゼットを形成します。
 E-ロゼットは、T細胞以外に、NK細胞も形成します(低親和性)。
http://hobab.fc2web.com/sub4-E-rosette.htm
 
 EA-ロゼット形成試験は、実際に行った経験はありませんが、
 EA-ロゼットは、ウシの赤血球に、ウシの赤血球に対する抗体(IgG)を結合させ、抗体のFc部分が、リンパ球に結合するか調べます。
 EA-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面にFc受容体を有していて、抗体(免疫グロブリン)と結合します。
 B細胞は、Fc受容体を有していて、EA-ロゼットを形成します。
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00302 …

 EAC-ロゼット形成試験は、ヒツジの赤血球に対するIgM抗体(IgG抗体を使用するとEA-ロゼットと区別出来ない)を結合させ、さらに、C5欠損マウス血清(C3を溶血なく赤血球に結合出来る)を加え、赤血球に結合したC3(補体)が、リンパ球に結合するか調べます。
 EAC-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面に補体受容体を有するB細胞です。

 なお、E=赤血球(Erythrocyte)、A=抗体(Antibody)、C=補体(Complement)の略だったと思います。

>リンパ球の中の、T細胞とB細胞の割合が、分かりません。
 末梢血のリンパ球の場合、T細胞が約8割(55~85%)、B細胞が約2割(5~20%)です。
 骨髄血のリンパ球の場合、T細胞は25%以下、B細胞は75%以上と言われます。
 扁桃腺のリンパ球の場合、T細胞が50%、B細胞が50%と言われます。

>T細胞とB細胞の鑑別の仕方が、分かりません。
 従来は、E-ロゼット形成細胞=T細胞、表面免疫グロブリン陽性細胞(FITCなどを標識した抗ヒト免疫グロブリン抗体が結合する細胞)=B細胞と同定していました。
 近年は、モノクローナル抗体とフローサイトメトリーを用いて、リンパ球表面抗原(表面マーカー)を検査するのが、一般的です。
 T細胞は、モノクローナル抗体を用いると、B細胞の抗体産生を促進するヘルパーT細胞と、ウイルス感染細胞などを破壊するキラーT細胞とに、鑑別可能です。

この回答への補足

詳しく、ご説明有難うございます。
すいませんが、本文中に、分からない所があったので、補足に書きました。
『フローサイトメトリー』って、どんなことですか?教えて下さい。

補足日時:2006/12/01 20:43
    • good
    • 1

> 『フローサイトメトリー』って、どんなことですか?教えて下


> さい。
 「フローサイトメトリー」とは、簡略には、リンパ球を浮遊させた液を、細く流して、そこにレーザー光を当てて、分析する方法です。

 「フローサイトメトリー」は、当初、 「FACS」(ファックス:Fluorescence-Activated Cell Sorter)と呼ばれていました。
 「FACS」では、リンパ球を、蛍光色素を結合した抗体と反応させ、マイクロノズルから浮遊液を滴下させ(水滴にはリンパ球1個のみが含まれます)、レーザー光を照射します。抗体が結合したリンパ球(陽性細胞)は、蛍光を発するので、その蛍光を受光器で感知し、オシログラフ上に蛍光強度の違いにより陽性細胞の分布や、大きさを分析し、表示します。また、浮遊液のリンパ球を、偏向板を用いて、蛍光を発する細胞(陽性細胞)と、蛍光を発しない細胞とに、分離させて集めること(Sorting)が可能となりました。
http://www.geocities.jp/motomchan/crypto/method/ …

 「フローサイトメトリー」を用いれば、顕微鏡で観察しなくても、ある抗原(CD分類で分類される血液細胞上の分子蛋白など)を、何%の細胞が、どの程度表面を有していて、その細胞がどの程度の大きさなのかを、分析することが可能です。
 また、ある抗原(蛋白)を有するリンパ球のみを、細胞浮遊液中から分離して、取り出すことが可能です(Sorting)。

 「フローサイトメトリー」は、ベックマン・コールターにより開発されました。
 「フローサイトメトリー」の詳細は、ベックマン・コールター株式会社のHPを御覧になると良いでしょう。
http://www.bc-cytometry.com/cytometry.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も、分かりやすく、教えていただき、有難うございます。
要約、実習で、やった、意味が、分かりました。
本当に、有難うございました。

お礼日時:2006/12/07 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QE-ロゼット形成試験について

免疫検査学(一部、血液検査学も含む。)の質問内容なのですが………。

リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。
↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?

と、(1)E-ロゼット形成試験
  (2)EA-ロゼット形成試験
  (3)EAC-ロゼット形成試験
    の違いが、分かりません。(違いについて、教えて下さい。)


また、血液学的なことなのですが……
 末梢血 血液像での割合のことなのです。
  リンパ球の中の、T細胞とB細胞の割合が、分かりません。
   それと、T細胞とB細胞の鑑別の仕方が、分かりません。
       (T細胞とB細胞の不明な点について、教えて下さい。)


これらのことが、分かる方は、詳しく、教えて下さい。
                     宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

>リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。
>↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?
 リンパ球は、末梢血の塗抹標本では、一様な形状をしていますが、機能などの面から、T細胞、B細胞、NK細胞などの亜群(サブポピュレーション)に分類されます。
 リンパ球のサブポピュレーション(Subpopulation)の分類(検出)は、白血病などの疾患の診断や治療に必要です。

>(1)E-ロゼット形成試験
>(2)EA-ロゼット形成試験
>(3)EAC-ロゼット形成試験
>の違いが、分かりません。(違いについて、教えて下さい。)
 E-ロゼット形成試験は、私は、昔、かなりの検体を扱いました。
 E-ロゼット(E-rosette)は、ヒツジの赤血球(E)が、リンパ球の細胞表面に結合するか調べます。
 E-ロゼットを形成するリンパ球は、T細胞が多いです。
 E-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面にCD2(LFA-2)と言う蛋白(インテグリン)を有していて、羊赤血球(の細胞表面の蛋白)と結合し、ロゼットを形成します。
 E-ロゼットは、T細胞以外に、NK細胞も形成します(低親和性)。
http://hobab.fc2web.com/sub4-E-rosette.htm
 
 EA-ロゼット形成試験は、実際に行った経験はありませんが、
 EA-ロゼットは、ウシの赤血球に、ウシの赤血球に対する抗体(IgG)を結合させ、抗体のFc部分が、リンパ球に結合するか調べます。
 EA-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面にFc受容体を有していて、抗体(免疫グロブリン)と結合します。
 B細胞は、Fc受容体を有していて、EA-ロゼットを形成します。
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00302.html

 EAC-ロゼット形成試験は、ヒツジの赤血球に対するIgM抗体(IgG抗体を使用するとEA-ロゼットと区別出来ない)を結合させ、さらに、C5欠損マウス血清(C3を溶血なく赤血球に結合出来る)を加え、赤血球に結合したC3(補体)が、リンパ球に結合するか調べます。
 EAC-ロゼットを形成するリンパ球は、細胞表面に補体受容体を有するB細胞です。

 なお、E=赤血球(Erythrocyte)、A=抗体(Antibody)、C=補体(Complement)の略だったと思います。

>リンパ球の中の、T細胞とB細胞の割合が、分かりません。
 末梢血のリンパ球の場合、T細胞が約8割(55~85%)、B細胞が約2割(5~20%)です。
 骨髄血のリンパ球の場合、T細胞は25%以下、B細胞は75%以上と言われます。
 扁桃腺のリンパ球の場合、T細胞が50%、B細胞が50%と言われます。

>T細胞とB細胞の鑑別の仕方が、分かりません。
 従来は、E-ロゼット形成細胞=T細胞、表面免疫グロブリン陽性細胞(FITCなどを標識した抗ヒト免疫グロブリン抗体が結合する細胞)=B細胞と同定していました。
 近年は、モノクローナル抗体とフローサイトメトリーを用いて、リンパ球表面抗原(表面マーカー)を検査するのが、一般的です。
 T細胞は、モノクローナル抗体を用いると、B細胞の抗体産生を促進するヘルパーT細胞と、ウイルス感染細胞などを破壊するキラーT細胞とに、鑑別可能です。

>リンパ球のサブポピュ-レ-ションの検出法のお話です。
>↑サブポピュ-レ-ションの検出法って、何ですか?
 リンパ球は、末梢血の塗抹標本では、一様な形状をしていますが、機能などの面から、T細胞、B細胞、NK細胞などの亜群(サブポピュレーション)に分類されます。
 リンパ球のサブポピュレーション(Subpopulation)の分類(検出)は、白血病などの疾患の診断や治療に必要です。

>(1)E-ロゼット形成試験
>(2)EA-ロゼット形成試験
>(3)EAC-ロゼット形成試験
>の違いが、分かりません。(...続きを読む

Q免疫学の第一人者とは

新聞によると免疫学の第一人者がお金を不正受給したらしいのですがインターネットで{慶応大学 免疫学の第一人者}で検索できませんでした。
・不正受給したのはどこの誰なのでしょうか。
必ずしも一人者とは言えない人を安易に一人者であると決め付けているマスコミの姿勢に疑問も感じました。
・本当に第一人者なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的に
「5年間に年約7600万円ずつ、合計約3億8000万円の補助を受ける」→これだけ科研費を貰えるなら第一人者と言われるでしょう。

Q滋賀県以外の方に質問

滋賀県に住んでいる方以外の人に聞きたいのですが、滋賀県て住みやすいところだと思いますか?。

Aベストアンサー

的外れな回答で申し訳ないのですが、琵琶湖って滋賀県の全面積の6分の1、即ち約17%を占めているんですよね。
隣県の京都で生まれ育ち、滋賀県に五年も居住し、その間に今の妻を見つけ現在は京滋とは別のところの住んでいる者の感想でした。

 

 

Q血液検査にによる喫煙の発覚

質問したい内容はタイトルの通りです。

喫煙者が禁煙と偽り血液検査をした場合、その検査で喫煙をしているというのは分かりますか?

またもし何らかの数値で分かるとします。
その場合、一日平均1箱(20本)吸っている人が禁煙を行うことによって、何ヶ月くらいでその数値は正常化するのでしょう。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お酒はγーGTPでわかりますが、喫煙はまず血液検査では不可能です。ただ、唾液からニコチン濃度を測るのではバレマス。

Q「「洗わない洗顔」のススメ」という洗顔料について・・・

「「洗わない洗顔」のススメ」という洗顔料があるのですが
フランス式洗顔だそうで、水で洗い流す事をしない洗顔らしいのですが
使ってみたいけど、ちゃんと化粧や角質が落ちるのか不安です。
使ったことがある方にどうだったか教えて欲しいのですが・・・
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ロゼットのミルククレンジングのことでしょうか?
ピンクのボトルでラベンダーの香りがします。
パッケージにたしか「洗わない洗顔のススメ」とあったような気がします。

私の感想ですが、ミルククレンジングですが、結構よく落ちます。
お湯で流すだけでもいいですが、スポンジチーフ(カネボウなど)を使うと優しくキレイに拭き取れますので、
ダブル洗顔は不要でした。後肌が乾燥しなくていいです。
ただし、ポイントメイク、特にウォータープルーフものは落ちませんので、
別途ポイントメイク用のリムーバーで落とした方がいいと思います。
ご参考までに。

参考URL:http://www.cosme.net/product/product/product_id/327441

Q血液検査時の気絶について・・・

こんにちは、いきなり本題に入らせてもらいますけれど、血液検査時に気絶する原因って何ですか?貧血、低血圧っていうのが、僕の中で気絶の原因として大きなものだという認識があるんですけど、僕は血を見るのが苦手で、血を見るだけで全身の力が抜けてしまうんです。このことも気絶しちゃう原因なんですかね?そこでお願いなんですけど、僕に血液検査時に気絶しちゃう原因と、そのことについての対処法を教えてください!あんな少しの血を抜いただけで気絶する体じゃ、この後怪我した時が不安で・・・。どうか皆さんお願いします。

Aベストアンサー

ほんの数mlの血液を抜いただけでは貧血になりません。採血により気が遠くなって倒れたりされるのは「迷走神経反射」のためです。

分かりやすいサイトを見つけたので貼っておきます。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/asita/vvr.htm

Qロゼットの洗顔料

昔ロゼットの洗顔料で黒糖の入ったものがあったのですが、パッケージに絵が描いてあるものでした。(パスタの絵に近かったと思います)今はロゼットのHPを見てみたのですがないようです。
この洗顔料でしみが消えたのでまた使用したいと探しています。
今現在は生産されていないのでしょうか?
もしくは代わりの商品と言うのは出ていないのでしょうか?
どなたご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ロゼットの洗顔料というと、丸い容器でムニューっと押すと穴から出てくるものかと思っていたのですが、検索したらこれが見つかりました。
違いますでしょうか?

http://www.kenko.com/product/item/itm_6631450072.html

Q血液検査でのCPK異常値について

1ヶ月程40km弱の距離を自転車で通勤してました。6月に入って急に足(大腿筋)が痛くなり歩くことさえ困難になりました。痛くなった場合は安静にしていると痛みは引きますが、足に力を入れると、また痛くなりました。
1週間ぐらい続いたので、気になって病院に行って血液検査をしたところCPKの値が4,000を超えていました。筋炎の疑いがあるということで1週間後、CTスキャンと再度血液検査を行いました。
結果CPKは2,000弱になり、CTの結果も異常なしでした。
CPKの値の減少とともに足の痛みは軽くなっています。
血液検査においても他の異常値がないため、原因がわからずに経過観察となりました。

痛みが突発的にあるため安心して運動できません。
こんな症状ご存じの方がいらっしゃいましたらアドバイス願います。

Aベストアンサー

全ての検査結果および診察をしなければ、もちろん分かりませんが、筋肉に何かが起こったことは間違いなさそうですね。
1ヶ月ほど自転車40キロとのことですが、自転車前後のストレッチなどはきちんとされていましたでしょうか?

突然痛くなったと聞くと、まず考えるのが肉離れですね。CPK(クレアチニンフォスフォキナーゼ)は筋肉の障害などで血中に出てきます。筋肉に挫傷や炎症がなくても運動後には上昇します。
従って、質問者さんからの情報で考えられ、かつ可能性が高そうなのは、肉離れです。

肉離れの治療には時間がかかり、その後のリハビリはストレッチがとても重要です。
痛みが無くなったからと言ってすぐに運動を始めると、すぐに再発しますので、きちんと治してからスポーツ等の復帰をするようにしましょう。

Q照明器具取付の為の天井のロゼットについて

私の部屋は古く、天井の中央に穴が開いて線が2本出ているだけです。
シーリングと呼ばれる直付照明器具を取り付けたいのですがそれには丸型か角型のロゼットと呼ばれるアタッチメントのような物が必要との事。
そこでこの穴と線2本の天井にロゼットを付ける作業は素人でも出来る物なのでしょうか?ロゼットはホームセンターなどで売っているのでしょうか?
わずかな簡単な作業のために高い出張費払うのも馬鹿らしいので自分で出来る物であればやろうと思うのですがいかがでしょう?

Aベストアンサー

工事士の資格が必要ですが、ケチってやるのには準備がいります。
古い家なら、照明器具を支えるに耐えられる天井なのかを見極めないといけません。それと電線が2本出ているというけど劣化しているか確認してください。芯が剥きでていないか傷が付いているかも。もしそういうことがあったら引き直すか、絶縁テープを巻きつければいい。
ローゼットは市販されています。取り付け工事をするときは、NFB(ブレーカー)を切って電気が来ていないことを確かめてやることです。あるいは、絶縁用の手袋をして作業することです。
ブレーカーに作業中のことを注意書きしておくこと。家族に話しておくこと。そして、その回線につながっている機器は、プラグを抜いておきましょう。
汗をかいてやらない。安定のある脚立を使う。腕まくりしてやらない。
電気がきていようといなかろうと絶縁用の工具を使うこと。

Q血液検査のGOT、GPTについて

年齢58歳、男、会社勤めをしています。
年1回の社内健康診断、数年に一度人間ドックに入っています。
血液検査の結果、これまでは、GOT、GPTともに21から25の値を示していましたが、今回GOTが42、GPTが59となりました。
体調は全く変化ありませんが、この数値は異常でしょうか。
何でも結構です。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

特別異常というほどの数値ではありませんが何か病気が隠れていると急激に進みますから検査を受けた病院で再検査をお願いしてはどうでしょう。
個々の病院や地域によって若干違いはありますが
GOT・GPTの平均値は35~38以下だったと思いますが採血の方法によっては赤血球が壊れてその成分によってGOTが高めに出ることもあるそうなので他に白血球の数値が高い・炎症反応がある・など特になければ40前後でも正常としているときもあります。検査の前に
1.風邪、疲れなど体調があまりよくなかった。
2.最近お酒の量が増えた。
3.風邪気味かな?のとき、休養が出来ず市販の風 邪薬などに頼ってやり過ごしていた。
など思い当たることはありませんか?

 体力・抵抗力が落ちているときに長く抗生剤などを服用していても肝炎などではないけれど”肝臓が腫れている状態(肝臓が疲れました、といっている)”になって少々高くなるときもあります。
体が「気をつけてね」と警告している状態ではないでしょうか?
 数値が100を超えて肝機能障害といわれるようになると肝臓を保護する肝庇護剤を投与されたりしますが。肝臓は「沈黙の臓器」といわれますが、お酒や食べ物だけでなく薬などもろ過?してくれます。黙々と仕事をしてくれているんですね。だるくて動けない・尿が濃い茶色になってきた・目の白目の部分や手のひらが黄色くなってきた・などの自覚症状が出たときはかなり病状も悪くなったときです。もう数値は300~500位かそれを超えていて動くのもつらいはず。
 子供が生後3ヶ月の時に高熱で病院に行った際、GOT・GPTとも90前後で1年かけて原因を突き止めるため2週間~4週間おきに採血・検査をしましたが、これといった病気も見つからず、1年後には44まで下がったのでそこで検査を終了しました。
 その後3歳くらいまで高熱の後は90~100に上がり、100を超えたら5日ほど入院して肝庇護剤を点滴しましたが8歳の現在25~30で落ち着いています。体力・抵抗力も関係してると言われています。 
 あと肝臓が疲れ気味の時に市販の風邪薬やドリンク剤に頼りすぎるのはお勧めしません。

特別異常というほどの数値ではありませんが何か病気が隠れていると急激に進みますから検査を受けた病院で再検査をお願いしてはどうでしょう。
個々の病院や地域によって若干違いはありますが
GOT・GPTの平均値は35~38以下だったと思いますが採血の方法によっては赤血球が壊れてその成分によってGOTが高めに出ることもあるそうなので他に白血球の数値が高い・炎症反応がある・など特になければ40前後でも正常としているときもあります。検査の前に
1.風邪、疲れなど体調があまりよくなかった。
2.最近お酒の量...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング