【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

中学・高校の国語の記述問題についてです。
入試や模擬試験での採点基準(方法)について教えてください。

私は現在、学習塾で中学生を教えています。(国語)

国語の記述問題で、約20字以上、書き抜きではない問題を想定しています。
暗黙のルールとして、

・1文で記述する
・句点をつける(特に文の途中に読点がある場合)

があると思っています。
これらのルールを守っていない解答、つまり

・2文以上の解答
・句点がない解答

については、どのように採点されるのでしょうか?
2文以上でも減点されませんか?
句点がない場合は実際に減点されていますか?

ご存知の方御回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

国語の模擬試験を20年ほど作っています。

私立高校入試問題を作ったことも何度かあります。

入試本番の採点基準については、本当のところはわかりません。
上述の入試問題を作ったときは、当然、私自身が採点基準を作りましたが、それが一般的なのかどうかはわかりません。

ただ、業界で何となく常識になっている線というものはあります。以下、その線と私個人の経験に基づいてお答えします。

一つ目のご質問に対する答えですが、「一文で」という指定がない限り、「二文」だからという理由で減点することはしません。

もちろん20字前後に解答が設定されているということであれば、出題者は模範解答を一文と想定しているはずです。それを二文で書くということは、必然的に、内容的な欠陥につながるはずです。二文で書けば減点される可能性が高くなるということはいえます。

二つ目のご質問に関してですが、文の形(主述があるもの)で答える場合はもちろん、そうでない場合も(書き抜き指定、あるいは句点を書かないという指定がない場合)、句点は打つように指導なさってください。

試験作成のプロとして言わせていただくなら、「暗黙の了解」というものはあってはならないと考えます。
少なくても、公立高校の入試問題の場合、字数制限がある記述問題には、「一文で」とか「句読点を字数に含む(含まない)」という断り書きが入ります。

国私立の中にははそういった断り書きをつけないところもありますが、別に形式面にルーズなわけではなく、内容的に厳格に採点されるので、一文で書くべき内容を二文で書けば結果的に減点されます。
また、国私立では、断り書きがなくても、句点を落とした場合は減点の可能性があります。

よって、いわゆる「試験を受ける作法」として、30字以内であれば一文で書くのが望ましいとか、句点は必ずつける(そして指定がない場合は、取り敢えず指定字数に句読点も数える)といったことを教えるのは必要なことです。
また、「暗黙の了解」があることを前提とした指導もなさった方がいいでしょう。
しかし、ご自身が作問、あるいは採点なさる場合に、暗黙の了解をもって行うことはすべきではないと考えます。
確信犯として、生徒たちに解答術の重要性を教える目的で、ショック療法として行うのなら、意味がないとはいえません。ただその場合も、自分は悪役なのだという自覚をもって行うべきであると考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
二文だからという理由で減点はされないのですか。

確かに「暗黙の了解」というものはあるべきではありませんね。
句点の場合は「試験のルール」ではなくて「日本語のルール」だと考えると、但し書きがなくても当然守るべきルールですね。
だから減点対象になるのでしょう。
二文の場合は「日本語のルール」として間違っているわけではないので、設問の条件に特に書いていなければ減点対象にはならないということでしょう。

自分なりに納得できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/06 03:27

参考までに。



たとえば有名な例で言えば、数年前までの東大の国語。
行数指定があり、用意された1行分のスペースに強引に2行を収めようとすると、
明確な減点対象となりました。
しかしこれは、「行数指定」があったからに過ぎないとも言えます。

ちなみに京大の国語では、比較的広い解答スペースが無造作に置かれており、
そのなかで文字の大きさ等を調整しながら分量を裁量する。それがまた京大国語の
醍醐味でもあったわけです。

このどちらの場合も、どのレベルまで踏み込んで解答するか、その自由がある程度
制限/許容されることで、特定の能力を判定しようとしていた意図が感じられます。


テクニックとして一律/一様に減点するかどうかよりも、その当の解答がどんな出来なのか、
そこが核心だと思いますし、そうであるべきだと信じております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内容が一番大事ですからね。
そうですね。

お礼日時:2006/12/08 09:58

採点する側ではないですが、経験からお答えしますと…


・2文以上の解答→減点されませんでした
・句点がない解答→減点されました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私自身の受験者としての記憶がなかったので、参考になりました。

お礼日時:2006/12/06 03:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文章題の最後のマス、句点も入れていい?

国語の字数制限がある文章題で、最後のマスまで文字が入る場合、その一緒のマスに句点を入れてよいのでしょうか?原稿用紙の使い方から判断すると、良いような気もするのですが、作文ではないですし。。。
バツなのかマルなのか教えてください!出来れば確かなお答えをいただきたいです。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私の仕事はまさに模擬試験を作成したり、採点することです。

さて、実際の入試の採点現場ではすでにNO.1・2さんがお答えのように、
ブレが生じるでしょう。

しかし、質問者さんがお知りになりたいのはもっと突っ込んだ部分だとおもいますので、
そちらに合わせて回答します。

端的に言って「解答欄のマス目は原稿用紙ではない」です。
つまり、原稿用紙の使い方を知っているがゆえに
その原則を適用したくなりますが、国語の記述式問題への
解答は作文ではありません。
よって、「1マスに1字」という原則を貫いたほうが無難です。

最後のマス目に文字と句点を共に記入した場合、
ほぼ間違いなく減点されると覚悟されたほうがよいと思います。

Q国語記述問題採点基準(方法)2

中学・高校の国語の記述問題についてです。
入試や模擬試験での採点基準(方法)について教えてください。

私は現在、学習塾で中学生を教えています。(国語)

前回、聞き忘れていたので改めて質問させてください。

国語の記述問題で、約20字以上、書き抜きではない問題を想定しています。

【質問】
記述問題で、「○○字以内で」という設問の条件があった場合、
約8割以上の字数を書くことが必要であるとされています。
しかし、このような設問に対して、例えば、要求される字数の半分以下の字数しかない解答は減点になるのでしょうか?0点になるのでしょうか?
字数は足りないけれども、内容は(部分的に)正しい場合に、
部分点を付けて良いものかいつも迷っています。


ご存知の方御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回も回答申し上げた者です。

一つの方法として、県教育委員会や学校に直接尋ねるというやり方
があります。私は出版社に勤めていたころ、塾の教師を装って(さ
すがに出版社だとは言いづらかったので)、いくつかの県の教育委
員会に、採点基準だとか、公表されていない文章の出典などを尋ね
たことがあります。(そのとき、なるべく無知な初心者であること
をそれとなくアピールしましょう。もちろんそのふりをするという
うことです。ベテランぶりを主張すると警戒されます。)
常に教えてくれるとは限りませんが、中には親切にも(公務員とし
ては失格なのですが)いろいろ教えてくれる人もいましたよ。
だめもとで、一度お試しください。以上は高校入試の場合ですが、
大学の場合もチャレンジしてみる価値はあります。
ただ、断られたときには、「あっ、そうですか。」と言ってすぐに
引き下がること。下手に粘ったりすると大問題になりますから。

私は模試には三つの効用(目的)があると考えています。
(1)模試を通じて学習させる。(文法などでは、知識を得させる、あ
るいは理解を深めさせるのに模試は絶好の機会です。少なくとも私
はそのつもりで作問しています。)
(2)模試を通じて弱点や今後の課題を自覚させる。(これも、まとも
な作問者ならだれもが心掛けているはずです。)
(3)自分の位置(偏差値)を教える。志望校や受験校を決める参考に
させる。(普通、考えられている目的です。)

実際には、以上の目的は塾の先生方が決めるべきもので、作問者側
があれこれ指示するものではありません。しかし、作問者側の意図
がどこにあるかを知っていただきたくて書きました。

その観点からすると、中三の二学期以降、あるいは難関校専門の塾
では二年次から(3)の目的で使われることが多いと思います。
それに対し、一二年生の場合は、(1)(2)の目的で模試(に限らずテス
ト全般)を受けさせることが多いのではないでしょうか。
そういう事情を踏まえると、(1)(2)の目的の場合は、クラスや生徒に
応じて、かなり柔軟に対処(採点)してかまわないのではないと考
えます。そのテスト結果をもとに、生徒が今後どのように学習し、
学力を伸ばしていくかが大事であると考えます。厳しく採点する
のなら、その理由をしっかり生徒に納得させることが重要です。甘
く採点するのなら、今度からは許されないことをやはりわからせな
ければなりません。

ただ(3)の目的で受験させるのならば、基準は客観的でなくてはなり
ません。質問者の方も、その客観基準をお知りになりたいのでしょ
う。その場合、作文ならば、どの模試でも字数についてかなり客観
的で詳しい採点基準がつくはずです。(それがついていないような
模試は利用しない方がいいと思います。)その採点基準の信憑性は
ここでは何も言えませんが、まともな模試なら、何らかの根拠はあ
るはずです。それに従って採点すれば、まず間違いないでしょう。

前置きが長くなりました。お尋ねになりたいのは、作文以外のいわ
ゆる記述問題の採点基準でしたよね。
(1)(2)の目的の場合は、上記の通りです。教師の方の裁量に任してい
いと思います。減点の度合いも含めて。
(3)の場合は、五割以下は無条件で×としていいと思います。五割以
下の文字数なのに正解に近い、という場合は問題自体に問題があり
ます。業者テストならその業者に文句を言っていいと思います。た
だ、本番の試験(公立)でもそのような問題が出されることもあり
ます。その場合は、どうしようもありません。
ただ、以上のような事情をひっくるめて、五割以下は×(0点)、
八割以上は字数に関しての減点はなし、という基準でいいと思いま
す。その間(グレーゾーン)は、内容に応じて柔軟に採点すればい
いでしょう。八割に1,2字足りないから減点する必要はありませ
ん。内容に全く過不足がなければ満点でもいいでしょう。それより
字数が少ない場合、問題自体がまともなら、分量減に応じて内容に
も傷が生じるはずです。字数にこだわらず内容面(もちろん表記も
含めてですが)でのみ減点すればいいと考えます。

いわゆる「正解」はお示しできないので、「アドバイス・参考意見」
と受け止めてください。

前回も回答申し上げた者です。

一つの方法として、県教育委員会や学校に直接尋ねるというやり方
があります。私は出版社に勤めていたころ、塾の教師を装って(さ
すがに出版社だとは言いづらかったので)、いくつかの県の教育委
員会に、採点基準だとか、公表されていない文章の出典などを尋ね
たことがあります。(そのとき、なるべく無知な初心者であること
をそれとなくアピールしましょう。もちろんそのふりをするという
うことです。ベテランぶりを主張すると警戒されます。)
常に教えてくれると...続きを読む

Q小学校の国語の「読点(。)」について教えてください。

小学校の国語の「読点(。)」について教えてください。

お恥ずかしい話ですが、小学生の問題について教えてください。
6年生の子供がいます。
家で市販の国語の問題集をしており、
記述問題などマルかバツの判断が難しい問題は私がマルをつけています。

それで疑問に思ったので教えていただきたいのですが、
問題集の答案によって「読点(。)」があるものとないものがあります。

「おじいさんが山へしばかりに行った」
「おばあさんが川で洗濯をしていたから」というような完全な文の形ならば、
どの問題集の回答にも当然「。」はついており、
それには私もつけるべきたと思うし疑問はありません。

ですが、「しばかりに行ったおじいさん」といった語句のようなものには、
問題集によって「。」のあるものとないものがあります。
果たしてこれはつけるべきなのでしょうか、必要ないのでしょうか。

もし、つけるべきならば、
たとえば「おじいさん」という一語の回答にもつけるべきなのか、
修飾?文節?ができた時点でつけるという法則みたいなものがあるのか。
そのあたりも教えていただけると助かります。

ちなみに問題には「句読点も含む」といった指示はありません。

小学校の国語の「読点(。)」について教えてください。

お恥ずかしい話ですが、小学生の問題について教えてください。
6年生の子供がいます。
家で市販の国語の問題集をしており、
記述問題などマルかバツの判断が難しい問題は私がマルをつけています。

それで疑問に思ったので教えていただきたいのですが、
問題集の答案によって「読点(。)」があるものとないものがあります。

「おじいさんが山へしばかりに行った」
「おばあさんが川で洗濯をしていたから」というような完全な文の形ならば、
どの問題集...続きを読む

Aベストアンサー

句点は文のおわりにつける。体言止めになっている文にも同じくつける。
名詞や、名詞を修飾する語が上についた名詞句にはつけない。

と、これが原則です。たとえば「花」にはつけませんし、「赤い花」にもつけません。もっと長くなっても、「草原のそこら中に咲いているたくさんの赤い花」であっても同じくつけません。
まあ「花。」という文もありえます。「ほら、見て! 花。」など。
しかし質問が、答えとして名詞を求めている場合は名詞または名詞句で答えるのが原則です。「何ですか」「どれですか」など。「どんな○○ですか」も、名詞句を求めている質問と思われます。

もし模範解答に句点がついているなら、それは(私としては)間違いだと言いたいです。

小学生向けだからといって、ちょっと長い語句になるとなんでもかんでも句点をつけるというのは、いただけません。そんな癖をつけると中学生になってから困ります。

Q私立大学 後期日程は難易度が上がるの?

私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか?
私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか?
(1)一般後期を受ける人は、
 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人
 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人
 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP
 ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります
 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう?

(2)後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願)
 ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら
  当然落ちる
 ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。
 
と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを
志望しなくては結果がでないのでは・・・・

どなたか教えてください

Aベストアンサー

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しましたが)

センター試験利用に関しては、
前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの?
と思うような点数を取る人達が利用していたので
うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。
合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。

質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが
赤本等に後期試験の問題も載っていませんか?
載っていたらその問題を見てみて、
前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。
もちろん、他の回答者の方も仰っているように
前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、
第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。
また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、
前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。

逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば
ランクを落とすのがベターかと思いますが…。
HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。
あくまで目安程度ですが、それも参考になります。

ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、
後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、
受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか)
も視野に入れて考える必要があるでしょう。

つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、
あくまで参考程度に。

一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが
頑張って乗り越えて下さいね。

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しまし...続きを読む

Q文末の句点

転勤してきたベテランの国語科教師が不思議なことを言います。
「テストでの回答の文末には句点を付けないのが原則です。」
なぜ?「抜き出しなさいという場合の元の文にはマルがないことが多いからです。また、太郎は~~だから、は『文』ではなく、句ですからマルは不要です。」
では自分で文を作って答える場合は?「それはあっても良いでしょうが、ないからと言って減点などする必要はないでしょう。「テストの解答では”基本は付けない、たまに付ける場合もある”程度でしょう。」
??? 現代の普通の日本文には文末に句点があり、英文のピリオドと同じく付けるべき物なので、テストの解答でもそうすべきだと思うのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

これは設問によって使い分けるべきだと思います。

>抜き出しなさいという場合の元の文にはマルがないことが多いからです。
のように「抜き出しなさい」の設問も
「一文を抜き出しなさい」は、文なのでやはり句点は必要でしょうし、
「(その)箇所を抜き出しなさい」「10文字以内で抜き出しなさい」などの時は、句点を字数に含むか含まないかの指示があるでしょう。抜き出す部分の最後に句点がなければ、解答に句点を入れるのは適切では無いと考えます。

また
>太郎は~~だから、は『文』ではなく、句ですからマルは不要です。
とは、解釈の違いだとは思いますが、
「太郎は~~だから」という解答を要求する設問の多くは、
「(Aである)理由を答えなさい」というようなことだろうと思います。
このようなとき本来の解答は
「太郎は~~だからAである。」と文で解答するものだと思います。だから句点は必要だと思います。
それを(Aである)は設問に表現されているのだから、(Aである)は解答から省略してもよい場合が多いのだと思います。

ですから
「太郎は~~だから」の解答は
>『文』ではなく、句ですからマルは不要です。
ではなく、文末を省略したものですから、句ではなく『文である』とみて
「マルは必要です。」
と考えるベきではないでしょうか。

これは設問によって使い分けるべきだと思います。

>抜き出しなさいという場合の元の文にはマルがないことが多いからです。
のように「抜き出しなさい」の設問も
「一文を抜き出しなさい」は、文なのでやはり句点は必要でしょうし、
「(その)箇所を抜き出しなさい」「10文字以内で抜き出しなさい」などの時は、句点を字数に含むか含まないかの指示があるでしょう。抜き出す部分の最後に句点がなければ、解答に句点を入れるのは適切では無いと考えます。

また
>太郎は~~だから、は『文』ではなく、句です...続きを読む

Q国立大学の二次試験は何割できればいいのか。

群馬大学社会情報学部情報社会科学科の場合ですが、
26年度の入学者選抜に関する要項(http://www.gunma-u.ac.jp/html_nyushi/images/examination/examination04/040_250709_2600senbat.pdf)の25ページを見たところ、配点は
センター試験
前期後期共通
国語…200
地歴公民…(2科目の場合)200(1科目の場合)100
数学…200
理科…(1科目の場合)100(2科目の場合)200
外国語…200

二次試験
前期
数学または外国語…400
後期
小論文400
の計1300となっています。

また、
https://www.yozemi.ac.jp/rank/daigakubetsu/
こちらのページを見たところ、群馬大学社会情報学部情報社会科学科はセンターランクが前期は67%で後期は68%、2次ランクが前期は54となっていました。
後期の2次ランクは小論文のみなので書いてありません。

この場合、二次試験では何割くらいできたらいいのでしょうか。
この67%と68%はセンター試験の点数だけで、二次試験の点数は入ってないということでしょうか…
ずっと私大に向けての勉強しかやってこなかったため、国立大学の入試の仕組みがいまいちよくわかりません。
例えば、センター試験では60%で二次試験では50%では受からないのでしょうか?

どなたかわかる方、ご回答のほど宜しくお願いします。

群馬大学社会情報学部情報社会科学科の場合ですが、
26年度の入学者選抜に関する要項(http://www.gunma-u.ac.jp/html_nyushi/images/examination/examination04/040_250709_2600senbat.pdf)の25ページを見たところ、配点は
センター試験
前期後期共通
国語…200
地歴公民…(2科目の場合)200(1科目の場合)100
数学…200
理科…(1科目の場合)100(2科目の場合)200
外国語…200

二次試験
前期
数学または外国語…400
後期
小論文400
の計1300となっています。

また、
https://www.yozemi.ac.jp/rank/daigakubets...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 まずはじめに国公立大学のセンター・2次試験に関して書き、その後群馬大学ではどのようになっているかを書きます。

 国公立はほとんどがセンター・2次の合計点数で決まりますが、その割合が大学で異なりセンターの扱いは以下の2パターンに分かれます。一つは「センターの点数をそのまま使うパターン」、もう一つは「センターの得点を操作するパターン」です。前者はセンター試験の点数をそのまま使い、群馬大学はこちらになります。一方後者ですが、東大はセンター得点900点を110点に圧縮して(2次の440点と合算して合否を)出すパターンや一橋のように科目によって点数が違うパターンがあります(通常の得点では800点のものを200点に圧縮しますが、理科は100点で英語が20点となり2次がない理科の配点が高くなっています、2次との合計では理科はそのまま100点、英語は20+180=200点と倍の点数になっています)。
 66、67という数字ですがあれは「その点数・%を取ったら60%の確率で合格する」というものです。当たり前ですが、センターで多く点を取ったほうが合格に近付けます。ただセンターだけでもダメです。受験生をセンターの得点別に並べて同じ点数の中で合格率60%のところを出しているのであり、あれは「その得点を取れば60%の確率で合格する」というもので、多くの合格者は実はあの点数よりセンターは低いです。そのため、66,67といった数字には2次での得点は含まれておらず、あくまで「合格率60%の受験生のセンター得点率」なだけです。東大は理科I類が90%と出ていますが、発表されている平均の平均得点率は87%と3%離れています(2014年度は800点満点の787点)。平均が87%と高得点率なこと、合格率60%がセンター90%であること、2次の配点が高いことからセンターで80%を切った合格者も十分考えられます(まぁセンターの比率が低い東大だから言えることですが…)。
 またランクに関してですが、あれはあくまで国公立の相対的なランキングのため、合格最低点には直接関係ありません。レベルが高い大学で難しい問題を、低い大学で簡単な問題では2次で前者は30%で合格、後者は60%で不合格な場合もあります。
 目安としては「センターランクの点数の人なら2次で60%ならたぶん大丈夫、50%なら厳しい55%なら年によって違う」等になります。

 多くの大学はセンターの足切りライン、センター+2次の合格最低ライン等を発表しており、その発表内容とセンター・2次の比率から「センターで○%取って2次で△%で合格」という計算ができます。しかし、群馬大学は合格者の平均点しか出されておらず、2次での総得点が算定できません(というよりさせないためでしょう)。
 恐らく後期の受験生の多くは群馬大の前期不合格者でしょう。そのため多くの受験生は小論文の対策はそこまでやっているとは思えません。通常は前期で合格を決めたいはずで英数の勉強をしているはずですから。
 小論文というのは高得点が取りにくい科目であるために、ほとんどの人の2次の点数は低いと思います。またセンターの比率が高いために、ほとんどの合格者は「センター逃げ切り」のはずです。そのために基準より低いセンター60%では話にならず、(また小論文も低得点のために)典型的な合格者は「ランク通りのセンターと4割そこそこの小論文」でしょう。4割の小論文なら簡単であると考えたりそこで加点できると思われるかもしれませんが、そんなに簡単ではありません。センターの対策と、そこそこの小論文というスタンスがお勧めです。というより、後期はないものとして英数を勉強したほうがいいです。
ご参考までに。

元塾講師です。

 まずはじめに国公立大学のセンター・2次試験に関して書き、その後群馬大学ではどのようになっているかを書きます。

 国公立はほとんどがセンター・2次の合計点数で決まりますが、その割合が大学で異なりセンターの扱いは以下の2パターンに分かれます。一つは「センターの点数をそのまま使うパターン」、もう一つは「センターの得点を操作するパターン」です。前者はセンター試験の点数をそのまま使い、群馬大学はこちらになります。一方後者ですが、東大はセンター得点900点を110点に圧縮して...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q入試の採点

先日、子供の高校受験入試がおわりました。
ふと思ったのですが、入試試験の採点はその高校の先生がするでしょうか?
それなら、自分の担当授業などもあるでしょうから、残業で採点するのでしょうか?また、地元出身の先生だったら、知っている子供もいるかもしれないし、
高校入試は記述式なので、丸、バツのつけかたも採点者によって変わってくる場合もあるかもしれません。
どういうシステムか、高校の先生、お教え下さい

Aベストアンサー

某県立高校の教員です。
私の県立高校では入試の翌日が採点日になっています。生徒は自宅学習ですので、登校しません。基本的には教科ごとにグループになり、採点をします。もっとも入試科目にない教科の担当者は分かれてどこかに入ります。採点基準は県から大原則の指示が来ます。細かなところは学校の裁量に委ねられています。採点者によって差が出ないよう、採点中に曖昧な部分が出たときには、そこで中断し、その教科のグループ内で検討します。採点は問題ごとに担当者を分けて行っています。受験番号順に何枚かずつ綴じた束ごとに採点していきます。採点が行われても、必ず他の者がそこを4回確認・点検しています。ミスは許されませんからね。そうやって○×が確定したら、それぞれの小問での小計を出し、それをまた確認・点検を複数回し、合計を算出します。もちろん合計も複数回点検・確認します。その後、コンピュータに入力しますが、入力した値に間違いがないかの確認も念入りに行っています。受験生の合否がかかっているので、実に細かな神経を使う作業となります。たとえ知っているお子さんの答案があっても、特別に何かすることはできないと思いますし、何かしたらそれは大問題。それに守秘義務もありますから、自分の家族といえどもそんなことは話題にしたりしません。
以上、自治体によって多少差はあると思いますが、1つの例としてご理解いただければと思います。

某県立高校の教員です。
私の県立高校では入試の翌日が採点日になっています。生徒は自宅学習ですので、登校しません。基本的には教科ごとにグループになり、採点をします。もっとも入試科目にない教科の担当者は分かれてどこかに入ります。採点基準は県から大原則の指示が来ます。細かなところは学校の裁量に委ねられています。採点者によって差が出ないよう、採点中に曖昧な部分が出たときには、そこで中断し、その教科のグループ内で検討します。採点は問題ごとに担当者を分けて行っています。受験番号順に何...続きを読む

Qテスト直前なのに、短歌の区切れがわかりません………。

短歌の句切れ、どのように見分けたらよいのかがわかりません。
感動の助詞(けりなど)がなかったら『句切れなし』なのでしょうか?

以下の句の句切れ、自分で考えても理解できず、家族や友人に聞いてもわからないと言う返事しか返ってこなく、
ネットで調べてもよくわからないので困っています。
どうぞよろしくお願いします。

・防人に 行くはたが背と 問ふ人を 見るがともしさ 物思もせず(防人歌)
・多摩川に さらす手作り さらさらに なにそこの児の ここだかなしき(東歌)
・君待つと 吾が恋ひをれば 我がやどの すだれ動かし 秋の風吹く(額田王)
・近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 古思ほゆ(柿本人麻呂)
・うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも ひとりし思えば(大伴家持)

すべて万葉集で、とても一般的な句なのだそうですが、よくわかりません。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「句切れ」とは、和歌や俳句において、意味の上でいったん切れるところです。
以下のような場合があります。

1、切れ字のあるところ。
「切れ字」は、「や」「かな」「けり」など。俳句の項目で調べると分かります。でも、松尾芭蕉は「全て切れ字」とも言っていて、本質的には奥の深いもので、一概に「これが切れ字」とは言えません
↑「けり」は「詠嘆の助動詞」です(「助詞」ではない)。

2、係り結びの結んであるところ。
係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」は連体形で結び、「こそ」は已然形で結ぶ。

3、終止形や命令形で言い切っているところ。

4、体言止めで言い切っているところ。
ただし、体言で句が終わっていても、そこへ「を」「に」などの助詞を補ってあとの句へ意味がつながるような場合は、ここを句切れとは考えません。

5、倒置法のあるところ。

6、呼び掛け法のあるところ。

韻文の場合、芸術的に感心できませんが、一応、「解釈(分かりやすい現代語に訳す)」をしてみると、句切れも分かるかと思います。

*防人に・・・
あの九州の警備兵として徴兵されていくのは誰の旦那さんかしらね、と訊く人を、見ることのうらやましさと言ったらないよ。なんの悩み事もなくて(あの防人は私の夫なのだよ、私には危険な国境に夫を送り出すという悩みがあるのだ)。
→「ともしさ」が体言止めで、意味的に倒置法なので四句切れです。

*多摩川に・・・
多摩川に晒して作る布を見ていた。その「さらす」という音でふと思い出したが、さらにさらにどうしてあの子がこんなに恋しいのだろうか。
→「多摩川にさらす手作り」までは、「さらさらに」を導くための「序詞(じょことば)」で、和歌の解釈としては内容的な意味はなく、「手作り」は体言止めで、二句切れです。

*君待つと・・・
恋人のあなたの訪れを待って私があなたを恋い慕っていると、私の家の簾を動かして、あなたの代わりに秋の風が訪れ、あなたはまだ来ないのだった。
→順当な流れのうちに結句まで言い切っている歌で、句切れなし。ちなみに、古今集以降だと、「秋風」を「飽き」との掛詞(かけことば)と考えて、恋人の訪れがないのを、恋人とが自分に「飽き」たからだ、と、別れや失恋を暗示するのですが、万葉集だとそこまで読むのは深読みと考えられるでしょう。単に季節がほんとに秋だっただけ。女心の寂しさは詠み込まれているけど。

*近江の海・・・
琵琶湖に夕方立つさざ波に群れ遊んでいる千鳥たちよ、お前が鳴くと、私はひどくしみじみと悲しくなって、昔のことが偲ばれてならないよ。
→「夕波千鳥」を呼び掛け法と考えても、単なる体言止めと考えても、いずれにせよ二句切れ。

*うらうらに・・・
うららかに照っている春の陽射しに雲雀が空高く舞い上がり、私の心はいっそう悲しいなあ。一人ぼっちで物思いに耽っているので。
→「心悲しも」の「も」は、上代特有の助詞で、詠嘆を表すので、ここで切れて四句切れ。春の憂愁(メランコリー)を詠い、万葉集としてはかなり進んだ、中古的美意識をもって詠んだ歌。雲雀の楽しそうなさえずりと、自分の憂鬱な物思いとの対比。

万葉集の和歌には、二句や四句の偶数で句切れのある歌が多いのです。
五七/五七/七
と「五七」のリズムが強調されるので、「五七調」と呼ばれます。
(古今集以降の和歌は、初句や三句の奇数句で句切れのある歌が多く、五/七五/七七と「七五」のリズムが強調されて、「七五調」と呼ばれます)
五七調の和歌は、五音という軽い上半身を、七音という重い下半身でしっかりと支えるので、歌体が安定し、堂々とした力強い響きをもたらします。
七五調の和歌は、反対に、七音という重い上半身が、五音という軽い下半身の上に乗っかる格好になるので、歌体はふらつき、なよなよとした流麗な流れの良い歌になります。

「句切れ」とは、和歌や俳句において、意味の上でいったん切れるところです。
以下のような場合があります。

1、切れ字のあるところ。
「切れ字」は、「や」「かな」「けり」など。俳句の項目で調べると分かります。でも、松尾芭蕉は「全て切れ字」とも言っていて、本質的には奥の深いもので、一概に「これが切れ字」とは言えません
↑「けり」は「詠嘆の助動詞」です(「助詞」ではない)。

2、係り結びの結んであるところ。
係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」は連体形で結び、「こそ」は已然形で結ぶ...続きを読む


人気Q&Aランキング