アンプ、スピーカー購入にあたって、今度店に行って視聴します。。

そのとき、学生時代から何度も聞いた大好きなバンドのCDを数枚持って行こうと思っています。
でも、店員が横にいる状態で、かつ他の客もいるし、短時間で「いい」、「悪い」が分かる自信がありません。笑

そこで質問なんですが、視聴に適した音源ってどんなのがいいでしょうか?
例えば、川の音とか、汽車とか、波の効果音とか。
あとは、あるロックバンドのギターソロは結構分かりやすいとか。

そんなのがあれば教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ナチュラルな録音がされているボーカルもの、人の声こそ一番聞きなれている楽器なわけで、ここで引っかかったら駄目じゃないですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
ボーカルが生々しく聞こえる機材探します。
ありがとうございました!!

お礼日時:2006/12/25 21:51

 聴く音楽がロックだけでは、オーディオ機器の善し悪しは分かりません。

何しろ、歪みっぽいドンシャリの音がロックではカッコ良く聴こえたりしますから。

 とはいっても、トピ主さんはロックをメインに聴くわけで、ここは「いつも聴いているディスクを持参して下さい」としか言えません。

 ただし、ロック以外の音源でも必ずチェックしてください。具体的には、クラシックやジャズ、あるいはアコースティックなヴォーカルものなどです。もちろんわざわざCDを買う必要はありません。店に試聴用として置いてあるはずです(万が一、置いてなかったらその店では買わないことです)。店員にチェック用に最適なディスクを選んでもらい、それで聴き比べて下さい。いくらその手の音楽に興味はないといっても、楽器や肉声がキレイに鳴っているかどうかぐらい分かるでしょう。
    • good
    • 0

ホワイトノイズを測定器で測るってのもテですが、普段聞きなれた好きな音楽のものを持っていくのが一番なのではないでしょうか。


波の音がいくらきれいでも、好きな音楽を聴いてしょぼかったら意味ないですし。
    • good
    • 2

正弦波の各周波数が出ているサンプルとかがあれば


アンプやスピーカーのレンジや反応は聞けますね。

後は良く聞く音楽があれば、普段の音と比較して
「軽い/重い」「湿った/乾いた」など解りやすいかと思います。
川や汽車、波と言った固定音域の繰り返しよりは
楽曲の方が情報量も多くて判断しやすいと思いますよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカー等を購入する時、試聴に最適な曲は?

スピーカー等を購入する際、そのスピーカーの特性を判断しやすい曲を教えてください。店頭で何曲も試聴するのは気がひけるので、試聴にお勧めの1曲を教えてください。
1990年代以降に発売された洋楽、邦楽または、よっぽど有名な曲がいいです。
(普段よく聞く曲はないものとして、回答をお願いします。)

Aベストアンサー

>モーツアルトのなんていう曲とか具体的な曲名を上げていただけるとありがたいのですが。

ピアノ協奏曲20番(K466)がいいでしょう。モーツアルトの一番有名なピアノ協奏曲です。最初の前奏が終わって、ピアノのソロが入ってくるあたりがどう聞こえるか。そのあたりを注意して聞いてみて下さい。ピアノがどれだけ澄んだ音で聞こえるか、バックの管弦楽の広がりがどう聞こえるかが要点です。
http://www.youtube.com/watch?v=MbJeZPprfF4

21番も良いかもしれませんね。特に第2楽章がきれいです。多分一度はおお聴きになったことがありますよ。CMや映画にも使われている名曲ですから。
http://www.youtube.com/watch?v=RD8pgDRvbiM

なるべく最新の録音がいいです。録音の質が良く、試聴に最適です。

Q音の定位が正しいかをテストするには?

スピーカーから出る音の定位がどれほど正しいのかをテストしたいのですが、どのようにすれば、確かめられるでしょうか?
今日、NHK交響楽団の演奏をテレビで観まして、たまに、正面からオーケストラの全容が映し出されますので、写真に撮って、それを観ながら再度録画した演奏を聴けば、定位の正確度が判るかも?と想っているのですが、はたしてそれで判るのでしょうか?
って、実際やってみましたが、編成人数が多過ぎるためもあり^^判りにくかったです。小編成であれば、判りますかね?
しかし、そのような放送がいつされるのか^^;
また、音楽CDなどは、実際に演奏された配置通りになるように録音されているとも限りませんよね?
オーディオシステム(及び環境)による音の定位の正確性をテストする方法を教えてください。

Aベストアンサー

再生システムの低位だけのチェックという事ならば、
・左だけの信号を入れたときに、左だけのスピーカーが鳴っているか?
・同様に右だけはどうか?
・センターの信号がちゃんとセンターで聞こえるか?

この3点がOKならば、OKという事になります。

このチェック用に最適な音源はある程度パルス的なエンベロープで、なおかつ倍音成分の多いものが良いですね。例えばスネアドラムとかピアノとか人間の会話とか。

反対にまったく不向きなのは、たとえば正弦波の持続音。フルートなどもこれに近いのですが、人間の聴覚器官では低位感はきわめて不明瞭です。

左だけ、右だけをチェックするなら、アンプのバランスを回しきりにするのも良いですし、入力端子で片方のRCAプラグを引っこ抜いても良いです。(抜く時はボリュームを絞って)

センターをチェックするにはアンプにモノラルという設定が有るならそれを使えば良いし、無いのならモノラル録音のCDを利用するとか、モノラルのテレビの音をステレオ装置につなぐためのケーブルとかを利用するのもOKですね。

音源としてホットタッチを使う方法も有ります。
ホットタッチというのは、アンプなどにRCAケーブルを刺し、ケーブルの一方のRCA端子は何も接続せず、自分の指でこの中央のピンにタッチする事です。短くタッチするとブッブッブとなりますし、長くタッチするとブーーーですね。爆音が出る事も有るのでボリュームは絞った状態から徐々に上げていってください。ブッブッブで定位がわかりますし、センターにしてブーーーを鳴らすと左右の相対位相もチェック出来ます。

再生システムの低位だけのチェックという事ならば、
・左だけの信号を入れたときに、左だけのスピーカーが鳴っているか?
・同様に右だけはどうか?
・センターの信号がちゃんとセンターで聞こえるか?

この3点がOKならば、OKという事になります。

このチェック用に最適な音源はある程度パルス的なエンベロープで、なおかつ倍音成分の多いものが良いですね。例えばスネアドラムとかピアノとか人間の会話とか。

反対にまったく不向きなのは、たとえば正弦波の持続音。フルートなどもこれに近いのですが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報