新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

 私は左利きです。今、国語の教員を目指し、大学受験の真っ最中です。
 これまで、自分の高校では左利きの先生を見てきました。しかし、国語のような日本語の書き方を含む教科を教える先生で左利きの先生を見たことがありません(「板書だけ右で書く」とか、「右利きに直した」と言う先生はいます。)
やはり、国語教育を目指すなら右利きに直すべきなのでしょうか?
 また、もしお子さんが左利きの先生に国語や習字を教わったら親御さんは悪影響を心配したり、不快に思ったりするものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

国語は「縦書き」で「右から左」に書きます。


黒板の前に立ったところを想像してみて下さい。
右利きだと書いたところを右手が隠してしまいますが、左利きなら隠さずに書き進められます。
将来先生になったら、
先生は左利き!
左利きだと黒板を書くときこんなに便利!
と保護者にも子供にもそれをセールスポイントにして、堂々としていればいいと思います。
右利きか左利きかなんてことより問題のある教師が多い時代。どうぞ良い先生になって下さい。
    • good
    • 0

あなたと同じ左利きの教職志望者です。

これまでの回答でお分かりになるように、こういう質問には人によっていろいろな意見が出てきてしまうものですね・・・。

 さて、私は左利きで板書することについて、その是非はともかく、それ自体が難しいかどうかということについてお答えします。結論から言うと、左利きの人が右手で板書するのはそんなに難しいことではありません。その逆もそんなに難しくないのではないでしょうか。ただ、書いてすぐに利き手と同じように書けるかどうかは別ですよ。
 ボールペンや鉛筆は紙と筆記具が「点」で接していますよね?なので、軸が不安定になって利き手と逆の手で文字を書くのは至難の業です。一方チョークは黒板と(小さいですが)「面」で接しているのであまりぶれることがありません。ためしに書いてみるといいでしょう。

 なので、今の段階ではそのことについてそんなに気に病むことはないと思います。ただ、私は、小学校が希望なので、右手でも書けるように練習はしています。低学年段階だと何事も教員の姿を見て覚えるところがありますので。

 関係ないですが、国語教育を目指すのであれば、大村はま先生の著作は参考になると思います。受験後に時間があったら読んでみてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1532325.html
    • good
    • 1

私は、左利きの板書の先生はおおいに歓迎します。


親としても、不快どころか、是非直さずそのままで教壇に立っていただきたいです。

私も、たくさんの子供を教えているのですが、
昔と違って、左利きを直している子供はほとんどいません。
左ききは、生まれつき握力も左のほうが強いので、
何をやっても左でやったほうがうまくできるのです。
筆圧も全然違うので、右に変えても綺麗な字は書けません。

そして、なによりも、いろんな個性の子がいるということを
教えるのが、教師なのだと思います。
「左利きは、便利な時があるよね、
ボーリングとか右ききが取れないところが取れるからね」
とか、「君と腕相撲しても、左は完敗ね」
とか、私は生徒と話していますよ。
その子たちは、みんなお習字も左です。
この子たちの中にも、教師になる子も出てくるかもしれません。
その時、気にして利き手を変える子なんていませんよ。

明らかに時代は変わってきています。
いろんな、容貌、個性を包容できる、これが本当の知性というものです。
そのような子たちを育てるのが教師の使命だと、私は考えています。
狭い偏見に負けないで、どうぞこれからの子供たちを育てるに足る
良い教師になってくださいね。
    • good
    • 0

私は自らの経験や感想からしか言えませんが


気にしなくて良いんじゃないでしょうか?

と言うのは、私は現在、左右両利きです
私の場合、子供の頃には右利きでしたが
若い頃に習った格闘技の影響で、両利きにしたんです

ただ、私は40歳代ですが
私の親の世代では、左利きは行儀が悪いと
強制的に、右利きに、させられましたが
今の親は、私も含めて左でも良いと教育する方も多くなったと聞きます

従って、国語の教師だからといって左利きが悪いとは思いません
でも、確かに習字なら右と左では、筆の角度等が違う場合もありますが
貴方は、どう書いてますか?

私は学生時代、習字では左で書いた事は、ありませんし
今でも習字を、やってる訳ではありません
しかし、この前、筆ペンを使用した時等には
右で書いた角度と同じ様に筆の角度を調整して書きました

ですから習字は左利きの師匠等を知りませんから
自己流で考えましたが
貴方が左でも、まともに習字が出来るなら
心配しなくても良いんじゃないでしょうか?

それに上記でも書いた様に、今の親が
左利きで育っても良いと判断してるなら
左利きの先生に教わっても問題ないんでは?と思います

但し、貴方に挑戦する気持ちが、あるなら
今からでも、少しずつで良いですから
右でも字を書く練習を、されては如何でしょうか?
勿論、日常生活の中では、字を書く事が一番大変だと思いますが…
私も、そうでしたから(笑)

その方が、習字の場合、子供等にも
スムーズに教えられるとは思います
でも、ムリに、やる必要は無いと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 私は中学で「左書き書法」を教えてくださる先生に出会い、中学生になってからは書道も左で書いています。
 でも、やはり子供に書道を教えるには右利きの方が良いですね。
 進路を選ぶ際、左利きではまずいと思い、小学校教育はあきらめ、中学・高校教育を選びましたが、両利きにして小学校の免許も取得できるようにしたいと思います。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/28 21:07

教育者として左で文字を書くのは多いに問題があります。

右利きに・・・せめて黒板は右で・・・当然子を持つ親としては不快です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、板書をはじめ、さまざまな場面で子供に悪影響になるようではいけないので、右利きに矯正していきたいと思います。

お礼日時:2007/01/28 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左利きの教員って・・・

小学校の教員を目指して、通信制の大学で勉強をしていますが、文字を書くことだけが左利きなのです。

小学校の教員になるなら、右利きに矯正するべきでしょうか?
それとも左利きのままでも問題ないでしょうか?
左利きだと採用試験で不利ということはありますか?

Aベストアンサー

右利きの小学校教員です。

左利きの小学校教員はいます。
採用試験の際には左利きかどうかは関係ありません。
ただ、小学校の教員の場合、児童は教員のまねをして覚えることが多々ありますので、板書は右手で書くことの方が望ましいと思います。

文字の練習をするなら小学校の国語教科書を参考にするようにと教えられました。(特にひらがな)
また、ノートに字を書くことだけでなく、チョークで板書をする練習をしたり(これは教育実習の時ぐらいしかできないかもしれませんが)壁に模造紙を貼るなどして文字を書く練習などもした方がよいと言われました。意外とまっすぐに縦書き、横書きの文字を書くことは難しいのです。

裁縫(特に返し縫いなど)包丁、鍵盤ハーモニカ、彫刻刀など、児童に見本を見せる場も多いです。質問者様は文字だけ左利きとのことなので大丈夫だと思いますが、児童が混乱しないように右手で行い、左利きの児童には個別指導で対応するなどの配慮が必要です。これだけでは不十分なのかもしれませんが。

児童に個人指導するときには、児童側から見てわかるように、上下逆に文字を書くこともあります。
板書も、児童に背を向けて書いたり、児童を見ながらチョークを手の甲側に向けて書いたりすることもあります。
小学校教員にはオールマイティさが求められています。

以上は右利きの教員の考えですので、左利きの教員、また左利きの児童にとっては違う部分があるかもしれません。

通信制での免許取得はたいへんだと思いますが、ぜひがんばってすてきな小学校教員になって下さい。

右利きの小学校教員です。

左利きの小学校教員はいます。
採用試験の際には左利きかどうかは関係ありません。
ただ、小学校の教員の場合、児童は教員のまねをして覚えることが多々ありますので、板書は右手で書くことの方が望ましいと思います。

文字の練習をするなら小学校の国語教科書を参考にするようにと教えられました。(特にひらがな)
また、ノートに字を書くことだけでなく、チョークで板書をする練習をしたり(これは教育実習の時ぐらいしかできないかもしれませんが)壁に模造紙を貼るなどし...続きを読む

Q大学院を卒業できないかも?

現在、大学院卒業を間近に控えているものです。
大学院での研究ではいろいろと困難があり、研究が進まずにたいした結果を出せずに2月になってしまいました。
現在、来週提出の修士論文を必至に書いていますが、担当教授からは
「君は結果が出せていないのだから場合によっては卒業させない。来年もやるか?」
などと言われてしまいました。
私自身はこの2年間で苦労しましたし、教授のきつい叱責にも耐えてきました。4月からの就職も決まっているからなおさら卒業したい気持ちが強いです。
「こんなに大変な思いをして今更卒業できないだなんて…」と考えると日に日にストレスが溜まり、体調まで悪くなってきました。
修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

「卒業できないかもしれない」という不安を軽くしたくて質問させていただきました。修士論文の書き方などアドバイスをお願い致します。

(忙しいのでお礼が遅くなるかもしれません)

Aベストアンサー

>修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

小生の経験上からは担当狂官によると思います。
小生の場合は、狂官から目をつけられたため、どんなに結果を出しても、「こんなの研究でも何でもない。留年しろ。」ようなことを言われ、散々でした。でも、卒業は何とかできました。
他の研究室の学生はと言うと、「先生がほとんど書いてくれた」「結果は問わないから、手書きでなければいい」とかいう感じの方もいたぐらいです。温度差がありました。

一口に結果言ったって、どうでもいい小さい結果もあれば、学術界を揺るがす大きい結果までまちまちです。修士の学生では、どうでもいい結果が積の山でしょう。修士論文が学術会を揺るがす大論文になった話など聞いたことありませんし・・・
修士の学生の結果に対して(frankさんだって全く結果がないというわけではないでしょう)、もっともらしい文句を付けて留年させるような狂官は明らかに嫌がらせと思っていいです。
その狂官の修士時代の論文だってたいしたことないと思います。恐らく、現在の狂官の論文も同様に学術会から見れば、あってもなくてもどうでもいい論文と思います。大したことない狂官ほど、下男根性と申しましょうか、ちょっと権力を持てば、権力ない者をいじめるものです。

>「卒業できないかもしれない」という不安を軽くしたくて質問させていただきました。修士論文の書き方などアドバイスをお願い致します。

お気持ちはよくわかります。小生の経験からも、今できることは、

 「修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしています」

しかないでしょう。あと、自分のアピールばかりして、担当狂官に対する敬意の言葉を忘れないようにしましょう。(担当狂官がいたからこそ、本論文があるような書き方)姑息な手段ですが・・・

>日に日にストレスが溜まり、体調まで悪くなってきました。

体には十分に気をつけてください。ちなみに小生は、この時期のストレスのために、回復不能な病気にかかってしまいました。小生のようにならないように気をつけてください。

>修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

小生の経験上からは担当狂官によると思います。
小生の場合は、狂官から目をつけられたため、どんなに結果を出しても、「こんなの研究でも何でもない。留年しろ。」ようなことを言われ、散々でした。でも、卒業は何とかできました。
他の研究室の学生はと言うと、「先生がほとんど書いてくれた」「結果は問わないから、手書きでなければいい」とかいう感じの方もい...続きを読む

Q高校教師になりたいが、学歴重視の職場なのでしょうか??

高校の教員を目指している者です。

高校の教員をしている方、事情に詳しい方にお聞きしたいのですが、高校教師という職業は、学歴重視なのでしょうか?

私は地元の私立大学に通っていて、その後地元の大学(旧帝大)の大学院に入学し、専修免状を取得しました。

先日現役の高校の先生と少し話しをする機会があったのですが、『君の出身大学は○○大学(私立のほう)ということだから、学力に不安が残る。教師になっても偏差値の高い高校に配属になるってことは一生ないだろうね。一生低いレベルの高校をまわることになるだろう』と言われたのです。

その先生の話によると、いくら大学院が旧帝大でも、学部が私立なので学力(学歴)に不安があり、偏差値の高い学校に配属になることはないというのです。高校教員の試験に受かると、その人の学歴(学部)によって、どのレベルの学校をまわるか決まるということでした。
ちなみに、私はその先生の前で授業をしたわけでもなく、テストを受けて成績が良くなかったわけではありません。あくまで『出身大学』で判断された形です。

そこでお聞きしたいのですが、高校の教師というのはこのように、学歴によってどの学校に配属になるか決まるものなのでしょうか??
私は別に配属先の高校のレベル(偏差値)には拘りませんが、進学校で進学指導をしてみたいという思いもあります。
指導力不足等でこのような待遇の差が出るならわかりますが、このように露骨に学歴で判断される職場はちょっと嫌だな、と思ってしまいました。

どなたか詳しく知っている方がいらっしゃいましたら、回答お願いいたします。

高校の教員を目指している者です。

高校の教員をしている方、事情に詳しい方にお聞きしたいのですが、高校教師という職業は、学歴重視なのでしょうか?

私は地元の私立大学に通っていて、その後地元の大学(旧帝大)の大学院に入学し、専修免状を取得しました。

先日現役の高校の先生と少し話しをする機会があったのですが、『君の出身大学は○○大学(私立のほう)ということだから、学力に不安が残る。教師になっても偏差値の高い高校に配属になるってことは一生ないだろうね。一生低いレベルの高校をまわる...続きを読む

Aベストアンサー

 現場からお答えします。私の実体験です。

 採用段階では、学歴、採用試験の点数、そして縁故がものを言うのは現実だと思います。ただ、そこから先は、あなたが現場でどれだけ実力・実績・努力を積み重ねるかで違います。

 私は自分の出身とは全く関係ないある県で教員をしています。出身大学は都内の三流私大です。最初はいわゆる学力底辺校で、殺人と薬物以外すべての生徒指導を経験しました。しかし、その学校にも大学進学を希望する生徒がおり、また家業(多くは農業・漁業・酪農でした)の手伝いを終えて眠い目をこすりながら予習・復習をする生徒がいました。その生徒たちの姿は、受験科目以外の勉強は関係ない、無駄と言い放つ進学校の一部生徒に比べ(学力は劣るかもしれませんが)、勉強に対する気持ちは圧倒的に純粋で、私は多くのことをこの子供たちから学びました。この子供たちと一緒に勉強していくうちに、毎年一桁しかいない大学進学希望者でしたが、幸い全員が合格していきました。

 その後、私は中堅進学校~地域の中心校~県庁所在地の進学校と異動してきています。同僚の先生方に「成り上がり(笑)」と言われることから考えるに、質問者の先生のような考えの先生・管理職が現場にいるのは事実です。そういう価値観の方から理不尽な扱いを受けたことがあるのも事実です。
 しかし、私の周囲には、私と同じように成り上がっている先生も多いです。つまり現場に出れば学歴よりも自分の努力です。自分の努力を生徒の学力向上、人間性の向上に結びつけることができればいいのです。先生を判断し結論を出すのは生徒なのです。そして生徒は学力に関係なく、みんなかわいいです。

 学校の先生には2種類あると考えて下さい。
 学歴や上司へのゴマすりで食っている人と、努力によって食っている人です。あなたがどちらになるのかは、あなた自身が選んで下さい。
 
 

 現場からお答えします。私の実体験です。

 採用段階では、学歴、採用試験の点数、そして縁故がものを言うのは現実だと思います。ただ、そこから先は、あなたが現場でどれだけ実力・実績・努力を積み重ねるかで違います。

 私は自分の出身とは全く関係ないある県で教員をしています。出身大学は都内の三流私大です。最初はいわゆる学力底辺校で、殺人と薬物以外すべての生徒指導を経験しました。しかし、その学校にも大学進学を希望する生徒がおり、また家業(多くは農業・漁業・酪農でした)の手伝いを...続きを読む

Q左利きの習字ってだめなのですか?

我が家の4年生男児は根っからの左利きです。幼稚園の時先生が「個性を大事にしたほうがいいので、あえて右にする必要もないのでは」の言葉に甘んじ幼少から鉛筆と箸だけは右、というふうに教えなかった私にも責任はあります。で、現在学校で習字の時間に担任の先生が「習字は右で書くもの、右で書きなさい」と左で書くと注意され右で書かされるそうです。習字の時間は毎日ある訳でもないので我慢して右で書いてればいいのでしょうが右利きの私に左で習字を書けといわれても絶対に苦痛だと思います。そこで教えて欲しいのですが習字って必ず右で書くものなのですか?今更右利きにはなれないと思うのでもし左利きのお子様お持ちの方などはどうされたか教えて頂けたらと思います。

Aベストアンサー

書道師範です。
残念ながら筆は右利きが有利です。
絶対という訳ではないのですが、現在の学校書道の基本になっている書道家の筆の入れ方・払い方・とめ方等が右利きに有利なのです。
それに左利きだと書いている文字が手で隠れて見えにくい事が多いです。バランスを重視する書道ではなかなかハイリスクだと思います。
でも学校書道ではなくて、芸術書道や臨書に関してはまた見解が変わるかも知れませんし、意外性があって面白いかも知れませんよ。

お子様は苦痛だと訴えておられますか?
もしご本人が我慢出来る範囲ならば、たまには右を使う体験や時間があっても良い刺激かも知れません。負けず嫌いのお子様はむきになって頑張ることも多いです。
ご本人が我慢出来ないのなら、先生にご相談されては如何ですか。書道が嫌いになっては元も子もありませんから。
私個人としては、利き手でない手で書いた書にはそれなりの緊張感とひたむきさがあって良いと思います。


人気Q&Aランキング