アメリカから日本に5000ドルほど持って帰るのですが、どこで換金するのが一番いいですか?空港ですぐに変えたほうがいいのか、銀行に行ったほうがいいのか。もしくは他にいい方法があったら教えてください。出来るだけ高く換金したいのですが、どこもいっしょですよね?その辺詳しく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

米ドル現金で持ち帰り銀行でなく金券ショップに持ち込むのが有利でしょう。

手間を惜しまないなら、みずほ銀行で外貨預金を経由して日本円にする方法もあります。

両替法や送金法の有利不利は、換算の際に銀行間レートからどれだけ目減りするかで比較すると分かり易いです。銀行間レートとは文字通り外国為替市場において銀行間の取引に使われるレートで、新聞やテレビなどで報じられているレートは特に断りのない限り銀行間レートです。
金融機関での実際の取引においては、各金融機関が定める「公示仲値(TTM)」が銀行間レートの代わりに使われます。銀行間レートは常時変動していてこれを基準とすると処理が煩雑になるためです。
銀行間レート、公示仲値のどちらを基準に考えてもよいのですが、いずれにしてもそこからの目減りで比較すればよいわけです。

●銀行で両替
日本の銀行の米ドル現金買取レートは公示仲値マイナス3円です。2月21日現在の公示仲値は1米ドル=120円00銭くらいですので、米ドル現金は1ドル=117円00銭での買取りになります。1ドル当たり3円目減りということです。
トラベラーズチェック(以下TC)の買取レートは公示仲値マイナス1円ですが、そのほかに処理期間分の利息(円-米ドルの金利差に起因する)が差し引かれます。この利息は1ドル当たり40銭程度です。またTC発行手数料ももちろんかかります。米国での発行手数料はざっと見た限り1~2%のようです。(預金残高や特定クレジットカード所持などの条件を満たすと無料で発行してくれる金融機関もあります)
1円+1%+40銭とすると目減りは今のレートで2円60銭ということになります。現金買取レートよりはよいのですが、後述する金券ショップのレートには劣ります。

●金券ショップで両替
平成10年に両替業務が自由化され多くの金券ショップが両替業務に参入しました。「銀行より売り買いとも1円お得」(公示仲値プラス2円で販売、マイナス2円で買取)というのが謳い文句ですが、最近は競争が激しくなったためか「公示仲値プラス1円50銭で販売、マイナス1円50銭で買取」というお店まで現れています[1]。
質問者さんのお住まいの近くにこの種のお店があれば覗いてみてもよいでしょう。以下に一例を挙げておきます。これらのレートであればTCを使うより有利です。「TCは現金よりレートが良い」というのは必ずしも間違いでないのですが、米ドルは現金のレートも悪くないので逆転が起き得るのです。
[1] http://www.ticket-center-inc.com/gaika.htm 1円50銭
[2] http://www.ticketzone.jp/gaika/index.html 販売1円79銭 買取2円
[3] http://www.igami.co.jp/currency.html 2円
[4] http://kinken.homepage.jp/change/ 2円
[5] http://gaika.e-daikoku.com/ 2円
[6] http://www.tiketking.co.jp/change/exchange-top.h … 販売1円94銭 買取3円

●デビットカード・クレジットカード
デビットカードやクレジットカードにしたところで、利用額を円→米ドルに換算する際にしっかり為替手数料を引かれます。その額は典型的には1~3%のようです[7,8]。手数料が1%で済むならまだ両替より有利なのですが、1.5%以上なら素直に現金で持ち帰った方がよいでしょう。
[7] http://www.bankrate.com/brm/news/cc/20010416a.asp
[8] http://www.bankrate.com/brm/news/cc/20050624b1.asp

●国際送金
円建てで送金するならアメリカ側で、米ドル建てで送金するなら日本側で、通貨間換算が発生しいずれにしても目減りします。送金手数料は銀行によって異なりますが、一例としてBank of Americaですと米ドル建てで1回45ドル、円建てで35ドルです[9]。
米ドル建て送金を日本側で円換算する際のレートは公示仲値マイナス1円(為替手数料として1ドル当たり1円)です。送金手数料は45ドルですので、5,000ドルを送金したとすると目減りは合計約10,400円になります(1ドル当たり2円8銭)。また受取り側銀行や中継銀行で手数料が発生することもあります。これなら素直に米ドル現金で持ち帰った方が簡単で有利です。
[9] http://www.bankofamerica.com/deposits/checksave/ …

●そのほか
多少の手間がかかっても良いなら、いったん外貨預金として預け、後から日本円に振り替える方法があります。
多くの銀行では預入時に通常1ドルあたり2円の「外貨現金取扱手数料」がかかるのですが、みずほ銀行の外貨現金取扱手数料は金額によらず1回500円なので、5,000ドルといったまとまった額であれば利用価値があります。このことは積極的には宣伝していないのですが、Webサイトを良く探すと片隅に出ています[10]。
外貨預金の米ドルを円預金に振り替える際のレートは公示仲値マイナス1円です。同行のATMで振り替えるとさらにお得で、公示仲値マイナス60銭で済むようです[11]。
従って5,000米ドルの現金を日本円にする際の目減りは合計で3,500円ということになります。1ドル当たり70銭で済むので前出の金券ショップよりさらにお得です。
[10] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/g_teiki …
[11] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/futsu.h …

公示仲値が1米ドル=120円の時に、5,000米ドルを日本円にした際の最終的な金額は以下が目安です。
・日本の銀行で米ドル現金を両替 585,000円
・日本の銀行で米ドルTCを両替 587,000円
・金券ショップで米ドル現金を両替 592,500~590,000円
・国際送金 589,600円 (受取り側銀行の手数料が差し引かれることもある)
・みずほ銀行で外貨預金経由で円転 596,500円

【まとめ】
1. 手軽に換金したいなら外貨両替を扱っている金券ショップに持ち込むのが良いでしょう。買取レートは公示仲値マイナス2円(銀行より1円有利)が目安ですが、もう少しよいレートのお店も一部にあります。
2. 多少の手間がかかってもよければみずほ銀行で、いったん米ドル外貨預金にしてから日本円に振り替える方法もあります。
3. デビットカードや国際送金、トラベラーズチェックは上記の方法に比べれば不利です。
    • good
    • 36

baseballloverさんが日本のどこに帰ってくるのか、書いてないので分かりませんが、ここ数年、外貨の両替をしてる金券ショップを見かけます。



売りも買いもだいたい銀行より1ドル1円ほどレートが良いので、5000ドルなら5000円お得になります。

もし行動範囲内に金券ショップがあれば、外貨の両替をしているかどうか、一度覗いてみてください。
    • good
    • 9

現金じゃないとダメなんですか?



もし違うのなら、アメリカの銀行に入れておき、デビットカードを発行してもらい、それを日本で使うというのはどうでしょうか。クレジットカードが使えるお店でそのキャッシュカードを使うことができます。

5000ドル=約60万円ですから、日常的に使っていても、多分かなりの期間使えるし、その間、アメリカの高金利を享受できます。

定期預金と、普通預金間のお金の移動がネットバンキングでできる銀行がよいですね。
    • good
    • 2

 まず、アメリカの銀行でトラベラーズチェック(TC)を発行して


もらいます。
 次に日本の銀行でトラベラーズチェックをドルから円に変えます。
TCは紙幣に比べてレートがいいのでかなりお得になります。
また、TCは再発行ができるので盗難のリスクが現金に比べたら
はるかに低いです。サインを忘れずに。
 
 あとは、メインバンクで円に変えた後、自分の日本の銀行に
送金すると言う方法もあります。たぶんこれが一番便利
だと思いますが、米国の銀行にドルで保存しておくという
方法もありますし、
ドルは絶対にまた将来使うと思うので変えずにとっておく、
海外旅行に行く友人に換金するなど(レートがよくなります。)
色々な手段があるかと思います。
 
    • good
    • 5

私はヤフーオークションで売りました。


為替レート以上の値段がつきましたよ。
??なんででしょうね??
    • good
    • 19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報