マンガでよめる痔のこと・薬のこと

初めまして。進学重点校に通っている高校2年生です。
このようなところに書き込みするのは初めてなので、何か至らない点がございましたら申し訳ございません。
私は今大学進学について悩んでることがありまして、皆さんにお聞きしたいことがあり書き込ませていただきました。
私は今まで自分の進路を真剣に考えたことがなく、ただ漠然としていました。自分が通っている高校に合わせて勉強していれば受ける大学の範囲も広いだろうから安心だと大学について調べたこともありませんでした。ですから、文系・理系選択の時も自分の得意科目、なんとなくなりたい将来の職種に合わせて理系を選択しました。特になんの問題もなく、今まで勉強してきました。
2年生の半ばを過ぎたころ、私はあるきっかけでどうしてもなりたい職業を見つけました。警察官です。
警察官になるにはどうしたらいいか、それ自体よくわからなかったので色々な資料を読んだり、周りに警察官をめざしている大学生の先輩がたくさんがいたので相談したりしました。そこで初めて気がついたのですが、ほとんどの方が私に文理どちらなのかを尋ねた時に私が理系だと知って珍しいというのです。警察官目指してる人はほとんど文系であると聞きました。自分で調べてみて、警察官になるにはやっぱり文系のほうが良かったのだろうかと不安になりました。
3年生の選択科目の本調査も終わり、文転もできません。自分の大学に関する知識があまりに乏しく恥ずかしいです。
このまま理系で国立大学もしくは都立大学を受けるつもりなのですが、理系で警察官を目指すことは難しいのでしょうか?
どこの学部を選択すればよいでしょうか?
皆様のお考えを教えてくださいますようよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 lagoon44さん こんばんは



 #5です。

 例えば中小企業でなく誰でも名前を知っている大企業に就職した場合を考えてみましょう。営業職を望んで運良く営業職に就職出来た場合、就職直後の平社員で居る間は仕事内容の100%近くが営業です。そして係長→課長→部長と出世して行くのですが、この位の役職までは仕事の重要度の違いは有っても多くはまだ営業の仕事をしているでしょう。ただし部長クラスになると直接お得意様を訪れると言うより、営業計画を立てる等実際の営業活動から離れる仕事が多くなるわけです。運良くそれ以上に出世出来て取締役~社長まで出世できたとしたら、その人がしたい営業の仕事から離れ会社全体を取り仕切りる仕事や対お客様と言うより対株主的な仕事・対銀行との摂政等会社経営が主な仕事になるわけです。これからも解る通り、ある程度の規模以上の会社で定年まで営業職の第一線で仕事をしたいのであれば、極論すればあまり出世を望まない事なんです。

 同様な事が警察官にも言えると思います。警察官(東京都の警視庁を例にすれば)の場合は、高卒で最初に配属される交番勤務のお巡りさん~各区・市の警察署署長~警視総監(東京都の警視庁のトップです。)までの役職が有ります。刑事ドラマを見てもお解りの通り、一般の事件では各捜査課に配属された警察官が捜査~逮捕までを行い、警察署長クラスの役職者となると各捜査のアドバイスを行なう事は有っても、直接現場に出向く事はほぼ無いでしょう。したがって警察官になって一生現場で事件捜査に当りたいなら、言う程出世しない事だと思います。出世を望んでいるなら何時かはどんな仕事でも希望の仕事以外の仕事をしなければならなくなって来ます。
 警察の世界では、各都道府県警単位で事件解決出来る範囲なら上記の話になりますが、昭和40年代の「あさま山荘事件」や「よど号ハイジャック事件」の様な赤軍派が起こした各事件等各都道府県警察単位では解決出来ず各都道府県警を統括している警察庁が指揮をとって事件解決する場合も有ります。この場合は大卒のキャリア組みと呼ばれる警察官が実際の捜査~逮捕までを行なう場合も有りますが、そんな大掛かりな捜査等をしなければならない事件数は少ないですから、ある程度出世したら実際の捜査現場から離れると言うのが実際だと思います。

 理系の大卒で警察官になる場合、一般の警察官(「キャリア組」を含めて)になる場合と「科捜研」として捜査の裏方職での警察官になる場合があります。(前レスで記載した通り)、一般の警察官になった場合、理系は不利でしょうけど努力次第で各都道府県警の警察本部長(東京で言えば警視総監)まで上り詰められる可能性は有ります。もし「キャリア組」として警察上級職試験に合格すれば、努力次第で警察庁長官まで上り詰める事が可能でしょう。
 「科捜研」の場合は出世体系や採用等全てが一般警察官と別体系ですから、「科捜研」に就職した場合は各都道府県警の警察本部長にはなれません。最高に出世出来て研究所所長です。しかしこの研究所所長を一般警察官の階級に当てはめたら相当上の階級だと思いますから、「科学捜査研究所」の所長になれたら凄い事だと私は思います。

 色々書きましたが、何かの参考になったでしょうか???
    • good
    • 2

現職の公務員ですが警察関係ではありません。


No.5の回答に補足します。
警察でいうキャリア組とは国家公務員1種試験に合格して警察庁に採用された人のことです。(警部補からスタート)
警視庁や県警の警察官採用試験に合格して採用される場合は、大卒であってもキャリア組とはいいません。高卒と同じく最初に警察学校に入り巡査からスタートです。 最近10年位についていえば、巡査からスタートする一般の警察官も7割くらいが大卒です。国公立大の出身者も少なくありません。
 最近の犯罪は高度化、知能化してますので、理系の知識をもった人は歓迎されるはずです。コンピューターが得意という人も大歓迎です。
 理系の勉強を一生懸命にやり、理系の学部を卒業して警察官にぜひなってください。理系の知識は警察でもきっと生きますよ。逮捕したり張り込みしたり交通違反を見つけるだけが警察ではありません。
    • good
    • 1

警察官の採用試験の説明に来た人が、警察官になれば、化学や心理学を活かせるといっていました。

    • good
    • 10

私大の理系教員をしています。

県工業試験場、国研、国立大勤務の経験があります。従って、公務員のことについてはある程度知識を持っています。
通常の警察官(都道府県採用)は、文理関係ありません。但し法律に詳しい方が入ってからの昇進等有利ですので法学部は有利でしょう(この点では文系有利)。
県の科捜研は、警察官とは別枠採用の場合が多いです。私の県採用時(県上級試験化学)の同期採用は2名でしたが、私が工試でもう1人が科捜研でした。科捜研に入った人は、人事異動で現在は、県庁の公害課にいます。要するに科捜研職員は、県の移動場所のひとつであり、別に科捜研にずっといるとは限りません。
あと国家公務員として警察庁に入り、都道府県に出向することはあります。国家I種法律職がメインですから、法学部が有利です。理系から入るのはまず無理でしょう。但し、科学警察研究所(警察庁)にはいるのなら、国家I種理系卒で入れます。こちらはずっと理系の仕事が保障されます。
    • good
    • 0

 lagoon44さん こんばんは



 技術職以外の大卒で警察官になる方を「キャリア組み」と言います。このキャリア組みの仕事内容は、刑事ドラマみたいな捜査~逮捕と言う事もしますが、事件毎の捜査令状や逮捕状の発行時にどの法律に則って各令状が発行出来るかを見極める仕事もしています。この点が高卒で交番勤務の警察官からたたき上げて出世する警察官との違いです。言ってしまえば、弁護士等の法曹界の法律専門家とは違い立場の法律専門家と言う事が出来ますよね。ですから、文系学部出身者が主なのは解ると思います。

 ところで理系学部出身者で警察官になる場合、多くは「科学捜査研究所」(訳して「科捜研」と言います)と言って、大学で学んだ科学的知識を生かした捜査をする部署に就職する場合が多いです。詳しくは以下のHPを読まれると解り易いと思います。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6% …

 ここの仕事を大まかに分けると、化学・生物学的捜査・工学的捜査・心理学的捜査等に分けられると思います。これを大学の学部に当てはめると化学・生物学的捜査→薬学部・工学的捜査→工学部や理工学部(最近はコンピューター犯罪が多くなっている関係でコンピューターを専門に学んだ方が増えている様です。)・心理捜査→心理学部等に大まかに当てはまると思います。いずれにしても専門知識が必要ですから、学部卒業で就職するのでなく大学院まで進学されて専門的に知識を得られる事をお勧めします。

 警察官になってどんな仕事をしたいかによりますが、刑事ドラマを想定しているなら、大卒で警察官になるのは理系でも文系でも大丈夫です。ただし将来の出世の事を考えると文系が向いていると思います。「科捜研」で捜査の裏方として働きたいなら、理系学部(それも大学院まで)卒じゃないとなれないです。

 色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。

この回答への補足

sionnさん ご丁寧な説明ありがとうございました。
「科学捜査研究所」。初めて聞いたもので大変参考になりました。
ですが私は正直、研究室にこもってひたすら専門的な事を研究するということに抵抗を感じます。また、経済的な理由で大学院進学もできません。
私は将来、まだ確定した考えでないのですが、刑事警察になりたいと考えています。現段階では「キャリア」よりも「刑事」という仕事内容に憧れています。しかしもしも私が警察官になれたとしたら、きっとどこかの段階で上を目指したいと考えると思います。今はそうではないのですが。だとしたら、
理系の私が目指せる階級の限界はあるのでしょうか?
どの階級まで可能なのでしょうか?
どんな意見でも構いません。補足内容で書き込んだつもりでしたが、皆様からのご回答をお待ちしています。

補足日時:2007/02/23 13:06
    • good
    • 2

私(理系バイオ)と同じ研究室の子が、たしか警察に行ったと思います。


体力があるような話は聞いたことがありません。
職種によっては可能だと思います。
いわゆる警察官、おまわりさんは体育会系じゃないでしょうか。
キャリア、警察官僚なら東大法学部とか。
何を目指すんでしょうか?
お巡りさんなら大卒は要らないですよね。むしろ体力や性格でしょう。

ただ、警察って腐ってますよ...。
勘ですが、おそらく公務員の中でも酷い部類だと思います。
先の話なんで、じっくり考えてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tekcycleさん ご意見どうもありがとうございます。
私はまだ警察のことを何も理解していません。ご指摘どおり、警察官という職業が嫌になることは必ずあると思います。
ですが、それでも私は警察官になりたいです。
腐った警察の腐ってない警察官になりたいです。

お礼日時:2007/02/24 01:39

僕もNO2さんと同じ意見ですね.


僕の友達は理学部の大学院ですが科捜研の募集とかが来るみたいです.
また,僕の友達は工学系の大学をでて警察官に受かりましたよ!!
ただ理系が珍しいのは体力に自信がある人が行くスポ健や教育学部は基本文系だからじゃないんですかね?警察官は体力いる仕事ですから!!
    • good
    • 0

警察といっても様々な職種があるのではないでしょうか。



交番や交通課などであれば、文系・理系を問わないでしょうし、鑑識課や最近のコンピュータ犯罪の捜査などは理系の専門的な知識無しでは難しいでしょう。

いずれにせよ、(地方、国家)公務員試験を受けることになります。

一警察官を目指すのであれば関係ありませんが、警察組織の中で出世したければ国家公務員試験I種から採用される必要があるようです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F% …
    • good
    • 0

警察官の昇進試験は、ほとんどが法律の問題です。


だから文系理系はあまり関係ありません。
法学部卒が多少有利なだけです。
鑑識などは理系のほうが向いていると思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官を目指すなら何学部?

私は、刑事になりたいと思っている中学生です。
ですが、大学で何学部を目指せばいいのか全くわかりません;;
全体的には法学部かな。と思ったりしていますが。。。
情報課となったりすると『情報メディア学科』も良いのかな、と思ってます。
警察に入れたら第一希望では、刑事(現場警官)になりたいです。
高校の進学も変わってくるので早めに回答お願いします。

Aベストアンサー

 beast_0810さん こんばんは

 警察官には 概ね2種類有るのをご存知でしょうか???1つは続に「キャリア組み」と言われる国家一種試験を合格して警察庁に就職して警察官になる場合(このパターンには 国家二種を合格して警察庁に就職するパターンも有ります。)と各都道府県県警本部の募集を受けて警察官になる地方公務員の警察官です。多くの刑事ドラマに出てくる刑事さん(警察官)や街場の交番勤務の警察官は概ね後者の地方公務員の警察官です。

 もし「キャリア組」の警察官を目差しているのであれば、「東大法学部卒」または「京大法学部卒」等の最低でも旧帝大法学部卒が良いでしょ。地方公務員の警察官を目差すなら大学は何所の学部でもよく、場合によっては大学に進学せず高卒でも良い場合も有ります。

 刑事とは何かご存知ですか???警察官には色々な階級が有るのをご存知ででしょうけど、「刑事」を階級の1つと勘違いされている方も居る様ですが、正確には「常時私服で仕事をする警察官」の事を俗称「刑事」と言っているに過ぎないんです。ですから警察官に採用された後の配属次第で俗な言い方の「刑事」としての仕事をする方もいれば、一生制服を着た仕事をする方も居ます。例えば少年課に配属されれば、盛り場での補導をする仕事をメインにするでしょうから私服での仕事が多くなる可能性が高いです。したがって少年課配属の警察官は、俗な言い方の「刑事」と言う事になるかと思います。TV等の刑事ドラマに出てくる刑事さん想像していると「事件の捜査をして犯人を逮捕する仕事」と考えがちですが、実際は違う事をご理解下さい。

 私服で働く警察官になるためには、まずは警察官採用試験に合格する必要が有ります。採用後警察学校で武道を含めて色々な事を学んだ後(男性は1年・女性は半年)警察官としての実際の勤務をする事になります。ですから警察学校で困らない様に、学生時代から柔道・剣道・合気道等の武道を学ばれると良いでしょう。(少なくとも警察学校を卒業する段階で、黒帯びである必要が有ると聞いた事が有ります。)
 実際の仕事を始めてからの配属はその方の向き不向きで決りますから、希望として私服で働く可能性の高い部署(つまり俗な言い方の「刑事」)を希望してもなれるかどうかは解りません。

 beast_0810さんとして将来例えば各県警の本部長(東京だけ特殊で「警視総監」と言います)になる等の出世を考えているのであれば大学卒業する必要が有るでしょうけど、単に「私服で働く警察官」(俗称「刑事」)を目差すなら高卒で採用試験を受けて警察官になってもなれます。ですから、わざわざ大学に進学しなくても良いですよ。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 beast_0810さん こんばんは

 警察官には 概ね2種類有るのをご存知でしょうか???1つは続に「キャリア組み」と言われる国家一種試験を合格して警察庁に就職して警察官になる場合(このパターンには 国家二種を合格して警察庁に就職するパターンも有ります。)と各都道府県県警本部の募集を受けて警察官になる地方公務員の警察官です。多くの刑事ドラマに出てくる刑事さん(警察官)や街場の交番勤務の警察官は概ね後者の地方公務員の警察官です。

 もし「キャリア組」の警察官を目差しているので...続きを読む

Q理系だが市役所に勤めたい

進路についての相談です。
現在普通科高校(進学は普通の国立が多い)の理系に通ってるものですが、
この頃将来は市役所に勤めたいなと真面目に考えるようになりました。
中学生のころから職場体験などに行くなど興味はあったのですが、
親から「あんたのような人がなれるわけない」などと連呼され
あきらめていたのですが、
やはりあきらめることができませんでした。
理系に進んだのも父、母、祖母、祖父から
就職がなんとか~といって洗脳された結果
あまり機械や化学に興味がないのに進んでしまった感じです。
自分としては一応理系の大学を出て公務員学校みたいなところで勉強して、将来は公務員になりたいと思っているのですが、
この考えは陳腐なものでしょうか?
(今考えれば理系に進んだのも、もし公務員試験失敗にそなえ文系より就職面で多少有利な気がしているのですが・・・)。
遠慮なしで、はっきり意見をください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 将来的に地方公務員(市役所職員・行政)という具体的なビジョンがあるんだったら、理系の大学に進学するよりは、理系から文系へ進路変更したほうが良いと思います。特に、大学卒の公務員試験で必須になってくるのが経済や法律などです。また、高校レベルの数学の知識も必要になってきます。

 公務員という目標があるんでしたら、公務員試験と大学での勉強が直結しやすい法学部か経済学部への進学をお勧めしたいです。

 公務員試験(行政職)の大まかな概要としては、(1)一般教養(人文科学・社会科学・数的処理・判断推理:高校で言う国語・社会・数学のような問題)(2)専門教養(憲法・民法・行政法・労働法・経済原論・経済政策・マクロ経済学・ミクロ経済学etc)などです。(3)面接・論文・適性検査といった感じです。ほとんどの公務員は、(1)+(2)+(3)の試験ですが自治体によっては(1)+(3)という所もあります。

 あと、公務員を目指すのであれば大学の就職課などが開講している公務員講座や公務員受験予備校などを利用するという人も多いです。私の卒業した大学の法学部は、大学の正規の授業で予備校(LEC)などの講師を派遣して公務員試験対策をするほかに授業終了後に就職課が主催する公務員講座(東京アカデミー)などがあります。

 私の卒業した大学では、法学部の以外の学生の場合科目と放課後就職課が主催する公務員講座というひとが多かったです。法学部の学生は、正規の授業+就職課主催の公務員講座を受講する人が多かったです。公務員試験の準備をするには、2年くらいかかるので大学2年生ぐらいからはじめて4年生の春に受験というパターンです。

 公務員を目指すのであれば、法学部・経済学部生が公務員に関連する講義を学部で選択し、学内で行なわれている公務員講座の受講や公務員予備校などを利用して1~2年という時間をかけて準備をするというパターンです。
 

 ですから、理系の大学へ進学してしまった場合は、学習する時間が限られてくるので厳しいと思います。また、3・4年になるとゼミ(演習)もあるので、理系の場合だと実験や研究といった作業もあるので文系に比べて学習時間が取れないことと、学部の専門科目が公務員試験と直結しないということが考えられます。

 文系の場合は、卒論も理系の実験や研究にくれべれば、個人でテーマを決めて期限までに提出するという感じなので、公務員試験の受験がひと段落したあとに提出することも可能です(研究室や指導教官によって違いあり)。

 理系で公務員になる場合(技術職)の場合は、行政職の試験内容+(農業・建築・土木・電気・機械etc)などの専門試験も課せられます。その他に特定の資格などがないと受験できないものなどあります。

 例)地方公務員(農業):農業改良普及員など
   地方公務員(福祉):社会福祉士など

 一般的に、行政系や警察・消防(公安職)の公務員を目指すのであれば大学の法学部・経済学部への進学と公務員講座or公務員予備校などのWスクールをお勧めします。あと、公務員関係の雑誌を出版している実務教育出版などのURLを載せておくので興味があったら参考にして見てください。

 

参考URL:http://www.jitsumu.co.jp/

 将来的に地方公務員(市役所職員・行政)という具体的なビジョンがあるんだったら、理系の大学に進学するよりは、理系から文系へ進路変更したほうが良いと思います。特に、大学卒の公務員試験で必須になってくるのが経済や法律などです。また、高校レベルの数学の知識も必要になってきます。

 公務員という目標があるんでしたら、公務員試験と大学での勉強が直結しやすい法学部か経済学部への進学をお勧めしたいです。

 公務員試験(行政職)の大まかな概要としては、(1)一般教養(人文科学・社会科学・...続きを読む

Q科捜研への道

非常に募集が少ないと聞く科捜研ですが、採用されるためには、地方公務員試験に合格し、各県警に科捜研の募集が出たときに申し込めばよいのでしょうか?別の採用試験ではなくやはり公務員試験のみなのでしょうか?それも地方公務員のみ?
また、科捜研や特別捜査官等の警察職員も柔道等の武術を習うのでしょうか?

Aベストアンサー

科捜研の受験をした者です。

科捜研の採用は、他の公務員試験と同様に『科捜研●●職』の募集がなされます。
したがって、まず地方公務員試験を受け、更に科捜研の申込みというように2重に受験する必要はありません。

募集は各県警または各県庁の「職員採用」のページを見ていれば、試験の時期などが分かります。
(県庁のHPから、リンクしている)
募集人数が大変少ないため、毎年試験があるというわけではないです。
また基本的に欠員補充という形で行われるので、不定期な時期に行われることが多いです。
なので、久しぶりにHPを見てみたら「いつの間に募集がなされてたんだ・・・締め切られてる。」などということにもなりかねません。
希望する県のHPは、マメにチェックすることをオススメします。

武術を習うかどうかについては、ごめんなさい、私は分からないです。
他の方の回答をお待ちください。

ちなみにNO1の方が「高学歴が多い」と書かれていますが、私の時もそうでした。
私の時は150人受験して、2次試験に5人が進みました。
その顔ぶれは旧帝大の大学院生が3人、旧帝大の学部生が2人でした。
私は2次試験の面接で、試験官の方に「職員は院卒ばかり」ということを言われました。

がんばってくださいね!!

科捜研の受験をした者です。

科捜研の採用は、他の公務員試験と同様に『科捜研●●職』の募集がなされます。
したがって、まず地方公務員試験を受け、更に科捜研の申込みというように2重に受験する必要はありません。

募集は各県警または各県庁の「職員採用」のページを見ていれば、試験の時期などが分かります。
(県庁のHPから、リンクしている)
募集人数が大変少ないため、毎年試験があるというわけではないです。
また基本的に欠員補充という形で行われるので、不定期な時期に行われることが多いで...続きを読む

Q警察の鑑識課に興味がある

こんにちは。お願いします。
知人の息子さんなんですが、中学3年生です。
彼が、警察の鑑識課に就職したいと希望しているようです。
なかなか真面目な子で、面白半分ではないようです。

どうやったら、希望が叶うでしょうか?
私は、詳しく知りませんが、警察に入った後に、
鑑識課を希望したもの中から、
選択されるのじゃないかと思います。

どのような、高校もしくは、
大学では、どのような専門課程で、学べば有利なんでしょう?
出来たら、アドバイスしてあげたいです。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鑑識の人は、警察官と、警察官ではない警察職員と両方あります。
あと、警察から委託されている外部の人というのもありますが、こちらは司法解剖とか、証拠の化学分析などをおこなう人のようで、犯罪現場で働くことは無いようです。

1.普通科高校を出て警察官として採用されて、鑑識課員を希望する。
2.普通科高校か工業高校を出て、警察に職員として採用されて鑑識課を希望する。
3.大学の理工系学部を出て、警察官として採用されて鑑識を希望する。
4.大学の文系学部を出て、警察官として採用されて鑑識を希望する。

どれでも、道はあります。
普通科・文系の方がとりあえずは採用されやすいのですけど、鑑識に配属される可能性が低くなります。
工業系・理工系は逆に、採用されるのは困難ですけど、鑑識に配属される可能性が高いようです。

高卒の方が警官として採用されるのは楽なようです。
その代わり、出世が遅く、仕事に腕を振るえないという事が多いようです。
学卒だと、採用されるのは狭き門ですけど、出世は速く、鑑識でしたらすぐに責任者クラスになれるようです。

参考URLに、某県警の採用案内を載せておきます。
このページの中程に、鑑識課員の案内があります。

参考URL:http://www.police.pref.gunma.jp/keimubu/02keimu/saiyou/saiyou/saiyouqa.htm

鑑識の人は、警察官と、警察官ではない警察職員と両方あります。
あと、警察から委託されている外部の人というのもありますが、こちらは司法解剖とか、証拠の化学分析などをおこなう人のようで、犯罪現場で働くことは無いようです。

1.普通科高校を出て警察官として採用されて、鑑識課員を希望する。
2.普通科高校か工業高校を出て、警察に職員として採用されて鑑識課を希望する。
3.大学の理工系学部を出て、警察官として採用されて鑑識を希望する。
4.大学の文系学部を出て、警察官として採用さ...続きを読む

Q国家公務員の技官には出世が難しい?

国家公務員の建築系(技官)を選択した場合

出世が難しいと聞いたのですが

本当でしょうか?

Aベストアンサー

国家公務員、技官、出世(または昇進)といったキーワードでgoogleなどから検索すれば大量にそういう話は入手できると思います。

が、ここで簡単にいえば;基本的には技官は事務官(文系)より出世は難しいです。国家I種で入れば本省課長ポストまでは何とか辿り着けるといわれてますが、それ以上(官房審議官・本省部局長・技監・…)には就けないと思っていた方が良いでしょう。ただ本省の課長というのは、民間企業の課長とは比べ物にならない程、社会的には偉い立場ですので、課長になるということは、それで十分名誉な事だと思います。また、国交省などでは例外的に技官でも上までいけ易く、事務次官に就く方もいることにはいます。

一方、今後は入省年次で決める年功序列を辞めて、実力評価で昇進をきめようという流れもあり、人事評価制度が革新されれな、技官でも出世しやすくなるかもしれません(実際、昔に比べれば確実に技官と事務官の差は小さくなってきています)。

結局、技官は出世や給料ではなく、ただ純粋に「やりがい」を求めて、そういう選択をしているのが現状です。

Q鑑識になるためには?

 もう、大学3年になり、就職のことを考えた中で、鑑識という仕事に
興味が出てきました。
 しかし、どうやったらなれるのか、どのくらい難しいことなのかわかりません。

誰か、どんなことでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

後、大学では化学を専攻しています。

Aベストアンサー

数年前まで警察官をしておりました。
現場の鑑識課員をご希望と言う仮定で回答させていただきます。

まず最初のステップとして、警察官にならなければいけません。
それも上級職ではなく、地方公務員の警察官を受けてください。
国家公務員の上級警察職を受けますと、現場にはいけません。
毎日椅子に座ってばっかりで、肘から先しか動かない人間になります。
(何も考えないで決済印押すだけってこと)

鑑識に必要な基礎知識・技能は、警察学校で学びますので、
特に予習・準備などは必要ありませんし、化学の知識も必要ありません。
鑑識の仕事自体は、化学とはあまり関係ないのです。
強いて必要なのは、人並みの手先の器用さです。
それに、学校を卒業したからといってすぐに鑑識になれるわけではありません。
まず現場の警察官として交番に勤務します。キツ~イ機動隊にも行くでしょう。
そういった下積みが耐えられるかどうかも重要です。

しかし逆に言うと、特に事前の予備知識は必要ないので、
警察官になりさえすれば誰にでもチャンスがあります。

チャンスは誰にでもありますが、
ところがそれをモノにするにはちょっと苦労します。

まず第一に、鑑識係は刑事課内の係として存在します。
そこでちょっと大時代的ですが、「自分は鑑識になりたいんだ!」という熱意を
刑事課の刑事さん(特に鑑識係員)の方々に見せなくてはいけません。
非番の日とかにヒマを見つけては鑑識係に行って、顔と名前を覚えてもらって、
仕事を手伝ったり、みんなのお茶を入れたりしながら、
先輩のやってることを見て学ぶ(盗む)のです。

非番ですから、手伝ったってもちろん給料なんか出ませんし、
徹夜勤務明けで眠いこともしょっちゅうです。
しかし刑事や鑑識などの専門に行きたければ、誰でもやることです。
実際私の同期生でも、非番の日に希望する課に夕方まで居座ってるのがいました。

とにかくアピール、アピール、アッピーール!です。
うっとおしがられるくらいアピールしましょう。
そうすると、警察学校の鑑識専門課程に入れてもらうチャンスができてます。
警察は交番の警察官以外の職種にそれぞれ専門課程があり、
それに入れてもらうことが大事です。

なぜ専門課程に入るのにアピールの必要があるかと言いますと、
専門課程にはその都度各署から人員を入校させるのですが、
これが通常たったの1~2名です。1名の場合が多いでしょう。
しかも誰を入校させるかはその署の専門課程の係の人
(鑑識課程なら鑑識係の人)が実質的な最終決定権を持っているので、
その人に「コイツは熱心だから、試しに入れてみよう」
と思わせなくてはいけないのです。
やる気の感じられない人間は、どんなに能力があっても入れてくれません。

これが、私が「チャンスは平等だが掴むには苦労する」と言った理由です。
とにかく、多い希望者達の中で、注目される努力が必要なのです。

それで鑑識専門課程に入れれば、余程のことがない限り鑑識課にいけます。
鑑識係員になれるのです。

チャンスは一度だけではありませんので、
一度ダメだったからといって諦めないことです。

化学の知識を生かしたいのであれば、科学捜査研究所の研究員もいいでしょう。
警察署から送られる証拠資料を本鑑定したり、
現場に役立つ捜査道具を開発したりする仕事です。
科学捜査研究所(通称:科捜研)には、高水準の理学系の専門家が揃ってます。
研究がうまくいけばそちら系の学会にも出ることが出来るようです。
これは私の知り合いの研究員が言っていました。

但しこちらは鑑識よりもさらに狭き門です。
警察官としてではなく、警察職員として採用されますし、
特殊な技能職なので採用の機会も人員も少ないです。
どの程度なのかというと、年一回、一人あればいいほうでしょう。
しかもその一人も、採用対象の専門が化学でない場合もありえます。

大体こんなところです。
他に何かご質問がありましたら、
答えられる範囲でお答えいたしますので遠慮なくどうぞ。

数年前まで警察官をしておりました。
現場の鑑識課員をご希望と言う仮定で回答させていただきます。

まず最初のステップとして、警察官にならなければいけません。
それも上級職ではなく、地方公務員の警察官を受けてください。
国家公務員の上級警察職を受けますと、現場にはいけません。
毎日椅子に座ってばっかりで、肘から先しか動かない人間になります。
(何も考えないで決済印押すだけってこと)

鑑識に必要な基礎知識・技能は、警察学校で学びますので、
特に予習・準備などは必要ありませんし...続きを読む

Q警察官僚(キャリア)の仕事について。

推理小説や刑事もののドラマに登場する警察官僚、所謂「キャリア」の中には、所轄の刑事たちに混じって現場で捜査をしてる人がよくいますが、何か大きな事件が起こって捜査本部が設置された場合、30歳前後で警視あるいは警視正の階級にあるキャリアが、「指揮官」ではなく「一刑事」として現場で捜査をするということは実際にあり得るのでしょうか? うろ覚えなんですが、何年か前に読んだ警察関連本には「あり得ない」と書かれていたような気がするのですが…。
また、キャリアでも、現場研修中の新人や、研修を終えて間もない警部ぐらいだと(こちらもうろ覚えなんですが、キャリアは入庁後一年くらいで自動的に警部になり、その後ニ、三年下積みをして、二十五、六歳で警視になるというようなことを前掲書で読んだ記憶があります。)、現場の刑事たちと一緒に聞き込みや張り込みなんかをしたりすることもあるんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは、アスカと申します。
 私の従姉妹の旦那さんが警察官僚で、そのことは説明してもらったことがあります。でもちょっと年数がたっているので変わっていたらごめんね。
 まず、採用されると警察大学校で3ヶ月の研修をうけ、大都市圏での9ヶ月見習い勤務。それから警察大学校に戻って1ヶ月の研修をすると警部になります。
 警部になると、警察庁で2年間の見習い勤務をし、その後警察大学校で1ヶ月の研修を受けると警視になります。
 警視になると都道府県の警察本部に課長待遇で行きます。このとき大体25歳くらいでしょう。その後はその人によるようです。
 従姉妹の旦那さんの場合は警視になるとすぐにイギリスの大学に留学しました。そして、帰ってきてから警視庁に配属されて車つきでした。
 そのときの仕事は会社の役員みたいな感じで、○○対策本部という犯罪対策に関する企画会議のメンバーになってました。
 ですから、現場の警察官のように捜査をするのではなく、彼らの仕事は警察組織の経営ともいうべきものですので、同じ警部、警視でも現場のための警察官とはまったく別で、本人も「警察官だと思ったことはない」と言ってました。あくまでも警察官僚で、それは別だそうです。
 ちなみに現場で捜査をするようなことはないそうです。
「現場を知らないとか,そういう批判に対しては?」と酔っ払って聞いたことがありますが、それについては「僕らがやっているのは現場の捜査とはまったく異質のことで、捜査の実態を知っているからどうこうというレベルではない。どちらが上ということではなく、フェーズが違う。現場を知らなくてはいけないというのは、それは現場指揮官の話で僕らではない。大きな事件で警察官僚が指揮を執っているのは、現場の捜査の仕方についての細かい指揮ではなくて、もっと政治的なもの。聞き込みの仕方を指示するわけじゃないし。だからその意見は、事務員の伝票処理を経験してないと重役の仕事ができないと言っているようなものだ」というようなことでした。今の発言は私の記憶から起こしたものですので、細かいところはあやしいです。

 こんにちは、アスカと申します。
 私の従姉妹の旦那さんが警察官僚で、そのことは説明してもらったことがあります。でもちょっと年数がたっているので変わっていたらごめんね。
 まず、採用されると警察大学校で3ヶ月の研修をうけ、大都市圏での9ヶ月見習い勤務。それから警察大学校に戻って1ヶ月の研修をすると警部になります。
 警部になると、警察庁で2年間の見習い勤務をし、その後警察大学校で1ヶ月の研修を受けると警視になります。
 警視になると都道府県の警察本部に課長待遇で行きます。このと...続きを読む

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む

Q科学警察研究所に入るにはどうすればいいですか?

科学警察研究所で、仕事をしたいんですが調べてもなかなか情報が集まりません。どの大学のどの学部に入ればなることができるんでしょう。また、重点的にやらなければいけない教科があれば教えてください。
それと、私は身長が145しかありません。科学警察研究所に入るには、身長制限や視力とかは大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに「科学警察研究所」の採用の情報があります。
http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html
ここに入るには、人事院実施の国家公務員採用I種試験に合格した者であることが必要で、その中から、希望者は研究所等を訪問し見学したりして、当研究所及び警察庁において面接試験を行い、最終的な合格者を決定する用です。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo01.htm#ukerarenai
http://www.jinji.go.jp/saiyo/shiken01.htm

H22年度の採用予定は4名ですね。採用枠はそんなに多くありませんのでI種試験に上位合格する必要がありますね。
採用予定研究室を見ると、
I種試験の試験区分では、理工I(一般工学系),理工IV(化学・生物・薬学系)で募集しているようですから、これに該当する学部学科(工学部、理学部生物系学科、薬学部)の出身者であることが必要ということですね。
かつ、国家公務員採用I種、理工Iまたは理工IVでいい成績で合格することが必要ですね。
(II種、III種試験合格者からの採用予定はなしですね。)

なかなか難関ですが、何事もひたすら努力すれば、道が開けてきます。
>身長制限や視力とかは大丈夫なのでしょうか?
大丈夫だと思いますね。

採用試験に合格するには本来の勉強のほかに、何か資格(たとえばX線検査技師とか)を持っていたり、採用先に知り合いがいて内部推選をして貰えたりすると有利なようです(実際に面接を受けた人が、そういったことを聞かれたそうです。)。

参考URL:http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html

参考URLに「科学警察研究所」の採用の情報があります。
http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html
ここに入るには、人事院実施の国家公務員採用I種試験に合格した者であることが必要で、その中から、希望者は研究所等を訪問し見学したりして、当研究所及び警察庁において面接試験を行い、最終的な合格者を決定する用です。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo01.htm#ukerarenai
http://www.jinji.go.jp/saiyo/shiken01.htm

H22年度の採用予定は4名ですね。採用枠はそんなに多くありませんのでI種試験...続きを読む

Q警察官 試験について

はじめまして、以前何度か質問させていただいた者です。その節は多くの方に回答していただき助かりました。本当にありがとうございます。
今回の質問内容なのですが、タイトルにありますように警察官になるための試験についてです。私は今大学3年生で春から4年生になります。大学に入ったころから、将来は国家公務員試験2種を受けて警察官になろうと考えており、習慣的に勉強を進めていました。といっても土壇場で学力面に困ることのないように若干緩くではあるのですが。そこで大変情けない話ではありますが、試験の申込方法など事務的な手続き等についておろそかにしてきてしまったのです。警察官になるのだから、この程度は自分で調べようとネットや今年度の警察官試験の本などを買って目を通しました。それでもよくわからないことがあり、こちらでアドバイスをいただきたく投稿させていただきました。
まず、国家公務員試験2種はなくなり、国家公務員一般職という名前に変わったんですよね?
つまり一次試験が平成24年度の6月17日、2次試験が7月18~8月6日にあるこの試験を受ければ警察官の採用候補者名簿に載るということなのでしょうか?
どうも自分がどの試験を申し込んだらいいかわからない状況にあるのです。警察官になるための試験は複数あるのでしょうか?
以上が質問内容です。できれば専門家の方に回答いただきたいです。
中傷などの書き込みは遠慮していただければ幸いです。

はじめまして、以前何度か質問させていただいた者です。その節は多くの方に回答していただき助かりました。本当にありがとうございます。
今回の質問内容なのですが、タイトルにありますように警察官になるための試験についてです。私は今大学3年生で春から4年生になります。大学に入ったころから、将来は国家公務員試験2種を受けて警察官になろうと考えており、習慣的に勉強を進めていました。といっても土壇場で学力面に困ることのないように若干緩くではあるのですが。そこで大変情けない話ではありますが、...続きを読む

Aベストアンサー

警察官になるための試験は、沢山あります。

キャリア、準キャリア、ノンキャリ枠等があります。

キャリア、準キャリアは、採用人数が極わずかです。

一方、ノンキャリアの採用枠は、かなり広いように感じます。そもそも、警察官の約90%は、巡査、巡査長、巡査部長、警部補であると言われています。(参考:「警察官という生き方」:洋泉社MOOK)
その上は、「警部→警視→警視正→警視長→警視監→警視総監→警察庁長官(階級ではない)」
という順に昇格してゆきます。

警部は、全体の約5%、警視は、2,5%、警視正、警視長、警視総監は、3%であり、ほとんどの警察官が、ノンキャリア枠で、採用された警察官であることがわかります。

警視庁の採用にいたっては、採用人数が、他の県警よりも、多く、採用試験も、回数が多いのが特徴です。

他には、事務職員、技師職員、科捜研、皇居警察、等があります。

警察関係の仕事は、どの試験の枠で入るかによって、今後の給料や、出世事情が、変わってきますので、細心の注意が必要です。

例えば、「警察官」と「事務職員、技師職員」は、全く異なる職種です。

例えば「警察官」は、危険が伴う故、給料が高く設定されているのに対し、「事務所員、技師職員」は、いわゆる「裏方」として、「警察官」をサポートしていくのがメインです。
現場で、被疑者をとらえたりする危険が少ない分、警察官よりは、若干、給料が少なめです。
採用時には、警察学校にそれぞれ配属されるので、「同じなの?」と、誤解を招くことが多いですが、習うことや、通う警察学校が、異なっていたりと、今後は、大きく異なる道を歩んで行きます。

また、有名な例だと、「キャリア」、「ノンキャリア」のどちらで採用されるかによって、出世事情が、大きく異なってくるのは、代表格だと思います。

ノンキャリアは、巡査から、地方公務員として採用されるのに対し、キャリア、準キャリアは、警部補、巡査部長で、スタートを切ります。

警察官は、出世事情が、ドラマ等で、頻繁に「ネタ」として、描かれているが故に、「キャリア」「ノンキャリア」の入口で入ることばかりに、注意がむいてしまい、入ったあとのことは、軽視されがちです。

たとえば、ノンキャリアの警察官として、採用された事例で、考えてみましょう。

警察官として、採用されたのち、自分の実力が評価される制度が沢山あります。

例えば、警察学校の成績が、あります。

警察学校時代の成績は、警察官として勤務していく上で、一生記録として残るもので、今後の配属や、出世に関わる物といっても過言ではありません。

また、「昇任試験」が、あります。

「昇任試験」は、刑事訴訟法や、刑法がメインとなる、警察実務、法律全般に至る範囲の広い試験です。

私は、大学で、法学部の学生ということもあり、刑事訴訟法、刑法当勉強していました。

その際、警察官の昇任試験に興味を持ち、実際に問題を解いてみたことがありますが、決してむつかしくないのが印象です。

大きな本屋さんに行けば(ex、東京の丸善)「昇任試験対策参考書、問題集」が、販売されています。

ノンキャリアの昇任試験は、倍率が高く、噂では、100倍ほどとも、言われています。

一方で、昇任試験に毎回、一発でクリアし、承認していくノンキャリア枠の警察官がいるのも事実なのです。

ちなみに、ノンキャリア枠で採用されても、順調に試験に受かってゆけば、30前半で、「警部」まで昇任できる計算になります。

私の先輩に、意図的に、ノンキャリア枠で採用を狙い、学生時代から、昇任試験を勉強することで、「警部」順調に出世していったという方もいます。

最後に、「研修制度」があります。
警察官は、「研修」が、非常に豊かであることが有名です。その研修の際、成績が、よければ「表彰」されるそうです。

以上のことより、仮に、ノンキャリアの枠で採用されても、実力があればいくらでも警察の中で道が開けていくことがわかります。

もちろん、科捜研、技師、キャリア組等、狭き門をパスすることが出来るのがベストです。

しかし、もし、本当に「警察官に関わる仕事」が、したいのであれば、ノンキャリアを滑り止めにすることで、立体的な戦略を立てて就職に望む事をおすすめします。

最後に、警察は、仕事の特徴上、仕事内容が不明であったり、閉鎖的な印象を受けるかもしれませんが、公務員ですので、公開できる情報はキチンと公にされています。

キチンと、調べた上で望めば、警察の特徴とも言える実力主義が、報われやすいでしょうが、一方で、自分に合ってないと、悲惨な末路を歩みやすいのも警察の特徴に違いありません。

警察官は自殺が多いというのも、あまり知られていませんが、事実です。

警察をもっと詳しく知るために、参考になると思われる物を、以下記します。

「警察白書」・・・警察の取り組み、現状、抱えている問題がわかる。

「犯罪白書」・・・どのような犯罪が、多発しているのかがわかる。

「警察の進路~21世紀の警察を考える~」・・・現在の警察の取り組みや、動向、課題が詳しく載っている。警察の今後を詳しく考えたいのであればかなりオススメな一冊。

「警察実務六法」・・警察官の職務にまつわる法律が、細かく記載されている。これに目を通すことができれば完璧。刑法、刑事訴訟法、警察法等・・

おすすめの法律

○刑事訴訟法→警察の実務に最も近いと思われる法律。逮捕から、裁判までの被疑者の流れが理解できる。
刑事訴訟法を理解しておけば、警察の職務が、よりイメージしやすくなることは間違いない。

○警察法→警察にまつわる様々な、規定が記されている。制服、組織、人数・・・。読みにくいが、警察を支えるルールが、記載されいている。

○その他
東京法令出版の本多数。
漫画形式のものもあり、理解しやすく構成されている。

○警察を目指す上での私のイチオシ!
「刑事捜査バイブル」・・もっとも詳しく警察内部の事が、記載されていると、個人的に感じる。刑事訴訟法、刑法、警察法、「刑事捜査バイブル」をおさえれば、警察にまつわる疑問は大抵解消出来ると思う。

(アマゾンURL) http://www.amazon.co.jp/%E5%88%91%E4%BA%8B%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB-%E7%9B%B8%E6%A5%BD-%E7%B7%8F%E4%B8%80/dp/4575303682/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1329441184&sr=8-1

警察官になるための試験は、沢山あります。

キャリア、準キャリア、ノンキャリ枠等があります。

キャリア、準キャリアは、採用人数が極わずかです。

一方、ノンキャリアの採用枠は、かなり広いように感じます。そもそも、警察官の約90%は、巡査、巡査長、巡査部長、警部補であると言われています。(参考:「警察官という生き方」:洋泉社MOOK)
その上は、「警部→警視→警視正→警視長→警視監→警視総監→警察庁長官(階級ではない)」
という順に昇格してゆきます。

警部は、全体の約5%、警視は、2,5%、警...続きを読む


人気Q&Aランキング