共有結合をしているものは強い酸性を示すと授業で習いました。
イオン結合性を持つことと関係するらしいのですが、教科書や参考書には書かれていないことで、なぜなのか理解できません。
もともと化学が苦手で、酸について、酸の強さ・弱さを知る基準もわかりません。
わかりやすい説明をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 強酸の物質の例の塩化水素、硫酸、硝酸はすべて共有結合の物質です。


 一方、強塩基の例の水酸化ナトリウム、水酸化カリウムなどはすべて、すべてイオン結合の物質です。
 chiekoさんの先生はこの意味で言われたのだと思います。ただし、共有結合をしているものは強い酸性を示すとは限りません。というより、強酸性の物質は限られています。大部分はそうではないのです。
 つまり、強酸性の物質はたいてい(高校で習う範囲では)は、共有結合ですよ。というように考えてください。
 酸・塩基の強弱は、一応水に溶けた場合を考えますと、電離度の多きいものほど強いとこになっています。電離度とは、とかした物質がイオンになる割合をいいます。酸は水素イオン濃度でphが決まりますから、
 例えば、0.1mol/lの塩酸溶液では電離度は1としますとph=-log[H+]=1となり、強酸となります。
 0.1mol/lの酢酸溶液では電離度はかなり小さく(1よりかなり小:データが手元にありません)のでphは約4となり、弱酸となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の先生もそういうことを言われたかったんだと思います。
わかりやすい説明で助かりました。
ずっと引っかかっていたことがわかってすっきりしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/15 19:27

dragon-2 先生の充分な回答がありますが,酸の強さ・弱さとイオン結合性を持つ事との関係について簡単な補足を。



chieko さんは高校生でしょうか。そうすると,酸とは「水素イオン(H+)」を出すものと習っているのではないでしょうか。したがって,「酸の強さ・弱さを知る基準」は「水素イオン(H+)」を出しやすいかどうか,という事になります。つまり,「水素イオン(H+)」を出しやすいものが強い酸性を示し,出しにくいものは弱い酸性しか示しません。

ここで,dragon-2 先生が書かれている様に,電離度(溶かした物質がイオンになる割合)の多きいものほど「水素イオン(H+)」を出しやすいため,強い酸になります。

イオン結合性を持つ事はここで関係してきます。塩化水素(HCl)のように,「イオン性」の度合いの大きい分子は,共有結合でありながら,H+(水素イオン)と Cl- からなるイオン結合の様な性質を持っています。つまり,もともと「水素イオン(H+)」を持っている様な状態です。したがって,水に溶けると容易に「水素イオン(H+)」を出し,強い酸性を示します。硫酸や硝酸も同じです。

ところが,酢酸 (CH3COOH) 等の有機酸はイオン結合性が少ないです。そのため「水素イオン(H+)」を出し難く弱い酸です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は専門学校生なのですが、高校の時に化学をとっていなかったため、
基本も理解できていないんです。
rei00さんの回答はとってもわかりやすかったです。
わかりやすい説明をありがとうございました。

お礼日時:2001/01/15 19:31

 MiJunさんの質問ですが、イオン結合はその分子が存在しません。

ですから、例えば塩化ナトリウム=NaClという化学式の意味は「Na+」:ナトリウムイオンと「Cl-」:塩化物イオンが1:1の割合で存在している化合物であり、このような化学式を組成式と言います。つまり「NaCl」なる分子は存在しません。これは、イオンが生じるとき、Na原子から電子1個がCl原子に完全に渡されたため、と説明します。
 ところが、塩化水素はその分子が「HCl」として存在します。「HCl」は分子式です。もちろん、電気陰性度の関係で、共有電子対が極端にCl原子に引き寄せられているため、分子中に部分的な「+」と「-」の電荷の偏りが生じます。このような分子を「極性分子」といいます。この意味で、塩化水素は「イオン性」の度合いの大きい「共有結合」となります。
 なお、塩化水素は普通、気体で水によく溶け、その溶液を「塩酸」といいます。
    • good
    • 0

化学を少しかじったものですが、dragon-2先生の回答で、「塩化水素」の説明のところが気になります。


これも共有結合で説明するのでしょうか?
電気陰性度を考慮すれば・・・・???

補足お願いします。
    • good
    • 0

myeyesonlyさんの回答のように、質問の意味が理解しかねますね?


この授業は有機化学(?)の授業で、どのあたりの説明の時に出てきたのでしょうか?
有機酸(カルボン酸)等のところでしょうか?
分子内での分極?
それとも化学結合論?

補足お願いします。

この回答への補足

質問が悪くてすみませんでした。私も聞いたことを勘違いして覚えてしまったのかもしれません。
酸を示すものは共有結合しているのでしょうか?例えば、HClは強い酸で、CH3COOHは弱い酸だと記憶しているのですが、なぜHClは強い酸を示すのかをイオン結合性に関連させて説明することはできるのでしょうか?

補足日時:2001/01/15 08:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も勘違いしていたみたいですね。
質問する内容もちゃんと理解できていなかったのに、
回答してくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/01/15 19:24

それは何か変な気がするんですけど・・・。



共有結合してるってだけなら、水素分子や酸素分子だってそうですよね?
二酸化炭素は水に溶けると炭酸となって酸性だけど、アンモニアはアルカリ性になります。

まあ、酸塩基というのは、水に溶けてどうかという話だけじゃないんですけど・・・

何か聞き違えられた可能性が高いような・・・

ちょっとレスになってませんけど・・・m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が聞き間違えてたみたいです。
おかしな質問だったと思うのに、回答してくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/01/15 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1M水酸化ナトリウム溶液

学生実験で、1M水酸化ナトリウムの調整という文章を読みました。
実際にはその操作はおこなっていないのですが、気になることがあります。文章は以下の通りです。

「水酸化ナトリウム165gを、二酸化炭素を含まない150mLに溶かし、大気と接しないようにして、数日放置する。炭酸ナトリウムは溶けずに沈殿する。その上澄液を54mLを、二酸化炭素を含まない水に加えて1Lとする」というものです。

上澄液は水酸化ナトリウムの飽和水溶液になっていると考えると、上澄みの水酸化ナトリウムが27.3Mとなり、最終的な水酸化ナトリウム1.5Mとなります。なにか計算を間違えているのでしょうか?

潮解性があることや、水酸化ナトリウム水溶液が空気中の二酸化炭素を吸収することはわかったのですが、ここまで濃度がずれるとは考えられません。

アドバイスお願いしますm(..)m

Aベストアンサー

要するに、「水酸化ナトリウム165gを、二酸化炭素を含まない150mLに溶かし」ても、150mLにはならないということです。
実際にどれだけの体積になるかやってみなければ(あるいは調べなければ)わかりませんので、そういったデータがない限りは、その方法の妥当性はわかりません。
少なくとも、操作に関する記述から、その濃度が計算できるような方法ではありません。

おそらく、実際にそうすれば1M溶液が出来るということなんでしょうが、化学的な考え方としては釈然としませんね。いずれにせよ、精確に1.00Mの溶液が出来るはずがありませんので、滴定などによって濃度を決定する必要があるでしょう。深く考えるだけ無駄なような気もします。

Q酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

マンノースにカルボキシル基を持たせたいのです。

Aベストアンサー

結論から言いますと、できると思いますが

・マンノースの5つある水酸基のうち、どの部分に結合させるか
・アミノ酸のどの部分と結合させるか
(N-グリコシル化?それとも片方のCOOHとラクトンを形成?)

この2点を制御して、1種類の生成物を得るのは難しいと思います。

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む

Qオキソ酸も酸性度の強さについて

僕の持っている問題集の解答の一角に、、、
オキソ酸の一般式『X(O)m(OH)n』において次のことが言える、と書いてありました。
(1)mの数が多いほど強酸
(2)中心原子Xの電気陰性度が強いほど強酸

資料集とかをあたったのですが両方ともまったく理由がわかりません、わかる方いませんか?

Aベストアンサー

すみません!!
質問をきちんと読んでいませんでした。
当たり前すぎる回答をしてしまい申し訳ありません。

共鳴安定化について
HClOの場合→ Cl-OH という結合になっています。
水素イオンがはずれた形を考えてると Cl-O- です。
HClO2の場合→ O=Cl-OHという結合で、水素イオンがはずれた形はO=Cl-O- です。
亜塩素酸イオンの負の電荷は左の酸素といったりきたり することができ、これが共鳴安定化です。
つまり、
-O-Cl=O ⇔ O=Cl-O-
これが更に酸素がふえて塩素酸になると、いったりきたりすることができる酸素が増えるということになり、より安定化されます。
共鳴安定化によって、酸性が強くなるのは、
物質は安定な状態にあろうとします。
ある酸HAがあると仮定。
水素イオンがはずれて生成するイオンA-が不安定であれば、水素イオンが結合してHAの状態に戻ります。
逆に水素イオンがはずれて生成するイオンA-が安定であれば、安定なA-の状態のままでいて、水素イオンははずれたままです。
酸性が強いというのは、水素イオン濃度が高いということです。
水素イオンがはずれて生成するイオンが安定であれば、水素イオンははずれたままなので、水素イオン濃度は高くなります。
したがって、安定化されると酸性が強くなります

すみません!!
質問をきちんと読んでいませんでした。
当たり前すぎる回答をしてしまい申し訳ありません。

共鳴安定化について
HClOの場合→ Cl-OH という結合になっています。
水素イオンがはずれた形を考えてると Cl-O- です。
HClO2の場合→ O=Cl-OHという結合で、水素イオンがはずれた形はO=Cl-O- です。
亜塩素酸イオンの負の電荷は左の酸素といったりきたり することができ、これが共鳴安定化です。
つまり、
-O-Cl=O ⇔ O=Cl-O-
これが更に酸素がふえて塩素酸になると、いったりきた...続きを読む

Q食酢と水酸化ナトリウムの中和滴定について

食酢10mlに蒸留水30mlを加えたものを、水酸化ナトリウム(0.1mol/L)で中和滴定すると、中和するのに必要な水酸化ナトリウムは7.5mlだった。
1)うすめた食酢のモル濃度
2)もとの食酢のモル濃度
3)食酢の質量パーセント濃度(食酢の密度は1g/cm^3)
を求めるのですが、1)の解き方がわかりません;
あと、食酢は10ml→40mlになったので
4倍に薄まったのでしょうか?
教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この中和滴定で起きているのは下記の反応です。
CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O
ここから判ることは、酢酸と水酸化ナトリウムが1:1(モル比)で反応するということです。

0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液7.5mLに含まれる水酸化ナトリウムの量(モル数)はどれだけでしょう?

上記から、酢酸と水酸化ナトリウムのモル数は同じです。これだけの酢酸が(1)の場合は40ml中、(2)の場合は10ml中に含まれているので、それぞれのモル濃度はどれだけでしょう?

上記から、モル数が判ったので酢酸の質量もわかるはずです。それが10ml(密度が1g/cm3なので10g)中に含まれているので質量%濃度も出ますよね?

Q[サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸] 酸としての強さの比較

サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸の、酸としての強さが、
サリチル酸>アセチルサリチル酸>安息香酸となるのはなぜでしょうか。

サリチル酸は安息香酸と比べて、フェノール性ヒドロキシル基がついているので、安息香酸より酸性が強くなりそう、また、アセチルサリチル酸はサリチル酸のフェノール性ヒドロキシル基がアセチル化されているので、サリチル酸よりは酸性が弱くなりそう、
と何となく思うのですが、正確なところが良くわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合になっています。また、このとき、ベンゼン環自体はシクロヘキサジエン構造になっています。
大雑把な議論ではありますが、一般に共鳴形が数多く書けるほど安定ということになりますので、アセチルサリチル酸の解離した形の方が、対応する安息香酸のものよりも安定と言うことになり、その分だけアセチルサリチル酸の方が強い酸性を示します。

*アセトキシ基とベンゼン環の結合
=O^+ーC(=O)CH3  (Oに+の形式電荷)
*COO^-とベンゼン環の結合
=C(O^-)2

これでもまだ難しいでしょうか。確かに少々難しい話もあり、共鳴安定化、あるいは共鳴効果などがわかっていなければ、アセチルサリチル酸の話は理解できないと思います。
もしわからないようでしたら、教科書の共鳴に関連する部分を勉強してみて下さい。

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合...続きを読む

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Q水酸化ナトリウムについて

水酸化ナトリウムを使い、食酢内の酢酸の濃度を滴定法で調べる実験をしました。しかしその前にシュウ酸を用いて、水酸化ナトリウムで滴定を行いました。なぜ、シュウ酸と水酸化ナトリウムで滴定する必要があるのですか?教えてください。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムに潮解性があるのはご存知ですよね。では正確に水酸化ナトリウムの重量が測れるでしょうか?それで正確な濃度の液が作れますか?
それに空気中には二酸化炭素が存在しています。しばらく空気中にさらした二酸化炭素はどうなりますか?

それが答えです

Q酸性アミノ酸と塩基性アミノ酸のCOOH/NH2の解離について

初歩的な質問で申し訳ないんですが、酸性アミノ酸において、側鎖のカルボキシル基とα炭素につくカルボキシル基では、どちらが先にイオン化するのでしょうか?

また、同様に、塩基性アミノ酸の側鎖のアミノ基とα炭素につくアミノ基ではどちらが先にイオン化するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

R-COOH ⇔ R-COO^- + H^+

基本的にはα-位の-COOHが最も解離しやすく、離れる程し難くなります。


R-NH2 + H^+ ⇔ R-NH3^+

「イオン化し易い順」つまり塩基としての強い順ですね。

基本的に-NH2はα位から離れる程、塩基として強くなります。


人気Q&Aランキング