ピアスをあけて6年目になります。
最初の1年ぐらいは普通のバックピンのついたピアスをしていたんですが、2年目~つい最近まで、輪っかのピアスをしていました。
そのせいか、久しぶりにバックピンのついたピアスをしたら膿んでしまって・・・。
なぜなんでしょうか?やっぱり病院に行った方がいいんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。

私もピアスを2年まえぐらいに耳の真ん中というか耳の横(でっぱり
のところ)にあけたのですが、2日位は調子が良かったのですがそれからはもう大変でした。耳の下、首にかけてリンパ腺がはれて、熱も出で、耳ももちろんはれあがって、病院にいったら軟骨にキズが入っていると言われそこから菌が入ってこうなったんだろう。といわれて、その時、耳はもうあまり形がありませんでした。それで
即入院させれれ、最悪、手術するとも言われました。が、なんとか手術はありませんでしたが入院中は痛い思いもし、ずっと腕に点滴のやわらかい針が刺さったまま2週間過ごしました。自分でもまさかピアスごときで!なんて思っていましたが、あなどれません。
ピアスの恐ろしさを知らされました。なので、なるべく病院へいってきちんと
診てもらった方が今後のためにもいいと思いますよ。
    • good
    • 0

ピアスを穴に通す時に、傷でもつけたのでしょうか?


そこが化膿してしまったかもしれませんね。
それと、そのピアスはちゃんと消毒してましたか?

他に考えられるのは金属アレルギーです。
長年ピアスをつけていても突然発症するそうです。指は大丈夫でも耳たぶだけダメな人もいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
でも消毒はちゃんとしてたし・・・。それと、片耳に3つあいてるんですが、1つだけが膿んで、あとの2つは大丈夫なんですよ・・・。
だからもしかしたら傷ついちゃったのかもしれないですね。
的確なアドバイスありがとうございます!!!

お礼日時:2001/01/16 16:16

> 久しぶりにバックピンのついたピアスをしたら膿んでしまって・・・。



そのピアスは昔していた物ですか?
ともかく、金属アレルギーが発症してかぶれたのが元で化膿とかだったら
アレルギーも調べてみないといけない事ですし、ともかく病院に行ってみ
た方が無難だと思うのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔していた分も最近買った分も駄目でした・・・。
どうですね、やっぱり病院に行くのが無難なんでしょうね。
ありがとうございます!!

お礼日時:2001/01/16 16:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親知らず抜歯後の違和感・・抜歯のせいOR医療ミスのせい?

親知らず抜歯後の違和感・・抜歯のせいOR医療ミスのせい?

2月末に左下の親知らずを抜歯しました。
しかし抜歯する際に使用した道具の先端が折れてしまい、歯茎に埋まってしまいました。(医療ミス)
親知らず自体は綺麗に取れました。
埋まってる道具の先端を除去しようとしたのですが余計に悪化しました(2度したのですが余計に深くいってしまいました)
今現在、道具の先端は神経の近く(顎あたりの神経)にあるそうなので無理に取ろうとすると、神経の近くにあるため神経にダメージを与えるので後遺症(麻酔のような感覚)が残るといわれました;
また、埋まっている道具を取るのならば顎の骨を削るOR奥歯を抜かなくてはいけないらしいです;

今は炎症や腫れなども無いので道具の除去はしないで放置モードです;(手術する方が色々とデメリットが多いと言われて)
しかし、今だに左の方で食べ物を噛んでいると・・軽い痛みを感じます><;
食べるのが苦痛な程の痛みではありませんがとても違和感を感じます;
抜歯後しばらくは違和感が続くと聞いたのですが・・これは抜歯からくる痛みなのか、道具の先端が残っているから痛いのか・・これはどちらからくる痛みなのでしょうか?
また、抜歯する際に使う道具の先端が折れることは多いのでしょうか?
また、親知らず・道具の除去(2回)の際に何度も麻酔をしたのですが・・麻酔にもデメリットのようなものはありますか?(副作用のようなもの)

親知らず抜歯後の違和感・・抜歯のせいOR医療ミスのせい?

2月末に左下の親知らずを抜歯しました。
しかし抜歯する際に使用した道具の先端が折れてしまい、歯茎に埋まってしまいました。(医療ミス)
親知らず自体は綺麗に取れました。
埋まってる道具の先端を除去しようとしたのですが余計に悪化しました(2度したのですが余計に深くいってしまいました)
今現在、道具の先端は神経の近く(顎あたりの神経)にあるそうなので無理に取ろうとすると、神経の近くにあるため神経にダメージを与えるので後遺症(麻酔の...続きを読む

Aベストアンサー

どちらとも断言は出来ませんが、おそらく抜歯からの違和感ではないかと。
もしその器具が神経を刺激しているのなら、違和感どころか「痛ーーーーーーっ!!」ってなると思います。

あと、抜歯をする時の、どの器具が折れたのでしょうか?
抜歯の処置は何度か見てきましたが、折れて奥まで入り込むような器具に心当たりがないのですが。
もしかしたら、麻酔の針でしょうか?

あと、麻酔はこの場合は特に関係ないと思います。
打ちすぎて局所麻酔中毒になる事はありますが、貴方の症状には当てはまりません。

Q膿栓がもう嫌です。

膿栓がもう嫌です。

23歳の女なのですが、ここ2,3ヶ月で膿栓ができる頻度が増えました。
でき始めたばかりの頃は小さめで綿棒で押すと楽にとれたのですが、最近は大きすぎて
全くとれず、やりすぎて喉を痛めてしまいます。しかし口臭が気になって取れなくても
何度もチャレンジしちゃうんです・・・。

前月は膿栓による喉の痛みで唾さえも飲み込めなく、熱もでてきて耳鼻咽喉科にいって
除去してもらいうがい薬をもらったら良くなりました。その時にお医者様に原因を
聞くと「疲れてない?」と言われました。確かにその頃は色々と忙しくて体が疲れてたのかもしれません。
それから暫くして先週あたりからまた喉に違和感を感じ見てみたら、またまたでっかい膿栓が右に、左にちっさいのがいくつか。また気になって自分で取ろうとしているのですが中々取れません。今回は疲れとかは全くないし、しいて言うなら恋愛で悩んでるくらいです笑。ストレスが原因なんでしょうか?しかしとにかくできないようにしたいんです!
もう膿栓ができるのが嫌で物を食べるのが嫌になってきました・・・。

Aベストアンサー

具体的な解決策ではないですが、
膿栓は気になりますよね。
そこで綿棒ではなく耳かき棒を使ってみてはいかがですか?
昔は私も風邪とか引いたら気になったので耳かき棒で取り出していました。綿棒よりも取れると思います。

ちなみに持病により扁桃腺摘出手術をやってからは
膿栓はでなくなりました。

Qダイエットを始めようと思っています。社会人4年目で気が付けば入社時から

ダイエットを始めようと思っています。社会人4年目で気が付けば入社時から20キロも太っていました。何かおすすめのダイエット方法ありますか?

Aベストアンサー

消費カロリー>摂取カロリーの関係になっていれば太ると言う事とはありません、ですので食事の見直しが必要になりますが、健康的に痩せ尚且つ身体を引き締めて太りづらい身体にする必要がありますので継続的な運動(トレーニング)が必要になります。

生活強度が低い場合は上げて、トレーニング経験がなかったり、普段運動をされてない場合は継続的に運動を行う必要があります、運動としてはジョギングやウォーキング等の有酸素系(脂肪燃焼)と自重の筋トレで良いですから筋トレ(身体の引き締め)を行う必要があります。

Q膿の治療

いつもお世話になっております。
15年前程に差し歯にした所の根に膿をもち痛みがあったので、先週歯医者に行きました。
すぐに麻酔をして歯を削り膿を出そうとしたのですが、全くでず、今日も行ってきました。やはり膿はでませんでした。
今日は麻酔もせず、治療中も痛かったです。
今後、どうなるのか不安です。
こういう場合は麻酔はしないのでしょうか?私としては麻酔をして欲しいのですが・・言い出せないような先生で・・・。
やはり、根の治療とはこういう感じなのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>15年前程に差し歯にした所…
と言う事は、既に神経は取っていると考えて良いですか?

神経を取った歯で、しかも膿を持っているとすれば、麻酔をする方が変です。というか痛みを感じる神経がないのですから、麻酔をする必要がありません。
触れるだけで痛む場合は、直接ではなく周辺に麻酔をして削る際の痛みを感じないようにする場合がありますが、基本的に神経の無い歯に麻酔はしません。

また、神経が生きているかどうか分らない場合は、電気診や温度診で生死を判断してから削るので、この場合も麻酔をする必要はありません。

逆に膿が作られている場所に麻酔をすれば、その圧力で麻酔しているにも係わらず痛みが増したり、膿を作る細菌を骨の中に押し込んだりする危険性が高まりますし、針によって出来た傷口に感染を起こしているようなものです。
 また、根治では歯の中の神経の無い部分だけを治療します。歯の周囲は神経は生きています。
麻酔をして治療をすると、器具の位置が把握できずに、周囲の健康な部分を傷つけてしまい、術後に痛みが出る危険性が高まります。
実際には長さを測って治療しますが、それでも危険性はあります。
 これが原因で細菌が歯の周囲の組織内に入ってしまったら、その治療には長い時間が必要となります。

>15年前程に差し歯にした所…
と言う事は、既に神経は取っていると考えて良いですか?

神経を取った歯で、しかも膿を持っているとすれば、麻酔をする方が変です。というか痛みを感じる神経がないのですから、麻酔をする必要がありません。
触れるだけで痛む場合は、直接ではなく周辺に麻酔をして削る際の痛みを感じないようにする場合がありますが、基本的に神経の無い歯に麻酔はしません。

また、神経が生きているかどうか分らない場合は、電気診や温度診で生死を判断してから削るので、この場合も麻酔を...続きを読む

Q膿栓の作られる量と頻度が急増

右奥の扁桃に、数か月前から膿栓と思われる白い粒が見え隠れしています。
ほおっておきましたが、ライトで照らしながら綿棒でつついたらぽろりと取れたので、以後気になるときはそうして取るようになりました。

1,2週間おきに3、4回とりつづけるうちに、段々できる膿栓のサイズがでかくなってきました。以前はほんの1.5ミリぐらいのものが1つ程度だったのが、今ではその5倍くらいの量になり、口をあけて鏡で見てもすぐわかるし、舌の右奥にもガサガサしたものが触れる感触があります。

しばらく前に耳鼻咽喉科にいったら、のどが弱い人は慢性的な扁桃炎となることがある、あなたの場合も溶連菌などに慢性的に感染していないか見てみましょうといわれ検査にまわされました(結果はまだ聞きに行っていません)。ただ、膿栓は「これはこういうものだから」と取っていただけず、うがい薬をいただいただけでした。

うがい薬でうがいしても、全く取れません。(目に見えないレベルで喉によいことをしているのは分かりますが・・・)

このまま慢性的に膿栓を飼い続けることになるのか、あるいは減らしていく方法があるのか・・?つつけばつつくほど増えそうでそれも嫌ですが取らずにはいられません。

どうしたらよいでしょうか。

右奥の扁桃に、数か月前から膿栓と思われる白い粒が見え隠れしています。
ほおっておきましたが、ライトで照らしながら綿棒でつついたらぽろりと取れたので、以後気になるときはそうして取るようになりました。

1,2週間おきに3、4回とりつづけるうちに、段々できる膿栓のサイズがでかくなってきました。以前はほんの1.5ミリぐらいのものが1つ程度だったのが、今ではその5倍くらいの量になり、口をあけて鏡で見てもすぐわかるし、舌の右奥にもガサガサしたものが触れる感触があります。

しばらく...続きを読む

Aベストアンサー

あんまり気にしないほうが良いですよ。
取れるときはぽっこり取れますし。

ただ、続けてとれたり、サイズがでかくなってきてるということは
今まで取れたのは氷山の一角で
部分的に壊れたものが出てきているだけで、本体はまだ潜んでいて
あるときさらに大きいのがぼっこり出てくるかもしれません。

あんまりつつきすぎると粘膜を傷つけて、さらに別の炎症を引き起こすと思いますよ。
うがいをしたり、横になってるときに喉がイガイガしたら喉を絞ってみると
ひょっこり取れると思います。

あ、私だけでしょうか、ジャガイモみたいなザラザラしたものを
多めに飲み込むと取れることがあります(一緒に胃袋へ…)

また、風呂場でシャワーを強めにして喉に当てると取れることもあるみたいです。

気になるでしょうがきっとそのうち取れますよ。
あと、膿栓ができるときってちょっと体調悪かった後とか
疲れてたりしませんか?
ゆったり身体を休めてくださいねー。
空気が乾燥してくるとさらにできやすいので
お部屋の湿度とかも気をつけてみてください。

そういえば、つい先日今まで膿栓が出たことのないほうの喉
歯磨き中に手を滑らせて歯茎と喉の間辺りを突いてしまったら
かなりの大物が出てきました。
今まで姿を見せたことがないだけで、潜んでたんですねぇ…。
(これは偶然の産物で方法としてはやめてくださいね)

大きいものが取れた後はクレーターみたいになって
それはそれで気になります。
無理せず自然に取れる分だけでも取っていってはどうでしょうか。

あんまり気にしないほうが良いですよ。
取れるときはぽっこり取れますし。

ただ、続けてとれたり、サイズがでかくなってきてるということは
今まで取れたのは氷山の一角で
部分的に壊れたものが出てきているだけで、本体はまだ潜んでいて
あるときさらに大きいのがぼっこり出てくるかもしれません。

あんまりつつきすぎると粘膜を傷つけて、さらに別の炎症を引き起こすと思いますよ。
うがいをしたり、横になってるときに喉がイガイガしたら喉を絞ってみると
ひょっこり取れると思います。

あ、私...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報