システムメンテナンスのお知らせ

古いバイクが好きでGS750Gを入手しました。ところが売り主も言っていましたがなぜか回転が上がりません。ニュートラルで6000回転ぐらいでぴたりと止まってしまい、スロットルをあけても上がりません。走行中はどのギアでも4000でぴたりと止まってしまいます。力がない感じです。もう一台の750Gはレッドゾーンまで軽く回ります。ガソリンは供給されています。プラグは4番は乾き、123番はかぶっています。ガソリン供給やマフラーを疑いましたがよくわかりません。やはりキャブレターの調整不足でしょうか。どのような原因が考えられるでしょうか。勉強のためにも自分で何とかやってみたいのですが、どうかご教授ください。

gooドクター

A 回答 (12件中1~10件)

<空ぶかしのとき(又は走行時)の異音と振動はどうでしたか?→特にありません。



<マフラーから出る煙はどうだったでしょう?→特に白いとか煙が出る等の異常はなかったです。

と、言うことであればオイル上がりや下がりは無いかほとんど無い物と思います。

<キャブの入り口側の下部に1キャブに2個ずつ空気の取り入れ口らしき穴が開いていまして、2つの入り口の片方にはジェットがついています。(何ジェットなのかは??)それがひとつ欠損していました。(OHの証拠と思います。)予備のジャンクキャブから移植しました。が状況は改善されません。

これについては見ないと良く解らないのですが、入り口下部と言うのは外から見える物でインシュレーター(インレットマニホールド)に付いているのですか、あるいはクリーナー側・・・?

もし外から見える物でインシュレーター当たりだと、バキュームゲージを付けたりして負圧を見る物かも(使わないときは目蔵で蓋をします)ジェットみたいな物が付いていると言うのが解りませんが、2次エヤー吸い込みも有るのかも・・・

<あと、パーツカタログによるとキャブのパイロットジェットにはゴムのカバー(栓)がついているのですが、本品にはありません。(4つのうちの一個のみ脱落してフロート室内に固着していました。これは取り去りました。)なんとしても8000回転まではスムーズなので残念です。ありがとうございました。

これはキャブの内部と思いますが私には???です。

後負圧キャブだとすればダイヤフラムの確認はされていますか、オーバーホールされるくらいだから確認済みと考えていましたが(負圧式で無ければ関係ない)もし確認されていなければ、一度すべての物を確認して下さい。
薄いゴムですから古くなれば硬化したりひび割れて来て正常に動いてない物が多いです(アイドリングでは調子が良いのでしたら)

後は先の参考意見でも書きましたが圧縮圧力だけ測ってみれば、バルブ回りの事が解ります(一度はした方が良いでしょう、計るだけなら簡単です)ふるい車両なので、バルブの当たり面をきちっとするだけで良くなることも多いです。

自分でされるのでしたら、ヘッド外してカム回りをばらして整備しますからバルブコッターやすりあわせでバルブタコやコウミョウタン等が必要には成りますが(最大の問題はヘッドガスケットなどの部品かも)

この辺りはオーバーホールの時に最低必要になるパーツを確保してから進めて下さい。

最後に何度も出てきましたが、ここまでの流れから、一番にダイヤフラムの確認、駄目になっていれば新品探すのに苦労するかも知れませんが、今までの事から第一候補に挙げます(負圧式キャブなら)次に2次エヤーの吸い込み、どちらにしてもインシュレーター(インレットマニホールド)も2次エヤーの吸い込み原因に成りますから、要注意部分です。

その他正常でもまともに走れなくなります(2次エヤーだけでも)国産車は10年やそこらではゴム製品は駄目に成ることは無いのですが、あまりにも古い車両は疑うべきです。

現に知り合いがCB750K0で難儀しています、出来れば旧車に強いショップを探すのも良いですよ(パーツなど色々な面で)

この回答への補足

★これについては見ないと良く解らないのですが、入り口下部と言うのは外から見える物でインシュレーター(インレットマニホールド)に付いているのですか、あるいはクリーナー側・・・?→クリーナー側です。エアージェットと呼べば良いのでしょうか。キャブのクリーナー側の円形の入り口の下部についている物です。でもジャンク品を付けましたので。★後負圧キャブだとすればダイヤフラムの確認はされていますか、オーバーホールされるくらいだから確認済みと考えていましたが(負圧式で無ければ関係ない)もし確認されていなければ、一度すべての物を確認して下さい。
薄いゴムですから古くなれば硬化したりひび割れて来て正常に動いてない物が多いです(アイドリングでは調子が良いのでしたら)→私自身はキャブのOHはしていません。これが結構怪しい感じです。本日わかったことです。(1)エアークリーナー(きれいなスポンジ)をはずすと回転がシムーズに上がる感じがしました。空気の流入は本来の入り口のみで他からは入り込みません。でも空ぶかし7000くらいでアウトです。走ると4000で頭打ちでした。(2)そこでクリーナーボックスのサイドカバーを1つはずしてみました。これで空気はサイドの大窓から直接入ります。すると走っていても4000回転での頭打ちはなくなり、もっと上まで行きます。空ぶかしではレッドゾーンまで行きます。(3)そこでエアクリの左右のカバーをはずして走ると(2)の状態がさらに進む感じでした。・・・・・つまり、空気の流入がスムーズでないと言うか十分でない感じです。流入の抵抗が少しでもあるとそのおかげでダイヤフラムが上がらないらしいのです。どうもエンジン側には問題がないような感じです。★空気は流入量と同時にかんがえられるのがダイヤフラムの柔軟性です。ダイヤフラムとその上部のバネをチェックしましたが見た目には問題ないようです。指で押し上げてもスムーズに上昇します。エアー取り入れ口にコンプレッサー空気を入れると円筒形の?ダイアフラムは上昇します。・・・しかし、もしダイアフラムがもっと少量の空気で軽く?上下に動けばエアクリえお装着しても問題は解決するような気がします。本来のダイアフラムの柔らかさがわかりません。ジャンクのキャブのそれと比べましたがほとんど代わりはないように思えました。新品は入手できるのでしょうか不安です。もう一台の750G(問題なし)のダイヤフラムをチェックしましたが、状態はもっと悪い感じでした。でもきちんとレッドゾーンまで回転します。ダイアフラムでなく負圧の生成に障害があり十分な負圧が作れていないのかなとも思っています。あとご指摘の次に2次エヤーの吸い込みを疑います。インシュレーターは結構柔軟性を保持している感じなんですが・・。貴兄のご丁寧なご指摘に感謝です。エンジンよりもキャブ側に問題がありそうなのでさらに研究したいと思います。前進したら報告します。ありがとうございました。

補足日時:2007/05/13 17:50
    • good
    • 0

サービスマニュアルは、販売店さんなどを通じて入手可能ですが、旧車の場合は出ない可能性もなきにしもあらず、ですね。


もし、出てこなかった場合は、気化器メーカー(今付いている気化器のメーカー)のHPや、お客様相談室などに電話してみて、「メーカー、車種、フレームナンバー、症状などを伝え、設定を教えてもらう」のも一つの手かと思います。
キャブ関連のトラブル、設定ミスなどは、さすがに熟知していますからねぇ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらく調整に手間取りました。現在、不完全ながらレッドゾーンまで吹き上がります。原因は・・・。実はGS750Gのキャブレターはスロージェットの穴にゴム製のキャップ(栓)がされます。スロージェットは穴の奥の方にあり、その穴の先端(下方)にその栓が付き、穴をふさいでいるのです。では、ガソリンはどこからくるかと言えばメインジェットの穴と内部でつながっているのです。したがって、スロージェットのガソリンは(1)メインジェット→内部の通路→スロージェットの順に流れるようです。したがってスロージェットのガソリンはメインジェットと通路穴とスロージェットという3つの負荷(抵抗)の末に内部に入るようなのです。しかし、古くなったキャブではこのゴム製の栓(キャップ)が熔けてなくなっているものが多いのです。というか、フロート室の中に落ちているのを見たことがあります。一般的なキャブではそんなキャップはないのが普通のようで、(ないですよね?)キャブをOHした人も必要ない物と捨ててしまうことも多いのではと想像します。現に、個のキャブの栓も4つともありませんでした。そこでもしかしてと思って万年筆のインクのカートリッジの下方の部分を切ってスロージェットの穴に差し込んでふさいでみました。先ほど実走して見ましたら、頭打ちの状態がきれいになくなっていました。これが原因かなと思っています。インクカートリッジではガソリンに侵されてしまいそうなので部品を取り寄せるか自作するかしてみたいと思います。サービスマニュアルは入手していませんのでいつかは・・。皆さんのご親切には頭が下がります。ありがとうございました。今度は私の経験で皆さんにお役に立ちたいと思います。

お礼日時:2007/05/27 14:36

なるほど、どうもキャブのエア関係の問題のようですね!


大事ではなさそうで安心しました!
サービスマニュアルはお持ちですか?
キャブの内部と、調整スクリューをノーマルの規定値に持って行き、エアクリーナーを新品に換えてエンジンが調子よく回れば「直った」と判断して良いでしょう!
後は、負圧機構関係(CVキャブですよね。エアクリーナーを外しエンジンをかけて、スライドバルブが同じように動いていればOK)になればイケますね。
もう少しのところですね!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

サービスマニュアルはお持ちですか? いいえもっていません。どうしたら入手できるのですか?・・・・とにかく イヤー 長い道のり(まだ終わってないですが)でした。皆さんのおかげです。暇を見て(週末になりそうですが)挑戦します。また報告します。ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/13 20:38

何度も申し訳ないです。


そうでしたか、CDIでしたか。
と、なると、四発ともちゃんと火が飛べば、電気系統のトラブルはかなり疑いにくくなりますね。
キャブの内部の確認(フロート関連は特に慎重に)をして、「異常がない」なら、もはや......
空ぶかしのとき(又は走行時)の異音と振動はどうでしたか?
あと、マフラーから出る煙はどうだったでしょう?
振動が酷い場合はクランクまで疑わねばなりません。
キャブの分解、確認、清掃で直る事を祈ります。(ついでの話ですが、内燃機屋さんで部品を起こして作業してもらうと30くらいは楽にかかります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。解答8で今までの状況を報告させて頂きました。空ぶかしのとき(又は走行時)の異音と振動はどうでしたか?→特にありません。マフラーから出る煙はどうだったでしょう?→特に白いとか煙が出る等の異常はなかったです。キャブの入り口側の下部に1キャブに2個ずつ空気の取り入れ口らしき穴が開いていまして、2つの入り口の片方にはジェットがついています。(何ジェットなのかは??)それがひとつ欠損していました。(OHの証拠と思います。)予備のジャンクキャブから移植しました。が状況は改善されません。あと、パーツカタログによるとキャブのパイロットジェットにはゴムのカバー(栓)がついているのですが、本品にはありません。(4つのうちの一個のみ脱落してフロート室内に固着していました。これは取り去りました。)なんとしても8000回転まではスムーズなので残念です。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/13 03:00

No.6です。


マーチのことですが
空ぶかし(無負荷)では上まで回りました。が
負荷状態ですとシリンダ内の圧力が高くなるのか
火花が飛びにくいようで、回らなかったようでした。
プラグの焼け具合の違いもあるし、
No.7さんの言うヘッドも怪しいし・・・。
とりあえずやりやすいところからの
基本点検して故障探求してみては・・・

私は昔、GSX750Eあかべこに乗ってました。
低速もあって乗りやすいバイクでした。
GS君が元気になる事お祈りします・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これまで実にたくさんのご親切に感謝して、ここまでのチェックの報告をします。(1)プラグを交換しましたが変化はなし。(2)エアーフィルターをはずしてエンジンをかけたら回転は今度はレッドゾーンまで回りました。空気の取り入れに抵抗があるのかなと疑いました。が、フィルターはきれいな感じでしたが洗濯しました。汚れはほとんどありませんでした。(3)エアーフィルターをはずした(2)の状態で実走しましたが、状況はほとんど変わらず、8000回転で頭打ちでした。(ゴボゴボって感じです。)どのギアポジションでも低速時は快適に走ります。エンジンが無負荷では回るけど負荷(実走)状態では力がない感じです。(4)キャブは内部はきれいでした。バルブの固着もなく、スムーズに上下していました。(OHしてあるのかは不明でした。)(5)プラグの火花はきちんと飛んでいます。・・・・・ということであとはエンジンのヘッド周りか???シリンダ内圧のチェックが必要でしょうか。確認??エンジンのヘッドガスケットの前後のつなぎの部分が残っていてきれいなので(新車販売時にはない物だと思いますが)やはりこれはガスケットを新しくしてOHした証拠だと思いますがいかがでしょうか。
お礼の意味も含めて今までの状態を書きました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/13 02:35

ふ~む、空ぶかしでそこまで回ると言うことは、いわゆる「ポイント」の設定不備ではないような気はします。

(微妙な年代のバイクですね、確かポイント点火式のように記憶していましたが。)
お礼返答の内容からすると、「ヘッド関連のトラブル」のような気がしてきます。
O/Hしているようだとのことですが、「ちゃんと直されていないまま、閉じてしまった」可能性もありですね。
どちらにせよ、もしヘッド関連のトラブルであったとしても、「個人で修復するのは至難の業(個人的には不可能だと思います)」ですから、バイク屋さん等を通じ、内燃機屋さんでしっかりとチェック、修復をお願いしたほうが良いと思います。(大変なトラブルを抱えていたとしたら、修復金額も凄いものになりますが。)
キャブの内部の確認と、ポイントの設定(及び点火コイル)、配線の確認をして、それでも思わしくなければほぼ内部のトラブルでしょうから、こうなると「個人では打つ手なし」になってしまいます。
仮に原因がヘッドであり、バルブ関連であったとしても、「部品は手に入らない、サービスデータもない」状態ではいかんともしがたいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ちゃんと直されていないまま、閉じてしまった」可能性もありですね。・・・だとすると先行き明るくはありませんね。できるところはチェックして判断します。多くのかたにいろいろ教えて頂いたので、チェックの結果等を詳しくご報告いたします。ヘッド周りでないことを祈りながら。とにかく本当に皆さんのご親切に感謝です。

お礼日時:2007/05/12 11:49

GSの点火はポイント式ですか?


車の話で恐縮ですが、
昔、初代マーチ(中古)を買ったとき
そのような現象(2000rpm以上回らない)経験しました。
始動は良く、その回転までは正常ですが
リミッターかかったように上は回りませんでした。
キャブとか疑ったんですが、
原因はポイントでした。
ヒール部が磨耗し、コイルへの電気供給が
十分でなかったようです。
んで、高速回転で火花が飛ばなかったようでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

点火はポイント式でなく電子式です。プラグを点検してみます。
いずれにしても皆様のご回答に感謝です。多くのかたの御指南に驚いています。

お礼日時:2007/05/12 11:42

<どのようにチェックするのでしょうか



圧力は何もないと無理です、シリンダーの圧縮圧力を測るメーターが(圧力計)有りますから、それをプラグの取り付け部分に取り付けて測ります。

やり方は簡単ですが、道具は車屋などで無いと持ってないと思います、ここで問題が有ればバルブ回りかシリンダーにトラブル抱えている事がはっきりします。

知り合いのバイクではアイドリングが安定しないので計ったところ、2番エンジンの圧力が低く、低回転ではまともに点火していないけど辛抱出来る程度との判断を(費用対効果)したことも有ります。

これが4気筒の内3気筒までトラブルを抱えていれば回転が有る程度上がっていても、パワーは全く出ていないと思いますしそのトラブルを解決しないと駄目でしょう。

ただしあくまで可能性と言うことで、必ず圧力が不足しているかは解りません。

又計るためにタンク回りは外して真上からプラグの取り付けにアクセスする必要があります、セルも回る必要があります。

その状態で整備工場などで頼めば計ってもらえると思います(費用は工場に寄ると思いますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

圧力計の意味がわかりました。いろいろ点検をして、最後は圧力やヘッドかなと思っています。ご丁寧なご教授ホントにホントに感謝しています。ありがとうございました。まずプラグとキャブを点検します。このくらいなら何とか・・・・。

お礼日時:2007/05/12 11:46

ちなみに、ですが、「内部に問題を抱えてしまっている」場合は、もはや「一般の販売店さん」では対応は難しいです。


レストアを専門にやってらっしゃる修理業のお店に持っていくか、内燃気屋さん(昔からやっているところが望ましいですが)に持って行き、部品を作ってもらいながら修復していくことになります。
何せ、古いバイクな上に、スズキは純正パーツの供給停止が割りに早く、バックオーダーをかけつづけても、もはや出てこないでしょう。
なので、自分で出来る確認と整備を行っても、稼動しないのであれば、へたにいじらずに「プロの手」を借りるのが最良に思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このバイクは外見がとてもきれいでした。旧車とは思えないかがやきでした。前所有者が言うには「エンジンのヘッドのシールパッキンがきれいでつながっている部分が残っているので、オーバーホールしているようだ」と言うことです。それ以上はわかりいません。ニュートラルでは6000から7000回るのに、走ると4000くらいでストップしてしまうので不可解です。元々タイヤを回す力が不足って感じがします。前所有者もうまくつなげば100km/hを出せると言いますし、そのとおりに走れます。しかし何とも不安な走りで、オートバイの醍醐味を味わえません。キャブだけはあけてみたいおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/10 01:47

古い車体と言うことでまずは圧縮圧力から見た方が良いのでは、正常なら次に点火系、燃料系と進んでいけば良いのでは無いでしょうか・・・



圧縮圧力が無かったりすれば、何をしても無駄だと思います、圧縮が正常で4気筒の圧力差が許容範囲であれば次に進んでも良いと思いますが・・・

古い車体の場合は元から見た方が良いと思います、点火プラグにしても大気圧で火が出ていても圧縮された中では出ない場合も有りますし・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

圧縮圧力となるとやっかいですよね。どのようにチェックするのでしょうか。やはりプロの手でやるべきでしょうか。

お礼日時:2007/05/10 01:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング