ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

年中イカダでチヌ、マダイを狙っているものです。
じつはハリス切れのバラシをしてばかりで悔しい思いをここ最近ずっとしているのです。
どうして切れているか正直分りませんが、唯一の結束部である針のチモトで切れているのではと思っています。
何故なら掛けてすぐに切れてしまうし、アワセ切れの時もあるからです。
もし切れにくい結び方があれば教えていただけないでしょうか。
いつもの結び方は外掛け結びで、最後マクラにしています。
タックルも書きましょう。
竿:黒鯛工房チヌセレクション1.6硬調(←こいつにしてから切れてる気もしている)
リール:ダイワのベイト
糸:トルネード・ハード3号
針:オーナー チヌウルトラ競技(だったような・・・)6号
大物狙いのハードタックルです。余程でない限り糸は出しません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ハリの結びに関してはスネルノットがオススメです。


外掛け本結びは巻き付けの上に1本外掛け部分が出ますので、ここが切れると
何回巻いていても一発で解けてしまいます。

スネルノットはネイルノットと同じ原理で外掛け部分がなく、巻き付けがとても固く
魚を掛けると良くあるラインの回りも全くない非常に優れた結び方です。

小さなハリはちもとを持つのにやりにくいですが、チヌ針6号ならとても結びやすいので是非覚えて下さい。
唯一の欠点は締め込んでいくと端の部分が思ったより長くなってしまうことぐらいで
強度に比べれば全くのマイナス要素にはなりません。

http://www.varivas.co.jp/morris/01_openning/open …

丸橋英三のノット教室に出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スネルノットの結び方早速拝見いたしました。
思わず、おぉーと唸ってしまいました。(笑)
早速試さずに入られません。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/05/12 10:46

合わせ切れが起きるのは、竿と糸の相性が悪いのではと思います。



私はへらぶな釣りをやっていますが、フロロ系の道糸が出たので今まで使用していたナイロンに変えてみたところ、合わせ切れが頻発しまた。ナイロンにもどしたところ合わせ切れが無くなった経験があります。

一度竿を元に戻すか(胴調子の竿を使用する)、糸をナイロン系に変えてテストされてはいかがでしょうか?(合わせを弱くするのは難しいので)

ナイロン糸にするのは感度の問題や、深場を攻める際の糸の延びのことを考えると難しいかもしれませんが、原因究明のため一度ナイロンを使用されると良いと思います。へらぶな用の道糸で延びが少ないと歌っている道糸もあります(高額ですが)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハリ結びで一番強い結び方は何ですか?

私はこれまでハリにハリスを結ぶ時は『外掛け結び』で結んでいたのですが、
先日、5号のハリス(ブラックストリーム)で魚が引いて合わせた時に、俗に言う、
『合わせ切れ』をしてしまいました (T―T)
あまりにも簡単にプツン・・・。と切れたので不思議に思い、切れた箇所を良くみると、ハリの結び目で切れていました。
せっかく大物が掛かったのに、結び目の強度が弱くて大物を逃がしてしまったのが残念で仕方ありません。
結び方には色々と有りますが、結び目の弱くならない、一番強い結び方は何なのでしょうか?
私はいつも結ぶ時は、ギュッ!っと勢い良く締め付けて、ナイロンが摩擦熱で弱くならないように注意しながら
結び目に、軽くツバを付けて滑りを良くして結んでいます。それでも簡単に切れてしまいました・・・。
釣りに詳しいかた、よろしくお願いします m(_ _)m

Aベストアンサー

磯釣りを本格的に20年以上しています。
残念でしたね。どんな場所で切られたか分かりませんから何かは特定出来ませんが
磯ですと大型の尾長、イズスミ、バリ(アイゴ)でもハリを飲まれていたら
一発で切られてしまいますからイズスミだったと諦めましょう(笑)

私もハリスはずっと以前からブラックストリームを使っていますが
晴天の潮が澄んでいるときはかなりの確率でキタマクラがハリスをつついて
いるケースが多く、ハリのチモト付近に噛みあとが付いていたら速攻で
Vハードなどの透明ハリスに交換しています。
もともとブラックストリームは松田氏がよく行く四国の沖の島や鵜来島の
黒潮の濃い潮色の尾長釣りをメインに開発したものですから、潮色の薄い
海中だと案外目立ってしまっている可能性は高いですね。

ハリ結びですが、これは絶対にスネルノットをおすすめします。
ダイワの鵜沢さんが必ずこの結びをするので鵜沢結びなどとも呼ばれていますが
締まりが非常に強く、よく魚を掛けたらハリスが若干回転していたり
することもありますが、そんなことも一切なく何より外掛けなどの枕部分が
ないので歯のある魚にも絶対の強度があります。
外掛けなどはどんなに100%の強度で結んでも巻き付け部分に掛かっている
1本の枕部分が切れたらあっと言う間に弛んでハリは抜けてしまいます。

これは随分昔に本格的サーフキャスターの方でいつも80cmオーバーの
真鯛をぶっ込みで仕留めてくる方に教えて頂いたんですが、初めて見たときは
どうやって締まっているのか分からないぐらいに簡単な巻き付けだけの外見ながら
抜群の強度で、以来ハリ結びは常にこの結びを実行しています。
ただ唯一難点は外掛け本結びなどに比べると端糸が長目に出ることですが
それをケチって弱い結びをしたのでは本末転倒ですからね。
結び方も簡単ですから是非マスターして下さい。

http://www.varivas.co.jp/morris/10_knotsnotes/cyclopedia_01/cp08.html

それと絞め方はある程度ハリスが抜けない程度までは唾を付けなくて
ゆっくり締めていきハリに対してのハリスの位置などきちんと合わせた状態で
唾を付けて本線と端糸を締めていくのが本当のやり方です。
>ギュッ!っと勢い良く締め付けて・・・この時点で摩擦熱でハリスは弱ってしまいますよ。

磯釣りを本格的に20年以上しています。
残念でしたね。どんな場所で切られたか分かりませんから何かは特定出来ませんが
磯ですと大型の尾長、イズスミ、バリ(アイゴ)でもハリを飲まれていたら
一発で切られてしまいますからイズスミだったと諦めましょう(笑)

私もハリスはずっと以前からブラックストリームを使っていますが
晴天の潮が澄んでいるときはかなりの確率でキタマクラがハリスをつついて
いるケースが多く、ハリのチモト付近に噛みあとが付いていたら速攻で
Vハードなどの透明ハリスに交...続きを読む

Qフカセ釣りのハリス切れの原因について みなさんのご意見をお聞きしたいです

鯛のフカセ釣りでハリス切れの原因についてお聞きします 前回の釣行で5回かけて3回も切られてしまいました

竿1.5号臨海 道糸2号 ハリス1.7号か1.5号 釣り場は水深手前で8mくらいから30m沖で15mくらい

一度目は座っていて油断していたため先手をとられたのか(そこまでは遅れてはいない)竿でためていると10秒程で切られました 感覚的には45センチ級くらいと感じました

ハリスは針から20センチ程度上がざらざらになっていました 切断位置的には魚体で擦れて切られたと思ったのですがそのようなことはあるのでしょうか?

2回目は反省して先手とられないよう早めに対応して40センチが上がりました

3回目ようやくかけたと思って竿尻が魚に向くくらいの角度でためていましたが  また10秒くらいで切られました ハリスを見ると真ん中辺りからずっとざらざらになっていてどこか障害物に擦れた感じでした 
サイズ的には走りを止められない程でもないし(多分40センチ級)もちろん糸も出してません 

自分的には竿をためてましたがややテンションが弱かったかな~もっとリールで巻くべきだったかなと思いました
でも魚を走らせていないのに障害物に擦れたのは不思議でした

4回目は竿でためとくだけでは取れないと思いわりと強引に巻いて39センチが上がりました

5回目は45センチ以上に感じたので竿でためつつ巻けるときは巻いてましたが 今度は針のチモトあたりでスパッと切れてました これは結び目で切れた感じでした 

基本的にハリスはざらつきがないかしょっちゅうチェックしてますし針結びの後は必ず強度の確認はしています

50センチ越すような鯛に切られるのはまだ納得できるのですが あまりに切られすぎたのでどうしても原因を知りたいです

ちなみに前々回では49センチも問題なくあげられています

鯛のフカセ釣りでハリス切れの原因についてお聞きします 前回の釣行で5回かけて3回も切られてしまいました

竿1.5号臨海 道糸2号 ハリス1.7号か1.5号 釣り場は水深手前で8mくらいから30m沖で15mくらい

一度目は座っていて油断していたため先手をとられたのか(そこまでは遅れてはいない)竿でためていると10秒程で切られました 感覚的には45センチ級くらいと感じました

ハリスは針から20センチ程度上がざらざらになっていました 切断位置的には魚体で擦れて切られたと思ったのですがそのようなこ...続きを読む

Aベストアンサー

ハリス切れの原因ですが、鯛の口内の形状や、針の号数が関係していることが考えられます。

まず、鯛の口内の形状についてですが、鯛の口の入り口付近にはザラザラした紙ヤスリのような歯が沢山ありますね。
そこで切れていることが多いのではないでしょうか?
この場合、ハリスの切れた部分がザラザラになっている場合が殆どで、これはハリスの号数を太く(2号程度に)することで解決できます。

また、合わせが遅くて針を飲まれていた場合も同様の事象が見られますので、こちらもご注意ください。

次に針の大きさですが、ハリスと針の強度バランスや太さのバランスが取れていないとハリスの強度を100%発揮することなく切れてしまう事があります。
この場合はハリスがスパッと切れていますので、そちらで上記の場合と区別がつくと思います。

解決策として、針の号数を大きくする、逆にハリスの号数を細くする、などがありますが、ハリスをむやみに細くすると上記の通りはで切られる場合が多いので針の号数を大きくされたら良いでしょう。

針の号数を大きくすると、針を飲まれることも減りますし、針がかりした後のやりとりも万全ですのでお勧めします。

ハリス切れの原因ですが、鯛の口内の形状や、針の号数が関係していることが考えられます。

まず、鯛の口内の形状についてですが、鯛の口の入り口付近にはザラザラした紙ヤスリのような歯が沢山ありますね。
そこで切れていることが多いのではないでしょうか?
この場合、ハリスの切れた部分がザラザラになっている場合が殆どで、これはハリスの号数を太く(2号程度に)することで解決できます。

また、合わせが遅くて針を飲まれていた場合も同様の事象が見られますので、こちらもご注意ください。

次に針...続きを読む

Qチモト補強

質問を読んでいただきありがとうございます。

さて、釣りをしていると時々強引に引き込まれる魚に出会いやり取りの最中にチモトで切れて残念というようなことがありますよね? あれは、針付近でハリスが魚の歯でこすれで切れているんだとおもっています。針を呑み込んでしまってハリスが歯に当たったということなのかなとおもっています。

そこで、チモトを補強したりハリスを太くしたりと考えるわけですが。。今回、チモト補強について良い方法があれば知りたいと思い質問させていただきました。

針 グレ針7号~10号程度の針 ハリス1.5号 ~4号 程度で使いたいのですが。
セキ糸で編み込むとか、ハリスで編み込むのは時間がかかりすぎると感じます。もし、チ元で何か便利な方法などをご存じであれば、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。
自分が実際にやっている事ですと、直径が1・5ミリのチューブを
長さ4cmに切り、結び目にかぶせて使っています。これで、ほぼ
魚の歯によるハリス切れを防止出来ます。

Q結び目が一番弱りの少ない結び方は?

一番強い結び方を教えて下さい。
大物が掛かった時にサルカン等の結び目で切れてしまい悔しい思いをする事は皆さん一度は経験が有ると思います。
結び目が一番弱いのは仕方の無い事ですが、せめて一番弱りの少ない結びを使いたいと思います。

ちなみに私は、サルカン等にはユニノット、ハリ結びはフィンガーノットを使っています。
http://www.unitika.co.jp/fishing/knot/uini/uini.htm(←ユニノット)
http://www.seaguar.ne.jp/knot/page.jsp?mode=cover/harris/page/3(←フィンガーノット)

Aベストアンサー

身も蓋もないけど、完全に結べた結びが一番弱らない。
結びって言うと何かとやれ何結びが最強だって宗教じみた話になるんだけど、すべての根本はちゃんと結べる前提があって初めて成り立つの。優れた結びの要素に 簡 単 ってのが必ず入るのは、難しくて完璧に結べないじゃ意味がないから(だから個人的にはPRノットなんて論外。道具がなければ結べないような結び、現場じゃ使い物にならん)。

それを前提にして言えば、モノフィラメントラインと結束具との結束は山元結びが一番良いと思ってる(PEでも良いらしいけどやったことがないから判らない)。もちろん太いラインではあまり巧くいかないのでせいぜい3号くらいまでしかお勧めしないけど(個人的には15号でも平気で結んで切れたことも抜けたことも一度もない)。
http://www.otomiya.com/fishing/gear/09-musubi.html
にある。

鈎の結びは、きっちり結べるなら1番の回答にあるスネルノット(ネイルネスネイルノットとか本結びとか呼ぶこともあるみたい)だろうけど、きっちり結べる限りは通常は内掛け結びでも十分だとは思うよ。大概は、きっちり結べてなくて切れる、すっぽ抜けるもんだから。

結局、一番大事なのはきちんと練習して確実に結べるようになること、それに尽きると思うけどな。

身も蓋もないけど、完全に結べた結びが一番弱らない。
結びって言うと何かとやれ何結びが最強だって宗教じみた話になるんだけど、すべての根本はちゃんと結べる前提があって初めて成り立つの。優れた結びの要素に 簡 単 ってのが必ず入るのは、難しくて完璧に結べないじゃ意味がないから(だから個人的にはPRノットなんて論外。道具がなければ結べないような結び、現場じゃ使い物にならん)。

それを前提にして言えば、モノフィラメントラインと結束具との結束は山元結びが一番良いと思ってる(PEでも良い...続きを読む

Q地磯の口太40クラスに1.5号竿は太過ぎですか

20年位前にグレ釣りにハマり伊豆半島の沖磯渡船で口太メインに釣りを5年程し、その後パッタリご無沙汰してましたが、最近また釣りの虫が騒ぎ始め、近くの地磯を探して、いい場所を見つけましが、水深が2ヒロ程度で、根も結構あり、口太40クラスや尾長30クラスも来る様なので、大島磯クラスの1.5号を買おうかと思いますが、1.5号を使ったことがなく、また最近の竿の性能も知らないので、御意見を頂きたいのですが、1.5号では硬すぎで面白く無いでしょうか? 沖磯釣りをしていた頃はCWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号を使ってました。

Aベストアンサー

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬いから面白くないという表現は恐らく適しません。この僅かな差がタメを作りやすいか、止めやすいかのバランスの違いとなってくるのです。
現在主流になりつつある1.25号(私のはG社の1.2号強度)という竿なのですが、グレ竿の1.25号であれば50cm口太でも大丈夫な竿で私自身60cm尾長、70cmクラスのイスズミすらも取ってはいますが、磯竿となりますと同じ1.25号でもグレ竿ほど強いバネの印象は受けないのです。

大島磯は中間バランスの「磯竿」ですので誰でも使いやすく出来た竿です。私の考えですが、地磯で40cmクラスの口太、30クラス尾長対応ですがこういう潮が入る場所では「釣れるのはグレだけではない」のでそれらを考慮すると1.5号で丁度よいかとは思います。また沖磯へ・・・などもあるかもしませんしね。
魚の引きは昔とそう変わらないですが竿も糸も近年劇的によくなったので同じ魚を釣るのに従来の号数は必要なくなったという見方も出来ますが、あくまで細ハリスを使ったグレのトーナメント式での釣りであり一般釣行用とは少し違うとは思っています。

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬...続きを読む

Qどっちのハリスがより強いですか?

グランドマックスFXとブラックストリームではどちらが強いですか?
ハリスで、シーガー社のグランドマックスFXと、サンライン社のブラックストリームでは、
どちらがより強いか、実際に使った事の有る方の意見&感想を聞かせて下さい。
当方、海上釣堀で食いが著しく渋い時に、より細いハリスを使うので、少しでも
引張り強度の強い方を使いたいと思っています。
もし上記の2製品以外にもっと強い物が有れば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブラックストリームも使ったことありますがあまりよくわからなかったので何とも言えませんが
ハリスに色が入ると強度が落ちるとかよく聞くし
FXを作ってるのはこれが本業みたいなクレハと言うことを考えるならFXが強いと感じました
当方は鮎の友釣りもしますがフロロラインはシーガーが1番だと感じてます
他の物も使ってみましたが極細ラインになればなるほど差ははっきりと体感できるからです
これが磯用の太いラインになると差は正直わかり難いです
そんな訳でFXも最高だろうと当方は思います!
当方はFX使いたいのですが金銭面で東レのスーパーL EXに落ち付いてます
このスーパーLの強さとしなやかさが大変気に気にいってます
あと実売900~1100円と言うのも財布に優しいです
とことんお金の無い時は少し固めですが東レのLハード(50m750円)使ってます
だいぶ昔の話ですが月刊釣り情報で魚のことを研究してる大学の教授だったかな?
その方が魚に1番見えにくい色はピンクだと言うことを
何回にもわたって記事にしてました
それを製品化した物がサンラインのピンク色のハリス トルネードSVIです
もう10年以上も古い話です...
このSVIはすごく高価で実売2500円ぐらいで売られてたと思います
当方もそんなに魚が食うならと思い沢山買いましたが
実際使ってみて良い思いをしたことがなくむしろ他のハリス(当時はトヨフロンだったかな?)を使った方がよく釣れました
結局のところこのSVIの良い所わからず仕舞でした
SVIで釣れない事もないけどこれを使うことによってあきらかに何かが違うと言うくらいの体感はなかったと言うことです
余談になりましたが当方の場合鮎はシーガーですが磯は東レが大好きです
あと質問に強度とありますが使う所が釣り堀だとしたらシーガーよりしなやかな系(スーパーL)の方が結び目にも優しいのではと思いますが?いかがでしょうか?
あとSVIはダメだったとお書きしましたがそれは当方の感想で
ブラックストリームなんか釣り堀で使うと新しい発見もあるやしれませんね
あやふやな回答ですみません

長々と失礼しました^^@

ブラックストリームも使ったことありますがあまりよくわからなかったので何とも言えませんが
ハリスに色が入ると強度が落ちるとかよく聞くし
FXを作ってるのはこれが本業みたいなクレハと言うことを考えるならFXが強いと感じました
当方は鮎の友釣りもしますがフロロラインはシーガーが1番だと感じてます
他の物も使ってみましたが極細ラインになればなるほど差ははっきりと体感できるからです
これが磯用の太いラインになると差は正直わかり難いです
そんな訳でFXも最高だろうと当方は思います!
当方はF...続きを読む

Qフカセ釣りでの針結びについて すぐ切れてしまいます

ハリス1.2~1.7号 針 かわせみ チヌ針3号 100本入り を使用していますが

強めに引っ張るとすぐ切れることが多いです 外かけ結びを使ってましたがよく切れるので

フィンガーノットを覚え少し切れにくくなりましたが それでもあっけなく切れることがあるので一度  

引っ張ってみて切れないか確認しないとやっとかけても切れそうで不安です 切れるときはチモトの薄い部

分が歯のようになり切れていると思います  逆に切れないときはチモトにずれ込んできて

ひっかかった状態だとハリス強度分が出たりします ずれると駄目とか説明も聞いたことがありますが

みなさんは針結びで悩みとかはないですか?どういう風にすれば安定した強度が出せますでしょうか?

Aベストアンサー

締め込む部分を十分濡らしていないか、ハリスの締め込みが不十分なのでは?

私も、自分で針を結び始めた最初の頃は、良く切れることがありました。
原因は、
・舌先でかるくなめる程度で、十分に濡らしていなかった
・締め込みが不十分だったので、軸から滑り、チモト部で切れる(またはすっぽ抜ける)
でした。

現在は、
・水(海水で良い)でびしょびしょになるくらい濡らす
・指が痛いくらいに締め込む
上記を心掛けるようにした現在は、切れることはなくなりました。

濡らすのは良いとして、締め付けは、
1:ハリスを針に巻き付けたところで軽く締める
2:巻き付け箇所を、チモト手前まで移動する
3:糸の端を歯で噛み、元糸(ハリスになる方)に指を巻き付けて硬く締める
4:針を何かに引っ掛けて、さらに強く締める
ここまでやって、やっと軸から滑らないくらいに締まります。
ポイントは3と4で、
「ゆっくりと、指が痛いくらいに締める」
でしょうか。

Q安くつく撒き餌

できるだけ撒き餌を安くするには何を使えばよいでしょうか?
やはりアミエビやオキアミのブロックを使うのが一番安いですか?

Aベストアンサー

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと集魚材1袋で半日分として、1000円ちょいで用意できます。

でも、クロダイ狙いの時など、集魚材にさなぎミンチにアミにオキアミやなんやかんやブレンドしたりして幾つも買って、付け餌でオキアミに練り餌にコーンetcなどなど、気づいたら餌にいくら使ってんのって感じです。

まきゃいいってモンじゃないですけどね。

自分の餌代より高いですし(笑)
重いの背負って一日かけて、で、その釣果は…(泣)
家に帰れば、魚屋さんで買ったほうが安いジャンみたいな…。

たまの釣りなので、ついついとお金かけちゃうんですよねー。

すみません。このようなところで愚痴がでてしまいました(笑)

本当に餌代安くて釣れるのが理想ですね。
回数を重ねると、餌代かけずに釣れるようになるとおもいます。

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと...続きを読む

Q根魚ようのサバ餌の作り方

他の釣りの外道でサバに邪魔されてしまいません?
そこでそのサバを活用できないかと思って、
よく根魚(カサゴ)を狙う時に使うサバの切り身の餌を自分で作ってみようかと思うですが、どこ検索しても作り方が見つかりません。
あれって塩に漬けてるだけな感じがするんですが、
実際の作り方わかる方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

回答1がその通りです。生であれば問題ありません。簡単です、針に縫い刺しして使えばOKです。
ストックするなら冷凍するので解凍すると青物は身が弱くなってしまいます。そこで冷凍前に一昼夜、かなり強めの塩で絞めるというより水分を抜く気持ちで…(塩じゃなく脱水シートでも出来ますがお値段が高いです)後は使いやすい様くっつかないように冷凍すれば根魚はもちろん他にも使えますよ。サバ以外にサンマなどでも出来ますね。(ちなみに失敗したらグズグズのくずれた餌を撒き餌に使えます。オキアミより効くかもです)

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む


人気Q&Aランキング