出産前後の痔にはご注意!

屋内消火栓の設置についての質問です。

補給水槽を設置しなければいけないと
消防より指示があったのですが
屋内消火栓設備には補給水槽を必ず
設置しなければいけないのでしょうか。

屋内消火栓の補給水槽についての
設置基準のようなものがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

屋内消火栓の場合、エア溜りで放水できなかったり、ウォーターハンマーによりホースが暴れるので、配管内部を常時満水状態にしておきます。


そのために、配管上部に補給水槽を設ける必要があります。
容量は、他から25A以上で常時補給される場合は200リッター、補給が無い場合は500リッターとなっています。
    • good
    • 4

はじめまして!


北国の設計屋さんです。
質問は、消防用水の件ですね。
消防法で、防火対象物の用途および規模によって設置する消防用水槽の容量が定められています。
質問文からは、建物の用途、規模、敷地面積および配置が分かりません。
関係条文は、以下のとおりです。
関連法令
消防法施行令第27条です。
ご参考まで
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q補助高架水槽の役割は スプリンクラー設備の管内をすべて水で満たし、非常の際すぐに放水できるようにする

補助高架水槽の役割は
スプリンクラー設備の管内をすべて水で満たし、非常の際すぐに放水できるようにするためのものでしょうか。
点検の際、逆流するかみるのですが逆流することなんてあるのでしょうか。
愚問かもしれないのですがお分かりになる人どうか教えてください。

Aベストアンサー

消火設備用の補助高架水槽ですね。

これは「非常の際にすぐに放水できるようにする」ためのものではありません。水を満たしておいた方が配管が長持ちし、放水時の衝撃が和らぐからです。とくにSPはヘッド付近の二次圧がとんでもなく高いので、高架水槽からの水圧で放水することはまったくありません。

質問者様の地域が分かりませんが、東北地方や山間部などに行くと、SPや消火栓などは「乾式」または「開放式」と呼ばれる、常時水を張っていない配管が使われます。常時水を入れてあると、凍結で破裂の恐れがあるからです。しかし、乾式の場合錆が発生しやすくなり、比較的早い時期に配管に亀裂や穴が生じます。
それを予防するのが、高架水槽です。

で、逆流することがあるのか、と言われれば「あります」10年以上経った建物だとそれなりにあります。理由は「高架水槽手前のチャッキ弁がおかしくなるから」です。

チャッキ弁はほとんどがバタフライ弁で簡単な作りのため、長年使っていると錆などで完全に閉まらなくなることがあります。こういう状態で放水すると、ポンプからの圧力で逆流してしまい、放水時の適正圧力や流量を確保できないことがあるのです。

また、場合によっては高架水槽に圧力がかかり、破裂することもあります。(ここまではあまりないですが、1件だけ有った、と言う話を聞いたことがあります)逆に、ポンプの圧送でチャッキが固着し、高架水槽から落水圧がかからなくなることもあります。ポンプ試験時は逆流だけでなく、試験配管などから放水して、落水があるかどうかを確認することも必要です。

消火設備用の補助高架水槽ですね。

これは「非常の際にすぐに放水できるようにする」ためのものではありません。水を満たしておいた方が配管が長持ちし、放水時の衝撃が和らぐからです。とくにSPはヘッド付近の二次圧がとんでもなく高いので、高架水槽からの水圧で放水することはまったくありません。

質問者様の地域が分かりませんが、東北地方や山間部などに行くと、SPや消火栓などは「乾式」または「開放式」と呼ばれる、常時水を張っていない配管が使われます。常時水を入れてあると、凍結で破裂の恐れが...続きを読む

Q消火用補給水槽について

東京消防庁管内でFRP製の消火用補給水槽を設置する場合の設置基準で、延焼ラインに掛らない以外で基準が有れば教えて下さい。

Aベストアンサー

屋内に設ける場合(あまりないと思いますが)
加圧送水装置の設置条件と同じで「火災等の災害による被害を受ける恐れが少ない場所」に設置すること。

屋外(屋上)に設ける場合
設置する建物の外壁等及び隣接建物の外壁までの水平距離が5m以上離れていること。(外壁が不燃材料で、開口部に防火設備が設けられている場合はこの限りでない。)
周囲に可燃物等がないこと。

という基準があります。

Q受水槽の電極棒の仕組みを教えてもらえませんか。

受水槽の電極棒の仕組みを教えてもらえませんか。
できれば「アース」「電気」という言葉を使って教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水位検出用です
通常 水槽上部に 長い電極 と 短い電極 が設置されています

水槽に水が溜まってくると先に長い電極の先端が水没し  さらに水が溜まると短い電極も水没します

水槽は金属製もしくは一部が金属製で接地されています
水道水は 若干の電導性があり 電流が流れます

ですから 水没した電極は接地されます
電極の状況を監視し 接地されているか/いないかを確認します

長い電極も接地されていなければ、水位が低い(空に近い)のですから、ポンプを運転したり給水バルブを開いて水槽に水を補給します

短い電極が接地されれば 水位が上がり満に近くなった訳ですから、給水を停止します
この繰り返しで水槽の水位を所定の範囲に維持します

Q1トンは何リットルでしょう。

恥ずかしい話ですが、単位をすっかり忘れてしまいました。1トンは何リットルでしょうか。
こういう単位の細かなことをまとめてあるサイトがあれば教えてください。
小2の子供に聞かれて悩んでます。

Aベストアンサー

こんばんは。

少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。

「トン」は「質量」の単位です。先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。
かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて
いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。

小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、
回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため)
わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、
やはり、ここは、一言念を押しておいた方が良いと思い、投稿しました。

水なら、1トンの水は1000リットルの体積を示します。
(温度・圧力の条件でわずかに変化しますが)

質量1トンの水は、
地球上なら「1トンの重さ」( =1トン重?・1tw ? )を示しますが、
月とか、宇宙船の中とか、場所が変化すればその重さは大きく変化します。
でも、水そのものがどれだけあるか、という「質量」は変化しません。
体積も、圧力とか温度とかで多少は変化するのでしょうが、
まあ、常識的な温度・圧力のもとでは、
月だろうが宇宙船の中だろうが、だいたい1000リットルです。

では。

こんばんは。

少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。

「トン」は「質量」の単位です。先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。
かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて
いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。

小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、
回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため)
わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、
やはり...続きを読む

Q防煙・防火ダンパの設置基準記載の法規について

建築設備において、防煙・防火ダンパの設置基準が記載されている法規を探しています。

国交省の建築設備設計基準書への記載は見つけましたが、それが何の法規に基づいているのか不明です。

建築基準法か、建築基準法施行令か、あるいは消防法施行規則なのか。

法規及び該当箇所(何章の何条なのか)を教えて下さい。

Aベストアンサー

すこし質問があいまいで答えに困るのですが。どこの場所でどんな理由によりFD、FSDが要求されるか?がわかりません。

単純に、建築基準法にせよ同施行令にせよ、消防法にせよ、
防火区画や遮煙区画にダクト等の開口を設ける場合は
FDやFSDが必要となります。

たとえば、建築基準法施行令112条(防火区画)による場合では、
同条1項 いわゆる面積区画の場合は、同14項1号の規定により、FD。
同条9項 竪穴区画では、同14項2号の規定により、FSD要求。

 などなど。。。

Q天井裏に時々煙感知器が付いていることがありますが、設置しなければならない基準(理由)があるのでしょう

天井裏に時々煙感知器が付いていることがありますが、設置しなければならない基準(理由)があるのでしょうか?

Aベストアンサー

全ては消防法で決められています。
耐火建築物以外で設置が求められる建物で天井裏が50cm以上ある場合などには
火災報知器の設置が必要です。詳しくは下記を参照下さい、ただ普通の文と違い
設置すべきではなく「設置しなくても良い」みたいな言い回しがあるのでご注意。
http://www.nittan.com/houjin/firelaws_info/doc/sou15-213-214.pdf

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q受水槽などに用いられている、「定水位弁」動作のしくみを教えてください。

受水槽などに用いられている、「定水位弁」の動作のしくみと構造をわかりやすく教えてください。
またはそういう説明が書かれたHPがあれば併せて教えてください。

Aベストアンサー

 受水槽の定水位弁にはボールタップ式と電磁式があります。
 ボールタップ式は#1さんが紹介されているサイトにあるもので、ボールタップによるパイロット管が通水する事で定水位弁が開放され、メインの吐け口から水槽内へ流入します。水位が一定以上に上がると、流入が止まります。
 電磁式は、水槽内に電極を設置し、電気的に水位に変化を察知し、それにより電磁弁にて管路の開閉を行います。
 水槽の規模や種類によって、ボールタップ式と電磁式のうちどちらかを採用したり、あるいは併用したりします。管径が小さい場合は、ボールタップのみとする場合もあります。

Q仕切弁と止水栓の違いについて

給水工事等で使用する、
仕切弁と止水栓の違いについて教えて下さい。
機能的には同一のようなのですが、
メーカー等のカタログを見ると、はっきり
分別してあるので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

用途の違いで言いますと・・・
仕切弁は道路に埋設等されている配水管(上水道の本管)に使用されています。
通常、配水管はアミダクジのように上(配水タンク)から下(各個々の地域)に配水されるよう配管してありますが、ある1箇所が漏水や破損しても他のルートを通っていつでも水が行き届くようにしてあります。
でルートを変えたりする時に水を仕切る弁を仕切弁と言います。(排泥弁に使ったりと例外もありますが)

止水栓は文字通り水を止める弁です。なので片方が開放になる可能性がある場合(宅内に引込む給水管など)に使います。

仕切弁やボール式止水栓は、構造的には流量調整出来ないわけではないのですが、長年の間、流量調整したまま放って置くと弁が傷みやすい(弁が完全に閉まらなくなったり弁が動かなくなったりする)のでお勧めしません。
(費用対効果で仕方なくというのはあるかも。)

Q消防法における指定可燃物について

消防法9条の3において指定可燃物の取り扱いについての記述があり、火災予防条例別表第八にその品名と指定数量の記述がありますが、それぞれが具体的にどのようなものを指すのでしょうか?
例えばダンボールや書類は『ぼろ及び紙くず』に当たるのでしょうか?
『これは該当するのかどうか?』と悩んだとき、どうすれば調べることが出来るのでしょうか?
分かりにくい質問だと思うのですが、指定可燃物の規制全般について詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

防災の専門家です。

お住まいの地域は分かりませんが、#1さんがおっしゃるように、指定可燃物は市町村条例で決めています。

指定可燃物は、条例で定める指定数量を超えていれば、指定可燃物となります。

ダンボールや書類は、古紙回収に出した後や、出す前に倉庫などに積み上げた状態、つまり書類やダンボールとしての機能を失い、単にゴミの状態になったとき(管理が変わった時)から古布・紙くずになります。
(書類の状態で指定可燃物なら、国会図書館は危険物施設です。)

これは、ゴミの扱いになる紙くずやカンナクズなどが、可燃性の高い危険なものであるのに、ゴミとして処理されるため、管理が行き届かなくなることを防ぐために法制化されています。
だだし、石炭・木炭、可燃性液体類などは普通にしようする場合でも、数量が超えれば指定可燃物として管理する必要があります。

また、数量が超えるという場合は、ひとつの場所にまとまった場合を言います。
このとき、条例によって違いはありますが、同一の部屋の中、露天ならそれぞれが3M以内に集積している場合などが、1の数量単位になります。
もっとも、部屋と言っても耐火壁で区切られているかどうかとか、露天なら敷地の広さとか色々な条件がありますので、具体的なことは所轄の消防とご相談することをお勧めします。

防災の専門家です。

お住まいの地域は分かりませんが、#1さんがおっしゃるように、指定可燃物は市町村条例で決めています。

指定可燃物は、条例で定める指定数量を超えていれば、指定可燃物となります。

ダンボールや書類は、古紙回収に出した後や、出す前に倉庫などに積み上げた状態、つまり書類やダンボールとしての機能を失い、単にゴミの状態になったとき(管理が変わった時)から古布・紙くずになります。
(書類の状態で指定可燃物なら、国会図書館は危険物施設です。)

これは、ゴミの扱い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング