質問の通りなのですが、どちらが正当なのでしょうか?
辞書も見ましたが、「活かす」が正しい様な・・・
どちらでもいいような・・・?
私自身はずっと「生かす」と覚えていたのですが、
活用するという意味だから、
「経験を活かす」がより正しいのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

新字源ではどちらにも「いかす」の意味があります。

ただし常用の訓読みがあるのは「生」の方だけです。

さてその「いかす」ですが、

「生」…「死なさない」の意味
「活」…「役立てる」の意味。活用

「経験を生かす」とは「経験を役立てる」ことなので、漢字としては「活」がふさわしいと言えます。

しかし、常用訓では「活かす」は現状認められていないため使用する状況を考えた方がいいでしょう。

「たずねる」の意味の「きく」を「訊く」「尋く」と書くようなことと同じで、近年特に目立つようですが(実際仮名漢字変換ではすぐ出ます)、状況を考えずにあまり使いすぎるのは考え物です。
    • good
    • 86
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

trgovecさんがおっしゃる様に感じとしては「活」がふさわしいと思うので、ちょっと考えてしまいました。

使用状況を考えることが確かに必要ですね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/15 12:57

#1さんの指摘されたとおりです。

すこし詳しく言えば、
* 公務員は「生かす」のみで「活かす」は使えません(内閣告示による)。
* 新聞記者も同じです(それぞれの社内規則による)。
* 一般国民は自由ですが、政府としては、公務員に準ずることを希望しています。
* 学校では、両方教えます。教えないと文学作品が読めなくなります。
    • good
    • 50
この回答へのお礼

面白いことを教えていただきありがとうございます。

仕事によってきちんと告示や規則があるとは知りませんでした。
あぁ、言葉って面白いですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/15 12:59

調べたところ、goo辞書(大辞林)と手元の広辞苑では、生かすと活かすの区分けはありません。


手元の新明解国語辞典では、「経験を"いかす"」の場合は「活かす」になっています。

しかし、
どちらにしても対義語は「殺す」です。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A4 …
たとえば、
「せっかくの才能をいかすも殺すも、君次第だ。」
というような言い方はしますよね。
ですから、「経験を生かす」「才能を生かす」でも問題はないのではないでしょうか。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

対義語に目をやるのは面白い視点ですね。

>「経験を生かす」「才能を生かす」
がやはりよく目にする方ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/15 12:55

"活かす"でも"生かす"でも間違いではありませんが


"活かす"の方は現在は常用外の扱いです。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
活かす、はあまり使わないので、どちらが正しいのか考えてしまいました。
すっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/15 12:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q履歴書と志望動機書

ご覧頂きありがとうございます。

アルバイトを受ける際、まず履歴書と志望動機書を郵送して下さいと伝えられました。
手持ちの履歴書の志望動機欄には「志望動機、趣味、特技など」とひとくくりにされているので、志望動機書という書類を別で作るなら履歴書の欄には志望動機以外の事を記入するべきかと思ったのですが、やはり履歴書には志望動機は必要なのでしょうか?

それともきちんと項目ごとに記入欄がある履歴書の方が確実でしょうか?


回答お願いします。

Aベストアンサー

志望動機は、あれば良いです。

採用する側も同じ程度の人が沢山履歴書の郵送が有るものと思われます。
沢山来ている履歴書の中で 餞別するのですから 人と同じ事をしていても始まりません

話は、多少違いますが 懸賞ハガキを応募する時は どうします? 何百枚も来るのです
人と同じ無愛想なハガキで当選すると思いますか??
色を塗ったりマーカーで囲んだり・・担当者の目に付き易くしますよね

応募も同じです。 自分の応募先にたいする気持ちをアピールすろ方法でもあります。
くだくだ、意味の無い長文ならだれも相手はしませんが

明確に理路整然に記入してあり 先方にいかに自分をアピールし採用してもらえるかも大事な要素となります。
書かないよりは書いた方が良いです。 だってまだ面接にも進んでいないのでしょう?
とも角、自分の「勤務したい」想いを先方に理解してもらうのは大事な事ですよ。

Q記録は縮める?それとも伸ばす?

先日水泳選手の泳法についてのTV番組を見ていて、疑問に感じたので質問させていただきます。
番組でナレーターが、「彼はこの泳法で、記録を縮めた。」という表現をしていました。
今まで、「記録を伸ばす」あるいは、「タイムを縮める」という表現に接する機会が多かったため、「記録を縮める」という表現に少し違和感を感じました。
「記録」というのは、「縮める」ことも「伸ばす」ことも可能なものでしょうか?
どうか、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

「記録を伸ばす」
「タイムを縮める」
が正しく、
「記録を縮める」は誤りです。
テレビでの誤りはしばしばあります。
たとえば可能性や毒性が「強い」というのもよくありますが
何々性は高い低いです。

QPR文と履歴書の志望動機について

履歴書とPR文の2つに志望動機を書こうと思っているのですが、この場合は履歴書とPR文の志望動機は同じでいいのでしょうか?それとも工夫して、PR文の志望動機、履歴書の志望動機と2つとも内容を変えたほうがいいのでしょうか?初歩的な質問ですが、回答の方をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、採用側です。

 志望動機がA,B,Cとか複数ある場合に、履歴書にはA、PR文にはBとCという書き方は絶対に避ける様、お願いします。履歴書も他の紙もABC全て書いてください。普通は多くともABの2つぐらいに絞ったほうが好印象です。

 以上の原則を守った上で、履歴書には事実のみを簡単に書き、PR文には多少、背景や経験を含めた裏話的な事を書くことをお勧めします。

 例えば、サイクリングが趣味で自転車メーカーに就職希望ならば、

 履歴書:「サイクリングの楽しさ、しいては自転車の素晴らしさを自ら改良できる仕事を希望して、御社に応募しました」

 PR文:「私は、小学校1年の時に、初めて自転車を買ってもらったとき以来、その魅力に引かれ...高校時代は青森から下関までを....やがて、自転車のメカニズムそのものに興味を持ち....」

 という具合です。事実は統一して、アピールの方法を変えるのがコツです。

 ご参考になれば幸いです。就活応援します。

Q辞書を読む 辞書を見る どちらが正しいですか

辞書を読む 辞書を見る どちらが正しいですか

Aベストアンサー

「辞書を見る」・・・主に、辞書で何かを調べる時
「辞書を読む」・・・主に、特に目的はなく辞書を読書するように読む時

辞書の性質上「辞書を引く」「辞書で調べる」「辞書を見る」といった使われ方の方が多いと思います。これらは殆ど同じ意味として受け取れますが、「辞書で調べる」「辞書を見る」は口語的です。
「読書するように読む」ようなことはあまりないと思うので、「辞書を読む」はあまり使われないと思います。

Q志望動機を履歴書に記入しないで、職務経歴書に記入したい

履歴書の『志望動機』欄のスペースが小さくて書ききれないので、十分なスペースのある職務経歴書の『特記する事項』の欄に志望動機を記入しようと思ってます。

ですが、それだからと履歴書の『志望動機』欄を空欄にしておくのはまずいと考えるのですが、みなさんどう思われますか。

それで、履歴書の『志望動機』欄には「別紙添付」とでも書こうと思っていますが、どうするのがベストなんでしょうか。

Aベストアンサー

僕も現在就職活動中です。
志望動機を空欄にするのはまずいと思います。正式な書類ですので記入漏れと思われるかもしれません。
僕なら履歴書には簡単な志望動機を記入しておき、詳細は職務経歴書に記入します。内容がかぶっても問題ないと思いますよ。
別紙添付は聞いたことありませんねぇ。悪くは無いと思いますが受け手しだいでしょうか・・・。

Q「それは彼に会えばわかることです」「それは彼に会えば分かるのです」両者とも正しいですか その違いはなんですか

「それは彼に会えばわかることです」「それは彼に会えば分かるのです」両者とも正しいですか その違いはなんですか

Aベストアンサー

まず、文法構造自体が違うのでしょうが、それはさておき。

「わかるのです」は「わかるんです」と意味的にはほぼ同じ。

で、修飾されている言葉を省いて土台の部分だけ残すと、
前者・・「それは、ことです」
後者・・「それは、わかるんです」
という風に、何を結論にするかが違います。
前者の方が「こと」に結論を置いているぶん、「彼と会った時に起きることに注目すべき」といったニュアンスが強いです。「この件に関しては、私にはこれ以上何も出来ない」という風な、責任を放棄して突き放した印象にもなるので、使うには注意が必要です。(必ずそうなるという訳ではないですが。)
一方、後者は言葉通り、「彼に会えばわかる」以上の意味は感じられません。ただ、突き放した意図は無く単に「彼に会えばわかる」と言いたい場合は、「彼に会えばわかると思います」等という風に少し謙虚に言う方が自然ですね。

例:
「契約書を読めばわかることです。」
裏には「これ以上私に言えることは無いので、聞かないで欲しい」あるいは、「読めばわかることのはずなのに、何をグダグダ言っているの」「読んでもいないくせに、この時点で口出しするな」・・といった、突き放したニュアンスがあります。

まず、文法構造自体が違うのでしょうが、それはさておき。

「わかるのです」は「わかるんです」と意味的にはほぼ同じ。

で、修飾されている言葉を省いて土台の部分だけ残すと、
前者・・「それは、ことです」
後者・・「それは、わかるんです」
という風に、何を結論にするかが違います。
前者の方が「こと」に結論を置いているぶん、「彼と会った時に起きることに注目すべき」といったニュアンスが強いです。「この件に関しては、私にはこれ以上何も出来ない」という風な、責任を放棄して突き放した印...続きを読む

Q履歴書の志望動機欄だけでなく、『面接官も志望動機を聞く』理由とは?

「ほんのアルバイト」でも会社によって面接で、「志望動機が聞かれる」場合があるそうですが、
例えばアルバイト情報誌の「面接攻略法」コーナーに、高確率で
『面接官に「あなたがこの会社を運んだ理由(志望動機)は何?」と聞かれるので注意』と
記されていますね。この記述に私は理解に苦しんでいます。

何故なら大抵、アルバイトに採用してもらうには合格点の面接+履歴書が必要ですが、
履歴書に志望動機欄が設けられているではないですか?それを読めば良いではないですか。
なぜ面接の時に又聞くのでしょう?それとも、志望動機は
履歴書・志望動機欄用と面接で聞かれる時用と、2つの動機が必要という事なのでしょうか。

面接の時、志望動機が聞かれたらどう答えれば良いのでしょう?例えば
『履歴書の志望動機欄に書かれてある事が全てですので、それ以上は答えようがありません。』とかですか?

Aベストアンサー

#1さんの言うとおり履歴書に書ききれない部分を聞くためにあえて聞いてくるのです

試しに自分を全く知らない人が読んでも完璧にわかるように志望理由を書いてみてください。具体例、実際の体験、その会社でなければならない理由などを書くと結構な量になります

その辺をうまくまとめて書いておき、面接で補足しながら答えればいいと思います
また、履歴書という配布資料を使って自分を売り込むというプレゼンテーション能力もテストしているのかもしれませんね

Q習慣を表すとき、動詞て刑+いる と 動詞辞書形、どちらが正しい?

ある日本語の教科書によると、「習慣を言うときは、”~ている”文型を使って言う」ということなんですが、日本にいたとき、よく「毎朝8時に家を出る」なと、辞書形を使って言うのが聞いていたんです。


習慣を表すとき、動詞て刑+いる と 動詞辞書形、どちらが正しい?
両方とも言うなら、何が違いがありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも正しいのですが、微妙にニュアンスが異なります。
1.
「毎朝8時に家を出る」

「毎朝8時に家を出る」という習慣をわたしは持っている。
というニュアンス。
『そのような習慣がある』と言いたい場合の表現。

2.
「毎朝8時に家を出ている」

「毎朝8時に家を出る」という行為を、私は習慣的に繰り返している。
というニュアンス。
『実際に、そのような習慣的な行動をしている』と言いたい場合の表現。

Q履歴書記載と面接時の志望動機について

履歴書を記入するにあたって、毎度の事のように考えてしまうのですが、
履歴書に記載した志望動機と、面接時に質問されて述べる志望動機は
同じでは無い方がいいのでしょうか?
面接官の手元には、履歴書が広げられており志望動機の欄も当然
目を通していらっしゃると思うのです。
改めて問う、と言う事は「志望動機について欄内に書き切れなかった事、
熱意をそれにプラス」した方が、ただ記入した事を暗記するよりも
意欲が感じられますか?履歴書の志望動機は簡潔に記入し、面接時に
熱意を知ってもらう為、更に付け加えるという形はどう評価されますでしょうか?
書類審査が先にある場合は書類であらかた判断されると思いますので、
簡潔に記入するのはマイナスポイントになるのでは?と心配です。
みなさんは、どうされてますか?
教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

同じような質問がありましたので、そちらを見られていたら重複しますが。

実際問題として、履歴書の志望動機欄に書ける事はそんなに多くの事を書けるわけではありませんので、ありきたりの事になってしまうのは仕方ない事と思います。
面接官も、あまりじっくりと読みません。目を通す程度です。
それで面接の時に志望動機を、再度聞くのは、確認しています。その中で、書いてある事と違っていれば、??で、論外。

>「志望動機について欄内に書き切れなかった事、熱意をそれにプラス」した方
>が、ただ記入した事を暗記するよりも、意欲が感じられますか?

そう感じます。「多くの中の1社として応募されているな。」という人と、「事前に当社の事を調べているな。その上で応募されたかな?」という人に分けています。
(意欲・熱意は、会社をある程度調べないとわいてこない)

>履歴書の志望動機は簡潔に記入し、面接時に熱意を知ってもらう為、
>更に付け加えるという形はどう評価されますでしょうか?
それでいいと思います。

>書類審査が先にある場合は書類であらかた判断されると思いますので、
>簡潔に記入するのはマイナスポイントになるのでは?と心配です。
当社は、中小企業ですから、書類選考で、不採用にする事は、希ですが、大きな会社では、そういう事のあるかもしれません。でも、冒頭に書きました通り、履歴書の志望動機欄は、熱意を伝えるには小さすぎます。熱意を伝えるなら、職務経歴書や、自己PRを同封する方が効果的です。

いずれにせよ、志望動機欄は、あまりこだわらなくても良いのではないでしょうか。面接時または、職務経歴書などの応募書類に一工夫して、「熱意」「応募会社に対する思い入れ」「自己PR」すれば、良いとおもいます。

中小企業で、当社の場合。。という事ですので、一般人・自信なしに、しておきます。
いい企業に就職できます事を祈念いたします。

同じような質問がありましたので、そちらを見られていたら重複しますが。

実際問題として、履歴書の志望動機欄に書ける事はそんなに多くの事を書けるわけではありませんので、ありきたりの事になってしまうのは仕方ない事と思います。
面接官も、あまりじっくりと読みません。目を通す程度です。
それで面接の時に志望動機を、再度聞くのは、確認しています。その中で、書いてある事と違っていれば、??で、論外。

>「志望動機について欄内に書き切れなかった事、熱意をそれにプラス」した方
>が、...続きを読む

Q「経験の元」「経験の下」どちらが正しいのですか?

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

「経験の元」「経験の下」どちらが
正しいのですか?
全く分かりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「元」は、「物事の始め」という意味の文字で、「電気の元を切る」などと使います。このことから意味が転じて、「資本」「資金」などの意味にも使われます(元が取れないなど)。
「下」は、「上に広がるものに隠れる範囲」「影響を受ける範囲」で、「教授の指導の下に論文を書く」「電球の光の下で書く」などです。
「経験のもと」は、「経験を土台として」という意味であるならば、基礎・基本を意味し、「基づく」である「基」が適切です。したがって、「経験を基に」になります。
ただし、見慣れない部分もあり、細かくかき分けるのが困難な場合、国語審議会では「経験をもとに」と、かな表記も容認しています。

出展:大蔵省(現財務省)印刷局発行 文化庁編「言葉に関する問答集」


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報