痔になりやすい生活習慣とは?

4月15日に、アルバイトを辞め、4月16日から今の派遣会社のアルバイトを始めました。(共に社会保険あり)
実は、入社日は、3月27日でしたが、以前のアルバイト中に仕事を探していて、今の仕事をすぐに辞められないので、4月16日を勤務開始日にしてもらったんです。
社会保険の加入なんですが、勤務3ヶ月の実績がないと駄目だといわれ、さかのぼり加入も可能とのことでしたので、先日、さかのぼり加入をお願いいたしました。
申請時に、入社日を聞かれて、4月16日ぐらいから働き始めたと答え、7月給与からの分の加入か、入社日からかと聞かれて、保険の空白期間が発生するのが嫌だったので入社日からお願いしますといいました。
数日前、仮の保険証が郵送され、今日、病院で使用し、初めて3月27日加入(二重加入)になっていることに気づきました。
病院から派遣会社に訂正してもらうようにいわれ、すぐに連絡したんですが、一回申請したものは訂正できない、以前の会社に保険料を返してもらい、その間にかかった病院代も、対処してもらうように言われました。
気が重かったんですが、以前の会社に事情を説明して、問い合わせたんですが、夕方、連絡があり、すべて済んでしまっているから、こちらの方が無理だといわれました。
日付の訂正だけなら出来ないはずはないからまだ、支払いもしてないし(7月に受け取る給与で3か月分払う予定)もう一度、今の職場に頼むようにいわれました。
4月16日まで、働いていないし、2重加入なんて起こるとは思っていませんでしたが、4月16日からの加入になるか確認しなかった私が悪いんだろうとは思いますが、双方に断われ困っています。
こういう場合、対処方法があるんでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それは、、、難しい問題ですね。


実は社会保険は二重加入できるのです。
なので、、、両方の会社から断られたらどうにもなりません。
健康保険については保険者が異なる場合には、保険者選択届を出してどちらか一つに出来ます。
厚生年金についてはそのまま二重になります。

ただ厚生年金はもちろんその二重分は年金金額に反映はされます。

あと雇用保険については二重加入は出来ないので、多分派遣会社の方の加入を遅らせることになるのではないかと思います。

では。

この回答への補足

やっぱり出来なかったようです。
今の会社から手続きに行けば(どこでするとは記載なし)年末には返金してもらえるとメールがあったので、社会保険事務所に行ってみたんですが、何故か厚生年金のみ喪失年月日と取得年月日が3月27日になっているので二重加入にはなっていないといわれました。
健康保険については前回会社分で4月も使用しているので二重加入の可能性はあるそうです(健康保険については社会保険事務所では出来ないそうです)
何故こんなややこしいことになってるのか訳がわからなくなりました。
二重加入で問題ないなら諦めたほうがいいのかもしれませんね。

補足日時:2007/06/26 22:44
    • good
    • 16
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
そうなんですね、二重加入できるんですね。

今日、出勤だったので昼休みに事務所のほうに問い合わせに行ったんですが、その時に、walkingdicさんがおっしゃってたように向こうから雇用保険について二重加入が出来ないといわれました。
勤務日の4月16日からになると言われたので、他の保険についても一緒に出来ないかと尋ねたところ、まだ、仮の状態だから出来ると思うと言われました。
昨日は、送付元(不明点はお問い合わせくださいと同封文書に書かれてましたので)に直接問い合わせたから聞いたところが違うんですが、
昨日、そういわれてたら、前の会社の方に迷惑かけずに済んだと思うと悔やまれます。辞めた人間の為に迷惑かけて本当に申し訳なかったです。
本当に出来るかまだわかりませんが、変更をお願いしました。
無事に解決するといいんですが、本当にこんなトラブル起こして情けないです。

お礼日時:2007/06/21 23:14

今の社会保険の変更が出来ないと言っているのは、健康保険組合ですか?派遣会社の方ですか?



言われているのが会社の方の場合は、現在加入の健康保険組合に、直接電話して聞いてみてはいかがでしょう。保険証に連絡先が載っています。
厚生年金は、現在年金番号による管理がされているので、重複にはならないかと思うのですが、こちらも会社が加入している社会保険事務所に聞いてみてください。問い合わせの時は、会社の加入番号とご自分の年金番号を用意してください。会社の加入番号がわからないときは、ご自分の年金番号だけでも大丈夫かと思います。

変更としては、今の会社の方をずらす方が良いとは思いますが、これは健康保険組合、社会保険事務所の判断を待つことになりそうです。

お役に立たずすみません。
大変ですが、あまり気を落とさずに、お仕事頑張ってください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
派遣会社のほうです。仮の健康保険証を送付してきた東京本社のほうへ電話して一度申請したものは変更がきかないといわれました。
※まだ、仮の保険証しか来ていません。11日に申請した時、2,3週間かかると言われました。
以前の職場に頼むのは、辞めてから迷惑かけるのも心苦しかったんですが、以前の会社の人事の方は社会保険事務所に問い合わせてくださったそうです。
勤務開始から社会保険の権利が発生すると勝手に解釈していた私の失態なんですよね。一般常識が足りないんでしょうか。
今の所で変更していただけるといいんですけど。
本当に、周りに迷惑かけて情けないです。

お礼日時:2007/06/20 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険料の2重払いについて

私は5月に勤務先が変わりました。
前の会社は会社への勤務は10日ごろまでで
契約的には5月27日付けで退職になりました。
その際、社会保険は5月分まで支払いました。
(5月も健康保険は使っていました。)
そして10日以降は就職活動をして
5月23日に次の勤務先に入社しました。
すると新しい会社からも5月分の社会保険料を請求
されました。
5月分を前の会社で払ったことをいうと
通常は退職月の社会保険料は請求されなく(できない?)
新しく入った会社が入社月の社会保険料を請求するという法律上なっているとのこと。
(社会保険事務所に確認しました)
でも、前の会社に最後の保険料はまちがいなく5月分
ということで確認しましたし、そのことを社会保険事務所にいうと、
「では、5月分の厚生年金料は前の会社に申請すれば
還付する手続きをとっていただけます。
ただし、健康保険は、厚生年金とは別の法律になっており、2重払いした場合でも還付されません。」
と言われました。
納得がいきません。
社会保険事務所の方がいうので間違いないと
思いますが、これを民間企業がやっていたら
詐欺だと思います。
どなたか社会保険のしくみについてご存知の方が
いらっしゃいましたら、この場合の対処法について
アドバイスをいただければと思います。
宜しくお願いいたします。

私は5月に勤務先が変わりました。
前の会社は会社への勤務は10日ごろまでで
契約的には5月27日付けで退職になりました。
その際、社会保険は5月分まで支払いました。
(5月も健康保険は使っていました。)
そして10日以降は就職活動をして
5月23日に次の勤務先に入社しました。
すると新しい会社からも5月分の社会保険料を請求
されました。
5月分を前の会社で払ったことをいうと
通常は退職月の社会保険料は請求されなく(できない?)
新しく入った会社が入社月の社会保険料を請求するという法律上な...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと整理しますね。

A社
 5/27退職
B社
 5/23入社

ですよね。
社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格喪失日は退職日の翌日ですから5/28となります。
社会保険料は、資格喪失日が所属する月分の保険料はかからなくなっていますので、A社から5月分の保険料を引かれるということはないはずです。

また、B社の社会保険料は資格取得年月日(入社日)の所属する月分より発生しますので、5月分から発生することとなります。

もし、A社で5月分として社会保険料を引かれているのであれば、それはA社の経理上のミスですから、A社から返還してもらうようにしましょう。
A社としても、社会保険事務所からの5月分の社会保険料の請求は、あなたの分は含まれずに来ているはずです。

なお、健康保険にしても厚生年金保険にしても、二重払いについてはありうることではあるのですが、ご質問のケースは二重払いというよりも、ただ単純に経理上のミスですから、A社から返還してもらうこととなります。(健康保険法や厚生年金保険法は関係ありません。)

ただし、A社に5月に支払った保険料が、本当に5月分であるかどうかを確認してから請求してくださいね。
本来であれば4月分の社会保険料は5月に支払われる給料から差し引くのが通例ですので、4月分の保険料をA社の担当者が間違って「5月分です」と言ってしまった場合も考えられますので。

ちょっと整理しますね。

A社
 5/27退職
B社
 5/23入社

ですよね。
社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格喪失日は退職日の翌日ですから5/28となります。
社会保険料は、資格喪失日が所属する月分の保険料はかからなくなっていますので、A社から5月分の保険料を引かれるということはないはずです。

また、B社の社会保険料は資格取得年月日(入社日)の所属する月分より発生しますので、5月分から発生することとなります。

もし、A社で5月分として社会保険料を引かれているのであれ...続きを読む

QWワーク 両社会保険加入の場合

色んな方の質問と回答を見させていただいたのですが、無知な私にはどうもちゃんと理解することができているかどうか不安なので、確認も含めてこちらに質問させて頂きました。

(1)2つの会社に入社(アルバイト)し加入条件を満たし社会保険に加入した場合
→「社会保険を管理している事務所?に2つ社会保険を入ってますという申告をする」
→「事務所で合算したあと両会社に割り振り、2つの会社からそれぞれお金が引かれる」

で合ってますでしょうか?

(2) (1)が正しかった場合、他に手続き等々あるんでしょうか?

(3)Wワークで社会保険料を天引きして手取り15万円稼ごうと思うと、どうゆう勤務体系がおすすめでしょうか??


よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

社会保険と一言で言っても
雇用保険、労災保険、医療保険、介護保険、厚生年金保険の5種類です。

雇用保険は二つの事業所で被保険者にはなれませんので
週の所定労働時間が20時間以上で賃金の多い方で加入します。
失業給付をもらうときも片方の賃金による計算になります。

労災保険は事業主加入なので貴方の保険料負担はありません。
両方の会社で労災は適用されます。

医療保険(40歳以上は介護保険も)、厚生年金保険は
一ヶ月の労働時間が一般の正社員の3/4以上の労働時間でないと加入要件をみたしません。
所定労働時間が月173時間だとすれば貴方は月130時間以上の労働時間でないと
加入できませんから2箇所だと月に260時間働かないと加入できません。
月21日働くとすれば毎日12時間労働ということになります。
医療保険と厚生年金保険の保険料は
2箇所の月額賃金の総額で標準報酬月額を決めて2箇所の事業で
割り振りますが
メインをどちらにするかは決めないといけません。
「健康保険 厚生年金保険 被保険者所属選択・二以上事業所勤務届」を
社会保険事務所に提出します。
2箇所の保険証をもらうわけではありません。
メインにした選択事業所が事務手続きをすることになります。
事業所が県をまたいでいたりすると保険料率が違う場合があるので
具体的に社会保険事務所に相談してください。
両方で社会保険に入るような勤務時間だと
最低賃金で働いても月額15万円なんか簡単に超えます。

一日の労働時間が8時間を越えれば割増賃金を支払わないとなりませんが
法律では事業所ごとということにはなっていないので
一日に2箇所で働けば2箇所目の会社では割増しなければならないことになります。

社会保険と一言で言っても
雇用保険、労災保険、医療保険、介護保険、厚生年金保険の5種類です。

雇用保険は二つの事業所で被保険者にはなれませんので
週の所定労働時間が20時間以上で賃金の多い方で加入します。
失業給付をもらうときも片方の賃金による計算になります。

労災保険は事業主加入なので貴方の保険料負担はありません。
両方の会社で労災は適用されます。

医療保険(40歳以上は介護保険も)、厚生年金保険は
一ヶ月の労働時間が一般の正社員の3/4以上の労働時間でないと加入要件をみたしません。...続きを読む

Q二重に納めている!?健康保険料は戻りますか?

ある会社に契約社員していて今春契約満了で退職し健康保険は継続加入してこの8月まで毎月自己負担で納めています。
しかし、別の会社に入り2カ月経過して社会保険加入になり今月8月1日付で加入と連絡がありました。
しかし継続加入の健康保険料2万6千円今月に入りすでに納めています。二重でおさめている形になると思いますがこの分は後日戻ってくるのでしょうか?いわないとそのままなんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>後日戻ってくるのでしょうか?

はい、戻ってきます。

>いわないとそのままなんでしょうか?

まずは、「任意継続の資格喪失の届け出」が必要です。その結果、納付の必要がなかった保険料があれば還付の手続きを行います。

「任意継続」されていたのが「協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)」であれば以下のリンクをご参照ください。

・協会けんぽ>任意継続に関するQ&A

『Q10-3 就職して健康保険等の被保険者の資格を取得しました。何か手続きは必要ですか?』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/11,0,159.html#10-3
『Q10-7 資格を喪失した月の保険料を納付していましたが、還付されますか?』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/11,0,159.html#10-7

※「協会けんぽ」以外の場合は加入していた「健康保険組合」へご確認ください。

(参考)

『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/?ST=life&P=1

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします。

>後日戻ってくるのでしょうか?

はい、戻ってきます。

>いわないとそのままなんでしょうか?

まずは、「任意継続の資格喪失の届け出」が必要です。その結果、納付の必要がなかった保険料があれば還付の手続きを行います。

「任意継続」されていたのが「協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)」であれば以下のリンクをご参照ください。

・協会けんぽ>任意継続に関するQ&A

『Q10-3 就職して健康保険等の被保険者の資格を取得しました。何か手続きは必要ですか?』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/...続きを読む

Q健康保険の二重加入について

今年7月~11月まで派遣社員として働いたため社会保険に加入しました。

ですが、主人の健康保険に扶養として加入したままでいました。

9月~11月まで派遣会社の健康保険を使用しました。
11月末で派遣会社を退社したので、12月は、手元にある
主人の扶養として健康保険を使用してしまいました。

病院の受付で
「健康保険を返却されていないのですか?」と言われて「はっ!」とようやく
気付きました。

ちなみに、9月~11月は傷病手当も派遣会社の健康保険でもらってます。

このような場合、私はどうすればよいでしょうか?

傷病手当の返金を要求されますか?

まず、主人の健康保険か、私の勤務していた派遣会社か
どちらに事情を説明しなければいけませんか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>このような場合、私はどうすればよいでしょうか?

「ご主人の加入している健康保険」の「保険者(保険の運営者)」に事情を説明します。

『公的医療保険の運営者―保険者』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

なお、原則として、【被扶養者ではなく】、「被保険者(この場合はご主人)」にすべての届け出を行う【義務】があります。

また、実務上は、「ご主人の勤務先の健康保険を担当する部署(担当者)」が「窓口」となっていることが多いですから、詳しくはご主人に確認してもらってください。

>傷病手当の返金を要求されますか?

されませんのでご安心ください。

---
「傷病手当金」は、【保険料を払っている】【被保険者】にしか支給されません。

つまり、【保険料を払っていない】【被扶養者】は給付を受けられませんので、「被扶養者として(誤って)加入していた健康保険」=「ご主人の加入する健康保険」は【無関係】です。

>まず、主人の健康保険か、私の勤務していた派遣会社かどちらに事情を説明しなければいけませんか?

「ご主人の加入している健康保険」の「保険者」です。

---
その後のことは、「保険者の回答を確認してから」行動してください。
なぜかといいますと、

・「派遣会社で健康保険(はけんけんぽ?)に加入していた期間(7月?日~11月?日)」に、「ご主人の加入している健康保険」の保険証を使ったかどうか?

が、重要なポイントになるからです。

※ご質問内容からは、「7月~8月」の期間の状況が不明です。

---
仮に、「一度も使っていない」という場合は、「7割負担分の返還」という厄介な手続きが必要ありません。
また、「次からは気をつけてください」という注意だけで済む【可能性】もあります。

もちろん、「7割負担分の返還」が必要ないとしても、「きっちり遡って被扶養者資格の取り消し」「改めて【これから】被扶養者資格を再認定」とするのが本来のあり方です。

いずれにしましても、「健康保険の保険者」は1,400以上もありますから、【ご主人が加入している健康保険】の保険者の回答がどうなるかは「第三者」としては予測がつきません。

※なお、「派遣会社で加入していた健康保険」の「資格喪失の証明書」や、「雇用保険の離職票」が手元にない場合は、念のため(派遣会社に)発行を依頼しておいたほうが良いでしょう。
そうすれば、何をするにしても手続きがスムーズになります。

*****
(その他参考URL)

『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>このような場合、私はどうすればよいでしょうか?

「ご主人の加入している健康保険」の「保険者(保険の運営者)」に事情を説明します。

『公的医療保険の運営者―保険者』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

なお、原則として、【被扶養者ではなく】、「被保険者(この場合はご主人)」にすべての届け出を行う【義務】があります。

また、実務上は、「ご主人の勤務先の健康...続きを読む

Q社会保険の2重加入について

他の方の質問をみて、なんとなくわかった気になっているのですが、間違って
いないかどうか確認させてください。

昨年11月から妻が有期契約社員(半年契約)として働き始めました。

それまでは私の社会保険の扶養に入っていたのですが、新しい勤務先では
社会保険に加入するように言われました。収入は15万円/月程度で、1年続ける
ならば、税扶養、健康保険の扶養ともにはずれる必要があるのは理解している
のですが、そうなると扶養手当などもでなくなり割に合わなくなるため、半年の
契約終了時点('11/4月)で辞めるつもりです。

現時点で、私の社会保険からはずす手続きはしていないため、2重に加入して
いることになっています。妻が病院にかかるときには自分の保険証でかかって
いるため、私の扶養としての保険証は使用していません。

本来、妻が社会保険に加入した時点で扶養からははずし、退職した時点で再度
扶養に登録するのがただしい手続きのようなのですが、半年のことなので、
できれば手続きを省略したいとおもっています。

その際、妻が病院にかかる際に私のほうの保険を使いさえしなければ実害が
発生しないため、そのままにしておいて、退職したときに妻の保険がなくなれば、
元通り、ということでよいのではないかと思っているのですが、ほかに気を受ける
べきことや注意点があればご教示いただけませんでしょうか?

よろしくおねがいいたします。

他の方の質問をみて、なんとなくわかった気になっているのですが、間違って
いないかどうか確認させてください。

昨年11月から妻が有期契約社員(半年契約)として働き始めました。

それまでは私の社会保険の扶養に入っていたのですが、新しい勤務先では
社会保険に加入するように言われました。収入は15万円/月程度で、1年続ける
ならば、税扶養、健康保険の扶養ともにはずれる必要があるのは理解している
のですが、そうなると扶養手当などもでなくなり割に合わなくなるため、半年の
契約終了時点('11/4月)で...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

 健康保険ばかりを気にしているようですが、年金の面では問題があります。

 奥様は健康保険の被扶養者ということは、年金についても貴方の被扶養者として国民年金の第3号被保険者だったはずです。

 しかし、奥様が仕事を始めたことで、厚生年金の被保険者となりました。このこと自体に特別な手続きはありません。

 問題は仕事を辞めた後です。
 貴方が奥様に対する扶養届を出し直さないと、奥様は国民年金の第3号被保険者に戻れず、保険料支払が必要な第1号被保険者の扱いになります。
 そうなると、保険料納付をしなければ未納扱いとなり、奥様の将来の年金に影響します。

 扶養届は会社を経由しての手続きが必要なのですから、たとえ6か月でもやるべきことはしっかりやってください。


>、そうなると扶養手当などもでなくなり割に合わなくなるため、半年の契約終了時点('11/4月)で辞めるつもりです。

 貴方と奥様のトータルの収入増の視点で考えてください。

 また、健康保険、厚生年金は労使折半ですから、年収180万円程度なら、個人で国民健康保険、国民年金を支払う割安です。しかも、年金については、国民年金だけの人より多くもらえることになります。
 雇用保険の失業等給付、健康保険の傷病手当金などもメリットかとは思います。

 育児とか、介護とか、収入だけでは割り切れない事情があるなら別ですが、私には割に合わないなんてことはないと思います。 

はじめまして。

 健康保険ばかりを気にしているようですが、年金の面では問題があります。

 奥様は健康保険の被扶養者ということは、年金についても貴方の被扶養者として国民年金の第3号被保険者だったはずです。

 しかし、奥様が仕事を始めたことで、厚生年金の被保険者となりました。このこと自体に特別な手続きはありません。

 問題は仕事を辞めた後です。
 貴方が奥様に対する扶養届を出し直さないと、奥様は国民年金の第3号被保険者に戻れず、保険料支払が必要な第1号被保険者の扱いになります。
 ...続きを読む

Q雇用保険二重加入について

雇用保険二重加入について

先日派遣の仕事が決まりました。
3か月以上なので社会保険の対象となると言われました。
しかし実は実家が自営業(有限会社)をしており、
私はそちらの社員という事で社会保険、厚生年金、
雇用保険に加入しています。

実家の給与のほうが高額だし、派遣は不安定で
3か月で終わる可能性もあるとの事で、
できれば派遣会社の社会保険には加入したくありません。

社会保険と年金は二重加入できると派遣会社から言われました。
ただ雇用保険だけは二重加入できないので、実家の会社を
退職?してくれとの事です。

良く考えたら普通にダブルワークで働いてる方もいます。
そういう人たちは保険はどうなっているのでしょうか?

絶対雇用保険に加入しないといけない場合、
給与の高いほうに加入したいのですが、どうなんでしょうか?


知識がなく雑文ですみません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

厚生保険(健保年金)は二重加入可能だが、労働保険(雇用労災)は高い方だけです。
尚派遣先で労災になった場合、派遣の賃金ベースしか出ません。
また、家業から賃金が出る場合は就労と見なされ、支給無しに(医療だけ)
派遣会社には被保険者証だけ渡し、手続き停止で充分。
後、家業を役員にして社保脱退の回答もありますが、役員就任で雇用保険は失権し、受給は一切不可。
派遣の離職で受給するのは不正受給です。
受給は育児休業給付とか、教育訓練給付で受けるべき。

Q社会保険の重複加入 扶養家族

初めまして、よろしくお願いします。
11月から4か月ほど派遣で働くことになったのですが、(11月~2月まで)社会保険に加入してほしいと派遣会社から連絡が来ました。
4カ月間で672000円ほどの合計金額予定です。
今までは主人の扶養に入っています。
この場合、今まで通りに主人の扶養、健康保険、年金にはいっておいて尚且つ派遣会社の社会保険に入って大丈夫でしょうか?
私としては4ヶ月間だけで以降その仕事が続くかどうかわからないとの事ですので、できれば主人の社会保険等から抜けたくなく扶養に入っていたいのですが、可能なことなのでしょうか?
また主人の会社の健保などに何か不都合やご迷惑がかからないでしょうか?ご意見伺わせて頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>この場合、今まで通りに主人の扶養、健康保険、年金にはいっておいて尚且つ派遣会社の社会保険に入って大丈夫でしょうか?

それはまずいでしょうね。

>私としては4ヶ月間だけで以降その仕事が続くかどうかわからないとの事ですので、できれば主人の社会保険等から抜けたくなく扶養に入っていたいのですが、可能なことなのでしょうか?

可能でしょうけど、まずいということです。
スーパーでレジを通さずに品物を持って出る事は可能だけれども、まずいというのに似てます。

>また主人の会社の健保などに何か不都合やご迷惑がかからないでしょうか?

まずいことですから当然不都合や迷惑が掛かることもあるかもしれません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

「○○社会保険事務所」あるいは「全国健康保険協会 ○○支部」ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

「○○健康保険組合」ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

>4カ月間で672000円ほどの合計金額予定です。

夫の健保がAであれば月額が約108330円をはるかに超える金額ですから、そもそも扶養ではいられません。
夫の健保がBであれば健保に聞かなければ判りませんが。

>この場合、今まで通りに主人の扶養、健康保険、年金にはいっておいて尚且つ派遣会社の社会保険に入って大丈夫でしょうか?

それはまずいでしょうね。

>私としては4ヶ月間だけで以降その仕事が続くかどうかわからないとの事ですので、できれば主人の社会保険等から抜けたくなく扶養に入っていたいのですが、可能なことなのでしょうか?

可能でしょうけど、まずいということです。
スーパーでレジを通さずに品物を持って出る事は可能だけれども、まずいというのに似てます。

>また主人の会社の健...続きを読む

Q有給休暇中の次職場での就業は可能?

こんにちは。
質問させてください。


現在、転職活動中の身です。
雇用形態は正社員です。

仕事後にハローワークに通い、転職活動中です。

次の仕事が決まった場合(正社員)、
現在の仕事をたまった有給休暇で休もうと(有休消化)思っていますが
次の会社が「すぐこれないか?」と言った場合、
有休消化中に、次の会社で働くのは可能なのでしょうか?

例えばそれは正社員でなく、アルバイト扱いやパート扱いなどで
見習い期間として働くなど。

いわゆるダブルワークになるかと思いますが
これについて、法的な部分などで
ダメということはあるのでしょうか?


私が現在の会社を辞めたいという言葉は
直接上司に話したことはありますが、
上司はもうちょっと我慢してみろ
お前の人生のためだ、という返しで止まっています。


なお、現在在職中の会社で、誓約書を見ましたが
副業についての禁止は記載されていませんでした。
(一般常識でOUTなのかな?という部分から書かれていない可能性ありますが)


また、辞めるときには1ヶ月前に言うこと
という記載はあります。


余談ですが、現在の会社に特別迷惑をかけるつもりはないので
(辞めること自体迷惑ではありますが・・・)
辞めます!明日から有休消化させてください!
なんていうつもりはありません。
余談ですが。


何か情報をお持ちの方
よろしくお願い致します。

こんにちは。
質問させてください。


現在、転職活動中の身です。
雇用形態は正社員です。

仕事後にハローワークに通い、転職活動中です。

次の仕事が決まった場合(正社員)、
現在の仕事をたまった有給休暇で休もうと(有休消化)思っていますが
次の会社が「すぐこれないか?」と言った場合、
有休消化中に、次の会社で働くのは可能なのでしょうか?

例えばそれは正社員でなく、アルバイト扱いやパート扱いなどで
見習い期間として働くなど。

いわゆるダブルワークになるかと思いますが
これについて、法...続きを読む

Aベストアンサー

結論からいえば、原則として問題ないぜ。ただ、次の会社には話を通しておくほうがいい。それと、職種などによっては注意したほうがいい。


有給時の過ごし方については、何ら制約されない。有給休暇というのは、その日(ないしその時間帯)の労働を免除する性質のものであり、労働者に心身を回復させなければならない義務はない。もちろん、労働者が労働義務を果たせない場合にその範囲で使用者はその労働者を不利に扱ってよく、そうならないために心身を回復させたほうがよいとはいえる。ただ、繰り返すが、それは法的義務ではない。

まして、退職日まで有給を消化する場合には、退職日まで労働を免除されるということだから、労働者がどのように過ごそうとも、もはや所属先の会社には無関係となる。

ただし、緊急時の対応について予め合意している場合には、その対応義務を果たせなかったときに、問題となりうる。合意のある場合に果たせないときのリスクを負うか果たせるように努めるのかは、労働者側の選択となる。

また、職位が高い者や専門性の高い職種については、競業避止義務の課せられる場合がある。この場合に副業禁止規定がなくても同業の仕事をおこなうと、義務違反となる。あなたの職位や職種次第、次の会社の業種や職種次第だってこった。

そして、税関係や保険関係にも注目しておくのがいい。ダブルワークの期間について、次の会社で特別な処理が必要となりうるためだ。有給消化中のダブルワークとなることを、次の会社には伝えておくのがいい。


それと、念のためコメントすると、「重労働のボランティアをやってもいい、その為に会社で居眠りをしてもいい」というのは、就業時間中に労働を提供していないのだから、懲戒処分等の対象にすればよい話だ。「重労働のボランティア」をしても会社で労働義務を果たせばよく、有給時の過ごし方を制約する理由にならない。

「元気を回復して月曜日から健康的に働くため」と就業規則等に定めてあったとしても、その定めは法的義務にはならず、単なる訓示規定でしかない。訓示規定に過ぎないからこそ、労基法違反にならない。有給時の過ごし方を制約する理由にならない。

「会社から呼び出しがあったらすっとんで来い、と言われ」労働者がこれに応じた場合には、契約上の緊急対応義務が生じるに過ぎない。つまり、実際に緊急の呼び出しに備えて有給時の過ごし方が事実上制約されることはあっても、法的に制約されることはない。

「次の会社で労災にあった」ら、次の会社に法律上の義務が生じるに過ぎない。前の会社は関係ない。

民法上の2週間前までの退職通知義務は、日給月給制である場合などの条件がある。「労働者側からの退職は2週間前までに申し出ればよいとされています。」との回答があるが、この回答者は、従前の回答の傾向を見るに、どのような場合でもそうだと盲信しているようだ。

結論からいえば、原則として問題ないぜ。ただ、次の会社には話を通しておくほうがいい。それと、職種などによっては注意したほうがいい。


有給時の過ごし方については、何ら制約されない。有給休暇というのは、その日(ないしその時間帯)の労働を免除する性質のものであり、労働者に心身を回復させなければならない義務はない。もちろん、労働者が労働義務を果たせない場合にその範囲で使用者はその労働者を不利に扱ってよく、そうならないために心身を回復させたほうがよいとはいえる。ただ、繰り返すが、それ...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

QWワークで社会保険加入はどうなりますか?

私は現在は、主人の扶養になっており健康保険、年金も主人のものに入っていますが、もし、Wワークをして、例えば、個々の仕事の収入が8万円ずつになった場合、合計収入は16万円で、年間所得は192万円以上になり自分で社会保険の加入をしたりする必要がでてくると思います。年金も正社員なら会社が半分負担で社会保険に加入出来ますが、Wワークの場合どうしたらいいでしょうか?相談窓口などご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

当方、知識は古いですが、企業で今も実務を行っている「勤務社会保険労務士」です。
久しぶりに訪れたら・・・法律に基づかない回答が幅を利かせていますね。


> 健康保険、年金も主人のものに入っていますが
以下の状況と言う事ですね。
 健康保険⇒被扶養者として加入中
 国民年金⇒第3号被保険者として加入中


> 例えば、個々の仕事の収入が8万円ずつになった場合、合計収入は16万円で、
> 年間所得は192万円以上になり自分で社会保険の加入をしたりする必要が
> でてくると思います。
「そもそも」の話しから書きます。

 実際には雇っている側が強いので「そんなこと言うなら来なくて結構です」と言われてしまいますが、健康保険及び厚生年金の適用事業所で働く者は、収入額が月額8万を超えていようが下回っていようが、労働条件[日数]が正社員と比べて「大凡4分の3以上」であれば強制加入。
  ⇒これが所謂「4分の3基準」と言うモノであり、回答を書いている時点ではこの基準が生きています。
  ⇒回答文の最後に【参考】として通達要旨を載せておきますが・・・世間では「4分の3に満たないモノは加入できない」「法定労働時間が週40時間だから、週30時間未満は加入できないとする通達だ」「4週間(又は月)の労働時間が120時間までは加入させなくてもよいと言う業界慣例はこの通達が根拠だよ」と誤解・誤用されていますが、加入させない(出来ない)という規定は法律および行政通達には存在しません。唯一、法条文(厚生年金保険法で言えば第12条)に定めのある「適用除外」に該当する労働者は加入できません。
  ☆こちらのサイトがこの事を簡易に説明しています☆
   http://www.geocities.jp/srkonuma/tekiyou2.html

で、複数の適用事業で働く被保険者(=労働者)は、健康保険法や厚生年金保険法の政省令に定めにより、「私は2以上の適用事業所に加入しています」と言う届出を『年金事務所』へ提出しなければなりません。
 【日本年金機構hp】
  〇複数の事業所に雇用されるようになったときの手続き
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2268

この届出を行う事で、両方の会社からもらっている賃金の合計額を計算基礎とした保険料徴収が実施され、いざと言う時などに健康保険や厚生年金から給付される額が増えます。

但し、上記届出を行う際には保険料を納める責任を負う「事業所a」を指定しなければなりません。


> 相談窓口などご存知でしたら教えて下さい。
先ずは、勤め先の住所地を管轄する年金事務所ですね。
 【日本年金機構hp】
  〇全国の相談・手続き窓口
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/  
それ以外にも
(1)各都道府県に設立されている「労政事務所」と言う公的機関も相談に乗ってくれます。
(2)各都道府県ごとに「社会保険労務士会」と言う公的資格「社会保険労務士」の団体が設立されており、そこが無料相談会や電話相談を実施していることが有ります[全ての都道府県で実施されているか確認していないので]
 【全国社会保険労務士会連合会hp】
〇都道府県社会保険労務士会&会員リスト
 http://www.shakaihokenroumushi.jp/footer/list/




【参考】
パートタイマー等に対する健康保険および厚生年金保険の適用基準(いわゆる4分の3基準の根拠)
○昭和55年6月6日付け指導文書(都道府県民生主管部(局)保険課(部)長あて 厚生省保険局保険課長・社会保険庁医療保険部健康保険課長・同年金保険部厚生年金保険課長連名)


【要旨】
  事業所の使用者に対する厚生年金保険の適用については、当該就労者が当該事業所と常用的使用関係にあるか否かにより判断すべきものであるが、短時間就労者(いわゆるパートタイマー)に係る常用的関係の判断については、次の点に留意すべきである。
  ①常用的関係にあるか否かは、当該就労者の労働日数、労働時間、就労形態、職務内容等を総合的に勘案して認定すべきものであること。
  ②その場合、1日または1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が当該事業所において同種の業務に従事する通常の就労者の所定労働時間および所定労働日数のおおむね4分の3以上である就労者については健康保険および厚生年金保険の被保険者として取り扱うべきものであること。
  ③上記②に該当する者以外の者であっても、①の趣旨に従い、被保険者として取り扱うことが適当な場合があると考えられるので、その認定にあたっては、当該就労者の就労の形態等個々具体的事例に即して判断すべきものであること。
  <http://www.rd.mmtr.or.jp/~yamamasa/top.htm>

当方、知識は古いですが、企業で今も実務を行っている「勤務社会保険労務士」です。
久しぶりに訪れたら・・・法律に基づかない回答が幅を利かせていますね。


> 健康保険、年金も主人のものに入っていますが
以下の状況と言う事ですね。
 健康保険⇒被扶養者として加入中
 国民年金⇒第3号被保険者として加入中


> 例えば、個々の仕事の収入が8万円ずつになった場合、合計収入は16万円で、
> 年間所得は192万円以上になり自分で社会保険の加入をしたりする必要が
> でてくると思います。
「そも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング