就活が終わり、もう進路は決まっているのですが、
就活中の面接で疑問に思ったことがあったので教えてください。

ズバリ、長所・短所についてなのですが、
就活の初めに使ってた短所があまりいい印象をもたれなく、
面接落ちばかりしていたので、途中からアピール方法を変えました。
それは「こういう性格が、時に短所になり、時に長所にもなる」
といった感じのものです。
長所・短所だけが原因とも思えないんですが、それ以降の面接はうまく進んで今に至るので、このアピールでよかったと思ってました。

ところが、一社、最終面接でこのアピール法を否定されました。
『あなたの短所を直すと同時に長所もなくなって無になるけどそれでいいのか?
普通長所・短所ってこういうもんじゃないでしょ?
それとも何?短所自覚してても直す気はないの?』
いわゆる圧迫面接のようで、軽くパニックになって変な受け答えになってしまいました。

そこで質問なのですが、長所・短所とは、
普通は「時に長所となり時に短所になる」といった曖昧なものではなく、
長所はA、短所はBとハッキリ言えるものなのでしょうか?

お暇なときでいいので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も先日まで就職活動をしていました。

そこで考えたこと・聞いたことからお答えします。

私は長所はA、短所はBとハッキリ答えました。で、短所にしかならない短所を言う場合は、これから自分はどうやってその短所を(できれば入社までに)克服するつもりかを一緒に言っていました。たとえば少し人見知りだという短所なら、接客のアルバイトをするなり、卒論で多くの人にインタビューすることで改善していきたいとか。
(余談ですが…)人材系の大手企業で聞いたのですが、短所がないという回答は基本的に自己分析が甘いと見られるそうです。短所がない人間なんていないんだから。問題はそれをどう自覚して、どう改善していくかという姿勢だといわれました。その姿勢さえ示せれば、自己PRになります。

質問者様が自分に短所がないと考えているのなら、それは自己分析が甘かったか、短所について考え違いをしているのだと思います。短所というのは、別に致命的な短所でなくてもいいんです。
たとえば、大勢の人の前でのプレゼンテーションは得意ですか?私は多少緊張して萎縮してしまいますが、準備を整えて無難に行うことができます。平均的な学生よりは場数を踏んでいるし、大抵の人よりは上手です。5段階評価の通知表でいえば3以下では絶対にないと思います。だからそれは短所ではないと考えるかもしれません。でも私にとってそれは、「大勢の前だと、少し萎縮してしまう」という短所なんです。私の周りにはそういった発表がうまい人(通知表でいえば5の人)が何人かいるし、大勢の人に考えを伝えられる機会を、フルに活用できないからです。社会人になったとき、それは絶対的に損ですし。
短所というのは、一般的な平均より劣っている自分の能力ではなく、自分の理想・輝くほど活躍している人を目標として、まだ届いていない能力でいいんです。
極端に言えば「長所でない部分=短所」と考えてしまっても平気です。面接だったら、それにプラスして「これから短期間で改善できるorすでに改善しかけている」という条件に見合う部分を言えばよかったと思います。


あと、「時に長所となり時に短所になる」というのは、「私の長所は人に気をつかえるところ、短所は気を使いすぎておせっかいになってしまうところです」というようなことでしょうか。そうだったら無難すぎて、教科書どおりだなと思われてしまったのかもしれません。
「直す気ないの?」という問いに関しては、(このPRの場合ですが)「客観的に自分を見つめ、周りからも意見を集めて、気遣いがおせっかいにならないような節度を身に着けたいと思います」というように言えばよかったと思います。そうすれば自分の長所をさらに磨こうとする姿勢もアピールできますし。これに当てはまらなかったらごめんなさい。

ただ、直すべき短所がない・短所を自覚できないということは、成長する『のりしろ』が少ないということになってしまうので、あまり好まれないことがあるようです。

※大勢の前でのプレゼンテーションのくだりは、作り話です。私はあまり得意ではありません。分かりやすく説明しようとの例え話です。
    • good
    • 0

あくまでも例えばの話ですが、


「慎重な性格であるが故に、時には優柔不断(または行動が遅い)と思われる時もありますが、自分としては正確で丁寧さを努めようとする傾向にあります。
私としてはいくらスピードが速くても結果が雑であれば、逆に丁寧かつ正確に対処していった結果の方が質が高いと思うため、
この性格は短所を長所が上回っていると言えます」
と、理論的に説明すれば納得してもらえると思います。
    • good
    • 0

例えば、協調性がないというのが短所でも、独創性があるという長所があれば魅力を感じるでしょう。

ルーズな正確な人は周囲のルーズさにつきあえるので、取引先や仕事の内容しだいでは強みになります。
たいていはそういった、表裏一体のものだと思いますよ。
えてして、嫌われている人ほど仕事できたりしますし。

絶対的な短所なら、
・風呂に入らず臭う
・セクハラをする
という、社員以前に人間として問題のあることじゃないですかね。
    • good
    • 0

面接で短所にしかならない短所を言ってもマイナスにしかなりません


これは絶対にしてはいけない事です
正直者が馬鹿を見ます

面接で短所を聞かれた時は
プラスに転ずる短所を言うべきです

ただ、自分から短所だが長所にもなりますって言い方をするのは控えた方がいいですね。
むやみにアピールするのは印象を悪くする恐れがあります

「短所だが長所にもなりうる」事を言い、長所にもなりうる事を自分からはアピールしない
ってやり方が一番懸命です
    • good
    • 0

一般的に、就職活動のときの「短所・長所」は、そういう両面ある的な回答をする人が多いですし、採用側もそういうものだと思っているところはあります。


ただ、やはり採用企業によるカラーは出るので「普通の人は採りたくない」「どこか個性的な人を」と思っている企業の面接官の場合、そういうところは不満に思うかもしれませんね。

今回の場合、質問者様は本当に、その部分が自分の短所と長所であると思っていらっしゃったのでしょうか?
じつは、一般的な回答をする方の多くが「そう答えておいたほうがいいらしいから」というようなことを理由にしていることが多く、実際の本人を反映していなかったり、本人とはずれている場合も多いのです。
本当に自分で考えてそう思っている場合は、それについて突っ込んだことを聞いても、それなりに返ってくるのですが、そうでない場合は急にしどろもどろになることもあります。
しかし、企業のほうは、一般的な回答ではなく、その人を表現しているような回答がほしいのです。

今回の場合、実際に「時に長所となり時に短所になる」ものが成立するかどうかより、質問者様が本心からそう思っていなかったことのほうが、問題なのではないかな?と思います。
たとえば、短気な人は怒りっぽいでしょうが、じっとしていられないので何でもすぐやるので、悪いことばかりではありません。そういう短所と長所の両方を持つ性格というのは、いくらでもあると思います。
それがウソっぽく聞こえてしまうような答え方では、面接では通用しないこともありますよ、ということではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
実は、周りの人に客観的に意見してもらったところ、
みんなに「これといって短所が思い浮かばない」と言われ、
自分自身で短所に気付かないまま就活に臨んでしまいました。
ですので、長所については断言できるのですが、
短所についてはあまり自信がなかったかもしれません。

補足日時:2007/07/03 17:50
    • good
    • 0

長所は自分が生活をしていく上で有益に作用すると考えるもの、短所は不利益を与えると考えられるものであり相反するものです。

長所、短所を自覚してこそ人間としての成長があります。曖昧なものではないと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2007/07/03 17:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校の調査書の短所の書き方

長所は「明朗活発」で良いと思うのですが
短所の書き方がわかりません。
どのような書き方があるのでしょうか。
例えば「気が短い」「飽きっぽい」
「細かい」とかの書き方じゃなく
四文字とかで表せるのってありますか?
教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは
私は、教育に多少は携わっていますが、逆に自分の短所を書かなければいけないときには、「少し頑張りすぎる。」「一つのことに、熱中しすぎる。」「誰にでも、気を遣いすぎる。」「心配症である。」など長所と裏返しのことを書くようにしています。
それだと、マイナスになりにくいですから。
調査書には、そういう書き方が良いのではないでしょうか。

Q面接やエントリーシートでの長所と短所

面接やエントリーシートで長所と短所を聞かれることがあるようで、そのために準備をしています。

長所は裏返せば短所、短所は長所というようになっているようですが、
例えば、長所は真面目です。短所は優柔不断です。のように関係ないことでも大丈夫でしょうか?
逆になるように揃えなければならないようでしたら、そろえようかと考えています。

ちなみに真面目の短所って何だと思いますか?

Aベストアンサー

就活生で、同じくエントリーシートを記載中です。

今まで特にそういったことを考えて長所、短所を書いたことはありませんでした・・・。

ですが、逆になるよう揃えなければならないのなら、自分だったら無理やり揃えてしまうかもしれません。


例えば長所に真面目と書き、短所を優柔不断としたいのであれば、「真面目故に何かを決める際に真剣に悩んでしまい、結果的に優柔不断になってしまいます。」等。
真面目⇔優柔不断は結構関係あるように思います。


また、真面目の短所ですが、あえて挙げるならば
「融通が利かない」
かな、と個人的に思います。

Q短所の書き方

私の短所は慎重すぎる点です。

エントリーシートに短所を書く項目があるのですが、ただ書くのではなく、前向きに捉えられる書き方があれば是非教えていただきたいのですが。

短いですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ポピュラーな方法だけど

私の短所は慎重な点です(すぎる、とか危ない表現は使わない)。
よく友人などに指摘されます(主観ではなく客観=冷静な目を持っていると
伺わせる)。
だからそんな私を変えたいと大学2年生の夏休み、オーストラリアへの短期留学を決め、
(行動>>>思考。考えました、やりたいと思ってます、は最悪。
今まで何でやってない?スピードややる気に欠けると思われる。
多少、歪曲でもいい。現状を把握し、それに対し対策を取ってますよ、
と言うことを書くといい。デブならダイエットしてますよ、とかね。)
結果・・・と言う素敵な体験となりました
(少額でも結果を出している、結果を意識していることが大事。)

と言う書き方。

Q面接での長所短所のことで…

今高校生で自衛隊の面接を受けます。
面接での長所短所なんですが大丈夫でしょうか?

長所、私の長所は協調性があることで、どんな人とも協力しあえます。
学校のイベントでは自分の仕事を進めながら周りの手の足りないところを手伝い、クラスに貢献することができました。

短所、私の短所は自分の意見を強く主張できないことがあることです。自分の意見は持っているのですが、他人の意見に流されることがあります。この短所を改善するために、これからはその時の状況を見て主張できるところでは主張していきたいと思っています。

あと長所が自己アピールとかぶってしまうのですが、どうすればいいでしょうか。

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

元就職関係の仕事をする者です。
添削は誰かにしてもらったのですか?先生とか。
正直、ありきたりかな?と感じてしまいます。

もう少し、具体例を加えた方がいいかもしれません。
相手に伝える為には、双方共に具体例を3倍くらい込んだ
文章が望ましいと思います。

Q高校面接の長所短所の書き方(大至急)

高校の面接で、長所短所を書く欄があるのですが…
うまくまとめられなくて悩んでいます。

いろいろ調べてみると、『短所が長所につながることを書くとよい』と書いてあったのですが、どのように書いたらいいでしょうか?


ちなみに…

気が弱い
優柔不断
負けず嫌い
好きなことには没頭する
おおざっぱだか変なところに神経質
人見知りだがなれるとよくしゃべる


とこんな性格です。


この性格をどうゆうふうに長所と短所にすればいいでしょうか?

良い書き方を教えてください。


お願いします。

Aベストアンサー

「私の短所は多少優柔不断なところがあり、実行するまで時間がかかったりします。ただし、よく考え、慎重に行動するのでおかげで失敗は少なくすむので長所にも置きかえれます。人間関係にも言え、人見知りしますが、時間がたてば、相手も気を許してくれ、なんでもいい合えるような仲になります。」

結構憶測も入ってますが、こんな感じはどうでしょうか?

Q就職面接の練習で、長所・短所について。

温厚な性格を悪く言うと何ですか?

就職の面接では、
短所を聞かれたら“やりすぎた長所”を言うと教わりました。

そこで、私はよく
温厚な性格だと言われるので、
それを悪く言えば短所になると思います。

教えてください!!

Aベストアンサー

温厚と言っても、いろいろな解釈がありますが・・・

指摘すべき点を流してしまうとか。。。競争心に欠けるとか。。。

「温厚」の具体例を挙げれば、自ずと改善点が見つかると思います。

Q自覚している性格(長所・短所)の書き方

市販されている履歴書での項目で『自覚している性格』の欄
があり、実際に書いてみたのですが・・・長文になってしまいます。

お手数おかけしますが、アドバイスのほど宜しくお願い致します。
以下が、私が書いた文になります。


"場を明るくさせる快活な性格。
誰とでも直に打ち解け、仲よくな
れることが私の長所です。
一方、引っ込み思案ではありますが、
積極性を見に付けたいと思っています。"


自己分析した所、謙虚・明るい・面倒くさがり・
優しい・優しい・気が利く...などでした。

添削のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

長文の方がやる気が感じられますから、
細々と書けばよいと思います。

余談ですが、
打ち解けるけど引っ込み思案って、
ちょっと矛盾している気がします。

そもそも"性格"の部分には短所と長所を書かないで、
性格の良い面のみアピールした方がよいのでしょう。

もし短所を書きたいのであれば、
「短所は長所」とよく言いますから、
短所を長所にしてはいかがでしょうか。

「謙虚で物静かな人だと思われがちなのですが、
 周囲の雰囲気を上手く汲み取る冷静さを持っております。
 誰も気がつかない些細な出来事まで気が効く、
 ホスピタリティ(誠意)を備えています」

…みたいな短所→長所化。

面接で聞かれたら具体例を示したらよいと思います。

Q面接で「あなたの長所と短所は?」と聞かれたら、何と答えたら印象が良いで

面接で「あなたの長所と短所は?」と聞かれたら、何と答えたら印象が良いですか?

正直に話しすぎて印象が悪くなってもいけないし、何か気の利いたことを言えないものでしょうか。
実際、面接で「長所と短所は?」と聞かれて、何と答えたことがあるのか体験談などお聞かせください。

Aベストアンサー

面接は自己アピールであることには代わりありません。
長所については「…なところです。これは御社に入社した際には…なところで活かせると思います。」
または「…の研究に向いていると思います。」と、自分がこの職に向いていることを売り込みます。
短所については「…なところがありますが、日頃から…することで改善をする努力をしています。」
等と話します。欠点を明白にした後で努力して改善していることを付け加えます。
話は長さよりも、ハキハキと話すことを心がけることです。
頑張って下さい。

Q志望理由書等の書き方

11月末に指定校推薦で南山大学を受験します。

出願書類の中に、志望理由書等を書く欄があるのですが
どうやったら上手く書けるだろうかと考えています。
志望理由書については、【本学部・本学科への志望理由を記述しなさい。】とあり、
その他については、
1.現在関心を持っている事柄をあげなさい。
2.高校時代に特に関心を持って行ったことをあげなさい。
 (研究・スポーツ・趣味・社会的活動など)
3.自分の長所・短所を簡潔に書きなさい。
とあります。

志望理由書の書き方のような参考書は書店にたくさんあったので
どれがいいのかわかりません。
おすすめの参考書や書き方のコツを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずですね、この志望理由書の内容で落とされる人がいるとすれば、どういった人が落とされると思いますか?
基本的に志望理由書で落とされることはないのですが、回答になっていなかったり、乱筆であったり、一般常識からかけ離れたことを回答したりなど、そういう人は落とされます。
逆に言えば、そうでなければ問題ありません。
つまり、そつのないように回答すればいいのです。
具体的には、
志望理由などは南山大学のパンフレットなどを参考に記載すればいいと思います。あとは適当に。
長所・短所は意外と悩むかもしれませんね。
でも実はこれ単なる逆を書けばよいのです。
例えば、長所「他人のために行動する。」短所「少しおせっかい。」
長所「物事をよく考えて決める。」短所「優柔不断。」
ものは言いようです。

Q性格 長所短所 面接での答え方

面接で自分の性格、長所短所を聞かれるとどのように答えるとよいですか?

私の性格は
優柔不断、臨機応変、謙虚、素直、負けず嫌い、明るい、おもしろい、思いやりがある...などです。

例で
1.あなたはどんな性格ですか。
2.あなたの長所は何ですか。
3.あなたの短所は何ですか。

という質問があるのですがうまく文章にできません。これらの答え方についてどう答えればよいかアドバイスをください。

Aベストアンサー

こんにちは。
なにかエピソードをつけるとよいと思います。
臨機応変に対処できます。その結果こうでした。みたいな。
ネガティブなことでも、
でもこうして乗りきります。とか
分かりやすく自己分析もできると思いますよ。
がんばってください♪


人気Q&Aランキング