『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

信濃の有力大名だった村上義清の息子の村上国清について質問します。

川中島の合戦の結果、信濃のほとんどが武田領に確定して上杉・武田が「自然休戦」の状態になった後、村上父子は上杉家の客将、次いで重臣に落ち着いたようです。国清は、上杉景勝の代になると上杉(長尾)一門の山浦家を継ぎ、偏緯を与えられて山浦景国と名乗り、上杉家の有力武将として活躍したようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A% …

ところが、関ヶ原の合戦の頃から「消息不明」になってしまったようです。これはどうしたことでしょう?

上杉家は関ヶ原の合戦で「敗北」しましたが、米沢盆地と会津盆地の一部を領する30万石の大名として存続し、以後も知行を半減されながらも国持大名という高い格式の大名として明治まで続き、子孫は現在も健在です。上杉家・米沢藩の文書も多数残っているはずです。

例えば宇喜多家や最上家のように江戸時代初期に大名家として消滅してしまった家であれば、史料がほとんど残らず、今では詳しいことが分からないのも当然です。しかし、上杉家の場合は違います。

仮に山浦景国(会津時代の知行は確実に万石以上)が、関ヶ原の合戦後に大幅に減封された上杉家を退転したのであれば、上杉家にその旨の記録が残っていると思われるのですが。どなたか、詳しい事情、もしくは関係する文献をご存じないでしょうか?

A 回答 (4件)

こんにちは



戦国時代等系図などキニナル分野ではありますね
私がよく目を通してるサイトを貼っておきますのでご参考ください

http://www.page.sannet.ne.jp/kuranosuke/murakami …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。
参考URLの情報は、小林計一郎氏の著書
「信濃中世史考」 小林計一郎、吉川弘文館、1982年
が出典のようですね。図書館を通じてでも探して読んでみようと思います。

「国清はその後の消息が明らかでなく、村上氏がどうなったかはよく分からないが、小林計一郎氏の研究に拠ってまとめたい。村上義清の系統を称した家は二つあるという。一つは水戸藩士村上氏、もう一つは信濃に住んだ浪人の村上氏である」

としていろいろ書いてありますが、いずれも途中で系譜が途切れたり諸国を流浪していたりして怪しげな感じですね。

ただ、「水戸藩士村上家」は、

* 幕末まで200石の禄高を得ていたということは、水戸藩関係文書に記録があるはず。

* 水戸藩は、夭折した武田信吉(徳川家康の五男)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0% …
の家臣団を引き継いでおり、武田家に仕えていた信州武士が水戸藩士にかなりなっている。村上家に近い信州武士が水戸家に仕えた縁で、信濃の名族である村上家の後裔が水戸家に「高家」のような形で召抱えられたという話は合理性がある。500石という石高も、「水戸家の高家の石高」として納得が行く数字。

と思われます。

ちなみに、レイテ沖海戦の「謎の反転」で知られる栗田健男海軍中将は水戸藩士の家柄です。信濃善光寺の別当であった栗田家の一族が、武田信吉の家臣を経て水戸家に仕えたのでしょうね。

お礼日時:2007/07/05 19:25

村上国清は山浦氏を継いで上杉景勝の家臣となったのち、関が原の役に際して景勝に従わず、信濃へ戻り旧臣を糾合して村上氏の再興を図りましたが、東西両陣営のどちらに付くか旗色を明確にしなかったので、再興ならず浪人したとの話があります?。


これが事実なら後は先賢の資料通りになりますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

No2,No3,No4のお三方にまとめてお礼させて頂きます。

No.3の方が言及しておられる、関ヶ原戦後に越後村上藩を安堵された村上氏は、信濃の大名であった村上義清とは別系統のようですね。戦国末期の混乱の中で出てきた「出自の良く分からない大名」の一人のようです。

同じく信濃の大名であった小笠原氏は、武田滅亡後に徳川氏に忠勤を励み、最終的には豊前小倉という要地を任される有力譜代大名に出世しました。諏訪氏も、宗家は滅びましたが傍系が生き残り、徳川政権下で旧領の諏訪に復帰して明治に至りました。それと比べると、子孫も定かでない村上氏の末路は何とも…

山本勘助の実在を示す書状を持っていたので有名な、もともとは北信の国人の市河氏は、「川中島合戦の前に武田氏に服属→武田氏滅亡後は北信を領した上杉家に服属→転封した上杉家について会津、米沢へ移り、米沢藩士として明治に至る→明治になって屯田兵として釧路近郊に移住」し、特に明治以降は苦しい開拓で大変だったでしょうが、現代に家を伝えています。信濃村上氏の「消息不明」ぶりは、武田信玄を二度の会戦で打ち破った村上義清の武名と比べるとさびしいですね。

村上氏と並ぶ北信の有力大名だった高梨氏は、明治まで米沢藩士として続いていたようですね。

お礼日時:2007/07/07 09:49

系統が違う子孫ですが、異伝も少なくないようですし、念のために


紹介しておきますね。

↓兵庫県篠山の村上忠勝の墓所

http://kirinosato.fc2web.com/sasayama-rekisi.htm
    • good
    • 0

昔、下記のホームページの掲示板で何人かで話題にしたことがありました。



参考:http://kotatujo.cool.ne.jp/

「戦国放題 こたつ城」→「議事録」→「「戦国武将一覧」・議事録」→<村上義清の子孫の系図>
以下に載っていました。
その中に水戸藩士になった御子孫の家に伝わる家伝も書かれています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q戦国時代における戦での遺体の取り扱いって?

近年の戦争の映画で戦死者の遺体を棺に収め、国旗などでくるんで本国に移送するという場面を見たことがあるのですが、日本の戦国時代はどうしていたのでしょうか?
大きな戦では大量の遺体が発生すると思うのですが、そのまま放置されたのでしょうか?それとも組織的に回収されたのでしょうか?
また、海外(中世の欧州など)でどうだったのかも分かれば教えてほしいです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現代の山の中の道を走っていると、タヌキなどの小動物が車に轢かれて死んでいるのを目にするのが珍しくありません。周りに人家もないようなところだと、近所の人が見かねて死体を処理することもないでしょう。保健所などの行政当局が通報(誰の?)を受けて死体を処理するのか?

実際は、タヌキの死体は直ちに他の動物(例:カラス)が寄って来て綺麗に食べてしまうそうです。
参考文献:カラスはどれほど賢いか 都市鳥の適応戦略 中公文庫
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31131995
山の中であれば、通行するクルマ以外に邪魔者はいません。効率よく死体処理(カラス等の食事)が進むでしょう。

ご質問ですが、戦国時代の戦いでの戦死者の遺体は、下記の経過を辿ったと思われます。

1. 戦死者は、首を取られた状態で戦場に残されている。
よほど大きな合戦、例えば武田信玄が徳川家康を完敗させた三方ヶ原の合戦でも、徳川軍の戦死者は1000人行かない計算のようですから、そんなに大きな数ではありません。普通の合戦なら「戦死者10人」とかの単位です。

2. 戦闘が終わって両軍が引き上げると、既に回答されているように農民たちが「戦場狩り」を行います。これは、「田畑を荒らしたことに対する補償」の意味も含まれていたようです。
この際は、我々の眼から見て価値がある鎧、刀、槍などはもちろん、着ているものもフンドシに至るまで全て剥ぎ取られます。戦国時代の日本は、今の北朝鮮のような「使えるものは全て使う」社会ですから、例えば「戦死者がつけていた、血に染まったフンドシ」でも洗えば価値があるので剥ぎ取られました。地位のある武士が着ていた服は、農民から見れば「超豪華な織物」ですから、血や泥を落として分解すれば高値で売れました。(和服は、縫った部分をほどけば長い反物に戻ります)

3. 農民が徹底的に戦場狩りを行った後、戦死体は、全て丸裸になったでしょう。即ち、冒頭で説明した「クルマに轢かれたタヌキ」と同じ状態です。この状態であれば、後は野生動物が死体を処理してくれたと想像できます。実際、合戦の後の戦場をカラスが徘徊している様子が、当時の手紙か何かで描写されている例があったと思います。

4. 現在も痕跡が残るように、地元の僧侶が穴を掘って死体を埋め、供養したと言う例もあったでしょう。これは、「戦場狩りで大儲けした農民たちが、罪滅ぼしの気持ちで供養を依頼」ということが多かったのではと思われます。

現代の山の中の道を走っていると、タヌキなどの小動物が車に轢かれて死んでいるのを目にするのが珍しくありません。周りに人家もないようなところだと、近所の人が見かねて死体を処理することもないでしょう。保健所などの行政当局が通報(誰の?)を受けて死体を処理するのか?

実際は、タヌキの死体は直ちに他の動物(例:カラス)が寄って来て綺麗に食べてしまうそうです。
参考文献:カラスはどれほど賢いか 都市鳥の適応戦略 中公文庫
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31131995
山の中であれば、...続きを読む


人気Q&Aランキング