出産前後の痔にはご注意!

硬式テニスを始めて12年です。最近、突如として、フォアハンドを打つ時に右手が震えて、まともにボールが飛ばなくなってしまいました。
バックハンドは両手打ちで、震えることもないのですが、肝心のフォアハンドがこのような状況なので、まともにラリーも出来ず、相手に迷惑をかけてばかりです。TVでご覧になった方もいるかもしれませんが、石原良純が卓球の勝負をしていて、同じように手が震えてしまうことがあったようです。私がこのような症状になったのは、今回が2回目で、前回も、前触れ無く起こり、1か月くらいかかって治りました。もう2度とならないと思っていたのに、なってしまったことにかなりショックを受けています。こんな経験をお持ちの方、いらっしゃいますか?または、見たり聞いたりして、有効な解決策をご存じの方がいらしたら、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

年齢やどんな状況でなったか、普段の生活に支障がでたか、


といろいろ分からない事が多いので、とりあえず思い浮かんだ事を書きたいと思います。

まず思い浮かんだのは「イップス」です。
ゴルフをやられている方なら聞いたことがある単語だと思います。

多くは精神的な負荷から起こるとされる運動障害のことです。

肉体にも問題なく、原因不明ならばこのあたりを視野に入れて考えるのも良いかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%83% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になるお返事ありがとうございました。
テニスの開始時にミニテニスをしていたのですが、相手の方が気分屋さんなので、無意識に気を使っていたのかもしれません。
今のところ、普段の生活には、全く支障ありません。
田口選手のアドバイスも参考に、大きなフォームで、大まかに目標を決めて打ちたいと思います。
一度は治っていますので、またそのうち治るでしょう(笑)

お礼日時:2007/07/13 19:26

・グリップを握りすぎないこと(インパクトの瞬間だけ一瞬、強く握る)


・インパクトの瞬間、息を吐く(息を吐くと体の余分な力が抜けるそうです。シャラポアはよく叫んでいますよね!)

を試してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ポイントとポイントの間は、なるべく利き腕ではない方でラケットを持つようにはしています。
でも、グリップは、知らず知らずのうちに、握りしめていたかも。
グリップと、息を吐くことは、意識しないと出来ないので、
習慣になるまで気をつけたいと思います。

お礼日時:2007/07/20 19:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q突如、フォアが打てなくなる

お世話になります。スクール初級クラスの30代男です。
タイトルはちょっと大げさかもしれませんが、一日の間で、全然、フォアの感覚が違ったので、なんだかどうしたらいいのか、わからなくなってしまったので、質問させてください。
というのも、朝方、練習しようと、壁打ちをしてた時は、壁からの打球が遅いこともあって、自分なりにフォームもちゃんとできてる感覚もあり、ボールもスイートスポットに当たってる感覚がわかりました。っで、その後、声をかけられた見知らぬ方にに相手をしてもらったのですが、彼の打球はめちゃくちゃ速いものの、なんとか返球することもでき、かつ、何球かはフォームも意識し、スイートスポットにも当てられていました。
ところが、その日の夕方・・・。
スクールで、コーチとストロークの練習をしていたら、確かに彼の打球は、速いのですが、ほとんど完全に手打ちになってしまい、その後、生徒の方たちとのストローク(打球は遅い)でも、フォームもばらばらで、手打ちしまくりで、しかも、まともにボールすら返球できなくなってしまいました。ほんとに突然なんです。正直言って、その時の気分は、もう帰りたい、ってぐらい、ボールが来るのさえ恐くなってきてしまいました。
そんなときでもバックはまぁまぁ安定しているんですが。どっちにしろ、なにか技術というか、精神的な影響すらあるのかなぁと思えたんですが、こんな時って、あることなんでしょうか?というか、どうしたらいいのでしょうか?

お世話になります。スクール初級クラスの30代男です。
タイトルはちょっと大げさかもしれませんが、一日の間で、全然、フォアの感覚が違ったので、なんだかどうしたらいいのか、わからなくなってしまったので、質問させてください。
というのも、朝方、練習しようと、壁打ちをしてた時は、壁からの打球が遅いこともあって、自分なりにフォームもちゃんとできてる感覚もあり、ボールもスイートスポットに当たってる感覚がわかりました。っで、その後、声をかけられた見知らぬ方にに相手をしてもらったのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

ええと、ここではテニス暦を言うべきなのかな?
テニス暦10年です。
まずこういったことがあるかと言われれば、あります。
フォアがだめだめで、バックが打てる。こういった症状は、この先うまくなっても長々と付きまとってくると思います。
バックができてフォアができない理由はたぶん人それぞれで、たくさんあると思いますが、主な理由は2つほどだと思います。どちらかに当てはまればいいのですが。
1、バックハンドはテイクバックをすると、両手であれ片手であれフォアより稼動域が短いので体を必然的にひねらざるおえません。そのためテイクバックさえちゃんとやればバックハンドは手打ちにはなりません。
つまりは、フォアハンドのときにバックハンドのように短めにして体をひねることを意識してみてください。大体左肩の後ろを相手に見せるほどやってみれば、以降ひねりやすくなります。
もちろんひねりすぎるといけませんが、手打ちのときよりはひねる、と考えると次第にまた手打ちになってしまうので、ここはひねりすぎなぐらいひねっておいたほうが直りは早いと思います。
2、バックハンドは左側をむいて打つため、右肩が前にあるので、フォロースルーはかなり前まで押し出せます。フォアハンドでは逆に右肩が後ろになるのでフォロースルーが後ろに残りがちです。
ここで、
A)オープンスタンス、もしくはセミオープンスタンスの場合
打つ前の右肩が体の後ろ、打ち終わりの右肩が前になるように調整してみてください。
B)クローズドスタンス
打つ瞬間右足で地面を蹴って前に飛んでみてください。イチローの一本足打法とちょっと似ています。
この調整で手打ちが直る場合が多いです。
先ほども言いましたようにどちらの対処法もやりすぎはさらにフォームを崩します。ただ、これど折やろうとしても半分もできない場合がほとんどです。その半分ぐらいが実はちょうど良いので、やりすぎにはお気をつけください。

ええと、ここではテニス暦を言うべきなのかな?
テニス暦10年です。
まずこういったことがあるかと言われれば、あります。
フォアがだめだめで、バックが打てる。こういった症状は、この先うまくなっても長々と付きまとってくると思います。
バックができてフォアができない理由はたぶん人それぞれで、たくさんあると思いますが、主な理由は2つほどだと思います。どちらかに当てはまればいいのですが。
1、バックハンドはテイクバックをすると、両手であれ片手であれフォアより稼動域が短いので体を必然的に...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q球出し‘すら’できない悩み

テニスを本格的に始めて1年半になります。
最初、テニスサークルで練習してましたが、ちっとも上達しないので5月からスクールにも通っています。
でもちっとも上達しません。涙が出そうです。
特に情けなくなるのが、ストローク~ボレーの打ち合いの練習です。
ボレー側に球出しをするのですが、10球中2球はネット、5球は相手の頭の上高く行ってしまい、まともに
相手に届くのは3球程度です。その3球も速いボール(ストレートに飛ぶ)のではなく、本当に山なりのボールばっかりです。練習にならず、相手に迷惑をかけてしまって正直つらいのです。
上に行くのは面が上を向いているから、ネットは下を向く、あるいは手首をこねてスピン系になっている。
原因は判っているのですが、どうやっても修正できません。
上手に球出しをするコツ、注意点などを教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

ストロークボレーは結構難しいものですよ。
特にストローク側ですね。
ボレーヤーが打てる範囲って、以外に狭いですから。
(ダブルスで、前衛の打つ機会は少ないですよね。)

実際、ボレーヤーの周辺に返す技術があるとしたら、
普通のストロークと考えれば、ほぼ確実にコートの深いところに返せるということです。
始めて1年半では、そこまでは難しいものだと思いますよ。

さて、技術的な面ですが。
どのようなアドバイスが効果的かは、個人個人で千差万別です。
ですので、試してみる価値のありそうなものを列挙してみます。

・普通にコート深くに入れる意識で打つ。
・打った後も、視線をそこに残す。(打球を目で追わない。)
・打つ直前から直後まで、思い切って目を閉じる。(こうすると、ボールの動きにとらわれず、イメージ通りのスイングができます。)
・「失敗してもいいや!10球中2球、いい球が打てれば上出来!」と言い聞かす。(「うまく打たないと・・・」というプレッシャーは、ぎこちないフォームにつながります。)

これ以外でも、いろいろと試してみて、「あ!うまくいった!」というものがあれば、それを覚えておいて、次回もそれを言い聞かせればうまくいくと思います。
頑張って下さい。

PS.球出しというのも、意外に難しいものです。はっきり言って、球出しもショットのひとつのようなものです。ストロークしか練習していない人に、いきなりボレーをやれといっても無理なのと一緒です。気になさらず。

ストロークボレーは結構難しいものですよ。
特にストローク側ですね。
ボレーヤーが打てる範囲って、以外に狭いですから。
(ダブルスで、前衛の打つ機会は少ないですよね。)

実際、ボレーヤーの周辺に返す技術があるとしたら、
普通のストロークと考えれば、ほぼ確実にコートの深いところに返せるということです。
始めて1年半では、そこまでは難しいものだと思いますよ。

さて、技術的な面ですが。
どのようなアドバイスが効果的かは、個人個人で千差万別です。
ですので、試してみる価値のあり...続きを読む

Qソフトテニスをやっているんですが手首が痛みます

こんにちは
僕は小学生のころから高校までソフトテニスをやっていたんですが、高校の2年生ぐらいから手首がすごく痛み始め、練習するのがつらいぐらいになってしまいました。高校は痛いまま何とか引退まで乗り切ったんですが、受験勉強などでソフトテニスから1年離れていた今でもたまにテニスをすると痛みます。

痛みはバックを打つ時はなくて主に、フォアを打つ時に痛みます。またどちらかというと差し込まれたボールなどで痛むことが多いです。
スポーツの整体にいったら腱鞘炎と言われ一時的に痛みを和らげるような処置しかしてもらえませんでした。
社会人になってもソフトテニスをずっと続けていきたいのでこの痛みを何とかしたいと思っています。

ソフトテニスをやっていて同じ痛みを経験した方や、スポーツのトレーナーさんなど具体的にどういう処置をすれば次第に痛みはなくなるのか、また和らぐのかなど教えていただけたら嬉しいです

Aベストアンサー

まず、握力を鍛えることでしょう。
ソフトテニスのボールをゆっくり握る。時間があるとき、いつでも、疲れるまで。
3ヶ月もすれば、まるで違ってきます。

インパクトの瞬間に、ぐっと握り込むわけですから、繰り返していると徐々に握力が落ちます。それでも、繰り返しリストを使っていると、手首にダメージがきてしまうのです。

痛くなったら直ぐやめる。直ぐ冷やす。
が、鉄則ですが、部活などではどうしても無理をしてしまうのでしょうね。

あとは、フォームを変えることです。
過度にリストを使うフォームではありませんか。
下半身を旨く使えず、リストに頼るフォームになっていませんか。
リストを使ってボールが潰せていれば良いのですが、差し込まれたり、ミスヒットしたりが多くなると、手首に負担がきます。

その他、ラケットを変える、ガットの張りの強さを変えるという方法もありますが、これまでのショットの球質や打感が変わってしまうので、最後の手段的なものです。

腱鞘炎は直ぐに良くなるというものではありませんので、日常生活の中でもできるだけ手首に負担がかかる動きをしないように注意して、炎症が治まるのを待つしかありません。
その間に、手首を動かす筋肉を鍛える。あるいは下半身も鍛えるということを続けるということです。

また、始める前のストレッチやウォームアップ、終わった後のクールダウンは必ず実行してください。
スポーツにおける障害予防の基本です。

どうしてもソフトテニスをする場合は、手首の動きが制限されてイヤでしょうが、手首にテーピングをしてください。
手首への影響が軽減されます。

社会人になってもソフトテニスを続けたいのであれば、年齢とともに全身の筋力は落ちていきますので、定期的なトレーニングも不可欠になるでしょう。

手首以外で、肘、肩、腰、ヒザなどに痛みがないのであれば、手首があなたのソフトテニスのウィークポイントだということを自覚して、無理せず楽しんでください。

まず、握力を鍛えることでしょう。
ソフトテニスのボールをゆっくり握る。時間があるとき、いつでも、疲れるまで。
3ヶ月もすれば、まるで違ってきます。

インパクトの瞬間に、ぐっと握り込むわけですから、繰り返していると徐々に握力が落ちます。それでも、繰り返しリストを使っていると、手首にダメージがきてしまうのです。

痛くなったら直ぐやめる。直ぐ冷やす。
が、鉄則ですが、部活などではどうしても無理をしてしまうのでしょうね。

あとは、フォームを変えることです。
過度にリストを使うフォーム...続きを読む


人気Q&Aランキング