私はあることで悩み、不安と闘っています。
うつ病とも闘いっています。

経緯から話します。
私は会社をやめ、親戚の家へ1ヶ月前に行きました。
理由は「いろいろなことで悩み、とりあえず実家ではどうしようもなかったことから親戚がクリスチャン(牧師)なので行くことになりました。
でも、あくまで療養するために環境を変えようといったのですが・・・・。

1ヶ月たった今日「君は20何年間悩みつづけてきて、これからも悩み抜いて、苦痛を味わうだろ、でも家族(両親)も君を助けることができなく、牧師である私も君を助けるのに限度がある。生まれ変わって新しい自分として再出発しなさい」と言われました。

ここで注意していただきたいのは「親戚(牧師)は、お金もうけのためではなく、ここで奉仕しなさい」と言っているのではありません。
純粋にクリスチャンにならないか?と言っているのです。

本音「これ以上他の物に頼りたくない、自分の力でなんとかしたい」
「日本のこの世の中、クリスチャンって言うだけで、変な目で見られる。」「教会通いはいやだ、恋人もできなくなる、結婚できたとしても子供をクリスチャンにさせたくない」「葬式は仏教式でした」←私の親戚はクリスチャンが何人かいて葬式になると違ったムードで嫌だった経験がある。

迷っています。ホントに・・・。
今まですごく苦しんだ分、もう終わりにするためにここへ(親戚)の家へ来たのだから・・・・実家に帰るときはうつ病からも解放されて、あれていたときから解放された状態で帰りたい」葛藤です。

どなたでもかまいません。クリスチャンであるか否かは問いません。
どうかここでご意見、アドバイスをお願いします。

年齢は20代後半、男です。無職(3ヶ月)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中11~20件)

洗礼を受けることというのは単なる形式です。


クリスチャンでありながらも、ロクな人間じゃない人だっています。
まあ私も一応クリスチャンではありますが、キリスト教徒というよりはイエスの思想の重大性を痛切に感じる者です。

どの宗教に属しているか、または属していないかなど、別にどうということもないのです。
だから洗礼を受けてもいいし受けなくてもいい。
それは自由です。

宗教に限らずいろんな思想がありますが、例えば「善人が報われ悪人が滅びる」というのは、そうであってほしいという願望から始まった思想であり、それは現実から乖離しています。
そしてそれを鵜呑みにしてしまう人の多いこと。
現実から乖離した思想は、現実を離れた人間を育てます。
現実を離れた人間は、現実に勝てません。
理想やら願望やらは、現実を生きるには邪魔になります。

現実には抗わないことです。
クリスチャンになろうがならなかろうが、あなたは現実を生きる(しかない)のです。
現実に対しては自分の力でなんとかなるものでもないし、いやだと言ってもかなうとは限らないし、望んだとしてもかなうとは限らない。
この現実を受け止めて、欲をなくすことが先だと思いますね。

うつ病から解放されたい、と思うのも欲です。
本当にうつ病から解放された時、当たり前ですがあなたはきっと解放されたいなどと思っていないはず。
なら、うつ病が治っているかのように、解放されたいなどと思うのをやめてしまうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見まことにありがとうございます。
「現実から乖離した思想は、現実を離れた人間を育てます。
現実を離れた人間は、現実に勝てません。
理想やら願望やらは、現実を生きるには邪魔になります。」
これは個人的見解があるのではないでしょうか。
私はそのようには思いませんが・・・・・。

「本当にうつ病から解放された時、当たり前ですがあなたはきっと解放されたいなどと思っていないはず。
なら、うつ病が治っているかのように、解放されたいなどと思うのをやめてしまうことです。」この意味が理解できないのですが。
うつ病が治ったときが始まりでまた新たな悩みが来てそれから解放されたいと思うときが来るっていうことでしょうか?

お礼日時:2007/07/21 00:54

まともなキリスト教は、カトリック、ルーテル派、長老派などだと思います。

    • good
    • 0

No.6です。



いつも私の回答は長いのですが、よくぞ読んでくださいました。
鬱であれば長い文を読むのは無理かもしれないと半分は思っていました。
読めて理解できているってことは、かなり回復していますね。
よかった よかった。

>「クリスチャンになって身を清め、新しい自分になって実家に帰って普通に仕事をしなさいということです。」

クリスチャンになると身が清められるんですか?

クムラン教団は、沐浴を重要視していました。
エッチなことを考えただけでも、数日間隔離され、沐浴をしなければならないほど厳しい世界でした。
牧師が言う身を清めるとは、一体なんのことを言っているのでしょう。
よかったら教えてください。


>散歩、ショッピング、就寝時刻、起床時刻もほんと自由です。

聖職者にならない限り、軍隊じゃないし、刑務所でもないので、行動に制限は定められないと思います。


クリスチャンは散歩をしないか? 買い物をしないか、夜更かししないか、朝寝坊しないか?
するでしょう。
クムラン集団内では、決め事がかなりあり、軍隊みたいなものだったようですが、共同生活をする聖職者ですから集団内の規定を守らなければ、ただちに刑罰として、謹慎処分になったようです。


イエスは律法を壊しにきたのではなく、逆に完成させにきた と言っている。
キリスト教は律法を壊した。
イエスが聞いたら嘆くでしょうね。
せっかく解説したのに、「そんなのいーらね  懺悔すればなんでも許してもらえて天国にいけるから 死ぬまぎわに懺悔すりゃあいいんだから」なんて思っている信者も多いのではないでしょうか。


>宗教についての歴史等学びました。
>理解できたのは「神は一人しかいない」ということです。

唯一神ってことですか?
うーん 日本の神様も実はそうですけど・・・・・。

古事記の創世記は聖書の創世記とそっくりですが、何故母国の神を大事にせず、中東の神 いや エジプトの神を大事にしたがるのでしょう?

既に日本にあるのに、どうして異国のものを欲しがるのでしょう?


>他の宗教は「歴史上の人物を崇拝している」その点、キリストは転地万物を創造された方を崇拝する。

まさかと思いますが、聖書全部が史実通りだと思ってはいないですよね?
聖書でいけば、この世 全宇宙を神が創ったのは5767年前。
恐竜がいたとされる時代より、宇宙の誕生の方が若いんですね。
聖書には恐竜やクロマニオンやネアンデルタール人について記述ありましたっけ?
その神が創ったのではないとすると、これらは誰が作ったのでしょうか?
その神を作った別のものが作って、その後にその神を作ったのでしょうか?

創世記を作ったのは誰?
5767年前? いえ、じゃあ モーセの時代? いえ。
バビロン捕囚で、バビロン捕囚先で祭祀たちが造った。(バビロン捕囚 紀元前597年)

天地創造物語は後から書かれたわけですね。
卵が先か鶏が先か? 鶏が先なわけです。


イエスが神であるとしたのは、、、、、何会議でしたっけ?
それで人間がイエスは神だと決定しました。 多数決で決めました。 はい。

イエス物語は独自か?
イシスとオシリスの物語って知ってます?
10戒は独自なものか?
エジプトの死者の書 知ってます?
洪水物語は独自か?
ウガリッド神話 知ってます?

古代において女神崇拝があったんですね。
これが創造主として崇められており、王に権力を与える女神がいて、その女神の地上の体現者が神官としていた。
そのものが地上の王に女神の権力を与えていたとされていた。
そして、国が衰えることは、女神の祝福が無くなったとされ、女神に愛されなくなった王は、贖罪として天と地の間に吊るされ贖罪をしていた。
鞭で打ち刺していた。
その時 王が涙を流せば、豊穣の年になるとされた。

生贄の儀式なんです。
イサクの時代にそれは動物にとってかわったのですが、イエスが生きたとされた時代に、生贄の概念が復活。
異教の儀式をまたもや模倣した作品なわけです。


ピラトはイエスに全く罪が無いとして、釈放しようとしたが、ユダヤの民 特にサンヘドリンが許さず、暴動を恐れてイエスを磔刑に処した?

ピラトはローマにたてつく疑いのあるものは、裁判無しに磔刑に処していたことで有名な人物。
史実はそうです。

聖書とは全く違う。

イエスの時だけ 裁判を開いて、罪が無いと身がわりの王(これまた異教の儀式で王の代わりに別なものが生贄になるように変化していた)を立てようとしたか?

随分 聖書作家は異教の儀式をユダヤの地に持ち込んで話を作っていますね。


一体どれが真実なのでしょう?
もう一度聞きますが、聖書通りのことが歴史上起こったなど思ってはいないですよね?

5767年前 ユダヤ教の神がこの世を創ったなんて思っていないですよね?


イエスの言葉のほとんどは(もしかしたら全部)は、旧約聖書やラビ文学などで既に書かれています。

ということは、福音書作家は、少なくともその手の知識が手に入る地位にいたわけです。
一般人じゃあなかったわけです。

イエスをただの大工の息子としてしまったら おかしいじゃないですか。
今のように誰でも聖書が書店で手に入る時代ではなかったですよね。
ましてやラビ文学などで研究されていたごく一部の人しか触れられない内容を 一般人の大工の息子が知っているわけありませんよね。

福音書作家がその立場にあったから作品に表れているわけですよね。


キリスト。
ギリシャ語で救世主の意味を持つ。
ユダヤ教はヘブル語 またはヘブライ語で、メシアをギリシャ語に治したとき、それを現す言葉がギリシャ語になかったので、キリストという語に翻訳したわけですよね。

メシアとは油を注がれた者という意味で、歴代の王や預言者や聖職者はメシアでした。

何故油を注がれた者というのができたのか知っています?
女神に選ばれた王は油をナニに塗って女神と聖婚をすると異教でされていて、それがユダヤ教になったとき、ナニの代わりとして頭になったんです。

つまり 女神から祝福され選ばれたものがメシアだとなったわけです。
そして異教の概念で生贄の儀式を模倣して、女神に贖罪をするという儀式を物語りに取り込んだ。

3日後に復活する。 これは女神の概念です。

いろんな異教の神話と習合してできたのが、福音書という小説。


つまり 創作なんですよ。
異教のいろいろな神話をまぜこぜに作った。


「ハリーポッターが世界を救ってくれるからハリーを信仰すれば幸せになれる」といわれて、あなたハリーポッターを信仰します?

ハリーの世界制覇を妨害する奴は皆殺しするのがハリーの世界を王権を作ることになるから殺せ とやられて、「はいそうですか 殺されます」って言います?
「おかしいじゃないか」というと、拷問し火あぶりにする集団 狂っていると思いません?
神の国の完成のために魔女を殺したまで 何も悪いことはしていない と殺人を正当化するって、狂っていると思いません?

これをやったんですよ。
今もやっているんですよ。

小説のできごとをもってきて、殺人を正当化されて もう空いた口がふさがらない。

あなたは小説家の書いた物語にすがろうとしている。
架空のストーリーなんですよ。
誰もそのような人生を歩んでなどいないし、聖書の内容を信じた集団が 一体なにをやったのか、あなたは知らないんですか?

福音書の内容が真実だとしても、今までに無い規模の殺人 略奪を起こしてしまっては、福音書など存在する価値も無かったということが証明されたわけですよね?

存在してはならなかった 不幸の書。

人類はそれを捨てなければならないところまで来ている。
だが、とても魅力的でその魔力のとりこになったものは、その指輪を捨てきれない。

自分を邪悪にするとわかっている指輪を捨てられないでいる人々がいる。

それほどの魔力を福音書はもっている。

ロード・オヴ・ザ・リングではなく、ギュゲスの指輪(ソクラテス)に既に書かれている人の特徴でした。


神話好きなので、いろんな神話に触れているので、どの神話から引いてきたかわかるんです。


溺れるときこそ冷静に。じゃないと藁つかみますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご説明まことにありがとうございます。
私には何がなんだかわかんなくなってきました。
貴殿の内容を読むと、ではクリスチャンは間違った物を信じてしまってると率直に感じました。
では、彼らはなぜそれを本物の神、転地万物を創造されたと言っているのでしょうか?
そもそもなぜこのようなものを信じるのでしょうか?
わからなくなります。

お礼日時:2007/07/20 23:02

キリスト教の本当の目的は、天国で永遠の幸福を得ることです。

奇跡で病気が治ることもないとは言えませんが。私もうつ病でカトリック教会に行っていますが、まだ、洗礼は早いと思うのでまだ受けていません。キリスト教で洗礼を受けるには、何年も教会で、聖書やキリスト教の教えを学ばなければなりません。すぐに洗礼を受けられるなどというのは、まともなキリスト教ではない可能性があるので注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
一応私の親戚が牧師です。では、まともなキリスト教とはいったい?
考え方の違いでまともな牧師とは思っておりますが・・・・。

お礼日時:2007/07/20 23:04

あなたの情況が鬱なのかは文面から判断できませんが、少なくともひどい状態であれば、パソコンも開く意欲も無いので、開いて投稿できるってことは、回復に向かっていると思います。




うまく社会復帰ができればいいんですけど。

失業保険 そろそろ下りるんじゃないでしょうか?
職安では職業訓練校もあり、その間 失業保険はおり続けるそうですよ。
最長で2年くらいのコースもあり、その間 失業保険はもらえるらしいです。


>これ以上他の物に頼りたくない、自分の力でなんとかしたい

すばらしい!

ですよね、自分の足で立って歩きたいですよね。
「あなたは松葉杖が無ければ歩けないはずです。 さあ 松葉杖を突いて歩いて」って言われてもねぇ・・・・・・


牧師は自分が松葉杖を使わないと立つ事もできないから、きっとあなたも松葉杖が無ければ立てないはずだと思い込んでいるんだと思います。


松葉杖が無くてもたって歩いている人は人じゃないのか????


洗礼。
キリスト教は人は罪人で穢れているとしています。
洗礼を受けていない人は穢れた人だとしています。
それで早く清めたいという親切心から洗礼を薦めるのだと思います。

では洗礼を受けた人は殺人をしないか?
いえ、キリスト教が拡大した途端、人類史上今までに無い規模の殺人が急激に増えたことから、殺人を促す結果になってしまっています。


洗礼者ヨハネ。アロン家の直系だと思われます。
アロンって大祭司の家系。
イエスは洗礼を行っていません。
洗礼で有名なのがヨハネ。
彼の洗礼の目的は穢れを清めるためじゃなく、既に清いと信者に自覚させるために行っていたもの。
自分は既に清いと自覚したものは、洗礼者ヨハネの儀式に参加していたわけです。

キリスト教の解釈とは逆なんです。



牧師は救いの集団を自称しているので、困っている人を救わなければならないという責務に押され、あなたをクリスチャンにしようとしていると思います。

誰のため?
あなたのため といいつつ牧師自身のために行っているわけです。




聖書ができた理由ご存知ですか?
他の宗派を迫害するため、排除するため、撲滅するためにできたんです。
つまり 他のイエス解釈をする人たちの存在を許せなかったから聖書を作ったわけです。


牧師もあなたの現状が許せない。
早く排除したいわけです。
そのためにクリスチャンではない異物であるあなたを同胞にしたい。
だから聖書を使って排除か統合かを迫るわけです。

キリスト教の方とバトルをすると、さすがにキリスト教徒だと名乗った人から、直接的な罵倒はありません。
ですが、こうおっしゃります。
「あなたに神の祝福を」と。
一見 人の幸福を願ったような文面ですが、バトルして私が負かしてしまった後ですから、「死ね」くらいの語気だと思います。 笑
わかりきっていることを試す私も私ですが。 笑


あなたが牧師との統合を望めば、あなたはクリスチャンになり、彼の羊になります。
あなたは彼の僕になります。
彼を主人(羊をひきつれる羊飼い)として彼に従って生きますか?


イエスは「良い羊は自分の主人の声を聞き分ける」とうまいことを言っています。
あなたは、牧師の声を聞いても自分のマスターだと思えないわけですよね。
その直感を信じてはどうでしょうか?


牧師は職業ですから、ちゃんと教団から給料をもらっています。
牧師をやめない限り、定年退職まで保証されており、年金もあり老後の生活も保障されているわけです。

あなたと牧師とでは立場が違うわけです。
死ぬまで安泰な生活を保障されている者と、そうではないもの。


ではクリスチャンになれば、教会から生活費をもらえるか?
もらえません。 
失業保険は? 
もらえません
あなたに失業保険をくれるのは国です。
あなたの最低限の生活を保障するのは国であって、キリスト教ではありません。


ではキリスト教は何をあなたに与えられるのか?
知りません。
教団が描く幻により、一時は幻を見せられ幻の幸福感を得られるかもしれませんが、所詮幻なのでやがて消え、現実がはっきりと見えます。

そしてキリスト教の迫害・虐殺・破壊・侵略の歴史の数々が見ててきたとき、キリスト教が起こらなければ、これほど不幸は世界に蔓延しなかったのではないか という疑惑により、あなたは自分がなんなのか、考えることになってしまうと思います。



バチカンには世界から金が集まります。
その金があればたちまちアフリカの貧困を救済できるでしょう。
何故やらないのか。
何故 ちょっとずつしか出し惜しみしないのか。

なのにちょっとやってキリスト教がやったと大宣伝をするのか?
信者の満足度を上げるためですよね。
すると良いことに間接的に貢献したと信者は懐をさらに緩める。
信者から集まった金が何に使われているか。
ポルノや麻薬の企業の繁栄に使われている。
犯罪を助長するためにその寄付金は使わていることを信者は知らない。


そういう集団がいくら救いを強調したとしても、空しい幻の救いでしかない。

牧師自身の間接的に犯罪に加担してしまっていて、自分すら救えていないのが現実です。


ということから、あなたはまだマシ。
自分で自分を救う力を持っている。


人生で全てがうまくいく人など一人もいないと思います。
何度も災難に逢い、それでも立ち上がれるものが生き残れる。
世の中そうできています。

強者とは、金を持っているものでもなく、権力を持っているものでもなく、肩書きを持っているものでもなく、自分の力で立とうとする意思をしっかり持っているもの。


あなたはまだ松葉杖なしに、人の力なしに立てそうなので、立ってみせるしかない。
自分の足で立てることを示すしかないです。
立ってファイティングポーズをとって。


弱みを見せるからつけこまれる。

今度の身の振り方は、失業保険の期間中に決めればいいと思います。
選ばなければ仕事はある。
権力とか名誉とかは所詮幻。

人の価値は誰が決めるか?
他人が決めます。
でも自分の本当の価値は他人が決められるものじゃない。
自分が決めるもの。
両親が決めるものでも、牧師が決めるものでもないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い文章でコメントいただき感謝しております。

注)牧師(親戚)は自分の弟子にすることは考えておりません。ここでクリスチャンとなって奉仕しろとは言っていません。「クリスチャンになって身を清め、新しい自分になって実家に帰って普通に仕事をしなさいということです。」

実際に私は実家を離れ、親戚と生活をしていますが、もちろんクリスチャン生活に入っているわけですね。しかし、強要はされていないですし礼拝に絶対出席しなさいと言われたこともありません。自由な生活を送っています。たとえば「散歩、ショッピング、就寝時刻、起床時刻もほんと自由です。」まぁ私がうつ病という病があることもありますが、とにかく無理な生活はなにひとつしておりません。

お話は変えます。
宗教についての歴史等学びました。
理解できたのは「神は一人しかいない」ということです。
宗教差別はしたくないのですが他の宗教は「歴史上の人物を崇拝している」その点、キリストは転地万物を創造された方を崇拝する。


なんか話がばらばらですいません。

もう一度まとめてご質問させていただきます。

お礼日時:2007/07/20 16:29

こんにちは。


私はクリスチャンではありませんが、精神科医師です。
うつ病と闘っておられるということでしたら、クリスチャンになることでうつ病が改善するとはお考えにならない方がよろしいかと思います。

うつの時には、思考力、理解力、判断力も低下し、クリスチャンになるかどうかなど、人生の大切なことを判断することは、うつが改善してからにしたほうが良いと思います。

一般的にうつの方には、人生の大切なこと〈結婚、離婚、退職など〉は、うつがある程度良くなるまでは決定を延期するように、ほとんどの精神科医は指導すると思います。

また、これ以上他のものに頼りたくない、自分の力で何とかしたいとおっしゃっていますが、うつ病は自分の力で何とか出来るものではありません。
精神科の専門的な治療を受けていらっしゃいますか。お薬をのんでいらっしゃいますか。
無治療では、うつが自然治癒するまでの期間は、1年から数年といわれています。
お薬を使うことで治癒するまでの期間は大幅に短縮する可能性が高いです。
うつ病に自分お一人で立ち向かおうなどとお考えにならず、是非とも専門の精神科医にご相談なさることを強くお勧めいたします。

うつが始まりやすい年齢は20歳台前半と言われています。
うつの時には頑張らないこと、無理しないことが大切です。
うつの治療で大切なことは、お薬、休養、専門医への相談の3つと言われています。

あなたにとって最も大切なことは、クリスチャンになるかどうかを決めることではなく、適切な治療をお受けになることだと思います。

うつが早く良くなることを心からお祈りいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先生ありがとございます。

精神科の専門的な治療を受けていらっしゃいますか。お薬をのんでいらっしゃいますか。←はい、抗うつ剤、ジェイゾロフトを4錠服用中、4週間たちます、ある程度回復傾向にあるのですが、まだまだ仕事までは復帰できないのです。

まだ、何も考えたくないのです。「クリスチャンの件」が余計にストレスにならなければいいと思っています。

先生僕は「うつ病」で親戚のうちへ療養するために来ましたが他にアドバイスはございませんか?

重度のうつではございません。しかし、ジェイゾロフト4錠ではまだまだ足りないような気がします・・・。

先生とにかくアドバイスをお願いします。

お礼日時:2007/07/20 15:31

頭が混乱されているようで、何を言いたいのか理解できません。


もう少しおちついてから再質問してください。

また、日本では、クリスチャンである事で問題になる事はありません。
堂々とクリスチャンである事を誇ればよいでしょう。
ただし、キリスト教集団から異端とされている、モルモン教、エホバの証人、統一教会であれば、この限りではありません。
モルモン教はまだしも、エホバの証人や統一教会でしたら、すぐにその親戚の家から出るべきでしょう。

また、キリスト教においても、ペンテコステ派であれば、時々おかしな考えの牧師がいますから、要注意です。
日本人であればあまり問題ありませんが、韓国人やアメリカ人牧師の場合は、要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがごとうございます。
モルモン教、エホバの証人については「重々わかっております。」
彼らは「人を神」だと言い「厳しい戒律」がある。そしてキリスト教の聖書の解釈からすこしずれて解釈している。

お礼日時:2007/07/20 15:35

msmy0512さんの文章からでは具体的に何に悩んでいるのかよく分かりません。

こんな場では書けないことも沢山あるとは思いますが、それにしても文章の脈略が不明瞭過ぎます。
本当に考え抜いていますか?これ以上考えられないというくらい考えましたか?具体的に考えましたか?考え抜いた挙句あのような文章なのですか?きつい言い方かもしれませんが、あなたの文章からは中途半端な思いしか伝わってきません。「自分の力でなんとかしたい」のでしたら徹底的に自分の頭で考え抜いて下さい。具体的に徹底的にこれ以上できないというくらいです。そうすれば少なくとも「私は自分でこれだけのこを考えた」というものが残るはずです。それが自分の支えになるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません。
頭が混乱していました。
「とくにうつ病で悩んでいる」ということでこれから脱皮した、そのためには牧師がいうようにクリスチャンになり、心を神に委ねなさい。

葛藤があるのです。

まだまだ頭が混乱しています。

お礼日時:2007/07/20 15:37

クリスチャンというと日本では比較的理解されるほうだと思いますけど・・・(他の宗教に比べて)



個人的には
信仰とは悩みがあってすがりたいから得られるものではなくて
その信仰なり教義なりに触れることで悩みから解放されたときに信仰を得たといえるんじゃないかと思います
(聖書の記述でもそんなの多くないですか、癒されて信仰を得るっていうようなのが・・・)


本当に悩んでいる人は「わらにもすがる」思いなので、質問者さんのような葛藤は感じないと思います
ですのでまだ余裕があるので、自分自身でもなんとかできるレベルなのかもしれません

「自分の力」がいかに小さいか、なにごとも思い通りにはならないものだと悟ったときになにか得るのかもしれないですね
(たとえば宇宙飛行士は信仰を持っている人が多いらしいです・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に悩んでいる人は「わらにもすがる」思いなので、質問者さんのような葛藤は感じないと思います
↑そうですよね。冷静に考えるとそうですよね。おっしゃっていること理解できます。

お礼日時:2007/07/20 15:40

かのキルケゴールは、・・・・。


なぜか、まともに日本語がしゃべれる牧師さんとお会いできなくて、
人生ずっと、ウツウツ状態ではあります。
目覚めない以上、生まれ変われないような気がします。
知ったかみたいでごめんなさい。
冒頭は研究してみる価値があると思っています。
自分にとって宗教とか社会はという課題にたいして。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大衆文学はエドガー・アラン・ポーが作ったのか

大衆文学は、エドガー・アラン・ポーが作ったのでしょうか。

Aベストアンサー

エドガー・アラン・ポーといえば、どちらかというと、探偵小説の元祖として知られているのではないでしょうか。

大衆の好みの合わせて書かれたフィクションの読み物、という程度の意味での「大衆文学」でしたら、ポーをはるかに遡って、紀元2世紀末ごろに書かれたといわれる『ダフニスとクロエ』があります。岩波文庫とかに入っています。お読みになると、「これぞ大衆文学!」と感じると思いますよ。

Q洗礼を受けないと天国に行けないのでしょうか?

キリスト教では洗礼を受けていない人は天国に行けないと考えますか?

ふと、疑問に思ったので質問です。キリスト教では洗礼を受けていない人間は天国に行けないと考えているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは*

天国に行けるかどうかの基準。難しい問ですよね。

『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを得るためである。』(ヨハネの福音書3章16節)

ひとり子=イエス様
永遠の命=天の国に入ること です。

ここには『信じる者』が永遠のいのちを持つと書かれています。
洗礼を受けるかどうかではなく(本当に信じていなくても、洗礼は受けられますもんね・・・)
『信じる』かどうか。
つまり自分の意思でイエス様を信じる事を選び、イエス様と共に生きるということだと思います。

よく『クリスチャンはイエス様の花嫁』などと表現されますが、
洗礼=披露宴
イエス様を信じる(受け入れる)=婚姻届の提出

に近いのではないでしょうか?
披露宴をあげても夫婦にはなりませんよね?
婚姻届を出して、初めて夫婦と認められます。

ただし、夫婦(クリスチャン)でい続けるには、一瞬だけイエス様を信じるのではなく、
信じ続けるということが何よりも大切です**

洗礼を受ける受けないが基準ではなく、信じるか信じないかの一点のみです。

神様は、信じない人を救わないのではなく、私たち一人一人に選ぶ権利(選択)を与えてくださったのだと思います。

イエス様は全ての方の心のドアをコンコンっと叩いています。
イエス様側のドアにはドアノブはありません。
私達の側にしかドアノブはないんです。
もちろん、無理やりドアを蹴破ることもできます。
しかし、イエス様はそうはされません。
私達がドアを開け、共にお茶を飲みながら、顔と顔を合わせて話をするその日を
ドアの外でいつまでも待っていて下さいます。

誰かを救って、誰かを救わないのではありません。
全ての方を救いたいのです。
全ての方のドアを叩いているのです。
その選択肢は私達の手にゆだねられている。
ただそれだけです。
無理強いすることなく、愛を強制しないこともイエス様の愛ゆえです。


自分にはドアはない。
イエス様は自分のドアは素通りしていると思われる方もいるかもしれません。
そんな時は、イエス様に聞いてみて下さい。
居るか居ないか分からない人に向かって質問することは、本当に馬鹿げて見えるかもしれませんが、家族や友達に言う必要はありません。
寝る前や、お風呂の中でそっと、「イエス様。あなたは本当に居るのですか?私のドアも叩いているのですか?」と小声でいいので(難しければ心の中で)聞いてみて下さい。
あなたのその小さな祈りを、一言も漏らさず、全て聞いていてくださいます。

hallelujah

こんにちは*

天国に行けるかどうかの基準。難しい問ですよね。

『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを得るためである。』(ヨハネの福音書3章16節)

ひとり子=イエス様
永遠の命=天の国に入ること です。

ここには『信じる者』が永遠のいのちを持つと書かれています。
洗礼を受けるかどうかではなく(本当に信じていなくても、洗礼は受けられますもんね・・・)
『信じる』かどうか。
つまり自分の意思でイエ...続きを読む

Q「クレド・ポー」と「クレド・ポー・ボーテ」、違いは?

資生堂のブランドで、スーパーなどで扱っている「クレド・ポー」とデパートの「クレド・ポー・ボーテ」、同じような値段の同じような商品の成分や効果に違いはあるのでしょうか?

具体的にはあの高額なクリームについて知りたいのですが・・・。
変わりがないのなら、割引きのあるスーパーで買うほうがお得かな、と思っているのです。

ご存知の方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

 同じみたいですよ。
同じ商品なら安い方に流れるのは当たり前で
それを防ぐために店舗では丁寧なカウンセリングなんかで対抗するわけです。
付加価値つきで優越感に浸りたいお客様のためにすこぉしパッケージを変えている程度です。
参考URLに詳しく説明されています。

参考URL:http://www.nkura.net/cosmeticurauravol13.htm

Q植物、動物は生老病死に苦しむ悩むことがないのに(動物は病に関しては苦し

植物、動物は生老病死に苦しむ悩むことがないのに(動物は病に関しては苦しみがあると思いますが)、
人はなぜ生老病死に苦しみ、悩まねばならないのでしょうか。

イルカなどと違って、衣食住をまかなう必要があるからなど、わかりきった回答はさけてください。

Aベストアンサー

農業高校の出身者としてまずもうしあげます。
どんな生き物にも生老病死にかんする苦しみはあります。
植物には生老病死の苦しみがないようにおっしゃっていらっしゃいますが、
植物は人間や動物のように声や言葉で苦しみを伝えられないだけでちゃんとサインはだしていますよ。
人間がそのサインを読み取れないだけ。
勘違いされないように。


さて、人が悩むのは『言葉』をつかい、それに『意味』をもたせているからです。
また、『ものを考える』ようになれば『欲求』もより具体化するので、余計に悩むことになります。

つまり、
・より長く生きたい
・でも、老いていくのは嫌だ
・怪我や病で苦しみたくない
・死ぬのは怖い、だから嫌だ

全て『人間の欲求』からきているものです。
その『欲求』がある限り『悩み』はなくなりません。

Qクリスチャンの出会い

こんにちは、僕は、この間クリスチャンになった、アメリカの学生です。ご存知のとおり、クリスチャンは、クリスチャン同士、結婚しなければなりません。今、僕が住んでいる町は、クリスチャンの日本人がそれほど多くありません。ですから、あまり日本人に出会う事がないのです。どうすれば、クリスチャンの日本人の出会いが増えますか? どうしたら、運命のパートナーに出会えますか? 教えてください。

Aベストアンサー

No.3です。ちょっと補足させていただきます。

「確か、聖書にクリスチャン同士の結婚について書かれていたはずです。」

 そうですか? そもそも新約聖書が書かれた頃には、まだ「クリスチャン」という言葉すらありませんでした。だから、そんなにはっきり書いてある個所はないと思うのですが。

 実は私も今、アメリカ(ロサンゼルス)に住んでおり、教会にたまに通っています。日本ほどではありませんが、やはり奥さんだけが熱心なクリスチャンというケースはたまに見かけますよ(ただし、旦那さんがクリスチャンで奥さんがクリスチャンでないという逆のケースはあまり見ないですね。総じて女性の方が信仰熱心なのでしょう)。やはり信仰を同じくする人同士の方がうまく行きますが、それでもマストではないようです。既に申し上げたとおり、日本の教会でも奥さんだけがクリスチャンで、旦那さんは教会に来ないというのは結構見ます。

 以前、日本の神学校の授業を聴講したことがあるのですが、先生が「日本のクリスチャンは男が圧倒的に少ないので、クリスチャンの女性は非クリスチャンの男性と結婚する時には、男性教会員を獲得するために、必ず洗礼を結婚の条件とせよ!」と冗談混じりに言ってました。

 ご参考まで。

No.3です。ちょっと補足させていただきます。

「確か、聖書にクリスチャン同士の結婚について書かれていたはずです。」

 そうですか? そもそも新約聖書が書かれた頃には、まだ「クリスチャン」という言葉すらありませんでした。だから、そんなにはっきり書いてある個所はないと思うのですが。

 実は私も今、アメリカ(ロサンゼルス)に住んでおり、教会にたまに通っています。日本ほどではありませんが、やはり奥さんだけが熱心なクリスチャンというケースはたまに見かけますよ(ただし、旦那さんが...続きを読む

Qキリスト教における洗礼ヨハネについて

私は、元キリスト教で現在は統一教会の信仰を持っています。統一教会では、イエスを洗礼した洗礼ヨハネは、イエスを洗礼した後、一信徒としてイエスについていくべきであったが、それができず、この関係の不和がユダヤ民族のイエスに対する不信を強め、殺害の大きな要因になったと教えています。私自身は、えっ?と思ったものの、もともと洗礼ヨハネの位置づけについて何かおかしいなと思っていたこともあり、比較的容易に理解できました。父(プロテスタント)などは、必死に否定します。このことは、通常キリスト教の方にとって理解されないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

再々投稿失礼します。

わたしはキリスト教徒ではありません。
だけど特に旧約聖書に興味があって色々調べました。
そうしているうち新約聖書も少し読み ???ってなりました。
身近なキリスト教徒の人に私の考えをその人に伝えてどう思うか聞けないので、ネットで言ってみてもいいでしょうか。

>イエスは最初から十字架の道を行くことを選択していたわけではないということです。

私もそうだと思います。


>イエスが受け入れられていれば、十字架の道を選ぶ余地はありません。

庶民からは受け入れられていましたが、ユダヤ教のその地のもっとも力のある派からは疎まれていたと思います。
彼はある派から疎まれていても、大勢の庶民から支持されていたので、なにも自ら自殺するような行動を取る必要性は無かったのだと思うのです。
何も他人の罪を背負ってって理由をつけなくても、自分の思想を世界に広めることはできたと思います。
そうしていればこれほどまで宗教という建前の元、ものすごい数の人が死ぬことは無かったと思います。


だけど、どうして彼はそういう思考になったのかと考えました。
それには彼には父親が居ないという事が強く関係していたように思いました。
あの当時 父親が誰かわからないという事は存在の否定につながるほど大変なことだったと思います。

カソリックの遠藤周作さんの「イエスの生涯を読みました」
それに彼のどうして死を選んだのかが書かれていましたが、それでも納得しませんでした。
続いて「ユダの謎、イエスの謎」を読みました。
こちらが近いように思いました。
イエスが血のような汗を流して天に訴えた場面がありましたよね。
怖いからどうか自分をそういう目に合わせないでくれって言いましたよね。
それは自分がどうなるのか他の人から聞いてそれを避けるのが難しかったからだと思います。
それをどう正当化するか。
イザヤ書。
周りのそのどうなるか言ってきた人も、このイザヤ書を使って彼に死の道を勧めたのだと思うのです。
その事を知っていたのは信徒のなかでユダだけ。
後の信徒はイエスが死を決意していることもわからず、暢気に誰が一番か言い合っていた。
それを横目で見ながらユダはため息をついた。

ユダは利用されているだけだと忠告した。
本当の事を話したと思います。
しかし洗脳されたイエスは自分が人類の罪を背負っていく運命だからと聞く耳を持たなかった。
きっと王国は作られる そのために自分は死ぬのだ それが父親の獲得になるのだと思ったのだと思います。

イエスはユダに「決められた役割を果たせと迫った」
ユダは首をたれ、彼の望むことをやった。
どういう結果になるのかわかっていた。
だけどユダは疲れきってイエスの欲望に流されていくしかなかった。


「あなた待望の人であり、運命はこうなってます」と死を薦めた人はどういう人か。
彼を一体どうしてそう洗脳する必要があったのか。
ユダの謎 キリストの謎を読むうち謎が解けてきたように思いました。


325年ニケア信条でイエスを神なのか人間だったのかもうこれ以上議論しないと決めましたよね。
そして彼を神としましたよね。
そうしなければキリスト教を柱とする勢力が力を失う。
力を失ったら攻め込まれ、国が成り立たなくなる。


結局ユダヤ教は政治に利用されてきつづけたように思います。
そしてキリスト教も政治に利用されてきたと思います。


こういったことはとても身近なキリスト教徒にはこう思うんだけどって言えません。

ヨハネが彼と出合ってすぐに地位を押し付けたところで、やはりイエス教団は政治や民族紛争に利用されるしかなかったように思います。



偶像をおがんではならない。
みだりに名前を言ってはならない。
他をあがめてはならない。

空しく響きます。


旧約新約聖書より外伝の方がわたしは親近感を持ちました。
そこには私たちと同じような人間性あふれる一人の人間が描かれていて好感と安心感が持てるからです。
偽の書物かもしれない。
だけど荒野(旧約・新約)とは対象にオアシスのような生命の喜びを感じ取れます。

再々投稿失礼します。

わたしはキリスト教徒ではありません。
だけど特に旧約聖書に興味があって色々調べました。
そうしているうち新約聖書も少し読み ???ってなりました。
身近なキリスト教徒の人に私の考えをその人に伝えてどう思うか聞けないので、ネットで言ってみてもいいでしょうか。

>イエスは最初から十字架の道を行くことを選択していたわけではないということです。

私もそうだと思います。


>イエスが受け入れられていれば、十字架の道を選ぶ余地はありません。

庶民からは受...続きを読む

Qラフマニノフがインスピレーションを受けて鐘を作曲したポーの詩

オリンピック女子フィギュアで浅田選手が演じた鐘に感動!
それで鐘という曲が作られた背景などを知りたくなりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%90%98_(%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%95)

上記によると、

この作品の構想は、ラフマニノフの熱烈な女性ファンから匿名で送られてきた一通の手紙に端を発する。
そこには【ポーの詩のバリモントによるロシア語訳】が添えられており、彼女はこの詩が音楽にとって理想的で、特に彼のために作られたようなものだと主張していた。

とあります。

【ポーの詩のバリモントによるロシア語訳】とはどういった詩でしょうか。

また【ポーの詩】についても知りたいです。

私は日本語しかわからないので、日本語訳したものをご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

 ここにポーの The Bell(「鐘」の原詩でしょう)が出ています。

 http://www.online-literature.com/poe/575/

Q水による洗礼は必要不可欠なことですか

特殊な議論になるかも知れませんが おしえてください。わたしは この水の洗礼を受けていない自称のキリスト者です。

ヨハネ福音は《血によらず 肉の意志によらず 人間の意志によらず 神によって生まれる》(1:13)と説きます。水の洗礼は 人間の意志によっているのではないでしょうか。(儀式としては 別の問題です。)

むろん 同じヨハネにイエスの言葉として《水と霊とによらなければ》(3:5)という明らかな文句があり イエスも洗礼を受けたし パウロも受けました。旧約からの継続として そういうかたちを採ったと考えられませんか。割礼も 必要なくなったのだと思います。

解釈だけではいけないとすれば エレミヤ書31:31以下に 《そのとき 人びとは隣人どうし ・・・〈主を知れ〉と言って教えることはない》とあります。うんぬんですが。

Aベストアンサー

誰々がこう言った.

ではなくて
自分の言葉で言うことが大切なんだな.

Qクリスチャンの結婚について教えてください。

クリスチャンの女性はクリスチャンの男性と結婚することが多いのでしょうか?相手もクリスチャンでなければと考えられている方が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

私自身、クリスチャン(カトリック)です。家族みんながカトリック信者で、私は幼児洗礼を受け、高校くらいまでは毎週日曜教会に通っていました。現在は仕事等の都合により教会へは月に一回程度しか通えないので熱心な信者、とは言えないとは思いますが。
今年結婚予定ですが彼は無宗教です。でも、お互いそれで良いと思っていますし、宗教、無宗教で区別する事自体がとても狭い考えだと私は思っています。(例えば病気を持っている、持っていないで区別するようなことだと思います)
ちなみに合コンとかも行きましたよー。ただしお持ち帰りとかは絶対お断りしましたけど。
今の彼とは趣味のつながりで出会いました。両親は彼が信者でないことで少し心配したようですが、特に反対もせず賛成してくれました。

Qどうやれば「うつ病」が治るか?

どうやれば「うつ病」が治るか?
私はうつ病患者です。
私は、生きるのが怖い。手が震えるほど。なぜかわからんが、やっと自認できた。
生きる意欲が、相互扶助な「環境」に生まれれば、うつ病にならなかったのでは?
「環境によらず、自身の心のありよう」で、快復する。と思うが。。。
これが、滅茶苦茶に難しい。だから薬に頼る。もはや堂々と。
私ほど、あの薬を飲んでる人間はおそらくいないだろう(小自慢)。

「お助け組」を旗揚げしたい。他人を助けていると心が和む。
幸せを感じる。これはまぎれも無い事実だ。あなたはどうですか?

痴者の妄言と思われても構わない。

Aベストアンサー

自分の心の状態を忘れた時に完治です。心の状態を仕事もしないで構っていると、心は正常さを失います。自分の事を忘れて、他人の事に一生懸命になれない事で、又自分の心を推し量っています。自分の心を正常にしようとしなくなる心の準備が出来た時に、少し正常になった事を知ります。

そうして心の状態を『意識しない状態』が、欝からはなれた状態です。ただ心の内面のみの観察から鬱になっています。

人間の心は外界に夢中になるか、自分の内面に夢中になるかで、興味が変わってしまいます。内面の観察が、外界の興味を減殺しています、『自分を忘れられなくなっているだけです』

自分を忘れて、自分以外の事に打ち込む事が、治った事に通じています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報