忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

今最も安いものでも59,800円だったと思います。
もっと、こう、インターネットとメールと画像の保存だけできればいいから、安いノートを製造しようというメーカーが現れないのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

今から10数年前WIN95の頃は、CPUクロック166Mhz前後、


標準搭載メモリ16~32MB、HDD容量2GB前後で価格は30万円位しました。
あの頃と比べたら驚異的に安くなっていると思いますが。
あなたはいくらいだったら安いと思うのですか?
まさかニンテンドーDSLiteやPSPなどの携帯ゲーム機のように
1万円台から2万前後などと言うのではないでしょうね?

この回答への補足

2万前後になったら安いと感じますね。

補足日時:2007/07/26 00:14
    • good
    • 0

ノートPCは、大変な集積技術が使われています。

特別なパーツということです。
そのためデスクトップPCよりもパーツ単価が高いので、総合的に価格が高くなります。

また、ノートだけに実装されている典型的なパーツとしては、液晶画面やバッテリーがありますよね。これも結構な値段がしますから、なおさらです。

よく似た製品に、「携帯電話」があります。我々は店頭で、ほとんどタダ同然で手に入れていますが、実際の価格は5~7万円くらいするそうですよ。

携帯電話のように、同じモデルで数十万台売れる製品であってもこれくらいの値段がするのですから、それよりも売れない製品であるPCでは、価格は推して知るべしです。

ノートPCの自作キットというものもありますが、趣味性が高いということと、結局パーツ単価の積み上げですから、決して安くはないです。
http://www.coneco.net/list_spec/01506080/2846.html
    • good
    • 0

デスクトップ型であれば筐体に余裕があるので寸法の大きな安い部品を使って作ることができます。



それに対してノートパソコンは限られた筐体の中に小さな特注の部品を使って作らねばなりません。そういう特注の部品は値段が高いことが多いのです。

例えば、CPUはデスクトップ型に使うのであれば多少の発熱は問題ないので、発熱量は多いが安価で高性能のCPUを使えますが、ノート型の場合、ノート用の高価な発熱量の少ないの特殊なCPUを使わねばなりません。

またハードディスクではデスクトップ型は3.5インチ型を使うことがほとんどですが、ノート型の場合2.5インチ型を使います。

同容量の2.5インチ型のハードディスクは3.5インチ型に比べて倍以上の価格です。

まあパソコンの売れ筋が動画処理とかゲームとか特殊用途を除くとノート型に移っていますので、ノートパソコン用の部品も量産効果で価格が下がり、質問者さんの期待されるような最低限の容量のメモリーとディスクを備えたOS込のノートパソコンが3万円以下で発売されるかもしれません。
    • good
    • 0

海外の話で恐縮ですが


「The One Laptop per Child(OLPC)プロジェクト」で
100ドルPC(約12000円のPC)が作れないか
という活動もあります

参考URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/14/n …
    • good
    • 0

25年前はネットも出来ないような機械が数十万円していたのですから今のパソコンは驚異的な安さです。


まさかノートで10万円を切る時代が来るなんて予想も出来ませんでした。

〉インターネットとメールと画像の保存だけできればいいから、安いノートを製造しようというメーカーが現れないのはなぜですか?

それだけなら携帯電話で出来ますからね。
ノートの代わりにこのような製品が生まれています。
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/003sh/
    • good
    • 0

>>「インターネットとメールと画像の保存だけできればいいから」


なぜノート?デスクトップでもできるじゃん
って考えるとノートがなぜ割高なのかも考えましょう。
所謂付加価値ってのもあります。

デスクトップと違って部品自体が小さくなるので回路設計や
製造が複雑になるのでやむ得ない価格上昇につながります。

ただ、部品単価から考えて、エンドユーザー向け販売価格が59800円と言うのは格安ですよ
もっと安くしたいなら1000台単位での受注が必要です。

>安いノートを製造しようというメーカーが現れないのはなぜですか?
で質問の回答ですが
エンドユーザー向けに薄利多売を行って順調に商売が続くとおもう企業が現れないからです
(59800円でも十分薄利多売ですが・・・)
    • good
    • 0

採算が合わないからですね。



性能が下がればコストがとても下がる…わけでもないので。
同じコストなら性能高いほうが売れますし、
ソフトウェアだけでもコスト結構かかるでしょうし、
採算が合わない→生産終了

生産コストを抑えることができればそれに見合った値段のパソコンが発売されることもあるでしょう。
でも今は59800円も結構苦労してるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

ぶっちゃけ「(ノート用の)パーツの値段が高いから」です。


ノートPCは
・携帯を前提とするため「小型化」「軽量化」が必須、加えてバッテリ駆動も予想されるので「省電力化」。
・さらに筐体内がギチギチで廃熱がおっつかないので「耐熱性」も必要
とデスク用にくらべて余計な技術がかかってます。
その分が値段に返ってくるんです。
    • good
    • 0

電子部材(CPU、Memory、HD、LCD等)価格から考えると59,800円でも驚異的な安さなのです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング