(1)武田軍が長篠城まで攻め込んでいたということは、信濃の松尾城~犬居城~二俣城~井伊谷城~長篠城というルートで攻め込んだのでしょか?
それとも直接、信濃から三河に攻め込んだのでしょうか?

(2)三河の田峰城などから信濃に侵攻することは可能でしょうか?

(3)曳馬城・横須賀城などの海に近い城は武田に占領されたことがありますか?

(4)遠江の半分は武田に支配されていた時期はあるのでしょうか?


よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

武田家の最大版図は信玄ではなく、勝頼によって達成されました。


長篠の戦いの時点で、遠江の徳川方は浜松城を拠点として南西部のみを押さえており、遠江の大部分は武田領でした。

1)直接に三河へ入り、豊川~二連木~牛久保と攻めたようです。
2)村々を調略しながらであれば、どこまでも進撃は可能です。ただしそれには、主力決戦に勝利するなど、調略に成功する材料が必要です。
3)曳馬城は浜松城の一部というべきかも。長期にわたり占領されたことはありません。横須賀城は、高天神城を武田に奪われた危機感から浜松防衛のために築かれたもので、武田に攻められたことはありません。
4)半分以上が武田に支配されていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武田の大軍があんな狭い山道を通ったとは驚きです。
武田家は遠江・駿河・甲斐・信濃・上野を領していながら滅ぶとは、盛者必衰ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/29 23:03

(1)武田軍が長篠城まで攻め込んでいたということは、信濃の松尾城~犬居城~二俣城~井伊谷城~長篠城というルートで攻め込んだのでしょか?それとも直接、信濃から三河に攻め込んだのでしょうか?


   1575年の長篠の戦いであれば、信濃から直接三河に入ったようです(武田軍が長篠城を攻めたのは、1回ではありません)。

(2)三河の田峰城などから信濃に侵攻することは可能でしょうか?
    田峯菅沼家は三河と信濃の国境の城として知られる武節城も領有していたようですから、勝敗は別として可能ではあったでしょう。

(3)曳馬城・横須賀城などの海に近い城は武田に占領されたことがありますか?
   曳馬城・横須賀城については、武田軍に占領されたことはありません。占領とは違いますが、相良城を勝頼が築城したと言われているようですね(江戸時代に田沼意次が築城した同名の城とは別)。

(4)遠江の半分は武田に支配されていた時期はあるのでしょうか?
     面積の問題であれば、北遠一帯を武田に味方する勢力(天野氏等)が支配していましたこともあり、武田勢力の最盛期(勝頼の高天神城攻略の頃)には、武田の勢力で支配されていました。
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在、愛知県の三河地方から長野県への道は、山道なのに、あんな狭い道を1万人・2万人の武田軍が通ったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/29 22:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【麻生太郎】麻生太郎は福岡の豪族出身だと聞きましたがどこの豪族のご子息ですか?

【麻生太郎】麻生太郎は福岡の豪族出身だと聞きましたがどこの豪族のご子息ですか?

Aベストアンサー

ちなみに家系図
http://kingendaikeizu.net/seizi/asou.htm

 江戸時代は は嘉麻郡立岩村字栢ノ森(現在の飯塚市柏の森)の 庄屋の家系すね。
明治二年(一八九六)ころは嘉麻郡二十一ヵ村を、翌三年には穂波郡三十一ヵ村を治める
かなり巨大な家みたいです。

 福岡の豪族とゆーより 藤原氏系のかなりの大きな士族の家っぽいです。

Q武田勝頼対織田・徳川連合軍の「長篠の合戦」での武田の旗に、「風林火山」

武田勝頼対織田・徳川連合軍の「長篠の合戦」での武田の旗に、「風林火山」の旗はあったのでしょうか・・・

Aベストアンサー

「勝頼は信勝が16歳になりしだい家督を信勝に譲り、以後は後見人になる事・・・それと、『風林火山』の旗は使用せず、『諏訪法性の兜』のみの着用を認める」

信玄の遺言だそうです。

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/04/post-7b2e.html

Q遠江の歴史

遠江の国の安土・桃山時代から江戸時代にかけての領主支配の歴史がわかる書籍はないでしょうか?

Aベストアンサー

  iuier943jさんこんばんは。
城跡、古城という観点から歴史、領主支配が分かる書籍があります。

ふるさと古城の旅 水野茂著
1998年9月初版
海馬出版
¥1600+税
TEL:054-257-3371

私は、城跡、古城を捜し歩くのが趣味ですが、歴史の息吹と、当時の戦乱武将の生き様が城跡を訪ねる事で感じ取れるような気がします。

 ちなみに静岡県内だけで城跡は700もあるということで、日本全国には2万とも3万とも言われ、今では言い伝えしか残っていない、痕跡も不明な城跡もまだまだあるとの事です。

 有名なところでは、国史跡になっている大東町の高天神城などがあります。参考になれば幸いです。

Q長篠の合戦 (織田軍の鉄砲の三段撃ち?・武田の騎馬隊は存在しなかった?)

長篠の合戦についての通説の誤りが指摘され、新しい定説が普及しつつあります。


代表的なところでは

1、信長・家康連合軍の鉄砲「3千挺」という数字は誤り。せいぜい1千。

2、織田軍の鉄砲の三段撃ちはなかった。それぞれ勝手に撃っていただけ。

3、武田軍には、いわゆる騎馬隊(モンゴル軍のような騎兵隊)は存在しない。

4、兵力も、連合軍3万8千、武田1万5千はおおげさ。せいぜい連合軍1万5千~2万5千、対、武田7千から1万。

5、合戦の性質も、野戦ではなく、織田軍が築いた土嚢の陣地を武田軍が攻めるという「城砦攻防戦」だったのではないか。


長篠の合戦に関する賛成意見・補足・反論などをお願いします。

Aベストアンサー

弾幕射撃というのは確かに効果的で世界史的にみても長城の戦いの15年後にオランダで使用されそれなりに効果があったらしいですが、但し実用化するにはまず大量の鉄砲、そして統一的な訓練が必要なわけで、オランダの例はそれらを行えるだけの資金的・時間的な余裕があったからです。

一方信長の場合は、鉄砲それ自体は早くから注目していたようで(但しこれはどの戦国大名も同じ)資金も豊富ですから数も多く所有していたようですが、当時の信長にはそちらにまわせるだけの余裕はなかったと言われており最近の定説では1000-1500挺ぐらいとされています。
実際の使われ方については、鉄砲の上手い兵士に従者を何人かつけて、撃つ人、弾込める人、火薬詰める人と役割を分けることで少しでも効率を良くしようとしていたようではありますが、これは従来から行われていた方法です。

長篠城からの援軍援軍要請が家康に、家康からの要請が信長に届いたのですが、当時畿内で忙殺されていた信長は乗り気ではなかったようです。が家康が武田と講和するとまで言い出したためにようやく重い腰をあげたと家康側の文献には載っています。であわてて駆けつけたものですから織田軍も筒井軍などの連合体であり、鉄砲もあちこちから何とかかき集めてきただけ(織田領内はこの時期軍事的に一種の空白地帯になっています)。それでさらに徳川との連合ですから、俗説的に言われていたような統制のとれた三段撃ちを行えるような準備がまずできなかったでしょう。上手い人をそれぞれの部隊から抽出して、それらに従者をまとめて付けるというような工夫ぐらいはしたかもしれませんが。
また弾・火薬も当時の価値では非常に貴重なものですから、弾幕を張るというのではなく、一撃必殺で出来るだけひきつけて使われいたようですので、そういう意味ではそれぞれ勝手に撃っていても、結果的には統制がとれていたことになるかもしれません。

でなぜそんな定説が事実として教科書にまで載るようになったかについては、元ネタは歴史書というか日記風の軍事詳報的な大田牛一の「信長公記」を元にした小瀬甫庵の歴史書というよりも小説「信長記」(江戸初期のベストセラー)に出てくる逸話で、このエピソードを明治の日本陸軍が採用したためらしいです。
※ちなみに「信長公記」では鉄砲は1000挺ですが、版によっては小さく3の字が追加されていたりして、「信長記」では完全に3000挺になっています。

なぜ陸軍が採用したかについては単に戦訓を載せる際に、具体例があった方が分かりやすいからというぐらいの単純な理由で、大事なのは史実ではなく戦訓(ex.鉄砲の前に騎馬が突撃すべきでない)ですから脚色が入っていてもかまわなかったのでしょう。

弾幕射撃というのは確かに効果的で世界史的にみても長城の戦いの15年後にオランダで使用されそれなりに効果があったらしいですが、但し実用化するにはまず大量の鉄砲、そして統一的な訓練が必要なわけで、オランダの例はそれらを行えるだけの資金的・時間的な余裕があったからです。

一方信長の場合は、鉄砲それ自体は早くから注目していたようで(但しこれはどの戦国大名も同じ)資金も豊富ですから数も多く所有していたようですが、当時の信長にはそちらにまわせるだけの余裕はなかったと言われており最近の...続きを読む

Q古代豪族の末裔

紀国造の称号が現在も紀氏の末裔の方に連綿と受け継がれているということを聞いたことがあります。
いわゆる古代豪族(物部氏・葛城氏・蘇我氏・大伴氏など)は奈良時代から平安時代(藤原氏の台頭)に合わせるように歴史から消えてしまったかのように見えますが、彼らは本当に没落してしまったのでしょうか。名前等を変えて近世まで貴族として残った例はあるのでしょうか。
また地方豪族(尾張氏・上野毛氏など)なども同じころに名前が出なくなりますが、そのまま地方に根を張り武士化して近世に至った例などはあるのでしょうか

Aベストアンサー

ANo.5 です。お礼ありがとうございます。
お礼へのコメントを兼ねて回答の追加をさせて頂きます。
私は「古代豪族」を王権に影響力を行使するような大豪族、例えば質問文にあるような物部氏・葛城氏・蘇我氏・大伴氏などと認識しておりましたので、土師氏のような職能集団は除外しておりました。
ANo.6 さんが既に土師氏を掲げておられますが、土師氏からは後に菅原氏・大江氏が出ます。
菅原氏は菅原道真が出て堂上公家の地位を確立します。本来ならば藤原氏によって潰されるはずなのですが、子孫は江戸時代には数家に分かれて堂上公家として繁栄?します。菅原道真の怨霊を恐れて、子孫が公家社会で厚遇され続けたのでしょうかね。また、加賀藩前田家は菅原氏を称しています。系譜詐称で菅原氏を称しても何の箔もつかないので、恐らく本当なのではないかと愚考します。
大江氏は京都の公家社会では地位を確立できず下級官人で終わりますが、大江広元が鎌倉幕府の創業に参加し、子の毛利季光が戦国の大大名毛利家の始祖です。但し、大江氏の出自、大江広元の出自とも中世の系譜ですら異説が記されており、信憑性には疑問が残ります。
蛇足ですが、大江広元の出自は中原氏とも言われています。中原氏は安寧天皇の子孫を称する橿原市・桜井市付近の小豪族が出自のようです。中原氏は堂上公家の地位を確立できなかったものの、嫡流の押小路家は准堂上として認識されていました。つまり堂上が公家1軍とすれば、中原氏の押小路家は2軍筆頭ということです。で、直江兼続の実家の樋口家が中原氏だったりしますが、こちらも異説があり判然としません。

ANo.5 です。お礼ありがとうございます。
お礼へのコメントを兼ねて回答の追加をさせて頂きます。
私は「古代豪族」を王権に影響力を行使するような大豪族、例えば質問文にあるような物部氏・葛城氏・蘇我氏・大伴氏などと認識しておりましたので、土師氏のような職能集団は除外しておりました。
ANo.6 さんが既に土師氏を掲げておられますが、土師氏からは後に菅原氏・大江氏が出ます。
菅原氏は菅原道真が出て堂上公家の地位を確立します。本来ならば藤原氏によって潰されるはずなのですが、子孫は江戸時代には...続きを読む

Q長篠合戦 武田軍の敗因は?

長篠の合戦で武田軍は何故敗れたのでしょうか?

そもそも織田信長による鉄砲隊の一斉射撃は無かったわけだから
だとしたらいくら勝頼が愚将でも山県や飯富、馬場美濃に高坂といった武田二十四将や
甲陽五名臣といった最強クラスの武将が そうあっさりと織田 徳川軍に負けるでしょうか?

織田軍には当時 中国計略中の羽柴秀吉や北陸で戦っていた柴田勝家 前田利家らのエース級の武将が不在だったわけで どう見ても織田軍に勝ち目はなさそうなのですが…

Aベストアンサー

戦争においては、兵力の多寡が大きな影響を与えます。昔だろうが今だろうが、基本的に兵力が多いほうが勝ちます。例えば城攻めを除けば名作戦が少ないといわれる秀吉ですが、しかしほとんどの戦役に勝利をしています。九州攻めしかり、小田原攻めしかり。九州攻めも一部で大敗しましたが、最終的には勝利しています。なぜ秀吉が勝ち続けられたのかというと、やる前から勝てるだけの兵力を集めたからです。つまり最初から「こりゃ勝つだろ」というだけの兵力を集め運用したことが秀吉の凄さであったといえます。
あの孫子の兵法書にも、名将というものは本来「戦う前から勝てる体制にしておく」ものであると書いてあります。

さて、武田軍というとやれ二十四将だのなんだのといわれていますが、まあ過度に宣伝されている部分もあります。どこかの質問者さんのように捏造というつもりはないですけどね。
その武田軍どころか名将武田信玄と直接戦って大敗したのが徳川家康です。ご存知、三方ヶ原の合戦です。ところがこの三方ヶ原の合戦、家康は大敗していながら主だった家臣を誰も失っていないのです。あの本多忠勝を始め、後に関ヶ原の合戦の前哨戦の伏見城の戦いで壮烈な戦死をとげる鳥居元忠や赤備えで有名な井伊直政ら、誰も戦死していないのです。つまり、戦いには負けたものの、徳川軍は弱くはなかったのです。
というか、あまり知られてないのですが、家康の野戦指揮能力って信玄や謙信クラスに匹敵するんですけどね。小牧・長久手の合戦の野戦指揮なんてまさに変幻自在というべきものでしたしね。

だから、武田軍は精兵、織田軍は弱いなんてよくいわれますけど、確かに織田軍は強くないけど、徳川軍は武田軍と互角の実力を持っているのですよ。
そして、悪魔的にドSの信長は長篠の合戦でも要となる設楽ヶ原南部にその家康を配置します。設楽ヶ原北部は起伏がある地形で、さらにそこに織田軍は柵を作り、空堀を掘りました。つまりそこにちょっとした城を築いたのです。それでそこに大量の鉄砲を用意して万全の「防御陣地」としました。
一方、設楽ヶ原南部は地形が緩やかでかつ開けています。そこに徳川軍が配置され、周到な信長は徳川軍が突破されたときに備えてその背後に息子の信忠を隠しておきました。つまり信長は家康を使い捨ててもいいと考えていたのです。ドSですね!
実際問題、戦いが激しかったのはこの家康が担当した設楽ヶ原南部だったのです。

つまり信長の戦略は、織田軍の正面の北部戦線は陣地と鉄砲でしっかり守り、南部は徳川軍をこき使って勝てば上々だし、仮に徳川軍が突破されても戦略予備の息子信忠が武田軍を食い止めるから無問題というものであり、実際に信長の戦略の通りになったのです。

長篠の戦役において、武田勝頼は戦術的勝利を追求するしかありませんでした。精鋭武田軍を率いるのであれば、戦術的勝利は見込めますからね。戦術的勝利が突き抜けることで戦略的勝利につなげようとしていたのです。
しかし対する織田信長は最初から戦略的勝利を狙っていました。信長にとっていちばん恐れていたことは、織田・徳川連合軍の数の多さに勝頼が驚いて、決戦を避けて撤退されることでした。だから、まるで武田軍を恐れているかのように腰が重い動きを見せたり、息子信忠の軍勢を隠したりして「織田軍は精兵武田軍との決戦を恐れている」あるいは「両軍の兵力はほぼ互角である」と思わせようとし、そしてそれは成功したといえるでしょう。
稀代の戦略家、織田信長の方が一枚も二枚も役者が上であったということですね。

戦争においては、兵力の多寡が大きな影響を与えます。昔だろうが今だろうが、基本的に兵力が多いほうが勝ちます。例えば城攻めを除けば名作戦が少ないといわれる秀吉ですが、しかしほとんどの戦役に勝利をしています。九州攻めしかり、小田原攻めしかり。九州攻めも一部で大敗しましたが、最終的には勝利しています。なぜ秀吉が勝ち続けられたのかというと、やる前から勝てるだけの兵力を集めたからです。つまり最初から「こりゃ勝つだろ」というだけの兵力を集め運用したことが秀吉の凄さであったといえます。
あ...続きを読む

Q武田軍が長篠城まで攻め込んでいたということは、遠江は武田に支配されていたのですか?

(1)武田軍が長篠城まで攻め込んでいたということは、信濃の松尾城~犬居城~二俣城~井伊谷城~長篠城というルートで攻め込んだのでしょか?
それとも直接、信濃から三河に攻め込んだのでしょうか?

(2)三河の田峰城などから信濃に侵攻することは可能でしょうか?

(3)曳馬城・横須賀城などの海に近い城は武田に占領されたことがありますか?

(4)遠江の半分は武田に支配されていた時期はあるのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武田家の最大版図は信玄ではなく、勝頼によって達成されました。
長篠の戦いの時点で、遠江の徳川方は浜松城を拠点として南西部のみを押さえており、遠江の大部分は武田領でした。

1)直接に三河へ入り、豊川~二連木~牛久保と攻めたようです。
2)村々を調略しながらであれば、どこまでも進撃は可能です。ただしそれには、主力決戦に勝利するなど、調略に成功する材料が必要です。
3)曳馬城は浜松城の一部というべきかも。長期にわたり占領されたことはありません。横須賀城は、高天神城を武田に奪われた危機感から浜松防衛のために築かれたもので、武田に攻められたことはありません。
4)半分以上が武田に支配されていました。

Q武田信繁、長篠の戦い?

武田家臣団という本を読んでいる中で疑問に思ったのですが。
「信玄の死後徳川家康が長篠を包囲。勝頼は出兵を決意。
小山田信茂、土屋昌続、武田信豊らを三河に。
山県昌景、一条信龍、武田信繁、穴山の不気味を北遠江に出陣させた。
この時信繁が徳川家臣の本多重次、忠勝、榊原康政らに押され…」
という部分があるのですが、この記述は何かの間違いなんでしょうか?
武田信繁は川中島第四回で討ち死にしているので、信玄の弟である
武田信繁が長篠にいるはずはないと思うのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。
おっしゃるとおり、武田信繁ではおかしいですね。
正しくは、武田信廉(武田信玄や武田信繁の弟)です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%BB%89

P.S.
「穴山信君」→「穴山の不気味」には大ウケしました。
ありがとうございました。(笑)

Q天皇家につながる豪族時代の氏

歴史書には、物部、穂積、斎部、葛城など、豪族の名がたくさん出てきます。

神武東征でも天孫の1人饒速日を始祖とする物部氏が現れますので、天皇につながる一族にも氏があったはずです。

3世紀ころから古墳(前方後円墳)があり、そこに埋葬者がいるならどの王かわかっていたはずです。

実存とされる最古の崇神天皇や、後に大化の改新(乙巳の変)を起こした中大兄皇子(天智天皇)につながる、豪族の氏は記録に残っているのでしょうか?

つまりもともと天皇は何氏族と呼ばれていたのでしょうか。
もし中大兄皇子以前に政権打倒が起きていた場合、どの大王がなんと呼ばれていたのか調べている方はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%88%A9%E6%80%9D%E6%AF%94%E5%AD%A4

姓は阿毎
このへんじゃないですか。

天武天皇の頃に、歴史は整理整頓されます。
それが日本書紀なわけですが、天武天皇の頃の社会理解に基づいて、過去も理解(言い方を変えると、過去の改竄)が行われます。
海外に出した文章は日本では改ざんできないので、そのまま残った。

たとえば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E5%80%89%E5%B1%B1%E7%94%B0%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E9%BA%BB%E5%91%82

蘇我倉山田石川麻呂

後世では石川氏を名乗っていますが、石川麻呂の時代にはすでに文字による記録が残るようになったので、元は 蘇我氏だよね、というのがわかるわけです。
文字による記録が残っていなければ、ずっと石川氏だったということになっていたでしょう。

Q長篠の戦いは、平坦地でなく織田、徳川軍が、堡塁を築いて迎え撃つたらしい

長篠の戦いは、平坦地でなく織田、徳川軍が、堡塁を築いて迎え撃つたらしいです。
「城攻めの様だ」と武田側が述べた記録があるそうです。詳細を御存知の方は是非
教えて下さい。

Aベストアンサー

今では、ドラマや小説で描かれている様な長篠の戦いは無かったと言うのが
有力ですよ。

鉄砲3000丁を使ったと言うのも相当前に否定されているにも関わらず今もなお
本当の事の様に扱われています。

『城攻めの様だ』、『鉄砲3000丁』などの資料は確かに残っています。

今の研究では、武田、織田徳川連合軍が対峙しての戦はあったようですが、その場所は
特定できないのだそうです。

長篠の戦いがあったとされる地域が数ケ所ある事、そのいずれも起伏が激しく
大群が布陣するのはもちろん馬が走りまわるのもできない様な場所である事
などから残されている資料の信ぴょう性が疑われています。

決定的に疑う材料になったのが、長篠の戦いがあったとされる場所や色んな記述から
この辺りでは?と思われる場所の大規模調査を行った際、いずれの場所からも
槍、刀、鎧などの一部すら発掘されないばかりか鉄砲の弾1つすら発掘、発見されませんでした。

長篠の戦いは、はなから信ぴょう性が薄いとされる信長記から出た話である事も
合わせて武田、織田徳川連合軍の戦がどこかで行われたのを元にした
織田寄りの人間の創作戦話説が有力です。
実際は広く数カ所に布陣して、柵や土塁を築いて徹底防御の姿勢の連合軍に数の力で
各個撃破されたのではないか?と考えられています。

今では、ドラマや小説で描かれている様な長篠の戦いは無かったと言うのが
有力ですよ。

鉄砲3000丁を使ったと言うのも相当前に否定されているにも関わらず今もなお
本当の事の様に扱われています。

『城攻めの様だ』、『鉄砲3000丁』などの資料は確かに残っています。

今の研究では、武田、織田徳川連合軍が対峙しての戦はあったようですが、その場所は
特定できないのだそうです。

長篠の戦いがあったとされる地域が数ケ所ある事、そのいずれも起伏が激しく
大群が布陣するのはもちろん馬が走りまわるのもで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報