日本は医師不足といわれいますが、日本における脳外科医の数はずば抜けて多く「世界一である」という統計がありました。
「脳神経外科の専門医の数は日本が6220人、米国4000人、ドイツ800人、英国200人」だそうです。

私の知識では、「死」を扱わない、開業すると儲かりやすいなどの理由から眼科医や皮膚科医のほうが人気があるのだとおもっていました。
どうして、日本の脳外科医はこんなに多いのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

参考URLhttp://wcsadmin.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onai …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

脳外科医は確かに多いですが脳外科が診る領域が


世界的にずば抜けて多いと言えます。
海外では神経内科が見るような、脳梗塞患者なども
当院の脳外科で見ていますし、脳内疾患と思われるすべての救急患者を脳外科が診ており、労働量に対して人材は不足しているといかいえません。
過剰労働を少しでも減らすため、もう少し専門領域のすみわけが出来ればよいと思います。

ちなみに皮膚科、眼科医局の人気はすごいものがあります。
確かに症例もある意味多いですが。
    • good
    • 0

キツイ仕事が嫌われるようになったのは最近の話で


ほんの10年ほど前までは ハードワークを勲章と
勘違いしてる若い医者は少なくとも今より多かったです
(僕にもそういう時期がありました)
ここ数年の減り方はすごいですね

脳外科医の多さと守備範囲の広さ
どちらが原因か結果かわかりませんが
日本は救急医や神経内科医が他国より圧倒的に少ないのも事実です
そこらへんを足した総和はたいして他国と変わらないと思います
他国の神経外科医はホントに手術だけしてるとこが多い様です
    • good
    • 0

本来の「脳外科医の専門性の高い仕事」だけをすればいいというわけではないからです。


たんすの角に頭をぶつけて頭痛がする、という人も脳外科の外来を訪れる国ですから、その仕事を請け負う人が必要になるのも事実です。
また、専門医のとり方も国々で異なりますので、そのあたりも影響しているでしょう。

仰るとおりの人気という意味では脳外科は下がっています。卒後臨床研修制度導入以後は右肩下がりの業界になっていることも事実ですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳外科医や心臓外科医より美容外科医の方が儲かるっておかしくないですか?

近々廃止されるようですが長者番付に登場する医師や医療関係者は例外なく美容整形外科医です。当然美容外科は健康保険が効かずすべて自由診療ですのでいくら値段をつけようがかまいません。自分の技術が100万だと思えば100万円、200万円と思えば200万円付けられます。資本主義としては何も間違っていません。しかし人命に関わり更に高度な医学知識、技術が必要な脳外科医や心臓外科医の方が収入が低いというのはおかしくないですか?日本の医療は国民皆保険制度という社会主義の公的価格で運営されているのは分かります。それでしたら国が技術をきちんと評価しそれなりのお金を支払うべきです。それが出来ないのでしたら市場に委ね適正な報酬(少なくとも美容外科より高くなければおかしい)を得られるようにすべきだと思います。自分は‘私の心臓外科医としての腕は日本でも5本の指に入ります。手術を受けたければ5000万円お支払いください‘という事があってもおかしくないと思います。平等に医療を受けさせる為に価格を無理矢理抑え続ける日本の医療制度は歪みがでてくると思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学できちんと形成外科の研修を受けていますが、美容だけではやっていけず、内科や皮膚科などの病気の人も診療しています)。若いうちは良くても、年をとったら独立しないと勤務できないような気がします。今が一番いい時期なんじゃないでしょうか。
臨床医については、脳外科医、心臓血管外科に限らず医療の保険点数が低いのはそのとおりです。ただし、単一に報酬を上げるのではなく、個々の医師の技術をきちんと評価して、メリハリをつけるシステムにしないとお金がいくらあっても足りないです。
たとえば日本では医師になって、希望すればどの科にでも入れます(一部の人気のある病院を除く)。それに対してアメリカでは医師になるのも他の学部を卒業してからですし、厳しい研修制度を終えて、専門に進むときも、実力が無ければ希望の科に進めないことも多々あります。うまく進めても、本人の実力が無ければ、独立後も患者が集まらないので満足のいく報酬は得られません(自由診療なので患者も保険会社もシビアです)。
今の日本はみんな横並び、超一流の人が診察しても、研修医が診察しても診療報酬は同じですから、アメリカほどの差はつかない、いわば資本主義の中でも社会主義に近いですよね。それでは点数を上げるのは難しいのではないでしょうか。

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学...続きを読む

Q外科医は内科医を軽く見てる?

日本では外科の方が偉いみたいな風潮がわたしにはありますが、薬の処方は難しいし、内科医が医療では最も重宝されなければいけないと思います。

外科医として総合病院で働いてきた者が外科医院を開業し、高血圧、糖尿病の患者に対して的確な処方が出来るのでしょうか?

高血圧の薬を三種類位確実に出します。

内科は、診察して薬出しといたらええねんとその医師はゆうてました。

血圧160の患者にエカードHDを処方して血圧が急降下し80になりLDに変てました。薬の処方に関して外科医はその程度の知識しかないのでしょうか?

Aベストアンサー

外科医と言っても専門分野が色々有ります。
消化器外科医、心臓外科医、血管外科医、肺外科医など、それぞれ得意分野が有ります。
内科医と比べても、消化器外科医は消化器の薬に関しては十分な知識があります。
心臓外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識があります。
肺外科医は呼吸器の薬に関しては十分な知識があります。
と言うことは、消化器外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識が有るとは限りません。
同様に、心臓外科医は消化器の薬に関しては十分な知識有るとは限りません。
心臓外科医が外科医院を開業したら、高血圧の治療はかなり的確に出来ると思われます。
但し、消化器の治療はかなり怪しいかも知れない。
また、一般の病院では患者はまず内科を受診します。(外傷などは別)
そこで検査をして、手術が必要と成れば、外科に「手術をお願い」をします。
その時、血圧や血糖、喘息など手術に支障の有りそうな合併症が有れば、その是正を内科に指示します。
緊急で無い場合は、合併症を是正しない限り手術はしてくれません。
何故なら、是正しないで手術をすると患者に危険があるからです。
手術をするかしないかの決定権は外科医に有り、内科医には有りません。
内科医はどんなに逆立ちをしたって、手術は出来ませんから。
また、比較的急性の炎症性疾患(急性胆嚢炎、虫垂炎など)を内科医が治療している場合、土日や連休間近に成ると、休み中内科医が楽したい(?)為か患者を外科に回してきます。
外科医は仕方がないから、時間外に手術をします。
外科医としては、「内科医の後始末をしてやった」位の気にはなりますよね。
これらの辺りから外科医が偉そうに見えるのかも知れません。
外科・内科医に上下、優劣は有りません。

外科医と言っても専門分野が色々有ります。
消化器外科医、心臓外科医、血管外科医、肺外科医など、それぞれ得意分野が有ります。
内科医と比べても、消化器外科医は消化器の薬に関しては十分な知識があります。
心臓外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識があります。
肺外科医は呼吸器の薬に関しては十分な知識があります。
と言うことは、消化器外科医は血圧や心臓の薬に関しては十分な知識が有るとは限りません。
同様に、心臓外科医は消化器の薬に関しては十分な知識有るとは限りません。
心臓外科医が...続きを読む

Q認定医・専門医・登録医・指定医?について

認定医・専門医・登録医・指定医って、それぞれの違いを教えてください。

Aベストアンサー

分かる範囲でお答えします。
認定医や専門医などは、今麻酔科や内科など
この制度を設けて、更新するときの条件が定められて、
医師の質の向上を計っています(医師会で行う)
両者の違いは、麻酔科の指導医として認定されるなど、
専門医は内科の中で消化器など細かく専門分野を分けるような場合という言葉の違いと考えて良いと思います。
 登録医は病院で(麻薬など)県に届けが必要な時に、
それを使う許可を登録するときにもらうものです。
指定医も保険医など届けが必要なことに対し、県や国に指定を受けて取るときに使うものです。(県知事などが行う)
これだけでお分かりになるでしょうか。

Q神経内科、脳神経外科

神経内科はどのような診療内容か
また脳神経外科はどのような診療内容か

母が現在、認知症で脳神経外科に通院しています。
1年前に引越しをして今行っている病院はちょっと遠くなってしまいました。ですが月1だったので私が連れて行っていました。
先日足腰も悪く整形外科にも行っていてふらつきがあるので整形の検査だと特に問題なしとの事で神経内科で頭のCTを撮って検査してもらったらといわれました、この際だから認知症の病院を家の近くの神経内科にかえようと思ったのですが神経内科って頭も見るんですか?
認知症にはどちらの科がいいのでしょうか?

個人病院の脳神経外科か少し大きい病院の神経内科か。

Aベストアンサー

 No.6の回答を読ませていただいての再度のコメントです。
 
 私の回答の「認知症に対する外科的治療法は今のところありませんから」という部分と、No.6の方の「世の中には外科的に治療可能な認知低下が存在するということです」を読まれて、もしかしたら質問者さんや一般の方々は困惑されたかも知れません。

 一般的に「認知症」と言った場合、アルツハイマー型、脳血管障害型、或いはレビー小体型などの認知症を指しており、これらの病気に対する外科的治療法はやはり現在のところ無いと思います。しかしこれらの「認知症」以外の脳の病気でも「認知症」と似たような症状を示すものがあり、それらの中には外科的に治療できるものもあります(No.6の方が「認知症」ではなく、「認知低下」と表現されているところがポイントだと思います)。

 例えば脳腫瘍でも腫瘍の存在する部位によっては認知機能が低下しますし、高齢者であれば正常圧水頭症などの病気も考えられます(ただし後者であれば認知機能障害よりも歩行障害がメインとなることが多いと言われています)。発熱などを伴っていれば脳膿瘍の可能性もあるでしょう。これらの病気には何れも外科的治療法があります。

 今回の件ですが、既に脳神経外科に通院されて「認知症」と診断されていますから、上記の外科的治療可能な「認知症」様の症状を示す疾患は既に否定されているであろうという前提で私は回答し、神経内科受診をお勧めしました。手術可能な病気が否定された段階になれば、認知機能障害を示す病気に関する知識は一般的に脳神経外科医よりも神経内科医の方が豊富だと私は思います。

 以上より、No.6さんの回答に倣えば認知機能障害の方の一般的な受診優先順位は、

1.脳神経外科 = 神経内科 → 2.精神神経科

だと思いますが、「脳神経外科医の人数>神経内科医の人数」であることを考慮すると、

1.脳神経外科 → 2.神経内科 → 3.精神神経科

になると私も思います。

 No.6の回答を読ませていただいての再度のコメントです。
 
 私の回答の「認知症に対する外科的治療法は今のところありませんから」という部分と、No.6の方の「世の中には外科的に治療可能な認知低下が存在するということです」を読まれて、もしかしたら質問者さんや一般の方々は困惑されたかも知れません。

 一般的に「認知症」と言った場合、アルツハイマー型、脳血管障害型、或いはレビー小体型などの認知症を指しており、これらの病気に対する外科的治療法はやはり現在のところ無いと思います。しか...続きを読む

Qコンサルタント外科医って?

コンサルタント外科医「consultant surgeon」ってどういう位置づけにいる医師なんでしょうか?

Aベストアンサー

Consultantというのは、病院内の職位です。
たぶん普通の辞書でも出てくると思いますが、一般の医師を統括するもので、組織の規模にもよりますが、日本で言うと外科部長や医局長あるいは指導医といったところに相当するでしょうか。
「上級医師」などと訳されることもあるようです。

また、国によっては、研修医の管理をする医師を、Consultantと呼ぶこともあるようですが、このあたりは文脈や制度から読み取るしかないでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報