こんにちは。
拒食症や過食症など摂食障害がテーマの小説を教えてください。
日本の作品、海外の作品、ジャンルなどは問いません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「鏡の中の少女」「鏡の中の孤独」


スティーブン レベンクロン 著者
菊池 幸子  訳者
森川 那智子 訳者
http://massiro.cocolog-nifty.com/log/2004/10/pos …

コバルトで損してる本ですと紹介されて昔読みました。著者は心理療法士。患者側からの評価も高いようです。摂食障害がテーマの小説といえばこれが絶対オススメです。
    • good
    • 0

『キルト ある少女の物語』スーザン・テリス著 晶文社


20世紀初頭のアメリカが舞台です。

あと、漫画でよければ
『ダイエット』大島弓子著
こちらは日本が舞台
「大島弓子選集 (第13巻)」 (朝日ソノラマ)に入ってます。
    • good
    • 0

「それでも吐き続けた私」―過食症を克服した29歳の記録


冨田 香里 著 講談社

実際に10年間過食嘔吐を繰り返した女性が、克服するまでを書いた本です。
    • good
    • 0

少し古くなりますが。



『巨食症の明けない夜明け』集英社刊/松本侑子著

1987年12月に単行本が、1991年1月に文庫本が刊行されていますが、
残念ながら、いずれも品切れのようです。

私は、文庫本発売当時に読んだのですが、面白かったという印象はあるものの、どんな内容だったか、今ひとつ覚えていません。

なので、オンライン書店“本やタウン”の内容情報を以下に載せておきます。

食べるということは、どういうことなのでしょうか。真剣な食欲とは、どのようなものなのでしょうか。わからないのです。いくら食べても、胃袋も心も満たされない食行動…。母親との関係に悩み、恋人ともうまくゆかず、過食に溺れる21歳の女子大生時子。都会で一人暮しをする若い女性の不安と孤独を描く、第11回すばる文学賞受賞作。
    • good
    • 0

片山恭一 著 「きみの知らないところで世界は動く」


等は如何でしょうか?
セカチューよりも前の作品です。数年前にNHKでドラマ化してました。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31173256
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 摂食障害のまとめページ

    摂食障害とはどんな病気か  自分の体型や体重に対する異常な思い込みによって、食事量を極端に制限したり(神経性食思不振症(しんけいせいしょくしふしんしょう))、過食と食事制限あるいは自発的な嘔吐を繰り返したり(神経性大食症(しんけいせいたいしょくしょう))する状態です。神経性食思不振症では標準体重の85%以下の極端なやせがみられます。思春期以降にみられ、大部分が女性ですが、男性にもみられます。 原因は何か  不明ですが、自分の体に対する異常なイメージをもち、体重が増えることを極端に恐れるようになります。ダイエットがきっかけになる場合もあります。性格や家族環境も発症に関係しているといわれています。家族性...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング