親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

C言語のプログラミングの勉強をしています。
そこで2重定義というものを知り調べたのですが、良く分かりませんでした。コンパイルの仕組みなども併せて教えてください。お願いいたします。

恐れ入りますが、どなたか初心者にも分かる位のレベルで教えて頂けますでしょうか? 簡単な例があると助かります。

不明点
・2重定義とは例えば1つの*.hを2つ以上の*.cでインクルードする場合にのみ有効なのか?

自分で調べた結果
2重定義防止用として
#ifndef HOGE
#define HOGE
~~~~~~~~
#endif
上記のようなことを一般的には行うことは分かったのですが、
これをやったことでどうなるのか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

★ちょっと見落としていた事があったので追記。


・ヘッダ内に構造体、共用体、ビットフィールドを typedef でユーザ型に再定義されている記述が
 存在すると二重にインクルードしたとき『型の再定義』エラーとなります。
 例えば
 // 構造体型
 typedef struct user_t {
  :
  略
  :
 } USER, *LPUSER;
 ↑
 このヘッダを2度以上インクルードすると二度目以降は『型の再定義』エラーとなります。
 このエラーを防ぐ(回避する)ためにプロプロセッサ命令を使って条件コンパイルすれば良い。
 その回避方法として
 (1)#ifndef 定数名
  #define 定数名
  (この場所に typedef のユーザ型を定義)
  #endif
 (2)#if !defined(記号定数)
  #define 定数名
  (この場所に typedef のユーザ型を定義)
  #endif
 とします。
・質問の原点に戻ると
>自分で調べた結果
>2重定義防止用として
>#ifndef HOGE
>#define HOGE
>~~~~~~~~
>#endif
 ↑
 これは typedef などの再定義エラーを起こさせないための『二重インクルード防止対策』
 という事になります。
・よって簡単なサンプルを載せると次のようになります。

サンプル:
[hoge.h]
--------------------
#if !defined(_HOGE_H_)
#define _HOGE_H_

// バイト型
typedef unsigned char BYTE;
// ワード型
typedef unsigned short WORD;
// ユーザ型(構造体)
typedef struct user_t {
 :
 略
 :
} USER, *LPUSER;

// 記号定数の定義
 :
 略
 :

// マクロ関数の定義
 :
 略
 :

// 関数のプロトタイプ宣言
 :
 略
 :

#endif // 2重 include 防止対策

/* End of hoge.h */
--------------------

[main.c]
--------------------
#include "hoge.h"
#include "hoge.h" ←わざと2回インクルード

// メイン関数
int main( void )
{
  :
 (省略)
  :
 return 0;
}

/* End of main.c */
--------------------

解説:
・『hoge.h』に typedef の記述がなく単純な『記号定数』、『マクロ関数』と
 『関数のプロトタイプ宣言』だけの場合は『わざと2回インクルード』しても
 エラーは起こりません。でもサンプルの『hoge.h』では typedef の記述として
 ユーザ型の USER、LPUSER が定義されています。
・このとき『わざと2回インクルード』した場合には typedef の再定義エラーと
 なってしまいコンパイルできません。これは構造体、共用体、ビットフィールドでは
 typedef で同じ内容を複数回定義する事が出来ないからです。でもそれ以外なら
 typedef で同じ内容を複数回定義してもエラーにはなりません。
 例えば
 typedef unsigned char BYTE;
 typedef unsigned char BYTE;
 とか
 typedef void (*PFUNC)(int a);
 typedef void (*PFUNC)(int a);
 とかは同じ内容を typedef しても何故かエラーとはなりません。

最後に:
・『#ifndef 定数』とか『#if !defined(定数名)』は二重インクルードの防止対策以外に
 複数回インクルードした場合にコンパイル速度を速める効果もあります。
 この辺は下の『参考URL』に詳しい情報があります。
 コンパイル時間とか計測して具体的に分かります。
 長々とたくさん書き込んでしまいましたが分かってもらえましたか?効果とか。
・以上。おわり。

参考URL:http://www.02.246.ne.jp/~torutk/cxx/file/include …
    • good
    • 1

>・2重定義とは例えば1つの*.hを2つ以上の*.cでインクルードする場合にのみ有効なのか?


このような場合は「2重定義」ではなく「重複インクルード」
「二重インクルード」と言うほうがわかりやすいでしょう。

#ifndef HOGE
#define HOGE
~~~~~~~~
#endif

上記はプリプロセッサと呼ばれ、コンパイル時に置換されます。
#defineで定義される識別子も一度定義されると#undefを使って、
定義を解除されるまでそれまでの定義が有効となり同名の識別子を
定義することはできません。

>これをやったことでどうなるのか??
#ifndef HOGE
まず、識別子「HOGE」が定義されているかどうかを調べます。
「HOGE」が既に定義されていれば、IF文が成り立たなくなります。

#define HOGE
「HOGE」が定義されていなかった場合「HOGE」を定義します。
これにより、2回目以降には既に定義されているため、
「#ifndef HOGE」以降の記述を読み飛ばします。

#endif
「#ifndef」に対するブロックの終了を意味します。
この「#ifndef - #endif」のブロック内にある記述が
2回目以降全て読み飛ばされることになります。

なぜ必要か。
まず、C言語では同じ手続きに対する定義は、
一意のものである必要があるとされています。

構造体の型などを新たに定義する場合、
それを定義したヘッダが別のヘッダ内でインクルードされ、
そのヘッダが複数のソースファイルに参照された場合に、
「2重定義」というエラーが起こります。

この構造体を使うソースファイルごとにインクルードされれば、
問題ないのですが、公開されたヘッダがどのように扱われるか
わからないので、それを回避するために既にインクルードされた
ヘッダをプリプロセッサを使って読み飛ばしを行います。

2重定義エラー例
***********************
hoge1.h
typedef struct _test{
 int aaa;
}TEST;
***********************
***********************
hoge2.h
#include "hoge1.h"
int sub1( TEST *ptest );
int sub2( TEST *ptest );
***********************
***********************
sub1.c
#include "hoge2.h"
int sub1( TEST *ptest )
{
 return 0;
}
***********************
***********************
sub2.c
#include "hoge2.h"
int sub2( TEST *ptest )
{
 return 0;
}
***********************
***********************
main.c
#include "hoge2.h"
int main( int argc, char* argv[] )
{
 TEST test;
 sub(&test);
 sub2(&test);
 return 0;
}
***********************
hoge1.hに重複インクルードの回避を入れることで、
コンパイルが可能になります。
    • good
    • 0

★簡単なコードですか。


>お時間に余裕があれば、簡単なコード例みたいなものを記述して頂けると助かります。
 ↑
 動作確認用ですかね。
・この質問は次のどっちの意味でしょうか?
 (1)ヘッダ内に関数の定義があり同じソース内に複数回のインクルードをしたときに
  関数の実体を1回だけにするために #ifndef を使っている意味。
 (2)それともヘッダ全体の定義を1回だけにする二重インクルードの防止対策。
 やり取りしながらひょっとして (2) かな?と思ってきた。
 もし(2)の場合なら普段ヘッダを作成する時に必ず二重インクルードの防止対策として
 #ifndef、#if !defined() を記述しています。
・この場合はヘッダの先頭に『#ifndef 定数名』や『#if !defined(定数名)』を記述、
 ヘッダの最後には『#endif』を記述することで全体を二重インクルード防止対策となる。
>C言語のプログラミングの勉強をしています。
>そこで2重定義というものを知り調べたのですが、良く分かりませんでした。
>コンパイルの仕組みなども併せて教えてください。お願いいたします。
 ↑
 多分、この質問はこちら(二重インクルード防止)のことを知りたいのでしょうね。
 と考え説明します。まずは下のサンプルをどうぞ。

[hoge.h]
--------------------
#if !defined(_HOGE_H_)
#define _HOGE_H_

// コンパイル時に必要なインクルード
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
/*
ここに記号定数、マクロ関数、関数のプロトタイプ宣言などを記述
*/

#endif // 2重 include 防止対策

/* End of hoge.h */
--------------------

[hoge1.c]
--------------------
#include "hoge.h"
/*
ファイル入出力の関数定義など
*/

/* End of hoge1.c */
--------------------

[hoge2.c]
--------------------
#include "hoge.h"
/*
文字列操作の関数定義など
*/

/* End of hoge2.c */
--------------------

[main.c]
--------------------
#include "hoge.h"
#include "hoge1.c"
#include "hoge2.c"

// メイン関数
int main( void )
{
  :
 (省略)
  :
 return 0;
}

/* End of main.c */
--------------------

解説:
・上記のサンプルでは hoge.h、hoge1.c、hoge2.c、main.c の4つのファイルがあります。
 このファイルは説明の都合上
 (1)hoge.h ⇒自作関数ライブラリの共通ヘッダとする
 (2)hoge1.c⇒自作関数ライブラリのファイル入出力のソースとする
 (3)hoge2.c⇒自作関数ライブラリの文字列操作のソースとする
 (4)main.c⇒自作関数ライブラリのテスト用のソースとする
 という意味としておきます。
・このとき hoge.h は hoge1.c、hoge2.c の両方でインクルードする共通ヘッダです。
 そして自作関数ライブラリのテスト用として main.c を用意。
 この main.c はテスト用なので hoge1.c、hoge2.c の両方をインクルードしています。
 このように main.c 内で hoge.h が複数回インクルードされる場合は二重インクルードの
 防止対策をしておくことで無駄に2度以上 hoge.h をインクルードしないためコンパイルの
 処理が早くなります。
・普通、hoge.h のようなヘッダには関数定義は記述しないで記号定数、マクロ関数、構造体、
 関数のプロトタイプ宣言などを記述します。これだけなら複数回インクルードしても特に
 エラーとはならずに問題は起きません。つまり、二重インクルードの防止対策 #ifndef を
 記述しなくても構わないのです。でも複数回インクルードする場合のことも考えて防止対策を
 しておけばコンパイル時の速度が速くなります。
・よってこの質問にある
>上記のようなことを一般的には行うことは分かったのですが、
>これをやったことでどうなるのか??
 ↑
 これは1つのソース(翻訳単位)内で同じヘッダを複数回インクルードされる可能性があるときに
 2度以上のインクルード指示をスキップさせて、コンパイル時の速度を上げることが可能
 となります。それだけです。
・以上。→私も普段、二重インクルード防止対策としてヘッダを作成しています。随分前から。
    • good
    • 0

宣言と定義の違いについて勉強してください。


宣言 の例:
extern int i;
extern int b[];
int function(int arg1; int argb・・・) ;

定義:
int i;
int b[100];
typedef struct {int a,b;・・・・} b;
int function(int arg1; int argb・・・) { ・・・・・}


宣言とは、コンパイラに対する情報提供です(「○○という物が分割コンパイルされた他のファイルにあるよ」、「○○という関数の引数は□個でそれぞれの型は△△△だよ」)。
定義は何かしらオブジェクトファイルに反映されるものです。

Cに限らず、多くの言語では(僕が知る限り全部ですが)、同じ宣言を多重に行っても害はありませんが、同じ名前に対する定義は1回しか行ってはいけません。

ただ、マクロ定義だけは、二重に行ってもエラーはでなかったように思いますが。コンパイラによってちがうかも。

で、そもそも「ファイルの先頭から最後尾まで#ifndef HOGEのように2重定義しているとします。」というのは日本語的に変です。
二重定義とは、変数名とか関数名とか型名とか、それぞれの名前に対して適用する概念だからです。

この回答への補足

回答有難うございました。
そもそも「ファイルの先頭から最後尾まで#ifndef HOGEのように2重定義しているとします。」というのは日本語的に変です。
はHOGEによって2重定義を防止しているとします。の間違えです。

補足日時:2007/08/11 18:14
    • good
    • 0

★前回ちょっと間違ったね。

ごめん。
>次のhoge2.cはifndefによって見ることが出来ないのでしょうか?
 ↑
 出来ない。→ソース単位で HOGE 定数が定義されているかどうかを #ifndef で確認
 するためソースファイルが切り替わると最初は HOGE 定数が定義されていないので
 インクルードすると hoge.h の内容が展開されます。
>次にhoge2.cがhoge.hをインクルードする時は上記のHOGEが有効なので展開できない?
>それともhoge2.cの時もhoge.cと同じ状態(まだ、HOGEが適用されていない状態なのでしょうか?
 ↑
 hoge2.c の時も hoge.c と同じ状態で最初は HOGE 定数が未定義なのでヘッダ内容が
 展開されますね。前回の回答間違っていましたね。
・1つのプログラムが hoge1.c、hoge2.c から構成されている場合、hoge1.c、hoge2.c で hoge.h
 をそれぞれインクルードするとソース単位で hoge.h の内容が展開されます。
 もし hoge.h に関数定義の記述があると hoge1.obj、hoge2.obj 内の両方で同名の関数が存在
 するためリンク時にエラーになりますね。このため通常ではヘッダ内に関数定義を記述などは
 しません。
・前回はちょっと勘違いしました。
 どんな風に勘違いしたかというと hoge.h に関数定義と二重定義防止があるとした場合
 hoge1.c で hoge.h をインクルードして
 hoge2.c でも hoge.h をインクルードして
 main.c で hoge1.c、hoge2.c の2つをインクルードしていた場合には二重定義防止機能が
 働き hoge.h 内で記述された関数定義は hoge1.c の最初の1回だけ展開されて hoge2.c の
 場合は hoge.h 内で記述された関数定義は展開されなくなります。
・よって、翻訳単位(ソースファイル単位)で防止は出来ますが、翻訳単位が別々の場合は
 二重定義は防止できません。
・以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難しいですね。。。お時間に余裕があれば、簡単なコード例みたいなものを記述して頂けると助かります。
無理言ってすみません。。。

お礼日時:2007/08/11 14:45

★基本的にヘッダにはソースを記述しません。


・理由は、あるヘッダの中に mylib.c というソースをインクルードしていた場合
 そのヘッダを複数の hoge.c、foo.c でインクルードすると mylib.c の関数定義が
 同名関数で複数定義されることになります。当然、二重定義となりエラーです。
・これを防ぐためには最初に hoge.c でヘッダをインクルードしたときの1回だけ
 関数定義を有効として foo.c などでヘッダをインクルードしても二度以上では
 関数定義を無効にします。この動作を実現するために条件コンパイルの #ifndef を使い
>自分で調べた結果
>2重定義防止用として
>#ifndef HOGE
>#define HOGE
>~~~~~~~~
>#endif
 ↑
 このようにします。
・これで無理やりヘッダの中に記述された関数定義を最初のインクルードのみ関数の
 定義と見なします。その後のインクルードでは既に HOGE 定数が定義されているため
 関数の定義とはなりません。よって二重定義のエラーはでません。
>これをやったことでどうなるのか??
 ↑
 二重定義のエラーを防げる。
※なおインライン関数の場合は二重定義の防止をするとインライン関数の部分が
 展開されなくなるため #ifndef HOGE などは記述してはいけません。

関連:
・同じような方法でヘッダファイルの二重インクルードも防止できます。
 同じヘッダファイルを何回インクルードしても最初の1回目だけ機能を有効にすることで
 コンパイル処理を早くすることが出来ます。ただし、同じヘッダを何度もインクルードする
 ことは普通はありません。でも良くインクルードするヘッダを1つの my.h としていて
 foo.c で my.h をインクルード、さらに my.h 内で既にインクルードしている stdio.h を
 foo.c でまたインクルード指定した場合に二重インクルードを防止できるということです。
・二重インクルードの方法は
 #if !defined( _MY_HEAD_ )
 #define _MY_HEAD_
 
 #include <stdio.h>
 #include <stdlib.h>
 #include <string.h>
 
 /*
 記号定数やマクロ関数の定義など
 */
 
 /*
 関数のプロトタイプ宣言など
 */
 
 #endif /* 2重 include 防止対策 */
 ↑
 このようにします。
>#ifndef HOGE
 ↑
 これと
>#if !defined( _MY_HEAD_ )
 ↑
 これは同じ機能です。
 #ifndef が古くからある指定で #if+defined(定数) の組み合わせが新しい指定かな。
・以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございました。
ここで初歩的な疑問がありますので回答お願い致します。
コンパイルの仕組みですが、
1つのhoge.hがありそのなかでは上記の用にファイルの先頭から最後尾まで#ifndef HOGEのように2重定義しているとします。そのhoge.hをhoge1.cとhoge2.cがインクルードすると例えば初めにhoge1.cがhoge.hを見に行くと(展開?)次のhoge2.cはifndefによって見ることが出来ないのでしょうか?

hoge1.cがhoge.hをインクルードよってここからHOGEが適用される。
次にhoge2.cがhoge.hをインクルードする時は上記のHOGEが有効なので展開できない?それともhoge2.cの時もhoge.cと同じ状態(まだ、HOGEが適用されていない状態なのでしょうか?
分かりづらい質問ですが、宜しくお願いいたします。

お礼日時:2007/08/11 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLNK2019: 未解決の外部シンボルのエラーが出る

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自キャラのデータ
Point2D g_jikipos = {40, 400};//自キャラの座標

//画像ハンドル
int g_jikiimage[11];

//色々なファイルの読み込み
int LoadFiles(){
//画像ファイル読み込み
if(LoadDivGraph("media\\player01.bmp",
11,11,1,64,64,g_jikiimage) == -1) return -1;

return 1;
}


 mymain.h
//他から呼び出させるMyMainの関数
void MyMain();
int LoadFiles();


 myhelper.h(サンプルなので打ちミスはない)
#include "DxLib.h"
#include <limits.h>
#include <math.h>

//構造体宣言
//座標またはベクトルを記録する構造体
struct Vector{
float x,y;
};
typedef Vector Point2D;
//線を記録する構造体
struct Line2D{
Point2D startpos, endpos;
float katamuki;//傾きをラジアン値で記録
Vector speed;//移動している場合は速度をセット
};
//球体を記録する構造体
struct Ball2D{
Point2D position;
float hankei;//半径
};
//四角形を記録する構造体
struct Rect2D{
Point2D lefttop;
Point2D rightbottom;
float width;
float height;
};


//ライブラリ関数
Point2D PosInView(Point2D in);
int XInView(float inx);
int YInView(float iny);
void ScrollToLeft(float jikiposx);
void ScrollToRight(float jikiposx);
void ScrollToUp(float jikiposy);
void ScrollToDown(float jikiposy);
void DrawLineInView(float x1, float y1, float x2, float y2, int Color, int Thickness);
void DrawCircleInView(float x, float y, float r, int Color, int FillFlag);
void DrawAnimation(float x, float y, double ExtRate, double Angle,int TurnFlag,
int *imgarray, int allframe, float fps);
//ベクトル関数
Vector CreateVector(Vector in, float veclen);
Vector AddVector(Vector v1, Vector v2);
Vector SubVector(Vector v1, Vector v2);
Vector AddVectorInFrameTime(Vector pos, Vector speed);
Vector AddVectorInFrameTime2(Vector pos, Vector speed, Vector accel);
Vector Normalize(Vector in);
Vector RotateVector(Vector in, float radian);
float VectorLengthSquare(Vector in);
float DotProduct(Vector v1, Vector v2);
float CrossProduct(Vector v1, Vector v2);
void SetLine2DKatamuki(Line2D *in);
void DrawLine2D(Line2D in, int Color, int Thickness);
void DrawBall2D(Ball2D in, int Color, int Fill);
//当たり判定関数
bool HitTestLineAndBall(Line2D linein, Ball2D ballin);
bool IsPointAtLineFace(Line2D linein, Point2D ptin);
bool HitTestLineAndLine(Line2D line1, Line2D line2);
bool HitTestBallAndBall(Ball2D a, Ball2D b);
bool HitTestPointAndBox(Rect2D rect, Point2D pt);
//タイマー関数
void SetSimpleTimer(int idx, int time);
int GetPassedTime(int idx);


//グローバル変数
extern float g_frametime;
extern Rect2D g_framerect;//画面領域(当たり判定)
extern Point2D g_current_field_pos;//現在の左上座標
extern Rect2D g_stagesize;//ステージサイズ

//定数宣言
const float ZEROVALUE = 1e-10f;
const float PIE = 3.1415926f;
const int SCROLL_LIMIT = 200;
----------------------------------------------------------------
 エラー内容
1>myhelper.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "void __cdecl MyMain(void)" (?MyMain@@YAXXZ) が関数 _WinMain@16 で参照されました
1>C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Visual Studio 2008\Projects\my\Debug\my.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です
1>my - エラー 2、警告 0
ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ
----------------------------------------------------------------
画像を貼り付けときます
(見えにくい場合→http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org154142.jpg.html)
初心者なのでわかりやすくお願いします

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自...続きを読む

Aベストアンサー

ファイル構成から推測するに
mymain.cpp というファイルに
void MyMain(void) {
// ここに処理を書く
}
という関数が必要なようです。

Q関数の実体定義にヘッダファイルの2重定義防止方法が効かない?

いつもお世話になっています。
MFCでCプログラミングをしています。

ヘッダファイルの2重定義防止のために、
ヘッダファイル全体を下記のように
囲みました。
<aaa.h>
#ifndef AAA
#define AAA
#define PI 3.141592
void Func();
int wa(int a, int b){
return a+b;
}
#endif

ビルドしたところ、
関数宣言(Func)や#define部分(PI)については、
2重定義が防止されているようなのですが、
関数の実体部分(関数wa)については、
2重定義防止機能が働かず、
***.obj : error LNK2005:
"int __cdecl wa(int a, int b)"
は既に ***.obj で定義されています。
というリンクエラーが表示されます。

関数の種類や
ヘッダファイル内の宣言の順番を
いろいろ変えてみたのですが同じ結果でした。

ここで、このヘッダファイルの先頭に
#pragma onceを使用すると
このリンクエラーは回避されるのですが、
他コンパイラとの互換性の観点から、
#pragma once以外の方法で実現する必要があるので、
困っています。

URLを検索してみたのですが、
このような特殊な場合について記述されているものは
見つけられませんでした。
どなたか解決法又はヒントをご教示頂ければ
ありがたいです。
よろしくお願いします。

いつもお世話になっています。
MFCでCプログラミングをしています。

ヘッダファイルの2重定義防止のために、
ヘッダファイル全体を下記のように
囲みました。
<aaa.h>
#ifndef AAA
#define AAA
#define PI 3.141592
void Func();
int wa(int a, int b){
return a+b;
}
#endif

ビルドしたところ、
関数宣言(Func)や#define部分(PI)については、
2重定義が防止されているようなのですが、
関数の実体部分(関数wa)については、
2重定義防止機能が働かず、
***.obj : error LNK20...続きを読む

Aベストアンサー

二重インクルードは防止できています。ただし、あくまで1つのコンパイル単位の中での話です。エラー内容から察すると、2つ以上のソースファイルでaaa.hをインクルードしていますね?コンパイル時点ではエラーにはならずに複数のobjファイルが生成されますが、リンク時にエラーが発生します。これは、リンク実行時に関数waの定義が複数のモジュールで発見されるためです。

このようなエラーを防ぐため、通常、ヘッダファイルで関数の定義は行わず、その代わりに

extern int wa(int a, int b);

のように宣言だけを記述します。関数定義はどこかのソースファイルで1回だけ行います。

Qtypedef による2重定義

typdef による2重定義

VC++ 2005 を使用してプログラムを書いています。
ある型(type1 とします)を使用したいのですが、type1 は2箇所で定義されているらしく、
コンパイル時に、
  type1 : あいまいなシンボルです。
   filename1.h の可能性があります : (定義1)
   または filename2.dll : (定義2)
というエラーが出てしまいます。

filename1.h での定義の方を使用したいのですが、どのように指定すれば良いのでしょうか?

ちなみに、filename1.h をのぞいてみたところクラスで囲ってはいませんでした。
そのため classname::~ は使えないのですよね?

ご存知の方、ご教示願えないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

namespace なんとか {
#include "filename1.h"
};
でうまくいくかなぁ? 他とのからみもあるからダメかもしれないけど....

Q「#undef」と「#define」の使い方について

代記のとおりですが、

#undef HENSU
#define HENSU 16MAX

という定義をした場合は、#undefで一旦定義を無効にして、
#defineで再定義されるという認識でよろしいでしょうか?

ご存知の方教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

よろしいです。

#ifdef HENSU
#undef HENSU
#endif
#define HENSU ...

の方がより安全かも。

QDWORDの実際の型は何でしょうか

VC++.NETの環境です。
DOWRD dw1 = 1;
int i = 2; と定義し
ここで
if ( i > dw1 ){
何かの処理;
}
とコーディングすると
warning C4018: '>' : signed と unsigned の数値を比較しようとしました。
のワーニングがでます。
これは、DWORDがint型でなくunsigned int型のようにも見えます。
ある本によれば(VC++.V.NET逆引き大全500の極意)
DWORD はint型であると記述されています。
もし、int型ならこのワーニングはでないはずなのですが、
なぜでるのでしょうか。又、DWORDの実際の型は何なのでしょうか。ご存じのかたおりましたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

型定義が知りたいのならば、宣言ファイルを見れば疑問を挟む余地もありません。
DWORD型はwindef.hで
"typedef unsigned long DWORD;"
と宣言されています。

Visual Studioを使っているのならば、知りたい型の上にマウスポインタを置いて右クリック、ポップアップメニューの「定義へ移動」または「宣言へ移動」で簡単に知ることが出来ます。

Qfatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です

またわからないことが・・・
教えて下さい。
以下をVC++2005でコンパイルすると、

MSVCRTD.lib(crtexew.obj) : error LNK2019: 未解決の外部シンボル _WinMain@16 が関数 ___tmainCRTStartup で参照されました。
C:\Documents and Settings\tomato\My Documents\Visual Studio 2005\Projects\a\Debug\a.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

と警告がでて通りません。
何のことでしょうか。

#include<stdio.h>
#include<process.h>

struct meibo{
  char name[20];
  char tel[20];
  char address[20];
};

void message( void );
void input( FILE *fp, int cnt , struct meibo *a, int *end );

void main( void )
{
  struct meibo a[20];
  FILE *fp;
  int cnt, end;

  if( (fp=fopen( "meibo.dat", "w" ) ) == NULL ){
    printf( "Can not open the meibo.dat.\n" );
    exit( 1 );
  }

  message();

  fprintf( fp, "番号, 名前, TEL, 住所\n" );
  fflush( fp );

  cnt = 0;
  end = 0;
  while( end == 0 ){
    input( fp, cnt, &a[cnt], &end );
    cnt++;
    fflush( fp );
    if( cnt == 20 ){
      printf( "人数が一杯です.終了します.\n" );
      end = 1;
    }
  }
  fclose( fp );
}

void message( void )
{
  printf( "名前, TEL, 住所, endを入力してください.\n" );
  printf( "継続の時はend=0," );
  printf( "中止の時は,end=1と入力してください.\n" );
}

void input( FILE *fp, int cnt, struct meibo *a, int *end )
{
  printf( "名前-->" );
  scanf( "%s", a->name );
  printf( "TEL -->" );
  scanf( "%s", a->tel );
  printf( "住所-->" );
  scanf( "%s", a->address );
  printf( "Exit? Continue:0 Exit:1 -->" );
  scanf( "%d", end );
  printf( "\n" );
  fprintf( fp, "%2d, %s, %s, %s\n",
    cnt+1, a->name, a->tel, a->address );
}

またわからないことが・・・
教えて下さい。
以下をVC++2005でコンパイルすると、

MSVCRTD.lib(crtexew.obj) : error LNK2019: 未解決の外部シンボル _WinMain@16 が関数 ___tmainCRTStartup で参照されました。
C:\Documents and Settings\tomato\My Documents\Visual Studio 2005\Projects\a\Debug\a.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

と警告がでて通りません。
何のことでしょうか。

#include<stdio.h>
#include<process.h>

struct meibo{
  char name[20];
...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.a.math.ryukoku.ac.jp/~hig/course/compsci2_2005/man/faq.html
にある現象と同じではないでしょうか、一度お試しください。

Qint型からchar型への変換

タイトル通り、int型からchar型への変換の仕方がわかりません!><
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#include <stdio.h>


char buf[5];
int no;

no = 10;
sprintf(buf, "%d", no);

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

Qclassの再定義エラーについて

C++初心者で初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

【内容】
 <test.h>
 class testを定義
 <test2.h>
 class testを継承したclass test2を定義
 <test3.h>
 class testを継承したclass test3を定義
 <test4.h>
 class test2とclass test3で作成したインスタンスをメンバに持つclass test4を定義

【問題】
 test2.hとtest3.hではclass testを継承するために#include "test.h"をしています。そして、test4.hではclass test2とclass test3を使うため#include "test2.h"、#include "test3.h"をしているのでredefinition of 'class test'というエラーが発生します。
 このようなエラーを発生させずに上記の内容のものを実現させることは出来るのでしょうか?
 ちなみにOSはTurboLinux8でコンパイラはg++です。よろしくお願いします。

C++初心者で初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

【内容】
 <test.h>
 class testを定義
 <test2.h>
 class testを継承したclass test2を定義
 <test3.h>
 class testを継承したclass test3を定義
 <test4.h>
 class test2とclass test3で作成したインスタンスをメンバに持つclass test4を定義

【問題】
 test2.hとtest3.hではclass testを継承するために#include "test.h"をしています。そして、test4.hではclass test2とclass test3を使うため#include "test2.h"、#inclu...続きを読む

Aベストアンサー

test.hの先頭に次の2行を追加してください。

#ifndef __TEST_H__
#define __TEST_H__

また、最後に次の行を追加してください。

#endif __TEST_H__

もちろん、test2.hやtest3.hもインクルードが重なる可能性がある場合は__TEST2_H__や__TEST3_H__で最初と最後に行を追加してあげましょう。これらは標準ヘッダファイル(stdio.hなど)で使われているテクニックです。

基本的にはヘッダファイルは必ずこれらの行でくくるようにしてあげると良いでしょう。


test.h
--------
#ifndef __TEST_H__
#define __TEST_H__

ヘッダファイルの内容~~~

#endif __TEST_H__
--------

↑こんな風にすると良いです。

QLPCWSTRとchar

質問なのです・・・

現在、私は[Visual Stdio.Net 2005]を使って、C++のプログラミングをしようと思いまして、今日参考書を見てやってみたのですが、

charの配列を使って、文字列を格納しそれを使おうとしたら、LPCWSTRのキャストが必要というエラーがでました。
参考書だと普通に通るらしいのですが・・・Visual Stdio.Net 2003と2005の違いなのでしょか?わかる方教えていただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

補足です。
2005デフォルトのUNICODEを変更する方法は
プロジェクト->プロパティ->構成プロパティ->全般 の中にある
文字セットを[Unicode 文字セットを使用する]から[マルチバイト文字セットを使用する]
に変更することで可能です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング